柴咲 コウ 月 の しずく。 RUI 月のしずく 歌詞&動画視聴

月のしずく 柴咲コウ 歌詞情報

柴咲 コウ 月 の しずく

歌手で女優の柴咲コウが、3月スタート予定の連続テレビ小説「エール」に出演することが決定。 今回連続テレビ小説初出演となった柴咲さんから「役を通じて物語に良きエッセンスを加えられればと存じます」といった意気込みのコメントも到着した。 連続テレビ小説102作目となる本作は、数々のヒット歌謡曲で昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と妻で歌手としても活躍した金子氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の物語を描き出す。 窪田正孝が、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一役で主演、二階堂ふみが彼とのちに結婚する歌手志望の関内音役でヒロインを務めるほか、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、山崎育三郎、中村蒼、森七菜らが出演する。 音がプロの歌手を目指すきっかけとなる人物で、のちに音と裕一に多大な影響を与える存在でもある。 柴咲さんは「今回主人公たちと接点を持つ重要な役どころ【双浦環】として出演できることになりとても光栄です」と参加を喜び、「今回の役はオペラ歌手として、そして一人の女性として、あまりにも学ぶべきことが多く、自分の活動や生活においても財産となりうるような経験をさせていただいております。 真心と初心を忘れず、撮影スタッフ様たちと限られた時間の中で最高のものを作り出せるよう努めたい所存です」とコメントしている。 また主演の窪田さんは「今回柴咲さんと10年以上の時を経て、再共演を果たすことができて本当に光栄です。 絶世の美女であり世界の歌姫。 双浦環役は柴咲さんにしかできないと強く感じました。 現場でどんな環さんに出会えるのか、今から楽しみでなりません」と再共演に期待。 二階堂さんも「柴咲さんと現場でご一緒させて頂けて幸せを感じております。 運命的な出会い。 美しく、強い環さんに大きな影響を受け、音はさらに音楽の世界にのめり込んでいきます。 一俳優部として、音として、柴咲さん演じる環さんを精いっぱい感じていきたいです」と語っている。 そんな環の初登場は、4月7日(火)放送の第7回の予定だ。 2020年度前期連続テレビ小説「エール」は3月30日(月)8時~NHK総合ほかにて放送開始予定。 net》.

次の

RUIこと“あの女優”が歌う、映画・黄泉がえり主題歌「月のしずく」で感じる 日本語の美しさ

柴咲 コウ 月 の しずく

解説 映画『』の劇中歌・主題歌として使用された本作。 同映画での役柄である歌手RUIとしての楽曲であったため、役名名義での発売となっている。 なお、柴咲の歌手デビュー作は前作の「」である。 本作は映画公開3日前に発売され、発売週のでは14位に初登場した。 映画自体は本来3週間限定の公開予定で、主題歌である本作と共に大きな宣伝がされなかったが、内容が大きな反響・興行収入を呼び、通常公開となった。 本作の売上も、映画同様に当初からの爆発的なヒットではなく、少しずつ人気を集める。 テレビなどで披露されることが少なかったこともあり、歌っている姿を観に劇場に足を運ぶ観客もいた。 映画・主題歌が相乗効果でヒットする形となった。 本作の売上はオリコン集計で約83万枚となった。 公開後の翌週に5位に上昇し、3・4週目は2位、発売5週目に1位となる。 オリコン10位以内に7週連続でランクインした。 累計出荷枚数は90万枚となっている。 役名名義のオリコンシングルチャート1位は、の「」以来約1年半ぶりの記録であった。 映画の役名名義ではの「」以来約5年4か月ぶりの記録である。 また、単独の役名名義(『ひとりぼっちのハブラシ』は名義のシングルの両A面扱い)では史上初である。 歌詞カードには「柴咲コウ」という表記は一切無い。 にがカバーし、同年8月15日発売のアルバム『』の11曲目に収録されている。 当初柴咲は、歌手デビュー曲である前作が不調に終わったため、歌手活動に乗り気ではなかったが、本作のヒットにより、女優業と並行して歌手活動を継続していくことを決意し、その後も多数のヒット曲を世に送り出すことになる。 日本最大手のレンタルDVDショップの1983年創業以来、最もレンタルされたシングルCDを集計した際、同曲は第8位と高順位にランクインした。 ちなみに柴咲の代表曲であり、同曲に次ぐヒットとなった「」は第14位にランクインしている。

次の

月のしずく 柴咲コウ 歌詞情報

柴咲 コウ 月 の しずく

解説 映画『』の劇中歌・主題歌として使用された本作。 同映画での役柄である歌手RUIとしての楽曲であったため、役名名義での発売となっている。 なお、柴咲の歌手デビュー作は前作の「」である。 本作は映画公開3日前に発売され、発売週のでは14位に初登場した。 映画自体は本来3週間限定の公開予定で、主題歌である本作と共に大きな宣伝がされなかったが、内容が大きな反響・興行収入を呼び、通常公開となった。 本作の売上も、映画同様に当初からの爆発的なヒットではなく、少しずつ人気を集める。 テレビなどで披露されることが少なかったこともあり、歌っている姿を観に劇場に足を運ぶ観客もいた。 映画・主題歌が相乗効果でヒットする形となった。 本作の売上はオリコン集計で約83万枚となった。 公開後の翌週に5位に上昇し、3・4週目は2位、発売5週目に1位となる。 オリコン10位以内に7週連続でランクインした。 累計出荷枚数は90万枚となっている。 役名名義のオリコンシングルチャート1位は、の「」以来約1年半ぶりの記録であった。 映画の役名名義ではの「」以来約5年4か月ぶりの記録である。 また、単独の役名名義(『ひとりぼっちのハブラシ』は名義のシングルの両A面扱い)では史上初である。 歌詞カードには「柴咲コウ」という表記は一切無い。 にがカバーし、同年8月15日発売のアルバム『』の11曲目に収録されている。 当初柴咲は、歌手デビュー曲である前作が不調に終わったため、歌手活動に乗り気ではなかったが、本作のヒットにより、女優業と並行して歌手活動を継続していくことを決意し、その後も多数のヒット曲を世に送り出すことになる。 日本最大手のレンタルDVDショップの1983年創業以来、最もレンタルされたシングルCDを集計した際、同曲は第8位と高順位にランクインした。 ちなみに柴咲の代表曲であり、同曲に次ぐヒットとなった「」は第14位にランクインしている。

次の