令 和 2 年 源泉 徴収 税額 表。 令和2年から適用開始の源泉徴収税の改正について

令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分? 令和元年の源泉徴収票は平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料

令 和 2 年 源泉 徴収 税額 表

改正点・・・2年分の様式は、11番「給与所得控除後の給与等の金額 調整控除後)」と19番「基礎控除」の記載欄追加されています。 また以下の改正が行われ、税額表の改正もなされています。 1、給与所得控除の改正 給与所得控除額が一律10万円引き下げられ、給与所得控除額の上限が適用される収入金額が850万円で、その上限額が195万円に引き下げられました。 2、基礎控除の改正 10万円引き上げられました。 ただ合計所得金額が2,400万円を超える場合金額に応じ控除額が逓減し、2,500万円を超える場合、基礎控除の適用はされません。 3、所得金額調整控除の創設 給与の収入金額が850万円を超え、特別障害者に該当するもの又は年齢23歳未満の扶養親族を有するもの若しくは特別障害者である同一生計配偶者若しくは扶養親族を有するものの総所得金額を計算する場合には、収入金額から850万円を控除した金額の10%相当額を給与所得の金額から控除することとされました。 4、各種所得控除等を受ける場合の扶養親族等の合計所得金額要件等の改正 10万円引き上げられました。 ( 顧問先配布用ですので、改変は自由に行って頂けます。 ) 本年分も、 2タイプを作成しております。 令和2年分 所得税源泉徴収簿の裏面 裏面の掲載 省略させて頂きます。 平成30年分以後 (受給者交付用)給与所得の源泉徴収票 の出力例 下記の源泉徴収票を作成しますが参考資料ですので、税務署提出用や本人交付用として作成するものではありません。 源泉徴収票の年分欄は、当事務所にて区分のため便宜的に年分を表示しているものです。 現在、令和2年分は未公開でありますので、現状での作成様式となります。 平成30年分以後様式は一部項目名改訂の様式され、平成28年分以後様式は、マイナンバー制度創設のため、大きく改訂がされています。 ・・・過年分の記載例 平成30年分からの給与所得の源泉徴収票の改正 平成29年度税制改正により、一部項目名の変更がなされています。 1 「控除対象配偶者の有無等」の欄が「(源泉)控除対象配偶者の有無等」に変更 2 「配偶者特別控除の額」の欄が「配偶者(特別)控除の額」に変更 3 「控除対象配偶者」の欄が「(源泉・特別)控除対象配偶者」に変更 平成28年分からの給与所得の源泉徴収票は、社会保障・税番号制度の導入等に伴い、大幅に項目やレイアウト等が改訂されています。 税務署提出用においても16歳未満の扶養親族などは個人番号の記載は要しませんが、市区町村提出の給与支払報告書には記載する必要があるなど、税務署提出用、受給者交付用及び給与支払報告書とでは記載事項が異なります。 エクセル所得税源泉簿では、税務署提出用・受給者交付用ともに作成しますが、下記に受給者交付用の源泉徴収簿出力例を掲載致します。 配偶者(特別)控除の額 「給与所得者の配偶者控除等申告書」に基づいて計算された配偶者控除額又は配偶者特別控除額を記載してください。 (源泉・特別)控除対象配偶者 控除対象配偶者又は配偶者特別控除の対象となる配偶者の氏名及びマイナンバーを記載してください(年末調整の適用を受けていない場合には、源泉控除対象配偶者の氏名及びマイナンバーを記載してください。 注 1 受給者に交付する源泉徴収票には、マイナンバーは記載しません。 2 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」又は「従たる給与についての扶養 控除等(異動)申告書」の記載に応じ、年の中途で退職した受給者に交付する源泉徴収票にも記載する必要がありますので、ご注意ください。 配偶者の合計所得 「給与所得者の配偶者控除等申告書」に基づいて計算された控除対象配偶者又は配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額を記載してください。 なお、年の中途で退職した方で、源泉控除対象配偶者を有している方は、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に記載された、源泉控除対象配偶者の「所得の見積額」を記載してください。 摘要 同一生計配偶者(控除対象配偶者を除く。 )を有する方で、その同一生計配偶者が、障害者、特別障害者又は同居特別障害者に該当する場合には、同一生計配偶者の氏名及び同一生計配偶者である旨を記載してください(例 「氏名(同配)」)。

