プルームテックプラス 味。 【レビュー】プルームテックプラスを吸ってみた!臭いやキック感&吸いごたえは?

【プルームテックプラス】カプセルの種類や人気の味・交換タイミング

プルームテックプラス 味

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? こんばんは、ついにHEETSになりました・・・げんちゃんです。 以前から書いている通り、500円を超えたタバコは吸わないという方針なので、ヒートスティックは買うのを辞めたんですよ。 でも、やっぱりイマイチ美味しくないんですよね、慣れると信じていますが、この味に慣れることが出来なかったら、アイコス続けられないかも(汗)と思ってます。 そんな私は、最近プルームテック・プラスの出番が増えており、自宅ではもっぱらプラスを使っています。 今更ですが、匂いも少ないし喉への刺激も少ないので吸いやすいんですよね。 ということで、今日はプルームテック・プラスのめちゃくちゃ便利なアイテムのご紹介です。 お世辞抜きでオススメなので、是非チェックしてください! この記事の目次• 最強伝説その1:蒸気量アップ! 同じバッテリーを使った場合、 蒸気量はカートリッジ内のコイルの抵抗値によって変わります。 この抵抗値は低いほど蒸気量がアップするのですが、プルームテック・プラスは2. もちろん爆煙というレベルではありませんが、ちょっとしたベイプ並に。 プルームテックをパワーアップさせたのがプラス・・・それを更にパワーアップさせることが出来るんです。 最強伝説その2:味わいアップ! プラスに比べてグローセンスの方が味わいがしっかりしているのは、リキッドそのものに味がついているから。 プラスのリキッドは基本的に無味無臭のグリセリンなので、味や風味はたばこカプセル頼みでしたよね。 ですが、この互換カートリッジなら 好きなリキッドを直接入れることが出来るんです。 最強伝説その3:セットが簡単! グローセンスはポッド式を採用しており、セットがとにかく簡単で使いやすいデバイスです。 プラスは冒頭紹介した通り、とにかくパーツが多くて、しかも中に入れるカートリッジがしっかりハマらないとカプセルホルダーが閉まらないなど、一工夫欲しい点が多々あります。 しかしこの互換カートリッジなら超簡単! バッテリーに接続したら、あとは先端に「たばこカプセル」を差し込むだけなので、グローセンスと同じ 2ステップでセット完了です。 頻繁に交換するものではありませんが、この ストレス・フリーな構造は素晴らしいと思いました。 最強伝説その4:幅が広がる! 毎度お馴染みですが、リキッド補充が出来るということは 既製品にはない味も楽しむ事ができるということ。 ベイパーさんには説明不要ですが、リキッドってびっくりするくらい種類があるんですよ。 プルームテックやグローセンスで発売されているようなフレーバーはもちろん、ミルクティにレモン、エナジードリンクにラムネ味など・・・星の数ほどあるリキッドから好きなリキッドを使うことが出来ます。 ちょっと中級者向けかもしれませんが、ニコチン入りのリキッドだって入れることが出来るので、 味の幅を広げるだけでなくキックだってパワーアップさせることも。 ちょっと惜しい点:安っぽい(汗) 良くも悪くも、プラスが高級感のあるしっかりした作りなので、 若干安っぽく見えます(汗) 接続部分を隠すためのリング以外は全部プラスチック素材ですからねー、まあ使い捨てのパーツなのでしょうがないですが、外観にはもうひと工夫欲しかったですね。 あとはカラーがブラック一色なので、プラスのカラーモデルを使っている人だと合わせにくいかも。 外観は好みの問題ですので、以降の写真を参考にしてください。 最強カスタマイズ・アイテムの使い方 使い方の説明は不要だと思いましたが、互換カートリッジのイメージを知る上で写真が必要だと思いましたので、外観の紹介がてら使い方の説明もしたいと思います。 使う際の注意点なども記載しておきますので、参考にどうぞ。 互換カートリッジ外観 筒状ですが、たばこカプセルを差し込む先端に向かって、とんがりコーンみたいに細くなっていくような形状です。 互換カートリッジのパーツ 互換カートリッジは、接続部分を隠すリング、コイル内蔵タンク(本体)、マウスピースの3つのパーツから構成されており、非常にシンプル。 使い方その1:リキッドチャージ マウスピースを外すとシリコン製のフタがありますので、それを外して、空いている穴からリキッドを入れていきます。 *中心の穴は蒸気の通り道なのでリキッドを入れてはいけません。 リキッドは8分目くらいまで、入れすぎると液漏れなどの原因になりますのでご注意を、入れ終わったらシリコン製パーツとマウスピースを戻します。 リング部分は先につけておいてもセットできますが、向きに注意してください。 4方に穴が空いていますが、この穴が上になるようにセットしないと本体に傷が付く可能性があります。 互換カートリッジ補足 ニコチンを吸いたいときは「たばこカプセル」を先端にセット、ご自身で入れたリキッドの味だけを楽しみたいときは、たばこカプセルは装着せずにそのまま吸えちゃいます。 *焦げたような味や蒸気が出なくなってきたら交換のタイミングです。 また、 リキッドを補充したら10分くらい放置してから使わないと、コイルが巻いてあるウィッグが焦げて即使えなくなるので、この点だけは覚えておきましょう。 この辺りはベイプの注意点とまったく同じなので、ベイプにも興味を持っている方であれば覚えておくと良いですよ。 最強カスタマイズ・アイテムはどこで買える? こういうアイデア商品の企画、開発が得意なショップさんと言えばベプログさん。 コレ、完全オリジナル商品なので是非チェックしてみてください。 ポッド式と同じように2ステップで使えるだけでなく、リキッド充填が出来たり蒸気量もアップしているなど、 サードパーティ製のアイテムとしてはピカイチの出来だと思いますよ。 あ・・・ここまで書いておいて完全に製品名を書くのを忘れてました(汗).

