ウミガメのスープ 我々だ 問題。 ウミガメのスープ良問集

ウミガメのスープ Youtube動画まとめ

ウミガメのスープ 我々だ 問題

三月の終わり。 桜の咲き始めた校舎への道を、織田先生は複雑な気持ちで歩いていた。 今日は大好きな教え子たちの旅立ちの日であり、お別れの日だ。 彼らの新しい人生を喜ばなければならないのに、別れの悲しさだけが募っていく。 毎年思うことだ。 どうせすぐに別れなければならないのだから、好きにならなければいい。 教える人と教わる人。 ビジネスライクな関係でいればいい。 しかし織田先生は、いつもその自戒を破ってしまうのだった。 自分が顧問を務めている数学同好会での活動を振り返る。 駒野は数字を偏執的に愛していて、五桁未満の素数には全てニックネームをつけている。 菅原は大学受験の武器にしたいという動機で入部したくせに、すでに大学院レベルの問題にまで手を伸ばしている。 反町はイケメンだ。 鵜飼は数学で世界を救えると本気で信じている。 米澤の実家では、それは見事なホルスタインを飼っている。 彼らはみな、希望の大学への入学を決めている。 明日になれば、もうしばらくは、会うこともないだろう。 卒業式を終えて、三年生が玄関から出てきた。 織田先生は彼らに一列に並ぶよう指示し、鞄から カメラを取り出した。 駒野、菅原、反町、鵜飼、米澤。 素晴らしい生徒達だった。 込み上げてくる涙をこらえて、織田先生は彼らに、最後の問題を出した。 「いちたすいちはー?」 織田先生の目の前に、希望に満ちた五つの笑顔が並んだ。 【解答】 織田先生が最後に出す問題とは、写真撮影の際の合図である、 「1+1は?」という計算問題である。 したがって当問題の答えは、1+1の計算結果である「2」となる。

次の

ウミガメスープの面白い簡単な問題をまとめてみた!初心者でも大丈夫!

ウミガメのスープ 我々だ 問題

みなさん、「水平思考問題」って知っていますか?「うみがめのスープ問題」なんて呼ばれることもあるかも。 これはドライブの渋滞中で険悪なムードの時、それを一瞬で変えてしまうような面白いゲーム!頭を使うので居眠り防止にもピッタリです。 ぜひみなさんもやってみてください。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次 船乗りはレストランのメニューにあった「海亀のスープ」を見て、「そういえば昔海で遭難したときに海亀のスープを食べたことがあったな。 」と思い出しました。 そう、その日男は船に乗っていましたが、その船が嵐に会い、 数人の男と共に救難ボートで無人島に漂流してしまいました。 食料も途絶えてしまった為、体力のない者から死んでいきました。 やがて生き残るために彼らは死んでいった仲間の肉を生きるために食べ始めるますが、船乗りは頑なに食べようとしませんでした。 当然、何も食べないため、衰弱していく船乗りを見かねた他の仲間が 「これは海亀のスープだから」と偽り、男に仲間の肉を使った人間のスープを飲ませ救難まで生き延びることができました。 しかし今回、このレストランで明らかに味が違う 「本物の海亀のスープ」に直面し、そのすべてを悟り、自殺してしまったのです。

次の

ウミガメのスープ良問集

ウミガメのスープ 我々だ 問題

怖いハナシ系コピペの推理合戦では「これナポリタンじゃね?」とか「ウミガメのスープ?」みたいな単語が出てきます。 この「ナポリタン」と「ウミガメのスープ」の、意味が分からない人もいると思うので説明するよ。 ナポリタンの語源 本来の「ナポリタン」は「日本語だと意味が分からなく、英文を読むと理解できる」ものを指す。 以下のコピペが語源。 私は知らない土地で 「ここは とあるレストラン ナポリタンが人気です」 と書かれたレストランを見つけた。 ところが出てきた料理は変な味がした。 文句を言って作り直してもらうと、こんどは大丈夫だった。 私は店を出る。 そこで私は気づいてしまった・・・ これを読んでも意味が分からないけど、英文を読むとオチが分かる。 結局、誰かが「不潔な店だよ」と忠告して書いてたのに、「ナポリタンが人気です」と読み間違って入ってしまったと言う笑い話です。 恐怖のナポリタン 「恐怖のナポリタン」は数年前に2ちゃんねるで流行ったコピペ。 上記ナポリタンを修正したもので、解釈に「正解」はないが、何となく怖く感じるように書かれている。 ある日、私は森に迷ってしまった。 夜になりお腹も減ってきた。 そんな中、一軒のお店を見つけた。 「ここはとあるレストラン」 変な名前の店だ。 私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。 数分後、ナポリタンがくる。 私は食べる。 ……なんか変だ。 しょっぱい。 変にしょっぱい。 頭が痛い。 私は苦情を言った。 店長:「すいません作り直します。 御代も結構です。 」 数分後、ナポリタンがくる。 私は食べる。 今度は平気みたいだ。 私は店をでる。 しばらくして、私は気づいてしまった…… ここはとあるレストラン…… 人気メニューは……ナポリタン…… ナポリタンゲーム 「ナポリタンゲーム」は、上記の「恐怖のナポリタン」にインスパイアされて出来たゲーム。 出題者は一見すると意味のなさそうな文章を投稿し、回答者からの質問に答えながら「深読みすると出る意味」を推測していく遊びです。 一時期「人力検索はてな」で流行ってました。 結局、英文だと意味が通じるのも「ナポリタン」だし、文に意味は無く言葉遣いだけで恐怖を感じさせるのも「ナポリタン」だし、深読みすると意味が出てくるのも「ナポリタン」と言うことになります。 日本では2ちゃんねる上で「ウミガメのスープ」が流行ったため、LTPではなく「ウミガメのスープ」と呼ばれています。 2ちゃんねる上で行われた「ウミガメのスープ」では、「出題者」の本筋をぼかした問題に「はい・いいえ」で答えられる質問をし、さまざまな推理を働かせて解く「本筋」を見いだすゲームです。 「質問・回答」と「解説」のフェーズがないと、「出題文」は全く意味の分からない文章です。 本来のLTPは問題集が数冊出版されており、「水平思考」を鍛えるゲームとして有名になっています。 ウミガメのスープ、元ネタ 参考までに「ウミガメのスープ」の元ネタはこんな感じです。 しかし、彼はその「ウミガメのスープ」を一口飲んだところで止め、シェフを呼びました。 「すみません。 これは本当にウミガメのスープですか?」 「はい・・・ ウミガメのスープに間違いございません。 」 男は勘定を済ませ、帰宅した後、自殺をしました。 ある日、男の乗る船が遭難してしまった。 数人の男と共に救難ボートで難を逃れたが、漂流の憂き目に。 食料に瀕した一行は、体力のない者から死んでいく。 やがて、生き残っているものは、生きるために死体の肉を食べ始めるが 一人の男はコレを固辞。 当然、その男はみるみる衰弱していく。 見かねた他のものが、「これは海がめのスープだから」と偽り 男にスープを飲ませ、救難まで生き延びさせた。 しかし、レストランで明らかに味の違う この 「本物の海がめのスープ」に直面し そのすべてを悟り、死に至る。

次の