気に入ってくれて嬉しい 敬語。 「気に入ってもらえて良かったです」は英語で何と言う?

困ったときに使いたい!<ビジネスシーン別>敬語一覧

気に入ってくれて嬉しい 敬語

ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも目上の人に対して使う事がある「お気に召す」という言葉ですが、珍しい敬語表現ではないため、皆さんの中にも耳にしたり使用した事があるという方も多いのではないでしょうか。 「お気に召す」は敬語の種類の中では尊敬語に当たる言葉のため、自分に対しては使う事ができません。 相手に対して使う事ができる敬語表現です。 具体的に挙げるならば、「お気に召しましたか」というように、相手に対して使う事は可能ですが、「お気に召しました」と自分が気に入った事を伝える際に使用する事はできません。 そもそも「お気に召す」という敬語表現は、どのような意味を持つのでしょうか。 基本の意味と言葉を分解した際の意味を理解しておきましょう。 気に入るの意味 まず「お気に召す」という敬語表現の基本的な意味は「気に入る」です。 気に入るという言葉を尊敬語に直すと「お気に召す」という言葉に変換されます。 前述したとおり、敬語の中でも尊敬語に当たる言葉のため、自分に対して使う事はできません。 相手が気に入った様子である事を言葉にする際、あるいは見せた物や贈った物を気に入ったか確認する際に使用される事が多いです。 例えば、目上の人に対して贈り物をした場合、気に入っていただけたら嬉しいという気持ちを伝える際、「お気に召していただけたら幸いです」というように使われる事があります。 疑問系で尋ねるならば、「お気に召したでしょうか」というように使われる事もあります。 好むの意味 「お気に召す」の意味は「気に入る」だけではありません。 似たような意味ですが「好む」という意味もあります。 「好む」は言葉のとおり、対象となるものを好いていることを意味しています。 一見、同じ意味のように感じますが、「気に入る」と「好む」では少々ニュアンスが異なります。 「気に入る」はある特定の物に対して強い思いを抱いているのに対し、「好む」は漠然と良い印象を持っている言葉になります。 簡単に言ってしまえば、「好き」の強さが「気に入る」の方が強いです。 しかし、基本的に同じ意味である事や、「気に入る」という意味で使われる事が多いため、「好む」は「気に入る」の付け加え、あるいは小さなニュアンスの違いとして考えて良いでしょう。 「お気に召す」の敬語での使い方 敬語の種類 まずは「お気に召す」の敬語の種類について、より詳しく確認していきましょう。 先ほどもお話ししたとおり、「お気に召す」は敬語の中でも尊敬語に当たる言葉です。 「気に入る」という言葉の尊敬語のため、目上の人に対してのみ使用する事ができる言葉です。 まず「お気に召す」の「お」の部分は、敬語ではよく使われる表現方法です。 その言葉をより丁寧な言い回しにするために使われる言葉で、「お」の他にも「ご」が用いられる場合もあります。 しかし、ここでは「お気に召す」であり、「お」の代わりに「ご」が用いられる事はありません。 続いて「召す」です。 この「召す」という言葉自体にもさまざまな意味がありますが、「お気に召す」の場合は補助動詞としての役割を担っており、付けた言葉の尊敬語の意味をより強める働きがあります。 したがって、丁寧な敬語表現である「お」と尊敬語を強調する「召す」を用いる事で、尊敬語の役割を果たしています。 