ラブ・アゲイン 映画。 ラブ・アゲインはライアン・ゴズリングがイケメンすぎ!ネタバレと感想

映画「天使がくれた時間」「マイ・インターン」「ラブ・アゲイン」の感想

ラブ・アゲイン 映画

今日はコチラの3本です。 映画「天使がくれた時間」の感想 にテーマが似てるかもしれない。 自分の夢か、恋人か。 夢か愛か。 どちらを選ぶのかというテーマ。 冒頭、 演じるジャックが 飛行機に乗ろうとしているシーンから始まる。 「行かないで」という彼女に 「僕の気持ちは変わらないさ。 100年経ったってかわりはしない」というジャック・・・ 以下ネタバレを多少含む感想なので 反転です。 めっちゃ良い映画なので、 見てない人は見て下さい。 100年経ったって変わるもんか」 若干フラグっぽいセリフだなと思ったけど、 やっぱりフラグだったw いきなり13年後で、 ジャックは女をたらす社長にw 部屋からエレベーターまで熱唱www 昔の彼女のことを完全に忘れて清々しいくらいの成金野郎になってましたねw しかし、 よくわからん黒人(天使?) に出会い、に飛ぶことに・・・ なじめないジャックの変な振る舞いが終始笑えるww ギャグ映画ではないんだけど、 かなり面白かったです。 シリアス的なシュールなギャグって狙ってるコメディよりも面白い。 (好みの問題だけど) しかし、 煌きは長くは続かない・・・ ジャックがお別れをする場面は泣けました。 そして、 現実で彼女に会いに行く。 個人的な感想としては、 最後ハッピーエンドみたいになっていましたが、果たして13年の月日を埋められるのかよ・・・って気分と あの幸せな家庭は、想像上のモノで本当は存在しないのか?そうであったら悲しい・・・って気分。 まぁ 的な解釈なので難しいですが、 やっぱあれは空想の産物? そうであれば、かわいい子供2人と幸せな家庭も妄想の中でしかなかったという事だなぁ・・・ 映画にならないんだけど、 一番最初に彼女が引き止めたときに、残れよw そして幸せに13年生きて欲しかったw という願望w それだと 全く映画にならないけどw っあ。 てことは、 ごくごく普通の、映画にもならないような家庭が一番幸せなのかもしれないような気がしてくるな・・・ 実際、 めちゃくちゃ成功してる人って仕事に捧げすぎて結婚してない人いるよな・・・ アーティストとか。 普通の家庭と社会的な成功はなかなか両方は手に入らない。 (ような気もする) 貧しくても愛があれば幸せか、愛がなくても金があれば幸せか。 その問に 「貧しくても愛があれば幸せ」 そう答えるような映画でした。 やはり、 みんなの評価が良い映画は面白いなぁ。 まぁ ジャケット見て、タイトル読んで 「あー、左のおっさんが社長で、が学生かなんかの的映画なんだろうなぁ・・・面白いかな?これ」と思って見なかったわけです。 真逆だったし、よく見たらおっさんはロだったww 開始10分で面白いなぁ!ってなった。 が社長でおっさんが雇われたw そっからは、 最初は窓際社員みたいな仕事がなかったシニアのおっさんが会社や社長の人生に影響を与えていくという物語。 この映画は、 空気感が良いね。 のバリバリできるキャリアウーマンの空気と、 ロの優しそうなおっちゃんオーラが心地良いのかも。 以下 少しネタバレ反転。 やっぱり、 面白い映画は見てて飽きない。 おっちゃんがに登録するとか何気ないシーンも面白いし、 ホテルでテレビを見るシーンも泣けた。 家に忍び込むシーンは若干「ありえないだろw」ってなったが、まぁ 映画だからこんなもんだろうw 良い映画は、ひとつひとつの何気ないようなシーンが端から面白い。 ストーリーも良かったが、なんか、 浮気した夫が謝って許してハッピーエンドみたいのがなんかな・・・ 納得いかんな。 「おれはこころを入れ替えた!」みたいなのが美談になるのはおかしいよ。 身勝手な浮気をするやつはうんちだよ。 つまり。 身勝手な浮気をするやつはうんちだよ。 がカッコいい。 以下ネタバレ含む反転です。 でも 浮気するヤツぁダメだよな。 なんか、 も「浮気を許して美談」みたいな終わり方だけど、いや、現実それはないやろ。 浮気するヤツはおれは嫌いだし、 うんちだと思います。 終わり。

