伊勢崎 ピンサロ。 群馬県伊勢崎・赤堀のピンサロ系ピンクサロン ぺぱーみんと

太田の本サロ?伊勢崎の一発屋?ソープが無い群馬で本番するなら、裏風俗へ行こう!|3年B組ちん八先生

伊勢崎 ピンサロ

夜遊びも良いが、お金をかけずに若くて可愛い女の子とエッチがしたいというあなたへ! 風俗などでお金をかけたりは嫌であったり、じっくりと自分好みの女の子を選んでエッチだけではなくデートもしたいということもあるのではないでしょうか。 なかなかエッチまでとなるとどんな方法があるのって思うあなた。 風俗以外でも若くて可愛い女とのエッチをする方法をたくさんあります。 りんごが定期的にLINEにてやり取りしている20歳ギャルとのLINEです。 一度、出会ってから、りんごの時間の都合がいい時に呼び出してラブホにてエッチをしています。 かかったのはラブホ代のみw りんごも土日になると、を使って、女子大生や20歳のOLなどとエッチをしています。 あなたもお金をかけずに若くて可愛い女の子とエッチがしたいって人は絶対にを確認してみてください。 キャンパス21• キャンディパラダイス しかし、伊勢崎での店舗型風俗の場合にはこの2軒しかありません。 太田と同じように立ちんぼ、本サロで遊ぶことができ、こちらの方を利用する人が多くなります。 伊勢崎の本サロでは過去には伊勢崎オートレース場の近くにもあったのですが、現在は壊滅しているので、その跡地の廃墟しか見ることはできません。 オートレースで勝った人が遊ぶには最適な位置だったんだろうなって思います。。 そのため、現在遊べる裏風俗の場所は伊勢崎の緑町エリアの呑竜通りとなります。 立ちんぼの客引きも日本人の男となるので太田との立ちんぼとは違った遊びが可能な印象です。 路上にて交渉して近くのマンションの一室にてプレイとなります。 遊べる女の子としては日本人。 年齢は30-40代がメインのようですが、20代も少なからずいるようです。 30分ほどで1万ほどの値段帯となります。 その他の群馬の夜遊びはこちら 普通男子のりんごでもセフレができたのは でした! 伊勢崎で老舗のセクキャバの伊勢崎遊雅 伊勢崎市には何店舗かセクキャバが営業していますが、そのの中でオススメなのは伊勢崎遊雅となります。 伊勢崎市のセクキャバの中では老舗のセクキャバとなり、在籍している女の1セットでも3回転で3人の女の子と遊べます。 料金帯としては、20時からは1セット45分で5,000円、21時以降は1セットで6,000円となります。 営業時間は20時から24時となります。 夜遊びとしては外せない!伊勢崎氏の人気のピンサロ店のキャンパス21 伊勢崎市にあるピンサロの中でオススメなのはキャンパス21となります。 ただ、伊勢崎駅から遠いので、タクシーを利用しましょう。 このお店の人気な理由としては、若い女の子も多く、6回転までできるコースがあることです。 りんごも今は流石に6回転は無理かなと思っています。。。 料金帯としては、3回転5,000円、4回転5,500円、5回転6,500円、6回転7,500円からとなり、19時以降、21時以降に値段が上がっていきます。 営業時間は17時半以降となるので、こちらは要注意です。 若くて可愛い女の子とエッチしたいあなたにはコレ! 夜遊びも好きなあなた!若くて可愛い子と出来るだけお金をかけずに遊びたくありませんか? もちろん、エッチしたい!ってあなたに オススメなのは、出会い系を使うことです。 世の中では、マッチングアプリが流行っていますが、エッチをするなら、出会い系となります! 理由としては、出会い系は、 エッチがしたい女の子が多く集まっているからです。 りんごが利用している出会い系はこちらのです。 実際に、にも紹介していますが、出会い系のJメールでは、マッチングアプリとは異なり、 ユーザーの女の子がエッチな画像や動画を投稿できたりとエッチなコンテンツが存在します。 実際に、普通の女の子が自分のエッチな自画撮り写真や動画をあげているので、こんなにエッチな女の子が集まっているんだ!とりんごもビックリです。 エッチな画像や動画を投稿している女の子にメッセージを送る。 これなら、エッチなことに興味がある女の子を探す手間も省けて、やりとりができるので、あなたでもセフレを作りやすいかと思います。 更に会員登録は無料であり、会員登録すると100ポイントがもらえるので、 1000円分が無料で使えちゃいます。 1000円分の無料ポイントであなたも、エッチができる女の子を探してみましょう! 一度、出会ってエッチの相性が良かったら、 お金をかけずにエッチができるセフレができる可能性もあるかなと思います。

