グーグルレンズ 使い方。 「グーグルレンズ」を使うには|野口悠紀雄|note

Googleレンズの使い方や設定方法!翻訳やQRコード読み取りも。iPhoneでも使えるの?

グーグルレンズ 使い方

「パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。 第67回は「Googleレンズ」の使い方をご紹介します。 カメラを通していろいろ検索 昨年11月に発売されたGoogleのスマートフォン「Pixel 3」シリーズでは、画像内にあるものの情報を画像解析で調べてくれる「Googleレンズ」が話題になった。 現在、この機能はPilxel 3以外のAndroid端末でも利用できるようになっている。 Googleレンズでは、たとえばカメラに写っている動物やランドマークなどを認識して情報を表示したり、文字を認識してテキスト情報として表示してくれたりする。 「Playストア」で単体のアプリとして提供されているが、「Googleアシスタント」または「Googleフォト」内でも利用できる。 Googleアシスタントを起動して、左下にGoogleレンズのアイコンが表示されていたら、それをタップすると起動できる。 あとは調べたいものをカメラで映してタップする。 画像上のドットをタップすると、それに関する情報に絞って表示される。 欲しい品物の商品名や販売しているショップをこの機能で探してみよう。 ホームボタンを長押しするなどして、Googleアシスタントを起動する。 起動したら左下にあるGoogleレンズのアイコンをタップする カメラが起動するので、調べたいものを映す。 ドットが表示されたらそれをタップする 画像解析して、類似した画像の検索結果などの情報が表示される 検索結果をスクロールすると、同じ画像があったのでタップしてみた 製品の場合はタップするとショップのWebサイトに移動する 今度はGoogleレンズでポスターを映してみた ポスターに書いてあるテキスト情報を解析して、関連がありそうな検索候補を一覧表示してくれる。 タップするとそれぞれの検索結果が表示される 動植物、建築物、キャラクターなどさまざまなものを調べられる。 対象によって解析精度はまちまちだが、今後改善されていくはずだ いろいろなものをこの機能で調べてみよう Googleフォトでは、撮影済みの写真を使って調べられる。 写真を選んでタップして、下にGoogleレンズのアイコンが表示されていたらそれをタップする。 すると類似画像や関連ありそうなキーワードなどが表示されて検索できる。 画像上のドットをタップすると、それに関する情報に絞って表示される。 写真からテキスト(文字)を読み取ってみよう。 Googleフォトで調べたい写真をタップして表示する。 画面下にGoogleレンズのアイコンがあるので、これをタップ 検索候補が表示された。 ここで画像の中のテキストが強調表示されている。 これをタップするとテキストを選択できる 調べたい、または取り込みたい範囲を指定する。 あとはテキストデータとして取り込みたい場合は「Copy text」、検索したい場合は「Search」をタップする ほかの言語に翻訳したい場合は、「Translate」をタップすれば指定した言語に翻訳してくれる.

次の

Google レンズ

グーグルレンズ 使い方

グーグルレンズは、グーグルが提供する 画像認識アプリです。 どんなスマートフォンでも、以下に説明する方法で、 簡単に使用することができます。 1.「グーグルフォト」から用いる方法 (1)アンドロイド端末でもiPhoneでも 「グーグルフォト」をダウンロードして、最新版に更新してあれば、グーグルレンズを使えます。 グーグルフォトに保存してある写真を開くと下に表示されるマークの右から2番目(ゴミ箱マークの左)が、 グーグルレンズのアイコン(ボタン)です。 これをタップすると、写真を認識して、情報を取り出してくれます。 (2)「グーグルフォト」は、できます(無料)。 2.検索ウインドウから用いる方法 アンドロイド端末でもiPhoneでも、 、そこからグーグルレンズを使えます。 (1)iPhoneの場合 Google 検索ウインドウの右端に表示されているマークの右から2番目が グーグルレンズのアイコンです。 これをタップして開かれる画面で、グーグルレンズを使えます。 (2)アンドロイド端末の場合 Google検索ウインドウの右端のマークをタップし、開かれた画面の下にある・・・・マークをタップすると、下のように、 グーグルレンズのアイコンが現れます。 これをタップして開かれる画面で、グーグルレンズを使えます。 3.カメラのアプリから用いる方法 アンドロイド端末の場合、カメラ > その他 を選択すると、Googleレンズのアイコンが現れます(これが、これまでのGoogleレンズの標準的な使い方でした)。 4.どのように使い分けたらよいか? 上記のように、いくつかの方法によってグーグルレンズを使うことができますが、つぎのように使い分けたらよいと思います。 (1) とりあえず写真をとり、あとから画像認識したい場合は、 1の方法(グーグルフォトで使う)がよいでしょう。 名刺の画像認識には、この方法が便利でしょう。 また、も、この方法が便利です。 (2) 目の前にあるものについてすぐに知りたい場合には、 2または3の方法が便利でしょう。 何らかの理由で グーグルフォトを利用したくない場合には、この方法がよいでしょう。 *以上の使用法は、私が持っている端末についてのものです。 端末によっては、若干異なるかもしれません。 *Googleの 公式説明は、。

次の

【Android】Googleレンズの対応機種/端末を解説!

