久保 建英 親 仕事。 久保建英の父親の仕事はミサワホーム?本も出版!子育て方法がすごい

久保建英の親が創価学会だって!?

久保 建英 親 仕事

この記事の目次• 久保建英と弟 瑛史 のプロフィール 氏名:久保 建英 くぼ たけふさ 生年月日:2001年6月4日 出身地:神奈川県川崎市麻生区 身長:173cm 体重:67kg 在籍チーム:横浜Fマリノス 三歳の時からサッカーを始めた久保建英選手。 幼少時からさまざまな大会で活躍し、海外の大会でも優勝チームの選手でないにもかかわらずMVPに選出されるなど、目覚ましい活躍を見せている、今注目の選手です。 久保選手は FCバルセロナの下部組織カンテラ(ラ・マシア)入団テストに合格し、その後試合で合計74得点を挙げリーグ戦得点王にも輝きます。 ちなみにこのお兄さんのスペイン行には、弟の瑛史さんもお母様と一緒に同行したそうです。 お兄さんの活躍を間近で見ていたからこそ、現在の瑛史さんの活躍があるのかもしれません。 その後、バルセロナの外国人選手獲得・登録違反という規約違反問題により帰国。 弟瑛史さんもその時一緒に帰国しています。 まだ10代と若い選手ですが、これからの活躍が楽しみな選手です! 名前:久保 瑛史 くぼ えいじ 生年月日:2001年6月4日 出身:神奈川県川崎市麻生区 身長:? 体重:? 利き足:? 在籍チーム:マリノスプライマリー 横浜Fマリノスの下部組織 久保建英の弟 瑛史 は横浜F・マリノスの下部組織所属? 久保建英選手の弟である瑛史さんはお兄さんとは6歳違いで、久保選手がスペインでプレーしている時にも母親と一緒に同行していました。 本場スペインで夢を追いかける兄の姿を間近で見てきた弟であれば、もしかしたらサッカーをやっているのではないかと思って色々調べてみたら…。 やはりサッカーをやっているようです! 現在は、横浜F・マリノスの傘下の育成組織であるマリノスプライマリーに所属しながら日々練習に励んでいるようですね。 マリノスプライマリーとは、Jリーグの横浜Fマリノスの下部組織にあたり、そこに所属している時点でかなりの実力者である証とも言えますね! 出典先:マリノスプライマリー公式HP 幼少期の写真を見る限り、瑛史さんは兄の久保建英選手にとても顔がよく似ています。 その頃の写真と見比べてみると、多分後ろの左から3番目が瑛史さんでしょうか?笑 成長すると顔も多少変わりますのでわかりませんね。 久保建英の弟 瑛史 の所属するマリノスプライマリーとは? ここで、久保建英選手の弟である瑛史さんが所属しているマリノスプライマリーというチームを知らない人のために、チームについて少しだけ紹介しておきますね。 私自身も初めて知ったのですが、マリノスとは、スペイン語で「船乗り」のことを表す言葉なのだそうです。 おそらくマリノスプライマリーのホームである、横浜の港のイメージから来ているものと思われます。 (驚) クラブカラーである青・白・赤はそれぞれ違う意味を表しており、青は冷静さと港町・横浜の海、白は集中力と潔白さ、赤は瞬発力と情熱を表しているそうですよ。 クラブ理念もこの3つのカラーに近いものが多く、横浜・横須賀・大和にてサッカーを通じて地域に貢献できるクラブ作りを進めているようです。 また、横浜F・マリノスはサッカーを通じて、青少年の育成にも力を入れています。 これまで多くのプロサッカー選手を輩出しているマリノスプライマリーですので、これからもぜひ注目したいチームですよね! 久保建英の弟 瑛史 のテクニックもすごい! 天才か? 久保建英選手の弟である瑛史さんは、テクニックも凄いですし、若い選手ですが早くも天才だと言われています。 これは、兄の背中を追ってきたことで、兄のテクニックなどを自然と学びまた参考にしてきたことがかなり影響していると考えられます。 また、瑛史さんはまだ小学生ですが、兄がスペインのバルセロナへ入団したことにも、かなり刺激を受けたのではないかと思われます。 久保建英選手の弟である瑛史さんのことを色々調べてみると、必ずと言っていいほど出てくるのがテクニックやセンスが兄以上である、という記事の記述です。 実際にスポーツ選手の兄弟は、年齢が下になるほどセンスやテクニックが上がるという話は聞いたことがあります。 これは、上のお兄さんの練習を間近で見てきたことで、さまざまな能力や練習法などを自分の中で取り込むことができるからだと言われています。 瑛史さんの場合は、自身が小さいころから兄と同じようにサッカーをしていたこと、さらには兄のスペイン行に同行し「和製メッシ」と言われるほどのプレーや私生活を身近で見てきたことが大きく影響しているのではないでしょうか。 瑛史さんが現在マリノスプライマリーに所属できるほど実力があるということは、将来的に日本代表に選出される可能性も十分にあります。 近い将来、兄弟揃って世界で活躍する姿を見られるかもしれませんね! 