次の

令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分? 令和元年の源泉徴収票は平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料

令 和 2 年 源泉 徴収 税額 表

給与システムを使用している企業は新しい税額表に対応しているか確認するようにしましょう。 「扶養控除等(異動)申告書」の「住民税に関する事項」の変更 令和2年の最初の給与支給日までに「 扶養控除等(異動)申告書」の提出が必要です。 令和2年分の扶養控除等(異動)申告書の「 住民税に関する事項」に「 単身児童扶養者」欄が追加されました。 こちらの記載は住民税に関連するもので、2019年の税制改正により新しくできた言葉です。 所得税は今までどおりで改正はありません。 簡単に説明すると以下の要件を満たした場合、住民税が非課税になるというものです。 児童扶養手当の支給を受けていること• 前年の合計所得金額が135万円以下であること• 事実婚をしていない この改正は、に基づき改正された事項です。 所得税では「 寡婦(夫)控除」という婚姻関係にある者が死別や離別した場合の控除が設けられています。 しかしながら、現代社会においては 未婚のひとり親が増加してきました。 未婚のひとり親との税制上の格差を解消するために設けられた制度です。 その他 令和2年から所得税について以下の改正もありますので項目だけ紹介します。 1 給与所得控除の改正 2 基礎控除の改正 3 所得金額調整控除の創設 4 各種所得控除等を受けるための扶養親族等の合計所得金額要件等の改正 5 「給与所得者の基礎控除申告書」「所得金額調整控除申告書」の新設 まとめ 令和2年も所得税の改正がたくさんあります。 源泉徴収事務を行う担当者の方は頭の痛いところです。 こうも毎年改正されては堪らないという声が現場でも聞こえてきそうです。 税理士もしっかりと学習してクライアントのお役に立ちたいと思う今日この頃です。

