Zoom オンライン 飲み 会。 社員30人参加「オンライン飲み会」が最高になった5つのコツ【Zoom・Meet対応】

zoom飲み会が快適すぎる!最近はやりのオンライン飲みが人気の理由がやばかった!

Zoom オンライン 飲み 会

あわせて読みたい オンライン飲み会のいいところ 『オンライン飲み会』の最大のメリットは、 ネット環境があればどこにいようと関係なく参加できるということ。 都心も地方も、国内も海外も関係なく開催できるので、好きな時に好きな人と繋がることができます。 また、タクシー代や電車代などの移動費がかからないことも大きなメリットです。 用意するのは飲み物と食べ物だけ。 とてもシンプルで経済的な飲み会ですね。 最近のビデオチャットツールはどれも比較的高画質で高音質、また遅延も少ないのですが、それでもいざオンラインで飲み会をやろうとなると、なにを使えばいいのか迷ってしまうでしょう。 ここでは、いくつかのサービスやツールを紹介します。 飲み会の規模(人数や時間)などに合わせて、適したものをお選びください。 おすすめオンライン飲み会ツール10選 オンライン飲み会に使えるおすすめのサービスやツール10選を一覧でご紹介。 筆者が実際に体験して比較しました。 たくのむ ビデオストリーミングサービスであるNetflixをみんなで同時に視聴できる「ネットフリックスパーティー」。 Google Chromeのエクステンション(拡張機能)です。 主催者が見たいNetflix作品のページでNetflix Partyのアイコンをクリックすると、「Start the Party」というボタンが表示されるので、それをクリック。 主催者はここで作ったURLを他の参加者(Netflixアカウントを持っている友人)に送れば、共有完了。 このとき、開始時間も伝えましょう。 参加者は、送られてきたURLをクリックするだけ。 みんなでNetflixを見ながらグループチャットができるので、声での会話はありません。 他のツールとは趣旨こそ違いますが、贅沢な『オンライン飲み会』ができそうですね。 PCのブラウザ使用だと全員の顔が見られなかったのでアプリをインストールして使いました。 Zoomは 音質がとてもよく、複数人で喋っても結構聞きとれる快適さがありました。 これはかなり大きなポイントですね。 声が聞き取りやすいと話が盛り上がります。 オンライン飲み会の注意点 『オンライン飲み会』という通り、パソコンやスマホを通してコミュニケーションをとるので、状況によっては多少の不便さは拭きれません。 ネット回線の速度が遅いとレスポンスが遅れますし、マイクのスペックが低ければ声が正確に聞き取れず、会話のテンポについていけなくなるなんてことも。 もちろん飲み会の雰囲気にもよります。 例えば、誰かの話を聞くことがメインの場合は人数が増えても問題ありませんし、チャット機能がついているツールも多いので声だけでなく 文字でコミュニケーションを補足するという方法をとってもいいでしょう。 快適にオンライン飲み会を楽しむために、事前に準備するものをご紹介します。 オンライン飲み会で必要なもの インターネット環境 絶対に必要なのは、インターネットに接続されているパソコンもしくはスマホです。 楽しくてすっかり時間を忘れがちですが、宅飲みと違ってデータ通信量がかかるので、スマホで参加する方は Wi-Fi接続がおすすめ。 月に使用できるギガ数が少ない場合は特に気をつけましょう。 イヤホン・ヘッドホン オンラインでは、人数が多すぎると誰がなにを言っているのかわからなくなるもの。 双方向でそれぞれ会話が発生するととても混雑するので、オンライン飲み会の 最適人数は4〜5人といったところです。 会話が聞き取りにくい場合は、イヤホンやヘッドホンをすると幾分か解消されます。 煩わしくなければ、ぜひ使ってみましょう。 マイクとカメラ スマホやノートパソコンはマイクやカメラがデバイスに内蔵されています。 ですが、画質や音質にこだわりたい方やデスクトップパソコンのように周辺機器を揃える必要がある方は早めに準備しましょう。 表情や声が綺麗に相手に届けられれば、コミュニケーションに齟齬が生まれにくく、 直接会って飲んでいるのと同じように楽しめますよ。 美味しいお酒とグルメ オンライン飲み会ですから、 お酒と料理がなければ始まりません。 居酒屋とは違い同じ料理を囲っていない分、用意したつまみを見せ合ったり、お酒の話で盛り上がったり、よりプライベートな話をする機会も増えます。 綺麗な部屋(背景) バーチャル背景が使えるツールを除けば、普段外でしか会わない人にも部屋の中を見られます。 普段からしっかり掃除をしている人は良いですが、この機会に 見えるところだけでも綺麗にしましょう。 普段の飲み会とは違う新鮮さ 普段会えない友人とオンラインで飲み会をしてみるのはなかなか新鮮でおもしろいものです。 時間もお金も無駄がない飲み会なので、ぜひ気軽に開催してみてください。 こちらの記事もおすすめ.

