最高 の ハンバーグ 作り方。 日本ハンバーグ協会「究極のハンバーグ」レシピ・家庭で作れる絶品ハンバーグ

「ハンバーグ」作り方

最高 の ハンバーグ 作り方

ハンバーグの歴史を振り返りましょう! ハンバーグとはドイツ・ハンブルグで18世紀から食べられるようになったといわれています。 肉をあら刻み焼いたステーキをハンバーグステーキと言われています。 当時のハンバーグは、馬の肉などを使用していたこともあり、とても硬かったそうです。 そこから、つなぎのパン粉を使ったり玉ねぎや香辛料を入れたりして、私たちの知る「ハンバーグ」に近づいていったものとされています。 牛肉100%のハンバーグってホントに美味しいの? 牛肉100%になることで肉肉しいハンバーグを食べることが出来ます。 昔は、牛肉だけで作るハンバーグなんて美味しくないという世間の意見が多かったと思います。 しかし、近代は、牛肉だけで作るハンバーグは主流になってきましたよね。 牛肉100%のハンバーグのメリット 脂肪分が少なく、低カロリーで作ることができるため、ダイエットに効果的 牛肉に多く含まれる必須アミノ酸を多く摂ることが出来る ハンバーグ用の牛肉は100g辺り246kcalのため、実は皆さんが思っている以上に低カロリーで食べることが出来ます。 また、牛肉に含まれる必須アミノ酸は、他の食材で摂る必須アミノ酸より吸収が良いとされており、健康食品としても近年注目されている肉なのです。 牛肉100%のハンバーグのデメリット 油気が少ないため、形を整えにくい パサついたような食感になってしまうことがある 費用が高くかかってしまう 形を整えにくい事や、パサついた食感になってしまうことから1時期牛肉だけのハンバーグはタブーだとされていた時期がありました。 しかし、今となってはどうでしょうか。 肉屋のハンバーグコーナーには生成済みの牛肉ハンバーグが置かれていたり、ネット通販や、TVでも大きく騒がれていますよね。 それは パサつき感を出すこともなく、作られるようになった事が一番の要因だと思います! どうしたら牛肉のハンバーグが柔らかくなるの? 手や、容器を冷やしておく 玉ねぎは炒めた後、冷蔵庫で冷やしてからハンバーグに混ぜるようにする。 卵の卵黄を混ぜる こねてる最中に塩、砂糖を溶かした冷水を入れながら混ぜる これらを注意することで、牛肉だけでも柔らかい触感のハンバーグを作ることが出来ます。 つなぎを無くしてホントに美味しいの? つなぎとは、主にパン粉を利用することが多いです。 しかし、パン粉は、カロリーがとても高いことが特徴としてあるのです。 100g辺り320kcalもあるのです。 近年は、つなぎを使わなくても、卵黄やマヨネーズなどで代用することも多くなっており、十分に滑らかな食感を生むことができるのです。 つまり、 つなぎ(パン粉)を使わない方が低カロリーで美味しいハンバーグが出来るという訳です。 まとめ 牛肉100%のハンバーグは硬い食感になりやすいですがつなぎの代わりに 卵やマヨネーズを代用することで滑らかな食感の牛肉ハンバーグを作ることが出来ます。 また、 肉をこねるときの肉の温度に気を付けて常に冷えた環境でしっかりこねるようにすると、プロ級のハンバーグを焼くことが可能となります! 是非1度お試しください。