次の

平成31年(2019年)分 源泉徴収税額表|国税庁

令 和 2 年 源泉 徴収 税額 表

令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分? 令和元年の源泉徴収票は平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分? 令和元年の源泉徴収票は平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票はいつからいつまでの収入? 源泉徴収票は1月1日から12月31日までの収入 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票はいつからいつまでの所得? 源泉徴収票は1月1日から12月31日までの所得 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?年末調整とは? 源泉徴収票が発行される年末調整はその年に源泉徴収された所得税の精算 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?年末調整以外でも発行される源泉徴収票? 退職をしたとき 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?そもそも源泉徴収票って? 源泉徴収票とは源泉徴収した内容を記載した書類 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票の利用用途は? 確定申告の時、住宅ローンを組む時など 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票をなくしたら? 発行した会社に再発行を依頼 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分? 令和元年の源泉徴収票は平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?令和元年の源泉徴収票は平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料 サラリーマンなどの給与所得者がの対象となる期間はいつまでかと考えると、 1月から12月までに支払われた給料までとなります。 例えば、毎月10日に給与が支払われる会社だとして、1月10日の給与はの対象になるかというと、対象になりません。 つまり12月分が1月10日に支払われるとしても、12月分は年末調整の対象になりません。 2019年のの場合、そのの対象となる給与は2019年1月から2019年12月の間に実際に支払われた給与ということになります。 は、本年中に支払の確定した給与、すなわち給与の支払を受ける人からみればの確定した給与の総額について行います。 の確定する日とは、契約又は慣習により支給日が定められている給与についてはその支給日、支給日が定められていない給与についてはその支給を受けた日をいいます。 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票はいつからいつまでの収入? 源泉徴収票は1月1日から12月31日までの収入 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票はいつからいつまでの収入?源泉徴収票は1月1日から12月31日までの収入 に記載されているのは基本的に1月1日から12月31日までのなどです。 が発行されるのは基本的にのときです。 だいたい12月か翌年1月には発行されます。 具体的には例えば令和元年12月から令和2年1月ごろにかけてによって発行されたは、令和元年1月から令和元年12月までの分ということになります。 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票はいつからいつまでの所得? 源泉徴収票は1月1日から12月31日までの所得 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票はいつからいつまでの所得?源泉徴収票は1月1日から12月31日までの所得 に記載されているのは基本的に1月1日から12月31日までのなどです。 が発行されるのは基本的にのときです。 だいたい12月か翌年1月には発行されます。 具体的には例えば令和元年12月から令和2年1月ごろにかけてによって発行されたは、令和元年1月から令和元年12月までの分ということになります。 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?年末調整とは? 源泉徴収票が発行される年末調整はその年に源泉徴収された所得税の精算 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?年末調整とは?源泉徴収票が発行される年末調整はその年に源泉徴収された所得税の精算 サラリーマンの場合、はされています。 というのはその年のを見込んで、概算でを会社が徴収して税務署に納めることです。 源泉徴収についてはの記事をご覧ください。 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?