ショートカットキー シート移動。 Windowsでウィンドウ画面移動のショートカットキー

【Excel】タブを素早く移動する方法

ショートカットキー シート移動

そう、これだけ。 これだけでマジで作業時間変わるから。 目をつぶっても使えるように、反復練習しとけよ。 ということで、シート移動をするショートカットです。 超シンプルですが、凄まじく重要です。 このショートカットを使うだけで、本当にストレスから開放されます。 シート名が番号だけとか短いものだと、シートの幅がものすごくクリックしにくくなるじゃないですか。 もしくは逆にシート名が超長い場合、シートが全部表示されなくて、みみっちい矢印を押してシートを探す必要があるじゃないですか。 で、たまにオーバーランして、またみみっちい矢印を押して戻ったり。 何かとめんどくさい。 ということで、出てくるのが今回のショートカット! シートの幅が狭かろうが、確実にサクサクとシートを切り替えてくれます。 若干シートをオーバーランしても、 Ctrlを押しっぱなしで Pageupや Pagedownを押すだけなのでサクっと戻る事ができます。 使う頻度がすさまじく高いので、かなりの時間を短縮することができます。 作業グループにする操作にも使えます ・シート移動をするショートカット ・そのショートカットを使った作業グループの作り方 ・おまけ(シート名一覧を出すテクニック) の3つをご紹介しました。 シート移動は本当に頻度が高い操作なので、これを短縮できればかなりの業務効率化につながります。 ぜひとも指が勝手に動くまで練習してください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

【Excel】タブを素早く移動する方法

ショートカットキー シート移動

エクセル2013以降で先頭や最後のシートに移動するボタンがなくなった エクセルの左下には『シートを移動させる』ボタンが配置されています。 実は、 エクセル2010までは、先頭や最後のシートに一発で移動できるボタンがあったんですが、 エクセル2013からそのボタンが廃止されてしまったんです。 下の画像はエクセル2010のシート移動ボタンを拡大したもの。 見ての通り、先頭のシート、最後のシートに移動するボタンがあります。 エクセル2010と比較すると、 先頭と最後に移動するボタンがなくなっているのがわかります。 マイクロソフトのバージョンアップでは、操作がよく変わるのでボタンがなくなることは珍しいことではありません。 でも、『できていたことができなくなる』操作の変更って、使う人のこと考えているんでしょうか^^ なので、エクセル2010で先頭や最後に移動するボタンをよく使っていた人は、バージョンアップされたエクセルを見て戸惑った人もいるんじゃないでしょうか。 先頭のシートに移動する手順です。 すると、先頭のシートが一番左端に移動されます。 すると、最後のシートが一番右端に移動されます。

