カローラ スポーツ 馬力。 パワーエディター車種別キット:カローラスポーツ

新型カローラスポーツの価格・サイズをライバル車と比較。価格が高いって!?ヴィッツとの違いは明確すぎる|PACVELコンパクトカー大好きブログ

カローラ スポーツ 馬力

1ヶ月待ち• 2018年8月にはマニュアル車も追加されましたね! ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、iMTがスタンバイ状態になります。 この状態でドライバーの変速動作を検出すると、コンピューター制御により、エンジン回転数をクルマが自動的に合わせ(等速シフト)て、スムーズな変速をアシストします。 素早いクラッチ操作でもショックが少ないため、ワインディングや登降坂路でスポーティなドライビングが楽しめます マニュアル車を待っていたユーザーさんも多いのでは!? SPORTモードへの切り替えなしでも発進アシスト機能が作動。 発進時のクラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)することでクラッチのみでの発進操作をよりスムーズに行えるようにしました。 マニュアル運転をストレス無く楽しめるIMTが大注目ですね。 試乗に行って実際に体感してくださいね!! マニュアル車は2018年8月に発売となりました。 次に 新型カローラスポーツのサイズを見ていきましょう! 新型カローラスポーツの車体・室内サイズ 新型カローラスポーツの車体・室内サイズを見ていくと、 全長 4375mm 全幅 1790mm 全高 1460mm 室内長 1795mm 室内幅 1510mm 室内高 1155mm 車両重量 1310-1400kg ホイールベース 2640mm 最小回転半径 5. 1-5. 3m スポンサーリンク ヴィッツと価格&サイズ比較「カローラスポーツが兄貴分」 まずは同社トヨタのヴィッツと価格帯を比較すると、 価格比較 ヴィッツ カローラスポーツ ガソリン ¥1,181,520~¥1,787,400 ¥2,138,400〜¥2,419,2000 ハイブリッド ¥1,819,800~¥2,076,840 ¥2,419,200〜¥2,689,200 次に車体・室内サイズを比較すると、 サイズ比較 ヴィッツ カローラスポーツ 全長 3945mm 4375mm 全幅 1695mm 1790mm 全高 1500mm 1460mm 室内長 1920mm 1795mm 室内幅 1390mm 1510mm 室内高 1240mm 1155mm ホイールベース 2510mm 2640mm 最小回転半径 4. 5-4. 7m 5. 1-5. 3m 車両重量 970-1110kg 1310-1400kg ヴィッツと比較すると・・イメージしやすいね。。 新型ヴィッツの価格帯は、¥1,181,520~¥2,329,560となります。 新型カローラスポーツとの比較をまとめると・・• 価格帯は新型ヴィッツが割安• 大きさ・サイズはカローラスポーツが一回り大きい 新型カローラスポーツはヴィッツの兄貴分的な存在って事です。 ヴィッツより趣向性も強めとなっています。 1-5. 3m 5. 3m 車両重量 1310-1400kg 1320kg-1470kg やっぱり同じような価格帯だね。 車体サイズは同等と言えるでしょう。 価格帯はガソリン車は同等で、ディーゼルとハイブリッドで比較するとマツダ3が若干割高になっています。 1-5. 3m 5. 3m 車両重量 1310-1400kg 1300kg-1350kg 室内サイズに差があるね インプレッサスポーツの方が室内長が長いですね。 全長も若干長め。 価格帯もインプレッサスポーツが割安な印象がありますね。 1-5. 3m 5. 5m 車両重量 1310-1400kg 1300kg-1350kg シビックハッチバックの方が大きめなのかな 車体サイズはシビックハッチバックが若干大きめ。 室内長も長いですね。 価格帯はカローラスポーツが割安に感じるほど差がありますね。 次に新型カローラスポーツのスペックを見ていきましょう! 新型カローラスポーツのスペック ターボは116馬力 新型カローラスポーツのスペックをまとめると・・ 1. 2Lターボ|ガソリン• 最大トルク 185Nm[18. 総排気量 1. 196L 1. 8L|ハイブリッド• 最大トルク 142Nm[14. モーター最高出力 53kw[72ps]• モーター最大トルク 163Nm[16. 6kgm]• 総排気量 1. 797L 排気量を考えれば・・優秀なスペックだね。 ターボは116馬力と1. 5Lのアクセラスポーツを超えるスペックとなっていますね。 スペックもヴィッツと比較すると・・ ヴィッツの走りを超えるカローラスポーツ 新型ヴィッツのスペックをまとめると・・ 1. 3L|ガソリン• 最大トルク 121Nm[12. 総排気量 1. 329L 1. 5L|ハイブリッド• 最大トルク 111Nm[11. モーター最高出力 45kw[61ps]• モーター最大トルク 169Nm[17. 2kgm]• 総排気量 1. 496L スポンサーリンク まとめ カローラスポーツはクオリティーが高い! 新型カローラスポーツの価格・サイズ・スペックをまとめ見ていきました。 まとめると・・• 2Lガソリンターボの価格帯は2,138,400 円〜2,419,200円• 8Lハイブリッドの価格帯は2,419,200円 〜2,689,200 円• 価格・サイズ・スペック共にヴィッツを上回る• ライバル車と比較すると価格は高いとは言えない と言った結果に。 ヴィッツと何が違うの!?って疑問には答えられましたね。 一言で言うと・・• 新型カローラスポーツはクオリティー重視のクルマ と言えるでしょう。 内装も上質で、走りもワンランクアップ上をいく存在ですね。 国産のライバル車は・・• マツダ|マツダ3• スバル|インプレッサスポーツ• ホンダ|シビックハッチバック と欧州車をライバル車に据えていますね。 玄人向けの運転を楽しめるハッチバックです。 ラインナップも豊富でターボ&ハイブリッド・・そしてマニュアル車もラインナップ。 スポーティーな走りやワンランク上の上質感を求めるユーザーさんにぴったりですね。 試乗に行く際には、内外装の質感を感じてみてくださいね。 走りもスポーティーでドライビングも楽しめるはず!! LOVEコンパクトカー!•

