ゴースト ガールズ。 たくさんの労働者を救った「ラジウム・ガールズ」 その忘れられた物語

ラジウム・ガールズ

ゴースト ガールズ

あらすじ [ ] 人気カメラマンのコナー・ミードは超が付くプレイボーイで、確かに女にはモテるが、誠実さの欠片もない男である。 ある日、コナーは、唯一の肉親である弟ポールの結婚式のリハーサルで幼なじみで初恋の相手であるジェニーに再会し、ときめきを覚える。 そんなコナーの前に、コナーの親代わりであり、色恋の師匠でもあった亡き叔父ウェインが亡霊として現れる。 今のような生活をやめるように諭すウェインは、これから3人の女の霊がコナーの前に現れると告げ、姿を消す。 3人の女の霊たちに、過去と現在、そして未来に誘(いざな)われたコナーは、改めて自分自身を見つめ直すことになる。 キャスト [ ]• :コナー・ミード• :ジェニー• :ウェイン叔父さん• :ポール(コナーの弟)• :サンドラ(ポールの婚約者)• :サンドラの父• :サンドラの母• :カリア 脚注 [ ].

次の

ラジウムガールズは暗闇で光る!幻想的な姿の裏に隠された恐ろしい真実|ヨナヨナ

ゴースト ガールズ

1917年4月10日、18歳のグレイス・フライヤーは、ニュージャージー州オレンジにある米国ラジウム・コーポレーション(United States Radium Corporation, USRC)で、文字盤に塗料を塗る工員として働き始めた。 米国が第一次世界大戦に参戦して4日が経っていた。 ふたりの兄が戦争に行っていたグレイスは、国の役に立つことなら何でもしたかった。 この新しい仕事が、自分の人生を、そして労働者の権利を永遠に変えることになろうとは思いもしなかった。 ラジウム入りの塗料で、腕時計や軍用時計の文字盤を塗る作業のために雇われたのだ。 ラジウムは、マリー・キュリーが発見してからまだ20年もたっていない新しい物質だった。 文字盤を塗る作業は、「貧しい労働者階級の女性たちにとって、エリートの仕事」だった。 賃金は平均的な工場の仕事の3倍以上で、幸運にもその仕事にありついた女性たちは、全米の女性労働者の上位5パーセントに入るほどの報酬をもらい、女性の権利が発展していく時代の中で、経済的な自由を得た。 女工たちの多くは、細かい作業にうってつけの小さな手をしたティーンエイジャーで、友だちや家族を介して新しい仕事の魅力を広めた。 工場では、一家の兄弟姉妹が揃って働く姿もよく見られた。 ラジウムの発光も魅力のひとつだった。 文字盤を塗る女工たちは、すぐに「ゴースト・ガールズ」として知られるようになった。 というのも、勤務時間が終わるころには、彼女たち自身が暗闇で光るようになっていたからだ。 彼女たちはこの仕事を最大限利用し、よそ行きの服を着て工場で働いた。 そうすれば、その服が夜のダンスホールで光るからだ。 歯にラジウムを塗る者までいた。 にっこりすれば相手を虜にできた。 グレイスも同僚たちも、教えられた通りのやり方で、ときには幅が3. 5センチしかないような小さな文字盤を塗る、骨の折れる手作業を行った。 女工たちは、唇でくわえて筆を整え、先を細くするよう教えられた。 「lip-pointing(唇で整える)」あるいは、劇作家のメラニー・マーニッチがのちに「lip, dip, paint routine(くわえる、舐める、塗る、の繰り返し)」と描写した作業だ。 筆を口に持っていくたびに、女工たちは光る緑の塗料を少しずつ飲み込んでいた。 グレイスに作業のやり方を教えたメイ・カバリーは、当時を思い出してそう語った。 「体に悪いようなものは、当然口に入れたくないですから。 (マネージャーの)サヴォイさんは、 『危険なものではないから心配しなくていいよ』と言いました」 だが、それは真実ではなかった。 この光る物質が発見されたときから、体に害があることは知られていたのだ。 マリー・キュリー自身も、ラジウムを素手で扱ったために放射線熱傷を負った。 女工が文字盤を塗る筆を持つ前に、ラジウム中毒で亡くなった人はいたのだ。 ラジウム会社の男性たちが、研究所で鉛のエプロンをつけ、ラジウムを扱うときには先端が象牙でできたトングを使ったのはそのためだった。 だが、 女工たちにはそのような防護は用意されなかったし、そうした防護が必要かもしれないという警告さえなかった。 なぜなら当時は、女性たちが扱っていたくらいの少量のラジウムは、健康に良いと信じられていたからだ。 ラジウム水は強壮剤として飲まれ、この魔法の物質が入った化粧品やバター、牛乳、歯磨き粉などが売られていた。 新聞は、ラジウムで「長生きできる」と報じた。 だが、こうした考えの基になった研究報告は、 ラジウム産業で潤うラジウム会社が実施したものだった。 彼らは「危険」を示すあらゆる兆候を無視した。 女工たちに問われれば、「ラジウムは頬をバラ色にしてくれるよ」とマネージャーたちは言った。 病気になったのだ。 何が原因なのか、自分でもわからなかった。 始まりは歯痛だった。 歯医者で抜いてもらうと、今度は隣りの歯が痛くなり、それも抜いてもらわねばならなくなった。 歯を抜いたところには、 ひどい潰瘍ができた。 血の赤と膿の黄に染まった邪悪な花のようだった。 たえず膿が出て息が臭くなった。 それから四肢の痛みに襲われた。 あまりの痛みに、ついに歩けなくなった。 医者はリウマチと診断し、アスピリンを与えて家に帰した。 1922年5月には、モリーの状態は絶望的になった。 そのときには、歯はほとんどなくなり、正体不明の感染症は広がっていた。 下顎全体と口蓋、それに耳の骨の一部までが、 「1つの大きな膿瘍」と診断された。 だがそれだけでは終わらなかった。 歯科医が口の中の下顎の骨を指でそっと突いたところ、恐ろしいことに骨が崩れてしまったのだ。 歯科医は骨を取り除いた。 「手術でではなく、ただ口の中に指を入れ、つまんで取り出した」のだ。 わずか数日後、下顎全体が同じようにして取り除かれた。 モリーは文字通り崩れつつあった。 そしてそれは、モリーだけではなかった。 そのときまでには、 グレイス・フライヤーも顎に異常が出ており、足の痛みに苦しんでいた。 ほかのラジウム・ガールズたちも同じだった。 1922年9月12日、モリー・マッジャを1年近く苦しめてきた奇妙な感染症は、のどの組織にまで広がった。 病はゆっくりと頸静脈を侵していった。 同日午後5時、モリーの口の中は血であふれた。 急速に出血が進み、看護師の止血が間に合わなかった。 モリーは24歳でこの世を去った。 医師たちは死因を特定できずに困惑し、 死亡証明書には「梅毒」という誤った病名が書かれた。 この病名は、彼女が働いていた会社ものちに使うことになる。 ほどなく、まるで時計仕掛けのようにひとりずつ、かつての同僚たちがモリーのあとを追っていった。 しかし、USRCの言う「ただの噂」はなかなか消えず、業績が悪化した。 1924年、ついに同社は専門家に依頼して、噂されている「文字盤を塗る作業」と「女性たちの死」の関連性を調べた。 ラジウムの良さを謳ったUSRC自身による調査報告とは異なり、今回の調査は独立したものだった。 そして、 専門家がラジウムと女性たちの病気は関係があることを認めると、ラジウム会社の社長は激昂した。 調査結果を受け入れる代わりに、社長は新たにいくつかの研究に金を払った。 正反対の結果が発表された。 