久保建英と弟 瑛史 の兄弟に共通する凄さとは? 世界で活躍する兄、そしてそれに負けない才能の片りんを見せる弟、という久保兄弟ですが、実はこの兄弟には一流のサッカー選手が共通して持っている素晴らしい才能があるといわれています。 もちろん兄の久保選手が持っているドリブル突破の力や、スペインの下部組織時代に得点王に輝いた決定力もその才能の一つです。 U-20日本代表の内山篤監督いわく、久保建英選手は「自分のできること、できないことが整理されていて、本当に自分のことをよく分かっている選手。 だから無理なプレーがないし、自然にやれる」と語っています。 実は久保選手自身も、以前に「自分が海外の人と競り合って勝ちきれるとは思えない」と語っていたこともあるようです。 といってもこの発言をした当時はまだ15歳だったので、20歳以上の外国人選手と競り合って勝つのはかなり厳しい状況だったのかもしれません。 ただ、久保選手はけしてすべての海外選手と競り合わないということはなく「ここまでは大丈夫」「ここから先は今の自分では勝てない」という自分なりのラインがあるようです。 そのためか久保建英選手の試合中の動きを見ていても、マイナスの要素はあまり感じられません。 そしてこの久保建英選手独自の感覚は、どうやら弟の瑛史さんにも見られる、とマリノスプライマリーのクラブ関係者は話しています。 瑛史さんの試合中の武器と言えばドリブルなどですが、試合によってはドリブルではなく、味方とのパスの連携を優先することもあるそうです。 そして、その判断を試合中に瞬時に行える、というところが瑛史さんの凄いところなのだとか。 これもきっとお兄さんと同じく、自分のドリブルが通用するかしないかが正確に判断できる、自分なりのラインがあるからこそできることなのでしょう。 自分の今置かれている状況を正確に把握する、というのはアスリートにとってはかなり重要なことあり、その感覚を兄弟揃って持っている、というのはやはり凄いことであると言えますよね! 久保建英と弟 瑛史 が育てた教育法とは? ここでは、そんなスーパー兄弟を育てた教育方針について見ていきたいと思います。 きっとこんなすごい兄弟を育てた教育法をぜひ知りたい、という方も多いのではないでしょうか(笑)! 久保兄弟を育てたお父様は実は本も出されていますが、その教育方針は一言で表すと「家の居心地を悪くする」ということなのだそうです。 と言われても、何のことだかよくわからないですよね。 詳しく説明していくと、例えば久保家のリビングには、なんとテレビもソファーも置いていなかったそうです。 さらに3食分のお弁当を作り、毎日朝から晩まで外で遊ばせていたんだとか。 さらには家庭で本を数十冊読み聞かせするなど、文武両道を徹底的に行ったようです。 久保選手のお父様は、息子である久保建英さんが産まれた時から、親として自分は彼に何をしてあげられるのか、ということを常に考えていたとのこと。 そして、自身が大学時代にサッカー部に所属していたことから、サッカーなら自分も少し知識があるし上達すれば褒めてあげることができると考え、兄弟にサッカーをするように勧めたそうです。 つまり久保選手のお父様は、サッカーを通して息子とコミュニケーションを取ろうとしたんですね。 その後はせっかくサッカーを始めたので、少しでも上達するよう、体幹を鍛える、もしくは足の感覚を強く鋭くするために外で裸足で遊ばせる、というような久保家独自の教育方法をどんどん行っていきます。 また、建英選手がサッカーが以前より上達したりできることが増えていくたびに、必ず褒めてあげるようにもしていたそうです。 結果として、自然と子供自身も自分に自信がつき、自分から進んで練習することで才能が開花したということのようです。 スーパー兄弟が誕生した背景には、久保兄弟のお父様の独自の教育方針と息子達への愛情があったんですね。 久保建英の家族構成は?弟は一人? 久保建英選手の家族構成は、父親・母親・久保建英・弟の4人家族となっています。 ごくごく普通の一般家庭といったところで、よくあるように久保建英選手のご両親も実は何かのスポーツ選手だった、ということでもないようです。 お父様はミサワホームに勤めるサラリーマンとのことです。 多くのスポーツ選手の父親は元々スポーツのプロであったり、怪我で断念し子供に自分が叶えられなかった夢を託すというパターンなどが多いのですが、そういったスポーツ選手の家庭とは違い、久保家では特にサッカーが上達する環境であったとは思えませんよね。 ということは先ほどご紹介した通り、ご両親の教育方針・育て方がよほどしっかりとしていたということなのでしょうね。 久保家では息子達に特にサッカーをすることを強制したわけではありませんので、もしかしたら幼少期に別のスポーツを選んでいても、大きな成果を挙げていたのかもしれませんね。

