関西国際空港 バッタ。 蝗害はなぜ起きる?蝗害発生の謎と本当にあった各地の蝗害

西アジアなどで発生する蝗害 コロナ禍で貧困化した地域の食料食い尽くす?

関西国際空港 バッタ

今日、インドでバッタの大量発生のニュースがありました。 インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom バッタの大量発生と聞いてまず頭に思い浮かべるのは、ピクサー映画「バグズ・ライフ」のホッパー率いるバッタ軍団ですが、そんなカワイイもんではありません。 信じられないくらいのバッタの大群ですね。 これは、インドでのことを報じていますが、 実はもっと前から、別の国でバッタの大量発生がニュースになっていました。 これらのニュースをたどってみると 移動経路が見えてきました。 今日は、バッタの大量発生について、その原因と経路について調べてみたことをまとめてみました。 そしてこれらがバッタに関するニュース記事です。 【2020年3月3 日経新聞】 バッタ大量発生、農作物の被害拡大。 アフリカ東部から南西アジアへ波及 国連によると、最も被害が深刻なケニアでは1000億~2000億匹のバッタが約2400平方キロメートルの範囲で農作物を襲っているという。 全て食い荒らされた場合は8400万人分の食糧が失われることになる。 (中略) 内戦や資金不足で各国政府の駆除対策が著しく不足していたことも背景にある。 国連食糧農業機関(FAO)はエチオピアやケニア、ソマリアでは約1200万人が食糧危機の状態にあると指摘。 【2020年3月8日 AFP】 パキスタンでバッタが大量発生 パキスタンでバッタが大量発生し、国内の農業地帯では過去30年間近くで最悪の被害が出ている。 特に農業の中心地で作物が壊滅的な打撃を受け、食料価格の急騰を招いている。 【2020年5月3日Yahooニュース】 「4000億匹」のバッタの大群が中国に迫る 2019年6月にアフリカ東部で大量発生したサバクトビバッタは紅海とペルシャ湾を超え、イランに上陸。 そのまま東へと移動し、中国付近まで到達している。 そしてこれが冒頭のニュース。 【2020年5月30日AFP】 バッタの大群、旅客機の運航に深刻な影響及ぼす インド当局が警鐘 過去30年近くで最悪とされる「蝗害(こうがい)」はすでに、農作物に甚大な被害を与えている。 インドでは新型コロナウイルス対策のため全土で1か月にわたり封鎖措置が実施され、その影響で苦しむ農家に追い打ちをかけている。 (中略) 来月にはさらなるバッタの群れがインドへ飛来すると予想されるため、専門家らは被害がさらに深刻化すると警告している。 c AFP バッタの大量発生のメカニズム なぜバッタが大量発生したんでしょうか? これがバッタの大量発生のメカニズムです。 いつも乾燥している砂漠に雨季がやってくると、バッタのエサになる草が生えてきます。 バッタは餌のあるうちに草を食べ、食べるとすぐに産卵します。 雨季といっても雨が降るのは10日ほどと短く、通常なら草は1ヶ月ほどで枯れてしまいます。 孵化したバッタは、次のエサ場を求めて移動します。 ところが、大雨が降ると草が枯れないので、バッタは移動せずそのまま数世代連続で繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に数が増えます。 つまり、大雨によりエサとなる草があると同じ場所で繁殖し続け大量に発生する、ということです。 そして、大雨も終わり草が枯れ始めると、草の残った狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて過密化します。 (kokaNetより要約) そしてこの過密化が次の悲劇を生みます。 バッタの大量発生は、昔から世界各地で発生していました。 