ラグマス アサクロ。 【ラグマス】アサシンクロスのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

【ラグマス】アサクロのスキルとおすすめ装備&ステ振り【ラグナロク マスターズ】

ラグマス アサクロ

各スキルの情報については2019年6月現在のゲーム内の情報をもとに記載をしておりますが、変更があれば随時修正していきたいと思います。 ディレイ2秒。 増加ATKがアサシンの「カタール修練」のような加算ではなく、乗算なのでダメージ上昇幅は大きめ。 カタール型アサシン(クリアサ)には必須のスキルですので、迷わずLv10を習得しましょう。 SB・SBr型の場合も、相手にするモンスターのサイズによってはカタールのほうがダメージが出る可能性があります。 習得するスキルがなければ取得しても良いかもしれません。 こちらも「アドバンスドカタール」と同様に加算ではなく乗算なのでダメージ上昇幅がおおきくなります。 こちらもクリアサには必須のスキルです。 Lv10を習得しましょう。 武器による制限はありませんので、短剣系もポイントが余っていればお好みで習得してもよいと思います。 効果持続は40秒。 クールタイム40秒、ディレイ1秒。 「EDP」と略して記載することが多いです。 本家のラグナロクオンラインでも同様の名称のスキルがありますが、そちらは別スキルのクリエイトデッドリーポイズンで作成した「毒薬の瓶」を消費する代わりに超高倍率の攻撃力が得られました。 それに比べるとコストがかからない分倍率的には大人しいです。 武器による制限はありませんので、クリアサ、SB・SBr型、短剣型ともにLv10まで習得することを推奨します。 Lv10の使用で消費SPが70となり40秒ごとにかけなおす必要があります。 SB等と運用する際には、自動回復系料理だけでは回復が間に合わなくなる可能性があり、SP管理に気を付ける必要がありそうです。 Lv 1 2 3 4 5 継続時間 3秒 5秒 7秒 9秒 11秒 考察 上記のようなゲーム内の説明ではわかりにくいですが、ハイディング状態のみで利用できるスキルが利用可能な状態が続く模様(実機では未検証ですが)。 現状、ハイディングを使用するスキルに強力なものはなく、スキルポイントを割くほどそれほど大きな効果ではないため、切ってしまってもよいでしょう。 効果持続は30秒。 Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 増加クリィティカル 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 消費SP 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 考察 クリティカルを底上げするアクティブスキルです。 Lv10で30秒間クリティカルが20増加します。 カタール装備の時は2倍になるので40相当です。 クリアサの場合は取得しても良いと思いますが、SP消費が大きい割に持続効果時間も30秒と優先度は低めです。 LUK料理や装備等でクリティカルが確保できるのであれば、別のスキルにポイントを当てることも考えられます。 短剣型、SB・SBr型にとっても同様の考え方でも問題なさそうです。 属性ボーナスは物理攻撃部分の物理ダメージにのみ影響、Intボーナスダメージとランダムダメージ部分は物理防御無視。 スキル使用距離は6m。 2秒 1. 4秒 1. 6秒 1. 8秒 2. 0秒 2. 2秒 2. 4秒 2. 6秒 2. 8秒 3. 0秒 ディレイ 1. 2秒 1. 4秒 1. 6秒 1. 8秒 2. 0秒 2. 2秒 2. 4秒 2. 6秒 2. 8秒 3. 0秒 消費SP 20 25 30 35 40 40 40 40 40 40 考察 アサシン系で通常状態から打てる唯一の遠距離攻撃スキルです。 (グリムトゥースも遠距離攻撃スキルですが、ハイディング使用が前提。 ) 「SBr」と略して記載することが多いです。 ダメージの公式が説明にあるような複雑な式となっており、ステータスのInt値もダメージに影響するため、ソウルブレイカーメインで狩りをする場合はIntにもステータスを振っていく必要があります。 また、ディレイがよく引き合いに出されるソニックブローの2秒に比べるとLv10で3秒と長めです。 遠距離から攻撃できるアドバンテージはあるものの、使いこなすためにはこの長いディレイをカットするルーンや装備等を手に入れる必要があります。 基本的にはIntにしっかりとステータスを振ったSBr型で習得するものだと考えますが、SB型でもある程度のダメージが見込めそうです。 ハイディング状態で発動すると、ステータス異常の確率が2倍になる。 ディレイ3秒。 スキル使用距離は1m。 (グリムトゥースも範囲攻撃スキルですが、ハイディング使用が前提。 ) アサシン系待望の範囲攻撃スキルではありますが、スキルディレイが3秒と長いため連打はできません。 ダメージ倍率はLv10で4倍程度とそれなりに高めですが、他職の範囲のような狩りを行うには装備やルーンでの補助が必要であり、なかなか運用のハードルは高いように思います。 現状、メインで使用する率は低いので習得優先度はそれほど高くなく、余ったポイントで習得してもよいかなくらいです。 習得順序について 基本的には以下のような流れで習得していくとスムーズかと思います。 カタール型アサシン(クリアサ)の場合• アドバンスドカタール:Lv10• アサシネイト:Lv10• エンチャントデッドリーポイズン:Lv10• お好きなスキルを習得 クリアサの場合はアクティブスキルを使わずに殴り続ける戦闘スタイルですので、パッシブスキルで攻撃力の底上げを早めに行うことを優先しています。 パッシブ系スキルを取り終える頃になると装備をそろえる余裕も出てきますので、カタールでクリティカルが出るようになってきたら、SBだけでなく実際にカタールで殴り始めても良いかと思います。 短剣型アサシンの場合• エンチャントデッドリーポイズン:Lv10• アサシネイト:Lv10• ソウルブレイカー:Lv10• お好きなスキルを習得 クリアサ同様、短剣アサシンはダブルアタックをダメージソースに殴り続ける戦闘スタイルです。 エンチャントデッドリーポイズンを転職直後に習得した後は、ほとんどお好みで習得していけばよいかと思います。 上記はその一例です。 SB・SBr型アサシンの場合• エンチャントデッドリーポイズン:Lv10• ソウルブレイカー:Lv10• メテオアサルト:Lv10• お好きなスキルを習得 アサシン時に習得したソニックブローをメインに使用する場合も、ダメージを引き上げるエンチャントデッドリーポイズンを早期に習得します。 その後は短剣型と同様にお好みで習得していけばよいです。 ソウルブレイカーをメインで使用する場合でも、現状、アサシンクロスになりたての頃はソニックブローのほうが安定しますので、上記の順序でも問題なさそうです。 まとめ ラグナロクマスターズの職業であるアサシンクロスのスキルについての考察でした。 各スキルの情報については2019年6月現在のゲーム内の情報をもとに記載をしておりますが、変更があれば随時修正していきたいと思います。 現状、ソニックブロー一辺倒だったアサシン時代と比べるとアサシンクロスになると選択する武器や習得するスキルによってタイプが分かれていくので、アサシン系の楽しみはアサシンクロスから本領発揮だと個人的には思っています。 一方で、アサシンクロスになるとJob必要経験値も大幅にアップし、シーフ・アサシン時のように簡単にレベルが上がらなくなってきます。 モチベーションの維持も大事です。 要求される狩場についてもプロンテラ北のダスティネス・マンティス狩りから、さらに上の狩場となってきますので、自分の求めるスタイルにあったスキル習得を計画して、狩場・装備の面もそれにあわせて用意していく必要がありそうです。