次の

Microsoft Office Access のショートカットキー一覧

ショートカットキー シート移動

ショートカットキー 説明 Tab すべてのテーブルとビューで前に移動します 編集モードではない場合。 方向キー テーブルまたはビュー セレクターを移動します。 Tab ビューのコントロールで前に移動します 編集モードの場合。 方向キー 選択したコントロールを移動します。 F4 選択したコントロールのプロパティを開きます、または閉じます。 デザイン時のショートカット表 実行時 ブラウザー のショートカット キー これらのショートカット キーは、ブラウザーで Access アプリを使用する際に使用できます。 また、ブラウザー自体に用意されているショートカット キーを使用することもできます。 データシート ビューおよびフォーム ビューの場合のみ。 テキストやデータの検索および置換を行うのショートカット表 デザイン ビュー、レイアウト ビュー、またはデータシート ビューで作業する ショートカットキー 説明 F2 データシートで、編集モード カーソルが表示されるモード とナビゲーションモードを切り替えます。 フォームまたはレポートで操作している場合は、Escキーを押すとナビゲーションモードを終了します。 F4 プロパティ シートに切り替えます フォームとレポートのデザイン ビューおよびレイアウト ビュー。 F5 フォームのデザイン ビューからフォーム ビューに切り替えます。 F6 フィールド グリッド、フィールド プロパティ、ナビゲーション ウィンドウ、キーボード アクセス システムのアクセス キー、ズーム コントロール、およびセキュリティ バーを順に切り替えます テーブルのデザイン ビュー。 F7 フォームまたはレポート上の選択されているコントロールから[ビルダーの選択] ダイアログ ボックスを開きます デザイン ビューのみ。 F7 フォームまたはレポートのプロパティ シートで選択したプロパティからVisual Basic Editorを開きます。 フォームとレポートのデザイン ビューでコントロールを編集するのショートカット表 ウィンドウを操作する 既定では、Accessデータベースは、タブ付きドキュメントとして表示されます。 ウィンドウ表示ドキュメントを使用するには、[ファイル] タブをクリックします。 [オプション] をクリックします。 [Accessのオプション] ダイアログ ボックスで [カレント データベース] をクリックします。 次に、[ドキュメント ウィンドウ オプション] の [ウィンドウを重ねて表示する] をクリックします。 オプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。 ショートカットキー 説明 F11 ナビゲーション ウィンドウを切り替えます。 Enter すべてのウィンドウを最小化したときに、指定したウィンドウを元の大きさに戻します。 メニュー キー ショートカット メニューを表示します。 ウィンドウを操作するのショートカット表 ウィザードを使用して作業する ショートカットキー 説明 F2 選択したハイパーリンクの完全なハイパーリンク アドレスを表示します。 F7 スペル チェックを行います。 追加のビューが使用できる場合、連続してキーを押すと使用できる次のビューに移動します。 テーブル、クエリ、フォーム、またはレポート内で操作しているときに、ビューを戻る方向に切り替えます。 追加のビューが使用できる場合、連続してキーを押すと前のビューに移動します。 キーは、どのような状況においても、オブジェクトに対しては使用できません。 その他のショートカット表 ナビゲーション ウィンドウのショートカット キー ショートカットキー 説明 メニューキー ショートカット メニューを表示します。 Alt F10 アクセス キーを表示します。 HomeEnd メニューまたはサブメニューの最初のコマンドまたは最後のコマンドを選択します。 Alt 表示されているメニューとサブメニューを同時に閉じます。 Esc 表示されているメニューを閉じるか、表示されているサブメニューのみを閉じます。 Enter すべてのウィンドウを最小化したときに、指定したウィンドウを元の大きさに戻します。 Tab 次のオプションまたはオプション グループに移動します。 方向キー 選択したドロップダウン リスト ボックス内でオプション間を移動するか、オプション グループ内でオプション間を移動します。 Space 選択したボタンに割り当てられたアクションを実行するか、チェック ボックスをオンまたはオフにします。 Esc 選択したドロップダウン リスト ボックスを閉じます。 Enter ダイアログ ボックス内の既定のボタンに割り当てられたアクションを実行します。 Esc コマンドを取り消し、ダイアログ ボックスを閉じます。 ダイアログ ボックスを使用するのショートカット表 テキスト ボックスで編集を行う ショートカットキー 説明 Home エントリの先頭に移動します。 End エントリの末尾に移動します。 PageDownPageUp コントロールの選択ドロップダウン リスト内の選択を一度に 1 ページずつ移動します。 Tab コントロールの選択ドロップダウンリストからプロパティシートタブに移動します。 Tab プロパティが選択されているときに、タブ上で1つ下のプロパティに移動します。 Tab プロパティが選択されていないときに、タブ内の最初のプロパティに移動します。 Tab タブ上で 1 つ下のプロパティに移動します。 デザイン ビューでテーブルまたはクエリと共にプロパティ シートを使用するのショートカット表 デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートと共に [フィールド リスト] ウィンドウを使用する ショートカットキー 説明 Tab 次のフィールドを選択します。 F2 データシートで、編集モード カーソルが表示されるモード とナビゲーション モードを切り替えます。 フォームまたはレポートを使用している場合、Esc キーを押すとナビゲーション モードを終了します。 データシート ビューで列を選択し、移動するのショートカット表 テキストやデータを編集する カーソルが表示されていない場合は、F2 キーを押します。 End 単一行フィールドではカーソルをフィールドの末尾に移動します。 複数行フィールドでは行の末尾に移動します。 Home 単一行フィールドではカーソルをフィールドの先頭に移動します。 複数行フィールドでは行の先頭に移動します。 BackSpace 選択したテキスト、またはカーソルの左側の 1 文字を削除します。 