社長は、最初の研究報告の結果について調査を始めていた労働省に対しても、嘘の報告をした。 社長は、女性たちが病気を 「会社のせい」にしようとしているとして公然と非難し、増え続ける医療費に苦しみ、経済的な援助を得ようとする彼女たちを罵倒した。 彼女たちは、責めを負うべきは会社だと主張したが、闘う相手は、 広く浸透しているラジウムの安全神話だった。 事実、専門家たちがこの件に向き合ったのは、ラジウム会社でひとり目の男性従業員が亡くなってからだったのだ。 1925年、ハリソン・マートランドという優秀な医師が、自身が考案したやり方で、ラジウムが女工たちに害を与えたことを決定的に証明して見せた。 さらにマートランド医師は、女工たちの体内で何が起こっているのかも説明した。 ラジウムが体の表面についた場合、劇的な害を及ぼす可能性があるということは、1901年にはすでに分かっていた。 ピエール・キュリーはかつて、重量1キログラムの混じりけのないラジウムと同じ空間にいたいと思わない、と言った。 体中の皮膚がやけどを負い、目はつぶれ、「(自分は)おそらく死ぬことになるだろう」と考えていたからだった。 マートランド医師は、ラジウムを体内に取り入れると、たとえそれがごくわずかであっても、体に及ぼす害は何千倍も大きいということを発見した。 経口摂取したラジウムは、女性たちの体の中で定着し、 たえず破壊的な放射線を出すようになり、骨を「穴だらけにしてしまう」。 生きながらにして、まさに体中にたくさんの穴があくのだ。 女性たちは体中が侵されていた。 グレイス・フライヤーの背骨は「つぶれて」、背中を固定するためのブレースをつけなければならなかった。 別の女性は顎が浸食され、「根元の部分だけ」しか残っていなかった。 女性たちの脚は短くなり、自然に骨折してしまうこともあった。 ラジウム・ガールズたちの勇気と執念を侮っていたのだ。 彼女たちは、不正に立ち向かうために団結し始めた。 そして、その闘いの動機は利他的なものだった。 文字盤を塗る女工たちはまだ全米中にいたのだ。 グレイス・フライヤーはこう語っている。 「私は自分のことよりも、何百人もの女性たちのことを心配しているのです。 今回の件が、1つの例として彼女たちの役に立ってほしいと思います」 闘いの先頭に立ったのは グレイスだった。 必ず弁護士を見つけると決心し、何人に断られても諦めなかった。 彼女たちの主張を信じない弁護士もいれば、力のあるラジウム業界を恐れて逃げた弁護士もいた。 既存の法律を覆すような法廷闘争をする心構えがない弁護士もいた。 当時、ラジウム中毒は補償の対象となる病気ではなかった。 女工たちが病気になるまで、認識すらされていなかった。 また、出訴期限という難問もあった。 職業性中毒の被害者は、2年以内に訴訟を起こさなければならない決まりだったのだ。 ラジウム中毒は潜行性だ。 女工たちの多くは、働き始めて5年以上たってから初めて具合が悪くなった。 修正できそうもない法の悪循環の中で、彼女たちは身動きが取れなくなってしまった。 だが、親が労働組合代表だったグレイスは、明白に有罪である会社の責任をあくまで問い続ける覚悟をしていた。 ついに1927年、レイモンド・ベリーという若く優秀な弁護士が、彼女たちの弁護を引き受けた。 グレイスはいつの間にか、4人の同僚とともに、世界的に有名な法廷ドラマの舞台に立っていた。 しかし残された時間はもうなかった。 彼女たちの余命は4カ月とされていたのだ。 会社側は、何とかして訴訟を長引かせようとしているようだった。 結果として、グレイスと同僚たちは、和解を余儀なくされた。 だがグレイスが目論んだ通り、世間の目をラジウム中毒に向けることはできた。 