使い方 先ほど少し紹介しましたが、「お気に召す」は「気に入る」という言葉の尊敬語として使用されるため、相手が特定の物を気に入ったという状況で使用される事がほとんどです。 例えば、相手が特定の物を気に入ったかどうかを確認する際には「お気に召しましたか」というように尋ねる事があります。 また、相手が特定の物を気に入った様子を見て安心したという事を伝える際は、「お気に召したようで安心いたしました」というように使われる事もあります。 あくまでも尊敬語のため、目上の相手に使う言葉です。 間違っても自分に使う言葉ではないため、注意しましょう。 ちなみに「気に入る」の謙譲語は基本的に存在しません。 メールでの使い方 メールにおいて使われる場合、相手に贈り物をした後にお礼のメールが届き、それに対して返信する際に用いるというケースがあります。 具体的に例を挙げるならば、相手方から「先日は素晴らしい贈り物をありがとうございました」という旨のメールが届いた際、「お気に召していただけたようで嬉しいです」と返答する事があります。 またビジネス以外の場で目上の方にメールを送る場合には、「お気に召していただけたでしょうか」というように、贈り物をした際に気に入っていただけたかどうかを尋ねるような内容で用いられる事もあります。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンにおいても使い方は同じです。 取引先の相手と打ち合わせをすることになり、菓子折を持参し渡す際、「よろしければ受け取ってください」の言葉に付け加え、「お気に召すといいのですが」と言うことがあります。 また、尊敬語の中には社内で使用する事は好ましくないといわれる言葉もありますが、「お気に召す」の場合はそのようなことはありません。 したがって、上司に対して使っても問題はありません。 「お気に召す」を敬語表現するときの例文 ここまでも「お気に召す」の例文はいくつか紹介してまいりましたが、ここではその中でも特に頻繁に疲れる用いられ方をご紹介します。 まずは「~がお気に召すといいのですが」という使い方です。 相手に何かを贈った際、「気に入ってくれると嬉しい」という意味を込めて使われる言葉です。 続いて「お気に召したでしょうか」という使い方です。 「お気に召されましたでしょうか」という言い方をする事もありますが、こちらは「召す」という敬語表現に加え、「ました」という丁寧表現がプラスされています。 より丁寧な言い方のように聞こえますが、少々くどい印象を持たれてしまいがちです。 したがって、「お気に召したでしょうか」という使い方が好ましいでしょう。 「お気に召す」の別の敬語表現例 「気に入る」という言葉の敬語表現である「お気に召す」という言葉ですが、他にも同じ意味を持つ敬語表現があるのでしょうか。 正確な敬語の言い換え表現はありませんが、似た意味の敬語表現の1つに「いかがです」という言葉があります。 これは疑問文に使用される言葉で、「お気に召したでしょうか」を「いかがでしょうか」と言い換える事が可能です。 尊敬語ではありませんが、「気に入っていただく」という敬語表現も可能です。 「気に入る」に「いただく」という謙譲語が付け加えられた形です。 こちらも「気に入る」という意味を持ちながら自分を謙った言い方となるため、敬語表現として使用する事ができます。 「お気に召す」は二重敬語なのか.