次の

日本人の本サロ(裏風俗)でとろ〜りエッチ!群馬県伊勢崎市の夜遊びまとめ

伊勢崎 ピンサロ

「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ!」 宅配会社のコマーシャルでタレントはこう言っている。 だから、敢えておれはこう言う。 「場所に入れるんじゃない、人に入れるんだ!」 これはずっと思っている。 なのに風俗遠征をしてアツいエロスポットを嬉しそうに探しているおれは何なのか。 それは別やねん。 ただ、冒険がすっきゃねん。 ということで、風俗遠征してきました。 今回突撃したのは、群馬県伊勢崎市、緑町にある本サロ地帯。 伊勢崎オートレースの近くじゃないほうです。 2012年11月。 他県に旅すると、いっつも思うのが、「他県の女は本当に可愛く見える」ということだ。 印象的だったのが、群馬県の女子高生は大阪や兵庫に比べてやたらとスカートが短い。 新潟県並みに短い。 あくまでおれ主観。 経験的に盆地とかの、夏が暑くて冬がやたら寒い土地の女子高生はミニスカで透けブラかましている率が高いような気がしている。 そんなことはどうでもいい。 昼間の観光を終え、夜7時。 伊勢崎駅を南へと歩く。 その日は信じられないぐらい寒かった。 しかも雨が降っていた。 それなのにも関わらず相当薄手のコートだった。 本サロに辿り着く途中で凍死するかと思った。 凍えそうになりながらも、何とかターゲットとなるエリア近辺まで近づいてきた。 冒険が始まる。 アイフォンの地図を頼りに、あたりをうろつく。 …………。 やばいぐらい人がいない。 本っ当に誰もいないぞ。 大丈夫か…。 みんな死んだんかというぐらい誰もいない。 降りしきる雨の中を凍えながら歩き回る。 トイレに行きたくなったので、近くのスーパーで用を足す。 なんか南米系とか韓国人っぽい人が多いなこのへん。 そのことすらなんか不気味だった。 再び本サロがあると思しきエリアをアタックする。 …大丈夫かよ。 かろうじて営業しているのは韓国エステで、これは明らかに本サロではない。 ピンサロ風の建物はちらほらあるが、全部閉まっている。 あちこちに「テナント募集」の看板が…。 しかもその「テナント募集」の看板すら剥がれ落ちているという有様。 やばい、壊滅してるかも…。 これは宿泊先のビジホに戻ってデリヘルコースか…。 そう思った瞬間。 居酒屋風の建物の前におっさんが傘をさしてこっちを見ていた。 そいつが本サロの客引きだった。 え、こいつ客引きやったんや、てゆうぐらい普通の、その辺を歩いている風のおっさん。 「こんばんは」とおっさんは言う。 「こんばんは」とおれは言う。 「遊びますか?」とおっさんはニヤリと笑いながら言う。 「はい」 おおお。 関東弁や。 そらそうや。 「本番できるんですか?」とおれは寒さと期待に震えそうになりながら言う。 「はい。 本番で。 30分10000円と、40分12000円。 シャワーは40分からなんですけど」 「ああ。 30分でいいっすけど」 「今ウチにいるのが42歳と28歳で、正直、どっちもデブでブスなんで…そんなのイヤでしょ?だからもう一つの所を紹介しますね」 それならそんな奴らを在籍させておく意味があるのかとつっこみたくなったが、男の言葉に従う。 男は携帯で誰かに電話をかけだした。 15秒でもう一人の客引きが現れた。 こいつもどこにでもいそうな普通のおっさんだった。 てゆうか、対応とか言葉づかいがすっげー紳士的で一般的な感じで、風俗っぽくなくてそれが逆に怖いみたいな。 その日泊まったビジホの受付より断然受け答えがしっかりしていた。 男に店まで連れて行かれる。 …店かこれは? 表には「入居者募集」の看板が掲げられた平屋の民家。 シャッターを開けてもらい、家の中に通される。 玄関をくぐると、そこは本サロだった。 カーテンだらけの室内。 出勤している女は数人いるようだ。 「小柄な子で」とだけ男にオーダーする。 玄関の所で30分コースの1万円を支払う。 かんなみ新地ぐらいのセックス部屋で女と対面する。 現れたのは、あと3歩間違えたらただのゴリラになってしまう、パフュームのあ~ちゃん似のちょいぽちゃの24歳の女。 あ~ちゃん。 セックスができるのなら全然許容範囲だった。 スローペースで話すおっとりとした女だった。 まったりした雰囲気は好きだが、それが関東弁だとなんかイラっとした。 最初の説明によると30分コースはシャワー無しのはずなのに、なぜかシャワーに連れて行かれた。 イソジンによる、フェラチオ洗いっていうん? それがくすぐったくて気持ちよかった。 シャワーを終え、最初の部屋に戻る。 さあセックスや。 乳首がすさまじくでっかい女だった。 乳輪がでかいのではなくて、乳首がでかい。 しかもピンクグレープフルーツの果肉みたいな綺麗な色。 おれは乳首がでかい女がどうしようもなく大好きだ。 女の乳首のサイズは最高だった。 正常位で突く時の、女の皺を寄せて悶えた表情がちょっと醜くて生々しくて、すごく良かった。 このままどこまでも突きまくってぶっ壊したくなる感じや。 プレイのあと、かみちぎって食べてしまいたいのをこらえながら、女のでかい乳首を口に含んで甘えるしぐさをして、その時間が永遠に続いてくれればいいのにと思った。 しかし、時間はやってくる。 服を着ながら雑談をする。 なんとなく「最近転勤で群馬に来て、会社の先輩にこの辺りのことを教えてもらった」という設定で話をする。 駅名とかの地域ネタが全然分からんくて焦った。 「大阪から来たの?行ったことな~い」 「実家帰るとき連れてってあげよっか」 「うん」 「じゃあ、とりあえず、また来るわ。 ここに」とおれは言う。 なんか全体的に話がかみ合わん女だった。 おれのトークが下手なだけか。 もちろん、2度と会うことはないだろう。