ニュージャージー州のラジウム・ガールズによる訴訟は、新聞の一面を飾り、米国中に衝撃を与えた。 イリノイ州オタワでは、文字盤を塗装していたキャサリン・ウルフという女工が、記事を読んで恐怖に震えた。 「報道後に工場で行われた話し合いは、暴動になりそうなほどでした」。 キャサリンは当時を思い返した。 「恐ろしさで仕事も手につかなくなりました」 しかし、 イリノイ州の会社「ラジウム・ダイアル(Radium Dial)」は、USRCに倣って、自社の責任を否定した。 同社の医療検査では、女工たちはラジウム中毒の明らかな兆候を示していたが、会社側はその結果を偽った。 そればかりか、地元の新聞に全面広告さえ出した。 「いかなるときも、職場の環境が従業員の健康を損なうと信じられる理由があったなら、私たちは直ちに操業を停止するでしょう」と、その広告は謳っていた。 スキャンダルをもみ消そうとする会社側の動きはさらに強くなり、女工たちが亡くなり始めると、その検死を妨害までした。 同社の人間が、ラジウムで穴だらけになった女性の骨を盗み、 血も涙もない隠蔽工作を図ったのだった。 体のあらゆる場所で発生する、 巨大な癌性骨腫瘍だ。 文字盤を塗装していたイレーヌ・ラ・ポートは、重度の骨盤腫瘍で亡くなった。 腫瘍は「フットボール2つ分より大きかった」という。 1938年、キャサリン・ウルフ(結婚後の姓はドノヒュー)は、腰にグレープフルーツ大の腫瘍ができた。 モリー・マッジャがそうだったように、キャサリンも歯を失い、顎の骨のかけらを口から取り出さねばならなかった。 キャサリンは、いつも柄の入ったハンカチを顎に当て、絶えず染み出てくる膿を拭っていた。 友人たちが死んでいくのも目にした。 それがかえってキャサリンの精神を強固にした。 キャサリンは正義を求め、闘いを開始した。 1930年代半ばのことだ。 米国は大恐慌のただ中にいた。 キャサリンと友人たちは、生き残っていたわずかな企業の中の1社を告訴したことで、社会から孤立した。 死が迫っていたものの、1938年に裁判が始まると、キャサリンは医師の助言を無視し、死の床から証言した。 そうすることで、 そして無料で弁護を引き受けた弁護士レオナルド・グロスマンの助けもあって、ついにキャサリンは、自分自身のためだけではなく国中の労働者たちのために正義を勝ち取ったのだ。 この裁判によって、労働者の命を救う法規が生まれ、最終的には「労働安全衛生局(OSHA)」の設立につながった。 同局は現在、労働者を保護するために全米で活動している。 OSHAの設立前は、毎年1万4000人が労災で亡くなっていた。 現在はわずか4500人余りだ。 また彼女たちは、科学に「計り知れないほど貴重」な遺産を残した。 だが、彼女たちの名を、 歴史の本で見かけることは少ない。 現在では、ラジウム・ガールズのひとりひとりは、ほとんど忘れられてしまったからだ。 私がこのたび著した『ザ・ラジウム・ガールズ()』は、女工たち自身の言葉を、日記や手紙、法廷での証言などから引用し、忘れられた記憶を蘇らせようとしたものだ。 なぜなら、彼女たちの強さ、苦しみ、犠牲があったからこそ、労働者の権利が勝ち取られたのだから。 私たちはみな、彼女たちの勇気の恩恵を受けているのだ。 ふたりだけ挙げるとすれば、 グレイス・フライヤーとキャサリン・ドノヒューは、恐れを知らない勝者として、私たちが褒めたたえ、敬意を表すべき女性たちだ。 彼女たちは、その短すぎる生涯で得たすべての功績とともに、歴史の中で光り輝いている。 そして、別の意味でもまた輝いている。 ラジウムの半減期は1600年。 彼女たちの骨の中にまだ残っているのだ。 ゴースト・ガールズはまだ当分の間、墓の中で輝いていることだろう。

