毛穴 酵素洗顔。 毛穴に効く洗顔料おすすめ10選|黒ずみ・角栓悩みを改善する人気洗顔料ランキング!

毛穴に効く洗顔料おすすめ10選|黒ずみ・角栓悩みを改善する人気洗顔料ランキング!

毛穴 酵素洗顔

毛穴が目立つ原因、「角栓」って何者? 「角栓」という言葉を聞いたことがありますか? 角栓とは不要な角層が毛穴の中にたまり、皮脂がかたまってできたもの。 毛穴を「栓」のようにふさぎ押し広げることで、毛穴を目立たせてしまいます。 顔の中では特に「鼻」にできやすいといわれています。 角栓=油、と考えている方も多いかと思いますが、実は「角質(=タンパク質)」と「皮脂(=脂質)」が混ざったものなのです。 黒ずみ毛穴に酵素洗顔が効くのはなぜ? 酵素とは、いろんな反応のお助け役で、非常に多くの種類があります。 「酵素」と聞くと科学的なものなのかな?と思う方もいるかみしれませんが、人間の体内にも存在している身近なもの。 人体には食べ物の消化や代謝に働く酵素などいろいろあります。 黒ずみ毛穴の原因である角栓もタンパク質分と脂質でできているので、この2つの酵素が入っていると、黒ずみ毛穴対策ができるのです。 おすすめの酵素洗顔は「スイサイ ビューティクリアパウダーウォッシュ」。 個包装で使いやすい! これらの酵素が化学的に毛穴につまったタンパク質や脂質を分解してくれるため、肌に負担をかけることなくケアできるのも酵素洗顔のメリットです。 スクラブのように肌に物理的な刺激を与えることもありません。 酵素洗顔を効かせる3つのテクニック (1)洗顔前に蒸しタオルでスチームパックして毛穴を開く 角栓は毛穴の奥深くまで詰まっていますから、蒸しタオルでスチームパックして毛穴をしっかり開いてから洗顔すると、毛穴汚れがとれやすくなります。 蒸しタオルは濡らしたハンドタオルをかたく絞ってラップに包み、電子レンジで約1分くらい温めます(お使いの電子レンジによって温め時間が異なるので、様子を見ながらお試しください)。 (2)手早く泡立て、手早く洗う 酵素は水に溶けると働きが弱まってしまうため、手早く泡立てて手早く洗うことが重要です。 泡立てるポイントは、利き手の反対の手をボウル、利き手を泡立て器と考えて泡立てること。 まず、ボウルの手に少し水をためておき、その中に酵素洗顔を入れます(酵素洗顔を手に取った後に水をたすとパウダーが流れてしまうので注意)。

次の

黒ずみ毛穴をキレイにしよう!酵素パウダー洗顔おすすめ特集|ビマジネーション

毛穴 酵素洗顔

読みたいところから読める目次• 1.毛穴の黒ずみを酵素洗顔で解消したいあなたへ 「毛穴の黒ずみは酵素洗顔で解消!?正しいエイジングケアは?」をお届けします。 主に、鼻や小鼻で目立つ。 毛穴の黒ずみはをしても上手にカバーしないと目立ってしまうので、とても嫌なものですよね。 また、は、年齢とともに症状が深刻になってしまうこともあり、エイジングケア世代にとっての大きなの1つです。 顔のは20万個もあるそうです。 その中でもは、ほかの部分に比べて7倍ほどの毛穴があるといわれています。 そのため、鼻は毛穴のトラブルが起こりやすく、ていねいなスキンケア、が必要です。 しかし、一度黒ずみが気になり始めると、なかなか改善しないことも…。 それは、毛穴の黒ずみの原因を知らずに、間違ったスキンケアやエイジングケアをしてしまっている可能性が高いのです。 ここでは、毛穴の黒ずみの原因をはじめ、正しく効果的な対策としてについて取り上げます。 また、オススメの毛穴の黒ずみケアの酵素洗顔パウダーをご紹介します。 「まだ目立たないけど、酵素洗顔で毛穴の黒ずみを予防したい!よい方法は?」 「実は、いま、毛穴の黒ずみで悩んでいる!酵素洗顔で改善するの?」 「もしかして、私の毛穴の黒ずみケアは間違い?」 など、毛穴の黒ずみが気になる方は、正しい酵素洗顔が学べるので、ぜひ、続きをお読みくださいね。 なお、酵素や酵素洗顔についての詳しい情報は、「」をご覧ください。 また、酵素洗顔のメリットは次の動画や記事「」もチェックしてくださいね。 <この記事の大切なポイント>• 毛穴の黒ずみの原因は、皮脂と古い角質がお肌に留まって、角栓をつくってしまうことです。 それが目立ってしまうことで多くの女性が悩んでいます。 その原因をもたらすのは、誤ったスキンケアやエイジングケアであることがよくあります。 また、よくない生活習慣やからだ全体の健康状態にあります。 毛穴の黒ずみは、洗顔料やクレンジング料では落ちないこともあります。 また、瞬間的には落とせてもまた目立つこともあります。 毛穴の黒ずみ対策としては、たんぱく質を分解する酵素洗顔がよい選択肢の1つです。 なぜなら、角栓の元であるケラチンというたんぱく質を分解できるからです。 毛穴の黒ずみ対策に酵素洗顔を取り入れるには、いくつか注意点があります。 乾燥による毛穴に何度も使ったり、バリア機能が低下している場合には避けましょう。 酵素洗顔料は、自分の肌質やお肌の状態に合わせて、適切なものを選びましょう。 洗浄剤やそのほかの配合成分も、洗浄力と優しさを両立したものを選びましょう。 