キンドリング クラッカー。 キンドリングクラッカーを作る

キンドリングクラッカーキング|斧|薪づくり全商品|薪ストーブ暖炉のメンテナンス用品とアクセサリー販売|ありがた屋

キンドリング クラッカー

双極性障害の人が何年も治療を受けない場合、急速な双極性障害を経験し始めるか、その状態の治療に抵抗するようになる可能性があります。 通常の生活ストレッサーが最初に誰かの双極性エピソードを開始した場合、そのようなトリガーなしでその人に病気のエピソードが時間内に現れる可能性がありますか? これらの質問に対する答えはイエスであると言う研究もあり、一部の臨床医はその理由が「キンドリング」と呼ばれるプロセスであると推測している。 しかし、キンドリングと双極性障害の理論に関する最新の研究は、この理論の証拠が当初考えられていたよりも弱いことを示しています。 それでも、精神疾患の「キンドリング」の概念は、双極性障害の根底にあるメカニズムに関する他の考えに適合する可能性があります。 キンドリングとは ほとんどの人は、火をつくるときに燃え上がることを考えます。 小さな、より燃えやすい木片を使用して、大きな破片を燃やすのを助けます。 しかし、キンドリングは医学、特にてんかんおよび双極性障害の用語としても使用されます。 てんかんのキンドリング現象は、1967年に研究者グラハムゴダードによって偶然に最初に発見されました。 ゴダードはラットの学習プロセスを研究していました。 あらゆるタイプの痙攣。 しかし、この治療の数週間後、電気刺激が加えられたときにラットは痙攣を経験しました。 彼らの脳は電気に敏感になり、さらに数ヶ月後、これらのラットの1匹が刺激されると痙攣します。 ゴダードと他の人々は後に、化学的にもキンドリングを誘発することが可能であることを実証しました。 プロセスがlogき火にたとえられたため、「キンドリング」という名前が選ばれました。 ログ自体は、火災に適した燃料かもしれませんが、そもそも燃えるのは非常に困難です。 しかし、それを小さくて軽い木片で包んでください-キンドリング-最初にそれらを燃やすと、すぐにログ自体が発火します。 双極性障害のキンドリング 米国国立精神衛生研究所(NIMH)のロバートM. ポスト博士は、最初にキンドリングモデルを双極性障害に適用したとされています。 DemitriとJanice Papolosは、彼らの本 The Bipolar Childで、このモデルを次のように説明しています: 「... サイクリングの初期期間は環境ストレッサーで始まるかもしれませんが、サイクルが続くかチェックされずに発生すると、脳は燃え上がるか、感作されます-中枢神経系内の経路はいわば強化されます、または病は(外部刺激とは無関係に)それ自体で、ますます頻繁に発生します。 」 したがって、簡単に言えば、エピソードに関与していた脳細胞は再びそうなる可能性が高いと考えられており、時間とともにより多くの細胞が感作される可能性があります。 理論はまた、積極的な治療によってプロセスを停止することが可能であると考えています。 キンドリングはより深刻な病気で役割を果たすことができますか? 一部の研究者は、キンドリングが急速なサイクリングと治療抵抗性双極性障害の両方に寄与すると推測しており、この理論は、サイクリングが明確な気分トリガー、ストレスの多いまたは刺激的なイベントで始まり、後に自発的になった場合とも一致する可能性があります。 さらに、コカインやアルコールなどの物質には独自のキンドリング効果があることが示されており、その結果、双極性キンドリングに寄与する可能性があります。 実際、重度のうつ病患者に対するコカインの予期しない効果を研究した後、コカインが発作を引き起こすという知識がポスト博士がてんかんのキンドリングと気分障害を結び付けた原因でした。

次の

簡単!安心!楽しい!薪割りアイテム【キンドリングクラッカー】

キンドリング クラッカー

双極性障害の人が何年も治療を受けない場合、急速な双極性障害を経験し始めるか、その状態の治療に抵抗するようになる可能性があります。 通常の生活ストレッサーが最初に誰かの双極性エピソードを開始した場合、そのようなトリガーなしでその人に病気のエピソードが時間内に現れる可能性がありますか? これらの質問に対する答えはイエスであると言う研究もあり、一部の臨床医はその理由が「キンドリング」と呼ばれるプロセスであると推測している。 しかし、キンドリングと双極性障害の理論に関する最新の研究は、この理論の証拠が当初考えられていたよりも弱いことを示しています。 それでも、精神疾患の「キンドリング」の概念は、双極性障害の根底にあるメカニズムに関する他の考えに適合する可能性があります。 キンドリングとは ほとんどの人は、火をつくるときに燃え上がることを考えます。 小さな、より燃えやすい木片を使用して、大きな破片を燃やすのを助けます。 しかし、キンドリングは医学、特にてんかんおよび双極性障害の用語としても使用されます。 てんかんのキンドリング現象は、1967年に研究者グラハムゴダードによって偶然に最初に発見されました。 ゴダードはラットの学習プロセスを研究していました。 あらゆるタイプの痙攣。 しかし、この治療の数週間後、電気刺激が加えられたときにラットは痙攣を経験しました。 彼らの脳は電気に敏感になり、さらに数ヶ月後、これらのラットの1匹が刺激されると痙攣します。 ゴダードと他の人々は後に、化学的にもキンドリングを誘発することが可能であることを実証しました。 プロセスがlogき火にたとえられたため、「キンドリング」という名前が選ばれました。 ログ自体は、火災に適した燃料かもしれませんが、そもそも燃えるのは非常に困難です。 しかし、それを小さくて軽い木片で包んでください-キンドリング-最初にそれらを燃やすと、すぐにログ自体が発火します。 双極性障害のキンドリング 米国国立精神衛生研究所(NIMH)のロバートM. ポスト博士は、最初にキンドリングモデルを双極性障害に適用したとされています。 DemitriとJanice Papolosは、彼らの本 The Bipolar Childで、このモデルを次のように説明しています: 「... サイクリングの初期期間は環境ストレッサーで始まるかもしれませんが、サイクルが続くかチェックされずに発生すると、脳は燃え上がるか、感作されます-中枢神経系内の経路はいわば強化されます、または病は(外部刺激とは無関係に)それ自体で、ますます頻繁に発生します。 」 したがって、簡単に言えば、エピソードに関与していた脳細胞は再びそうなる可能性が高いと考えられており、時間とともにより多くの細胞が感作される可能性があります。 理論はまた、積極的な治療によってプロセスを停止することが可能であると考えています。 キンドリングはより深刻な病気で役割を果たすことができますか? 一部の研究者は、キンドリングが急速なサイクリングと治療抵抗性双極性障害の両方に寄与すると推測しており、この理論は、サイクリングが明確な気分トリガー、ストレスの多いまたは刺激的なイベントで始まり、後に自発的になった場合とも一致する可能性があります。 さらに、コカインやアルコールなどの物質には独自のキンドリング効果があることが示されており、その結果、双極性キンドリングに寄与する可能性があります。 実際、重度のうつ病患者に対するコカインの予期しない効果を研究した後、コカインが発作を引き起こすという知識がポスト博士がてんかんのキンドリングと気分障害を結び付けた原因でした。

