東急 バス 目黒 営業 所。 東急バス下馬営業所

東急バス

東急 バス 目黒 営業 所

沿革 [編集 ] 目黒通りのバスの始まり [編集 ] の公共交通の歴史は古く、初年に碑衾村(ひぶすまむら)の人々によって始められた、と玉川野毛の渡し場を結ぶに始まる。 その後、下目黒の人々が乗合自動車の運行を開始するにあたり、この馬車路線の権利を譲り受けることとなった。 これが(8年)のことであり、バスとしての歴史も大変古いものになる。 この路線は 目黒乗合自動車によって運行され、目黒駅前 - 玉川等々力間を結ぶものであったが、(大正12年)4月に 目黒自動車運輸に買収された。 この目黒自動車運輸は、(大正9年)に設立され、当初は主に貨物や貸切自動車の営業を営んでいた会社である。 目黒乗合路線を買収した直後の1923年9月にが発生し、郊外への転居者が激増したため、図らずも沿線人口が増加し、同社の業績もそれに応じて向上していった。 その後、目黒自動車運輸はの傍系会社となった後、同系の 芝浦乗合自動車とともに(昭和12年)にに合併している。 「」および「」も参照 結果、所管路線は下表の通りとなった(五十年史より抜粋、加筆)。 管轄営業区間 キロ程 旧所属事業者 備考 目黒駅前 - 自由ヶ丘 5. 33km 目黒自動車運輸 自由ヶ丘=三丁目 目黒営業所前 - 小山 2. 04km 目黒自動車運輸 現在の平和通り経由 元競馬場前 - 前 1. 64km 目黒自動車運輸 清水 - 五本木宮前 0. 81km 目黒自動車運輸 五本木宮前=守屋図書館の西 祐天寺駅前 - 1. 40km 旧・東横 碑文谷= 田切 - 獣医学校裏 1. 35km 旧・東横 獣医学校は現在の。 前 - 宮前町 3. 76km 目蒲 洗足通 - 前 0. 61km 目蒲 洗足通=原町交番 - 駒沢ゴルフコース 2. 12km 目蒲 駒沢ゴルフコースは現在の駒沢公園。 戦後の目黒営業所 [編集 ] は、休止線の復旧を行うとともに、新規区間の開通が徐々に進められた。 ちなみに昭和20年代には、東急バスの内の営業所が1カ所しかなく、目黒営業所は東京都内の広い範囲にわたって路線を担当した。 目黒通りを走る自由ヶ丘線は、よりとの相互乗り入れを開始し、都心への直通運転を行うようになった。 (昭和25年)にはから・・を経由してに向かう等々力線も開通する。 また、祐天寺方面の路線は目黒駅 - 間を結ぶ三軒茶屋線に、自由ヶ丘駅 - 駒沢ゴルフコース間の路線は直通のグランド線へと発展した。 「」および「」も参照 現行路線 [編集 ] 碑文谷線 [編集 ]• 黒01:目黒駅 - 大鳥神社前 - 清水• このため、清水線とともに新交通システム対応「109車」への一斉リニューアルや、同車を置きかえるべく実施された都内民営事業者としては初となるノンステップバスの大量投入など、数多くの先進的な試みが行われてきた。 碑文谷線が開通したのは(昭和31年)5月16日のことで、当初は恵比寿駅を起点とし、目黒駅 - 田向 - サレジオ教会 - 区立七中 - 目黒駅というルートで循環運行していた。 1957年2月11日に目黒駅発着に短縮され、大岡山小学校前を廻るようになったのは、同年12月6日のことである。 また、かつては大岡山小学校 - 碑文谷八幡間に「宮ヶ丘」という停留所が設けられるなど、付近の停留所の位置関係も若干違っていた。 沿線には(旧・日出女子学園)、(旧・目黒学園女子高校)、、といった私立学校が多く、それらへの通学輸送の役割が非常に大きい。 