そして空が暗くなるほどのバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らされる被害に合っています。 バッタによる被害を蝗害(こうがい)と言います。 中国では、水害、干ばつと共に蝗害を3大災害と読んでいるそうです。 また、今回のニュースの元になったアフリカでは「神の罰」と呼ばれているそうです。 恐るべきバッタの進化『相変異』 過密化したバッタは次なる悲劇を生み出します。 (バッタにとっては進化なんでしょうけど) 普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」といいます。 相変異(そうへんい)とは、生活条件や、特に個体群密度の変化によって、異なった姿と行動の個体を生じることです。 サバクトビバッタにおいては、もともと単独で生息するのに、相変異によって群で生息するようになります。 さらに翅(ハネ)が長くなり、飛行距離が伸びるようになります。 (すごい進化です!) 密集によるぶつかり合いと、そのときの接触刺激に反応して相変異が引き起されることが、実験によりわかってきました。 (図はWikipediaより:上が孤独相、下が群生相) また、群生相になると 1日に100km以上も飛ぶようになるそうです。 (kokaNetより) 今回のバッタの大量発生の原因は? バッタの大量発生のしくみは上記のとおりですが、今回の発生原因はなんでしょうか? 専門家の説明によると今回のバッタ大量発生の原因として考えられるのは「インド洋ダイポールモード現象」という異常気象なんだとか。 これは、アフリカ近くのインド洋西部の海面温度が通常より上昇する一方で、インド洋東部の海面温度が通常より低下する現象です。 これに現象によって多くの水分が大気中に蒸発して雨雲を作り、連日大雨を降らす、という仕組み。 そしてその異常気象の原因は地球温暖化。 つまりは人間が生み出した公害ともいえる、と記事は言っています。 (2020. 12週刊現代記事より) 日本への影響は? 現在、中国まで迫ってきたバッタの群れですが、今後、中国大陸を横断し、海を超えて日本まで飛来する可能性はあるのでしょうか? 過去の例から考えても、海を超えて飛来する可能性は低そうですが、今後の相変異によって、もっと長距離を飛べるようになったら、いつか海を超えて日本に飛来する日もやってくるかもしれませんね。 現時点で、日本に影響があるとすれば、バッタによるものではなく、気候が影響を受けて「冬がなくなること」です。 その理由は、インド洋ダイポールモード現象によって日本に流れる「偏西風」の流れが変わるため。 日本に流れ込む北からの寒気を偏西風が北に押し上げるかたちになり、日本では冬なのに気温が高くなるという現象が起こるそうです。 日本でも2007年にバッタが大量発生したことがある 今回のインドパキスタンほどの規模ではないにしても、日本でも過去にバトノサマバッタが大量に発生したことがあります。 そのときのバッタの種類は今回のサバクトビバッタではなくトノサマバッタでした。 2007年、関西国際空港拡幅のための二期島工事中に、トノサマバッタが大量発生し、駆除の作業に追われました。 乾燥地帯ではない日本でなぜ大量発生したのか原因は不明ですが、海の上の埋め立て地という新しく造成した土地で、天敵がいないことも原因ではないかと言われています。 まとめ インドを襲ったバッタの大群のニュースをきっかけに、バッタの移動経路や、大量発生の原因について調べたことをまとめてみました。 農作物に被害をもたらす バッタの大量発生の原因は、豪雨やサイクロンという異常気象が一つの原因といわれています。 そして、その異常気象は人間の活動による地球温暖化だと指摘する専門家もいます。 このコロナ渦の最中、追い打ちをかけるような出来事ですが、今後の動向に注意したいですね。