年末調整以外でも発行される源泉徴収票? 退職をしたとき 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?年末調整以外でも発行される源泉徴収票?退職をしたとき は以外でも発行されます。 それは退職をしたときです。 まともな会社であれば、退職者に対する業務のルーチンとしてを発行してくれます。 退職後すぐに転職しない場合もありますので、発行するかどうかを聞いてくる場合もあるでしょう。 転職した場合、転職先の会社はその転職者のをする義務があり、その転職者の給与を把握する必要があるので、前職つまり辞めた会社のが必要になるのです。 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?そもそも源泉徴収票って? 源泉徴収票とは源泉徴収した内容を記載した書類 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?そもそも源泉徴収票って?源泉徴収票とは源泉徴収した内容を記載した書類 ついでにについて簡単に触れておきたいと思います。 源泉徴収票とは とはした内容を記載した書類です。 その年の額は前年のによって計算されるので、の結果票とも言えます。 ちなみにとは、会社がを給料から天引き(控除)し国に納める制度です。 源泉徴収票の主な項目 支払金額 給与所得控除後の金額 所得控除の額の合計額 源泉徴収税額 支払金額 といっていいでしょう。 給与、残業代、、各種手当などの額面の給料です。 給与所得控除後の金額 給与所得=収入-給与所得控除 とは、給与を計算するときにから差し引くものです。 くわしくはの記事をご覧ください。 所得控除の額の合計額 課税所得=給与所得-所得控除 は、を計算するときに給与から差し引くものです。 くわしくはの記事をご覧ください。 源泉徴収税額 会社が税として納税した額の合計です。 その他見ておきたい項目 控除対象配偶者の有無等 配偶者特別控除の額 控除対象扶養親族の数 16歳未満扶養親族の数 障害者の数 非居住者である親族の数 社会保険料等の金額 生命保険料の控除額 地震保険料の控除額 住宅借入金等別控除の額 控除についてはの記事をご覧ください。 その他の項目 支払を受ける者 住所又は居所 受給者番号 マイナンバー 役職名 氏名 種別 適用 支払者 住所(居所)又は所在地 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票の利用用途は? 確定申告の時、住宅ローンを組む時など 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票の利用用途は?確定申告の時、住宅ローンを組む時など とはした内容を記載した書類ですが、以下の用途にも使用されます。 確定申告の時 住宅ローンを組む時 扶養親族となる時 年の途中で転職した時 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票をなくしたら? 発行した会社に再発行を依頼 令和元年の源泉徴収票はいつからいつまでの分?源泉徴収票をなくしたら?発行した会社に再発行を依頼 を紛失した場合は、発行した元、つまり発行した会社に再発行を依頼します。 転職などをしていても、以前勤めていた、その源泉帳票を発行した会社に依頼するということです。 ちなみにの再発行は法で義務付けられていますので、拒否された場合には税務署に相談します。 まとめ 令和元年のはいつからいつまでの分?ということですが、令和元年のは平成31年1月から令和元年12月までに支払われた給料ということになります。 はいつからいつまでのか?というと、は1月1日から12月31日までのです。 はいつからいつまでのか?というと、こちらもは1月1日から12月31日までの そもそもとはなにか?というと、が発行されるはその年にされた所得税の精算になります。 以外でも発行されるはあるのか?と言う問題については、退職をしたときになります。 そもそもってなにか?については、とは源泉徴収した内容を記載した書類ということになります。 の利用用途については、の時、住宅ローンを組む時などがあります。 をなくしたらどうすればいいか?というと、発行した会社に再発行を依頼するということになります。 源泉徴収と聞くとどう思うでしょうか?サラリーマンの方で、意識の高い方でしたら「知ってるよ。 毎月給料からが徴収されていて、年末調整で清算するんでしょ?」。 そんな人は少ないですよね? 「ああなんか聞いたことがあるけど・・・」という方も多いのでは?そもそも国が税金をいかにとりっぱくれないかという考えのもと強制的に税金を吸い上げるシステムなのですから、知らないうちに抜き取られ、知っていなくて当然と言えば当然です。 個人事業主などを含む給与担当者からすると、「税金くらい自分で払えよ」と思っている人はおそらく少なく、従業員を雇っていたり、給与の担当をしていたりすると当然に発生してくるルーチンな業務もしくはシステムでしょう。 今回は、そんな当たり前で普段意識しない源泉徴収を取り上げてみたいと思います。 サラリーマンの方はこちら 源泉徴収は所得税の前払い 源泉徴収は所得税の前払い 源泉徴収はの前払いです。 源泉徴収したを源泉とも言います。 