ライフ ルイズ ビューティフル。 ライフ・イズ・ビューティフルのレビュー・感想・評価

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』エンディングロール中に泣いたよ…

ライフ ルイズ ビューティフル

ネタバレ! クリックして本文を読む 残酷ながらも愉快で美しい映画。 あらすじ 1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。 彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。 やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。 そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監命令が下る。 グイドのユーモアに富んだ自由な生活っぷりが面白い。 突然空から降ってきたドーラに恋をし、そのあと自転車でドーラとぶつかったり、将校のふりをして潜入した小学校で偶然ドーラに会い、彼女の予定を聞き出したり、ドーラの婚約パーティーで馬に乗ってきて彼女をさらってしまったり、、謳い文句のとおりに御伽噺のような、現実で考えたら破天荒な彼に魅了された。 一等になったら戦車が貰えるんだよ。 また、引き離された妻のためにナチス軍の隙をついてスピーカーで自分と息子の無事を知らせたり、給仕会場のレコードプレイヤーを外に向け、思い出の曲を流したりする。 苦境においても、知恵とユーモアを駆使して人々を楽しませることの素晴らしさや美しさを感じた。 最後に彼がナチス軍に殺されるところも、息子に受け継がれるものを表しているようでよかった。 ネタバレ! クリックして本文を読む とても情熱的で、ユーモア溢れる楽しいお父さん。 出会って恋に落ちてから、それこそ魔法使いみたいな仕掛けでお母さんのハートをキャッチする彼。 見てるこっちが思わず微笑んでしまう。 そんな前半のコミカルな伏線が、後半の暗い状況での希望になる。 いろんな仕掛けで、不安な子供に収容所の生活を楽しいゲームだと思わせるお父さん。 明石家さんまさんの、『さとうきび畑の歌』にもちょっと通じるものがある。 悲しいはずなんだけど、見終わったあとに残るのはあったかさ。 最後の満点の、子供の笑顔。 そこで改めて、なんだかこの作品の題を思い出した。 ああ、『ライフ・イズ・ビューティフル』、なのか、と。 ネタバレ! クリックして本文を読む 鳥肌が立った。 本作は、第二次世界大戦下のユダヤ人迫害を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた作品である。 ホロコーストに怯えるジョズエに父グイドが、 「これはゲームなんだ。 良い子にしていたら勝てる」 と励まし勇気づけるのである。 戦争が終わりナチスが撤退する中、ジョズエとグイドが逃げようとして見つかってしまったシーンを、私は生涯忘れることはないと思う。 グイドの背中に銃を突きつけられ殺されると分かってもなお、まるで喜劇の主人公のように、 怯える息子ジョズエの前を戯けて通る様子に、 父の愛、1人の男としての勇気と覚悟を感じた。 グイドは実際、殺されてしまうのだが、 この作品の儚さは何故か神秘的で美しくさえ感じた。 フィクションであるが、リアル。 人の命は脆く儚く尊い。 私たちはその重みをどれだけ感じられているだろうか。

次の

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のネタバレ感想・解説!ユダヤ人の迫害、人生の美しさを描いた作品