Del 選択したテキスト、またはカーソルの右側の 1 文字を削除します。 Space チェック ボックスまたはオプション ボタンの値を切り替えます。 データシート ビューまたはフォーム ビューでデータを入力するのショートカット表 カレント データによりフィールドを再表示する ショートカットキー 説明 F2 編集モードとナビゲーション モードを切り替えます。 F5 フォームのデザイン ビューからフォーム ビューに切り替えます。 Tab キーを押しても画面上の目的のセクションに移動しない場合にF6 キーを使用します。 F6 デザイン ウィンドウ、プロパティ、ナビゲーション ウィンドウ、アクセス キー、ズームコントロールを先に進む方向で切り替えます。 テーブル、フォーム、レポートのデザイン ビューの場合。 F7 フォームまたはレポートのプロパティ シートで選択したプロパティからVisual Basic Editor を開きます。 既に [フィールド リスト] ウィンドウが表示されている場合は、フォーカスが[フィールド リスト] ウィンドウに移動します。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番上になければ、そのコントロールの位置がすぐ上のコントロールの位置と入れ替わります。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番下になければ、そのコントロールの位置がすぐ下のコントロールの位置と入れ替わります。 ページのグリッドは無視されます。 ページのグリッドは無視されます。 ページのグリッドは無視されます。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番上になければ、そのコントロールの位置がすぐ上のコントロールの位置と入れ替わります。 ページのグリッドは無視されます。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番下になければ、そのコントロールの位置がすぐ下のコントロールの位置と入れ替わります。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合は、レイアウト全体の幅が広くなります。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合は、レイアウト全体の幅が狭くなります。 デザイン ビュー内を移動するのショートカット表 データシート ビュー内を移動する 特定のレコードに移動する ショートカットキー 説明 F5 レコード番号ボックスに移動します。 次に、レコード番号を入力して、Enter キーを押します。 End ナビゲーション モードで、カレント レコードの最終フィールドに移動します。 Home ナビゲーション モードで、カレント レコードの先頭フィールドに移動します。 フィールド間およびレコード間を移動するのショートカット表 データの表示画面を移動する ショートカットキー 説明 Tab データシート内の前のレコードの最終フィールドから、サブデータシートに入ります。 Tab サブデータシートの最後のフィールドから、データシートの次のフィールドに移動します。 データシートとサブデータシートの間を移動するのショートカット表 フォーム ビュー内を移動する 特定のレコードに移動する ショートカットキー 説明 Tab 次のフィールドに移動します。 End ナビゲーション モードで、フォーム上の最後のコントロールに移動し、カレント レコードにとどまります。 Home ナビゲーション モードで、フォーム上の最初のコントロールに移動し、カレント レコードにとどまります。 フィールド間およびレコード間を移動するのショートカット表 複数ページのフォームのページ間を移動する メイン フォームとサブフォームの間を移動する ショートカットキー 説明 Tab メイン フォームの先行フィールドからサブフォームに移動します。 PageDown 1 画面分下にスクロールします。 PageUp 1 画面分上にスクロールします。 End ページの右端に移動します。 Home ページの左端に移動します。 印刷プレビューおよびレイアウト ビュー内を移動するのショートカット表 リボンのコマンド リボンのキーボード ショートカット 1. Alt キーを押します。 現在のビューで使用可能な各機能の上に、キー ヒントが表示されます。 実行している操作を取り消してキー ヒントを非表示にするには、Alt キーを押します。 使用する機能の上に表示されるキー ヒントに示されている文字のキーを押します。 押した文字キーによっては、追加のキー ヒントが表示される場合があります。 たとえば、[外部データ] タブがアクティブな状態で C キーを押すと、[作成] タブと、そのタブのグループに関するキー ヒントが表示されます。 使用するコマンドまたはコントロール用の文字キーになるまで文字キーを押し続けます。 場合によっては、コマンドが入ったグループの文字を最初に押す必要があります。 ヘルプ ウィンドウを使用する ヘルプ ウィンドウからは、Office ヘルプのすべてのコンテンツを参照できます。 [ヘルプ] ウィンドウには、トピックとその他のヘルプ コンテンツが表示されます。 ヘルプ ウィンドウ ショートカットキー 説明 F1 ヘルプ ウィンドウを開きます。 Tab ヘルプ ウィンドウ内の次のアイテムを選択します。 Enter 選択されている項目のアクションを実行します。 Enter ヘルプ ウィンドウの [ ヘルプの参照] セクションで、選択された項目をそれぞれ展開するか折りたたみます。 Tab トピックの先頭にある [すべて表示する] または [すべて表示しない] を含め、次の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。 Enter 選択した [すべて表示する]、[すべて表示しない]、隠し文字、またはハイパーリンクに対応するアクションを実行します。 PageUp、PageDown 現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に大きくスクロールします。 Esc 直前の操作を停止します [停止] ボタン。 F5 ウィンドウを更新します [更新] ボタン。 カーソルが現在のヘルプ トピックにない場合は、F6 キーを押してから Ctrl キーと P キーを同時に押します。 F6 ヘルプ ウィンドウ内の領域 ツール バーと [検索] ボックス等 を切り替えます。 ヘルプ ウィンドウのショートカット表.

次の