光genji。 STAR LIGHT (光GENJIの曲)

「光GENJI」のメンバーの現在

光genji

光GENJIは1980年代に大人気を博した、ジャニーズのアイドルグループです。 ローラースケートのパフォーマンスは彼らが元祖。 これを受け継いでジャニーズJrや現在活躍中のキスマイなど、今ではジャニーズの伝統になっています。 光GENJIのメンバーは、リーダー内海光司(うちうみこうじ)メンバーの中で、最年長できのっぴーという愛称で呼ばれていました。 大沢樹生(おおさわみきお)ミッキーとよばれ、リーダーと大沢の二人は他のメンバーより年上で、一部では彼を売り出すために光GENJIが出来たともいわれています。 諸星和己(もろぼしかずみ)カー君の愛称で光GENJIの中で、No1の人気を博し、当時のアイドルのおニャン子クラブのメンバーのほとんどと恋愛関係にあったなど、ゴシップは尽きませんでした。 佐藤寛之(さとうひろゆき)真面目で穏やかな印象のひろくん。 あまり目立たない存在でしたが、光GENJIの歌唱は彼が支えていました。 山本淳一(やまもとじゅんいち)おぼっちゃま風な風貌で人気があり、メンバーの中では一番の体力派。 アクロバットを披露してファンを魅了しました。 赤坂晃(あかさかあきら)デビュー当時に顔が亀に似てるといわれ、相性が亀になりました。 メンバーの中で一番背が高く、俳優としてもドラマで活躍をしていました。 佐藤敦啓(さとうあつひろ)光GENJIでは諸星と人気を二分したイケメンメンバーで、佐藤はその容姿から、オーディションを受けずにジャニーズと契約したそうです。 point 629 1 写真:makiya22. com 人気絶頂だった光GENJIは実は数々の記録をうちたて、社会経済向上にも非常に貢献しています。 1986年から放送されていたタモリのミュージックステーション、通称Mステに光GENJIはレギュラー出演。 本来ゲストのみで構成されている番組ですが、その活躍の多さから彼らはレギュラーでした。 出演回数234回。 この記録はいまだにぬかれていません。 ちなみに2位がTOKIOの133回。 スマップは意外にも3位で125回です。 光GENJIはその国民的人気と活動から、労働省をも動かします。 当時まだ未成年だった数人のメンバーは8時以降就業することが出来ず、テレビ出演を欠席したり、収録を休んだりしていました。 しかし1988年余りの人気の沸騰に、「光GENJI通達」という事例が発行され、8時以降も仕事が出来るように規定が改正されたのでした。 また社会経済の貢献としては、光GENJIがムラサキスポーツを大きくしたと言われる逸話があります。 当時光GENJIが使用していたローラースケートはムラサキスポーツの提供でした。 光GENJIの影響で、ローラースケートを始める小中学生が後を絶たず、一時は商品が全く売り切れ状態になったと言います。 このローラースケートがキッカケで、一介のスポーツ用品店が店舗を次々と増幅し、飛ぶ鳥を落とす勢いで大企業に成長しました。 point 644 1 写真:blog. livedoor. jp 光GENJIは1995年の9月3日名古屋市の「レインボーホール」でのコンサートをもって解散します。 ステージ上で土下座をした諸星の姿が、今でも印象に残っているファンは多いでしょう。 光GENJIが人気の絶頂期に解散をやむなくされたのは、メンバー同士の大喧嘩が理由と言われていました。 紅白にした際に、諸星と大沢が大喧嘩になったというのです。 事の始まりは諸星の衣装の帽子。 リハーサル時に諸星の帽子にいたずら書きがあったのです。 それも王冠がつけられていた場所に股の絵が描かれていたというのです。 これに激怒した諸星が、ふきんのメンバーとつかみ合いの喧嘩になり、そのシーンがあたかも大沢と諸星のつかみ合いの喧嘩のようにとられてしまい。 噂は大きく広まりました。 しかし、大喧嘩の末の解散とは全くのデマで、本当の理由は、大沢の脱退によるバランスの崩れが、グループ全体を解散に追いやったようです。 大沢はつねに、アイドルを続けていて将来があるのか?と不安を抱えていたようで、暴露本でもその不安を綴っています。 諸星と大沢は実は大の仲良しで、最近では2人でディナーショーを開催し、テレビ出演も二人で果たしています。 point 576 1 写真:secrettalk. me 現在のメンバーの状況はというと、大沢や諸星は、時々テレビに登場するため相変わらずの芸能活動を続けていることは明らかですが、リーダーだった内海光司は、俳優業に転向し、舞台を中心に仕事をしているようですが、あまりにも激やせで、病気を患っているのでは?という世間の声がきかれます。 佐藤敦啓は、ジャニーズを脱退して歌手を続けているそうですが、最近は見かけませんね。 山本淳一は、広告会社を立ち上げて事業をやっていたようですが、借金がかさみ、バーテンダーとして働くところを道後温泉で発見されたという情報もあります。 赤坂晃は、ドラマ「HOTEL」での活躍など、俳優業に転向しています。 point 372 1.