毛穴の黒ずみには、角栓以外が原因の場合もあるので、そんな場合は原因に合ったスキンケアやエイジングケアを取り入れましょう。 基本は、ターンオーバーの正常化とバリア機能の正常化です。 2.酵素洗顔の前に毛穴が黒ずむ原因を知ろう! 、など、毛穴の悩みはさまざまです。 トラブルの原因もいくつかに分かれています。 なかでも黒ずんだ鼻は、そのブツブツした状態がいちごのように見えることから、「」と呼ばれることもあります。 そんないちご鼻をもたらす毛穴の黒ずみの原因の1つと考えられるのは古い「」。 本来、皮脂はメイクや細菌などのダメージからお肌を守るを担っています。 しかし一方で、過剰に分泌されることによって、黒ずみや、ニキビなどの毛穴のトラブルの原因にもなってしまうのです。 毛穴の黒ずみのもう1つの原因は、古くなった角質が剥がれ落ちずに毛穴にとどまってしまうこと。 古くなった角質が毛穴に溜まり、皮脂とともにすると角栓のでき上がり。 そして、この角栓が剥がれ落ちずに酸化することで、毛穴が黒ずんでしまうのです。 つまり、毛穴の黒ずみとは、皮脂や古くなった角質、ほこりや老廃物などが毛穴に詰まって角栓となり、それが酸化することで皮膚の表面に黒っぽい点になってあらわれている状態。 顔のなかでも、いわゆるTゾーンは皮脂が多く分泌され、そこにメイクの油分で毛穴を塞いでしまうので黒ずみができやすくなってしまいます。 こうなってしまう要素は、もともと皮脂の分泌が多いの肌質の人に加え、次のようなことが思い当たる場合は、注意が必要です。 やが不十分• 運動不足やなどで代謝が悪く、あまりをかかない• の後に、スキンケア、エイジングケアをしていない• 甘い物や脂っこい物、刺激のある食べ物をよく食べる• が崩れることが多い• 過度なをする• がある• 睡眠不足や、過度ながある• が不十分 なぜなら、こうした生活習慣や状態は、お肌に負担をかけるため、皮脂を過剰に分泌させたり、の乱れを引き起こすことで、がしっかり育たない、古い角質が剥がれ落ちないなど、さまざまなトラブルの原因になるからです。 毛穴の黒ずみも、こうした生活習慣やからだの健康が大いに影響を与えていることを理解しておきましょう。 毛穴対策の酵素洗顔を考える前に、こうした点をチェックしてみましょう。 なお、ここでは、毛穴全般のお話はしませんので、毛穴のタイプやその対策については、「」をご覧ください。 また、角栓についての詳しい情報は、「」をご覧ください。 さらに、紫外線と毛穴の関係は、「」をご覧ください。 3.間違ったスキンケアが毛穴の黒ずみをまねく!? ここでは、毛穴の黒ずみケアの酵素洗顔を考える前に、洗顔そのものをチェックしてみましょう。 1)誤った洗顔を行っていませんか? こうした毛穴の黒ずみを予防、解消するための基本は、毎日の洗顔でしっかりと汚れを落とすことにあります。 皮脂が詰まった毛穴は、最初から黒ずんでいるわけではありません。 皮脂に加え、空気中のホコリやメイクなどの汚れが積み重なり、また酸化することによって黒ずみが生じてしまうのです。 ここで、気を付けたいのは、「汚れをしっかりと落とす方法」を間違ってしまうこと。 たとえば、毛穴を意識しすぎて、次のようなスキンケアや洗顔方法でケアをしていないでしょうか?• 毛穴のポツポツを取りたいのでを頻繁に使用している• 洗浄力の強いスクラブ入りのもので毛穴を洗顔している• 毛穴の黒ずみが目立つ箇所をゴシゴシと擦るように洗っている 毛穴パックやスクラブ洗顔で毛穴をキレイにしたつもりでも、皮脂や角質を落としすぎてしまい、お肌に負担がかかって逆効果になることがあります。 これらは、です。 お肌にとって必要な皮脂まで取り除いてしまうと、乾燥を防ごうとして余計に皮脂が分泌され、その結果、毛穴の詰まりを引き起こし、すぐに毛穴の黒ずみができてしまいます。 また、過剰な洗顔などによってお肌が傷付くと、その刺激によってが生成され、毛穴の黒ずみを悪化させる原因に。 毛穴に汚れが詰まっていないのに、黒ずんで見えることもあるのです。 2)クレンジングでも毛穴の黒ずみの原因に メイクを十分に落とさないことや刺激の強すぎるを使うことも毛穴の黒ずみの原因になります。 特に、エイジングケア世代になると、刺激の強い界面活性剤の入ったクレンジング料を選ぶと、バリア機能にダメージを与えてしまうのです。 洗顔に加えてクレンジングにも注意が必要です。 逆に、洗浄力が不十分なクレンジングだと毛穴の汚れが落ちません。 だから、毛穴の汚れを落とすには、優しさと洗浄力の両立が大切です。 この点については、「」や「」をご覧ください。 3)剥がれ落ちない角栓の正体をご存知ですか? もう1つ、注意しておきたいのは、毛穴の黒ずみの原因となっている角栓は、古い角質の集まりであることです。 角質は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質が70%で、皮脂は30%。 つまり、クレンジングや通常の洗顔だけでは、はできても毛穴の黒ずみ解消にはつながりません。 