前払いという意味は概算で徴収しておいて、 年末調整で清算すると言う意味です。 ちなみには年末調整で確定したあとに計算し、翌年徴収する後払いです。 所得税とは給与にかかる税金 所得税とは給与にかかる税金 とは給与にかかる税金です。 とは個人のに対してかかる税金で、サラリーマンの場合とは給与所得のことです。 について詳しくはの記事をご覧ください 源泉徴収は効率的なシステム 給料を渡す前に先に税金を抜き取る 概算で決めた徴収額を毎月控除 賞与からも徴収 給料を渡す前に先に税金を抜き取る 給料をもらうと税金がかかります。 給料が個人の手元に入ってから個人から税金を納めさせるより、給料を支払う会社が給料から税金を抜いてしまえば確実に税金を徴収することができるわけです。 あらかじめ概算で徴収額を決めておいて毎月控除、天引きするのです。 賞与からも徴収 ちなみにからもしっかり徴収されます。 からが引かれる件について詳しくはの記事をご覧ください。 月に88,000円以上ならパート、アルバイトも源泉徴収 月に88,000円以上ならパート、アルバイトも源泉徴収 月に88,000円以上ならパート、アルバイトも源泉徴収される必要があります。 パート、アルバイトなど名称は関係ありません。 雇用形態に関わらず扶養控除等申告書を提出してもらっていない場合で、給料が月に88,000円以上であれば、その月には源泉徴収が必要です。 <参考>その他源泉徴収に関するあれこれ 所得税を源泉徴収する理由 日本は申告納税方式だから サラリーマンが確定申告をすると税務署が混乱するから 法改正などに対応するのは大変 国の税収が確定申告時期に集中する 日本では申告納税方式を採用しています。 つまり基本的には個人の税金は個人で申告して納税するということなのです。 確定申告がこれにあたります。 もしサラリーマンが全員確定申告をしたらどうでしょう(サラリーマンも確定申告が必要な場合もありますが)?確定申告時期の税務署の混乱を考えれば容易に想像がつくと思います。 またというのは平等性や累進性を確保するために、控除やらなんやらととても複雑で、その細かい内容が都度の法改正で変わっていきます。 サラリーマンがいちいちこれに対応していくとなるとこれも大変な話です。 また確定申告だけとなると確定申告の納税は3月15日ですので、国として税収がそこに集中してしまうという話もあるようです。 源泉徴収が概算な理由 生命保険料控除や地震保険料控除などは年末に一度に控除することとなっているから 子の結婚や就職などにより年の中途で控除対象扶養親族の数が変わる場合があるから 源泉徴収が何を前提に概算されているか 1年間を通して毎月の給料は変動しない 賞与は毎月の給料の5か月分が支給される <参考>こんなものまで源泉徴収 給与やのイメージが強い源泉徴収ですが、以下の場合も源泉徴収されます。 報酬 原稿料・デザイン料・講演料などの報酬 弁護士・会計士・税理士・社労士などへの報酬 外交員、集金人、検針人、プロスポーツ選手などへの報酬 芸能人への報酬 ホステスへの報酬 その他 利子・配当、退職金、年金 給与担当者はこちら 源泉徴収は所得税の前払い 源泉徴収は所得税の前払い 源泉徴収はの前払いです。 源泉徴収したを源泉とも言います。 前払いという意味は概算で徴収しておいて、 年末調整で清算すると言う意味です。 ちなみには年末調整で確定したあとに計算し、翌年徴収する後払いです。 所得税とは給与にかかる税金 所得税とは給与にかかる税金 とは給与にかかる税金です。 とは個人の所得に対してかかる税金で、サラリーマンの場合とは給与所得のことです。 について詳しくはの記事をご覧ください 源泉徴収額の計算方法 源泉徴収税額表で求める 基準となる金額=支給金額-社会保険料等 源泉徴収金額を計算するにはを使います。 を使う際の基準となる金額は、支給金額から厚生年金保険料、健康保険料及び雇用保険料などの社会保険料等を引いた金額になります。 このとき扶養親族等の数を把握している必要がありますが、あらかじめ従業員に給与所得者の扶養控除等(異動 申告書を提出しておいてもらいます(年末調整時に、その年の扶養控除申告書を提出させると同時に翌年の扶養控除申告書を提出させるのが一般的?)。 源泉徴収所得税の納付時期 翌月10日まで 源泉徴収したの納付時期は、給与等の支払いを行った翌月の10日までです。 源泉所得税の納期の特例 対象:給与の支払人員対象者が 10人未満(9人以下) 条件:「源泉の納期の特例の承認に関する申請書」を税務署に提出して承認を受ける 内容:毎月納付するを以下のように納付できる 1月から6月までに支払った分に対するは7月10日まで 7月から12月に支払った分に対するは翌年の1月20日まで 源泉徴収は効率的なシステム 給料を渡す前に先に税金を抜き取る 概算で決めた徴収額を毎月控除 賞与からも徴収 給料を渡す前に先に税金を抜き取る 会社の従業員などサラリーマンが給料をもらうと税金がかかります。 給料が個人の手元に入ってから個人から税金を納めさせるより、給料を支払う会社が給料から税金を抜いてしまえば確実に税金を徴収することができるわけです。 あらかじめ概算で徴収額を決めておいて毎月控除、天引きするのです。 賞与からも徴収 ちなみにからも徴収します。 からを徴収する件について詳しくはの記事をご覧ください。 