ライフ ルイズ ビューティフル

「そこ」にいた人々の等身大の視点を感じさせる一本。 ロベルト・ベニーニが監督・脚本と主演を兼ねた、ナチスの強制収容所に送られたユダヤ系イタリア人親子の物語。 収容所内の描写が静かで、直接的な表現は押さえられているにもかかわらず、ヘビーです。 父・グイドの行動がとくに喜劇的に表現されている嫌いはありますが、そこにいた人々は常にどこかに押し込められていたわけではなく、そこにも社会があり、さまざまな取引や葛藤などがあったことは、フランクルの「夜と霧」などを彷彿とさせます。 ラストに向かっての若干唐突に感じられる流れも、戦況によって簡単に投擲されたり命を奪われたりした人達の立場を、むしろリアルにあぶり出しているように思います。 人生は素晴らしい 確かに重い内容ですが、観終わった後に妙に心が温かくなるお話だと思います。 内容が想像つくだけに、観るのを躊躇していましたが、やはり自分が生きていく人生において、観てよかったなと思わせてくれた作品です。 どんな、苦しい状況でもそれに負けなかった主人公。 負けないというのは、すこし違うかもしれません。 あの中で、確かに彼は自分の人生を精一杯生き、そして楽しんでいました。 人間は、環境ではなく自分の心次第で幸せにも不幸にもなるということを、彼に教わった気がします。 彼にあったのは、「愛」だと思います。 人を愛する心と、楽しい心を忘れずに生きた彼をみて、私もいつでも前を向き楽しい心で人に愛情を与えられる人になれたらいいなって思いました。 戦争ものだから、収容所の話だからと躊躇せず、この物語の本当の深い部分を感じるために、是非一度観てみてください。 悲惨な中でも明るい ナチスのヨーロッパ侵攻が拡大するにつれ、ヨーロッパ全土にユダヤ人迫害の嵐が吹き荒れます。 同盟国であったイタリアも例外ではなく、ユダヤ人狩りの魔の手が忍び寄ります。 ユダヤ系である父は底抜けで明るく楽天的な人物ですが、息子と母親とともに収容所に送られます。 しかし父親は持ち前の明るさから、子供にこれをゲームだと信じ込ませ、様々な演技で収容所生活を楽しませようとします。 無邪気な子供はそのため最後まで収容所の過酷な現実から救われて、ラストは米軍の侵攻とともに救助され母親と再会できます。 不幸にして父親はその寸前でナチスによって殺されてしまいますが、父の努力のおかげで子供は不幸な境遇の苦しみから救われた状態になります。 悲惨な現場でありながら、ここまで人間は明るく楽天的になれるものなのかと感動さえ覚える良作品です。 ライフ・イズ・ビューティフルの感想・考察・ネタバレならレビューン映画 「涙なしでは見られない究極の愛の物語」「グイドのユーモアに引き込まれる」「温かいけど、悲しい。 」「悲惨な中でも明るい」「人生は宝物」他、ロベルト・ベニーニの映画ライフ・イズ・ビューティフルについての感想を一覧表示しています。 実際に映画を観たレビュアーによる長文考察レビューが10件掲載中です。 レビューンは、「理解が深まる」レビューサイトをコンセプトとしているため、制作者の意図や作品の作られた時代背景をもとにした、レビュアーによる独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューが多く掲載されています。 内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。

