お悔やみ の 言葉 友人。 お悔やみの言葉 例文】ビジネス・上司・同僚・部下・会社・弔電・友人・友達

電話でお悔やみの言葉を言うには?|例文・親戚・友人・会社|終活ねっと

お悔やみ の 言葉 友人

友人かline(ライン)で、両親や祖父母が亡くなった…。 というメッセージをもらった時あなたはどんな風に返信しますか? 普通のメッセージと違って誰かが亡くなったことのメールは、どんな風に友人に送っていいか悩んでしまいます。 『失礼なことは送れない。 』 『マナーはわかるけど、固すぎる言葉ばかり使うのも違和感がある。 』 『既読になっているから、早く返信しないと…。 』 とても大事な内容なんだけど、焦った経験が私にはあります。 私の場合は、友人の父親が亡くなった時、祖父母が亡くなった時 line(ライン)でその知らせを教えてくれました。 その時、どんな風に返信したのか? ここでは、そんなお悔みメール(line(ライン))についてを書いています。 そもそも、line(ライン)がお悔みメールってありなのでしょうか? 目次• お悔みメッセージをline(ライン)って失礼? お悔みメールをline(ライン)で送る。 ありなのだろうか? 私の中ではそもそも、line(ライン)自体が気軽にメッセージを送るイメージがあります。 コミュニケーションの幅を広げるのにはとても使いやすいツールではありますが、お悔みメールに向いているか? といったら向いていない気がします。 しかし、 現代はline(ライン)=メールという感覚も定着していて、 『line(ライン)以外何で友達と連絡をとるの?』 と言った感じになっています。 大事なのは、お悔みをline(ライン)で伝えるかどうかではなく、その後のお悔みline(ライン)だったり、対応が大事なんじゃないか!? って感じます。 (友人の時に限り) 友達自身も身内が亡くなったことをline(ライン)で知らせてきているのだから、返信もラインで良いはずです。 お悔みline(ライン)の言葉どう返信する? 問題はline(ライン)でどうお悔み言葉を返信するか?です…。 友人に一般的なお悔み言葉を使うのは、なんか固すぎるし、身内が亡くなっているのに、普通にメールしても良いのか? と色々考えてしまいますよね…。 お悔みline(ライン)を送る時に、こんなふうに悩みませんでしたか? ・この度はご愁傷様でした。 ・心よりお悔み申し上げます。 ・ご冥福をお祈りいたします。 などです。 親類とか会社の上司なら、一般的なお悔み言葉も違和感ないですが、友達に使うとなんとなく固すぎて違和感があります。 礼儀正しすぎるお悔みメールは、送られた側の友人もかえって心の距離を感じてしまうかもしれません。 友人から敬語とか使われると、なんか心の距離を感じたことはありませんか? 私は友人から敬語を使われると、ドキッとしたことがありますよ…。 『なぜ敬語!?って…』 礼儀正しすぎるお悔み言葉は王道で、間違いないですが、距離を感じさせないお悔み言葉があるといいですよね。 距離を感じさせないお悔み言葉って? じゃあ、距離感を感じさせないお悔み言葉って何なんだろう…。 一般的なお悔み言葉を使わなくても、相手を気遣う、相手の気持ちに共感した。 という事を友人に伝えられたら、それが一番のお悔み言葉だと私は思います。 こんな言葉を使いました。 ・長文 ・故人の死因などを聞く ・返信が必要な内容 長文 友人はお通夜やお葬式などでバタバタしているかもしれません。 長文だと、メッセージを読むことに時間がかかるし、お悔みのメッセージには適しません。 故人の死因などを聞く 『おばあちゃんは何でなくなったの?病気?それとも…。 』 友人が、身内が何で亡くなったのか話すのはいいのですが、あえてこちら側からは聞きません。 返信が必要な内容 色々聞きたいこともあるかもしれませんが、お悔みメッセージは返信不要な内容で送るのが良いです。 大変な時なので、友人の時間をメールの返信で奪わないようにしたいという心遣いから。 お悔みをline(ライン)やメールで送る時の例文 お悔み言葉の例文紹介です。 亡くなった人が、祖父母、両親、兄妹などでまた、お悔み言葉が変わってくると感じます。 私は、福祉関係の仕事をしていて仕事がら研修でこんな言葉を教えてもらいました。 例文7: この度はご愁傷様でした。 なんと言葉にしていいかわかりません。 落ち着いたら、今度仏壇へお参りさせてね。 続いて、お悔みメール(line(ライン))をもらった後の対応です。 友人の身内の葬儀は『出る? 』、『出ない?』 友人からline(ライン)で身内の不幸の知らせがあった場合。 line(ライン)の返信だけでは終わらせず、友人へ香典を持っていたこともあります。 そもそも、友人との関係が浅いのに身内の不幸をわざわざ伝える人はいないと思います。 私の時は、小・中の友人が身内の不幸を教えてくれました。 友達の家族とも顔見知りだったので、関係も深い方。 友人も身内の不幸を伝える相手を選んでラインを送っているはずです。 通夜又は葬儀に出たのはこんな場合。 両親の場合 友人の両親が亡くなった場合は、 通夜か葬式、または両方参列します。 実際、小学の友人の父親が亡くなり他の友人と相談して通夜に参列しました。 もし、通夜や葬式も出れない場合は通夜が行われるその前に、香典をもってお祈りにいきました。 遠方にいる場合は、香典を郵送または、自分の両親から持って行ってもらって、自分が帰省した時に、仏壇に参りにいく。 ということもありました。 最後に line(ライン)を使っての友人の身内の不幸の知らせ。 普段気軽に使っているline(ライン)だからこそ、お悔みメールで利用するのは不適切な感じもします。 しかし、line(ライン)を使わなかったら何で友人と連絡をとるべき!? と感じるし、電話をかけるとかえってダイレクトすぎて伝える相手に気を遣わせてしまう。 親類や会社の上司ならともかく、友人ならline(ライン)を使うお悔みメールも有りだと感じます。 ただ、その後の友人への対応が一番大事です。 それは、お悔みメールの返信する内容や葬儀まで参列するかどうか? ということです。 友人の心境を考えるとやっぱり軽率な対応は出来ないですよね…。