次の

プルームテックプラスの味の人気ランキングは?新作レビューと全種類の感想

プルームテックプラス 味

「ステイホーム」でも問題になりにくいニオイ最小デバイス「プルーム・テック・プラス」 「ステイホーム」が推奨される中、家でタバコのニオイが問題になることが多いと思う。 紙巻きタバコは当然、煙を吐き出すので、強いニオイが出るし、壁紙までヤニ色に染め上げる。 そこで、注目されているのが、ニオイが少なく、ヤニの原因となるたールを発生させない加熱式タバコだ。 しかし「アイコス」「グロー(グロー・センスを除く)」などの高温加熱式タバコもまた、壁紙の色こそ変えないが、特有のニオイはある。 そんな時に役立つのが、ほぼ無臭のJT「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」、BAT「グロー・センス」と言った、においがほぼないという低温加熱式タバコデバイスである。 しかもこれらは、「ひと吸いして、ポケットにしまい、時間が経ってからふた吸い」という断続的スモーキングができるというメリットもある。 ただし、これらのデバイスは喫味が弱いのが弱点だ。 それでも「プルーム・テック・プラス」は、創意工夫で喫味を限界まで高めている先進の機種。 あまり知られていないようだが、吸わない人が身近にいる場合、可能な限り迷惑をかけずに最高の喫味を味わえるのが、「プルーム・テック・プラス」なのだ。 通常のリフィルよりも、タバコ葉の旨味が強く出ることで、低温加熱式特有の物足りなさを補う役割を果たしている。 完熟レモン味の「イエロー・ミント」、完熟アップル味の「レッド・ミント」 吸ってみた! 「プルーム・テック・プラス」はコツをつかめばもっとおいしい 吸い始める前に注意点がある。 「プルーム・テック・プラス」は、うまく吸うにはコツがいるデバイスなのだ。 デバイスの電源をオンにした後、ひと吸いめは軽くふかしてそのまま吐き、ふた吸い目からゆっくりと蒸気を吸い込むのが基本である。 「イエロー・ミント」は吸い続けても飽きないさわやかな味 「イエロー・ミント」は、クセのないさわやかな味わい。 レモンの香りは、確かに完熟していてカットしない状態で嗅ぐ時のレモンの果皮の香りに近い。 これはかなりよい香りである。 ゴールド・リーフなので、その後にタバコ葉の旨味が乗ってくるのだが、そこにひかえめなスペアミント系メンソールが加わり、爽快感でマスキングされる。 タバコとしては少々物足りない印象だが、過度な酸っぱさもなく、嫌味もない、吸い続けても飽きない味というのはこういうものが多い。 もともと軽いメンソールタバコを愛飲している人なら、素直においしいと感じると思う。 タバコ感はかなり少ないが。 カプセルは黄色い縁取り 「レッド・ミント」はリモートワーク中におすすめ いっぽうの「レッド・ミント」は完熟りんご風味とのことだが、これも果肉というよりりんごの皮の風味が際立っている。 タバコ葉の旨味はこちらのほうが強く感じる。 微かな甘酸っぱさとともに、少し強めのメンソールの冷涼感が伝わってきて、暑い日に吸いたくなる味だ。 こちらもおとなしい味仕立てなので、飽きずに長く、よい意味でだらだら吸えるタイプ。 ちょっと2、3吸いして中断、ひと仕事しつつ再開というリモートワーク中の喫煙に向いていると思う。 「レッド・ミント」というと辛口をイメージするが、この赤はりんごの赤である カラダによさそうに感じてしまうが、タバコはタバコ! どちらもタバコ感が少ないけれど、カプセルの中にはぎっしり粉砕したタバコ葉が詰まっており、そのニコチンを含んだ蒸気は、立派にタバコである。 吸っているとベイプ的に感じてしまうが、吸えばきちんとニコチン欲求は起こらなくなる。 したがって、吸いやすい分、吸いすぎには注意すべきだ。 とくに今回の「イエロー・ミント」、「レッド・ミント」はさわやかフルーティーに味わえるので、果てしなくカラダによい気になってしまうが、もちろんそんなことはない。 実際に連続で吸い続けると、ちゃんとクラクラ来るので、節度を守って楽しんでほしいと思う。