なぜなら、クレンジングや通常の洗顔料に含まれる界面活性剤は、油分による汚れは落すことができても、たんぱく質を落とすことはできないからです。 では、古くなった角質の根源であるたんぱく質まで取り除くには、どのような方法があるのでしょうか? 次にご説明します。 4.酵素洗顔を毛穴の黒ずみ対策に取り入れる 最近、健康や美容・エイジングケアの分野で話題が高まっている「酵素」。 黒ずみの根本的な原因にアプローチするためにおすすめしたいのは、この酵素を配合した「酵素洗顔料」です。 酵素洗顔とは、酵素が持つたんぱく質や脂肪を分解するはたらきを利用した洗顔のことです。 そして、酵素洗顔に使う洗顔料を酵素洗顔料と呼びます。 酵素洗顔料に使われている酵素にもいくつかの種類がありますが、未成熟なパパイヤ(青パパイヤ)から抽出した天然酵素「」は、生きた細胞にははたらかず、不要な角質だけを分解して取り除くという特性があります。 また、酵素はに接すると活性化する性質があり、洗顔の際にその力を発揮できるようにするため、多くの酵素洗顔料はパウダー状になっているのも特徴です。 つまり、一般的には酵素洗顔料といえばです。 ただし、最近では技術の進歩でパウダータイプでない酵素洗顔料も登場しています。 酵素洗顔に期待できる効果は次の4つがあげられます。 1)お肌に残った古い角質を取り除く パパインなどに含まれるプロテアーゼほかいくつかの酵素には、たんぱく質を取り込んで分解するはたらきがあり、通常の洗顔では落としきれない角質を除去する効果があります。 実際に、酵素洗顔で落とせる古い角質の量が、通常の洗顔に比べて格段に増えるという結果も出ています。 2)鼻や小鼻などの毛穴の黒ずみ、角栓を除去する 酵素が毛穴の入り口付近にできた角栓を分解する効果。 毛穴の黒ずみの原因を取り除き、毛穴の開きや詰まりを解消することができます。 これによって、毛穴を目立たないようにする効果も期待できますね。 なお、角栓に対する酵素洗顔については、「」をご覧ください。 3)遅いターンオーバーを整える お肌に残った古い角質を取り除くことで、新陳代謝を高め、長期的にことができます。 その結果、のないの状態に近づけるのです。 なお、くすみ対策の酵素洗顔については、「」をご覧ください。 4)実は一緒に皮脂も取り除く 酵素洗顔料には、必ずなどの界面活性剤も一緒に配合されています。 だから、皮脂や汚れもおとせるのです。 また、リパーゼなどの皮脂を分解する酵素が含まれる場合もあります。 だから、で毛穴の黒ずみが目立つ場合、酵素洗顔はよい方法なのです。 なお、脂性肌の酵素洗顔については、「」をご覧ください。 こうして整ったお肌は、の浸透もよくなるため、さらなるエイジングケア効果も期待できます。 このように、酵素洗顔は、不要な角質や角栓、毛穴の黒ずみが目立つ場合に使用すれば、エイジングケアにとってプラスにはたらいてくれるのです。 ただし、毛穴の黒ずみに対する酵素洗顔は、やり方を間違えるとかえってトラブルのもとになる可能性もあります。 5.毛穴の黒ずみケアの酵素洗顔の注意・選び方・使い方 エイジングケアにとっていいこと尽くめのような酵素洗顔ですが、誤った使い方をしたり、酵素洗顔が不向きなの人が使用すると、効果どころかや肌トラブル、につながります。 そして、自分に合ったよい酵素洗顔料を選ぶことも大切です。 1)酵素洗顔を使用する際に注意しておきたいポイント 毛穴の黒ずみだけではなく、どんな場合でも酵素洗顔は次の点に注意して使いましょう。 つまり、酵素洗顔をやりすぎると、バリア機能が低下して、になることもあるのです。 まずは、毛穴ケアの場合も週1回~2回程度の使用から始めてみるのがいいでしょう。 そして、多くても週3~4回までにとどめましょう。 また、お肌表面がテカテカで内側がカサカサのにも向きません。 お肌が敏感になっている場合や、乾燥がひどい方にはそもそも不向きな洗顔なので、その点も注意しましょう。 目立つ毛穴の原因が、こうした肌状態なら酵素洗顔は不向きです。 そのような場合は一旦使用を中断し、様子をみましょう。 酵素洗顔は泡立ちのよい製品が多いので、十分に泡立て、泡で不要な角質や汚れが自然に落ちるように、やさしい洗顔を心掛けましょう。 酵素洗顔の泡立て方や洗い方のポイントは、下記の「」の動画を参考にしてください。 やなどを配合したクレンジング料がオススメです。 特に、エイジングケア世代には優しいながらも毛穴ケアを行なえるタイプがよいので、クレンジングミルクやがオススメです。 また、最近登場している毛穴汚れを落とせるなども、エイジングケア世代にオススメです。 また、何もケアをしないと、お肌の内部にまでダメージが届きやすくなっています。 はエイジングケアの基本ですが、いつも以上にしっかりとお肌にうるおいを補給しましょう。 、、などの水溶性のは化粧水に含まれており、油溶性のはなどに高い濃度で含まれます。 とくに、保湿力の高いのがオススメです。 また、セラミドに加え、やなどはに含まれます。 やだけではなく、美容液や保湿クリームも上手に使いましょう。 保湿についての詳しい情報は、「」をご覧ください。 