リバティー ウォーク 社長。 Liberty Walk PERFECT BOOK (リバティーウォークパーフェクトブック) (サンエイムック)

HISTORY

リバティー ウォーク 社長

スポーツカーでありながら尖り過ぎていないフォルムに惹かれる方も多いでしょう。 カスタムには純正とは全く違った魅力があるもの。 どういった点が違うのか気になるところですね。 フロントバンパーが変わるだけでもその印象はガラっと変わるものですね! 純正のものと比べてシャープになったそのイメージはホンダ・NSXさながら。 S660の可愛さとNSXの洗練されたイメージを両立したその見た目は、 ホンダスポーツカーのいいとこ取りといった感じでしょうか。 軽自動車規格を外れたワークススタイルのオーバーフェンダー ゴツっとした印象のオーバーフェンダーもカッコイイですね! 見た目も大きく変わりますが、 ワイドタイヤを履けば軽自動車にないしっかりとした走行性を堪能できるでしょう。 ドライブ好きには走り心地は重要なポイントですね。 ダックテールもしくはGTウィング リアウィングには「ツンっ」として可愛らしいダックテールと、レーシングカーを彷彿とさせるGTウィングの2タイプを用意。 GTウィングを付けると走行性も変わってくるといいますが、公道でそこまでの高速走行はしないのでほとんど見た目の問題でしょうね。 とはいえ、GTウィングを付けたときのインパクトは絶大です。 どちらを選んでもイメージが大きく変わってくるので、好みとの相談になりそうですね。 軽自動車枠に収まるオーバーフェンダーなしのキットもあり オーバーフェンダーを採用した車の難点は、車幅の関係で軽自動車としては登録できないところでしょう。 オーバーフェンダーありのものと比べると値段もお手頃なので、税金などを合わせてもお財布に優しいですね。 見た目は純正のS660に近くなるので、こちらが好みだという方も多いでしょう。 各種モデルの定価は以下の通りです。 実は 世界中から支持されるブランドなんですよ! ここではそんなリバティーウォークについて少し触れておきましょう。 ランボルギーニなどのスーパーカーやケンメリなどの旧車用の大胆なエアロパーツを製作・販売 リバティーウォークは愛知県から世界に名を轟かせる自動車のカスタムブランド。 通称 「シャコタンオヤジ」と呼ばれる加藤社長の率いる会社です。 あだ名が付いている辺りから、その人気度合いも伺うことができますね! リバティーウォークの特徴として一番に挙げられるのは、なんといっても 思い切りの良さでしょう。 高級車にも容赦なくメスを入れるカスタムが話題を呼んでいます。 高級車として名高いランボルギーニを始め、4ヵ月で生産打ち切りとなった通称「ケンメリ」と呼ばれる激レアモデルのスカイラインまで。 日本人の「大人しい」というイメージを払拭するようなその大胆さ。 こういったブランドが世界で活躍してくれるのは誇らしいものですね。 ワークススタイルのオーバーフェンダーを装着したLB-WORKSシリーズ リバティーウォークのカスタムは大きく3つのモデルに分かれます。 その中でも リバティーウォークの個性が一番色濃く反映されているのがLB-WORKSシリーズ。 ワークススタイルのオーバーフェンダーを用いたカスタムは、その印象を一気にワイルドにします。 ガッツリとリバティーウォーク色に染めて欲しいという方にオススメのモデルですね。 まさに痒いところに手が届くといった印象のカスタムではないでしょうか。 そしてPERFORMANCEの名の通り、LB-WORKSシリーズに比べて安価なのも魅力ですね。 前述のように高級車でも大胆にカスタムしてしまうのがリバティーウォークの特徴ですが、庶民派の車も手掛けているんです。 これも幅広い層から愛される理由の一つでしょうね。 NSX純正のキャンディレッドにオールペン ボディのカラーは 純正のNSXを彷彿とさせるキャンディレッドを採用。 普通の赤とキャンディレッドでは印象が全く変わってきますね。 光沢のあるその色合いからは 一際上品なイメージが伝わってきます。 LBオリジナル16インチ鍛造アルミホイールにエアサス ホイールには高級車などに見られる鍛造アルミホイールを採用。 さらに車高を自在に調整出来るエアサスまで搭載しています。 車高を上げ下げして自分好みの見た目に出来るのも嬉しいですが、 そのメリットは乗ったときにこそ体感するものでしょう。 鍛造ホイールの安定性、エアサスのクッションが相まって 極上の乗り心地を実現してくれるはずです! ワンオフマフラーも装着 マフラーも純正とはまた違った 重量感のあるカッコイイものが装備されています。 ワンオフマフラーは車好きにとっては憧れ。 この車にしか付いていないという特別感はこの上ないものです。 単純にエンジンのパワーも上がるので、これも安定した走行を可能にしてくれる要素ですね。 走行距離2800kmのMT車がベース 中古車を買うにあたって大切なのはまず走行距離です。 今回入庫されたデモカーは走行距離も2800kmとまだまだ安心な数字。 そしてスポーツカーというとMT車を選べるのもポイントです。 S660にはMTのモデルとCVTのモデルがありますが、今回のデモカーはMT車をベースにカスタムされています。 CVTは運転が簡単で、滑らかに走れるというメリットが人気を呼んでいますね。 しかし、 スポーツカーを選ぶ人というのはMTの自在に操縦している感覚が好きだということも多いのではないでしょうか。 ここまで見てきたその他の要素も相まって、 走ること自体を楽しめるような車になっているはずですよ! Advertisement 関連する記事• 2015. 29 ハロウィンの時期がやってきました。 ここ数日は渋谷をはじめ、多くの人達が仮装している姿が放送されています。 ですが、ちょっと待ってください。 どうして人[…]• 2019. importdpsonline. 2019. 13 いまやカーオーディオに並んで、車の必需品となりつつあるバックモニター。 大型車はもちろん、最近では小型車へ搭載される機会もおおくなって新車購入時には約[…]• 2019. porsche. 2019. デザインの[…].