源泉徴収が概算な理由 生命保険料控除や地震保険料控除などは年末に一度に控除することとなっているから 子の結婚や就職などにより年の中途で控除対象扶養親族の数が変わる場合があるから 月に88,000円以上ならパート、アルバイトも源泉徴収 月に88,000円以上ならパート、アルバイトも源泉徴収 月に88,000円以上ならパート、アルバイトも源泉徴収する必要があります。 パート、アルバイトなど名称は関係ありません。 雇用形態に関わらず扶養控除等申告書を提出してもらっていない場合で、給料が月に88,000円以上であれば、その月には源泉徴収が必要です。 その他源泉徴収に関するあれこれ 所得税を源泉徴収する理由 日本は申告納税方式だから サラリーマンが確定申告をすると税務署が混乱するから 法改正などに対応するのは大変 国の税収が確定申告時期に集中する 日本では申告納税方式を採用しています。 つまり基本的には個人の税金は個人で申告して納税するということなのです。 確定申告がこれにあたります。 もしサラリーマンが全員確定申告をしたらどうでしょう(サラリーマンも確定申告が必要な場合もありますが)?確定申告時期の税務署の混乱を考えれば容易に想像がつくと思います。 またというのは平等性や累進性を確保するために、控除やらなんやらととても複雑で、その細かい内容が都度の法改正で変わっていきます。 サラリーマンがいちいちこれに対応していくとなるとこれも大変な話です。 また確定申告だけとなると確定申告の納税は3月15日ですので、国として税収がそこに集中してしまうという話もあるようです。 源泉徴収が概算な理由 生命保険料控除や地震保険料控除などは年末に一度に控除することとなっているから 子の結婚や就職などにより年の中途で控除対象扶養親族の数が変わる場合があるから 源泉徴収が何を前提に概算されているか 1年間を通して毎月の給料は変動しない 賞与は毎月の給料の5か月分が支給される <参考>こんなものまで源泉徴収 給与やのイメージが強い源泉徴収ですが、以下の場合も源泉徴収されます。 報酬 原稿料・デザイン料・講演料などの報酬 弁護士・会計士・税理士・社労士などへの報酬 外交員、集金人、検針人、プロスポーツ選手などへの報酬 芸能人への報酬 ホステスへの報酬 その他 利子・配当、退職金、年金 まとめ 源泉徴収について書いてみました。 経験プラスいろいろな情報を確認しながら書きましたが、目に留まったのが 源泉徴収の目的は、効果的かつ効率的な徴税手続の実現にあるといえるが、一方で納税者の納税実感を薄れさせ、民主主義の根幹をなす市民個々の参政意識を育むには阻害となるという欠点もある。 (出典:wikipedea) というwikipedeaの記述です。 まさに「納税者の納税実感」は薄れます(私もかつてそう、というか新入社員時代には「ってなんですか?」状態)。 「民主主義の根幹をなす市民個々の参政意識を育むには阻害となる」。 なるほど日本人の政治への意識の低さの原因にもなっているのかと妙に納得してしまいました。 を計算するときに給与所得控除額と所得控除額という言葉が出てきます。 同じ所得控除なんだから同じじゃないの?と思いますが、実は違うのです。 給与所得控除額と所得控除額 サラリーマンの場合 サラリーマンなどの給与所得者の場合、 課税標準額=給与所得-所得控除 給与所得=収入-給与所得控除 となります。 これを言い換えると 収入=給与所得+給与所得控除 給与所得=課税標準額+所得控除 となり、図で表すとこうなります。 <参考>自営業者の場合は ちなみに自営業者等の場合は、 課税標準額=所得-所得控除 所得=収入-必要経費 となります。 これを言い換えると 収入=所得+必要経費 所得=課税標準額+所得控除 となり、図で表すとこうなります。 給与所得控除とは つまり給与所得控除とは給与を計算するときに、から差し引くものなのです。 給与所得控除は年収が少ないほど多く控除されるようになっているという、累進性があるものです。 また上記のように個人事業主などの経費にあたる部分になります。 所得控除とは これに対しは、課税標準額を計算するときに給与から差し引くものです。 は個々のに合わせて税金が公平に徴収されるようになっています。 給与所得控除の計算方法 平成30年分となりますが、以下のようになっています(最新の情報はをご参照ください)。 雑損控除 医療費控除 社会保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 生命保険料控除 地震保険料控除 寄付金控除 寡婦・寡夫控除 勤労学生控除 障害者控除 配偶者控除 配偶者特別控除 扶養控除 基礎控除 青色申告特別控除 控除についてはの記事をご覧ください 給与所得控除と所得控除の違い 給与所得控除は自動的ににて控除されています。 所得控除は自分で申告して控除されるものです。 例えばそれはであったり、、です。 ややこしい控除をまとめてみた いろいろと控除がややこしいのでまとめてみました。 なおさらにややこしくなるので特定支出控除は省いています。 例えば、独身の人と家族のある人、学費のかからない子供がいる人と学費のかかる子供がいる人、自身や家族が健康な人となんらかの障害がある場合というように、人によって事情は様々であり、事情によって家計の負担も違います。 そこで、そのような様々な事情を勘案して、なるべく平等に税金を支払えるように、税金の計算方法は定められています。

次の