台風 15 号 激甚 災害。 令和元年東日本台風

令和元年東日本台風

台風 15 号 激甚 災害

(支援・特例措置) 台風被害に伴う「経済上の理由」により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主の方が、一時的に休業等を行って労働者の雇用の維持を図る場合に、休業手当等の一部について、助成の対象となる可能性がございます。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 中小企業退職金共済制度について、掛金納付期限の延長や、共済手帳・共済証紙の再交付が可能です。 また、勤労者財産形成促進制度について、財形持家融資制度の返済方法の変更措置や、財形住宅貯蓄・財形年金貯蓄の非課税払出しが制度があります。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 労働保険料等に関する申告・納期限を延長します。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ (Q&A) 賃金等の労働者の労働条件について、使用者が守らなければならないことをQ&Aにまとめました。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 派遣労働者、派遣元事業主及び派遣先からの派遣労働に関する労働相談をQ&Aにまとめました。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 労働保険の適用徴収に関する相談をQ&Aにまとめました。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 事業を休止・廃止したために、労働者が一時的に離職を余儀なくされた場合(雇用予約がある場合も含みます)については、失業給付を受給できる特別措置の対象となります。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 台風被害に伴う「経済上の理由」により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主の方が、一時的に休業等を行って労働者の雇用の維持を図る場合に、休業手当等の一部について、助成する雇用調整助成金の特例措置について、Q&Aにまとめました。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ (ケガをされた方・アフターケアを受診されている方・労災給付を受給されている方など) 「労災保険 」による給付(治療や投薬、休業補償など)の請求にあたって、事業主や医療機関の証明を受けるのが困難な場合には証明が受けられなくても請求書を受け付けております。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ アフターケア健康管理手帳をお持ちの方、社会復帰促進等事業により支給された義肢等補装具等を使用されている方及び義肢等補装具費を請求される方のアフターケア及び義肢等補装具費等についての取扱いについてお知らせします。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 労災給付の預金通帳・証書・届出印・送金通知書等を紛失等した場合の取扱いについてお知らせします。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 労災年金等の定期報告書の提出期限が10月31日から12月27日に延長されます。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 ・ 年金 被災に伴い、住宅、家財、その他の財産について、おおむね2分の1以上の損害を受けられた方は、申請により、国民年金保険料の免除を受けることができます。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 年金担保貸付事業について、返済猶予をはじめとした優遇措置を実施しております。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 承継年金住宅融資等債権管理回収業務について、返済猶予をはじめとした償還緩和措置を実施しております。 詳しくは以下のリンクをご確認ください。 被災された事業主・船舶所有者のみなさまで厚生年金保険料等の納付が困難な場合、口座振替の停止をすることができます。 また、申請いただくことにより納付の猶予を受けることができる場合があります。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 被災状況に鑑み、厚生労働大臣が指定する地域に所在する適用事業所の厚生年金保険料等の納付期限の延長を行うこととしました。 対象地域等の詳細は以下のリンクをご確認下さい。 災害救助法が適用された地域にお住まいであり、誕生日が10月1日から2月29日までの間にある年金受給権者等の方が提出する届書の提出期限を延長します。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 被災状況に鑑み、厚生労働大臣が指定する地域に所在地を有する企業型確定拠出年金の実施事業所の事業主掛金等の納付期限の延長を行うこととしました。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。

次の

首相、激甚災害の指定へ 台風15号や8月の大雨被害:朝日新聞デジタル

台風 15 号 激甚 災害

受付・送金状況 (1)受付金額 11 億3 102 万7 ,713 円( 2 万 4,250 件) (令和2年4 月30日現在) (2)送金金額( 義援金配分委員会への送金) 11億2,157万9,255円 (令和2年4月30日現在) 受付期間 2019年9月18日(水)から2020年6月30日 火 まで 協力方法 下記の方法によりご協力ください。 これらは、「免税証明書」として寄附金控除申請の際にご利用いただけます。 迅速に被災地へ義援金をお届けする必要があるため、ご理解とご協力をお願いいたし ます。 (詳しくは)• 下記ボタンをクリックし、ご登録ください。 なお、現在大変多くの協力をいただいていますので、受領証発行には3ヶ月程お時間を要します。 ご了承ください。 担当窓口 日本赤十字社千葉県支部 振興課 TEL: 043-241-7531 FAX: 043-248-6812 受領証について ゆうちょ銀行の振込用紙の半券や金融機関の振込時の利用明細票は、受領証の代わりとなり、「免税証明書」として寄附金控除申請の際にご利用いただけます。 この場合における確定申告手続きの際は、義援金専用口座への振込みであることが確認できる書類(下記に掲載の義援金募集要綱など)の添付などが必要になります。 個人情報について 日本赤十字社は、会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金、国内災害義援金へのご協力に際して取得する個人情報について、厳重に管理・保護を行うとともに、日本赤十字社(本社及び都道府県支部)が行う以下のような広報活動や事業資金等の募集活動の目的のためにのみ使用します。 会員や寄付者の皆さまのご協力実績を記録するため。 受領証やお礼状、収支決算、活動報告等の情報をお届けするため。 会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金及び国内災害義援金に関するご案内及びご協力のお願いをお届けするため。 その他、皆さまへ重要なご連絡をする必要が生じた場合のため。

