ぎょ らん 亭 魚 町。 季節料理 衣笠(鞆町)

東京の魚料理店

ぎょ らん 亭 魚 町

実は元々活魚料理屋さんなのだ。 どう言う経緯でカレーを出したかは知らないけれど、 今回は御魚の方を堪能して来ました。 場所はドブ板通り近くにあり、周りは外人さんが闊歩してます。 立ち飲み屋で外人さんが日本人と一緒に飲んでいるのを見たことがないので、 かなり違和感ありです 笑 店内は1階が玄関ですが、そこからは地下のホールみたいな場所と2階に分かれるみたい。 我々は生簀が並んでいる場所に設けられたカウンター席に通されました。 奥にはお寿司のカウンターもあり、我々の後ろには個室もあります。 生憎個室は埋まっていて、盛況振りがうかがえます。 店員さんたちもなんだかとっても昭和なニオイのする方たちばかりでとても楽しい。 本日のオススメのお魚や料理などもありますが、 定番の中から、ワシはブリカマを、相方はカサゴを。 料理はカウンターと生簀の間の通路から運ばれてきてコレもまた楽しげ。 どうやら、更にもう1段地下にも調理場があるらしく其処から運ばれてきます。 目の前で伊勢海老やらカサゴやら烏賊やら鯵やらカワハギやらが泳いでて、 楽しみながら料理を待つことが出来ます。 カサゴは小さめのタイプが登場。 カラッと揚がっていて全部丸ごと食べられます。 身も表面はカラっと揚がってますが中身はぷりぷりで美味しい食感。 付け合せのサラダのマヨネーズも旨い。 ブリカマはとても脂ギッシュでこれまた好みの味でご飯が進みます。 潮汁は中の魚がなんだか分かりませんがとっても良いお出汁が出ていて最高に旨い。 今回は穴子がなかったのが残念でしたが、次回は挑戦したいわ。

次の

北九州情報 人気ブログランキング PVポイント順

ぎょ らん 亭 魚 町

大神商店のベアーです。 朝からバタバタと業務に追われてランチを取る時間を確保。 ブログをアップしようとしたらパソコンの調子が悪くBIOSまでしか立ち上がらなかったりと。 さすがにブレーカー上がった時の強制終了が効いたかな?と思いつつ仕方がないので、車に積んであるノートPCにて作業開始。 晩はOSの再インストールだなぁとちょっと億劫に感じつつ。 さて、ぎょらん亭のマスターが最近沼店でラーメンを作っていると噂に聞いたのでちょっと寄ってみることに。 三萩野は前職の時に結構行ってたんですが、沼店は門司に行く割にはなかなか寄れてなかったなぁとおもいます。 沼のまんが倉庫があったちょっと先のセブンイレブンの手前にありますぎょらん亭沼店さん。 緑の看板はそのままの様子。 早速入店です。 扉を開けると左手にL字のカウンター。 右側にはテーブル席が数席とそこそこの広さ。 カウンターは少し高くなっててご主人も中にいる様子。 早速カウンターにすわってメニューの確認です。 手前にもありますが、壁にもしっかりと掲示されてます。 豚骨十割をお願いしようと思い声をかける瞬間。 セットなるものがある様子ですので、そちらへ変更。 セットでお願いしました。 ご主人からご飯をどうぞと声をかけられたのでさっそく。 セルフみたいです。 ご飯といくつかのおかず。 味噌を少しいただきつつご飯を盛って席へ。 ちょうどラーメンも到着の様子。 ラーメンにご飯に味噌。 三萩野で食べてた様子のラーメン。 早速いただきます。 スープを蓮華ですくっていただくと、濃厚さは三萩野の時のほうが強かった気がします。 どろスープまではいきませんが、それでも結構濃厚コッテリだったのに対して、少しあっさりしている様子。 今日のスープがそのくらいなのかな?と思いつつ。 麺は細ストレート。 茹で加減はふつうでいただきました。 少しもちっとした麺がいい歯ごたえ。 ツルっと啜るとまたいいのど越し。 チャーシューは大き目のバラ肉。 脂身もスープの余熱でいい具合に蕩けてナイス。 ネギもスープを吸ってシャキッとした歯ごたえ。 キクラゲもコリコリです。 ご飯もセルフで考えたらいい仕上げり。 味噌も濃厚でご飯に乗せていただきました。 セットのから揚げ2個です。 カリッと揚がってていい歯ごたえ。 一つはスープに沈めつついただきましたが、衣カリカリでいい仕上がり。 ご飯をもう一杯いただきながらスープを完食。 器の底には隋がたんまりと。 出汁もしっかりとして堪能いたしました。 満足です。 ご馳走様でした。 最近食べてないなぁと思いつつも沼店にはまた来ようと思いつつです。 ラーメンセットで750円程度だった気がします。 福岡県北九州市小倉南区沼本町2-1-25 TEL:093-473-6664 ぎょらん亭 沼店 ランキングに参加中です。 よければクリックお願いします。 人気ブログランキング にほんブログ村ランキング.

次の

g.北九州市小倉北区: 北九州〇(まる)かじり! <旧館>

ぎょ らん 亭 魚 町

以前、お店をチェックした時、黄色のテントには「ポ ン太ラーメン」という記載は無かったような気がする が、追加はラーメン中心なのに食堂のような感じだ からか?(汗)情報によると東洋軒ちっくだと言う。 東洋軒?で、あれば行くしかないでしょう。 東洋軒の 味を引き継いでいるお店、多いほうが良いから。 本 来ならその筆頭であるべきの某店が、いいもの持っ ているのに、ラーメンに対する姿勢が変わらず化け る気配ないから、尚の事、期待しちゃうのよね。 先客1名。 大将と話が盛り上がっている。 夕方は常連さんの酒盛り場っぽ い雰囲気。 ここは当然、ワンタンメンでしょう。 とオーダーしたら、今日は終わりました、 と。 仕方ない、デフォのゑびす屋ラーメン550円に。 そうですね、確かに、東洋軒的風味を感じます。 ただし1口目は東洋軒と 言うより、ぎょらんっぽく感じたけれど。 チャーシューを煮た後の塩味ダレ がベースなのかな。 ややタレが利き気味ながら、ほのかな甘味が感じら れるスープは、しかし量が多めで麺はじめ具材が沈んでしまうなぁ。 事前 情報では東洋軒同様タケノコが入っているという話だったが、入っている のは固めの煮玉子半分で。 チャーシューは割と厚め。 脂身が多めに見え るが、しっかり煮られているのか、崩れる感じで、抵抗は無かった。 狭い店内に他にお客が居たので詳しくは聞けなかったが、丁寧そうなご 主人で、なかなか好印象だったから、また来るだろうし、聞いてみよう。 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2007. 2005. 2005. 2005. 2005. 2005.

次の