次の

気に入っていただけて嬉しいですは正しい?敬語/謙譲語/丁寧語/言い換え

気に入ってくれて嬉しい 敬語

「気に入っていただけて」という言葉は、お礼に対する返事の中でよく使われる言葉ですが、使い方が合っているのか自信のないまま何気なく使用している人も多いのではないでしょうか。 日常生活だけではなく、ビジネスシーンにおいても取引先へ手土産を渡したり、お世話になった方へプレゼントを渡す機会は少なくありません。 しかし、贈った相手からお礼の言葉やメールを頂いたのに、返す言葉を間違ってしまっていては、折角のコミュニケーションが台なしになってしまいます。 思いがけないタイミングでお礼を言われたとき、咄嗟に返事ができなければとても恥ずかしい思いをしてしまいます。 今回は、この「気に入っていただけて」という言葉の意味や正しい使い方、別の言い回し方について、例文や別の敬語表現などを交えて確認していきましょう。 「気に入っていただけて」の敬語表現は? そもそも「気に入っていただけて」は敬語なのでしょうか。 良く使われている一文ですので、敬語として使用している方も多いでしょう。 結論から言うと、「気に入っていただけて」という一文は全てが敬語表現ではなく、一部敬語表現となっています。 「気に入っていただけて」を口語調に直すと、「気に入ってもらえて」という文になります。 「気に入る」と「もらえる」という二つの言葉を合わせた文ですが、敬語で表すときは「もらえる」を謙譲語に直した「いただく」となります。 「気に入る」には謙譲語はありませんので、「気に入っていただく」という表現になります。 「気に入っていただけて」は良く使われる表現ですが、敬語表現は一部なので受け手によっては「気に入っていただけて」という言い方で不快に思う方もいるでしょう。 ではどういった表現が良いのか、確認していきましょう。 尊敬語も足してみて 先ほど「気に入る」に謙譲語はないとお話ししましたが、尊敬語にすることができます。 「気に入る」の尊敬語は「お気に召す」です。 この「お気に召す」を先ほどの謙譲語の「いただく」と合わせて「お気に召していただく」とすることにより、一番丁寧な表現になります。 「気に入っていただけて」では、謙譲語を使用していますが、目上の方や役職の高い方へ使用するには少々くだけた表現となり、受け手によっては失礼と感じたり、不快に思われる可能性があります。 しかし、自分と関係が深い方や立場の近い相手に対しては、逆にかしこまりすぎてしまい、嫌みと取られてしまったり、距離を感じられてしまう可能性もありますので、相手に合わせて選んで使い分けていきましょう。 「気に入っていただけて」の敬語での使い方 先ほど敬語表現について尊敬語や謙譲語というお話をしましたが、ビジネスの基本である敬語にはいくつかの種類があり、使う相手や状況によって使い分ける必要があります。 しかしその使い方を間違ってしまうと相手方に失礼となってしまい、不快感を与えてしまうと先ほどお伝えしました。 敬語はなんとなくわかっているけれど実際には曖昧な理解で使っている、昔習ったはずだけど自信がないまま使っているといった状態では、気づかずに失礼な発言をしてしまったり、間違って使ってしまう可能性があります。 そのような間違いを防ぐためにも、「気に入っていただけて」の敬語としての使い方を確認する前に、今一度敬語の種類についておさらいしていきましょう。 敬語の種類 敬語には大まかに分けると「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。 それぞれに特徴や使い方に違いがあります。 特に「尊敬語」と「謙譲語」は間違って覚えやすく、難しいと言われる元となっています。 まずはこの3種類の敬語の種類について、ひとつずつ紹介していきます。 尊敬語 尊敬語は、相手や第三者に敬意を表す表現で、相手の立場を高めた言い方をします。 主語を相手とし、動作や持ち物などについて述べるときに使用します。 例としては「いらっしゃる」「召し上がる」「ご理解いただく」というような言い方です。 今回の「気に入っていただけて」という言葉では、「お気に召す」という言葉が尊敬語になります。 謙譲語 謙譲語は、自分や身内のことをへりくだった表現で表し、相手に対して自分の立場を低めた言い方をします。 主語は自分となり、動作や持ち物を相手に伝えるときに使用します。 例としては「伺う」「頂戴する」「承知する」というような言い方です。 今回の「気に入っていただけて」という言葉では、「いただく」という部分が謙譲語になります。 丁寧語 丁寧語は、ていねいな表現や言葉を使って相手に敬意を表します。 語尾が「です、ます」になるのが特徴です。 例としては「参ります」「食べます」「わかりました」というような言い方です。 「気に入っていただけて」の使い方 敬語の種類を確認したので、本題の「気に入っていただけて」の使い方について確認していきましょう。 「気に入ってただけて」という一文だけでは会話は成り立ちません。 次にどのような言葉を続けるかで、相手に対する気持ちや敬意などもすこし変わってきます。 それでは、どのような言葉を続けて使うのが良いでしょうか。 