次の

ラブ・アゲイン (映画)

ラブ・アゲイン 映画

の紹介:2011年アメリカ映画。 平凡な男キャルは妻エミリーから突然の浮気を聞かされどん底の人生に変わった時、バーで知り合ったイケメンのプレイボーイのジェイコブに恋の手ほどきを受けキャルは魅力的な男に変貌して行き、キャルもプレイボーイに変身を遂げるがエミリーと家族を忘れられずエミリーの愛と家族を取り戻すべく精神的にも成長していく姿を描いた作品です。 監督:グレン・フィカーラジョン・レクア 出演:スティーヴ・カレル(キャル・ウィーバー)、ライアン・ゴズリング(ジェイコブ・パーマー)、ジュリアン・ムーア(エミリー・ウィーバー)、エマ・ストーン(ハンナ)、ジョン・キャロル・リンチ(バーニー・ライリー)、マリサ・トメイ(ケイト)、ケヴィン・ベーコン(デイヴィッド・リンハーゲン)、ジョナ・ボボ(ロビー・ウィーバー ラブアゲインのネタバレあらすじ:承 ジェイコブはまずキャルの身なりから改革を行い女性のくどきかたも伝授します。 キャルはジェイコブの言うとおりに女性を口説こうとしますがうまく行かず全てを真面目に話してしまいますが、その事が功をなしてうまく女性を持ち帰る事に成功しそれからというもののすかっり男らしさを取り戻したキャルでした。 一方ジェシカはキャルと付き合いたいと思っている一方ですがキャルの中学生の息子ロビーも又ジェシカに恋をしていました。 キャルはロビーの学校で久しぶりにエミリーと会い二人は別れた後の状況を話します。 そして教室の中から出てきた先生はキャルが始めてのお持ち帰りに成功した相手のケイト、あの夜以降電話をしなかったキャルに対して悪態をついて終了になりました。 ジェイコブはキャルの娘とは知らずハンナといつもとは違う楽しい夜を過ごします。 ラブアゲインのネタバレあらすじ:転 キャルは家族が恋しく自宅を訪ねて行くと偶然エミリーから電話が入ります。 エミリーと子供達の姿を庭から見つめているとエミリーから電話があリ、地下室から電話をしていて給湯器の事で教えてほしいと嘘を言います。 キャルも騙されたまま電話での会話は終わり電話は切れます。 キャルはジェイコブに何度も電話しますがいつも留守電電話に繋がっていましたが久しぶりにジェイコブより電話があり、恋をして意識を変えられた。 相手の女性の両親に挨拶に行くので助言がほしいと頼まれ「本性はだすなよ」と言います。 そしてハンナと共にハンナの自宅に来てジェイコブは初めてキャルが父親だと知ります。 そこへキャルへのラブレターを両親に発見されたジェシカの父でキャルの親友バーニーが乱入、そこにデイヴィッドも加わりジェイコブも巻き込まれ乱闘騒ぎになります。 もちろんキャルはジェイコブがハンナと交際する事には反対です。