紫外線は夏だけではなく、冬でも降り注いでいます。 を行いましょう。 紫外線対策については、「」、「 」をご覧ください。 3)自分に合った酵素洗顔料の選び方 同じ毛穴の黒ずみで悩んでいても、、お肌の強さは人それぞれ。 だから、誰にでも合う化粧品がないのと同じく、酵素洗顔料にも「これが絶対にいい!」という正解はありません。 しかし、よい酵素洗顔パウダーの条件を挙げることは可能です。 ここでは、よい酵素洗顔料を選ぶ視点を挙げてみます。 自分のお肌に合った適度な洗浄力• 刺激を与えずに洗顔できる泡立ちのよさ• 汚れを吸着するための泡の質• 刺激を与えない程度の酵素の濃度• 洗い上がりの感触• 余計な成分が入っていないこと などが、その視点です。 この点について詳しく知りたい場合は、「」を参考にしてください。 また、酵素洗顔の洗浄剤の見分け方は、「」も参考にしてくださいね。 4)人気やオススメの酵素洗顔の口コミのチェック法 いまや、酵素洗顔パウダーは、百貨店、化粧品専門店、薬局、ドラッグストアから通信販売などのさまざまなお店で買うことができます。 また、その種類も増えているので、どれかを選ぶとなると、やはり、口コミが気になりますね。 そんな場合は、アットコスメをはじめとする口コミサイトや楽天、アマゾンなどをチェックすることもよい方法です。 その場合、洗顔パウダーの評価のするポイントとしては、粒子の細かさ、泡立ち、洗浄力、すすぎやすさ、洗顔後の感触に関する口コミやレビューを参考にしましょう。 5)酵素洗顔の季節や年齢別の使い方 毛穴の黒ずみ対策の酵素洗顔は、頻度や回数に加えて、季節や年齢なども考える必要があります。 次の記事も参考にしてくださいね。 * * * * 6.オススメの毛穴の黒ずみケアの酵素洗顔パウダー 毛穴の黒ずみケアのために私たちの1位のをご紹介します。 ナールス フォームは、を配合したです。 非常にシンプルな処方で、天然パパインを含めたった5種類の成分で成り立っていて、ほかの酵素洗顔パウダーと比較しても、配合成分の種類がとても少なくなっています。 は、、、、、です。 ナールスフォームは、良質な石けんを使った酵素洗顔パウダーで、石鹸以外の界面活性剤は配合していません。 やなどの防腐剤や、着色料、香料は無添加です。 * こうした特徴から、におすすめの毛穴ケアの酵素洗顔料です。 もちろん、 <参考> 7.こんな毛穴の黒ずみには、酵素洗顔以外のケアを これまで、古い角質や角栓による毛穴の黒ずみを中心にお話を進めてきました。 これらは酵素洗顔で目立ちにくくなります。 しかし、毛穴の黒ずみには、そのほかの原因によるものもあります。 そんな毛穴の黒ずみには、酵素洗顔以外のスキンケアが必要な場合もあるのです。 また最悪なのは、実際には何も詰まっていなくて、毛穴の黒ずみがないのに、詰まっていると思い込んでスキンケアを行ってしまうことです。 そもそも毛穴は、お肌の奥の方に陥没しているので、何も詰まっていなくても黒っぽく見えるのです。 このような場合は、酵素洗顔を何度も行うなどの過剰なスキンケアは避けてくださいね。 そこで、角栓以外の原因による毛穴の黒ずみと対策のポイントをご紹介します。 1)乾燥による毛穴の黒ずみ 乾燥肌が進んでしまって、毛穴付近のお肌がしぼんだような状態になって、毛穴が開いて見える場合です。 この場合は、酵素洗顔よりも保湿をしっかり行って、乾燥肌を改善することが大切です。 洗顔はもちろん、剤配合のものや、弱酸性の良質な洗顔料で優しく行い、保湿に必要なセラミドなどやを洗い流さないように注意しましょう また、セラミドなどの保湿力の高い成分をで補うことも大切です。 乾燥肌の対策は、「」に詳しく解説していますので、ぜひ、こちらをご覧ください。 2)メラニンによる毛穴の黒ずみ 紫外線などのダメージでできたが、毛穴の入り口付近に留まって、毛穴が黒く見える状態です。 この場合は、やなどのを正しく使うことが毛穴の黒ずみ改善の近道です。 、アルブチン、など、厚生労働省が認可した美白成分配合の医薬部外品(薬用化粧品)だけが美白化粧品と呼べるものなので、選ぶ際には気をつけましょう。 酵素洗顔を使ってダメなことはありませんが、メラニンに直接的にアプローチする効果はなく、期待できるのはによって改善をサポートする役割です。 なお、症状がひどい場合は、スキンケアではなかなか改善しませんので、皮膚科など専門医に相談しましょう。 3)ニキビ跡や傷跡の毛穴の黒ずみ ニキビが化膿してしまった後のや無理な角栓除去などで毛穴の周囲が傷付いた際にできた毛穴の黒ずみです。 ニキビ跡や傷跡が浅い場合は、ターンオーバーを促進することで改善する可能性はありますが、基本は皮膚科を受診し、適切な治療を受けることです。 最近では、技術の進歩でニキビ跡治療に用いられるのがフラクショナルレーザーなどで大きな改善も期待できます。 ただし、大人ニキビやコメドの場合では、早期なら酵素洗顔が有効な場合もあります。 大人ニキビと酵素洗顔の関係については、「」をご覧ください。 4)すり鉢状毛穴による黒ずみ 皮脂が酸化することで、毛穴周辺のお肌にダメージを与え、毛穴の付近がすり鉢状になって、黒ずんで見える状態です。 