次の

ジャニー氏の“少年愛”暴露本『光GENJIへ』の衝撃! 大ベストセラー続編のお粗末な問題点(2020/05/27 14:10)|サイゾーウーマン

光genji

光GENJIがなぜSMAPのようにながくTVに出れなかったか と言う質問を良く見ますが1992年5月大沢が諸星を呼び出し二人で酒を飲み交わし 『この年でアイドル限界だわ。 辞めたいんだけどGENJIの5人はどうだ?』と言ったそうです。 それに対し諸星は『分かった。 』と一言。 その後の楽曲Meetmeから諸星は笑わなくなった。 諸星は光GENJIの人気が自分で持ってるの分かっていたから。 笑顔をあまり見せなくなった諸星の光GENJIはあっという間に人気が下降した。 髪形も大沢との話の翌日に変えている。 諸星の自分プロデュースは完璧だった。 年代的にはニコニコよりかっこつけたい年代。 アイドルでいるためにそういうのを封印してきた。 諸星は7人のうち1人でも辞めたい奴がいるなら辞めるべきと考え 光GENJI人気を下降させた。 そうすることで事務所に解散の邪魔をさせないため。 もうひとつ付け足すと楽曲。 光GENJI スーパーファイブに来た楽曲のひとつをSMAPに歌わせた。 この曲うまくやれば売れるからと。 それが『笑顔のゲンキ』この曲は少女アニメ『姫ちゃんのリボン』のオープニングで使われた。 このことはジャニーズ事務所ないでも知ってるものは数人しかいない。 当時うちの父親がジャニーズ事務所にいた。 ジャニーさんの右腕だった。 父とジャニーさんともう一人の幹部と諸星しか知らない。 父が事務所を辞め今の仕事をするようになってから酒を飲むたびに僕に語る。 『諸星はいい奴だよ。 表面上は天狗で意地悪な先輩しててもわがままなタレントしてても嫌われ役を買って出ながら 仲間や後輩のこと一番に考えてる。 事務所辞める必要なかったのになぁ。。。 信じるか信じないかはあなたしだいです。 補足僕としては今、諸星をビストロSMAPに出演させて SMAPと諸星の本音の会話を聞いてみたい。 SMAPは本当に諸星を恨んでいるのか? 憧れていた頃諸星にされたことで本気で諸星を嫌な奴だと思っていたのか?など。 解散までファンだった者です。 すごく彼らしいエピソードだなぁ、と感じました。 94年夏のコンサートは、脱退する2人が中盤で退場し、残りは5人だけのステージという構成だったのですが、最終日はダブルアンコール(だったかな?)で2人が登場し、7人で歌って幕を閉じました。 これは「こんな形で終わらせていい訳がない。 最後に2人を出させてくれ」と、諸星君がスタッフに掛け合って実現したのだと聞きました。 また、5人になってからの話ですが、某アイドル雑誌に彼だけ載らなくなり、「何でだろう?」と思った当時の私は編集部に問合せしてみたのですが(笑)「本人が出たくないと言っている」という答えでした。 解散後に本人が自伝本に書いていましたが、その雑誌の編集者が、「(脱退した)あの2人は、要らないメンバーだったんだよ」というようなことを言い、それが許せなかったのだそうです。 他にも、グループ時代に他メンバーのコメントで「彼は、表向きはああいう感じだけど、メンバーが具合が悪いとスタッフにスケジュールの調整を掛け合ったりしてくれる。 」というようなものがありました。 17歳でデビューして数年間、怪我しながらもグループの前面に立ち、笑って仕事をこなしていただけでもすごいと思ってます。 今の17~18歳で、あれだけの影響力を持てるタレントはいないのではないでしょうか?彼は十分に大人だったんだと思います。 お父様に宜しくお伝えください。