次の

韓国映画『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』

ラブ・アゲイン 映画

ラブ・アゲイン Crazy, Stupid, Love. は、ののグレン・フィカーラとジョン・レクア監督、ダン・フォーゲルマン脚本のである。 この映画には、キャル・ウィーバー役に、ジェイコブ・パルマー役に、エミリー・ウィーバー役に、ハンナ・ウィーバー役に、他にもアナリー・ティプトン、とが出演している。 この映画はによりとで2011年7月29日、では同年11月19日に公開された。 また、興行成績も好調で公開第一週目に19,104,303ドル収入し、5000万ドルの予算を遙かに超える、14,000万ドルを全体で収入した。 はのでノミネートされた。 ではとが2011年11月1日に発売された。 ストーリー [ ] 中年のキャル・ウィーバーは、レストランでの食事の最中に妻のエミリーから、同僚のデイビッドと浮気をしたと告白され、離婚を申し込まれる。 当然キャルはショックを受ける。 一方で、キャルとエミリーの息子ロビーは、17歳のベビーシッターのジェシカ・ライリーに熱をあげていた。 しかしジェシカは年上のキャルに恋心を抱いていたのだが、もちろんキャルはそんなことに気がつくはずもなく、住み慣れた我が家を離れてわびしい一人住まいへと移っていった。 毎晩バーへ通い、バーテンダーに嘆き節を語るキャルに、若くハンサムなジェイコブ・パーマーという男が、女性をモノにするコツを教えると話を持ちかけてくる。 「どうして自分みたいな中年男にアドバイスするんだ?」とのキャルの問いに、「昔、あんたみたいな人を知っていた。 」と言葉を濁すジェイコブ。 こうして、キャルは服装から会話までジェイコブの特訓を受けることになった。 その日からキャルは数多の女性をナンパし、傍目には充実した私生活を送っているように見えた。 そんな時、彼はロビーの保護者会でエミリーと再会する。 2人はおずおずと和解したように思えたが、何とロビーの担任の先生はあのケイトだった。 キャルを独身だと思い込んでいたケイトは憤懣やるかたなく、エミリーにキャルとの情事の一部始終を暴露する。 愛想が尽きたエミリーは、デイビッドとの交際を再開する。 一方で、最近ロースクールを卒業したハンナは、彼女の恋人のリチャードが、彼女の司法試験合格パーティーでプロポーズしてくれると期待していたが、彼はやたらと逃げ腰で、ハンナは傷つき苛立ちを覚える。 自棄を起こしたハンナは一度ジェイコブの誘いを断ったバーへ戻り、いきなり彼に熱くキスすると一晩の関係を迫る。 まんざらでもないジェイコブは彼女を家に連れ帰るが、けっきょく一晩中たわいない話をして、友情を深めるに終わった。 キャルは、ひょんなことからエミリーがまだ自分に未練を残していることを知り、それまでの女遊びを反省し復縁する計画を練る。 その頃、ハンナと付き合うようになっていたジェイコブが、キャルに本物の交際についてアドバイスを求める。 近いうちハンナの両親を訪ねに行くというのだ。 ある休日。 キャルが前の住まいの裏庭で子供たちと共に、エミリーに初めてのデートを思い出してもらうようにミニゴルフのセットを作っていた。 ちょうどその頃、ジェシカの家では母親がジェシカのヌード写真を偶然見つける。 ジェシカは同級生のアドバイスでその写真をキャルに送りつけるつもりだったのだが思いとどまり、タンスに仕舞い込んでいたのだ。 その写真がキャル宛てであることを知った父親のバーニーはキャルに問いただすため、怒り心頭でウィーバー邸へと向かう。 一方、ウィーバー家では帰宅したエミリーがゴルフセットに感嘆している時、ハンナがジェイコブと共に家にやってくる。 実はハンナは、キャルとエミリーが学生結婚した時に授かった娘だったのだ。 キャルは愛娘がジェイコブと付き合っていることに愕然とし、ハンナに別れろと命令する。 ところがその瞬間、バーニーが乗り込んできてキャルに飛びかかる。 後を追ってきたジェシカが止めに入るが彼女の父親は聞く耳を持たない。 そしてその時、よりによってデイビッドが、エミリーの忘れ物のセーターを返しにやってくる。 ある意味で全ての元凶であるデイビッドにジェイコブが一発くらわせ、キャル、バーニー、ジェイコブ、デイビッドのもみ合いになる。 一連の関係者すべてがそろった騒乱状態は、結局警察が止めに入って終息、気まずい展開になってしまう。 キャルは再びバーに入り浸り始めるが、そこにジェイコブが訪ねてきてハンナを真剣に愛していると告白する。 キャルは頑固に彼らの交際を認めない。 しかしジェイコブは、キャルが尊敬すべき素晴らしい父親であることを称える。 ロビーは中学校の卒業式の代表挨拶で、どのように真実の愛と魂の伴侶を失ったかについて悲観的なスピーチをする。 見かねたキャルはスピーチに割り込み、自分のエミリーとの出会いについて話し、上手くいくかわからないがエミリーのことを諦めないと宣言する。 それに勇気づけられたロビーも、ジェシカへの愛を再び宣言し、観客も(ケイトを除いて)拍手で讃えた。 