次の

久保建英の父母(両親)の職業は?弟に期待?スペイン語は?身長に問題?

久保 建英 親 仕事

こんにちは。 debuyaです。 先日Twitterでこんなツイートをしてみました。 素直な気持ちとしてメッシやロナウドを私のチームから育てたいというのは、雲を掴みたいと言っているような現実味のない話になります。 しかし、同じ日本人、同じ義務教育を受けている久保くんなら近い選手を育てることは不可能ではないというのが率直な思いです。 久保くんに限らず、中田英寿さん、本田圭佑選手、香川真司選手、中村俊輔選手、小野伸二選手など海外でも日本人のサッカー選手が称賛される事が多くなってきていますよね!? 現代において育成年代で子ども達のサッカーのレベルを上げていく事が最低限の使命だと個人的には考えています。 問題はどのようにレベルを上げていくのか!?どのように子ども達に伝えていくのか!?が現場を託されている私たちの仕事です。 現時点で私自身が子ども達との接し方で考える重要なポイントは4つあると考えています。 ・サッカー以外の運動能力を引き上げる ・サッカーのスキルにおいて、より具体的に教える ・子ども達のプレーの部分は怒らずに(怒鳴らず)のびのびとプレーできる環境を提供してあげる ・子ども達自身に考えさせる機会を多く与える になります。 これらを順番に解説していきたいと思います。 ちなみに大前提ですが、私自身が謙虚な気持ちで日々学び、私自身がアップデートしていくのは当たり前だと考えています。 また、子どもが大人への階段を登っていく上でサッカーのスキル以上に人間性を形成していかないといけないという部分も当たり前だと考えていますので、この点は間違えないようにお願いします。 2012年に出版した「おれ、バルサに入る!」では、久保建英選手のお父さんの子育てについて詳しく記載されています。 言い訳ではありませんが、子どもの影響力が大きいのはサッカーのコーチではなく、親御さんだという事も理解しておいてください。 サッカー以外の運動能力を引き上げる 昭和や平成の時代から令和になった現在の日本では、子ども達が身を置く環境は大きく変わってきました。 大きく変わった点のひとつが遊び方です。 私が子どもの頃は、公園に遊具が当たり前にあり、おにごっこ、缶蹴り、野球、ドッジボールなど様々な運動を友達と一緒になって遊んでいました。 しかし、現代の子どもの遊びのほとんどが携帯ゲーム、DS、Switchなどゲームばかりです。 私の時代でもゲームをしていましたが、子ども同士で外で遊ぶという行動が現代の子ども達と比べると圧倒的に多かったと思います。 「外で遊ぶ」ということは、子ども達にとってみれば遊びではなく運動能力の開発になります。 ゴールデンエイジという言葉を聞いたことはありますでしょうか!? 日本では9〜13歳ごろまでの期間を指します。 (子どもによっての前後はあります) ゴールデンエイジは、即時の習得が可能な期間です。 サッカーにおいては、このゴールデンエイジの期間にスキルが伸びると言われています。 そのゴールデンエイジの前の段階、3〜8歳ごろの期間をプレ・ゴールデンエイジと呼びます。 このプレ・ゴールデンエイジの期間の運動の仕方によって子どもの運動能力は大きく変わってきます。 そのため現在預かっている子どもでもサッカーは巧いけど、他のスポーツをしたら下手くそ。 運動神経自体怪しいというような子どもが数多くいます。 単純に運動神経が良い子どもの親御さんと話をしたら「運動ばかりさせる保育園だった」とか「テレビやゲームをさせずに外で遊ばせていた」という回答が多く出てきます。 