次の

お子さんを亡くした友人への声掛け…どうすればよいでしょうか?

お悔やみ の 言葉 友人

お悔やみの言葉を述べるケースは? A1. 訃報に接した時や、通夜・葬儀に参列した時にはお悔やみの言葉を述べる。 どうしても弔問がかなわない時には弔電やお悔やみの手紙を出すのがマナー。 お悔やみの言葉は本来直接相手に伝えるものです。 通夜葬儀に参列できなかったり、遠方などの理由で弔問できない際には弔電を送ります(弔電を打ちます)。 ただし、本来のマナーから言えばメールはあくまでも略式です。 ラインなどのSNSで伝えたりするのも本来のマナーから言えばマナー違反であり、相手に不快な思いを与えてしまう可能性があります。 相手との関係を良く考えて使うようにしましょう。 上記以外のケースとして、以下のケースでもメールでお悔やみの言葉を送るのは許されるでしょう。 突然のことで言葉もありません。 どうかお力を落とされませんように。 ・連絡ありがとう。 突然のことで言葉もありません。 心からお悔やみを申し上げます。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 何かできることがあれば遠慮なく連絡ください。 ・メールを読んで驚いています。 大変な時に知らせてくれてありがとう。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 後日改めてお参りに伺わせてください。 故人のご冥福をお祈り申し上げます。 友人・友達のペットが亡くなった場合 (カッコ)はペットの名前 ・メールを読んで驚いています。 寂しくなりますね。 (ミーちゃん)のご冥福を心からお祈りします。 ・メールを読んで驚いています。 あなたと出会えて(ミーちゃん)は幸せだったと思います。 いつまでも忘れないことがきっと何よりも供養になりますね。 (ミーちゃん)のご冥福をお祈りします。 ・(ミーちゃん)のこと、メールを読んで驚きました。 こんなに思ってくれる人がいて(ミーちゃん)は幸せだったと思います。 寂しいけどどうか元気出して。 ご冥福をお祈りします。 訃報をあとになって知った場合 訃報を知って驚いています。 お悔やみに伺えず申し訳ありませんでした。 どうかお力を落とされませんように。 ご冥福を心からお祈りします。 メールで失礼いたします。 喪中はがきが届き、驚いています。 お母様にはお世話になったのに、お悔やみも申し上げず本当に申し訳ありません。 ご家族の皆様にもお詫び申し上げます。 年末には帰省しますので、ぜひご焼香に伺わせてください。 故人のご冥福を心からお祈り申し上げます。 2-2)親戚あて お悔やみの言葉メール文例 親戚が亡くなった場合(カッコ)は故人の名前 ・連絡ありがとう。 突然のことで驚いています。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳ありません。 また、お手伝いもできず心苦しく思っています。 お香典だけ送らせていただきます。 お盆には改めてご焼香に伺いたいと思っていますが、何かできることがあれば遠慮なく連絡ください。 ・メールを読んで驚いています。 大変な時に知らせてくれてありがとう。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 後日改めてご焼香に伺わせてください。 忙しいと思いますのでお返事は不要です。 あなたもどうぞ無理をしないで、体をいたわってください。 ・メールを読んで驚いています。 大変な時に知らせてくれてありがとう。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 お香典だけ送らせていただきます。 2-3)ママ友あて お悔やみの言葉メール文例 ママ友の身内が亡くなった場合 ・大変な時にメールしてごめんなさい。 お母様のこと、突然のことで言葉もみつかりません。 心からお悔やみ申し上げます。 私も数年前に父を亡くした時に経験しましたが、 これから数日間、遺族は本当に大変だと思います。 何かお手伝いできることがあれば遠慮なく連絡ください。 ・お義父様のこと、突然のことで驚いています。 心からお悔やみ申し上げます。 大変な時にメールしてごめんなさい。 どうか遠慮なく連絡ください。 何もなければ返信不要です。 無理をしないでくださいね。 ・こんな時にメールなんかしてごめんなさい。 お悔やみにも伺わず失礼いたしました。 何かお手伝いできることがあればいつでも連絡ください。 お母様のご冥福をお祈りします。 2-4)返信の例・文例 お悔やみのメールを頂いた場合の返信例 ・メールありがとう。 おかげで元気が出ました。 明後日には自宅に戻ります。 心配かけてごめんなさい。 色々ありがとうございました。 ・いつも心配してくれてありがとう。 細やかなお気遣いに涙が出ました。 色々ありがとう。 おかげで元気になりました。 ・メールありがとう。 やっぱり友達はありがたい…と心から思いました。 おかげさまで葬儀も無事終わりました。 ご心配をおかけしてすみませんでした。 ありがとうございました。 ・メールありがとう。 忙しいかなと思って知らせずにいたのですが、かえってご心配を おかけしてしまい、すみません。 母も喜んでいることと思います。 ありがとうございました。 また会いましょう。 色々とありがとう。