次の

トヨタ カローラ スポーツの「ハイブリッド G」にも試乗してみた!ガソリンターボモデルとの差は?

カローラ スポーツ 馬力

もし、 あなたが、カローラスポーツハイブリッド車の購入を考えているのでしたら今回の記事を読めば、コンパクトスポーツカーではなく、 コンフォートカーに近い車であるかが良く分かりますので、購入前には必ず確認をしておいてください! スポンサードリンク その 1. カローラスポーツ ハイブリッドの馬力とトルクを評価! 出典:toyota. 2Lよりも大型の1. 8L自然吸気エンジンを使用しています。 簡単に言えば、プリウスをスポーツっぽい外見にしただけです。。。 それでは、カローラハイブリッドのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大馬力を検証していきましょう。 8Lとしては、若干パワー不足のスペックになり、カローラスポーツのガソリン仕様車の1. 2Lターボよりもスペック自体は良くありません。 ただ、ここにハイブリッドモーターが加わります。 カローラスポーツハイブリッド車に使用される「1NM型」モーターの最高出力(最大馬力)と最大トルクは以下のようになります。 以上のスペックを踏まえるとカローラスポーツ ハイブリッドの加速力はスペック上ではかなり高いと言えます。 コンパクトなボディに対してこれだけの馬力やトルクがあれば十分に加速力を体感することが可能のように感じますが、重要なのは、 動力性能が活かせるセッティングになっているかどうかです。 スポンサードリンク その 2. カローラスポーツハイブリッド車の実際の加速感 動力性能が優れていることは確認できましたが、実際の加速感はどうでしょうか? カローラスポーツのパーワートレーンは先代の 3代目プリウスのシステムと共通しています。 走行モードとしては、 ・エコ ・コンフォート ・スポーツS ・スポーツS+ があります。 当然加速を評価したいので、 Sモードを中心にご紹介していきます。 エコとノーマルに関しては、至って普通に走るモードで、特に加速力が必要としない街乗りなどに適しています。 一方で「スポーツ S+」モードといえば、その正反対を行く様な気もしますが、 実際はそうでもありません。 CVT車のスポーツモードにありがちな、アクセルを踏み込むと無駄に回転数があがりレスポンスが過敏になった印象はほとんど無く、アクセルに対して小気味よい反応を感じさせます。 ただ、それがスポーティかといわれると、疑問符がつきます。 どちらかといえば コンフォートな感じがします。 スポーティよりなコンフォートと言ったらいいのでしょうか? スポーツと聞いてかかると肩透かしを受けるかもしれません。 AVS搭載の意味とは? さらに、今回最上級グレードの GZでは、走行モードに応じて減衰力を調整する AVSというシステムを導入しています。 出典:toyota. jp AVSとは? あらゆる路面で快適な乗り心地と運転しやすさを実現。 通常のサスペンションシステムでは減衰力(ショックアブソーバーによる振動を抑える力)は固定されていますが、 AVS では電子制御により走行状況に応じて減衰力を変化させ、自動的に最適化するシステムです。 出典:toyota. jp 高級車にはもうお馴染みのシステムですがコンパクトカーにはかなり贅沢な代物です。 スポーツカーのようなガチガチな足回りは加速に関しては有利ですが、同乗者に不快を与えかねません。 そう言った意味で、足回りのセッティングを自由に操作できるのは嬉しいところです。 ただ AVSの実際の性能としては、操舵性や挙動に関して目に見えた変化は少なく、それほど加速に寄与するとは思えません。 カローラに搭載するコスト面もあると思いますが、技術的に超ハードなセッティングとコンフォートなセッティングを同居させるのはまだ難しいようです。 変にシステムにお金をかけるよりは、良いダンパーとサスペンションを入れた方が、スポーティで意外に不快でない乗り心地を実現できます。 スイフトスポーツが良い例です。 参考 また車両重量もコンパクトな見た目とは裏腹に、色々付けすぎて 1400kgにまでなっているのも残念な点です。 スポンサードリンク その3. ・カローラスポーツ ハイブリッドG:9. 2秒 コンパクトカーとしてはもちろん速い部類で、 ガソリン車のカローラスポーツよりも1秒以上速いタイムになっています。 参考 しかし、カローラスポーツといわれるとスイフトスポーツとか、ホットハッチ的な車を想像する方が多いのも事実でが、カローラスポーツ、特にハイブリッドに関しては コンフォート感が強すぎ、スポーティーな走りを期待する人には残念な車となってしまっています。 俺の一言 最新技術が詰まったカローラスポーツ ハイブリッドはコンパクトカーにしては贅沢過ぎるほどの車です。 しかし、スポーツと言う割にはコンセプトが曖昧で評価がつけにくい車です。

