秋元康 妻。 高井麻巳子

小室哲哉氏が音楽業復帰!秋元P要望で乃木坂新曲

秋元康 妻

略歴 [ ] 卒業。 1985年(昭和60年)にを卒業。 若狭高校時代は、取り立てて目立つ言動はしない生徒であったが、明るく快活な性格で友人も多く、人気者であった。 ミス若高(じゃっこう)と呼ばれていた。 高等学校卒業後、進学を目指してへ入学すべく上京。 1985年(昭和60年)4月、『』内のコーナー「アイドルを探せ」の出場者をスカウトをする企画で、を歩いているときににスカウトされる。 同コーナーで「」を歌い、117点を獲得して合格し会員番号16番としてデビュー。 同年9月、おニャン子クラブから初のソロデビューとなったのキャンペーンに「with おニャン子クラブ」として同行。 同年10月、(ゆうゆ)と2人でを結成、『』の主題歌『うしろゆびさされ組』でユニットデビュー。 1986年(昭和61年)6月、『』でソロデビュー し、オリコン初登場1位を獲得。 うしろゆびさされ組の活動と並行してシングル、アルバムを定期的に発売。 1987年(昭和62年)4月でおニャン子を卒業、女優として連続ドラマに出演するなど活動の幅を広げる。 のファンであることを音楽誌のインタビューで語り、それを契機にのアルバム『』にゲスト参加。 1988年(昭和63年)4月29日、結成記念コンサート『Single's』をで行う。 同年5月23日、おニャン子の仕掛け人であると結婚し、突然芸能界を引退する。 その後、すぐに渡米。 1年半ほどニューヨークに滞在し、秋元との新生活を始める。 2001年(平成13年)3月、長女出産。 結婚後は表立った活動はなかったが小説の挿絵などを手がけ、2002年(平成14年)、絵本『ぞうネコ』(秋元康・文、秋元麻巳子・絵)を出版。 結婚後の活動はすべて「秋元麻巳子」名義。 人物 [ ]• デビュー前からの大ファンで、特にが憧れの男性であると公言していた。 レコード会社の担当ディレクターがチェッカーズの担当でもあったため、から楽曲の提供を受ける機会を得た(鶴久にとって自身のバンド以外に楽曲を提供したのは初めてであった。 後に、岩井由紀子のシングル「25セントの満月」も作曲し提供している)。 おニャン子在籍中に映画『』に出演。 同い年である主演のと親友になり、一緒に旅行などもしている。 その際の珍道中を、斉藤由貴の対談番組で夫の秋元康が楽しそうに暴露したことがある。 高井本人もや、斉藤の著書『由貴的世界感情旅行』()のあとがきに寄稿している。 また斉藤の著書「私の好きなあの人のコト」()に、高井の結婚にまつわるエピソードを含めたさまざまな話題が書かれている。 かつて尊敬する人物として、、の名を挙げていた。 秋元康がに詞を提供する際に用いたペンネーム「高井良斉」は、「高井は良妻」をもじったものと言われている。 のやのヒデがかつて大ファンだったと発言している。 4人姉妹の次女。 実家はである。 おニャン子クラブの楽曲『』の歌詞にも盛り込まれた。 姉はフジテレビの音楽番組 『』などで活動していたダンスチーム「」の高井雅代。 同番組に歌手として出演した高井が歌唱する前に、司会の芳村真理・井上順(のちに古舘伊知郎)が姉がバックで踊ることについて尋ねることもあった。 また夕やけニャンニャンで共演していたとんねるずも番組内で姉がDee-Deeであることを幾度となくネタにしていた [ ]。 小学校の時は足が速くてではいつも1等賞だった。 中学では部に入っていたが、レギュラーにはなかなかなれなかったものの、足の速さを買われて度々試合に出場していた。 作品 [ ] シングル [ ] 発売日 品番 面 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考 1986年6月25日 7A0597 A B こわれかけたピアノ 岩倉健二 1986年9月21日 7A0631 A 沢ちひろ B 時のつげごと 八田雅弘 1986年12月21日 7A0673 A 売野雅勇 八田雅弘 清水信之 盤に「高井さんの二十歳の約束」収録 B 春は名のみ 1987年3月18日 7A0698 A 沢ちひろ 八田雅弘 清水信之 B 眠りのオペラ 森本抄夜子 明日香 1987年6月10日 7A0736 A 情熱れいんぼぅ 沢ちひろ 八田雅弘 清水信之 B 夕暮れのピアノ 森本抄夜子 明日香 1987年9月21日 7A0770 A うそつき 麻生圭子 明日香 清水信之 B 十月の旅人 森本抄夜子 1987年12月16日 7A0802 A テンダー・レイン 森本抄夜子 B 星のせせらぎ 麻生圭子 八田雅弘 1988年4月6日 7A0830 A 木洩れ陽のシーズン B 汚れなき悪戯 蓮田ひろか 山口美央子 アルバム [ ]• (1987年1月21日)• こころ日和(1987年7月5日)• 私のままで…(1988年1月21日)• Message(1988年6月5日)• (2002年2月20日)• (2007年8月17日)• Myこれ! Lite 高井麻巳子(2010年4月21日) ビデオ [ ]• 時計じかけの小悪魔(ファントマ)(1987年7月5日)• ファースト・コンサート DO・RA・MA(1987年7月21日) 参加作品 [ ]• 真赤なウソ(1987年2月21日)- 明石家さんまのシングルにで参加。 (1988年8月15日) - RCサクセションのアルバムにコーラスで参加。 出演 [ ] バラエティ [ ]• (1985年 - 1987年、)• (1986年、フジテレビ) テレビドラマ [ ]• 月曜ドラマランド (フィアンセ)(1986年1月13日、フジテレビ系)• 月曜ドラマランド おニャン子学園危機イッパツ とんだ放課後(1986年5月12日、フジテレビ系)• 月曜ドラマランド あしながおじさん(1986年7月7日、フジテレビ系) - 主演• 月曜ドラマランド ないしょのハーフムーン(1987年2月16日フジテレビ系) 主演 榎木有羽 役• (1987年4月6日 - 5月11日、フジテレビ系)- 滝真理 役• 木曜劇場 (1987年7月9日 - 9月24日、フジテレビ系)- 芥川久美子 役• オバの魔法使い(1987年8月10日、フジテレビ系)• アナウンサーぷっつん物語スペシャル(1987年10月1日、フジテレビ系)- 滝真理 役• 奥さまの秋恋物語(1987年11月26日・12月3日、テレビ朝日系) 映画 [ ]• (1986年12月13日、東宝)- 江波緑子 役 ラジオ [ ]• 高井麻巳子 ほほえみメッセージ(1986年10月 - 1988年3月、ニッポン放送) - アイドル夢工場枠での放送後も単独番組として放送。 書籍 [ ]• ソレイユ 高井麻巳子写真集(1987年7月5日、フジテレビ出版)• 三日月ふるふる 秋元康(著)、秋元麻巳子(絵)(1991年1月、マガジンハウス)• キスまでの距離 田中章義(著)、秋元麻巳子(絵)(1992年10月、角川書店)• 二人暮しのお取り寄せ 秋元麻巳子(著)(2000年6月、角川書店)• ぞうネコ 秋元 康(著)、秋元麻巳子(絵)(2002年12月、小学館)• お茶の時間のお取り寄せ 秋元麻巳子(著)(2003年6月、角川書店)•