式の後、キャルはジェイコブとハンナの交際をようやく認める。 ジェシカもロビーの愛に応えて、「高校時代を生き抜けるように」例の写真を贈って彼を驚かせる。 キャルとエミリーは、お互いが乗り越えてきた一年について談笑するのだった。 キャル・ウィーバー - ()• ジェイコブ・パーマー - ()• エミリー・ウィーバー - ()• ハンナ・ウィーバー - ()• ジェシカ・ライリー - ()• ロビー・ウィーバー - ()• モリー・ウィーバー -• ケイト・タファティ - ()• クレア・ライリー -• バーニー・ライリー - ()• デイヴィッド・リンハーゲン - ()• リズ -• リチャード - 製作 [ ] 2009年12月、『』などで知られるがの主演を想定して書いたタイトル未定の脚本をが購入。 2010年1月に『』で知られるとが監督に決まった。 2010年3月初旬、の出演が決まり 、同月中旬にはの出演と映画のタイトルが明らかになった。 9であった。 は『ラブ・アゲイン』に4つ星中、3つ星を与え、「この映画は心優しい人々による甘いロマンティック・コメディである」と評した。 『』のは作品に対して好意的で、5つ星中、4つ星を与え、「『ラブ・アゲイン』は巧妙なバランスが取れた、明るく賢い映画である」と評した。 『』のベッツィー・シャーキーは5つ分の内4を与え、「この映画は初恋、永遠の愛、失恋と全ての恋の甘くて苦い魔法を思い出させてくれる」と評した。 『New in Cinema』のダニエル・サラスは3つ星と少ない星数だったが、「本当のロマンティックとコメディ要素が含まれたロマンティック・コメディ映画である」と称えている。 評論の中には、否定的なものもあり、のクリスティー・レマイアーは「この映画は真実の愛に落ちるまで、十分クレイジーでも愚かでもない」と評し、4分の2のスコアを与えた。 『MSN Movies』のジェイムズ・ロッチは特に批判的で、5ある内の1しか与えず、「スターが勢揃いしたファンタジーと嘘のしこり」と評した。 この映画は『 』の「ベスト・ムービー2011」の1つに選ばれた。 興行収入 [ ] 『ラブ・アゲイン』は北米で公開第一週目で5位を記録し、19,104,303ドル収入した。 アメリカ合衆国とカナダで84,200万ドル、世界中で58,500万ドル収入し、全体で14,000万ドル回収した。 受賞 [ ] 年度 アワード名 部門 候補者 結果 2011 最優秀助演賞 ライアン・ゴズリング ノミネート 最優秀アンサンブル賞 ノミネート 2012 Critics' Choice Movie Awards 最優秀コメディ賞 ノミネート コメディ映画賞 ノミネート 女優賞 『』でも受賞 受賞 コメディ映画女優賞 受賞 コメディ映画男優賞 ノミネート ノミネート 女性演技賞 ノミネート キス賞 と ノミネート 参考文献 [ ]• 2011年11月19日閲覧。 Fleming, Michael 2009年12月17日. Reed Business Information. 2011年9月7日閲覧。 McNary, Dave 2010年1月26日. Reed Business Information. 2011年9月7日閲覧。 Jagernauth, Kevin 2010年3月5日. The Playlist. 2011年9月7日閲覧。 Vulture New York Media. 2010年3月16日. 2011年9月7日閲覧。 2011年8月30日閲覧。 McClintock, Pamela 2011年7月30日. Prometheus Global Media. 2011年7月31日閲覧。 2011年8月1日閲覧。 2011年7月28日. 2012年8月12日閲覧。 Sharkey, Betsy 2011年7月29日. 2011年8月1日閲覧。 Sarath, Daniel 2011年7月31日. New in Cinema. 2011年8月1日閲覧。 [ ]• の2011年11月25日時点におけるアーカイブ。 2011年8月1日閲覧。 Rocchi, James. MSN Movies. 2011年9月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年8月1日閲覧。 2012年5月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年12月17日閲覧。 Retrieved August 12, 2012. 2011年7月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年4月1日閲覧。 Critics' Choice Awards 2011年12月13日. 2011年12月13日閲覧。 HollywoodLife. com. PMC. Retrieved August 12, 2012. 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の