機会 が あれ ば 是非。 「またの機会に」の使い方・例文・返信の仕方・類語・失礼なのか

機会があればの意味?恋愛の脈なし「機会があれば」脈あり「機会があれば」

機会 が あれ ば 是非

「機会」の意味にある「都合」とは、「何かを行う際、他の事に影響する事情」または「具合の良し悪し」などを表す言葉です。 続いて「機会」の意味「丁度良い折」の「折」ですが、ここで言う「折」は「何かを折る」ではなく「時の区切り」を意味します。 「チャンス」は英語ですが、意味は「行うに適した時」であり、これまでにお伝えした「機会」の意味と同様です。 和訳では「好機」と言われることもあります。 「あれば」の意味 上記でお伝えした意味を組み合わせてみると、「機会があれば」は「今は丁度良い時ではないが、丁度良い時が来たら」の意味になります。 もう少し簡易的に示すと、「今は行うに良い時機ではない」が「行うに良い時機が来たら」ということです。 「機会があれば」の言葉が使用される前には、相手から何かしらの行うことが示されています。 その示されたことに対して、「今は行うに良い時機ではない」が「良い時機が来たら行う」ことを伝える言葉が「機会があれば」です。 ただ、「良い時機が来たら行う」という意味が含まれない場合もあります。 すなわち、社交辞令および建前の発言ということです。 そのため、使い方や受け取り方には注意が必要な言葉と言えます。 「また機会」の「また」は「今ではない次」または「再び」を意味するため、「ございましたら」と組み合わさることで「次に機会があるなら」あるいは「再び機会があるなら」の意味になります。 「よろしくお願いいたします」は「お願い」していることですので、「こちらとしてはそうしてくれると良いと思う」気持ちが込められています。 「機会があったら」は「機会があれば」の言い方を変化させたものですので、意味は全く同じと考えて問題ありません。 「あれば」は「ある」の仮定形「あれ」に接続助詞「ば」を付けたものだと言いましたが、「あったら」は「ある」の連用形「あった」に「ら」を付けた未然形です。 仮定形は「あることを想定して」であり、「あることを望む」意味合いがあります。 強いて言えばこのような違いがありますが、大方同じ意味です。 折あらば 「機会があれば、是非」といった言葉は、よく用いられます。 この使い方では「機会が訪れること」に対して「希望」の気持ちが込められていますので、「本当にそれをしたいと思っている」気持ちが含まれています。 「何かしらの事情で今はできないけれど、できる時期あるいは丁度良い時期が来たら行いたい」気持ちがある時に使用します。 しかしながら、社交辞令的な意味で使われることも無いわけではありません。 「機会があれば、是非」を社交辞令的な意味で使用する時、使用者は「本気でそれをしたいわけではないけど、意欲があるように見せておいた方が良い」と思っています。 これは相手のためであったり、自分のためであったりします。 状況によっては社会人として大事な振る舞いとなりますが、場合によっては無責任な人にもなりますので、気を付けましょう。 機会があれば、よろしくお願いします。 「機会があれば、よろしくお願いします」は、「今はその時ではないけれど、その時が来たらよろしくね」ということをお願いしている言葉です。 