グーグルレンズ 使い方

2018年11月、「Google Pixel 3」の日本発売と同時に話題になった、「Googleレンズ」。 スマホカメラをかざすと、対象物の情報を示してくれる高度な検索機能は、 Pixel 3以外のAndroid端末やiOSにも対応されています。 2018年12月には 「認識できるものが10億点を超えた」との発表もあり、ますますの活躍が期待されています。 今回は、そんな「Googleレンズ」について、「実際の使い心地はどうなのか?」「どの程度"使える"のか?」を、さまざまな対象物で検証してみたいと思います! Googleレンズの基本の使い方(Googleフォト使用の場合) まず、Googleレンズを使い方を紹介します。 Googleレンズは、それ単体のアプリがあるわけではなく、「Googleアプリ」や、「Googleアシスタント」、「Googleフォト」など、既存のGoogleツールの「Googleレンズアイコン」を選択することで利用できます。 (2019年5月現在) 参考: Googleレンズアイコン。 このアイコンが目印。 なお、筆者はiPhoneユーザーで、まだGoogleアプリからは使用できなかったため、今回は「Googleフォト」からこの機能を使用してみます。 これをタップすると、 突然、近未来的なドットが画像の上を機械的に動きだし...... 結果が出ました! けど...... 「 アイスキャンディー」?「 ティムタム」? ええ...... 全然違う......。 かつては首都圏のローカル食材だったものの、現在では知名度の向上に伴い全国の大手スーパーなどでも販売されている、冬の定番・おでんで大活躍の「ちくわぶ」なのに......。 どうやら、10億点識別できるとはいえ、まだまだ識別できないものも多い模様です。 角度を変えると「画像が識別できません」と結果が変わることもあり、角度によっても出てくる答えがかなり変わってきそうですね。 なお、 AndroidでもGoogleフォトで使うことはもちろん、Pixel3など一部スマホのカメラには、カメラにこの機能がついているものもあり、撮影しながらGoogleレンズを使用することもできます。 同じく上記のGoogleレンズアイコンが目印なので、見つけたらタッチしてぜひ遊んでみてください。 「これは無理かも...... 」と半信半疑ながら挑戦した「もつ鍋」は、なんと自信満々の一択回答が返ってきました。 背景がシンプルなことと、ニラが煮える前の「ザ・もつ鍋」な見た目が功を奏したのかもしれません。 こちらは、グアムで飲んだココナッツドリンク。 試してみると、該当する商品の情報を提示してくれました。 基本的に、テキスト表示のあるものは、テキストを優先して情報を持ってきてくれるようです。 日本語の商品なら自分で検索すればいいですが、 読めない言語で書かれているテキストの情報を知りたいときは、Googleレンズが役に立ってくれそうですね。 とはいきませんでしたが、餃子はほぼ正確に当ててくれました。 ほかにない色や形状をしているものは、わりと当ててくれるイメージですね。 色味が曖昧で難しいと思われた「肉まん」も概ねクリア。 どこがどう似ていると判断されたのか......。 みんな大好きみたらし団子は、スペインで販売されているチョコレートクリームだと認識されました。 お菓子というのは合っているんですが......。 これは絶対わかるでしょう! と自信満々に判別に挑んだ「ハンバーガー」は、「バーガーキング」と判定。 わざわざ店名まで当てに来るとは、ハンバーガーには絶対の自信があるんでしょうか。 天ぷら、みたらし団子といい、 Googleレンズ、和食分野があまり得意ではなさそうです。 レモンやグレープフルーツ、文旦など柑橘系を見分けられたら画期的だな? と期待していましたが、この通り、判別は難しかったようです。 その回答も、みかんや文旦などではなく、レモンやオレンジ、ライムと提示するあたり、 やはりアジア発祥の品種に弱そうな気も? こちらは「カツオのたたき」。 しかし、出てきた答えは「ローストビーフ」「鹿肉」など。 たしかに、候補写真を見ると似ているかも......。 もっとハッキリ色別れした「ザ・地球儀!」って感じのモノだったら、判別できていたかも? Twitterで話題のネパール料理店「サラムナマステ」の「ほんとビリヤニ」を判定してみましたが...... 、残念! ならば! と「パエリア」。 ですが、ミミガイ科が表示されました。 パエリアの上に乗っている貝にフィーチャーしてしまったようですね。 やはりGoogleレンズは、スタンダードでないものや見た目の振れ幅が大きいもの、絵がごちゃごちゃしているものは判別しづらいようです。 Googleレンズはこんな楽しみ方も 筆者の実家で飼っている猫は、路上で拾ってきた雑種猫です。 しかし、家族のなかでは「"ターキッシュバン"という品種の血が混じっているのでは」と話題なんです。 これがターキッシュバン。 長毛なところも、毛色も、模様のつき方も、よく似てるんですよ...... ! もしかしてもしかしなくても、Google レンズに、その想いを後押ししてもらえるんじゃないかと思い、試してみました。 すると...... おおおお...... ! ある!! ターキッシュバンが! 3番目だけど。 似ている似ているとは思っていましたが、Googleさんに「あなたの家の猫、この種類じゃない?」と言ってもらえるとなんだか嬉しいですね。 ほかにも、雑種の猫さんたちを判定してもらうと、それぞれ似ている品種が提案されて、「うちの子、もしかしたら実は良家の出なのでは...... 」との夢が膨らみます。 うんうん、左の子も野良出身なものの、絶対ロシアンの血入っていますよね。 コラットという品種にも似てるんだぁ?? そして右の子は...... ? インテル入ってる? まとめ Googleレンズ、いろいろな写真で利用してみましたが、植物や動物、食材など、加工されていないありのままの形をしているモノは、比較的答えが見つかりやすいようです。 とはいえ2017年11月に公開されてから、およそ1年で識別可能な点数を4倍にも増やした「Googleレンズ」は、今後ますますその点数を増やしていくはず。 数年後には、私たちの生活にとって欠かせない検索手段に変わっているかもしれませんね。 今回は結果として、日本の料理や物の精度がまだまだだったので、外国から旅行に訪れる方のためにも、もっと日本の料理も判別できるようになるといいですね!日本の料理に似た世界の料理がたくさん知れて、今回は楽しかったです。 文/坂口ナオ.

次の