次の

ライフル・イズ・ビューティフル

ライフ ルイズ ビューティフル

・どんな状況でも生き方によって人生を美しく輝かせることができる ・親から子どもへの愛は強い ・前向きに生きようとすることで人生は明るくなる 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の作品情報 公開日 1999年4月17日 監督 ロベルト・ベニーニ 脚本 ロベルト・ベニーニ 出演者 グイド・オレフィチェ(ロベルト・ベニーニ) ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ) ジョズエ・オレフィチェ(ジョルジョ・カンタリーニ) エリゼオ・オレフィチェ(ジュスティーノ・ドゥラーノ) フェッルッチョ・パピーニ(セルジョ・ビーニ・ブストリッチ) 映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のあらすじ・内容 第二次世界大戦直前のイタリアを舞台に、ユダヤ人迫害と迫害されながらも力強く生きる親子を描いた物語です。 主人公のユダヤ系イタリア人のグイドは、明るくポジティブな性格。 一目ぼれした女性に求婚し、駆け落ちさながらの勢いで結婚をして息子を授かります。 戦争は激しさを増していき、しだいにユダヤ人への迫害が強くなり、グイドファミリーは強制収容所に収容させられます。 グイドは、息子を怖がらせないために収容所での生活を「これはゲーム」とおどけてみせて楽しく過ごさせようとします。 戦況は変化し、衝撃的なラストを迎えます。 おそらく、私が1,2番目に好きな映画です。 どんなところが好きかというと、ロベルト・ベニーニ演じる主人公のグイドのポジティブさです。 グイドはどんな状況下であってもとってもポジティブです。 ユダヤ人強制収容所に入れられても明るく笑っています。 普通は、死ぬかもしれない状況では明るくポジティブにはいられません。 でも、彼にかかれば、「収容所での生活はちょっとハードモードのゲームで、クリアしたらナイスなアイテムがもらえるから、ちょっと頑張ろう」という感じになります。 人生には山あり谷ありで紆余曲折があります。 見方を変えるだけで、どんな状況かでも人生を明るく美しくすることができると感じさせる映画です。 また、彼が明るくポジティブにふるまうのは、大切な息子と妻を守るためです。 自分たちがおかれている過酷な状況を理解したうえで、子どもを心配させまいと楽しげにふるまう強さに魅力を感じました。 死ぬかもしれないし、戦争はいつ終わるか分かりません。 ときどきグイドは、子どもが見ていないところで恐怖から真顔になります。 それでも、子どもの前で笑顔だったのは「息子を怖がらせないため」ということに尽きると思います。 自分の恐怖心より子どもを安心させたい想いのほうが勝っていると感じました。 以前、おむつのCMで出演俳優が赤ちゃんに対して「何も心配しなくていいんだよ」というように話しかけるシーンがありました。 「子どもを安心させてやりたい。 のびのびと過ごさせてやりたい」という想いは古今東西の親に共通する願いです。 それを叶えることができなかったグイドをはじめ戦時下の親の胸中を思うと、胸が締め付けられます。 不安な情勢のなか、少しでも明るく安心して過ごせるように恐怖は自分だけで受け止めて、子どもの前でおどけるグイドの姿は美しかったです。 グイドは映画のなかだけのキャラクターでなく、あの時代に世界中で実在していた子どもを守る親を映し出していると感じました。 グイドは、もともと明るくポジティブなところがあったようです。 後に妻となるドーラにも強引に求婚して駆け落ちのような勢いで結婚しています。 でも、さすがに強制収容所に入れられてもポジティブでいられる人は少ないですよね。 グイドという人物も「前向きでいよう」と強い意志を持つことで、ポジティブさがキープできているように感じました。 映画のなかの話とはいえ、あれほど大変な状況でも希望を失わないでいようとする人がいるくらいなので、多少大変な状況下でも「自分もポジティブにいよう」と勇気づけられました。 冒頭から登場するフェルッチョの存在感 逆境のなかでもポジティブにいられたのは、友人フェッルッチョの力もあると思います。 フェッルッチョは、グイドの友人で詩人です。 