次の

市場で注目される「秋元康関連銘柄リスト」

秋元康 妻

秋元康の妻との結婚歴は?名前や年齢差は? ではさっそく 秋元康さんの 結婚歴と妻はどんな人なのか といったことを 見ていきましょう。 秋元康さんが 結婚したのは 1988年のことです。 秋元康さんの 結婚相手は 元おニャン子クラブの メンバーである、 高井麻巳子 たかいまみこ さんです。 秋元康さんと 嫁の高井麻巳子さんとの 年の差は、 8歳ということです。 秋元康の子供は何人? さて、 秋元康さんの 結婚歴と妻が どういった方なのかを 見てきたので、 今度は 秋元康さんの 家族構成について 見ていきたいと思います。 秋元康さんの 子供は何人か、 ということを見ていきましょう。 秋元康さんには 子供が1人いるそうです。 秋元康の子供は息子?娘?家族構成は? ネット上の情報を 総合すると、 秋元康さんの子供は 娘さんだそうで、 つまり 秋元康さんの 家族構成は 秋元康さん・妻・娘 という構成の 3人家族になります。 秋元康の娘は、乃木坂の秋元真夏? では 秋元康さんの 娘さんは どんな方なのでしょうか。 これは よく言われることなのですが、 秋元康さんの娘さんは、 乃木坂46の 秋元真夏さんではないか といった話があります。 秋元康さんと秋元真夏さん、 同じ苗字ですので、 秋元康さんが プロデュースする 乃木坂46のメンバーである、 秋元真夏さんと 秋元康さんが親子ではないか といった話が あるわけですね。 ただ 秋元康さんの娘が 乃木坂46の秋元真夏さん、 という話は 事実ではないようです。 ちなみに 秋元真夏さんの 実家については、 こちらの記事をご覧ください。 秋元康の娘の年齢や名前は? それでは 秋元康さんの娘さんが どんな方なのか 見ていきましょう。 秋元康さんの 子供が生まれたのは 2001年3月のことでした。 さきほどの 秋元真夏さんは 1993年生まれですから、 そもそも 年齢が違うのですね。 秋元康さんの 娘さんの名前は、 ネット上には、 せりさん、という名前ではないか、 との見方が一部あるようですが、 実際には よく分かっていないようです。 秋元康さんの 娘さんの経歴に関しては 年齢について、 つまり 2001年生まれ、 という情報のみ、 確定的なものと 見られているようです 秋元康の娘の学校は?慶應?東洋英和? それで 秋元康さんの 子供の学校について 見ていきましょう。 秋元康さんの 娘の学校については 東洋英和女学院ではないか、 という説と、 慶應義塾大学ではないか という説の二つがあるようです。 東洋英和女学院も 慶應義塾も、 お金持ちの子供や 有名人の子供が通う学校、 としてよく知られていますね。 とくに 慶應大学の幼稚舎は、 慶應大学付属の小学校ですが、 芸能人の子供が たくさん通うことで 有名ですね、 秋元康さんの娘さんも 2001年生まれですから ひょっとしたら 慶應大学に進学しているのでは、 といったことも、 うわさされているようですね。 というわけで、 秋元康 秋元やすし さんの 「子供の名前は? 乃木坂で学校は慶應大学? 嫁との結婚や名前、年齢差は? 」 といった話題をお送りしました。