次の

Liberty Walk PERFECT BOOK (リバティーウォークパーフェクトブック) (サンエイムック)

リバティー ウォーク 社長

リバティーウォークとは? 日本発のカスタムブランド 現在、世界中で評価されている日本発のチューナーがあります。 それは愛知県に本拠地を構える「リバティーウォーク」です。 社長であるシャコタンオヤジこと加藤渉氏は、日本のいわゆる族車文化に大きな影響を受けていて、族車スタイルをさらに磨き上げた改造スタイルを得意としています。 いわゆるシャコタンやフェンダーのカスタムを中心とする族車文化は日本特有の車文化でしたが、このリバティーウォークを筆頭に海外でも非常に高い人気を誇っています。 シャコタンって何?という人はこちら リバティーウォークのカスタムの特徴 リバティーウォークのカスタムといえば、何と言っても車のボディに大胆にもメスを入れ、リベット留めのフェンダーを装着したスタイルが特徴的です。 リバティーウォーク社長である加藤氏は、若い頃に日産スカイラインやローレルを改造した族車のスタイルに親しんでいて、そのスタイルがフェラーリやのカスタムのルーツになっているといえます。 ランボルギーニやフェラーリは一台数千万円と世界でももっとも高い価格帯に位置するスーパーカーです。 そんなスーパーカーに対して、ボディにメスを入れるようなカスタムを施す姿は、当初は多くの外国人を驚かせました。 こちらの動画、2014年のSEMAショーで起きたハプニングの様子です。 リバティーウォークが出展したフェラーリ 458が後続車に追突され、車体を破損してしまいます。 破損してしまったフェラーリ458のウィングの価格は43万円と決して安い価格ではありません。 しかし加藤氏は、追突した相手を咎めることなく「バンザイ!!」と叫び、険悪な雰囲気になりそうなところを一瞬で和ませてしまいました。 エンターテイナーとしての加藤氏の一面がみえます。 かっこよすぎるリバティーウォークのカスタム 出典 : すでに知っていた人も今回はじめて知った人も、彼らのカスタムスタイルには度肝を抜かれ、虜になってしまったはずです。 さまざまな車関連イベントにも登場しているので、ぜひその目で一度リバティーウォークのカッコよさを確かめてみてください。 アグレシッブなカスタムが特徴的なリバティーウォークですが、そのカスタムを施された車に乗る人も、きっとより自分自身の愛車に対して愛着が湧くはずです。 これからも素晴らしいリバティーウォークのカスタムから目が離せません。 その他 車のカスタムに関するおすすめ情報はこちら.

次の

東京オートサロン2020にて発生した諸星一家メンバーの悪質な空吹かし問題について、リバティーウォークCEOの加藤渉 氏が正式に謝罪。その全文と今後の活動を見てみよう

リバティー ウォーク 社長

関連投稿 いくらリバティーウォークといえどもミウラをカスタムするのは勇気がいるだろうと思っていたところ、この車両はなんと「フォードGT40のレプリカ」。 そのレプリカをミウラ風に仕上げたということになりますが、これは「GT Developments」製の車体とのこと。 一方ランボルギーニ・ミウラは全長4360、全幅1780、全高1050ミリで、両者におけるサイズは「非常に近い数字」となっています。 このレプリカに対しリバティーウォークはボディパネルのすべて(ルーフ、サイドシル、ドア含む)をミウラっぽいオリジナルへと入れ替え、かつ「イオタ」風の仕上げに。 もちろんオーバーフェンダーも装着され、このフェンダーによって拡大されるのは25センチ(片側12. 5センチ)となっていて、そのため「異常に低く、広い」車に。 幅はおそらく2030ミリくらいとなるはずですが、およそ「ペッタンコ」のアヴェンタドールの全幅が2030ミリ、全高は1136ミリなので、「アヴェンタドールよりも10センチくらい低いのに、アヴェンタドールと同じ幅だということになりますね。 さらに「全高」についてはエアサスによって大きく落とされ、もしかすると1メートルを切っている可能性もあり、とにかく異様としかいいようのないスタイルに。 なおホイールは15インチで幅はフロント10J、リア12J(スペーサーは60ミリとのことですが、そこまで厚くなるとスペーサーというよりはハブ)。 インテリアはほぼGT40のレプリカそのままで、しかしアルカンタラ張りのMOMO製ステアリングホイールやイエローにペイントされたロールケージなどが追加に。 エンジンはレプリカのままなのでV8(本物のミウラはV12)。 ウェーバー製のツインチョークキャブレター、ウルフ製のカスタムエキゾーストマニフォールドを装着し、そしてサイレンサーは「なし」。 つまり公道走行はまず不可能、ということになりそうです。 なお東京オートサロン展示中にも何人かから購入の問い合わせがあったようで、オーナーはもう決まっているのかもしれませんね。

次の