次の

ハンバーグの作り方をプロが丁寧に説明します。肉汁が口の中で溢れますよ!|料理画家クチーナカメヤマ

最高 の ハンバーグ 作り方

スポンサーリンク 日本ハンバーグ協会の中でも500店舗以上のハンバーグを食べ歩いた人やハンバーグ店を経営する人など全国から選りすぐりの14人が集まり、挽き肉の配合、ソースなどについて意見をぶつけ合った結果、全員が納得するレシピが完成し、それが究極のハンバーグという名のレシピになりました。 日本ハンバーグ協会の究極のハンバーグのレシピとは一体どんなレシピなのか、協会アドバイザーの榎本稔さんに教えてもらいました。 究極のハンバーグ・レシピ 牛挽き肉と豚挽き肉の割合は9:1で市販品はだいたい7:3が一般的だそうですが、究極のハンバーグでは牛肉の旨みを強く押し出すため牛肉を多く使っています。 豚肉を少し加えるのは豚肉の脂の方がサラッとしているため食べやすく、脂っこさを抑えるためだそうです。 牛9:豚1の割合を守りつつ肉の食感を高めるため牛バラスライスも使うところもポイントで、つなぎの比率は18. 牛バラスライスを叩かずに包丁で5mm角のみじん切りにする。 ボウルに牛と豚の挽き肉と1を入れ、塩を加えてこねる。 塩だけでこねることで、肉のたんぱく質が塩で分解され粘り気が出て短時間で混ぜ合わせつなぎ合わせることが出来ます。 麩をおろしで細かくすりおろし、牛乳5mlを加えて混ぜペースト状にする。 パン粉に比べてお麩の方が吸水性が高いので肉汁をハンバーグの中に閉じ込めてくれます。 2にペースト状にした麩、玉ねぎ、卵、ナツメグ、胡椒、砂糖、ケチャップを加え全体を手早くこねて合わせる。 タネをハンバーグの形に成型したらフライパンに油をひき、やや強めの中火で焼く。 初めから強火で焼いてしまうと表面ばかりが焦げて中には火が通っていないという状態になりがちです。 初めは強めの中火で!• 裏を見て焼き色が付いたらフライパンの縁に沿わせてひっくり返し、フタをして1分焼く。 1分したら火を弱火にして5~7分蒸す。 お皿に盛り付け、デミグラスソースをかければ完成! お店に近い味をおうちでも再現できる究極のハンバーグレシピ!これ、いいですね!! スポンサーリンク.