次の

台風第15号・19号及び10月25日の大雨により被災した中小企業への支援について/千葉県

台風 15 号 激甚 災害

スポンサードリンク 激甚災害とはどんな意味? 『 激甚災害 げきじんさいがい 』、難しい言葉ですよね。 『激甚災害』には、 災害の度合いを表す言葉の意味と、 国が財政支援をする仕組みを示す2つの意味があります。 激甚災害の「激甚」とは「非常に激しいこと」。 「激甚」の「甚」は、程度が普通の度合いをはるかに超えていることを意味します。 「甚大な(じんだいな)」とか、訓読みでの「甚だしい(はなはだしい)」などに使われています。 相手を非難する時に、 「勘違いも甚だしい」 「非常識も甚だしい」 といった表現をしますが、 「甚」だけでも「並はずれてすごい」という意味で使われるので、 「激甚」といったら、非常に激しい、度を超えて激しいことを意味します。 激甚災害の「災害」は、「天災や戦争・事故などによって受けるわざわい」のこと。 なので、激甚災害は「 非常に激しい被害の災害」という意味になります。 そして、激甚災害には、 災害の復興事業に国が財政を支援する仕組みの意味もあります。 大地震や台風、暴風雨などで甚大な被害を受けた災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするものが『激甚災害』です。 『激甚災害』は激甚災害法に基づいて政令で指定されます。 激甚災害指定をわかりやすく 日本には1962年(昭和37年)に施行された『激甚災害法』という法律があります。 大規模な地震や台風など、著しい被害を及ぼした災害に適用される法律で、 国が被災者や被災地域に、特別の助成や財政援助・復興支援を行うことを定めています。 この法律に基づいて、 「今回の災害はこれに該当する」 と閣議決定された場合、 その災害を『激甚災害』に指定することができます。 国が災害復旧事業の補助金を上積みして、被災地の早期復旧を支援するのです。 被害にあった河川や道路、公立学校、農林水産施設、中小企業など、施設の再建や復旧にかかるお金を国が補助する際、 『激甚災害指定』がされることによって、復興事業への国庫補助の金額が増額されたり、 企業や個人に対する特別貸付などが行われるようになります。 激甚災害 本激 :地域を特定せず災害そのものを指定する• 局地激甚災害指定基準 局激 :市町村単位での指定を行う 被害状況次第で、『激甚災害』の水準に該当していれば「激甚災害 本激 」となり、該当していなければ「局地激甚災害指定基準 局激 」の扱いになります。 激甚災害 本激 全国規模で 災害そのものを指定するのが『 激甚災害 本激 』です。 『激甚災害』は通称「本激(ほんげき)」と呼ばれます。 これはもうひとつの『局地激甚災害指定基準』が、略称で「局激」と呼ばれているからのことで正式なものではありません。 本激も局激も、同じ『激甚災害法』に基づく特例措置が適用されるので、同種の措置について内容に違いはありません。 本激は対象区域が全国です。 地域の指定がなく、広範囲に被害を及ぼす災害に適用されます。 「本激」扱いの方が特例措置に適用される数が多く、 また、「局激」に比べると早く指定されます。 局地激甚災害指定基準 局激 『 局地激甚災害指定基準』は局地的な災害に適用され、 市町村単位で指定するものです。 通称で「局激(きょくげき)」と呼ばれています。 局激は、本激の指定基準を満たさなかった場合に指定の可否が判断されます。 本激の指定は、復旧・復興費が被災自治体の税収の5割に達するかなどを基準に判断される「激甚災害指定基準」に従って決定されます。 なので、ある災害が本激の指定を受けて、何らかの特例措置が適用された場合は、本激で既に適用された同じ措置が局激で適用されることはありません。 つまり、同じ災害について二重に補助率等がかさ上げされることはありません。 局激は通常、毎年2月に市町村単位で指定されます。 これは、被災した市町村の標準税収入等がわかってから基準と照らし合わせる必要があるためです。 ですが、 復旧費用見積りが基準を超えることが明らかな場合はすぐに指定されます。 激甚災害とはどんな意味?指定されると?わかりやすく教えて! まとめ 『激甚災害』は「非常に激しい被害の災害」という意味で、 「国が災害の復興事業に財政を支援する仕組み」という意味もあります。 『激甚災害』は激甚災害法に基づいて政令で指定され、 指定されると、災害の復興事業への国の補助率が上がります。 激甚災害指定は2種類あります。 激甚災害 本激 :地域を特定せず災害そのものを指定する• 局地激甚災害指定基準 局激 :市町村単位での指定を行う 他にも、国が指定する災害には、 大規模災害復興法に基づいて復興対策本部が復興計画をつくる「 特定大規模災害」、 自治体の管理する道路や橋などの復旧事業を国が肩代りできる「 非常災害」、 特定非常災害特別措置法に基づいて応急仮設住宅の入居期限延長などの行政手続の期限延長を認める「 特別非常災害」などがあります。 自然の脅威には逆らえないとわかっていても、災害は怖いものです。 いざという時に自分や家族の身を守るために、住んでいる地域のハザードマップをチェックして、被害予測はしっかりと確認しておきたいですね。

次の