次の

ラグマス、ソウルブレイカー1確の道のりは長い

ラグマス アサクロ

[マスターズ] アサクロのソウルブレー、レベル18まで振ることができるようになったので ソウルブレー型を試してみることにしました。 ソウルブレーは、本家では「Str型、Int型」等、幾つか型があった気がするけど ラグマスでは型は一つと思われる。 Intを上げることで火力が大きく上がるので、Intは基本的に。 次に、 ソウルブレーはレベル10以上だと 詠唱に3秒掛かるので、とても遅い攻撃になってしまい 1確が可能になっても殲滅速度が遅くて意味がないので Dexをボーナス分含めて「100」になるまで振ります。 Dex10で、詠唱時間が0.3秒早くなるので、 Dex100まで振ることで無詠唱になるのです。 残ったステータスポイントはStrに振る感じ。 こんな感じに振ればオッケーですかね。 Strを上げても、Intほどは火力は上げられないみたいなので、優先度は低いです。 Intの方が火力の上がり方が大きいので、Int最優先でって感じ。 最低限必要な装備品は 「フォーチュンソード」になります。 ソウルブレーの威力が20%アップするので。 他には 矢筒で、遠距離物理攻撃+7% ナイルローズで、遠距離物理攻撃+15% という感じで、ソウルブレーの火力を上げられる装備品は結構あります。 ルーンの方は、ポイントは11万ほど、ゴールドバッジは150個程度ありますが これだけだと、 ソウルブレー全取りは無理ですね。 火力を上げるよりも、連射を少しでも可能にする方がまずは優先という感じ。 これも全部取る感じで。 「ソウルブレー-集中」の近くに全部集中して集まっているので ゴールドバッジが150個あれば、ここまでは全部取れるかと思います。 ソウルブレーは、ダメージ数値のランダム部分が非常に広いので 1万ダメージだったかと思うと、2万ダメージになったりと、ブレ幅が非常に広いです。 「ソウルブレー-強化」は、そのブレ幅を減らすことはできませんが ブレ部分の下限と上限のダメージを+20%底上げしてくれる効果があります。 全部で5つあるんだったかな?5つ取れば、+100%になるので 結構威力上がる感じ。 「ソウルブレー-ブースト」は、Intが高いほどにダメージボーナスが付くルーンです。 これも全部で5つか6つくらいあったかなあ? Int99なら、ルーン1つで約600ダメージ上がるので それを複数有効化すれば、ダメージは当然上がるわけで。 出来れば取りたいところ・・。 現状はまだ取れないので、ゴールドバッジ集めないとですな。 この状態での素のソウルブレー火力は、クリスマスクッキー相手に40000ダメージ。 料理等のバフを用いて、50000~58000ダメージくらいという感じ。 この時は矢筒はまだ買っていなかったので、それもなしの状態です。 ここから1確にするには、ルーンの「ソウルブレー-ブースト」全取りは前提で 背中装備の矢筒(遠距離物理攻撃+7%) 顔装備のホッケーマスク(人間種族+10%) 口装備のスパイクマスク(人間種族+5%) 武器カードの、ンカード2枚(聖属性+20%) ソウルブレーレベル20(現在レベル18) このくらい集めれば、1確になるのかねー? 55000ダメージとして、ラグマスの計算式ってどんな感じじゃろうか・・。 ソウルブレー抜きで計算するとして 全部用意したら62%火力が上がると思えばいいのかね? それだと34100ダメージ加算されることになるので 89100ダメージで1確可能になる感じだが、ブレ幅大きいので倒せないこともありそう。 ソウルブレーレベル20にすれば、ブレ幅込で1確可能になるか。 クリスマスクッキー1確を目指してみるのもアリかね。 レベル95以降は経験値折り返しで、ここから必要経験値また跳ね上がるんだろうし。 経験値ガッツリ入手できる方法は用意しておいた方が良いと思うので>< あと、ソウルブレーもうちょっと研究してみよう・・。 あと最後に、 燃費ひどく悪いw SPがすぐにカラカラになっちゃうので、SP回復関連の装備品やカードがあると便利そう。 それか、SP料理自動回復の方をガッツリ積んで狩りをするとかかな。

次の

ラグマス公式サイト │ ラグナロク マスターズ

ラグマス アサクロ

冒険している実感がここにある! 広大な「ミッドガルド大陸」を舞台に、スマートフォンならではのお手軽な操作と重厚なゲーム性で構築された冒険がプレイヤーを待ち受けます。 主人公はあなた自身! ノービス 初期アバター から始まるあなたの冒険は、近接戦闘に優れた「ソードマン」、魔法攻撃が得意な「マジシャン」、商売やアイテムのプロ「マーチャント」など、様々な職業へクラスチェンジして育成させることができます。 成長を重ねた後は、他の系列の職業への転職も可能!いろんな遊び方でファンタジーライフを満喫! ノービスから始まるあなたの冒険は、近接戦闘に優れた「ソードマン」、魔法攻撃が得意な「マジシャン」など、様々な職業へクラスチェンジして育成させることができます。 いつでもどこでも友達と一緒に冒険! 友達と一緒にバトルや育成をしたり、強敵のMVPボスに挑戦したり、ギルドを結成してチャットを楽しんだり、パーティーを組んでエンドレスタワーに挑戦したり、友達と遊べるオンラインゲーム要素が盛りだくさん! 冒険の軌跡が積み重なる! 冒険の実績をはじめ、撮影した名所や、戦ったモンスターや出会ったNPC、仲間にしたペット、調理した料理、入手したカードや作成した装備品など、あらゆる冒険の軌跡が「冒険手帳」に記録されます。 実装時の内容とは異なる場合がございます。 iOS 対応OS:iOS 10. 0 以降 対応端末:iPhone6s 相当以降 RAM 2GB以上の端末 Android 対応OS:Android 4. 4 以降 必要RAM:1. 5GB以上 一部機種に関しては上記条件を満たしていても動作しない可能性があります。 ゲーム画像を含め本ページの情報には開発中のものが含まれます。 実装時の内容とは異なる場合がございます。 Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。 App Store は Apple Inc. のサービスマークです。 Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

次の