次の

バッタの大量発生がヤバい!経路は?大量発生したバッタの大群が海を越えて日本にも来るのか?

関西国際空港 バッタ

com/pixelfusion3d アラビア半島・アフリカ・西アジアで「サバクトビバッタの大発生」という新たな危機が生じている。 おびただしいバッタが大地や空、田畑を埋め尽くし、農作物や牧草などすべてを食べ尽くす「蝗害(こうがい)」だ。 巨大な群れ(スワーム)は、東京ドーム386個分に1120億匹。 その密度は「4畳半に4万超」というすさまじさ。 2018年にアラビア半島南部に発生したサイクロン豪雨が引き金となり、イエメンとオマーンの国境辺りにバッタが大発生した。 翌年夏に、バッタの群れはサウジアラビアと紅海を超えてスワームを形成し、アフリカのエチオピアやソマリアに飛んだ。 あとには広大な草原が現れ、豊富な草を食べたバッタがどんどん増えた。 そして大発生が生じ、今年になってそのバッタのスワームが西はアフリカ内陸部へ、東はパキスタンとインド方面へと飛来し、拡散している。 写真=iStock. スワームの大きさは1806ヘクタール(18. 06平方キロメートル)を超えるという記録もある。 今回の大発生はこれに匹敵する規模だともいわれている。 この規模は東京ドーム384個分、渋谷区や目黒区ならすっぽり包まれる。 そこに1120億匹の黒いバッタが襲来する様子を想像してみてほしい。 平方メートルあたりに6202匹、4畳半だと4万を超えるバッタがうようよと群れる計算になる。 サバクトビバッタの大発生は、いまに始まったことでない。 大昔より、数年から数十年単位で大発生を繰り返している。 文字として残されたもっとも古い記録は紀元前1000年ころに編纂された旧約聖書「出エジプト記」までさかのぼる。 1931年にアメリカの小説家、パール・バックが書いた『』にもイナゴの大群が飛来して、またたく間に田畑を食い尽くしてしまう情景の描写がある。 これを専門用語で「孤独相」と呼ぶ。 豪雨があると、そのあと一面にバッタの繁殖にとって好適な草原ができる。 するとバッタは繁殖を繰り返し、密度が増す。 バッタ同士の体が互いに触れ合うほど高密度になり、幼虫のバッタ同士の脚や触角が触れ合うようになると、その刺激によって体色が黒色化するのだ。 「群生相」と呼ばれるバッタの出現だ。 群生相は、高密度になったバッタ集団が、いまいる場所には食べ物がないことを察知して生まれる。 食糧不足を回避して新天地を求めて生き残ろうとする、バッタの体内に潜む仕組みとして進化してきたものなのだ。 写真=iStock. 体の割合に比べて翅(はね)が長く、後ろ脚が短くなり、背中の筋肉は縮小する。 そして成虫となって、新たな穀倉地帯を求めてスワームとなり、大群で飛翔を開始する。 今年、公表された研究では、群生相の成虫は数こそ少ないが大きな卵を産むこともわかった。 不安定な環境では大きな卵から産まれる子のほうが生き残りやすいだろう。 生存戦略が大きく変わるのだ。 卵数と卵サイズの関係も同じである。 こういった変化を司っているのが体内ホルモンである。 群生相は、飛翔に適した体つきとなり、いまいる場所の草を食べ尽くすと、大群となって別の緑の場所を見つけて飛翔する。 群生相化したバッタでは、行動も変容する。 みなが同じ方向に向かって行進するようになるのだ。 「マーチング」と呼ばれるこの行動は、群れのなかでお互いに衝突して共食いしないために生じると考えられている。 このようにして、砂漠の各地に点在する草原で群生相化したバッタの集団が、緑のある新たな畑や草地に襲い掛かり、食べ尽くしては次の草原を目指し、ついには何億もの数となって、農地を次々と裸地にし、すでに新型コロナで貧困化した地域の食糧を根こそぎ奪っていくのだ。 だが、群生相の成虫が大群となって飛来するようになれば防除できなくなる。 バッタのアウトブレークを防ぐには、バッタの集合化の兆候をモニタリングするしかない。 群生相化しそうなバッタの集団を見つけて、幼虫の段階で農薬を散布するのが有効だ。 そのために、ローマに本部を置くFAO(国際連合食糧農業機関)には、バッタ対策チームが設置されている。 彼らは人工衛星によるGIS(地理情報システム)を使ってバッタの発生をモニタリングし、アフリカや中東アジアの国々と連携して初期防除に努めている。 