「気に入っていただけて」を使う場面としては、贈り物をした際にいただいたお礼への返事であることが多いです。 相手が贈り物を喜んでくれたことについて、よかったと思う気持ち、嬉しいと思う気持ちを込めて使います。 自分が相手に対してどう思ったのか、伝えたい気持ちを続けて言いましょう。 メールでの使い方は? メールで頂いたお礼には、こちらもメールで返事をすることになります。 基本的に口頭で返事する場合と同じですが、メールでは内容をなるべく短く簡潔にすることが良いとされているため、あいまいな表現は使わずはっきりとした表現を用います。 昨今は社内メールだけでなく、社外の取引先ともメールでやりとりをすることがあります。 贈答品に対するお礼は直接口頭で言われるだけでなく、人づたいで聞いたりメールで受け取る場合もあるでしょう。 必ずしもお礼のメールに返事をする必要性はありません。 しかし、丁寧にお礼をしていただいたからには、こちらからも丁寧な返事をする方が良いでしょう。 「気に入っていただけて」を敬語表現するときの例文 では実際に会話やメールで「気に入っていただけて」を使用する場合、どのような言葉を続けて使うのが良いのでしょうか?職場の先輩から取引先の方など、相手の立場に合わせて使用できる例文をいくつか挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 嬉しいです ・気に入っていただけて嬉しいです ・気に入っていただけて嬉しく思います ・気に入っていただけて嬉しく存じます 「嬉しいです」は敬語の中でも丁寧語になります。 「尊敬語や謙譲語に比べてフランクな言い方になるため、相手の立ち場や距離が自分に近い、同僚や親しい先輩などに使うのが良いでしょう。 「嬉しいです」をもうすこし丁寧に表現したい場合は、「気に入っていただけて嬉しく思います」や、「気に入っていただけて嬉しく存じます」となります。 幸いです ・気に入っていただけて幸いです ・気に入っていただけて幸いと存じます ・気に入っていただけて幸甚に存じます 嬉しいという気持ちをさらに強く表現したい場合は、「幸いです」を使いましょう。 「嬉しいです」に比べてよりかしこまった言い方になるため、職場の上司や目上の方に使っても失礼に当たることはないでしょう。 さらに丁寧に表現したい場合は、「気に入っていただけて幸いと存じます」や「気に入っていただけて幸甚に存じます」とします。 「幸甚に存じます」は非常にかしこまった言い方となるので「気に入っていただけて」を尊敬語にした「お気に召していただき幸甚に存じます」とする方がよいでしょう。 とても固い印象になるので、口頭より文章で使用する方が自然です。 光栄です ・気に入っていただけて光栄です ・気に入っていただけて光栄にございます ・気に入っていただけて光栄と存じます 「光栄です」は、誇らしいという気持ちや、名誉に感じるという意味合いの言葉です。 相手を立てる表現でもあるとともに、とても丁寧な言い方になるため、目上の方や取引先の方に使用するととても好印象になります。 さらに丁寧に表現したい場合は、「気に入っていただけて光栄にございます」「気に入っていただけて光栄と存じます」としましょう。 「幸甚」と場合と同じく言葉自体もかしこまった言い方のため、「お気に召す」を使用した方がより丁寧な表現となります。 「気に入っていただけて」を別の表現で表すと? 「気に入っていただけて」を別の表現にすると「お気に召していただき」になります。 では、「お気に召していただき」を実際に使用する場合はどのように使用するのか、例文とともに確認していきましょう。 お気に召す ・お気に召していただきなによりです ・お気に召していただき光栄でございます ・お気に召していただき幸甚と存じます 「気に入っていただけて」を尊敬語に直した「お気に召す」を使用すれば、とてもかしこまった表現となります。 重役の方や大切な取引先の方には、失礼があってはなりませんので、「気に入っていただけて」ではなく「お気に召していただき」を使用しましょう。 また、「お気に召す」はとても丁寧な言い方であるため、もし表現に迷った場合は「気に入っていただけて」より「お気に召していただけて」を使用する方が良いです。 丁寧な言い方のため、「お気に召していただけて」という言葉で不快に思う方は少ないので、トラブルを防ぐことができます。 上手に使って円滑なコミュニケーションを! いかがでしたでしょうか?今まで使っていた「気にいっていただけて」という言葉。 実際は間違った使い方をしていた、丁寧な表現だと思っていたのにそうではなかった、と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 敬語はすこし難しく感じますが、正しく綺麗に使うことができればビジネスマンとしてだけではなく、日常のコミュニケーションも円滑にすすめることができます。 語彙力を身に付けることにより自身のスキルアップにも繋がります。 今回はビジネスシーンでもよく使われる「気に入っていただけて」、そしてさらに丁寧な表現である「お気に召していただき」と確認していきましたが、この機会に一度自分が自信なく使っていた言葉は本当に正しく使えているのか、改めて確認してみてはいかがでしょうか。