次の

【味の違い】プルームテックプラスとプルームテックのたばこカプセルのフレーバーの味の種類を比較

プルームテックプラス 味

プルームテックプラスの専用たばこ一覧比較 まずはじめに、「プルーム・テック・プラス」のたばこカプセルを一覧して比較します。 画像と共に特徴を捉えましょう。 名称リンククリックで詳細な説明にジャンプできます。 箱画像 (省略)名称 味の特徴 マイルドな旨みを感じられるレギュラーフレーバー ローストされた味わいが濃いレギュラーフレーバー 爽快なミント!という感じの清涼感あるメンソールフレーバー 氷冷感を感じられる強メンソールフレーバー ベリーフレーバー+氷爽メンソール アップルフレーバー+氷爽メンソール 香ばしさ+ゴールドリーフの濃厚なコク 爽快メンソール+ゴールドリーフの強い刺激 プルームテックプラスのたばこカプセル全てにおいて言えるのは、「軽快な強さを感じられる!」ということです。 プルームテックよりもパワフルだけど、同じようにクリーンに味わいを愉しむことが可能になっているように感じます。 ここからは各種詳しく、どんなフレーバーがあって、それぞれどんな味なのか、確認していきましょう。 全8種類のカプセルフレーバー され、本体発売と同時に4種類の専用たばこカプセルが発売されました。 プルームテックプラスのカプセル種類 更にフレーバーの種類は増加し、2020年1月には「メビウス」銘柄だけで合計8種類のラインナップが登場しています。 レギュラーテイスト• メビウス・マイルド・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス• メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス• メビウス・ゴールド・ロースト・プルーム・テック・プラス専用• メンソールテイスト• メビウス・コールド・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス• メビウス・クリア・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス• メビウス・レッド・ミント・プルーム・テック・プラス• メビウス・パープル・ミント・プルーム・テック・プラス• メビウス・ゴールド・クリア・ミント・プルーム・テック・プラス専用 (名称が長いのは) 内訳は、レギュラーテイストが3種類。 メンソールテイストが5種類となっています。 すべて同じ「MEVIUS」・・なのですが、レギュラー・メンソールともに 「MEVIUS GOLD」というブレンドタイプあり、そちらにも注目です! それぞれどんな味なのか、比較して見ていきましょう! プルームテックプラスカプセル レギュラー「マイルドブレンド」の画像 まずは、マイルドブレンドからです。 実際吸った感想は、「確かにうまみがある!」でした。 普通な感想なんですが、これが実はすごくて、はやっぱり味が薄めなんですよね。 なので、レギュラーはあまり満足できる味わいじゃない・・印象がありました。 でも、プラスはやっぱり違います。 「プラス」というだけあってパワフルで、旨味が強く引き出されていました。 またこの銘柄だけで言えば、抹茶?のようなイメージを持ちます。 ほのかに香る、マイルドに整った味わいを楽しみたいならマイルドブレンドがおすすめ。 メビウス・ローストブレンド プルームテックプラスカプセル レギュラー「ローストブレンド」の画像 続いて、ローストブレンド。 実際吸った感想は、「いい香ばしさがある!」でした。 