次の

太田の本サロ?伊勢崎の一発屋?ソープが無い群馬で本番するなら、裏風俗へ行こう!|3年B組ちん八先生

伊勢崎 ピンサロ

「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ!」 宅配会社のコマーシャルでタレントはこう言っている。 だから、敢えておれはこう言う。 「場所に入れるんじゃない、人に入れるんだ!」 これはずっと思っている。 なのに風俗遠征をしてアツいエロスポットを嬉しそうに探しているおれは何なのか。 それは別やねん。 ただ、冒険がすっきゃねん。 ということで、風俗遠征してきました。 今回突撃したのは、群馬県伊勢崎市、緑町にある本サロ地帯。 伊勢崎オートレースの近くじゃないほうです。 2012年11月。 他県に旅すると、いっつも思うのが、「他県の女は本当に可愛く見える」ということだ。 印象的だったのが、群馬県の女子高生は大阪や兵庫に比べてやたらとスカートが短い。 新潟県並みに短い。 あくまでおれ主観。 経験的に盆地とかの、夏が暑くて冬がやたら寒い土地の女子高生はミニスカで透けブラかましている率が高いような気がしている。 そんなことはどうでもいい。 昼間の観光を終え、夜7時。 伊勢崎駅を南へと歩く。 その日は信じられないぐらい寒かった。 しかも雨が降っていた。 それなのにも関わらず相当薄手のコートだった。 本サロに辿り着く途中で凍死するかと思った。 凍えそうになりながらも、何とかターゲットとなるエリア近辺まで近づいてきた。 冒険が始まる。 アイフォンの地図を頼りに、あたりをうろつく。 …………。 やばいぐらい人がいない。 本っ当に誰もいないぞ。 大丈夫か…。 みんな死んだんかというぐらい誰もいない。 降りしきる雨の中を凍えながら歩き回る。 トイレに行きたくなったので、近くのスーパーで用を足す。 なんか南米系とか韓国人っぽい人が多いなこのへん。 そのことすらなんか不気味だった。 再び本サロがあると思しきエリアをアタックする。 …大丈夫かよ。 かろうじて営業しているのは韓国エステで、これは明らかに本サロではない。 ピンサロ風の建物はちらほらあるが、全部閉まっている。 あちこちに「テナント募集」の看板が…。 しかもその「テナント募集」の看板すら剥がれ落ちているという有様。 やばい、壊滅してるかも…。 これは宿泊先のビジホに戻ってデリヘルコースか…。 そう思った瞬間。 居酒屋風の建物の前におっさんが傘をさしてこっちを見ていた。 そいつが本サロの客引きだった。 え、こいつ客引きやったんや、てゆうぐらい普通の、その辺を歩いている風のおっさん。 「こんばんは」とおっさんは言う。 「こんばんは」とおれは言う。 「遊びますか?」とおっさんはニヤリと笑いながら言う。 「はい」 おおお。 関東弁や。 そらそうや。 「本番できるんですか?」とおれは寒さと期待に震えそうになりながら言う。 「はい。 