逆に運動神経が悪い子どもの親御さんと話をしたら「ゲームばかりしている」、「遊びに行っても外で遊んでないみたい」などの回答が多く出てきます。 サッカーのスキルを鍛える前に運動能力を身につけさせないと、サッカーの練習にどれだけの時間を費やしても無駄になってしまいます。 私は子どもひとりひとりの親ではないので、せめてサッカーの練習を行う時間でサッカー以外の運動ができる環境を作ろうと思っています。 鬼ごっこ、ボール投げ、様々な運動などサッカーの練習と平行して様々な運動を取り入れています。 久保くんのお父さんもプレ・ゴールデンエイジの期間は久保くんと一緒になって外で遊んでいたそうです。 現在の久保くんの活躍は、間違いなくサッカースキルだけではなく運動能力が鍛えられて出来上がっているものだと思います。 サッカーのスキルにおいて、より具体的に教える サッカーのスキルにおいては、より具体的に子ども達が「理解」できるように教えています。 なぜかというと一昔前のように「体で覚えろ」では限界があるからです。 私たちの使命は運動能力が低い子どもでもサッカースキルを上げることがひとつのミッションです。 また、運動能力が高い子どもは、自分が持っているスキルの最大値まで引き延ばせるかが重要だと考えています。 例えばボールを持っていない選手に指導者は「動け!」と言います。 子ども達からすれば「どこへ!?」、「何のために!?」と考えるはずです。 全ての理由が存在します。 その理由を子ども達に伝えないと子ども達は「納得」しません。 あまり言いたくありませんが、お母さんが「ゲームは1時間ね!」とか「もう寝なさい!」とか子ども達に言っているシーンがあります。 そんな時に子どもの顔を見ると必ず嫌そうな顔や納得いってない顔をしています。 なぜか!? 子どもが納得する「理由」がないからです。 1時間以上ゲームをしたら目が悪くなってしまうからとか8時間以上寝ないと心と体が成長しないからなどのお母さんが言葉にせずにいる理由を子ども達が直に聞いていないから納得しないわけです。 サッカーも同じです。 指導者がどれだけ「動け!」と言っても子どもは動きません。 理由が分からないからです。 指導者が自分が経験していることを頭の中で整理できているので「なんで動かないかな!?」、「なんでこんな簡単な事が分からないかな!?」と言いがちですが、当たり前です。 どれだけサッカー年数をしていたとしても子ども達はサッカーの初心者です。 動く時に何に注意しないといけないか!?こういう場面ではここにいかないといけない!など具体的に説明してあげないと理解できません。 理解できないわけですから子どもからすれば「納得」するハズはありませんよね!? 納得してくれないわけですから指導者と子どもの心の距離も縮まるわけがありません。 もちろんサッカー以外の部分で(指導者のキャラクターがおもしろいとかどうでも良い話がおもしろい、ゲームの話についていけるなど)子どもとの心の距離を縮める方法はあると思います。 しかし、サッカー指導者として最も大切なことは子ども達に「信頼」されないといけません。 子ども達が、「この指導者の言ってることは間違いない。 この指導者が言うことをしっかりとやれば自分は巧くなれる!」と心から思ってくれないといけないのです。 久保くんのお父さんも久保くんが所属するチームをどこにしようか、数チームの練習風景などを見て決めたそうです。 子どものためにチーム選びやサッカーの環境、指導者の教え方など妥協しないことが重要ですね。 子ども達のプレーの部分は怒らずに(怒鳴らず)のびのびとプレーできる環境を提供してあげる 大人が怒れば(怒鳴れば)子どもは萎縮します。 