この線のサレジオ教会より西側は反時計回り・一方通行の循環区間であり、方向幕上の終点・大岡山小学校前は環七通り上ということもあって中間停留所のような扱いとなっている(方向幕はサレジオ教会 - 碑文谷三丁目までの間に「目黒駅」ゆきになっている)。 実質的に終点の役割を担っているのは、その次の碑文谷八幡前であり、ここに時間調整のための待避スペースがある(循環区間から乗車した場合でサレジオ教会以東より目黒駅方面へ向かう場合、碑文谷八幡前で先行のバスが停車している場合は乗換可能(運転手からの乗換可能の案内もある)で、運賃の徴収は先行バスの運転手に告げれば行われない(運転手もミラーで後方確認している)。 1987年11月2日から深夜バスも運行している。 目黒駅 - 清水の出入庫便も何本か運転される(清水止まりは系統番号なしの場合もある)。 現在は全便ノンステップ車で運行。 清水線 [編集 ]• 黒02:目黒駅 - 大鳥神社前 - 清水 - - 等々力七丁目 - -• 黒02:目黒駅 - 大鳥神社前 - 清水 - 都立大学駅北口 - 等々力七丁目• 沿線には碑文谷線も並行する日出学園、トキワ松学園の他、本部・自由が丘キャンパス、本部・上野毛キャンパス、(旧・)、、(旧・東横学園)など教育機関が多く、それらへの通学輸送の役割が極めて大きい。 また、駅から離れているイオンスタイル(旧・ダイエー)碑文谷店や沿線から二子玉川ライズなどレジャーの足にも欠かせず、比較的使いやすい路線である。 碑文谷線とともに、にバス新交通システムが開始され、にはノンステップバスが大量導入された路線である現在は全便ノンステップ車で運行される。 終戦直後は、目黒駅 - 清水として運行していた。 この区間には、現在も出入庫便が少数営業運行しているが、この頃は一般路線として非常に多くの便数があった。 その後、に入り今のように二子玉川園前(現・二子玉川駅)まで延長された。 (昭和39年)から1969年までは、に一時移管されていた。 この時の絡みで不動前が大橋に移転した時も、に引き継がれた。 大橋営業所は、東急玉川線廃止後の代替バスを主に受け持つべく開設された営業所であるが、これが縁となり玉電廃止の翌日、1969年5月11日より二子玉川園前を越えて砧本村に至る便が運行されるようになった。 後の黒03系統の誕生である。 詳細は「」および「」を参照 品川線 [編集 ]• 渋41: - 大橋 - - 大鳥神社前 - -• 渋41:渋谷駅 - 大橋 - 中目黒駅 - 大鳥神社前 - 大崎駅西口• 渋41:渋谷駅 - 大橋 - 中目黒駅 - 大鳥神社前 - 清水• 渋41:渋谷駅 - 大橋 - 中目黒駅 - 大鳥神社前• 渋41:清水 - 大鳥神社前 - 大崎駅 - 大井町駅• 渋41:清水 - 大鳥神社前 - 大崎駅西口 品川線は、渋谷駅から大橋を経てを南下し、第一京浜()を経て大井町駅に至る路線である。 大井町発のバスは大井町駅東口を出るとすぐに左折してゼームス坂を通行するため、南馬場までは別ルートとなっている。 路線全般にわたって幹線道路である山手通りを通行しており、接続する鉄道駅 も多いため、かなりの利用者がある。 しかし、山手通りは渋滞も激しくしばしば遅延が発生しており、定時運行の難しい路線でもある。 基本的に大型車での運行であるが、最近では品川線でも大型車に混じって中型車が運行されることがある。 