ニトリ ブラインド カーテン レール。 ニトリのブラインドカーテンの選び方と取り付け費用公開|やっぱりコスパ最高

ニトリのカーテンレール取り付け費用を公開|コスパ最高

ニトリ ブラインド カーテン レール

新築カーテン費用公開 我が家の購入カーテンとハニカムシェードと金額表です。 新築カーテン費用は59,708円:カーテンレール費用17,510円:総費用額77,218円となりました。 新築のカーテン費用としては、かなり安い方かと思います。 どのカーテンレールもトップカバー付きで外気の侵入を防ぎ光漏れも防ぐタイプの商品を選びました。 このような商品はニトリでは取り扱いがありませんでした。 ニトリのカーテン注文品画像 私が実際に注文した商品と実際の使用の画像を掲載しておきます。 ご参考になれば幸いです。 ニトリは採寸・見積り無料 私は自分で全部採寸してネットでオーダーカーテンを注文したのですが、後で 無料で採寸・見積りして貰える事を知りました。 マジか・・・ ニトリにカーテン取付工事を依頼可能 私はカーテンレールを全て自分で取付けしたのですが、後でニトリでは ニトリで購入したロールスクリーン、ブラインドなどの取付けを有料でおこなって貰える事を知りました。 マジか・・・ DIYでカーテンレールを取付けるのは結構大変でした! ネットで実際に取付けしてもらった人の記載を見ると「カーテンレールダブル1本あたり1,500円」「バーチカルブラインド1窓3,000円」「バンブーブラインド1窓800円」「ロールスクリーン1窓800円」で最低料金9,000円です。 カーテンレールもできればニトリ製品が良い 私は 伸縮するカーテンレールをニトリ以外で購入して取付したのですが、伸縮するタイプのカーテンレールはカーテンレールの重量で曲がる事があるそうです。 後で知りました。 マジか・・・ そのためプロはちゃんと窓のサイズに合わせてカットしたカーテンレールを取り付けするとの事です。 ニトリで注文したら、カーテンレールやこいいう窓にはこのようなカーテン・カーテンレールが良いと言うアドバイスまで貰えたとの話もSNSやブログでありました。 カーテン等「無し」とした窓 注文住宅で「窓サイズを小さく」して「すりガラス」にしておいて初めからカーテンなどの取付無しにする予定で設計しておきました。 カーテン・ブラインドなど無い方がスッキリします。 掃除も楽です。 埃もでません。 設計段階で考えておくことをお勧めします。 製品の質も良くて本当にお値段以上ニトリでした。 ただ、採寸・見積り・取付もニトリで行って貰えるとは知らずに全部自分でDIYしてしまいました。 ニトリに頼めば楽できたと思いますし、何か別に提案を貰えていたとも思います。 その点後悔が残ります。 しかしながらカーテンレールについてはニトリ以外で購入して、上部からの光漏れや外気の侵入を防止するタイプの物を選べたので良しとします。 このようなタイプのカーテンレールはニトリでは取り扱いがありませんでした。 取付DIYについては、ハニカムシェードの取付は特に苦も無く簡単でした。 難しいのはカーテンレールの大きい物です。 一人で支えながら平行に取り付けるのが大変でした。 苦労してスペーサーを自分で作って取付しました。 ニトリにお願いしておけば楽できたか・・・ とは思いましたが、苦労したのも我が家の思い出となったので良かったかも知れません。 事前によく調べれば良かったというのが反省点です。

次の

既存のカーテンレールにニトリのブラインド設置。驚くほど簡単でした。(追記あり)

