大丈夫 ファミ 通 の 攻略 本 だ よ。 シノアリス 再構築サレタ紅塵ファフニール(涙彩)討伐 攻略 おすすめジョブと防具|記憶倉庫

『ファイアーエムブレム 風花雪月』攻略本がファミ通から発売決定│SWITCH速報

大丈夫 ファミ 通 の 攻略 本 だ よ

歴史 [ ] 創刊当初はの子会社であったより刊行されていたが、のグループ再編により発行元がエンターブレインへと移った。 本レーベルの公募新人賞はであるが、以前はエンターブレインが開催するのであった。 前身にいずれもアスペクト発行の( - )・( - 1998年)と(1996年 - 1998年)があり、ログアウト文庫とファミ通ゲーム文庫で刊行されたタイトルの一部はファミ通文庫で新装版が刊行されているが、やのをした作品や(TRPG)のが中心であったログアウト冒険文庫やオリジナル作品中心のログアウト文庫に対し、ファミ通ゲーム文庫は刊行時期こそ重複していないものの一部のシリーズ作品を継承した以外に直接の関連性は無い。 また、ファミ通ゲーム文庫はアーケード・家庭用ゲームの小説化作品が中心であったが、小説化作品中心の構成からより幅広いジャンルを含めたオリジナル作品を展開するに当たって「ファミ通文庫」へ改題された。 現在では、再びTRPGのリプレイが刊行されるようになり、さらにには、ログアウト冒険文庫時代以来となるルールブックも刊行されている。 そうした経緯により、レーベル名に「」を冠しているものの週刊ファミ通や「ファミ通一族」と通称されるその系列誌と本レーベルの関連性は必ずしも密ではなく、むしろ一般に対するネームバリューの高さから「ファミ通」を称している側面が強い。 新刊案内の折り込み広告は長らくエンターブレインの漫画や攻略本・ファンブックと共通であったが、2006年10月に独立し「Famitsu Bunko News」(FBN)となった。 また、オフィシャルサイト「」はファミ通文庫のオフィシャルWebマガジンとして機能している。 レーベルの15周年時には記念として2月21日から3月28日にかけてで番組が全6回放送された。 からは版形の大きいB6判のものが毎月ではないものの刊行され始めたり、には19周年記念として寄りの作品を集めたファミ通文庫ネクストが刊行されたりしている。 特にB6判は、2020年5月刊では通常の文庫サイズの刊行数を上回り、存在感を増している。 外観 [ ] 背表紙の「 FB」ロゴがのタイトルはオリジナル作品、のタイトルはファミ通文庫ネクスト作品、のタイトルは小説化作品及びTRPGの関連書籍であることを表す。 7月刊行のタイトルより背表紙のデザインが一部変更された(青を基調とするカラーリングは変わらず)。 このとき、それまで刊行順に振られていた通し番号が、に改められた。 その後、4月刊行の新刊よりレーベルロゴと装丁が一新された。 シリーズ番号 [ ] ライトノベルに限らず多くの文庫で、一般的に[著作者番号]-[刊行タイトル数]で表記される作品番号であるが、本レーベルではその間に「シリーズ番号」というべきものを備えているのが特徴である。 これは、• 野村美月(「の2」…レーベルに於いて2人目の「の」で始まる作者)の、• 6つ目のシリーズ(1. 「卓球場」シリーズ/2. 『フォーマイダーリン! 』/3. 「天使のベースボール」シリーズ/……)の、• 5つ目のタイトル(1. シリーズではない単独の作品の場合、1個のシリーズ番号が与えられる。 作者によっては同一のレーベルで別個のシリーズ(正編に対する短編などを含む)を同時期に展開している場合が多々あり、単にその作者が刊行した順では混淆してしまうが、この表記により簡明になる。 一方、FBロゴが緑の原作付き作品やTRPG関連書籍については、著者名ではなく原作となる作品名のにより識別される。 『ナイトウィザードノベル 蒼き門の継承者』(犬村小六)は「N3-2-1」で、• アルファベット「N」で始まる3番目のシリーズ作品の、• 2つ目のシリーズ(1. 「ナイトウィザード リプレイ」/2. 「ナイトウィザードノベル」/3. 「ナイトウィザード The ANIMATION」の小説化作品/……)• 1つ目のタイトル(1. 『蒼き門の継承者』/2. 『星を継ぐ者』/3. 『鏡の迷宮のグランギニョル』/……) を意味する。 この場合、2. 『星を継ぐ者』の著者は日高真紅、3. 『鏡の迷宮のグランギニョル』の著者は藤原健市と全て異なるが、著者名でなく原作が属するシリーズ作品により分類されるのでそれぞれ「N3-2-2」「N3-2-3」の番号が与えられる。 ファミ通文庫以外でこの「シリーズ番号」を採用しているレーベルには(・7月創刊)及び(・8月新刊より採用)がある。 読者層 [ ] 2016年の編集部によれば、オリジナル作品の主な読者層は20代後半~30代の男性。 メディアミックス [ ] アニメ [ ] アニメ化されたファミ通文庫オリジナルのシリーズは次の通り。 五十音順。 2005年から2014年までは毎年何かしらアニメ化されたが、その後は不定期となっている。 (化)• (タイトルは「まかでみ・WAっしょい! 漫画 [ ] に関しては同じ出版社の『』や『』で行われることはほとんど無く 、に開設された『』での連載が中心となっている。 この他、エンターブレインと同じに属するの『』で「バカとテストと召喚獣」が 、連載当時はライトノベル市場でエンターブレインと競合関係に在ったの『』で「まじしゃんず・あかでみい」が連載されている。 その他 [ ]• FBSP [ ] 「ファミ通文庫スペシャルエンターテイメントブック」の意。 B6判のムック形式で1シリーズに絞った特集記事を掲載する他、特典が付属することもある。 狂乱家族日記すぺしゃる 2007年1月29日発売• まかでみスペシャル 2007年5月30日発売• 狂乱家族日記すぺしゃる 2008年2月29日発売 脚注 [ ]• ファミ通文庫. 2020年4月22日閲覧。 特にハルタは創刊時から「コミカライズはNO」ときっぱり打ち出している。 「」「」他、ビーム連載作品のはある。 逆にの「」は『ファミ通コミッククリア』で連載されている。 メディアファクトリーは2011年11月よりエンターブレインと同じ角川グループ傘下となっている。 全3巻の予定であったが、3巻は刊行されず加筆・再編集を経て「荒野」の表題でより完全版が刊行された。 『なかよし』連載のコミカライズは版(全3巻)が原作としてクレジットされているが、表題はファミ通文庫版に従い「荒野の恋」を採用している。 外部リンク [ ]• famitsu -.