この路線は、(昭和4年)11月21日に東横乗合が運行を開始した大橋 - 大鳥神社前の路線がベースとなっている。 東横乗合の東横電鉄本体への吸収により東横乗合中目黒営業所の流れを汲むが担当となった。 詳細は「」を参照 運行途中での乗務員(サービスクルー)の交代は大鳥神社前で行われる。 乗務員は、目黒営業所がある清水から大鳥神社前までを、目黒通りを経由して徒歩または目黒通りを走行するバスに乗車して移動する。 洗足線 [編集 ]• 渋71:渋谷駅東口 - 入口 - 祐天寺 - 中央町 - 清水庚申 -• 渋71:渋谷駅東口 - 代官山駅入口 - 祐天寺 - 中央町 - 清水(出入庫)• なお円融寺前 - 洗足駅間は、戦前にが運行した路線と重複する。 「」および「」も参照 祐天寺二丁目交差点以降の目黒中央中学校 - 洗足駅は、清水(清水庚申)付近でを横断する以外は専ら住宅街を通行する。 沿線には実相山・明顕山・経王山といった著名な寺院・仏閣があり、目黒区役所(総合庁舎)への足としての重要な役割を担う路線でもある。 水道局目黒営業所前 - 清水庚申は交通規制(一方通行)により、洗足方面と渋谷方面で通行経路が異なる。 そのため中央町二丁目は洗足方面のみ、清水は渋谷方面のみ停車となり、中央町はそれぞれの停留所が約200m離れている。 この区間は狭隘路のため当路線は中型車限定運用となっている。 開通当初、この付近では五本木から目黒通りへと直進するルートで往復とも運行されていた。 出入庫時には両方向から清水発着(洗足駅行き出庫便のみルートの都合上、清水庚申発)が運転される。 のホームは地下にあり、ホーム直上に駅舎とが建てられている。 バスのりばは駅舎と東急ストアの間にあり、駅改札の裏側にあたる。 (平成19年)、東急トランセ管理委託の上へ移管されるが、(平成28年)付で管理委託を解除の上全便再移管。 9年ぶりに元の目黒営業所に復帰し現在に至る。 不動線 [編集 ] 縁日開催時の不動線 M352 渋谷駅からのバスはここ「林試の森入口」で折り返す• 渋72:渋谷駅東口 - - 茶屋坂 - 大鳥神社前 - 入口 - 目黒不動尊 - 桐が谷 -• 渋72:渋谷駅東口 - 恵比寿駅 - 茶屋坂 - 大鳥神社前 - 清水• 渋72:清水 - 目黒不動尊 - 桐が谷 - 五反田駅• 渋72:渋谷駅東口 - 恵比寿駅 - 茶屋坂 - 大鳥神社前 - 林試の森入口(縁日)• 渋72:不動尊門前 - 桐が谷 - 五反田駅(縁日) (昭和34年)12月18日に開通した。 中型車両で運行される路線であり、多くの区間で狭隘な道路を走行し、下目黒五丁目 - 不動尊門前間では、反対方向のバスとは決まった場所ですれ違いを行っている。 不動尊の入口付近は特に狭いため、誘導員が配置されており、境内にはバスのみ乗り入れが認められている。 また、2007年3月16日のの移管により、不動線は全車ノンステップバスでの運行となった。 本路線はの境内を通行しているが、毎月28日は縁日が開催されるため境内の通行ができなくなる。 そのため毎月28日は「渋谷駅東口 - 林試の森入口」「不動尊門前 - 五反田駅」の分離運転となり、林試の森入口 - 不動尊門前の間は徒歩連絡となる。 この間を徒歩連絡で利用する乗客には、林試の森入口または不動尊門前にて降車する際にが配布される。 また、曜日にかかわらず特別ダイヤで運行される。 なお、折り返し地点となる「林試の森入り口」・「不動尊門前」で折返す際は、T字路でバックする形で折返す。 