ニトリ ブラインド カーテン レール

編集スタッフ 奥村 インテリアが好きだから、「カーテン」以外の選択肢も欲しかった インテリアにはできるだけこだわりたい。 けれどなかなか思いきれず、後回しにしていたのが理想の「カーテン」選びでした。 そんな中で知ったのが、手頃な価格で幅広い選択肢が揃うニトリのこと。 ではスタッフが、 カーテンのセミオーダー に挑戦しました。 けれどもっと本音を言えば、窓際にそれ以外の選択肢が欲しいという声も。 賃貸でひとり暮らしのスタッフ田中は、ずっと「ブラインド」に憧れていたといいます。 (この記事は、クライアント企業さまのご依頼で製作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです) ニトリなら、「ブラインド」もお手頃? 田中: 「わが家は出窓。 窓辺にグリーンや雑貨を飾りたいけど、カーテンの開け閉めで倒してしまいそうで、置けるものが限られていました」 せっかくの窓辺だから、もっとインテリアを楽しみたい。 そこで今回挑戦したのが、ニトリの「ブラインド」。 自宅の窓に合わせたサイズで作れて、賃貸でもカーテンレールに取り付けOK。 さらにニトリならではのお手頃な価格も魅力です。 けれど、設置の手間やインテリアとの相性も気になるところ。 そこで今回は、スタッフ田中が実際に試したリアルな感想を聞きました。 店頭でも配付しています お店へ行く前の下準備は、で紹介したカーテンと同じ。 自宅で窓枠の採寸や、カーテンレールの仕様を確認しておくとスムーズです。 ニトリ店舗で配布されているブラインド専用のオーダーシートに、窓のサイズや仕様を記入すれば準備OK。 色や素材のバリエーションは、カウンターのカタログから見て選べます。 色の種類は60以上。 たとえばホワイトだけでも、グレーやベージュ寄りのオフホワイトなどたくさんの選択肢がありました。 素材の種類も豊富で、ツヤのあるものやマットなもの、木目調のものまでさまざまです。 そこで、窓枠となじむ色合いを意識して、アイボリーとブラウンの中間のような「モカ色」をセレクト。 候補を絞っていく時は、撮ってきた自宅写真がすごく参考になったようです。 希望のブラインドが決まったら、カウンターでオーダーシートを渡せば注文完了。 約2週間後、届いたブラインドを取り付けてみました。 ひとりでも設置できるか、やってみました 1. カーテンレールのキャップを外す 2. カーテンのランナーをすべて外す 3. ブラインド設置具をレール部分に取り付ける 4. ブラインドを器具にはめる 田中: 「 必要な道具はドライバーだけ。 取扱説明書に沿えば、ひとりでもスムーズに進められました。 ブラインドの設置具を固定したら、あとはワンタッチでカチャっとはめれば完成。 木はもちろん、シルバーの小物やグリーンとも意外と相性がよかったので、どんな雑貨ともよく合いそう。 カーテンに比べて部屋が寒々しく見えないかも不安だったのですが、ツヤのないマットな素材感だから、かえって温かい印象になりました」 PICK UP! 吊り下げもOKで嬉しい! 田中: 「窓まわりがすっきりしたので、いままで倒してしまいそうで避けていた花瓶などの割れ物も、心おきなく置けるようになりました。 さらに嬉しかったのは、ブラインドはカーテンレールを片側しか使わないから、もう片方が空いたこと。 グリーンやオーナメントを吊り下げられるようになって、インテリアの幅が広がりそうです」 田中: 「スクリーンの上げ下げだけじゃなく、角度も調整できるから、調光が細かくきくのも便利ですね。 夜は外の街灯が気になって、いままではカーテンをぴっちり閉めていたのですが、ブラインドなら閉め切らなくても光が遮れるので閉塞感がなくなりました。 外からの視線はちゃんとブロックできて、ひとり暮らしにも安心です」 定番のホワイトや、木目調も合わせてみました カーテンに比べてなじみの薄いブラインド。 そのほかのデザインでもなじむのか、インテリアとの相性はまだ気になるところです。 そこで定番のホワイトや、人気が高い木目調デザインからも、田中に選んでみてもらいました。 全体のトーンが落ち着いて、より大人っぽさが増した気がします」 PICK UP! でも本物の 木 だと重いので、賃貸のカーテンレールには取り付け られなくて。 これは、通常のブラインドと同じ軽量素材の木目柄。 ナチュラルなデザインなので、思っていた以上に自然になじみました。 窓枠の木に近い色合いを選ぶと、部屋全体に統一感が出る気がします」 PICK UP! インテリアにもよくなじんだし、部屋の雰囲気がガラリと変わって、模様替えをしたみたいに新鮮な気分になりました。 じつは、木目調のタイプもすごく気に入っていて。 この価格なら、インテリアに飽きてきたタイミングで買い換えも検討したいです」 一生ものではなくたって、納得して選びたいから。 暮らしは変化と隣り合わせ。 だからカーテンやブラインドも、決して一生ものとは言えません。 でも、インテリアを決める大事な要素だから「なんでもいい」とは思いたくない。 この先もし住み替えるとしても、「いまのわが家の心地よさ」だって諦めたくないという気持ちを、今回のカーテン探しでスタッフも改めて実感しました。 ニトリはわたしたちにとって、そんな 理想 を叶えてくれる「ちょうどいい」パートナーなのかもしれません。 店頭で、オリジナルメジャーがもらえます ニトリの店舗では、窓枠の採寸に使えるオリジナルメジャーを配布中。 先端についたフックをカーテンレールに掛ければ、大きな窓も片手で採寸できる便利なアイテムです。 お近くのお店へぜひ足を運んでみてくださいね。 販売情報は、記事公開時のものとなります。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