次の

ジャニー氏の“少年愛”暴露本『光GENJIへ』の衝撃! 大ベストセラー続編のお粗末な問題点(2020/05/27 14:10)|サイゾーウーマン

光genji

スポンサーリンク 1980年代後半に大活躍していた光GENJIさん。 ローラースケートでのパフォーマンスは現在でも知っている人は多いでしょう。 同グループは残念ながら解散してしまいましたが、人気が低迷してきている中での解散ではなく、人気絶頂の中での解散だったため、本当の理由が気になるところですよね。 また解散した後の各メンバーは現在どうしているのでしょうか? まずは、「光GENJI」のメンバーから見てきましょう。 光GENJIのメンバー紹介! 伝説の人気アイドルグループ「光GENJI」のメンバーを当時の画像と併せてエピソードをご紹介いたします。 内海光司(うちうみこうじ) 愛称:キノッピー 生年月日:1968年1月11日 身長:178cm 血液型:A型 イメージカラー:青 元は「光」のメンバーで、最年長ということもあり光GENJIのリーダーとなりました。 優しい雰囲気でお兄さん的な感じがしますね。 大沢樹生(おおさわみきお) 愛称:ミッキー 生年月日:1969年4月20日 身長:177cm 血液型:A型 イメージカラー:紫 先程の内海光司さんと同じく「光」に所属していましたが、実はこのグループ、大沢樹生さんのために結成されたという話もあります。 「光GENJI」内では年長組ということもあって大人な雰囲気でファンを魅了しました。 諸星和己(もろほしかずみ) 愛称:かーくん 生年月日:1970年8月12日 身長:169cm 血液型:A型 イメージカラー:ピンク 言わずと知れた「光GENJI」でNo1の人気を誇ったのが諸星和己さん。 なんと、あのおニャン子クラブの会員番号20~30番は全て関係を持ったとの逸話も! 他にも、当時のアイドルを思い浮かべたらそのほとんどが諸星和己さんの元カノだとする話もあり、人気ぶりを伺わせますね。 佐藤寛之(さとうひろゆき) 愛称:ヒロくん 生年月日:1970年11月2日 身長:170cm 血液型:AB型 イメージカラー:水色 真面目で穏やかな印象の佐藤寛之さん。 メンバーの年齢で中間に位置し、人気も中間程度だった印象。 しかし歌唱力はトップクラスでかすれた感じの歌声は「光GENJI」さんの歌声にアクセントを効かせていました。 山本淳一(やまもとじゅんいち) 愛称:バンジー 生年月日:1972年2月28日 身長:168cm 血液型:B型 イメージカラー:赤 お坊ちゃまな風貌とは裏腹にメンバー内では一番の身体能力を誇り、アクロバットでファンを魅了しました。 また、歌唱力が非常に高く、安定感のあるハイトーンボイスで光GENJIさんの歌をリードしていました。 メンバー内で一番の高身長!俳優として活躍していたことも記憶に新しいですね。 佐藤敦啓(さとうあつひろ) 愛称:あっくん 生年月日:1973年8月30日 身長:168cm 血液型:A型 イメージカラー:黄色 「光GENJI」時代に諸星和己さんと人気を二分したのが佐藤敦啓さん。 オーディションを受けること無くジャニーズ事務所へ入ったというエピソードがありますが、納得のイケメンぶりですね! 以上が「光GENJI」の元メンバーですが、結成前の「GENJI」に所属していた人がいますのでご紹介します。 田代秀高(たしろひでたか) 生年月日:1965年10月12日 血液型:O型 赤坂晃さんと入れ替わりでGENNJIを脱退した田代秀高さん。 確かに他のメンバーとは年齢差もあったので、グループ全体としてのイメージに合致しないとジャニーさんが判断したのかもしれませんね。 