写真=iStock. com/pawopa3336 予算システムという視点で考えると、バッタの防除対策には課題がある。 それは大発生が不規則なタイミングで繰り返し生じる点に集約される。 いざ大発生が始まると、各国や国際機関は莫大な予算を投入し、防除や研究が進む。 しかし発生が終わると、予算は削減されてしまう。 この繰り返しなのだと、バッタ研究者たちは指摘する。 筆者はわが国の南西諸島に侵入する害虫問題に携わっているが、侵入害虫の発生がない年でも警戒の手を緩めると侵入警戒システムの維持が困難になる。 火事のないときでも消防署が必要な理由と同じである。 新型コロナウイルスの出現で暮らしを一変させられた僕たちは、この仕組みを十分に思い知ったはずだ。 感染症専門の病床と専門医の確保が、どれほど世界中で脆弱であったことか。 経済の維持は重要だが、人類の命を守る社会保障とのバランスをとることが持続的な社会システムにとってより大切である。 そして生物多様性の喪失にもつながるだろう。 大発生の裏には、世界各地で起こっている農地を確保するための森林伐採も関与する。 土壌流出による新たな草原の出現や、広大な面積に単一の作物を作付けするというモノカルチャー農業(単一作物大規模農業)の拡大も、バッタにとっては大発生を助長するのに好適な環境を人類が提供しているのだ。 FAOのサイトによると、2020年5月4日現在、サバクトビバッタは、西はケニア・エチオピア・ソマリア・エリトリア・スーダンまで、アラビア諸国ではイエメン・サウジアラビア・イラク・オマーン・UAEにその発生を拡散した。 そして春に繁殖したスワームは6月のあいだいくつもの波となって押し寄せるとFAOは予測する。 サバクトビバッタの群れが中国に向かっている、との一部報道もあったようだが、過去の大発生の記録とバッタ専門家の見解では、パキスタンの東にあるヒマラヤ山脈は越えられないといわれている。 日本では、河川敷の広大な河口草原にトノサマバッタが大発生する例が以前より知られている。 河口草原は、河川の開拓と治水の進歩によって消滅した。 しかし、1981年沖縄本島南部のイナゴ、1986年鹿児島県馬毛島、1995年と2007年に関西国際空港の草原でトノサマバッタの大発生が生じている。 これらの大発生はいずれも、天敵である糸状菌の感染によって終わった。 サバクトビバッタでも、「メタリジウム」という昆虫に感染する糸状菌を用いた防除も検討されているが、防除の中心は発生モニタリングと化学農薬の散布である。 アフリカ・中東・西アジアの穀倉地帯へのバッタの襲来が、コロナ禍で襲い掛かる世界的食糧危機にトドメを刺すかもしれない。 そして、カロリーベースで37%というとても低い食料自給率(平成30年度)の日本は、その影響を大きく受ける可能性が否定できないのである。 2020 Journal of Insect Physiology 122, 104020 4 伊藤ほか(1990)動物たちの生き残り戦略. NHKブックス. 4 May 2020. fao. html 6 Dunn 2017 Never Out of Season: How Having the Food We Want When We Want It Threatens Our Food Supply and Our Future. Little, Brown and Company. 青土社. 東海大学出版会 8 田中ほか(2015)関西国際空港の一期島と二期島におけるトノサマバッタの大発生と管理. 東海大学出版会. ---------- 宮竹 貴久(みやたけ・たかひさ) 岡山大学大学院環境生命科学研究科教授 1962年、大阪府生まれ。 理学博士(九州大学大学院理学研究院生物学科)。 ロンドン大学(UCL)生物学部客員研究員を経て現職。 Society for the Study of Evolution, Animal Behavior Society終身会員。 受賞歴に日本生態学会宮地賞、日本応用動物昆虫学会賞、日本動物行動学会日高賞など。 ---------- (岡山大学大学院環境生命科学研究科教授 宮竹 貴久).