次の

ラジウムガールズの被爆事件に迫る記録映画、Phewのライブ付き上映やトークショーも

ゴースト ガールズ

当時のアメリカでは、多数の女性が人体への有害な放射線の影響により相次いで死亡していました。 亡くなった女性たちは全員が時計工場に勤務しており、時計の文字盤の数字に蛍光塗装を施す作業を担当していました。 当初、他の工場に勤務する労働者に比べ3倍の給与がもらえる好条件の職場として雇用希望者は多く、若い女性従業員たちは当時まだ珍しい経済的に自立した職業婦人としての待遇に満足して勤務にあたっていました。 20世紀初期の時計の文字盤数字は、見やすいように明度を上げるためラジウムを含む混合塗料を塗装していました。 下は14歳から上は年配者までの工場勤務女性は、塗装ブラシの先を塗りやすいよう細く整えるのに唇と舌を使うよう指示されていました。 つまり、毎回ブラシを口元に持って行き、微量の混合塗料を摂取していたのです。 工場責任者はこれが健康上のリスクを負わせる可能性があることを否定していました。 当時すでに放射線の危険は認知されていたものの、産業界の経営者らは不正な研究調査を行い微量のラジウム摂取であれば健康にも良いとの見解を発表していました。 そのため、裕福な人々はラジウム入りの水を飲み、食品や化粧品にもラジウムは使用されていたのです。 その当時、蛍光物質は流行の最先端を象徴するキーワードであり、中には歯をより輝かしく見せようと歯に塗料を塗る女性従業員もいました。 世間はそんな女性たちを「ゴーストガール」と呼んでいました。 というのも、有毒な混合物との接触により、暗闇で肌が発光していたからです。 当時、微量であれば無害だとされていたレジウムでしたが実際には少しずつ、女性従業員の身体を蝕んでいたのでした。 最初の犠牲者はモリーでした。 そしてその後も同僚たちも様々な症状に苦しみ、モリー同様の運命をたどります。 死産や慢性疲労を経て女性従業員の身体は徐々に崩壊していきました。 肌は穴が開いたように陥没し、骨はもろく粉のようになり、身体のあらゆる部分に腫瘍が形成されました。 現在ではラジウムに外部接触することが人間の身体組織の破壊につながることは広く認知されています。 しかし、もし体内に摂取した場合、ラジウムが身体に及ぼすダメージは計り知れないほどに甚大なものになります。 またこうしたラジウムにより恐ろしい健康被害に対して手の施しようがありませんでした。 死亡者が出たことにより、女性従業員たちは自分を待ち受ける恐ろしい運命を悟りました。 しかし迫り来る過酷で痛みに満ちた未来から女性たちを救う手立てはなかったのです。 しかしそんな境遇の中でも、彼女たちは自分たちのためではなく工場で勤務し続けている他の同僚のため、行動を起こします。 会社を法のもとで裁き、これ以上死者が出ることを防ごうとしたのです。 こうして長い法廷闘争が始まりました。 会社側がラジウムは危険ではないと労働者を騙した結果、多大な健康被害を被ったことを女性従業員たちは証明しようとしたのです。 しかし会社側の資金融資による虚偽の研究結果により、一時はラジウムが原因ではないと証明されてしまいます。 さらに会社経営側は女性たちの訴える健康被害症状が多様なことから、ラジウムが原因だとするにはつじつまが合わないと主張しました。 答弁のなかで会社側はモリーの死因が梅毒であったと表記された死亡診断書を証拠に持ち出しました。 転機が訪れたのは、男性の犠牲者が出た直後のことでした。 1925年、ラジウムと向上で働いてた女性たちの中毒症状の関連が証明されます。 調査に際していくつかの墓が掘り返されたとき、遺体の多くが文字盤数字と同じ光を放っていたのです。 女性従業員たちは経営者側の過失を公に証明しようと強く決意し、死の床にあっても糾弾し続けました。 報道新聞社は紙面第一面で女性たちの訴えを報じ、それでも経営者らはラジウムとの関連性を否定し、遺体の検視解剖結果を改ざんしましたが、もう事実を隠しようがありませんでした。 1938年、経営者側は過失により若い女性従業員たちを死に追いやった事実をようやく認めました。 従業員側が雇用実態を証明したこの事例以来、経営者側がは労働者の安全な職場環境を保証する義務を負うことになりました。 今日、国際的に法令で守られている労働者の権利はこうした女性従業員たちを代表する過去の労働者たちの功績があってこそのものです。 残念ながら「ゴーストガール」は忘れ去られた存在となりつつありますが、女性従業員らが成し遂げた業績は現在も健在です。 労働者条件の向上に大いに貢献した過去の労働環境の犠牲者たちがいつまでも人々の記憶に残り、その功績が讃えられ続けますように。

次の