マイルドブレンドが抹茶なら、こっちは「ほうじ茶」といったところでしょうか。 香ばしさがまず違います。 この香ばしさのあとに、嫌味のないコクのある風味を楽しめる印象でした。 落ち着いた強さを求めるならこのフレーバーかも。 メビウス・ゴールドロースト 続いて、「ゴールドロースト」です。 力強い!吸いごたえ有り!! アイコスさん です。 その力強さからか、ヘビーなものを求める方からの厚い支持があります。 ここ数日、キセルでタバコ吸ってない。 プルームテックプラスのゴールドローストが美味すぎ! — 鉄谷大地 Ironvalley ゴールドローストが一番おいしい — 団長の手刀を見逃してしまう人 oreshinya 「キック感が強い」という表現がぴったりなレギュラーテイストかと思います。 プラスの他レギュラーフレーバーが『マイルドな旨味』を表現していたとしたら、このゴールドローストは『力強い旨味』を出していると思う。 だーけーどーーー。 「ちょっと味が長続きしない」というBADポイントも一方であると思うので、その点は改良の余地あり。 ゴールドロースト気に入った! キックが凄くて胸が焼けそうになる笑 味も美味い😋 あとはもうちょっと持続性が良ければって感じだな😅 — TAKU 321923Ta プルームテックプラスカプセル メンソール「クリア・ミント」の画像 続いて、メンソールタイプの「クリア・ミント」です。 実際吸った感想は、「メンソール強い!」でした。 「ミント」と聞くと直感的に「弱めなメンソールね」と想像してしまうんです。 これはアイコスの「ミント」を想像してしまうからかもしれません。 ですが、プルームテックプラスの「ミント」は、「弱いメンソール」という印象はほとんどなく、爽快感を強く感じられます。 通常「プルームテック」のメンソールの強さをプラスしたいなら、このフレーバーで決まり。 メビウス・コールドミントの感想 プルームテックプラスカプセル メンソール「コールド・ミント」の画像 続いて、メンソールタイプの「コールド・ミント」です。 氷冷メンソール+キレのある刺激 とされています。 実際吸った感想は、「メンソールめちゃくちゃ強い!」でした。 「クリアミント」もけっこう爽快感を得られるメンソールでしたが、このコールドミントは名前そのままに、氷冷感が強いです。 というか、冷たい! プルームテックプラスは低温加熱型ですが、低温+パワフルが相まってか、このフレーバーは絶妙は「ひんやり感」を強く出しています。 キレのある刺激をプルームテックプラスで求める そんな時にはコールドミントがおすすめです。 メビウス・パープルミント 続いて、メンソールの「パープルミント」です。 公式説明では、 華やかなベリーフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。 とされています。 ざっくり感想は、 やっぱりパープルメンソールは間違いない。 アイコスさん でした。 各加熱式タバコブランドはこぞってパープルメンソールタイプを販売していますが、やっぱりこのテイストは間違いない。 加熱式タバコらしい(?)臭みが、ベリーフレーバーのおかげで絶妙にかき消されていて、味がうまくまとまっているのです。 ただ・・・、慣れていない人にとっては注意が必要です。 やっぱりその甘さから「ガムみたい」と思う方もいるようなので、 好きな人はめっちゃリピしてるフレーバー アイコスさん です。 プルームテックにも「レッドクーラー」あるんですが、『りんご味』という独特性から評価が分かれがちな銘柄だったりします。 ファンからは熱烈な待望があったので、2019年11月にパープルミントとともに発売されました。 