そのため、縁日ダイヤの際は両停留所の周辺に誘導員が配置される。 東京都市大学キャンパス間シャトルバス(特定輸送) [編集 ]• 直行 : 世田谷キャンパス - 等々力キャンパス 東京都市大学のキャンパス間を結ぶ路線。 運賃は無料だが、乗車時に学内で配布されているシャトルバス利用券または学生証の提示が必要。 2014年度まではと共管しており、世田谷キャンパス出発時に後退が必要となるため、バックアイを搭載している大型車(M8702・8704・8705・8708・8796号車)が運行していた。 2015年度からは新たに特定登録された中型車 M519、M541 が充当する。 先述の二車両廃車に伴い、2018年度からは、新たに特定登録されたM873、M874が充当する。 なお検査時はバックアイ付き中型車が代走し、学位授与式などの催事日は前述の大型車が運行したり、東山田営業所の車両が担当する。 なお、特定登録車両は、運賃箱と車内電光掲示板が取り外されている。 目黒通りを中根町まで進み、中根町交番前交差点を右折、自由通りを「真中」交差点まで進み左折、駒沢交差点で左折、駒沢通りを左折し駒沢公園に至り、駒沢公園の先で自由通りに入り目黒駅に向かう、終点部分で循環する路線であった。 駒沢営業所を通過するが、行き先は「駒沢公園」となっていた。 詳細は「」および「」を参照 野沢線(学芸大学駅経由) [編集 ]• 目黒駅 - - 野沢龍雲寺 松濤線 [編集 ]• 宿50:目黒区役所(現・水道局目黒営業所) - 祐天寺 - 中目黒駅 - 大橋 - 東大前 - 代々木八幡(現・入口)- 初台坂上 - 西参道 - (=現・と共同運行) 洗足線と中目黒駅で分かれて山手通りを北上し、初台を経由して新宿駅西口まで行く路線。 東大前と初台の間は淡島営業所の初台線(現・の渋谷初台線)と同じ、新宿車庫前(初台交差点)と新宿駅西口の間は当時存在した都営バスの橋78系統(現・宿75出入系統)と同一だった。 1965年(昭和40年)にそれまで京王帝都電鉄単独だった駒場線のルートを付け替え、駒場駅(現・)と中目黒駅の間を延長し、洗足線につなげる形で東急が新規参入。 新宿駅から目黒区東山にあった東急修学旅行会館へのアクセスを確保すると共に、本部・代々木キャンパス、への通学輸送を担っていたが、(昭和46年)に京王が撤退して東急単独となり、それも(昭和49年)1月15日限りで廃止。 京王帝都電鉄は目黒区から撤退した。 「」および「」も参照 その後東急ターンパイクは国直轄事業に取り上げられ、(昭和40年)として開通。 江ノ島線は瀬田から保土ヶ谷まで第三京浜、保土ヶ谷から戸塚まで経由の途中ノンストップに変更された。 しかし渋滞の悪化と、東急ターンパイク構想の頓挫による事業環境の変化を受け、1974年(昭和49年)6月30日限りで廃止された。 、も参照。 長野線 [編集 ]• 渋谷駅 - - - 長野駅 東急における都市間長距離バスのはしりとして、 (昭和36年)に運行開始。 五島慶太の故郷・長野県と東京を直結する路線だった。 (昭和46年)限りで廃止。 なお、午前出発便には「信濃路号」として、午後出発便には「善光寺号」として、それぞれ運行されていた。 現在は、・を経由する高速バスとして発着でと(旧・)、発着でとが運行している。 