次の

「コロナ禍の後はバッタ禍」日本人と大量の虫との仁義なき戦い 「蝗害」被害の多い日本人の知恵 (3ページ目)

関西国際空港 バッタ

200兆匹のバッタは日本にくるのか? 結論から先に 200兆匹のバッタは日本には絶対に来ません。 正確には 来れません。 サバクトビバッタの1日の飛行可能距離は150km。 しかも休憩しながら。 中国の上海と日本の距離約800kmの海を渡ることができないからです。 砂漠地帯で暮らすサバクトビバッタはこれ以上上海以上北に北上する子はまずありません。 なので韓国にすら到着はできないのです。 中国の科学の力と厳しい環境変化に耐えられず死滅は免れないのです。 ただし安心してはいけません。 サバクトビバッタの軍団が通った道は作物被害が甚大です。 輸入に頼っている日本としては食料価格の増加など後々ボディブローのように被害出てくるのは確実なのです。 が、これ以上はどうしようもないのです。 そこで起きた疑問。 「サバクトビバッタは何故そんなに増えるのか?」 「何故数十年おきに発生するのか?」 には納得の理由があります。 今回の蝗害の主役「サバクトビバッタ」は元々アフリカの砂漠と緑地の半々の地域に住む通常は群生もせず、単独で行動する昆虫です。 が、雨季になり少量の雨が降ることでバッタの餌となる「草」が生えてくるのでその餌でお腹いっぱいになると今度は産卵します。 雨季でもアフリカでは少量の雨しか降らないので餌となる草はすぐになくなってしまうので羽化した幼虫は必死に成虫になりさっさと新しい餌場に向かいます。 これを繰り返すのが通常のサバクトビバッタの生態です。 しかし、 「数十年に一度の大雨」が降るとバッタの餌が大量に生い茂り続けるので生まれたての成虫も旅に出ることなくその場でお腹いっぱい食べてまた産卵のサイクルを繰り返せます。 そうです、 砂漠地域でも生き残れる強靭な生命力と繁殖力を持つサバクトビバッタが何世代もその場で食事産卵成長のサイクルを繰り返すことで数万、数十万、百万と増え続けます。 そうすると面白い変化が起きます。 単独を好むサバクトビバッタは、大量の仲間と密接しぶつかり合うことで「相変異(そうへんい)」と呼ばれる肉体の変化を起こし「 翅(はね)が長距離飛行に適した長く強靭に変化します」 更に、仲間との群れて行動するようになり新しい食べ物がある場所へ移動を繰り返し、産卵し、増殖、周囲の仲間も合流して更に増えていくのです。 紀元前2500年ごろから世界中でバッタによる蝗害が記録を残しており定期的に作物を食い荒らし飢餓を巻き起こす悪魔、神罰とも呼ばれています。 そんなとんでもない蝗害はどのようにして退治・駆除して終わらせるのでしょうか? 蝗害はどのように終わる?退治・駆除・放置? 実は日本でも2007年に関西国際空港で3000万匹のトノサマバッタが公害を引き起こしました。 発生原因は天敵のいない孤島で条件が整い大量発生。 しかし 薬剤散布によって駆除しました。 そして残る100万となった時バッタはもう一つの天敵、 カビに感染し終息しました。 あともう一つの終息方法は、 天候の変化でバッタの繁殖が止まることです。 バッタも偶然好条件が整ったことで以上繁殖しますがサバクトビバッタも乾燥地帯を好みますが長い間(日本で言う梅雨)のような雨が降り続けることで繁殖できず死滅していきます。 ただしこれは神頼みに頼る部分があるので対策としては不十分。 そして今回以上発生したサバクトビバッタは順調に増え続け200兆匹となった大群が6月に中国に到着すると言われています。 バッタ対策で薬剤散布をする予定ですが実はあまりに日本の面積の3倍に広がった状態で中国に到着するため広すぎる範囲に薬剤散布は間に合わないのでは?と言われています。 この200兆匹の蝗害は新型コロナ以上の被害を与えるのでは?とも言われています。 何故このタイミングで・・・茫然とするかないですね。 ケニアで70年ぶり最悪の蝗害(こうがい)。 サバクトビバッタの大群が作物を食い荒らす。 — ロイター ReutersJapan• あわせて読みたい•

次の