次の

キンドリングクラッカーで楽しい薪割りライフ

キンドリング クラッカー

なんて書くともしかしたら怒られるのかもしれないですけど…。 キンクラいいですよね。 (配慮) なにが良いって、パッと見た感じ ・刃が下にあることでナタを振り下ろすよりも軽い力でいけそう。 合理的な感じがする ・鉄のガードがあって作業中のケガが少なそう ・なんかカッコいい …ですよね。 使ったことありませんが。 素材感も良さそうでおしゃれ。 豪快なイメージのある薪割りに対して、 いかにも地味な作業である焚き付け作りのイメージを一段おしゃれに昇華させてくれそうな、所有感のあるアイテムに仕上がっています。 かつ実用的とくれば、商品企画としてはハナマルですね。 ただ、ちょっと高いよね。 苦笑 ということで今回は某キンクラさんの良さそうなポイントを踏まえて、(ネットの自作情報も参考にしつつ) 自作焚き付けマシーンを作りたいと思います。 …すごいシンプル。 すごい簡単にできた…。 笑 だが、これで「刃が下に固定されてて、上からハンマーで打ち付ける」という形になりました。 あと、このままだと作業中に誤って手が刃にあたる可能性があったため、ガードするための木材を急遽追加。 【動画】 使ってみる。 movie by いや、これは、想像以上に良いです。 (ショボいけど) 何が良いって、明らかにナタで普通に割るより速いし、安全。 パカパカ割れて、数分で一山できました。 本物のキンクラさんの良いところ「女子供でも安全な形」「所有感」みたいなのは自分にはとりあえず必要なかったので、とりあえずキンクラさんの持つ合理性の「欲しいところ」だけ採用させてもらいました。 その結果、作業性としては非常に向上をみたので自分としては大成功です。 自分のように「作業性」と「コスト」重視であれば上記のような形で自作するもよし、「作業性と安全性の両立」「おしゃれなツールの所有感」を得るのであれば本物をお買い上げに頂くとして、とにかく良い商品と思いますので こちらのリンクからお買い上げ頂ければ幸いでございます。 おすすめいたします。 笑 いうことで今回のオチも済んだところで以下、だらだらと書きます。 ・焚き付けについて 焚き付けは冬になってから使うだけ割ればいいや、という考え方もあるでしょうが、自分としては 「焚き付けであろうがしっかり割って乾かしたい」という思いです。 いろいろな方の話を伺うと、焚き付け材は小割の薪を小さく割ったり、もしくは廃材などの利用が多いようです。 (なかには飲食店の使用済み割り箸や、拾ってきたマツボックリなどの方もいらっしゃいますが) 小割りの薪はその名の通り細く、そもそも乾燥にメリットがある状態で乾された薪。 廃材も建築現場に出される時点である程度の乾燥(自然乾燥か機械による急速乾燥かってところはありますが)が行われているので、どちらにせよ乾燥状態としてはよほど悪い状態ということはないと思います。 しかし、行為としての「焚き付け」は、多少の神経質さをお互いにはらみつつ、いかに許容しあえるかという現代の地域社会の中で、少しでも余計な煙を出さず、気持ちよく薪ストーブを使っていくかということにおいて「薪ストーブライフの生命線」の一つと考えています。 「気持ちよくストーブが巡航温度まで立ちあがる」 そのために恐らく多くユーザーさんが、高い断熱二重煙突使ったり、上から下から焚き付け方法にこだわったり、場合によっては焚き付けのスムーズさやドラフトの具合を考慮して機種選定するわけです。 そこまでするなら 焚き付け材もなるべく乾燥したベストな物を目指したい。 と、そういう気持ちです。 ま、どうせ使う分はいつか割るんだから今か後かって話だけですし。 快適な薪ストーブの季節を迎えるため、今できることをしておく。 なるべく合理的に、簡単に、楽しく。 という感じで。 次回もよろしくお願いします。 mishimasaiko 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるガヤが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の