萎縮すればチャレンジして成功させようという意識よりも先に失敗せずに怒られないようにしようとします。 サッカーが巧くなりたいと思ったら数多くのチャレンジ、数多くの失敗は必要不可欠です。 最初から巧くできる子は、ほとんどいません。 現在は、万能な久保くんもテレビやメディアに写っていない時代は、失敗やチャレンジの連続だったはずです。 久保くんのお父さんも指導者が怒らない環境のチームを探して選んだそうです。 人間としてやってはいけないことを子どもがしたのであれば私は起こります。 しかし、サッカーのプレーにおいてチャレンジして失敗したことを怒りません。 なぜなら何度でもチャレンジして欲しいからです。 なので、できるだけ親御さんからの子どもへのプレッシャーや圧力も避けて欲しいとは思っています。 大好きなサッカーを大好きなままでやり続けて欲しいという願いも込めて、子ども達がのびのびとプレーできる環境を指導者である私が作れるように心掛けています。 子ども達自身に考えさせる機会を多く与える サッカーをより具体的に教えたものをいかに応用するか!?いかに状況判断を早くして最適なプレーをするかは子ども達のお仕事です。 どうしたら良かったのかを子ども達に考えさせます。 なぜなら子ども達は私のロボットではないので自分の意思で考えてプレーしないといけません。 私が言ったことを考えずにどんな状況でもそのままプレーするのはサッカーではありません。 例えば攻撃2人、守備2人の各セットがいます。 守備側に指導する基本はひとりがボールを持っている人にプレッシャーを掛けて、もうひとりはプレッシャーを掛けに行った選手が抜かれた時、自分のマークする選手にボールが渡った時にプレッシャーを掛けれる両方ができるポジションにいないといけないと言います。 では問題です。 ボールを持った選手がモタモタしててドリブルできそうにない、パスを出せそうにない場面になった時にプレッシャーを掛けに行った方ではない選手はどうするべきでしょうか!? 答えは2人でボールを取りに行けば良いのです。 しかし、その判断をしなければいけないのは子どもです。 考えさせないといけないんです。 何も考えずに言われたことだけをしている子は、ボールを取るチャンスだったとしてもぼーっとしています。 もっと言うのであれば自分のマークを外してボールを取りに行って自分のマークの選手にパスが行ったらダメじゃないですか!という主張が出るハズです。 ここが自分で考えてリスクを犯してもチャレンジできる子かできない子かのひとつ分岐点です。 先ほども述べましたがサッカーは何度でもチャレンジしないといけません。 何度でもミスしないといけません。 久保くんは、ミスを嫌がって安全なプレーばかりしていますか!? 違いますよね!? ボールを失うリスクを背負ってでも何度でもドリブル突破を試みますよね!? チャレンジ精神がなければ「サッカー選手」とは言えません。 このチャレンジがあるかないかが良い選手かそうでないかの違いだと思います。 自分で考えてリスク承知でチャレンジさせることが私たち指導者としての仕事だと思っています。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ 結論的に久保建英選手のような選手を私が育てれるかは分かりません。 しかし、私自身がチャレンジを諦めたらそこで試合終了です。 子ども達はダイヤの原石です。 私たち指導者が情熱を持って絶対にこの子をサッカーの巧い子にさせるという強い気持ちを持っていれば、必ず全ての子ども達が、どこかのタイミングで花開いてくれるはずです。 サッカー指導者は日々謙虚に学び子ども以上に成長しなければ、良い選手は育ちませんね。