次の

「気に入っていただけて」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

気に入ってくれて嬉しい 敬語

「幸甚です」の読み方と意味 「幸甚です」の読み方は「こうじんです」 「幸甚です」は「 こうじんです」と読みます。 「幸甚です」は、 「幸甚」に丁寧語の「です」をつけた言葉です。 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 「幸甚です」の意味は「非常に嬉しいです」 「幸甚です」の意味は「 非常に嬉しいです」です。 「幸甚」は、「 思いがけないさいわい」という意味のある「幸」と、「 ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味のある「甚」を組み合わせた言葉なので、「非常に嬉しい」というような意味をもつ言葉になります。 また、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う というようなニュアンスが含まれている言葉です。 「幸甚です」の使い方と例文 「幸甚です」はビジネスで目上の人に使える 「幸甚です」は、 ビジネスシーンで目上の人使用することができる言葉です。 「幸甚です」は、「~をすることができて幸甚です」などのように、自分の行動に対して「嬉しいです」という気持ちを表現するというような場面では使用することができません。 「幸甚です」は、 相手の配慮の配慮や心使いに対してなど、相手に感謝の気持ちを使える場面で使用する言葉です。 「幸甚です」は、少々堅苦しい表現になるので、 社内で日頃から関わりのある相手や親しい間柄の上司にはやや不自然です。 主に、メールや手紙などビジネス文書で使用される言葉です。 「〇〇していただき幸甚です」は、「 ~をしてくれて大変ありがたく思います」というような意味になります。 「大変幸甚です」のような使い方は誤用になりますので注意してください。 例文 「この度は食事会にお招きいただき幸甚です」 「オープンから今日まで、たくさんの人たちにご来店いただき幸甚です」 「お忙しい中、貴重なご意見をいただき幸甚です」 「御社の企画会議にお忙しい中参加していただき幸甚です」 「この度は、弊社の商品を購入していただき幸甚です」 贈り物をする際の決まり文句としても使われる 「幸甚です」は、 贈り物をする際の決まり文句としても使われる言葉です。 「気に入ってくれたら幸甚です」「受け取ってくれたら幸甚です」といったように「~してくれたら幸甚です」という使い方をします。 ここでの「幸甚にです」は、 自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足に思います」といった意味になります。 例文 「心ばかりの御礼といたしまして当地の名産品をお送りしました。 気に入ってもらえたら幸甚です」 「お菓子の詰め合わせをクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸甚です」 「日頃、お世話になっているお礼としてギフト券を同封いたしました。 受け取ってくださると幸甚です」 「幸甚です」の言い回しと例文 この上ないほど幸せなことを表す「幸甚の至りです」 この上ないほど幸せなことを表す場合は「 幸甚の至りです」という言い回しをします。 「至り」の意味は「 ある物事が最高の状態に達していること」「 極み」です。 つまり、「幸甚の至りです」は「 幸せの極みです」「 最高潮の幸せです」をというような気持ちを表しています。 「幸甚の至りです」は、 「幸甚です」よりも、幸せであることを強調している言葉になります。 例文 「この度は、素敵な贈り物をいただきまして、幸甚の至りです」 「弊社の商品を購入していただけるということで、幸甚の至りに存じます」 「このような素晴らしい賞をいただくことができるなんて幸甚の至りです」 「幸甚です」の敬語表現は「幸甚に存じます」 「幸甚です」の敬語表現は「 幸甚に存じます」となります。 「存じます」は 「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 よって、「幸甚に存じます」は謙譲語であり、自分の行為をへりくだっていうときに使う表現だということになります。 「幸甚に存じます」は「 とてもありがたく思います」「 何よりの幸せであると思います」という意味です。 また、「幸甚に存じます」には、「対応してくれたらこの上なく幸せです」といったニュアンスが含まれます。 「幸甚に思います」と言うよりも「幸甚に存じます」と言った方が、丁寧な表現になります 例文 「本日はご来店いただきまして誠にありがとうございます。 「幸いです」は、「幸い」に「です」という丁寧語をつけた言葉です。 「幸いに存じます」は、「幸い」に「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」をつけた言葉です。 「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合、ビジネスメールで相手に何かを依頼するとき」に用いることが多い言葉です。 「非常にありがたいです」は、「ありがたい」に強調する「非常」という言葉をつけて「とてもありがたいです」というような意味合いにしています。 「ありがたく存じます」は、「ありがたい」に「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」をつけた言葉です。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 「光栄」は 感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、 目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例文 「このような素晴らしいステージにお招きいただき大変光栄です」 「この度は、素晴らしい賞をいただき光栄に存じます」 「お褒めに預かり、光栄に存じます。 今後も日々精進してまいります」.

次の