基本的には、皮脂の酸化を防ぐために、1日2回の洗顔を行います。 メイクを落とす場合には、必要に応じて、を行うことも考えましょう。 また、日中に皮脂が過剰だと感じる場合は、脂取り紙などで除去しましょう。 ただし、そのあとは乾燥を防ぐために、保湿も忘れずに。 であるが2つ繋がった成分である「グリシルグリシン」を使うことも有効といわれています。 しかし、セルフケアでは限界があるので、早めの皮膚科などの専門家に相談しましょう。 このように、毛穴の黒ずみは、角栓が原因ではない場合には、セルフケアでは治らないものもあります。 いろいろ、試してもなかなか改善しない場合は、自己判断するよりも、早めに皮膚科などに相談することが、改善の近道です。 <参考> 8.まとめ 毛穴の黒ずみが目立つ原因や、黒ずみを解消する効果的な方法として、酵素洗顔について説明しました。 また、おすすめの酵素洗顔パウダーをご紹介しました。 酵素洗顔は上手に取り入れれば、毛穴の黒ずみ対策に有効ですが、誤った使い方ではかえってトラブルになってしまうこともあります。 ですから、酵素洗顔は正しく使いましょう。 また、エイジングケアでも人気が高まっている酵素洗顔パウダーは、配合成分もさまざまです。 自分自身のお肌に合った製品を選び、正しい使い方でエイジングケアのサポートにお役立てくださいね。 最後に、毛穴の黒ずみは、角栓以外が原因であったり、毛穴の黒ずみではないのにそう思い込んでしまう場合もあるようです。 もし、毛穴の黒ずみがなかなか改善しない場合は、早めに皮膚科などの専門家に相談しましょう。 「毛穴の黒ずみは酵素洗顔で解消!?正しいエイジングケアは?」が、エイジングケア世代の女性の肌悩み解消のお役に立てば幸いです。 医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。 (編集・校正:) 大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。 流通関係を中心にマーケティングプランやPB商品の開発等を担当。 1990年よりフリーとなり、飲食関連のコーディネート、企業広報誌や医療・健康関連情報誌のライティングやコスメ関係のブログ記事発信など、仕事の領域を広げつつ現在に至る。 ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。

次の

酵素洗顔おすすめ6選!効果や注意点も徹底解説

毛穴 酵素洗顔

どれだけ毎日きちんと顔を洗っても取れない毛穴の黒ずみ、汚れ。 せっかくのメイクも毛穴が目立っていれば、なんとなくイメージ通りにいかなくてガッカリ……、という女性もいるのではないでしょうか。 とはいえ、毛穴汚れをなんとか取り除こうと一日に何度もゴシゴシ洗いをしたり、毛穴パックやピーリングをし過ぎたり、はたまた手や爪で無理やり角栓をしぼり出したりしていれば、毛穴の黒ずみどころかお肌全体に炎症が起きたりしてしまうことも! そこでまずはあなたの毛穴が今どのような状態なのかをチェックしてみましょう。 なぜなら「毛穴」と一言で言っても、状態によって毛穴が目立つ原因は異なるから。 詰まった角栓の頭が酸化で黒くなっていて(これを「ブラックヘッド」と呼びます)、黒くポツポツと毛穴を主張してしまっているため、ついつい指で絞り取ろうとしてしまったり……。 このような「詰まり毛穴」と「黒ずみ毛穴」が合わさった毛穴トラブルは、毛穴のなかで過剰に分泌された皮脂が古い角質細胞やメイクや大気中の汚れなどと混ざり合い、角栓となってガンコに固まっている状態です! 毛穴タイプ2:メラニン色素による黒ずみ毛穴 一見「酸化黒ずみ毛穴」のように毛穴が黒ずんでいる割に、指で触っても詰まった角栓が盛り上がっているザラザラした感触がないのなら、毛穴の入口にメラニン色素が定着し、色素沈着していると判断できます。 原因は紫外線(日焼けによるシミ)、もしくは毛穴パックや毛穴プッシャーなどの過剰な毛穴ケアによる刺激、が考えられます。 しかしなかには皮脂のべたつきが気になって、過剰に洗顔をしたり保湿ケアを怠ったりしたことで、肌が乾燥して、さらなる皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴が本来の大きさよりも開いている可能性もあります。 さらに30代以降から頬の毛穴が目立ってきたと感じるなら、開いた毛穴がたるんだ「たるみ毛穴」の可能性が高いでしょう。 たるみ毛穴は通常の丸い毛穴と比べて「縦長の楕円形」をしており、「下方向」に下がって開いています。 これは加齢(老化)や乾燥ダメージなどによって、肌内部のコラーゲンやエラスチンといったハリ・弾力成分の数が減ったり、肌を支える力が弱まってしまったりしたために、肌にある毛穴までもが下がってしまっているのです。 つまりは肌のたるみやシワのエイジング現象が、毛穴の形にまで現れている状態です! エイジングケア=保湿の徹底と適度なピーリング 肌の老化を進行させるのは、乾燥。 