この使い方ができる時は、「こちらが相手の何かを断った時」です。 「相手がこちらを断った時」は、「今はその時ではないかもしれないけれど、その時が来たらよろしくお願いします」の意味になります。 この使い方は、社交辞令的な意味で使用されることはあまりありません。 なぜかと言いますと、「よろしくお願いします」には「そうしてくれると嬉しい・ありがたい」の意味があるため、「行う気持ちが本気ではない」のに使用すると「相手」が「そうしてくれた時」に真心に欠ける反応になってしまう可能性があります。 本気でない場合は、「機会があれば・・」と濁すと良いです。 機会があれば、また。 「機会があれば」という言葉は、書き言葉か話し言葉かで言うと話し言葉寄りになります。 そのため、メールのように文面上で用いる時には、書き言葉と言っても問題ない表現に換えた方が良いでしょう。 では、換えた場合どういった言葉になるのかということですが、「機会があれば」をメールで使用する時には「機会がございましたら」「機会がありましたら」を使います。 「またの機会がございましたら、よろしくお願いいたします」や「またの機会がありましたら、よろしくお願いします」などの言い方を使用します。 文面上、特にビジネスメールのような連絡事項などをやり取りする状況においては「機会がありましたら・・」といった濁す表現はしません。 必ず「ございましたら・ありましたら」の後に、「よろしくお願いします(いたします)」などの言葉を添えます。 社交辞令として「機会があれば」を用いる時、真意としては「機会が来ても行わない」気持ちがあります。 たとえば「食事に行きませんか」というお誘いを断る時に「すみません、今日はちょっと・・機会あれば、また。 」と返したとします。 この時「機会があれば」といった側に「予定が合えば行く気がある」場合は、いつの日か食事に行ける日が来るでしょう。 しかし無い場合は、誘い続けても何かしらの理由を付けて断り続けるでしょう。 すると相手としては「機会があればと言ったけど、行きたくないのかな」と思うようになったり、場合によっては「忙しいんだな」と考えたり、人によっては怒るかもしれません。 気がないなら別の表現を用いる工夫を 「脈なし」なのか「脈あり」なのかは、様子を見ることである程度分かります。 「脈なし」の場合は「機会があれば」と言っているだけで、「機会を待つ」気持ちを伝える印象に欠けます。 どこか興味なさげで、当たり障りないことを言っておこう感が表情や口調に見られます。 「脈あり」の場合はその逆で、「機会を待つ」気持ちをしっかりと表してきます。 それは表情であったり口調であったり、目の感じなどから読み取れるでしょう。 「脈なし」の場合は「機会を与えられないために」または「機会が来ても避けるために」、「本気で行いたい気持ちがある」ことを出しません。 「脈あり」感を出しているにも関わらず「脈なし」の場合は、調子が良いやつ・言動が無責任・好かれようとしているなどの可能性があります。 メールなど文面では分かりにくいこともありますので、「機会があれば」と言われる側は「本気かどうか分からない」程度に受け取っておくと良いです。