本番で。 30分10000円と、40分12000円。 シャワーは40分からなんですけど」 「ああ。 30分でいいっすけど」 「今ウチにいるのが42歳と28歳で、正直、どっちもデブでブスなんで…そんなのイヤでしょ?だからもう一つの所を紹介しますね」 それならそんな奴らを在籍させておく意味があるのかとつっこみたくなったが、男の言葉に従う。 男は携帯で誰かに電話をかけだした。 15秒でもう一人の客引きが現れた。 こいつもどこにでもいそうな普通のおっさんだった。 てゆうか、対応とか言葉づかいがすっげー紳士的で一般的な感じで、風俗っぽくなくてそれが逆に怖いみたいな。 その日泊まったビジホの受付より断然受け答えがしっかりしていた。 男に店まで連れて行かれる。 …店かこれは? 表には「入居者募集」の看板が掲げられた平屋の民家。 シャッターを開けてもらい、家の中に通される。 玄関をくぐると、そこは本サロだった。 カーテンだらけの室内。 出勤している女は数人いるようだ。 「小柄な子で」とだけ男にオーダーする。 玄関の所で30分コースの1万円を支払う。 かんなみ新地ぐらいのセックス部屋で女と対面する。 現れたのは、あと3歩間違えたらただのゴリラになってしまう、パフュームのあ~ちゃん似のちょいぽちゃの24歳の女。 あ~ちゃん。 セックスができるのなら全然許容範囲だった。 スローペースで話すおっとりとした女だった。 まったりした雰囲気は好きだが、それが関東弁だとなんかイラっとした。 最初の説明によると30分コースはシャワー無しのはずなのに、なぜかシャワーに連れて行かれた。 イソジンによる、フェラチオ洗いっていうん? それがくすぐったくて気持ちよかった。 シャワーを終え、最初の部屋に戻る。 さあセックスや。 乳首がすさまじくでっかい女だった。 乳輪がでかいのではなくて、乳首がでかい。 しかもピンクグレープフルーツの果肉みたいな綺麗な色。 おれは乳首がでかい女がどうしようもなく大好きだ。 女の乳首のサイズは最高だった。 正常位で突く時の、女の皺を寄せて悶えた表情がちょっと醜くて生々しくて、すごく良かった。 このままどこまでも突きまくってぶっ壊したくなる感じや。 プレイのあと、かみちぎって食べてしまいたいのをこらえながら、女のでかい乳首を口に含んで甘えるしぐさをして、その時間が永遠に続いてくれればいいのにと思った。 しかし、時間はやってくる。 服を着ながら雑談をする。 なんとなく「最近転勤で群馬に来て、会社の先輩にこの辺りのことを教えてもらった」という設定で話をする。 駅名とかの地域ネタが全然分からんくて焦った。 「大阪から来たの?行ったことな~い」 「実家帰るとき連れてってあげよっか」 「うん」 「じゃあ、とりあえず、また来るわ。 ここに」とおれは言う。 なんか全体的に話がかみ合わん女だった。 おれのトークが下手なだけか。 もちろん、2度と会うことはないだろう。

次の