フランツ ベッケン バウアー。 フランツ・ベッケンバウアーとは (フランツベッケンバウアーとは) [単語記事]

大沢あかねのベッケンバウアーってなんだ?

フランツ ベッケン バウアー

puls492002さん、こんにちは。 これは私の感覚です。 非常に比較の対象が悪い気がします。 と言うのは、もちろんゾーン・プレッシングでスペースと時間を埋める戦術のDFと、マンマーク戦術におけるDFとの違いは有ります。 ただそれよりも、典型的なDFのバレージと、元々FWでチーム事情でDFに下がったベッケンバウアーと、選手の質その物が違うと思います。 ベッケンバウアーは余り知られてませんが、元はFWの選手としてSCミュンヘン1906からバイエルンに移籍しています。 ただバイエルンは当時ゲルト・ミュラーと言う、点を取るなら絶対的だが、他はこれと言った才能の無い選手が居ました。 一方ベッケンバウアーはスポーツ万能で、戦術眼も持ち合わせ、何をやらせても天才的な能力の持ち主。 ハンドボールで州選抜にも選ばれています。 そこで、当時のバイエルンは守備がザルと言われていたので、点を取る事以外、悪く言えば使えないミュラーをCFで起用し、ベッケンバウアーをDFに下げたんです。 そんなベッケンバウアーですから、当時はDFラインでのパス回しの中心でした。 その上で、スペースを見つけてはそこに進出し、DFラインの前。 今のボランチの位置でゲームを組み立ててました。 しかも味方が攻撃状態だと、さらにその前に進出し、前線にパスを捌いたり、ワンツー等で対戦相手を崩し、フィニッシュまで行う規格外ので選手。 一方バレージはサッキのACミランの下で、プレッシングを叩き込まれ、その上で対戦相手のFWの危機察知能力が飛び抜けて優れ、当時のACミランのDFラインの統率や、味方DFのカバーリング、予測されるスペースの消去、ボールに対するプレッシングのタイミングに関して随一の選手。 これらがこの2名の選手の私の評価。 と言いますか、一般的にそうだと思います。 とくにベッケンバウアーに比較対象の選手が居ない様に思うので、そう言う意味ではベッケンバウアーの方が上でしょうか。

次の

ベッケンバウアー、ヘーネス両名誉会長が、フランクフルト戦を観戦

フランツ ベッケン バウアー

ドイツだけに限らずヨーロッパ・世界サッカーの象徴でありレジェンドであるベッケンバウアーが、2006年ワールドカップ招致をめぐるスキャンダルでイメージが地に落ち、本人も苦しんでいる。 その影響は健康状態にも現れている。 これほどショッキングなことがあるだろうか。 「自分から誰かに電話することはない。 電話はすべて相手からかかってくるもの」とあるインタビューで語っていたベッケンバウアーが、「契約にサインする前に、私はその内容を確認したことはこれまで一度としてない」と述べたのは、偽らざる彼の本音だろう。 同じことはプラティニにも言える。 サッカーを巡る世界の変化と、その結果として現れる新しい真実と正義。 かつて許容されたものは、もはや今日の規範では許されない。 その変化に、レジェンドたちはあまりに無防備でおおらかである。 そして時代の変容が、正しい方向に向かっているか否かは誰にも判断できない。 個人的なドラマと健康への不安、迫りくる訴追、そして地に落ちた人望……。 伝説のカイザー(皇帝)、フランツ・ベッケンバウアーは人生の危険な曲がり角を迎えている。 クリスマスを数日後に控えたある日、フランツ・ベッケンバウアーはミュンヘンの中心街でディナーを楽しんでいた。 彼が公衆の面前に姿を見せるのは数カ月ぶりのことである。 ベッケンバウアー自身が商品化に力を貸した南アフリカ産のワイン、その名も「リベロ No. 5」の発売を祝っての食事会だった。 彼の友人でありまたミシュランの星つきレストラン「アム・プラッツル」のシェフでもあるアルフォンス・シューベックが腕によりをかけた料理を堪能しながら、カイザーは妻や近親者たちに囲まれて寛いだ時間を過ごした。 その中のひとり、フェドル・ラドマンは古くからのベッケンバウアーの代理人であり、2006年ワールドカップ招致についてスイス司法当局から追及を受けた際に、不安を分かち合った盟友でもあった。

次の

サッカーワールドカップ史

フランツ ベッケン バウアー

伝説の選手とは、ついゴールシーンばかりが後世に残るものですが、ここではあえて派手なシーンではないスーパープレイをお届けしていこうと思います。 1974年ワールドカップ 西ドイツvsオランダ戦より 前半1対1の同点で迎えたこの場面。 オランダのエース、ヨハン・クライフは西ドイツのDFベルティ・フォクツによる徹底的なマンマークに苦しんでいた。 さらに試合の流れは、この数分前に1点を取り返し同点に持ち込んだ西ドイツのペースであった。 フォクツはその勢いに乗ってDFラインからオーバーラップを仕掛ける。 しかしこれによって、クライフはフォクツの蛇のようなマークから離れる事ができた。 90分のゲームの中でそれは非常に僅かな時間であった。 そしてボールを奪われるフォクツ。 オランダの名手ファン・ハネヘムはすかさずクライフへパスを送る。 かくして両キャプテンの伝説的な1on1が始まった。 いかなる時も冷静な"皇帝"フランツ・ベッケンバウアーは7歩のスローダウンによって完全にクライフのスピードを殺し、このサッカーの天才にパスを選択させた。 あとはこの日絶好調のGKマイヤーのセーブに任せるだけであったのだ….

次の