ブラインドカーテンのおすすめ10選!人気のIKEAやニトリも紹介

ニトリ ブラインド カーテン レール

ニトリでカーテンを探していてロールスクリーンを買った理由 我が家の窓 我が家の窓は、全部で3箇所です。 横幅は標準的ですが、高さは少し高めかもしれません。 残り2箇所はサンルームの2面です。 サンルームは雨の多い金沢で洗濯物を干すために日光を取り込める部屋です。 横幅・高さともに標準より大きめです。 ニトリのカーテン 窓の大きさをしっかりとメモして、ニトリに行きました。 そこでサイズを確認してみると、横幅は100cmか150cm、高さは90cm~230cmまであります。 しかし、サンルーム用のカーテンについては、まず、横幅130cmに合うものがありません。 それなら横幅は余るけど150cmのカーテンにしようかと思いましたが、横幅150cmのカーテンはなぜか高さ200cmまでなのです。 つまり、横幅100cmカーテンでは横幅が足りず、横幅150cmカーテンでは高さが足りないのです。 既成品が無いなら1cm単位で指定できるオーダーカーテンという手もあるのですが、なにしろ高い・・・。 2枚で1万円弱くらいになってしまいます。 2面で2枚必要な僕には2万円弱・・・。 ロールスクリーンを発見! どうしようか悩んでいると、カーテンコーナーの隣にロールスクリーンを発見しました。 サイズを確認してみると、横幅は30cm~180cm、高さは180cmと220cm。 そして我が家の窓にピッタリな、横幅130cm、高さ220cmがあったのです! 価格はオーダーカーテンより安く、1枚3,500円(2枚で7,000円)でした。 ということで、最初はニトリでカーテンを探していましたが、ロールスクリーンを買うことにしました。 ニトリのロールスクリーンの種類 ロールスクリーンにもカーテンと同じように、いくつか種類があります。 採光ロールスクリーン• 麻入りロールスクリーン• 調光ロールスクリーン• 遮光ロールスクリーン 我が家はサンルームで使う予定でしたので、遮光はいりません。 調光も良いかなと思ったのですが、調光のためのボーダーデザインがイマイチ気に入らなかったです。 採光は明るすぎるように思いましたので、最終的に消去法で麻入りに決めました。 ニトリの口コミを見てみると、2018年5月時点で、採光・調光・遮光は5つくらい口コミがありますが、麻入りは口コミがありません。 麻入りは人気が無いのかも・・・。 お店に在庫が2本しかなかったのでとりあえず2本購入し、残り2本はWEBサイトで発注しました。 このロールスクリーンをカーテンレールにつけていきます。 取り付け方は分かればとても簡単です。 取り付け方を解説しますので、これに目を通せば、実際に取り付けるときには5分もあれば十分だと思います。 カーテンレールに取り付ける ロールスクリーンは、カーテンレールに取り付けます。 壁にも取り付けられるように説明書や釘が入っているのですが、それらは全て不要です。 というか無駄に混乱してしまいます・・・。 カーテンレールに取り付ける人がほとんどだと思うので、壁に釘を打ち込むような説明や部品は省いてしまってよいのではないでしょうか? カーテンレールのストッパーやランナーを外す まず、ロールスクリーンを取り付ける前の準備として、カーテンレールのストッパーとランナーを外します。 上の写真は、カーテンレールの端にあるストッパーです。 ネジを回せば簡単に外れます。 次にランナーです。 (恥ずかしながら、この部分が「ランナー」という名前であることを初めて知りました・・・。 ) ストッパーを外せば、そこからランナーたちも簡単に外すことができます。 ストッパーとランナーは失くさないように大切に保管しておきましょう。 ちなみに、我が家のカーテンレールは反対側の端のストッパーが壁に密着しており、外せない状態になっていました。 こうなっていると、反対側からしかロールスクリーンのブラケット(フック)を入れられません。 2枚のロールスクリーンをつける場合には、左右の取り付け順番に注意しましょう。 (我が家の場合は、ストッパーが外れない左側に先にロールスクリーンを取り付け、次に右側にロールスクリーンを取り付けるという順番になります。 ) ブラケット(フック)をカーテンレールに取り付ける ロールスクリーンに入っている説明書と部品です。 右上のベージュの部品は、スクリーンを上下させる紐を挟むためのもので、我が家は使っていません。 (子供がいる家庭向けの安全器具です。 ) 右中の部品がブラケット(フック)で、右下にある部品と合わせて使います。 右下の釘は不要です。 こちらが説明書。 色々と書いてあるのですが、必要なのはカーテンレール付けのこの部分です。 1~5の絵の通り進めていきます。 手順1~2に書いてあるブラケット(フック)です。 この2つの部品を使います。 2つを合わせてネジは仮止めしておきます。 これでブラケット(フック)が出来上がりなので、これをカーテンレールに取り付けます。 