ターンオーバーに乱れが生じ、しわやたるみ、開け毛穴の原因となっています。 まずは、徹底的に保湿を行い、肌の乾燥を防ぎましょう! 洗顔後に何もしないでいると、肌はどんどん乾燥します。 すぐにたっぷりの化粧水と保湿成分が配合された美容液で、肌を守ってくださいね。 また、細胞が入れ替わる「ターンオーバー(新陳代謝)」のサイクルは、(個人差はありますが)基本となるのは28日周期。 しかし年齢とともにターンオーバーは遅くなり、 30代では約40日程度かかるようになります。 ターンオーバーが正常に行われずに、表皮細胞が剥がれ落ちないまま残っていると、肌のごわつきやくすみ、毛穴が目立つ原因になります。 数週間〜1カ月に一度ピーリングを行い、ターンオーバーを促しましょう。 外からも中からもコラーゲンを補給 コラーゲンが不足すると、肌にしわが目立つようになります。 体内で作られるはずのコラーゲンは、加齢によって減少するため、外側からも内側からも補給してください。 コラーゲン配合の基礎化粧品を使っているからと安心してはいけません。 というのもコラーゲンは分子量が大きいため、肌の奥まで浸透することは難しいから。 ただし、コラーゲンは保湿効果もあるため、乾燥によるしわやたるみを潤いで防いでくれます。 そこでコラーゲンを内側からも補給するために、食事からも摂取しましょう。 コラーゲン成分配合の飲料やサプリメントもありますが、ゼラチンやうなぎ、牛スジや手羽先などの食材にも含まれています。 ポイントとして、コラーゲン摂取の際はコラーゲンの合成に必要な「ビタミンC」と一緒に摂ることを心がけてくださいね。 頭皮マッサージでリフトアップ 頭皮の血行が滞っていたり、たるんでいたりすると、顔にもたるみの影響が出て、毛穴もだるんと開いてしまいます! そこで頭皮マッサージで血行を促進すれば、顔のリフトアップにもつながるのです。 生え際から首筋まで、指全体でゆっくり揉み解しましょう。 固くなった頭皮が柔らかくなり、疲労回復にもつながります。 また、耳裏を上下に指で強くこすり、血行促進することも効果的です。 毛穴タイプ1におすすめの洗顔料タイプ 原因は皮脂や汚れの詰まり。 そのためすでに詰まった汚れを取れやすくするために、タンパク質を分解する効果のある「酵素入り」または「AHA(フルーツ酸)配合」の洗顔料がオススメです。 タンパク質分解酵素が配合されていれば、肌表面に残っている余分な角質を優しく除去することができるため、毛穴詰まりの予防対策にもなります。 ただしすぐに毛穴レス効果が欲しいがために何度も酵素洗顔をすると、肌荒れなどのトラブルが発生する可能性があります! 必ずメーカー指定回数、頻度を守って、肌を傷めないように注意してくださいね。 毛穴タイプ2におすすめの洗顔料タイプ メラニン色素が増えているため、いわゆる美白系の成分(ビタミンC、ビタミンE)が入った洗顔料を使用し、蓄積したメラニンを排除し予防する対策を取りましょう。 また毛穴パックなどでどれだけ角栓を取り除いても「毛穴は小さくならない」ことを認識し、頻繁に行わない(目安は10日~2週間に1回)ように注意してくださいね! ただし、もしも肌全体が日焼けや肌荒れを起こしてメラニン色素が増えているようなら、まずは美白ケアではなく角層を健康的に整える「敏感肌用」の優しい成分の洗顔料を使用しましょう。 肌の負担になるような添加物は入っていない、シンプルながら保湿力もある泡立ちたっぷりの洗顔フォームがオススメです。 毛穴タイプ3におすすめの洗顔料タイプ 毛穴の開きやたるみが気になる場合は、まずは肌が乾燥していると考えましょう。 なぜなら先述したように、「毛穴が目立つ=皮脂が多い=脂性肌だからさっぱりさせたい!」と思い込み、保湿スキンケアを怠っていることで、余計に毛穴から皮脂が分泌するという、負のスパイラルに陥っている可能性が考えられるからです! そこで乾燥肌に心当たりがあるなら、洗顔料もさっぱりタイプではなく、保湿・保水成分(セラミド、スクワランなど)が含まれているしっとり系洗顔料を選んでください。 もしも毛穴タイプが分からないなら もしも毛穴タイプが1つではなく複合的であったり、「どの毛穴タイプかよく分からなくて決められない」などとお悩みなら、泡立たないクレイ(泥)タイプの洗顔料をお試しになってみては? 天然クレイなら毛穴よりも小さく、マイナスイオンによって(プラスイオンの)毛穴汚れを吸着して、毛穴詰まりを改善・予防します。 また肌表面の古い角質も取り去るため、メラニン色素がいつまでも残らずにくすみを取り除く効果も期待できますよ。 おすすめ人気洗顔料をご紹介! ではここからは、毛穴汚れに悩む方に人気のある洗顔料を美容ライターと美容編集部が実際に試し、毛穴への効果や肌全体への使用感、成分の良さなどを総合的に見て評価の高かった順にランキング発表します! オススメの毛穴タイプ、口コミレビューも載せるため、ぜひご参考にしてくださいね!! 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2、3】 シルクのもっちり濃密泡で、毛穴汚れとくすみをスッキリ落とす、美容皮膚科監修の理想的な大人の洗顔料。 