彼は、ドイツの哲学者ショーペンハウアーの言葉を引用して「意志の力があれば何でもできる」と話しています。 グイドは、友人から意志がもつ力の強さを学んだのではないでしょうか。 ドーラに振り向いてもらいたい時や、息子ジョズエを守りたいときなど、「こっちを見て」などと呪文のようなものを唱えながら念じています。 結果として、物事をポジティブな方向へと導かせていました。 フォルッチョは哲学者の言葉を引用するような人ですが、陽気な人柄でとっつきやすい人物です。 グイドとともに田舎から都会のアレッツォにやってきました。 お笑いコンビのボケ担当のような人で、彼といるとグイドがつっこみ役になります。 物語前半のコメディタッチの本作を盛り上げ、嫌味なく物語に溶け込んで、伏線のような言葉も発してくれる重要人物です。 松本人志は「日経エンタテイメント!」という雑誌で「シネマ坊主」というコラムを書いていて、映画を批評したり解説したりしていました。 「シネマ坊主」は独特な視点で映画を語り、比較的辛口の意見が多いコラムです。 そのため、満点をとって松本人志を笑わせた作品として本作は話題になりました。 たしかに、映画の前半にたくさん盛り込まれているジョークはお笑いとしても面白いです。 ベニーニ監督もインタビューで「映画に笑いを盛り込みたかった」というようなことを言っています。 また、グイドは「お笑い芸人と通ずるところがある」と思わせるようなキャラクターです。 グイドは面白いからふざけているのではなく、妻と子どもに楽しんでもらいたいからふざけています。 「観客のためにふざけて笑わせる」というところが、お笑い芸人に似ていますよね。 たとえば、映画の冒頭に出てくる叔父が発する「ムダなものほど大事なのだよ」です。 毎日の日常で当たり前に繰り返される一見ムダだと思われるものこそが、人生にとって大事なものだと感じさせます。 ユダヤ人として迫害される彼らには、日常やムダと思われるようなルーティンワークを行う機会が奪われます。 強制収容所に入れられたジョズエは、ただ母親に会いたいと言って家に帰りたがります。 毎日あたりまえにそこにあって、ありふれたものこそが人生にとって大事なものだと思いました。 イタリアンコメディは日本人でも笑えるのか お笑いが好きな人でも海外の笑いは笑えない人もいますよね。 私は、ジム・キャリーの映画やアメリカンホームドラマなどアメリカンジョークが笑えるタイプなのですが、イタリアンコメディもしっかり笑えました。 人にもよるかと思いますが、アメリカンジョークが笑える人は、イタリアのジョークも面白く感じるのではないでしょうか。 グイドがオペラ鑑賞中に好きな女性へ身体を向けて凝視し続ける姿もコミカルで面白いシーンでした。 一歩間違うと怪しい男の人ですが、ベニーニは面白おかしく演じています。 子どもたちの前で肌着姿になって壇上に立ちおどけるシーンは身体をはった笑いですが、話す内容はアーリヤ人のすばらしさや民族として尊いというエピソードです。 この様に映画の伏線や大切な要素が、笑いのなかにさりげなく盛り込まれています。 とくに前半部分は笑いとラブコメディの要素が多く、重くなりすぎないタッチで物語は展開していきます。 笑いを通して、戦争映画が苦手な人も自然と映画の世界に引き込まれていくのではないでしょうか。 楽しい日常なのに、恐怖が忍び寄ってくるおそろしさがあります。 映画の基本軸がコメディタッチで描かれているので、少し映り込むだけでも余計に怖くなるのです。 グイドと息子と叔父が強制収容所に連れて行かれるのも突然です。 それまで、楽しく家族で自転車に乗ったりおしゃべりをしたりして暮らしているのに、いきなり連行され、物語が急展開します。 急に、普通の日常が奪われる戦争の恐ろしさを感じますし、これまでの展開が明るく面白いものだっただけに、急展開するストーリーに強い衝撃を受けると思います。 そして、この映画を観るにあたって「戦争映画や暴力的な映画は苦手だけど、この作品は観ることができるかな」と迷っている方もいるかと思いますが、個人的には、問題なく観ることができました。 直接的な激しい暴力シーンはほとんどなく、PG-12など子どもの鑑賞に注意を払う指定もついていません。 ただ、直接的な暴力の描写はあまりありませんが、比喩的表現で凄惨な現実が描かれています。 