詳細は「」を参照 荏原町線 [編集 ]• 森02:大森操車所 - - 大田文化の森 - 万福寺前 - 馬込橋 - 三本松 - 入口• 蒲15: - - 矢口東小学校 - - - 大田文化の森 - 万福寺前 - 馬込橋 - 三本松 - 荏原町駅入口(平日日中のみ)• 森02:大森操車所 - 大森駅 - 大田文化の森 - 万福寺前 - 馬込橋 - (出入庫運用)• 森02:荏原営業所 - 馬込橋 - 荏原町駅入口(出入庫運用) 荏原営業所が建て替えにより手狭になるとの理由で、(平成22年)4月1日付で移管。 その後、工事終了後の2012年(平成24年)10月1日付で荏原へ復帰した。 荏原への再移管前日の2012年9月30日には、森02系統の全便をで運行され話題となった。 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年8月) 2013年4月現在は全4メーカーの車両が在籍しており、大型短尺車と中型車・ナロー車(別名:中型ロング車)、ワンロマ車が所属。 所属台数は81台。 このうち、UDの大型車は1986年度に先代109車に置き換えられて一旦消滅し、配属のない時代が長らく続いたが、2000年度に深沢線黒07系統を受け入れた際に弦巻からU-UA440HSNの1991年度車5台が転入していたが、のちに深沢線とともに弦巻へ復帰となった。 さらに2007年からUD・スペースランナーRAが配属され、再三にわたり配置されることになった。 それに加えて()新7EボディをもつUA452が弦巻、下馬や池上、新羽などから転属し、三菱ふそう・エアロスターノンステップに代わって同営業所の一大勢力となっていた。 また、からの路線移管もありいすゞ車も旧M581以来14年ぶりに当営業所に配属されるようになった。 荏原営業所からはこのほかやしながわ水族館・TOCシャトルバス専用の、シャトルバス専用のも転入していたが、2012年10月1日の再移管で荏原営業所に出戻っており、貸切登録されたUA452(から転属)の2台も荏原営業所に転属している。 「」も参照 この他、ワンロマ車が都内の営業所で唯一配置されていたが、2018年に新羽営業所に転属したため現在は配置はなくなっている また、初期三菱ふそうノンステップ車は109車の塗装を受け継ぎ上中下のライン共に赤であり、他の営業所のような青いラインが入っていない(2012年9月に2001年度導入の2台が廃車されたことで消滅)。 2004年度の三菱ふそう車からは、他営業所と同じく青いラインが入るようになった。 M1175は東急バス創立20周年を記念し、のSI1126と同様の観光バス初代塗装となっている。 車内のLED表示器は2009年ごろまでは他の営業所と同じ1段式の物を使用していたが、2010年ごろから2段式への交換が行われた。 2段目は広告の表示にのみ使用される。 停車中はその停留所の日本語表示が固定表示される(こちらも文字数制限で8文字以上の物はスクロールされる)。 発車時、1段式や他営業所の2段式は放送装置のスイッチを押さないと次の停留所が表示されないが、目黒所属の2段式は扉が閉まると勝手に次の停留所名の表示が始まる仕組みになっている(放送装置のボタンを押すと放送が流れるのみ)。 この動作は目黒所属の車両のみで見られる。 2016年に配属されたM1662号車()は、車内の停留所名表示器がLEDではなく製の液晶表示器となっている(その後目黒営業所に在籍している在来車にも設置が進んでおり、2018年から他の営業所の車両にも液晶表示器の設置が進められている)。 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ].