次の

Zoomゲーム会に!「嵐にしやがれ」でも熱プレイ、「はぁって言うゲーム」作者・米光一成おすすめゲーム5

Zoom オンライン 飲み 会

家時間を楽しく過ごすためにオンラインを活用する人が急増中!Zoom飲み会、デートなど使い方もさまざま。 そこで今回は、「ぷよぷよ」、「BAROQUE」などの人気ゲームの生みの親であり、「はぁって言うゲーム」「想像と言葉」などのテーブルゲームの企画をしているゲーム作家の米光一成さんに、Zoomで盛り上がるカードゲームとその遊び方を教えてもらいました!Zoomゲーム会を開いてみませんか? コロナ禍で不要不急の外出禁止になって、あそびに行きたい、わいわいお喋りしたい、飲み会に行きたいという三大欲望を解消すべくZoom飲み会が盛んだ。 だらだら喋りながら飲むのもいいけれど、メリハリのひとつとして「Zoomゲーム会」に突入することも増えてきた。 今回は、その「Zoomゲーム会」でもりあがったなかからシンプルですぐに遊べるゲームを5つ紹介しよう。 「部屋と言葉」は、言葉を書きこんで、マス目を埋めると勝利となる協力ゲーム。 米光一成が2018年にリリースしたゲームだ。 現在、プレイシートとマニュアルを無料公開している。 いろいろな遊び方ができるが、オススメは協力ゲーム。 自分の部屋にあるものを画面に映し出して、その言葉を書き込む。 書き込むと、その言葉で使った文字を五十音表でチェック。 だんだん使える文字が減ってくるなか、うんうん悩んで、言葉を見つけ、マスを埋めていく。 「部屋に、そんなものあるのかー!」 「おなじのもってる!」 など、意外なものが飛び出して、大騒ぎだ。 なかなか難しいので、みんなで協力して達成した瞬間も盛り上がるぞ。 将棋を極限までにシンプルにしたゲームだ。 3~4マスで自分のコマはたった4つ。 どうぶつの絵が描かれていて子供向けになっているが、大人でもじっくり考えて対局できる本格的なゲームだ。 双方がボードを持っていれば、映像でつなぐ必要もない。 「きりんを右に」「ひよこを前に」 自分の番にどの駒をどう動かすか順番に言っていけば遊べる。 もちろん、もっと本格的にってことなら「将棋」や「チェス」もオススメ。 各自ペンとメモ用紙を用意。 マスを書いて、横列と縦列に文字を記入。 ここまでで、準備終了。 いよいよシンキングタイム。 制限時間は3分ぐらいがいいだろう。 9マスに単語を書いていく。 横列の文字からはじまって、縦列の文字で終わる単語を書いていくのだ。 単語は、みんなが知っている言葉。 「お父さんのパンツ」「白いブランコ」などの複合語は禁止だ。 書き終わったら、それぞれ何を書いたのか発表。 まず一人が短冊(メモ用紙)に好きな文字を1字書いて発表する。 たとえば「し!」。 全員、自分の短冊に「し」と書く。 次の人は、その「し」に続く一文字を発表。 「り!」 短冊には「しり」と書かれる。 この調子で17文字になるまで続ける。 最後に、できあがった珍妙な句が何を意味しているかみんなで解釈して楽しむ。 ZOOMゲーム会をやるときは、ホワイトボードが便利 「しりだせばもうとまらないはるのあい」 どう続くと予想して、その一文字を言ったのかを聞いていくのも楽しい。 遊ぶコツは、適当な一文字を言うのではなく、ちゃんと成立するように努力しながら考えて文字を言うこと! そうすると、意図が通じたり通じなかったりして、結果できた珍妙な句に絶妙な味わいがうまれる。 へんてこな一体感と文芸感を体験できるゲームだ。 与えられたお題を、声と表情だけで演じて当て合うので、それぞれの個性がでて、飲み会にピッタリ。 たとえば、お題「好き」なら以下の8種類。 ACTカードを配って、どの演技をやるか決定し、一言で感情表現して、それを当てる。 Zoom飲みでやるときは、代表の誰かがACTカードを引いて、本人以外は顔を伏せて、本人だけに見せるようにするといい。 「はぁって言うゲーム」「ベストアクト」 プレイ人数:3人~ プレイ時間:およそ15分 【追記】 ジェリージェリーカフェが、遠隔ビデオチャットで遊ぶ人向けに「ACTカードお配りシステム」を作って発表しました。 『はぁって言うゲーム』は、ジェリージェリーカフェから『ベストアクト』のタイトルでも出ています。 どちらも正規版で、お題やチップの作りがちょっと違います。 【おまけ!】 ジェリージェリーカフェのYouTubeチャンネルで、「遠隔でボードゲームを遊ぼう!」という動画がアップされています。 どんどん増えていく予定みたい。 ぜひ観て、参考にしてください。 【もういっちょおまけ!】 ともだちのゲーム作家のタンサンさんが、紙と鉛筆だけで楽しめるあれこれ全48個を一挙公開しています。 観て、想像するだけでも楽しいし、やればもっと楽しい。