たとえば、年配者はガス室に送られて焼かれるという会話の後に、画面が切り替わって煙突から黒い煙が立ち上るシーンが映し出されます。 直接にガス室の様子は映っていませんが、間接的にガス室の様子を想像させるシーンです。 暴力的シーンが苦手な人も直接的な描写が少ないので、閲覧できると思いますが、間接的に戦争の悲惨さは訴えてくる作品です。 怖がるジョズエにグイドは、「旅行に行くだけ」と嘘をつきます。 そんな嘘はすぐばれますし、嘘をつかずに本当のことを教えて適した対応を取らせたほうがいいかもしれません。 私は、強制収容所に連れていかれる電車移動を旅行ととらえることで、気持ちを持ち直して耐えさせようとしたんだと感じました。 ジョズエもこれは嘘だと薄々は分かっているんですよね。 ジョズエは強制収容所でほかの子どもから真実を伝えられ、グイドの発言を疑ったりもしています。 「強制収容所に連れていかれる電車だけど、旅行だと思い込もう」「ゲームじゃないけどゲームということにして乗り切ろう」とグイドは息子の気を紛らわせて励ましていたのだと思います。 親が不安がっていると子どもも不安になりますよね。 グイドのような戦時下の状況ではなかったとしても、親である自分自身が不安なときにあえて笑顔を見せ、子どもをリラックスさせようとした経験のある親御さんは多いのではないでしょうか。 自分1人で不安感を受け止め、子どもを守り続けようとしたグイドの強さに感動します。 世界が体験した暗い歴史にふれた作品ではありますが、どうして過去にこんなことができたのか疑問です。 本当の姿を映したのかどうか分かりませんが、第二次世界大戦中のドイツ兵が強制収容所の様子の写真を見せられ、顔を覆って悲しんでいる写真を見たことがあります。 ユダヤ人を傷つけていた人も、本来は普通の人です。 冷静になれば、誰でも人を傷つけたくありませんが、そういう普通の人でも他民族を迫害した歴史があります。 本作でも、迫害している女性ドイツ兵がときどき戸惑っているような表情をしているときがあるように感じました。 この作品のような無情な戦争映画を観ると「こんなことは二度と起こしてはいけない」ということを心に刻むことができます。 自分もお腹が減っているのにジョズエにパンを与えたり、自分の身の危険をかえりみずジョズエを隠そうとしたり、ジョズエのためにおどけたりと、ジョズエのために彼は生きています。 父性愛が素晴らしいグイドの姿を観ると、子どものいる親御さんは胸をうたれるのではないでしょうか。 子どもがいない若い女性も、悲惨な状況下でもポジティブでいる力強い男性の姿に感動すると思います。 ヘラヘラして無責任そうなグイドは最後まで妻ドーラを愛し抜き、ドーラを命がけで守ろうとして行動します。 その一途さやひたむきさにひかれる人も多いと思います。 私は独身時代のときに本作を観て、妻を愛し抜くポジティブなグイドに感動しました。 子どものいる今は、子どもを守ろうと明るくひたむきな姿に魅力を感じます。 未婚、既婚、子持ちに関わらず、惹きつけられる映画だと思いますよ。 DVD特典映像でベニーニは「おとぎ話のような映画」と解説 冒頭に、息子ジョズエのコメントとして「童話のような物語だ」というようなセリフがあります。 DVDの特典映像のベニーニへのインタビューでも、「これはおとぎ話のような映画」と語っています。 おとぎ話は残酷だけど世の中の本質をついていますよね。 本作も、その人物のやさしさやそれまでの生き方は関係なく、ある民族というだけで強制収容所に送られる無情さを描いています。 おとぎ話のようにグイドの願いが途中までとんとん拍子に進む楽観的な部分もあります。 映画の本筋は、「人生は生き方によって素晴らしいものにすることができる」という人生の教えを含んだ世の中の本質をついていると思いました。 冒頭にも、「沈黙は最も強い嘆きなのだ」という発言があります。 グイドが強制収容で健康診断を受けるときに以前からの知り合いの医者をみつけ「私の名を呼ぶ時、私は消える。 私は誰?沈黙だ」というなぞなぞを出します。 息子にもよく「話すな。 返事をするな」と沈黙していることをすすめます。 ガンジーはイギリスからの独立運動のとき、血を流させずに無言の抗議をして勝利を勝ち取りました。 第二次世界大戦を描いた手塚治虫の漫画「アドルフに告ぐ」のなかにも、ユダヤ人青年が「物言えば唇寒し」という言葉を引用するときがあります。 