次の

久保建英選手に近づける選手を育てよう!少年サッカーで大切なこと!!

久保 建英 親 仕事

すぐ読める目次はこちら• 久保建英について 名前:久保建英 生年月日:2001年6月4日 出身:神奈川県川崎市 所属:FC東京 ポジション:FW・MF サッカーの才能: わずか小学1年生で地元川崎市麻生区にある『FC パーシモン』に入団。 小学3年生には、1学年上の川崎フロンターレU-10でプレーをしていました。 そして、4年生のときには2学年上の6年生チームと飛び級でサッカーをしています。 2009年に開催されて『FCバルセロナキャンプ』をきっかけに夢だったバルセロナへ このキャンプは毎年300人以上の子供たちが参加するのですが、その中で1名のMVPを獲得してしまいました! この特典に、 バルセロナへ招待されて現地のバルサスクールてトレーニングを受けるチャンスをGET! 久保建英は、このチャンスをしっかりと掴み、難関のテストをクリアして、 2011年8月 バルセロナ下部組織に入団が決定。 弱冠9歳だったんです。 ここから彼はメッシのような存在として、人気が急上昇していきます。 2016年当時中学3年生の久保建英は飛び級でFC東京に昇格。 日本クラブユースサッカー選手権では飛び級で出場して、大会史上初となる中学生ながらに得点王にも輝いてます。 2017年 東京FCとプロ契約を結ぶ このように、久保建英は、幼少期からサッカーの才能、もちろん努力もされていますが自分の貰ったチャンスを生かし、素晴らしいスピード感で成長していることがお分かり頂けたのではないでしょうか? スポンサーリンク 久保建英の父親の仕事はミサワホーム? 久保建英の父親はどんな方なんでしょうか?? やはり才能ある息子さんの子育てをサポートするのは、親の役目ですよね。 父親のお仕事が何なのか調べてみますと、 大学卒業後に 『ミサワホーム』に入社しています。 サラリーマンですね。 名前:久保建史 くぼ たてふみ 生年月日:1971年生まれ 出身:和歌山県 学歴:筑波大学 体育専門学郡 卒業 父親の仕事はミサワホームでサラリーマンなので、それなりに時間は拘束されますし、ハードな生活だと思いますが、 久保建英が2歳のころから、父親は二人でボールを触れさせ、蹴り始めていたといいます。 父親は、大学も体育系の学科を卒業していますので、それなりに運動能力をあげる知識たくさんあったと思います。 まさに、親子二人三脚で駆け抜けてきたのだと思います。 本も出版してるの?子育て方法がすごい! 久保建英の父親は、親子でサッカーすることが多くなり、さらに情報を集めるようになります。 2012年これまでの経験をまとめた 著書本『おれ バルサに入る!』を出版していました。 本を出版させるほど、サッカーへの情熱が高くなったのが素晴らしいなのと思いました。 久保一家の 子育て方法が凄いと思ったのは、 この本に、書いてある子育てについてです。 父親だけではなく、母親も熱心に子育てをされているのがわかるんです。 いかがでしょうか? 素晴らしい子育て方法ですよね。 久保建英はほとんど家で遊ぶことはなかったんじゃないか?と思われるくらい毎日を思いっきり外で遊んでいたのでしょう! 近年は公園も減りつつ、外遊びもなかなか出来ないところも多いのですが、そこもやはり環境を大事にして子育てをしてきたのだと思いますね! 今後も活躍が楽しみです!!.

次の