信濃 の コロンボ 17。 伊藤淳史×中村梅雀 新旧コロンボが強力タッグ!“信濃のコロンボ”新シリーズ誕生!/新・信濃のコロンボ 追分殺人事件

傑作ミステリー 動画 2020年5月31日 金沢のコロンボ3

信濃 の コロンボ 17

(注)この番組は【時間指定予約】での録画予約となります。 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。

次の

新しい信濃のコロンボ・伊藤淳史。夕張炭鉱の哀しい歴史を上手く取り込んでいる <月曜プレミアム 新・信濃のコロンボ 追分殺人事件>(テレビ東京系)

信濃 の コロンボ 17

「信濃のコロンボ事件ファイル」とは? 原作は、内田康夫さんの推理小説『信濃のコロンボシリーズ』。 テレビ東京・BSジャパン、2001年11月から放送されている。 他の放送局でも本シリーズは違う主演で放送されている。 林隆三版(テレビ朝日、1982年12月4日) 布施博版(TBS、1995年2月27日) 堺正章版(フジテレビ、1998年5月1日 — 2000年6月2日) 版(テレビ東京・BSジャパン、2001年11月14日 — 2009年9月9日) 寺脇康文版(TBS、2013年10月7日 — ) 版(テレビ東京、放送日未定) 主演は現在放送日が未定となっている。 本作は2008年にテレビ東京で放送された、中村梅雀版。 「伝説の里で殺された二人の女。 五百羅漢が見た列島縦断殺人トリックの謎…。 」 再放送はいつ? テレビ東京系 2020年5月3日(日 14時00分~ あらすじ 夫婦で遠野市を旅行中、女性の遺体を発見した長野県警警部の竹村岩男は、岩手県警と長野県警との合同捜査に加わった。 聞き込みのため、被害者の職場の後輩・宮城留理子に連絡を取った竹村は、元同僚だったという松永貞子の存在を掴む。 東京へ異動したと聞いて、早速東京へと向かったものの、竹村はそこで貞子の上司である佐藤から、彼女にまつわる不正疑惑を聞かされる・・・。 スポンサードリン 出演者は? 別名「信濃のコロンボ」。 竹村岩男役 中村梅雀さん 竹村の部下。 木下真司役 萬雅之さん 長野県警捜査一課 部長刑事。 竹村の部下。 吉井正義役 加藤純平さん 竹村の良き理解者。 大森修治役 里見浩太朗さん 竹村の妻。 竹村陽子役 原日出子さん 森林整備機構長野支部企画課 社員 宮城留理子役 国分佐智子さん 森林整備機構長野支部 主任 土橋剛役 瀬川亮さん 森林整備機構長野支部管理課 社員 河合貴代役 悠木千帆さん 森林整備機構東京本部 社員 松永貞子役 中野若葉さん 佐藤役(佐藤の妻) 寺田千穂さん 岩手県警遠野中央警察署 刑事 野口役 中村圭太さん 夏目役(夏目の妻) 鹿取洋子さん 刑事役 片山知彦さん 留理子の母 宮城美智子役 立石凉子さん 留理子の父 宮城哲治郎役 水島涼太さん 森林整備機構東京本部 理事 夏目勇二役 柴田侊彦さん 森林整備機構長野支部 主任 若林圭吾役 池内万作さん 森林整備機構東京本部 経理課長 佐藤卓役 布川敏和さん 岩手県警遠野中央警察署 警部補 吉田宗平役 小野武彦さん まとめ ・テレビ東京系 2020年5月3日(日 14時00分~ ・「伝説の里で殺された二人の女。 五百羅漢が見た列島縦断殺人トリックの謎…。 」 ・中村梅雀さん版、信濃のコロンボ事件.

次の

『信濃のコロンボ事件ファイル12/陰画の構図』(2006年8月)あらすじ&ネタバレ中村梅雀主演,小田茜,金田明夫ゲスト出演

信濃 の コロンボ 17

「信濃のコロンボ事件ファイル」について 2001年から2009年までテレビ東京・BSジャパン共同制作で放送されたシリーズ 全18回 、主演は 中村梅雀さん。 内田康夫氏の推理小説『信濃のコロンボシリーズ』が原作。 部下である刑事の 木下真司(萬雅之)が活躍した事件の再現ドラマが放送されていたが、途中で意味不明の映像が流れる放送事故が起きてしまう。 リポーターの 高山冬子(小田茜)が機転を利かせ、その場を切り抜ける。 映像の編集作業を担当したディレクターの 佐藤源治(金田明夫)は、冬子から厳しく責められた。 後日、番組のスタッフが、自宅で佐藤の遺体を発見する。 鑑識の結果、農薬を飲んで死亡したことが判明する。 佐藤は仕事のトラブルに加え病気で、余命一年と宣告されていた。 自殺に思われたが、 松本中央署の警部・ 小林(伊吹吾郎)らは、佐藤の合鍵の置き場所を知っていた冬子を怪しむ。 捜査に参加した竹村は、佐藤の手帳に書かれた数字に注目する。 やがて、佐藤は 市民運動家・ 堀川清孝(野口雅弘)を取材していたことが判明するが、堀川も何者かに殺され…。 注目と見どころ ・犯人は誰? スポンサードリンク 登場人物(ゲスト出演) 登場人物 キャスト 高山冬子 「テレビ信濃」レポーター 小田茜 立花カオル タレント 須藤温子 堀川清孝 自然保護市民運動家会長、 事件の第二の被害者、佐藤源治の高校の同級生 野口雅弘 広野宗昭 「テレビ信濃」製作部長 大河内浩 小林 長野県警松本中央警察署の刑事 警部 伊吹吾郎 佐藤源治 「テレビ信濃」ディレクター、 事件の被害者 金田明夫 前山雄司 「テレビ信濃」チーフディレクター 七代目・嵐芳三郎 嵐広也 松崎一郎 「テレビ信濃」アシスタントディレクター 加賀健治 のりこ 「テレビ信濃」スタッフ 朱門みず穂 レストランのウェイター 浅見小四郎 大島真治 「長野県これで? いいんかい」事務所の職員 朝倉伸二 小林警部の部下 岩本宗規 スタッフ 原作 内田康夫「」収録『陰画の構図』より 角川文庫 脚本 佐伯俊道 監督 江崎実生 制作 テレビ東京,BSテレ東 旧・BSジャパン ,G・カンパニー.

次の