次の

「基本の手作りハンバーグ」と「簡単すぎる手作りハンバーグ」の作り方

最高 の ハンバーグ 作り方

ハンバーグの材料は肉にかぎらず、基本的には冷えていることが望ましいのです。 特に、使用する合挽き肉では、脂分を熱にさらすことを避けなければなりません。 肉汁の流出に、ストレートにつながるからです。 ハンバーグ作りでの合挽き肉といえば、それをこねる作業が待っています。 肉をこねる作業については、従来、粘り気が出るくらいまでしっかりこねることが推奨されていましたが、これは肉の繊維を断ちすぎるという理由につながって、肉汁の流失を招くおそれがある、という考え方が注目されています。 この記事では、肉の赤身と脂身が混ざり合う程度のこね方をおすすめします。 いずれにしても、こねる際に 手を氷水などで冷やしてから行うことが大切です。 ハンバーグを肉汁たっぷりにするコツの締めは、ハンバーグを 蒸し焼きにすることです。 フライパンを十分に熱したら弱火にします。 強火はNGです。 時間をかけるとしたら、こね方にではなく、焼き方にかける必要があります。 十分に温まったフライパンに、俵型のハンバーグを入れます。 片面に焼き目が付いたら返します。 すでに、あふれ出ている脂を回し掛けながら、もう片面も焼き上げます。 両面に焼き色が付いたらアルミホイルで覆います。 蒸し焼きにします。 フライパンのフタでは、ハンバーグとの間に空間がありすぎます。 アルミホイルでザックリ覆った方が目的に叶います。 10分程度蒸し焼きしたら、火を止めてそのまま5分、予熱で火を通していきます。 この5分間が、 肉汁を落ち着かせてハンバーグにたっぷり肉汁を閉じ込める、コツとなります。 玉ねぎとセロリはみじん切りにします。 フライパンにオリーブオイルを入れて火を入れ、玉ねぎを加えたら炒めていきます。 1分程度炒めるだけでOKです。 あめ色にする必要はありません。 炒め終えたら、冷蔵庫で冷やしておきます。 ボウルに合挽き肉を入れて、塩を加えてザックリ混ぜ合わせます。 粘りが出るまでこねる必要はありません。 氷水で冷やした手で行ってください。 ボウルにセロリと冷やした玉ねぎ、パン粉、溶き卵および調味料を加えて、全体をよく混ぜ合わせます。 混ぜ合わせたタネは冷蔵庫で30分休ませます。 セロリは肉の臭み消しと、ハンバーグに上品な風味をを与えてくれます。 冷蔵庫で冷やされたハンバーグの脂分は、固まることによって肉汁を閉じ込めることになります。 フライパンに油をしいて火を入れます。 ハンバーグの表面を焼き固めるために、強火で焼くのはまちがいです。 初めから最後まで弱火でじっくりと焼くことが、肉汁を閉じ込めることにもなり、おいしいハンバーグに大切です。 片面を焼き上げたら、ハンバーグをひっくり返してもう片面を焼きます。 周りに出た脂を掛けながらやさしく焼き上げます。 ハンバーグの両面に焼き色が付いたら、アルミホイルをザックリとかぶせます。 適度な隙間を保って、ハンバーグの温度が必要以上に上昇することを防いでくれます。 肉汁たっぷりのジューシーさが、ここで確保されます。 10分ほど蒸し焼きにしたら、火を止めて予熱料理を5分行います。 この間に、肉汁が落ち着いて肉汁たっぷりのハンバーグにつながります。 ハンバーグ• 合挽き肉300g• 卵1個• パン粉1カップ• コショウ• ナツメグ各少々• ソース材料• マッシュルーム1カップ• ニンニク大さじ1• 赤ワイン1カップ• 市販品デミグラソース1缶• チキンヴィヨン1カップ• ケチャップ大さじ1• ウスターソース大さじ1• サラダ油・バター各適量• フライパンで玉ねぎを炒めたら、冷蔵庫で冷やしておきます。 合挽き肉をボウルに入れて、塩少々を加えて練り上げてます。 他の材料と調味料も加えて、混ぜ合わせておきます。 空気を抜きながら、ネタを成型したら冷蔵庫で30分寝かせておきます。 フライパンにサラダ油を入れて、弱火で熱しハンバーグを焼き上げます。 いったんハンバーグを取り出しておいて、ソースを作ります。 フライパンの余分な脂くぉふき取って、バターを入れ、中火でマッシュルームを炒めます。 ニンニクと玉ねぎも加えて炒めます。 最後に、シメジも加えてひと炒めしたら、赤ワインを加えて強火に変えてアルコールを飛ばします。 赤ワインが煮詰まったら、デミグラソースを加えて沸騰させます。 チキンヴィヨンとケチャップ、ウスターソースも加えます。 ハンバーグも戻し入れて、フタをして蒸し煮します。 ソースが煮詰まってきたら、バター少々を加えて完成です。 合挽き肉300g• みじん切りニンニク1片• 調味料(塩・粗挽きコショウ・ナツメグ各適量)• サラダ油適量• ソース(赤ワイン1カップ・中濃ソース50cc・ケチャップ大さじ2)• 生クリーム適量• ニンニクと玉ねぎをフライパンで炒めて、冷蔵庫で冷やしておきます。 合挽き肉に塩をして、ボウルで練り合わせておきます。 つなぎの材料と調味料にニンニク、玉ねぎも加えて混ぜ合わせます。 空気を抜きながら、ハンバーグを成型したら、冷蔵庫で30分休ませます。 フライパンで両面を焼き上げたら、ソースの材料を加え、フタをして弱火で蒸し煮にします。 ソースが煮詰まったら完成です。 器に盛って、生クリームを回し掛けます。 合挽き肉250g• 卵1個• パン粉大さじ1• 塩、コショウ、ナツメグ各適量• 細かく砕いた牛脂少々• サラダ油適量• 玉ねぎは炒めたら、冷蔵庫で粗熱を取っておく。 合挽き肉に塩を加えて、練り上げておきます。 肉と玉ねぎ、つなぎの他の材料すべてをボウルに入れて、混ぜ合わせておきます。 空気を抜きながら成型したら、冷蔵庫で30分休ませます。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱します。 ハンバーグに小麦粉をまぶしてから、フライパンで焼き上げます。 両面を焼き上げたら、大さじ2の湯を加えてフタをし、蒸し焼きにします。 弱火で8分焼いたら完成です。

次の