独自処方のボタニカルウォーター、ヒト型セラミドや植物幹細胞の力で肌のうるおいを守り、洗顔後の肌にかさつき・つっぱり感を与えません。 京繭シルクの濃密泡で毛穴汚れはしっかり落としつつ、潤いのある透明感のある肌へと導きます。 敏感肌向けと聞いて試したら、刺激は全くないのに毛穴汚れが日に日に取れて肌のキメが整いました! (30代) ・泡立てネットを使用したらすぐに弾力のあるモコモコ泡になります。 顔をうずめるようにして洗うと毛穴もくすみもすっきり!悩みの鼻の黒ずみが目立たなくなりました。 ワントーン顔色が上がったのもこの洗顔料のおかげです。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2、3】 b. glen(ビーグレン)はハリウッド海外セレブも愛用する人気のスキンケアブランド。 そのビーグレンを創設した薬学博士が開発した、天然のクレイ「モンモリロナイト」を採用した泡の経たないクレイ洗顔料。 肌の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂を磁石のように引き寄せて落とす「吸着洗顔」で、大切なうるおいと必要な皮脂はしっかり残して洗い上げます。 5種類の美容成分がぜいたくに配合されたゲルのようなやさしいテクスチャーは、年齢を重ねた肌はもちろん、大人のニキビ肌にも最適です! 【クレイウォッシュの口コミレビュー】 ・すごく柔らかいテクスチャーで、泡がなくてもするする伸びます。 突っ張らないのに毛穴汚れはすっきり。 使うほどに肌ざわりがツルツルになって肌につやが出てきました。 (30代) ・鼻の角栓、黒ずみを中心にクルクルとなじませていたら、1週間でかなり減少し驚きました。 こんなに黒ずみに効果があった洗顔料ははじめて。 現品買いしました。 クッションのような弾力のあるマンナン成分が、お肌のざらつきなどを整えてツルンとなめらか肌へ導きます! 毛穴に詰まった余分な皮脂&古い角質を、泥と炭のWの吸着黒パワー&すっきりマンナン粒でオフ。 汚れが蓄積しやすい夜の洗顔使用や、ソフトスクラブですっきりしっかり落としたい方におすすめです! 【くろあわわの口コミレビュー】 ・鼻の黒ずみや角栓を改善したくてスクラブ入りのくろあわわを試したら、夜洗うだけで汚れがスッキリしてツルツル鼻に! 大人ニキビもできなくなったので、なくなると困ります。 (30代) ・どろあわわの弾力泡も好きですが、くろあわわの泡もモチモチ。 炭と泥の吸着力でテカテカ悩みが解消。 がっつり毛穴も1か月ほどで引き締まってきました~!(30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 あの大人気洗顔料「どろあわわ」がパワーアップして新登場! 潤してほぐす「米麴エキス」配合。 お肌を潤してやわらかくほぐすから、余計な角質がたまりづらい「透明やわらかお肌」へ導きます! さらには「沖縄産マリンシルト」がマイナスイオンの力で汚れを吸着。 まるでスキンケアのようにお肌をしっとり&肌環境を整えます。 【どろ豆乳石鹼 どろあわわの口コミレビュー】 ・鼻の毛穴のザラザラがひどくて主に夜に使ったら、1つ使い切るころにはすっきりつるん。 おかげで鼻の黒ずみが溜まりにくくなってお肌もっちりになれました。 発酵&泥パワーおそるべしです。 (30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 フランス生まれのこってり泡。 ・サボン クレール・・・朝専用のスキンケアソープ。 睡眠中に蓄積した皮脂を除去。 一日中、明るく透明感のある肌へ導きます。 ・サボン フォンセ・・・ 夜専用のスキンケアソープ。 メイク落としもOK。 クレンジングやダブル洗顔は不要です。 のシンプルケアで肌の再生力を呼びさまし、肌自身の力で理想の素肌美を手に入れましょう。 サボントライアルセットの口コミレビュー】 ・朝晩で違う石けんを違うのははじめて。 泡立てネットでモコモコ泡を作って洗ううちに、乾燥肌がしっとりとしてきて、Tゾーンのテカリが少なくなりビックリ。 皮脂バランスが整って毛穴汚れも目立たなくなりました。 (40代) ・石けんでもメイクがきちんと落ちて、ツッパリや乾燥もなく肌の状態が落ち着いてきました。 ほのかなハーブの香りもナチュラル。 朝の泡立てはちょっと面倒ですが、毛穴やくすみのない目指せノーファンデ肌に期待できます!(30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 毛穴エイジングケアに着目した化粧品「アンサージュ」の洗顔料。 粒子の細かいピンククレイが毛穴に詰まった汚れを吸着し、すっきりと洗い上げます。 「毛穴の悩みはあるけれど、特別なケアって何もしていない……」 実は、そんな女性がとっても多いんです。 その理由は「何が良いのかよくわからないから……」。 