プルームテックプラスにレッドクーラー出して欲しい — えぬ enudayoon プルームプラスやっとレッドクーラー出た、めっちゃ待ったぞ〜 — まる haguremarumaru で。 私の個人的感想を言うと、 すごい好き派です。 なぜならアップル風味がそもそも好きだから。 メンソールに対して、スッキリできるりんご風味が絶妙に絡み合う味わいは、まさに 「爽やか」という表現がぴったり。 すっきりさっぱりプルームテックプラスを楽しみたい方におすすめです。 メビウス・ゴールドクリアミント 続いて、メンソールの「ゴールドクリアミント」です。 キック感が強いしっかりタバコ感あるメンソール アイコスさん です。 注意すべきなのは、メンソールが強くなっているわけではなくて、タバコ感が強くなっているところ。 JT独自のゴールドリーフがメンソールとベストマッチしています。 双方が出すぎない感じが絶妙。 プルームテックプラスの新味ゴールドクリアミントを吸ってみました。 ゴールドがネーミングされているだけあってうまい。 クリアミントのパワーアップ版だね。 中毒性ハンパない。 1カプセルで、紙巻きタバコ4本分🚬くらいなのに、やめられない止まらない。 味に対する感想・ユーザーの声などを鑑みた上で、プラスの人気銘柄はどれなのでしょう? レギュラー、メンソールそれぞれのランキングを見てみましょう。 レギュラー 1位:ゴールド・ロースト 2位:マイルド・ブレンド 3位:ロースト・ブレンド 2019年後半にゴールドリーフシリーズが追加され、やはりレギュラー系では 『ゴールド・ロースト』が一番人気となっているようです。 帰宅して、調子悪いPCで色々やって、やっと買ってきたプルームテック+のゴールドローストを吸ってます。 テイスティングした時にも思いましたが、かなり喉へのキックが強いです。 メンソール 1位:コールド・ミント 2位:ゴールド・クリア・ミント 3位:パープル・ミント 4位:クリア・ミント 5位:レッド・ミント メンソールの1位にはやはり、一番のメンソール力を誇る「コールドミント」が輝きました。 メンソール好きが求める強烈なメンソールには一番応えています。 一方で、ゴールドリーフ使用のクリアミントは、タバコ感が強まっているもののメンソールが落ちているので、「強い清涼感!」のニーズには、コールドミントが一番応えています。 コールドミントが最強すぎる — たかりん tkrn1905 また、2019年後半に登場したパープルミントやレッドミントなどのフルーツテイストも、一部の方はリピートしていると思います。 このランキングは多くの方を鑑みた上での順位なので、どうしても『通常メンソール』の方が需要が高くなります。 フルーツテイストのメンソールもとても美味しいので、興味ある方は是非チャレンジしてみると良きかも! カプセルを解剖!中には粉末状のたばこ葉が入っている 結果わかったのは、プルームテックプラスの味わいは「たばこ葉量・専用カートリッジ・温度」全てが合わさってこそ成り立つ。 ということです。 詳細は以下にまとめましたので是非ご覧下さい。 プラス専用たばこカプセルの価格と購入方法 プルームテックプラスのカプセルは「リフィル」とも呼ばれていますが、価格は全て 500円。 購入方法は主に3つあります。 プルームテック公式ショップ• コンビニ・たばこ販売店 それぞれ見ていきましょう。 【1】プルームテック公式ショップ プルームショップでは、プルームテックアクセサリーを始め、プルーム製品を全て購入することが可能です。 もちろんカプセルも購入することが可能になっています。

次の