次の

東急バス下馬営業所

東急 バス 目黒 営業 所

06 【東急バスHP】 5月1日 多摩01 自01. 14 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像9枚を加しました。 07 東急バスデータ「営業所データ」を更新しました。 31 東急バスデータ「営業所データ」を更新しました。 24 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 06 東急バスデータ「営業所データ」を更新しました。 06 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 04 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 04 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像3枚を加しました。 08 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像3枚を加しました。 07 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像1枚を加しました。 07 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 29 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 16 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 15 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 09 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 26 東急バスデータ「営業所データ」「目黒営業所」を更新しました。 24 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 24 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像1枚を加しました。 01 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像2枚を加しました。 23 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像4枚を加しました。 29 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 29 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像1枚を加しました。 13 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 13 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像2枚を加しました。 08 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 01 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像17枚を加しました。 01 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 20 東急バスギャラリー「東急バスギャラリー別館」に画像6枚を加しました。 20 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 17 東急バスデータ「社番データ」を更新しました。 平成28年10月8日 廃線アーカイヴは、東急バス研究室に移転しました。

次の

弦巻営業所から目黒駅前 バス時刻表(黒07[東急バス]/都立01[東急バス])

東急 バス 目黒 営業 所

渋谷駅西口の駅前ロータリーが再開発され、バス乗り場は 4 階建てのターミナルビルに新装される事になり、 長年に渡って見られた渋谷駅西口に東急バスが並ぶ光景は、もう見られなくなってしまった。 渋谷駅西口にて 2010年5月26日 渋谷駅西口の再開発に伴い、バス乗り場はターミナルビルになる予定。 工事の進捗に伴い、渋谷駅西口にバスがずらーっと並ぶ光景は見られなくなった。 品川 200 あ ・394 A6727 2007年度導入車 渋谷駅ハチ公口にて 2016年2月5日 品川 200 あ ・396 A6729 2007年度導入車 渋谷駅ハチ公口にて 2019年1月6日 品川 200 か 17-21 M8708 2007年度導入車 [渋41] 大崎駅・中目黒駅経由 渋谷駅行 渋谷駅西口にて 2010年5月26日 品川 200 か 17-25 A8732 2007年度導入車 [渋51] 淡島経由 若林折返所行 渋谷駅西口にて 2016年3月5日 品川 200 か 18-08 S 8770 2007年度導入車 [渋82] 三軒茶屋・駒沢経由 等々力行 渋谷駅西口にて 2014年1月31日 品川 200 か 18-09 M8781 2007年度導入車 [東98] 東京タワー・目黒駅経由 等々力操車所行 東京駅丸の内南口にて 2015年12月30日 品川 200 か 18-09 M8781 2007年度導入車 [東98] 東京タワー・目黒駅経由 等々力操車所行 東京駅丸の内南口にて 2015年12月30日 品川 200 か ・718 T367 2002年度導入車 [反11] 学芸大学駅・武蔵小山駅経由 五反田駅行 品川 200 か 18-93 T801 2008年度導入車 [園02] 農大前・用賀駅経由 田園調布駅行 世田谷区民会館にて 2014年10月18日 品川 200 か 19-06 T869 2008年度導入車 [渋21] 渋谷駅行 渋谷駅西口にて 2019年1月5日 品川 200 か 19-08 S871 2008年度導入車 [玉07] 成城学園前駅西口行。 品川 200 か 22-54 S1078 2010年度導入車 用賀駅にて 2015年12月30日 品川 200 か 23-30 S6026 [玉05] 二子玉川駅行。 二子玉川駅にて 2019年2月3日 品川 200 か 23-48 S6127 二子玉川駅にて 2019年2月3日 東急バス創立 20周年を記念して誕生した、先々代の東急観光バス復刻カラー。 品川 200 か 23-58 SI 1126 2011年度導入車 [渋34] 都立大学駅・三宿経由 渋谷駅行 東京医療センターにて 2011年9月9日 品川 200 か 23-58 SI 1126 2011年度導入車 [渋34] 都立大学駅・三宿経由 渋谷駅行 東京医療センターにて 2011年9月9日 品川 200 か 16-92 A739 2006年度導入車 [渋32] 野沢龍雲寺 循環 品川 200 か 23-58 SI 1126 2011年度導入車 [渋34] 三宿・都立大学駅経由 東京医療センター行 渋谷駅西口にて 2011年9月9日 東急バス創立 20周年を記念して誕生した、先々代の東急観光バス復刻カラーの2台目。 東京駅南口にて 2016年3月26日 品川 200 か 27-89 S6401 [玉05] 二子玉川駅行。 二子玉川駅にて 2019年2月3日 品川 200 か 32-28 M1808 2018年度導入車 [東98]東京駅南口行。 東京駅南口にて 2019年4月14日.

次の