次の

ファミ通文庫

大丈夫 ファミ 通 の 攻略 本 だ よ

「大丈夫。 ファミ通の攻略本だよ。 」とは、CT出版または刊行のの帯に必ずと言っていいほど表記されているである。 概要 明期からに至るまで出版されている誌「()」。 長いとノウハウに支えられたが生んだ前述のは、編集を務めるの自身と誇りの現れなのだろう。 しかし、残念な事に量はともかく質においては昔から「玉石混交」と言わざるを得ないのが現状である。 もちろん物によってはから高評価を受けているも多々存在するが、「」もまた多い。 そして往々にして場合のアフターケアがひどいため、のは「」と揶揄されることが多くなってしまっている。 本当に「大丈夫。 」なファミ通の攻略本 「」を引かないようにする方法の一つとして、「執筆者もしくは編集の名前をする」というのが非常に有効。 気に入った、もしくは内容が気に入った場合は後付けに記載されている執筆者を覚えておいて、次にを買う前に確認するようにする。 そうすれば「が書いたか」によっておおよその内容のが推測できるようになり、好みの本をぐっと選びやすくなる。 初代WAのは別の執筆者)など。 関連商品 関連項目•

次の

[B! youtube] 【ファミ通解説】ファミ通はなぜ『大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?』と呼ばれるようになったのか。誤植と誤情報の歴史を検証・解説

大丈夫 ファミ 通 の 攻略 本 だ よ

この節のが望まれています。 山田昭子• コメンテーター [ ]• 島村守之 当時:池袋東口店店長 - 『今週のファミコンソフトベスト10』初代担当レポーター。 レポーター [ ]• マイケル - 番組中期に登場した「マスコットアシスタント」。 『名人に挑戦』の解説およびレポート担当。 - 『今週のファミコンソフトベスト10』担当レポーター。 でも続役。 - 『今週のファミコンソフトベスト10』アシスタント。 Theゲームパワーでもロケコーナーのアシスタントを担当後、メインアシスタントに就任。 ナレーター [ ]• 共に『最新ソフト情報』に出演。 堀内と堀越は、この番組以降のアルファ放送制作のゲーム番組でも、最新ソフト紹介コーナーで ホリホリコンビとしてナレーターを担当することとなる。 なお、堀内は『』の中期頃に降板した。 主な番組内容 [ ] 一般視聴者参加ゲームバトルコーナー [ ] 15分の制限時間でゲームの得点を競うコーナーで、優勝者には玩具などがプレゼントされた。 出場者は会場に来ていた観客の中から抽選されていたため、初めて触れるゲームに当たってしまう出場者もいた。 名人に挑戦 [ ] 前期のコーナー。 一般視聴者9人(主に低学年の小学生から中学生まで)とゲーム会社の名人が、あらかじめ決められたゲームソフトに挑戦して得点を競っていた。 マイケルに挑戦 [ ] 番組マスコットアシスタントのマイケルが名人の代わりに登場するコーナー。 しかし、当のマイケルはゲームが下手で、小学生と勝負にならなかったために数回で終了し、替わって下記「ファミっ子チャレンジランド」が行われるようになった。 ファミっ子チャレンジランド [ ] 一般視聴者10人があらかじめ決められたゲームソフトに挑戦して得点を競っていたコーナーで、最終的に得点が高かった出場者が勝者に認定された。 最新ソフト情報 [ ] VTRにて数か月後にて発売されるファミコン、PCエンジンの各ソフト紹介。 また、スタジオでも2本ほど紹介する。 ファミっ子情報局 [ ] ファミコンソフトの最新作紹介、裏技情報。 ゲーム会社主催のお知らせなどを紹介。 ファミっ子攻略塾 [ ] この節のが望まれています。 構成:柏木照世• TD:竹内勝治• カメラ:石森和弘• VE:鈴木隆• VTR:検校義孝• 音声:手塚浩通• 照明:本田郁美• 美術:田汲喜義• メイク:西村ひとみ• TK:池田佳寿子• 編集・MA:ビームテレビセンター• 選曲:ミューズサウンドクリエイション• AD:高橋雅之• 協力:• ディレクター:小島通昭• プロデューサー:大木啓司 、井上眞紀代• 製作:テレビ東京、アルファ放送制作 関連項目 [ ] 同じくアルファ放送制作のゲーム番組で、『GAME Jockey II』以外はテレビ東京で放送されていた。 系 のゲーム番組 前番組 番組名 次番組.

次の