戦時下で沈黙することの意味を説いているような気がして、興味深いシーンでした。 ちなみに、グイドはこのなぞなぞを出すことで、自分がグイドであることを軍医に気づいてもらいます。 しかし軍医から助けてもらうことはなく絶望を感じたのでした。 たしかにグイドは強引で陽気なので、場合によっては独善的でヘラヘラしている人と受け取られるかもしれません。 日本の芸人さんでいうと、高田純次のようなヘラヘラした軽い雰囲気の陽気さと無責任なふるまいがあります。 グイドは大変な状況下でもニコニコ笑って明るくしているので、緊迫した状況でへらへらする無法者にみえるかもしれません。 強制収容所に連れて行かれるときも、子どもには旅行に行くと嘘をついているので、無理もあります。 これらのグイドのキャラクターを「あえて前向きに明るくふるまうことで困難を打破しようとしている人物」ととらえるか、「不真面目で独善的な人物。 現実はこのようにうまく進まない」ととらえるかで、本作の評価は分かれると思いました。 私は、グイドは状況を理解したうえでおどけている人だと感じました。 たとえば、グイドが役人の命令ではじめて連行されるシーンでは、子どもの姿が見えなくなってから真顔になって落ち着いたトーンの声で話します。 軍医から助けてもらえないと悟ったときも悲しみに満ちた瞳をします。 すべて分かったうえで明るくふるまっている人物だと感じ、そこに魅力を感じました。 『ライフ・イズ・ビューティフル』の衝撃のラストシーン 『ライフ・イズ・ビューティフル』のラストは涙なしでは観られない衝撃のラストです。 最後に、グイドが兵隊の真似をしてキビキビとコミカルに行進して息子に笑顔を向ける姿は、目に焼き付いて離れません。 戦争の悲惨さを訴えるラストでもあります。 「こんな悲劇で無情なことが起こる人生のどこが美しいのだ」と思えるかもしれません。 本当に、どこに美しさがあるのでしょうか。 私はこれまで、グイドが生きてきた過程が美しいのだと思います。 最後は悲しい結末だったとしても、それまで明るく懸命に生きてきた人生が美しいのです。 現代も、先行きの不透明な時代です。 これから世の中がどうなるのか分からなくても、今を明るく前向きに生きようと勇気づけられる作品です。 彼が命をかけて守りたかったものを守り切ったという点で、ハッピーな要素もあるエンディングだと思います。 最後は悲しくても、彼自身の人生はハッピーだったのかもしれません。 愛する人と子どもに恵まれ、守り抜き、美しい人生だったのかもしれません。 人生とは最後で決まるのでなく、過程で決まるかもしれないと考えさせられます。 自分のやることが成功するかどうかが怖くて踏み出せないときは、結果よりとりあえずやってみるという過程に注目してもいかもしれません。 フェルッチョの「意志の力があれば何でもできる」はそのことを教えてくれているのでしょう。 今回は『ライフ・イズ・ビューティフル』の感想と解説を書いてきましたが、この映画は戦争の悲惨さを訴えると同時に、どんな状況でも意志の力で明るく生きることができることを説いた作品です。 グイドを通じて、親から子どもへの愛情の強さを感じます。 グイドは、子どもを怖がらせないようにあえておどけて、収容所での生活をゲーム仕立てにしようとします。 グイドの友人フェッルッチョの名言に代表されるように「意志の力があれば何でもできる」ということが映画を通して語られています。 グイドは、明るく前向きで生き抜こうとする意志の力で、息子と妻を守りました。 映画の後半は戦争の悲惨さを訴える内容なのですが、前半はラブコメディタッチで笑いどころの多い作品です。 松本人志が高評価したのもうなずけます。 イタリアンコメディですが、日本人でも笑うことができ、笑いまくりの前半から急に物語が悲惨な内容に突入するので、衝撃的です。 ラストも思いもかけない内容です。 グイドの人生の最後は悲しいものだったとしても、彼の人生そのものは美しかったと思います。 大切な妻と息子を全力で守り抜きました。 大変な状況のなかでも、笑わせることで安息の時間をつくることができるのです。 前向きに生きようとする意志の力はすばらしく、人生とはすばらしい。 そう感じさせる名作です。 子どもがいる人もいない人も楽しめると思うので、まだご覧になっていない方は、ぜひ一度ご視聴ください。

次の