光GENJIの人気ぶりを振り返る 光GENJIさんは現在のアイドルグループの形を作り上げた先駆けとして知られていますが、その人気ぶりは現在のどのグループとも比べ物にならないほどでした。 そのことが伺えるエピソードをご紹介します。 光GENJIがMステにレギュラー出演 1986年10月24日から放送されているタモリさんが司会を務める長寿番組『ミュージックステーション』 同番組はその時々の人気のアーティストをゲスト出演する形の番組に人気がありますが、なんとその番組に1988年から1992年にかけて光GENJIさんがレギュラー出演していました。 その出演回数はなんと 234回! 未だその記録は抜かれていません。 ちなみに2位は133回のTOKIOさん。 続いてSMAPさんの125回、女性の第1位は浜崎あゆみさんの84回となっています。 テレビ収録が深夜に渡ることがありましたが、そのことが労働基準法の「児童の使用許可」の項目に違反していると問題視され、一部のメンバーがMステなどに出演することができなかった時期がありました。 労働基準法では 児童については、午後8時から午前5時の間の就業は原則禁止 と定められていて、それに佐藤敦啓さんと赤坂晃さんが該当していたんですよね。 しかし、当時の人気ぶりを考慮して1988年に厚生労働省に『光GENJI通達』の特例が出て午後8時以降も仕事ができるようになりました。 現在では先程の労働基準法に 演劇の事業に使用される児童が演技を行う業務に従事する場合は、深夜時間帯の取扱いを午後9時から午前6時とする と例外が付与されています。 光GENJIさんが現在の若年アイドルの活躍の場を広げたといっても過言ではないでしょう! 光GENJIがムラサキスポーツを大きくした? 全国展開しているスポーツ用品店「ムラサキスポーツ」の売上に光GENJIさんが大きく貢献したという逸話があります。 というのも、光GENJIさんが履いていたローラースケートはムラサキスポーツさんが提供したものだったんですよね。 当時、ローラースケートを始める小中学生は後を絶えず、一時期は手に入らない状態にまで人気が加速していたことは有名な話。 光GENJIの暴露本まで発売される 光GENJIさんの人気ぶりはジャニーズ事務所の中でも群を抜いていましたので関係者の間でも注目の的に。 中でも元ジャニーズ事務所のアイドル「フォーリーブス」に所属していた北公次さんは数々の光GENJIさんについての暴露本を執筆しています。 「光GENJIへ3-みんなで考えようジャニーズ問題」 (発売日:1989年4月)• 「さらば!! 光GENJIへ」 (発売日: 1989年9月)• 「光GENJIファンから北公次へ」 (発売日:1989年12月」 当時のアイドルグループで、これだけの数の暴露本が発売されているグループは他にはいませんので人気ぶりがうかがえますね。 バレンタインデーのチョコがスゴイ! 80年代は今よりもバレンタインデーのイベントが盛んで、ファンがチョコを送ることはビッグイベントとなっていました。 光GENJIさんの中でも一番人気を誇った諸星和己さんは当時を振り返りその驚愕のチョコレートの数を暴露しています。 4トントラックで38台分もらった 合計152トン! 日本人が年間に消費するチョコレートの平均数量は2kgとされていますので、その7万6000倍ものチョコレートが送られてきたことになりますよね。 これは流石に1人では消費できる数量ではありませんし、周囲の人に分けたとしても分けきる頃には賞味期限が切れてしまいそうです。 この数字は諸星和己さん個人の量なので、他のメンバーを含めるともっとスゴイことになるでしょうね。 