次の

お悔やみの言葉(挨拶)

お悔やみ の 言葉 友人

スポンサーリンク お悔やみの言葉をラインで友人に伝える際のマナーとは? 以下では、お悔やみの言葉をラインで友人に伝える際のマナーについて見ていきたいと思います。 これはラインで伝える際も直接伝える場合も同じです。 お悔やみの言葉「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 」というのが一般的な表現であり、たとえ親しい友人であっても、お悔やみの言葉を伝える時は改まった言い方で伝えましょう。 お悔やみの言葉を伝える時は、死や苦しみなど生死にかかわる言葉や不吉な言葉、重ねる言葉や繰り返す言葉など、忌み言葉を使わないように気をつけましょう。 主な忌み言葉は、重ね言葉や繰り返す言葉である「再び、重ね重ね、ますます、追って」 生死にかかわる言葉である「死、死去、急死」 不吉な言葉である「苦しみ、浮かばれない、消える」などとなっています。 不幸があったばかりの友人には、負担をかけない配慮が必要です。 亡くなった理由を聞いたり、詮索したりする内容のメールはマナー違反と言えます。 またラインなどでは返事を求めるような文面や、自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるようにしましょう。 返信の負担をかけたくない時は、最後に「返信不要」の旨を伝える言葉を添えるようにすると良いかもしれませんね。 そもそもお悔やみの言葉をラインで伝えてもよいの? 日常的にメールなどでやり取りをしている間柄であれば、お悔やみの言葉も普段使っているメールやラインで送ることは問題ないといえます。 逆に遠慮して何もしないより、メッセージを送った方が相手に追悼の気持ちやねぎらいの素直な気持ちを伝えることができるでしょう。 さらにラインには相手の都合のよい時に確認してもらえるため、電話よりも相手に負担をかけないメリットもあります。 友人へのお悔やみメールの文例をご紹介 ここでは、お悔やみメールの文例を紹介していきたいと思います。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 なおメールの件名は、内容がすぐにわかるよう「お悔やみ申し上げます」などとするとよいでしょう。 文例1 「このたびはお父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。 」 文例2 「お母様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 なお、返信は不要です。 」 文例3 「突然の訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。 すぐにでも最後のお別れに駆けつけなければならないのですが、参列できず残念です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 何かできることがあればすぐに連絡してください。 』 文例4 「悲しみいかばかりかと察しています。 お父様の在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします」.

次の