次の

秋元康の妻,年収,娘は?作詞はゴーストライターがやっている?

秋元康 妻

88年(32歳)美空ひばり「川の流れのように」作詞。 05年(49歳)AKB48をプロデュース(06年メジャーデビュー)。 ・9歳年下の弟がいる。 ・父親の躾は厳しかった。 ・子供の頃、好奇心旺盛だった。 遊園地でアトラクションに乗っている時に次に乗るモノを探してキョロキョロしていた。 ・子供の頃、何かを続ける事が苦手だった。 ヘチマの観察やマラソンが嫌いだった。 ・小学校低学年の頃、小児喘息を患った。 ・小学校時代、成績優秀だった。 進学塾に通っていた。 ・滑り止めの私立に進学せず公立中学校に入学後、小学校時代の反動で勉強をしなくなった。 ・中学時代、不良グループとよく遊んだ。 ・中3の時、女の子にモテたくてピアノを習い、バンドに入った。 ・高校は男子校。 ・高校時代、駅前の喫茶店でモーニングを食べて、1時間目の授業が終わる寸前に登校した。 ・高校時代、毎年新島に行ってナンパをしたが、セックスに誘う勇気はなくてトランプをした。 ・高校時代、デパートにマネキンを搬入するアルバイト(ギャラは半日で2500円)。 くずもち。 シナモンロール。 チーズケーキ。 アップルカスタード。 ・嫌いな食べ物…もち。 ・食べるのが大好き。 あんこう鍋を食べる為に日帰りで名古屋に行く。 おいしい店で行列して待つのを厭わない。 ・全国からおいしいものを取り寄せる。 三重県尾鷲市のうなぎおこわ、埼玉県川越市のざる豆腐、 静岡県田方郡の生わさび、大阪府貝塚市の水茄子漬け、など。 ・居酒屋メニューが大好き。 ・健康法…鍼灸・マッサージ(週1ペースで行く)。 水泳(先生について正式なクロールを習った)。 ・健康おたく。 健康に良いと言われるモノは全て試す(食事と運動に関するモノ以外)。 ・病院で検査を受けるのが大好き。 内臓のファイバースコープ検査を半年に1回受ける。 アンチエイジング用の処方されたサプリメントを服用。 ・不眠症。 睡眠導入剤(ハルシオン)、抗不安剤(セレナール)、催眠鎮静剤(レンドルミン)を愛用。 ・好きなミュージシャン…吉田拓郎。 Children。 ・好きな映画…「ローマの休日」。 ・好きな映画女優…オードリー・ヘップバーン。 ・家にいる時はパジャマ。 ・オペラに興味関心がある(老後の楽しみにとっておくつもり)。 ・96年に父親が他界してから自分より年上の人はそれだけで尊敬するようになった。 ・ペット…犬(名前はラッキー=05. 10現在)。 ・住んでいる所…東京都港区白金(00年に購入したマンション=03. 10現在)。 ・いきつけ… 日本料理「京味」(新橋、約30年通っている=14. 01現在)。 パン屋「キャッスル」(駒沢通り)。 韓国家庭料理「武橋洞」(大久保)。 ・食べ歩きが大好き。 友人とおいしい店の情報交換をよくする。 ・パチンコを打ちながら企画を考える。 ・競走馬を所有(アッキーオー、ソングフォーエバー)。 ・ニューヨークが好き。 ・旅先で何もしないでボーッとするのが苦手。 ・嫌いな人に会って嫌いな理由を確認するのが好き。 ・高校時代の友人と今も親交がある(=03. 10現在)。 ・年末年始に毎年社員と家族で海外旅行に行く(多い時は総勢30人)。 ・長女は1歳の頃から白子や北京ダックが好物。 食べ友達。 ・古舘伊知郎…友人。 飲み友達。 ・木梨憲武…友人。 若い頃によく一緒に悪い遊びをした。 ・石橋貴明、和田アキ子、保阪尚希…友人。 麻雀仲間。 ・堀江貴文…友人。 ・斎藤由貴…妻の友人。 自宅に遊びに来る。 妻と映画「恋する女たち」で共演。 ・後藤次利…コンビを組んでヒット曲を多数作った(秋元が作詞、後藤が作曲)。 ・小泉今日子…「なんてったってアイドル」を作詞。 ・美空ひばり…「川の流れのように」を作詞。 ・中島美嘉…中島のデビュー曲「STRAS」を作詞。 ・工藤静香、藤井フミヤ、稲垣潤一、長渕剛、森川美穂…詞を提供。 ・島崎和歌子…Riskyの名前での再歌手デビューをプロデュース(=99年)。 ・椎名法子…椎名のサードシングル「ドレミファソラシド」をプロデュース。 ・松坂慶子…映画「グッバイ・ママ」に主演。 ・松嶋菜々子…映画「恋と花火と観覧車」に主演。 ・藤谷美和子…「愛が生まれた日」を作詞作曲。 秋元は藤谷が話す独特な言葉の意味をすぐわかる能力?を持っている。 ・乃木坂46、AKB48、おニャン子クラブ…プロデュースを担当。 ・松本伊代…交際を噂された。 ・高井麻巳子…元おニャン子クラブ。 88年5月結婚。 9歳年下。 ・子供: 長女…せり。 05誕生。 ・放送作家の仕事を始めた当初は割の良いアルバイト感覚だった。 「これがずっと続くわけがないからどこかで区切りをつけて勉強しなおそう」と思っていた。 ・大学時代に月に100万円以上稼ぎ、20歳の時に新宿に2LDKのマンションを購入。 ・おニャン子ブームの時、睡眠時間は1日3時間。 多い時は1日に10曲作詞したシングルの殆どがヒット、 ベスト50の中に自分が作詞した曲が半分入っていた事があった。 ・おニャン子クラブのヒット曲を多数作詞。 ・ニューヨークに1年間滞在(=88年)。 「川の流れのように」はニューヨークの喫茶店で書いた。 それまでの作詞は企画色が強いものばかりだったが、 「川の流れのように」は初めて策を弄さずに直球を投げた仕事だった。 ・映画の脚本を3日で書き上げた事がある。 ・夜中の3:00頃まで打ち合わせをして、それから原稿を書いて、 朝の8:00に寝るのが基本パターン(若い頃? ・映画「グッバイ・ママ」「マンハッタン・キス」「川の流れのように」を監督。 ・映画「恋と花火と観覧車」「ご存じ! ふんどし頭巾」をプロデュース。 ・競輪の実況中継で解説を担当(=97年)。 ・セガの社外取締役に就任、CM「湯川専務」シリーズを作った(=98年)。 ・98年度長者番付文化人部門1位。 ・エッセイ集「どいつもこいつも」を出版(=99年)。 ・「川の流れのように」が高校の音楽の教科書に採用された(=99年)。 ・日本初のインターネットドラマ「グラウェンの鳥篭」をプロデュース(=99年)。 ・エッセイ集「人生には好きなことしかやる時間がない」を出版(青春出版=00年)。 ・エンターテインメントコンテンツ配信サイト「kyoming. com」をプロデュース。 ・作詞を手掛けた曲の数は2000曲以上(=03. 10現在)。 ・アニメの主題歌の作詞を多数手掛けている。 「ハイスクール! 奇面組」「美少女戦士セーラームーンSS」 「機動戦士ガンダムZZ」「ノンタンといっしょ」など。 ・「お仕事は? 」と訊かれると「詐欺師です」と答える。 ・先の事を考えるのが苦手。 予定表を見ると気持が悪くなる。 ・若い頃は実現しそうもなくても面白い事を無責任に言うのが好きだったが、 年齢を経るにすれて発言した事がそのまま決定事項になってしまうので、 ホームランより確実にヒットを狙う事を目指すようになってきた。 ・失敗しても後悔しない。 作詞した曲が150位だったら「僕がやったから150位まで行ったけど、 他の人がやったら500位以下だった」と考える。 ・人間は最終的には「どこで何をしても生きていける」という生命力がある人が勝ち、 その生命力は「なんとかなる」という根拠のない自信から生まれると思っている。 ・ドラマの仕事で演出家と意見があわなくて怒って帰った事がある。 ・パチンコ台「びんぼー頭巾」をプロデュース(=05年)。 ・京都造形芸術大学副学長に就任(=07年)。 ・作詞したシングルのトータルセールスが1億枚を突破(=15年)。

次の