一説によると、余ったチョコレートは施設に寄付していたとの話もありますが、現在は焼却処分をしている切ない現実も…。 食品の安全面から考えて仕方のない対応策なんでしょうね。 コンサートの度に地方紙の夕刊に大きく掲載される コンサートで全国の会場を回っていた光GENJIさん。 各地方で公演をする度に、その土地の地方新聞が大きく取り上げていました。 そんな光GENJIさんは人気絶頂の中、解散をしてしまいます。 光GENJIが解散! 先程は光GENJIさんの活躍ぶりについて振り返ってみてきましたが、どれも桁外れのエピソードですよね。 誰もがこのままトップスター街道を突き進んでいくと思っていた矢先、光GENJIさんは解散をしてしまいます。 解散ライブは1995年9月3日。 名古屋市総合体育館『レインボーホール』(現在は『日本ガイシスポーツプラザ』)で行われました。 ステージ上で土下座をした諸星和己さん。 今見ても涙が出そうになるシーンですね。 実は1年前から諸星和己さんは光GENJIの解散を予見していたといいます。 ホテルで食事をしていた諸星は、「カットしたステーキの左から3番目の肉を食べる」という癖のある大沢が、付け合わせのにんじんから手をつけるところを目撃。 諸星はその瞬間の気持ちを「いつもパワーをつけるために、左から3番目の肉を食べてたやつが、ニンジンから食ったっていうのが」と話し、大沢のやる気のなさに光GENJIの終焉を感じ取った。 引用元:【光GENJI、解散の瞬間を明かす(livedoor NEWS)】 どうやら光GENJIさんが解散した理由は大沢樹生さんが大きく関係しているようですが、一体何があったのでしょうか?真相に迫ります! 光GENJIの解散理由は大喧嘩だった!? 1987年6月25日に結成された光GENJIさん。 特徴的なローラースケートでのパフォーマンスもあってデビューと同時に一気にブレイク。 当時は街からローラースケートが無くなってしまうという現象があったほどです。 人気絶頂の中1995年9月3日に光GENJIさんは解散してしまいます。 その主な理由として挙げられるのは諸星和己さんと大沢樹生さんの大喧嘩。 活動中から二人の不仲説はずっと囁かれ続けていました。 しかし、実際の解散理由は二人の大喧嘩ではありません。 また、二人は不仲どころかとっても仲がいいのです。 本当に活動中から不仲で、大喧嘩が理由で解散したとなると、今更絶対に共演するなんてことはありえないですよね。 ちなみに大喧嘩と言えば、諸星和己さんの武勇伝。 紅白歌合戦のリハーサルの時に、ステージ衣装の王冠付き帽子にいたずらされて激怒したという話があります。 なんでも王冠が外され代わりに股間の絵をマジックで書かれていたとのこと。 それを見た諸星和己さんは大激怒。 いたずらをした先輩アイドルと大喧嘩になったといいいます。 最終的には北島三郎さんまで出てくる大騒ぎになったとか。 先輩アイドルが誰だったのかについて諸星和己さんは公言していませんが、噂によると少年隊の植草一秀さんだったそう。 では、光GENJIが解散した本当の理由は一体何だったのでしょう。 それは大沢樹生さんのグループ脱退が直接的な原因だったのです。 大沢樹生さんは 「このまま光GENJIとして活動を続けていて先があるのか?」 と将来に不安を感じ、俳優としての展開を考え始めていたといいます。 後に大沢樹生さんは当時を振り返りこんなコメントをしています。 「いま思えば、僕はアイドルを演じきれなかったんでしょうね。 大沢樹生さんの異変にいち早く気付いたのは諸星和己さん。 メンバーを集めて解散することを伝えたと語っています。 