アンサージュは、「クレンジング・洗顔・化粧水・乳液」のシンプルな4ステップ。 いつものスキンケアの中で、毛穴トラブルのケアと予防が叶います。 特別なお手入れが必要ありません。 また、使用者の70%以上が2ヶ月以内に効果を実感した!というアンケート結果も。 1週間ほどでなくなってしまうトライアルサイズではなく、本品をじっくり試していただき、お肌の変化をご実感ください! 【アーティウォッシュの口コミレビュー】 ・香りも泡立ちも良くて癒されるお気に入りアイテム。 スベスベ肌になって肌が明るくなっていきます。 毛穴にあれだけ詰まっていた角栓も2か月使用でずいぶん改善されました。 ライン使いを続けるか検討中。 (30代) ・少量ですごくモコモコの泡が作れるのでコスパがよいです。 洗いあがりはつるんとして、つっぱりなく洗った感があります。 毛穴に関してはまだそこまで分かりませんが、肌のキメが整ってきました。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 ヴァーナルは、洗顔石鹸を中心としたシンプルスキンケアを28年提唱し続けているスキンケアブランド。 お肌の菌「スキンフローラ」に注目し、菌バランスがよく美肌菌が優勢な肌環境を作ってモチモチ肌へと導く洗顔せっけんが「アンク ソープ」です。 吸着力の高いもっちり泡が、毛穴に詰まった汚れや古い角質だけでなく、余分な細菌も洗い流します。 上質なせっけん素地に植物エキスを配合。 メイクも落とすことができます! 【ヴァーナル アンク ソープの口コミレビュー】 ・泡立てネットで泡立てるとしっかりとした泡に。 優しいのにちゃんと汚れは落ちてすっきりします。 「センシティブザイフ」という白い石けんとのセット使いで透明感が出てきました。 (30代) ・最初泡立て方が足りなくて、すぐにヘタると思ってましたが、水を切って泡立てるとモコモコに。 毛穴汚れがすっきり落ちている感じで、乾燥なくきゅっとした肌になります。 毛穴も引き締まってきた気がします。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 美容のプロたちが評価する、多数のベストコスメ受賞!! 1929年創業、スキンケア研究の老舗ポーラの最高峰ブランド「B. 大人の肌にはバーカシアンが大幅に減少しています。 (ポーラHPより) このB. Aウォッシュ(洗顔料)はマイクロファイバー配合のねっとり泡が、泡マスクのような濃密な厚みで肌を包み毛穴(角層)の汚れまでからめとります。 しっとり柔らかで透明感のある肌に! 後からのローションのなじみも良くしてくれますよ。 A ウォッシュの口コミレビュー】 ・ウッディな香りに癒されます。 少しの量でもっちり濃厚な泡になって、洗いあがりはまさにモチモチ。 毛穴の詰まりが改善されて、大人ニキビもできなくなりました。 1度使うと手放せない!ただおサイフ的に厳しい・・・。 1回の使用で肌の吸いつきが全然変わって化粧水がぐんぐん入ります。 たるみ毛穴にもハリが出てきて、以前ほど目立たなくなってきました。 リピします。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2】 生クリームのようになめらかで角が立つほどの超濃密な泡で洗う、エイジングケア用洗顔料。 フランス産泥「カオリン」が毛穴汚れや不要な角質を吸着、明るいお肌に導きます。 さらにプラチナナノコロイド、フラーレン配合で、お肌に透明感を与えてくれます! 【ハリーヴィーナス プラチナウォッシュの口コミレビュー】 ・泡立ちがよくてこすらなくても洗えるのは、敏感肌にはうれしい。 洗いあがりはさっぱりですがつっぱりもなく、使うほどに毛穴汚れが取れてきたように思います。 (20代) ・フランス産泥洗顔で、余分な角質や汚れがすっきり取れます。 さっぱり系なので少し乾燥が気になる時もありますが、肌のくすみが取れていくので肌の調子を見て使い続けます!(30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2、3】 広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発をした洗顔料。 これ1本でメイク落としと洗顔が同時に行え、肌への負担を最小限に抑えてメイクや汚れをしっかり落とし潤いをキープします! 朝は泡立てて洗顔料として、夜は肌になじませてメイク落とし・洗顔料として使用できます。 また、美肌成分(ビタミンE配合)によりお肌に栄養補給ができる優れものです。 【マイルドクレンジングジェルの口コミレビュー】 ・クレンジングジェルなのに泡立てて洗顔料にできるのが面白い。 洗いあがりもしっとりで優しい感じです。 メイク汚れがスッキリ落ちるので、毛穴づまりができにくくなった実感があります。 (20代) ・めんどくさがりの私にはクレンジングと洗顔料が1つ、という点がよいです。 皮膚科医監修なので敏感肌でも使えて、肌の調子が上向きに!肌が柔らかくなって毛穴が少し引き締まってきました。 (40代).

次の