次の

女の『機会があれば』はすべて社交辞令だから逆転はないよって話│街コンCEOのレポ・ブログ

機会 が あれ ば 是非

「機会」という言葉の基本的な意味合いは、「特定の目的を果たすのにちょうどよい時期(時機)・節目」を指し、話者が相手と何か協力してする物事や、あるいは特定の仕事に就こうとする際の時節を指す際に「タイミングのよい期間」を求めて言います。 上記の意味合いを踏まえた上で、「機会があれば」という表現は非常に多くの場面で使われますが、その基本的な意味合いは「これから以降において、そのことをするのにちょうどよい時機があればぜひそのことをしましょう」と一応の了解を得た上で、相手に賛同の旨を伝える形となります。 ・今日はムリですけど、機会があればぜひ行きましょう。 ・また機会があればそれをしましょう。 ・機会があれば、ぜひ野球観戦に行きたいです。 このように、「これから以降において、その物事をする時機を求める姿勢」になります。 しかし、場合によっては社交辞令と取られることもあります。 社交辞令なのか 先述でご紹介しました「機会があれば」の意味合いや用法についてですが、この「機会があれば」という表現が社交辞令として相手に受け取られるのはなぜでしょうか。 それは「機会があれば」の基本的な意味合いを横に置く形で、「別の日にそれをしよう」と訴えかける傍ら、その物事・目的に向けて実行しないという習慣が付いたせいです。 つまり「機会があれば」という言葉そのものの意味合いは「別の日に行きましょう・しましょう」という意味合いを伝えていても、実際にそれをしない人の習慣が目立っているため、「その言葉が社交辞令のように聞こえる」という習慣が付いているということです。 実際に「機会があれば」と相手が言って、その目的を本当に果たす場合も多くあります。 この場合は社交辞令とはならず、ただ「約束をした」という普通のコミュニケーションに見て取れます。 「機会があれば」の使い方 日本語を問わず各国の言葉や表現を覚える際には、1つ1つの言葉を実際に例文に当てはめて、その例文の中で「その言葉の意味合いや用法がどんなふうに活用されるのか」を実際に学んでみることが大切です。 そうすることによって、その言葉の意味や用法への理解を深めることができ、「自分の言葉・表現」としてさらに多分野で表現することもできます。 ・先週に約束していた野球観戦ですが、本日は日が悪いので、機会があれば今後に行きましょう。 ・突然のご訪問ですので、今日は少し都合が悪いです。 ですので機会があれば、後日いらしてください。 ・ご機会がございましたら、後日に打ち合わせいたしましょう。 ・せっかくのお申し出ですけど、機会があれば後日によろしくお願いいたします。 このように、「そのときは都合が悪いけれども、後日にぜひそれをしましょう」という表現となり、その臨時で相手への配慮が汲まれる言葉となります。 メール ビジネスメールやプライベート(日常生活)でやり取りする電子メールなどでも、「機会があれば」という言葉は一般的に使われており、その場合でも先述してきました「機会があれば」の意味合いと同じになります。 その場合でも「機会があれば、ぜひ後日にしましょう」といった、相手への配慮の姿勢がうかがわれます。 ・先日にお申込みくださいました件につきまして、現在のところ、当社ではご対応いたし兼ねます。 機会がございましたら、ぜひその折にまたよろしくお願いいたします。 ・今日に予定していたゴルフの件ですが、事情ができてしまい、参加することができなくなりました。 機会があれば、ぜひ後日に誘ってください。 ・大変申し訳ございません。 機会があれば、ぜひその日によろしくお願いいたします。 このように、メール(文語表現)では多少堅苦しい表現も見られますが、会話表現の場合と違うため、このような表現でもOKです。 「機会があれば」の敬語 先でも少し触れましたが、1つ1つの言葉をきちんと覚えていく場合には、その言葉を自分で作った例文に当てはめ、その言葉の意味や用法が実際に「どのように活用されるか」ということを独学で会得することが大切です。 ・今日はバレーボールに参加できないけれども、機会があればぜひ、わたしもやってみたいです。 ・機会があればぜひ将棋をしましょう。 ・今日は忙しいので都合が悪いですが、機会があればぜひ挑戦してみましょう。 ・機会があれば一度、わたしの家へ訪ねて来てください。 このように、確かに社交辞令に聞こえる場合もありますが、基本的に「機会があれば」という言葉は「そのときはムリでも、後日に機会を設けてぜひそれをしましょう」といった相手への受け答えの文句になります。 行きましょう 先述で何度もこの「是非(ぜひ)」という言葉を使っていますが、「機会があれば」という言葉とこの「是非」という言葉は、切っても切れない関係にある言葉・表現としてもよいでしょう。 これは「機会があれば」という言葉で相手に一応の断りを伝えているため、その拒否した印象をできるだけ良くするための「補足的な言葉」としても活用されます。 ・今日は映画を観に行くことができなくて残念ですけど、機会があれば是非一緒に行きましょう。 ・大学のオープンキャンパスに昨日は行けませんでしたが、別日に機会があれば是非行きましょう。 ・釣り堀に釣りをしに行く約束でしたが、今日は少し事情ができてしまって行けません。 機会があれば是非また誘ってください。 このように「是非」の意味合いによって「この次の機会には何がどうでも行きましょう・しましょう」といった、話者の強い気持ちが相手に伝えられる形となります。 よろしければ 「よろしければ」という言葉の意味は「相手の都合に配慮した上で、もしよかったらご一緒しましょう」という、「相手の都合」を優先した訴えかけになります。 この「よろしければ」という言葉も「機会があれば」という表現とほぼ同じ意味合いを持ち、相手の都合と自分の都合とを合わせて「何かしよう」と言う働きを持ち合わせています。 ・よろしければ(機会があれば)、ぜひご一緒にランチしませんか。 ・よろしければ(機会があれば)、今度一緒に遊園地に行きませんか。 ・よろしければ(機会があれば)、一緒にゲームをしませんか。 このように、「よろしければ」という言葉は「機会があれば」という言葉とほぼ同じ働きを持つ表現として使われやすく、相手の心情や都合に配慮した上で、話者が自分の気持ちや希望を伝える形となります。 別日を設けて 一般的に相手から「機会があれば」と言われた場合、「もうそのことをする気はないのか」や、「きっとその機会が訪れないだろう」などと決めつけてしまい、相手の反応が「脈なし」と信じてしまうことがよくあります。 しかし先述でもご紹介しましたように、「機会があれば」という言葉の基本的な意味合いは「後日にしましょう」となるため、「機会があれば」と言われたからと言って「すべてがすべて脈なし」とはなりません。 たいていの場合は「習慣的にその物事を後ではしない」というイメージが付いてしまったため、「機会があれば」という言葉がそのまま「脈なし」を示すワードとしてインプットされやすくなっただけです。 ですが、この「機会があれば」という基本的な意味合いとは別に、「断り」の合言葉として使っている人も中にはいるため、その場合は「脈なし」と見ても仕方ないでしょう。 「機会があれば」の類義語 先でご紹介しました「機会があれば」の英語表記を参考にして、「機会があれば」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・If you have a chance, let's go watching baseball together. 「ぜひ機会があれば、一緒に野球を観に行きましょう。 」 ・Will not you take a walk at the park with a good timing? 「機会があればぜひ、一緒に公園を散歩しませんか。 」 ・Please check your opportunity and search with the word "Tenkawa" once. 「機会があれば、一度「天川」というワードで検索してみてください。 」 「機会があれば」の英語表現と意味(2) 先述しました「機会があれば」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「機会があれば」の例文をご紹介します。 ・We could not accept consultation today, but please establish another good day, please come back. 「本日はご相談をお受けすることはできませんでしたが、機会があれば、ぜひ改めていらしてください。 」 ・After all I could not go to see the movie, but let's join us again later. 「結局映画を観に行くことはできませんでしたが、機会があればぜひご一緒しましょう。 」 「機会があれば」の正確な意味と用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「機会があれば」の意味と使い方・社交辞令なのか・メール/敬義語と題し、「機会があれば」という言葉の正確な意味合いと用法、またさまざまな分野で扱われる「機会があれば」の用例についてご紹介しました。 そのため「相手の誘いや希望を断る」という姿勢よりも、その後に「一緒にそれをしましょう」という姿勢が本来は強くなります。 しかし日常的には、「機会があれば」の意味合いが「体裁のよいお断りの文句」としてインプットされている印象があるため、「相手からの断り」や「脈なし」といった印象を先に受けるようになりました。 言葉を覚えるときにはぜひ、その言葉が持つ本来の意味合い・用法を把握しましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「機会があれば」の意味と使い方・社交辞令なのか|メール/敬語