光GENJI再結成の可能性アリ? 光GENJIさんの解散についてはメンバーの不仲説が一部で流れていますが、解散した理由で触れた通り、大沢樹生さんの脱退と諸星和己さんの判断が主な原因。 アイドルとして活動を続けることにメンバーは不安を感じていたということでしょう。 なので、再結成する可能性は十分に考えられますね。 ただ、再結成に当たって2点ほど難しいことがあると考えられます。 一番難しいことは各所属事務所との兼ね合いでしょう。 ジャニーズ事務所に残っているメンバーと他の事務所に移籍した人とがグループで活動をするのは前例が無いということもあり少しハードルが高いでしょうからね。 もう一点は赤坂晃さんのイメージ。 どうしても過去の事件がありますからジャニーズ事務所としては他のアイドルのイメージもあるので、難色を示しそう。 でも今回、テレビで共演することができましたので、一夜限りの再結成ぐらいはあり得そうですね! さて、GENJI解散後、メンバーは個々に活動をしていますが、現在はどうしているのでしょうか? 光GENJIのメンバーは現在どうしている? 華々しい活躍をしていた光GENJIのメンバー。 グループ解散後はソロ歌手や俳優として活躍している人もいますが、中には全く名前を聞かなくなってしまった人も…。 光GENJIの元メンバーは現在どうしているのか?順番に確認してきましょう! 内海光司の現在は? 光GENJIのリーダーを努めていた内海光司さん。 解散後は舞台を中心に俳優として活躍していますが、あまりにもの激やせぶりに心配の声も上がってきています。 内海光司さんは何か大きな病を患っているのでしょうか? 佐藤寛之の現在は? 佐藤寛之さんは光GENJI解散後、ジャニーズ事務所からも脱退し歌手として活動を開始しました。 現在は結婚して子供がいるとの噂もありますが、果たして真相は? 山本淳一の現在は? 山本淳一さんは光GENJI解散後、広告会社の立ち上げやソロ歌手として活動をしていましたが、借金問題などの影響で一時期は芸能活動を休止していました。 一時期は道後温泉でバーテンダーとして勤務していたとの噂も。 そして現在は、なんと驚きの職業になっているんですよっ! 赤坂晃の現在は? 赤坂晃さんは光GENJI解散後、俳優として活躍。 ドラマ「HOTEL」で高嶋政伸さんの後輩役をしていた印象が強いですね。 現在は、宮古島にバーをオープンしたとの情報が入っていますが、なんと不倫相手の女性と一緒にいるとの噂がっ! 現在の画像を確認してみると、かなりやつれてしまっているようなのですが、やはり例の事件の後遺症なのでしょうか?心配になりますね… 田代秀高の現在は? 実は光GENJIには伝説のメンバーがいたんですよね。 その方が田代秀高さん。 グループ結成後、直ぐに脱退してしまったのですが、一体何があったのでしょうか? そして現在はどうしているのか?詳細はコチラです! 大沢樹生の現在は? 大沢樹生さんと言えば、2013年12月に喜多嶋舞さんとの間に生まれた長男が自分の子ではないとするDNA鑑定結果が出て大きく話題になりましたね。 この騒動でバラエティー番組などへの出演が増え、プライベートでは交際相手との結婚など公私共に順調そうですが、一部で激やせが心配されています。 佐藤アツヒロの現在は? 佐藤アツヒロさんといえば、光GENJIの時代は諸星和己さんの次に人気が高かった人ですが、現在はテレビで見かける機会が少ないですよね。 噂によるともう既に結婚して子供がいるなんて言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?.

次の