次の

カローラスポーツの加速性能を解説!0

カローラ スポーツ 馬力

2Lとはいえ、ダウンサイジングターボですので動力性能が高いうえに、広範囲でフラットな特性になっています。 ハイブリッド車はお決まりの燃費重視でエンジンのパワーを絞っていますので、トータルではガソリン車の方が優っています。 カローラスポーツのガソリン車はターボが作動開始するエンジン回転数が低回転になっていますので、かなり扱いやすいエンジンと言えます! ちなみに上記の表を見てわかるように、ガソリン車のターボエンジンは排気量が1,200ccですが、1,500ccの自然吸気並みの馬力とトルクを生み出しています。 カタログスペックだけを見ても非常に秀でた性能を有する、カローラスポーツのガソリン車ですが、より正しく車の性能を理解するためには、車両重量の影響も加味する必要があります。 そのためにパワーウェイトレシオという指標がありますので、次項はそのデータを確認していきましょう。 その2. 両車のパワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオを比較! 出典:toyota. 0526 142 0. 1036 モーター 53 0. 0387 163 0. 1190 システム 90 0. 0657 - - ・G"Z" 2WD 1,400 エンジン 72 0. 0514 142 0. 1014 モーター 53 0. 0379 163 0. 1164 システム 90 0. 0649 185 0. 1412 2WD 6MT 1,300 0. 0654 0. 1423 4WD CVT 1,370 0. 0620 0. 1350 ・G"Z" 2WD CVT 1,340 0. 0634 0. 1381 2WD 6MT 1,330 0. 0639 0. 1391 4WD CVT 1,400 0. 0607 0. 1321 このデータの見方ですが、最高出力というのは、主に最高速度に影響する値になります。 エンジン回転数が5,000rpmを超えるような領域での加速力は最高出力が影響しますが、発進時や低速時の加速は、エンジン回転数が非常に低いので、トルクの太さが加速性能に直結します。 このような視点でデータを見なおしてみると、カローラスポーツの場合は、ガソリン車の方が秀でていることがわかります。 さらに、カローラスポーツガソリン車に搭載されているエンジンは、1,500rpm~4,000rpmという低回転からピーク回転数までの広範囲でフラットなトルク特性を持っていますので、低速域から高速域までの広い範囲で加速性能に優れています。 このようなパワートレインの特性から、 ガソリン車は非常に扱いやすく、ストレスを感じない動力性能を持っているという事がわかります。 4WDでさえもハイブリッドより加速性能が高いうえに、ライバル車と比較しても優れているのですから、1,200ccターボというエンジンがいかに優れているかがうかがい知れます。 その4. 両車の加速と馬力の比較をまとめると? 出典:toyota. jp ある意味、「スポーツ」という名前を冠していいのはガソリン車だけかもしれません! ただし、動力性能に関してのみ、ガソリン車の方が良いというだけで、「燃費性能」や「維持費」などの項目での比較結果も考慮して総合的に判断しないと優劣がつけられません。 カローラスポーツの加速性能や馬力感という切り口では、 ガソリン車の圧勝です! 結論!加速と馬力で購入するなら、このグレードがイチオシ! これまでの評価結果を踏まえ、さらに私の主観も加えて、カローラスポーツのラインナップの中でどのタイプが最もオススメなのかを判断していきましょう! これは、私の主観ではなく、客観的に見ても加速力はガソリン車の圧勝ですから、 ガソリン車1択です! ここからが、私の主観が入ります。 私は、若いころからクルマの運転が大好きで、よく峠道を走っていたのですが、FFというのは走っていてあまり面白みがありません。 私はFRでテールを振りながらコーナーを抜ける感覚が大好きです。 残念ながらカローラスポーツにはFRはラインナップされていませんので、それならば 4WDを選択します。 本当は4WDにもMTがラインナップされていればいいのですが、残念でなりません。 そして、カローラスポーツの場合はエントリーグレードと中位グレードで車両重量が同一ですので、より装備が充実している中位のグレードである G(4WD)がイチ推しです。 jp 車両本体価格:2,582,800円(税込)~.

次の