このようにカーテンレールの端から、ブラケット(フック)の上部をカーテンレールの中に入れます。 この状態で、ロールスクリーンの左右の端になる位置に移動させ、ネジを回して固定します。 我が家ではロールスクリーンの横幅は130cmなので、両側から5cmくらいの位置(端から5cmと125cm)になるようにブラケット(フック)を固定しました。 ブラケット(フック)にロールスクリーンをはめ込む ブラケット(フック)の奥側にロールスクリーンをはめ込み、手前を上に引き上げるとカチッと音がして取り付け完了です。 ちゃんとカチッと音がするので、分かりやすくて安心できます。 2枚のロールスクリーンを取り付けた状態です。 窓の横幅が130cm2枚で、ロールスクリーンとピッタリなので、取り付けはギリギリでした。 普通に1枚ずつ取り付けようとすると、2枚目を取り付けるときに1枚目にぶつかって取り付けられないのですが、1枚目の片側を外して、同時に取り付けるようにすれば両方を取り付けることができます。 上の写真でいうと、左のロールスクリーンをA、右のロールスクリーンをBとして説明します。 ロールスクリーンAを取り付ける• ロールスクリーンBを取り付けるために、まず右端のブラケット(フック)に取り付ける。 このとき、ロールスクリーンBの左端のブラケット(フック)に取り付けようとすると、ロールスクリーンAの右端にぶつかって取り付けられません。 ロールスクリーンAの右端のブラケット(フック)から外す。 ロールスクリーンAの右端のブラケット(フック)と、ロールスクリーンBの左端のブラケット(フック)を同時に取り付ける というふうにすると、ロールスクリーンを2枚とも取り付けることができます。 ロールスクリーンの使用レビュー しばらく実際に使ってみて、良かったところと、イマイチなところをレビューしたいと思います。 カーテンならオーダーメイドになってしまうため高額ですが、ロールスクリーンは既成品なのでコスパも良かったです。 ちょうど良い採光加減 我が家ではサンルームにロールスクリーンを設置しました。 そのため、閉めているときでもある程度の採光のために、麻入りロールスクリーンにしたのですが、これがちょうど良かったです。 採光ロールスクリーンは試していないのでどちらが良かったかは分かりませんが、麻入りロールスクリーンで満足しています。 カーテンのように場所を取らない ロールスクリーンはカーテンよりもフラットな形状なので、全く邪魔になりません。 カーテンは波打っているので、その分、場所を取っているということに改めて気が付きました。 そのためロールスクリーンの場合の方が部屋が大きく見えるという効果もあるようです。 ホコリが気にならない カーテンといえば意外にホコリを吸着して汚れているというイメージがあり、たまには洗濯しないといけないという気分になります。 しかし、ロールスクリーンはホコリを吸着するような素材ではないので、ホコリや汚れが気になりません。 気が楽です。 また、カーテンがあると窓際の掃除もちょっと面倒ですが、ロールスクリーンは巻き上げてしまえば全く邪魔ではなくなり、窓際の掃除も簡単です。 カーテンレールへの取り付けが簡単 最初にロールスクリーンを見つけたときは、取り付けが難しいのではと心配になりましたが、実際にやってみると驚くほど簡単でした。 少なくとも、取り付けが難しそうだからロールスクリーンはやめようという選択は無いと思います。 イマイチなところ 紐(チェーン)が安っぽい ロールスクリーン自体はすごく良い感じなのですが、なぜか紐(チェーン)だけは安っぽさがにじみ出ています。 巻き上げ、巻き下げの動作はスムーズなのですが、見た目は如何ともし難いです。 風でカタカタする 窓を開けて風を入れると、ロールスクリーンの下端が壁やガラスに当たってカタカタ音がします。 窓を開けるときには、ロールスクリーンを1番上まで巻き上げるしかないと思います。 ロールスクリーンが2枚だと間が空いてしまう問題 上の写真を見てお分かりいただけるように、我が家では横幅130cmのロールスクリーンを2枚左右に取り付けました。 そうするとロールスクリーンの構造上、2枚の間に隙間ができてしまいます。 気にならないならそれでも良いのですが、我が家は1階なので外から見えないようにしたかったので困りました。 解決案として、ガラスフィルムを貼ることにしました。 まとめ ニトリでカーテンを探していて、ロールスクリーンにたどり着き、購入・取付してみたので仕様レビューをお届けしました。 良いところ、イマイチなところがありますが、初めてロールスクリーンを使ってみた感想としてはかなり満足しています。 これまではカーテンという選択肢しか思い浮かびませんでしたが、ロールスクリーンは場所を取らず、掃除も楽で、部屋が広く見えるので、場所によってはロールスクリーンにした方が良いところも多いのではないでしょうか? ロールスクリーンにしようか迷っている方の参考になれば幸いです。 ちなみに、ニトリで無くとも、Amazonでもロールスクリーンを買うことができますので、こちらもチェックしてみてください。

次の