機会 が あれ ば 是非

『機会があれば…』にその機会はない=社交辞令 早速厳しいことを言います。 まずは、『機会があればに、その機会はない』という事実をしっかりと認識しておきましょう。 自分に置き換えて考えてみる たとえば、ある女性と知り合ったとしますよね。 どういう状況でも構わないんですが、例えば、大勢で飲みに行ってLINEをゲットしたとして、しかもその女性を大いに気にいったとしましょう。 ああ、もう一回会いたい!今度は二人きりでデートしたい!てか、ヤリたい!! ってときに、相手から「今日は楽しかったですね、今度二人で会いましょう」とメッセージが来たとして「機会があれば」と返しますか? 返しませんよね?それがすべての答えです。 機会があればに機会がないのはもう常識 ていうかですね、はっきり言って 「機会があれば」に機会がないことはもうすでに常識です。 だって、その気があるんだったら具体的に話を詰めたり、予定を聞き合ったりするのが普通で、機会があったらなんて断り文句に決まっているじゃないですか。 そして、機会があったらという返信をする女子は、 それを相手が認識しているつもりでいっています。 「ごめんなさい、あなたに興味はありません」って意味で。 それをストレートに言わないのが大人の世界じゃないですかって具合に。 キープですらない そして、残念なことに「機会があれば」はキープでもない。 直前で書いちゃいましたけど、「機会があれば」がお断りの言葉であるのはもはや常識ですので、とりあえず今デートはしたくないけどキープしときたい。 という意味でも使いません。 まあ、普通に考えてキープしておきたい人にストレートな断り文句は送りませんよね。 なんとなく次があるように匂わせながらも、今は無理みたいな感じの、例えば「ごめんね、最近忙しいから無理だけど、行くとしたらどこ行きたい?」的なメッセにします。 これなら会話も続きますし、より相手を知れますからね。 それでも『機会があれば…』で終わらせたくない人へ とは言われても「機会があれば」といわれた相手をどうにかして、どうにかしたい場合もありますよね。 ここで、それは無理です。 あきらめましょう。 と言ってしまえば、他の恋愛ハウトゥーと何も変わりませんから、ガッツリ女子目線で一発逆転を狙う糸口を探してみましょう。 知人や同僚友人ならアリ はっきり言って、 婚活や街コン、合コンの場合は無理です。 しかし、知人や同僚との飲み会であれば、そのあとに「機会があれば」が来た場合、強制的に次の機会があるかもしれませんから、連絡は切らないでいるといいかもしれません。 とくに、知らない人が多い飲み会で知った人があなただけの場合、心のよりどころになることもあります。 しつこいメッセージはもっての他ですが、たまに挨拶くらいで知人感を出していきましょう。 ゼロではない可能性に賭けるのです。 バリューを提示してみる 相手から「機会があれば」と返ってきたとき、あなたに足りていないのはバリュー(価値)であることは想定できます。 もちろん「生理的に受け付けない」ですとか「とにかく嫌い」ですとか「決定的に不快」という場合もありますが、それと同様に 「いまいち」ですとか「もう一歩」の場合もあるんですね。 特に婚活や街コンでは妥協はあまりないですから、このシビアな足切りにあってる可能性もないとは言えません。 こういうバリューを提示して、相手にちょっとだけ「あ、もったいないかも」という感覚が芽生えたら、ワンちゃんアリです。 お金があるぞをにおわせる げっすいですねー、でも、げすいアピールは時によく効きます。 もちろんすべての女子がお金になびくわけではないですが、お金があるというアピールは実はけっこう効果的です、残念ながら。 もちろん、婚活の場合はすでに懐事情を知っている場合がありますから、その時は使えません。 しかし、経済力についてそれほどしっかり話していない相手であれば 「そっかー、今度車買いかえるつもりだったからドライブでもと思ったのに」でかなり心が揺れます。 他にも「株」「新居」「海外旅行」などのワードも、間違いなく心が動きます。 はっきり言って下品ですし、スマートでも何でもないですが「機会があれば」を覆すためならやってみるに越したことはありません。 それでも諦めがベスト ワンチャンをどうにかモノに出来たら!という努力は否定しません。 もしかしたら覆るかもなのでやってみるに越したことはありませんが、基本は無理です。 ですから、やっぱりあきらめるがベストです。 というのも、 ほぼ確率としてはゼロに近いですが、万が一もう一回会うことができてもスタートはマイナスです。 そして、マイナスからのスタートの場合は、基本的に男性の方が下手に出てずっと相手のご機嫌伺のようになる場合が多く、あんまり楽しくないと思うんですよね。 しかも、ヤリモクの場合は、もう絶望的に道のりが長い。 それこそ、もう風俗行った方が安くない?くらいお金使わされる場合もあります。 基本的な考え(スタンス)としては、『機会があれば…』の時点で負けと捉え、逆転はないものだと考えておきましょう。 心の余裕がない状態では、ずっと敗者のままです。 では、余裕を作るにはどうすれば良いか? 答えは、出会いを量産するしかありません。 弊社CEOが口癖のように言うという言葉がまさにソレです。 気になる子を手に入れたい時ほど、他の女性を求めて心に余裕を作るという戦略です。 敗戦続きの方、本命を何とか手に入れたいと思う方は是非ともご覧になってみてはいかがでしょうか。

次の