次の

ZOOMを使ったオンライン飲み会のススメと注意点【幹事向け手引き】

Zoom オンライン 飲み 会

あわせて読みたい オンライン飲み会のいいところ 『オンライン飲み会』の最大のメリットは、 ネット環境があればどこにいようと関係なく参加できるということ。 都心も地方も、国内も海外も関係なく開催できるので、好きな時に好きな人と繋がることができます。 また、タクシー代や電車代などの移動費がかからないことも大きなメリットです。 用意するのは飲み物と食べ物だけ。 とてもシンプルで経済的な飲み会ですね。 最近のビデオチャットツールはどれも比較的高画質で高音質、また遅延も少ないのですが、それでもいざオンラインで飲み会をやろうとなると、なにを使えばいいのか迷ってしまうでしょう。 ここでは、いくつかのサービスやツールを紹介します。 飲み会の規模(人数や時間)などに合わせて、適したものをお選びください。 おすすめオンライン飲み会ツール10選 オンライン飲み会に使えるおすすめのサービスやツール10選を一覧でご紹介。 筆者が実際に体験して比較しました。 たくのむ ビデオストリーミングサービスであるNetflixをみんなで同時に視聴できる「ネットフリックスパーティー」。 Google Chromeのエクステンション(拡張機能)です。 主催者が見たいNetflix作品のページでNetflix Partyのアイコンをクリックすると、「Start the Party」というボタンが表示されるので、それをクリック。 主催者はここで作ったURLを他の参加者(Netflixアカウントを持っている友人)に送れば、共有完了。 このとき、開始時間も伝えましょう。 参加者は、送られてきたURLをクリックするだけ。 みんなでNetflixを見ながらグループチャットができるので、声での会話はありません。 他のツールとは趣旨こそ違いますが、贅沢な『オンライン飲み会』ができそうですね。 PCのブラウザ使用だと全員の顔が見られなかったのでアプリをインストールして使いました。 Zoomは 音質がとてもよく、複数人で喋っても結構聞きとれる快適さがありました。 これはかなり大きなポイントですね。 声が聞き取りやすいと話が盛り上がります。 オンライン飲み会の注意点 『オンライン飲み会』という通り、パソコンやスマホを通してコミュニケーションをとるので、状況によっては多少の不便さは拭きれません。 ネット回線の速度が遅いとレスポンスが遅れますし、マイクのスペックが低ければ声が正確に聞き取れず、会話のテンポについていけなくなるなんてことも。 もちろん飲み会の雰囲気にもよります。 例えば、誰かの話を聞くことがメインの場合は人数が増えても問題ありませんし、チャット機能がついているツールも多いので声だけでなく 文字でコミュニケーションを補足するという方法をとってもいいでしょう。 快適にオンライン飲み会を楽しむために、事前に準備するものをご紹介します。 オンライン飲み会で必要なもの インターネット環境 絶対に必要なのは、インターネットに接続されているパソコンもしくはスマホです。 楽しくてすっかり時間を忘れがちですが、宅飲みと違ってデータ通信量がかかるので、スマホで参加する方は Wi-Fi接続がおすすめ。 月に使用できるギガ数が少ない場合は特に気をつけましょう。 イヤホン・ヘッドホン オンラインでは、人数が多すぎると誰がなにを言っているのかわからなくなるもの。 双方向でそれぞれ会話が発生するととても混雑するので、オンライン飲み会の 最適人数は4〜5人といったところです。 会話が聞き取りにくい場合は、イヤホンやヘッドホンをすると幾分か解消されます。 煩わしくなければ、ぜひ使ってみましょう。 マイクとカメラ スマホやノートパソコンはマイクやカメラがデバイスに内蔵されています。 ですが、画質や音質にこだわりたい方やデスクトップパソコンのように周辺機器を揃える必要がある方は早めに準備しましょう。 表情や声が綺麗に相手に届けられれば、コミュニケーションに齟齬が生まれにくく、 直接会って飲んでいるのと同じように楽しめますよ。 美味しいお酒とグルメ オンライン飲み会ですから、 お酒と料理がなければ始まりません。 居酒屋とは違い同じ料理を囲っていない分、用意したつまみを見せ合ったり、お酒の話で盛り上がったり、よりプライベートな話をする機会も増えます。 綺麗な部屋(背景) バーチャル背景が使えるツールを除けば、普段外でしか会わない人にも部屋の中を見られます。 普段からしっかり掃除をしている人は良いですが、この機会に 見えるところだけでも綺麗にしましょう。 普段の飲み会とは違う新鮮さ 普段会えない友人とオンラインで飲み会をしてみるのはなかなか新鮮でおもしろいものです。 時間もお金も無駄がない飲み会なので、ぜひ気軽に開催してみてください。 こちらの記事もおすすめ.

次の