香川 観光 スポット。 【車旅行】四国 観光 おすすめスポット(モデルコース)&おすすめグルメ(名物)

香川観光!うどんだけじゃない、おすすめ観光スポットランキング16選

香川 観光 スポット

香川県のおすすめご当地情報をご紹介。 香川県には瀬戸大橋、黒川温泉、吉祥寺などの観光スポット、節分祭、丸亀お城まつり、虫送りなどの観光イベント、讃岐うどん、和三盆、かまどなどのご当地グルメがあります。 香川県は瀬戸内海に面する四国の一県で、かつては讃岐国といわれた土地で、小豆島など110余りの島々が含まれます。 香川県は日本で最も面積が小さい県ですが、史跡も多く、歴史舞台にも何度か登場してそのゆかりのものが多くの観光スポットになっています。 香川県は鎌倉時代に流刑地として使用されていましたが、鎌倉幕府が滅亡すると足利氏の一門である細川氏が守護大名として支配をしました。 南北朝時代に細川氏が戦で敗れてからは様々な武将に支配され、江戸時代になってからも生駒氏、水戸徳川家の嫡流・松平頼重など藩主がかわり、3つの藩に分かれるまでになっています。 国の史跡で重要文化財になっている丸亀城は亀山城、蓬莱城ともいわれる平山城です。 丸亀城は天守や大手一の門などが現存しており公園として整備されて天守から瀬戸内海を一望することができる観光スポットです。 香川県は蘭学者であり発明家でもあった平賀源内の出身地のため、平賀源内記念館、平賀源内先生遺品館といった関連施設があり、日本最初の摩擦静電気発生装置のエレキテルなどを見ることができます。 香川県は大小の様々な島が含まれているため、海上輸送が重要な交通手段で、四国フェリーや小豆島急行フェリーなどのジャンボフェリーといった船が運航しており、船旅を楽しめます。 個人などで遊漁船を出しているところもあり、船釣りを楽しむこともできます。 香川県のグルメといえば、なんといっても讃岐うどんが全国的に有名です。 讃岐うどんは香川県特産のうどんであり、地域ブランドでもあるうどんです。 香川県ではうどんが非常に好まれており、うどんを提供する店舗も多く、有名では行列ができる賑わいを見せています。 うどんの消費量も香川県は全国一で、香川県といえばうどんといったイメージから香川県観光協会が「うどん県」といった呼称に改名する運動なども行いました。 讃岐うどんは最近では全国どこでも食べられるようになりましたが、食べ方はその地域に合わせたものも多く、本場の香川県とは異なる場合があります。 香川県を訪れた人の66. 4%がうどんを食べたというデータもあり、香川県を訪れたならぜひとも本場の讃岐うどんを食べてみましょう。

次の

香川観光!うどんだけじゃない、おすすめ観光スポットランキング16選

香川 観光 スポット

特に重要な文化財庭園として国の特別名勝に指定されているほどの庭園です。 海外からの評価もあり、ミシュラングリーンガイドではわざわざ旅行する価値があるといわれている庭園。 100年以上の年月をかけて作られた庭園は大変美しく見事な物です。 季節ごとに様々なイベントが開催されており、春は桜、秋は紅葉のライトアップも行われています。 ゲストハウスに宿泊する事も出来ますし、キャンプをする事も出来ます。 また、近隣の施設にシーカヤックを体験できる場所があるのでそちらもおススメ。 シーカヤックで無人島へいって思う存分遊ぶことが出来ます。 宿泊施設と隣接するお店の釜焼ピザがとっても美味しく、ランチに訪れる地元のお客さんも沢山います。 バーベキューを楽しみたい方は、バーベキュー一式の貸し出しも行っているようなので手ぶらで楽しむことが出来ます。 観光客向けの施設ですが、道の駅が隣接されておりますので地元の方も訪れます。 自分で粉から作るうどんは格段とおいしいです。 サイドメニューを追加して一緒に食べることもできるので自分のうどんを天ぷらうどんや会席料理へとバージョンアップさせることも出来ます。 また、最近では話題のミドリムシをうどんに混ぜて作れる、ミドリムシうどんを作ることも出来ます。 こちらの中野うどん学校は高松校と琴平校があります。 高松校は少し駅から遠いのでレンタサイクルをされる方か車の方におススメです。 琴平校は駅からすぐですが、金比羅山へお参りする方であればアクセスし易いですが、そうでない方は終点まで行かなければならないので高松校のほうがいいでしょう。

次の

香川県観光スポットランキング★地元民おすすめ10選

香川 観光 スポット

写真 遠くに瀬戸内海を見下ろす天空の鳥居は紅葉時期が綺麗 近年、インスタ映えスポットとして「天空の鳥居」と呼ばれるようになった高屋神社。 稲積(いなづみ)山の頂上に本宮があり、標高404メートルにある鳥居からは観音寺の市街地と瀬戸内海を見下ろすことができます。 ふもとからハイキングコースで来訪できます。 下から延々と続く270段の石段のゴールにこの鳥居があり、石段と海のコラボもまた美しい絶景です。 車であれば東側から細い山道を走る必要があるので要注意ですが、駐車場から徒歩3分ほどで到着できるので便利。 GoogleMapなどのナビで正しいルートが出ない点も注意が必要です。 夜には鳥居が灯りで照らされて市街地の夜景も楽しめますが、夜のアクセスは多少危険なので昼に訪れるのが無難です。 写真 展望台から見下ろすと巨大な銭の形に見える砂絵 琴弾公園の有明浜海水浴場にある、海岸の砂浜に描かれた銭形砂絵。 寛永通宝(江戸時代の銭貨)を模した巨大な砂絵です。 琴弾公園の山頂にある象ヶ鼻岩銭形展望台から見ることができます。 砂浜の実物自体は楕円形で作られており、展望台から見ると真円に見えるようになっています。 大きさは、縦122m、横90m、周囲345m。 日没から午後10時までグリーンにライトアップされて、期間限定でゴールドやブルーにライトアップされることも。 春と秋に砂絵を美しく整える「砂ざらえ」が行われ、市民を中心に数百名で作業を行う際のみ立ち入り可となります。 琴弾公園には「世界のコイン館」もあります。 [住所] 香川県観音寺市有明町12-12() 04. 豊稔池ダム(観音寺市) 豊稔池ダム 初めて来た!! — マカロニ tkr1070 讃岐山脈から流れる柞田川の水を水田へと流し込む目的で作られたとされる、豊稔池(ほうねんいけ)ダム。 マルチプルアーチダム(多連式アーチダム)は宮城県仙台市の大倉ダムを含めて日本に2つしかなく、現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムが豊稔池ダムです。 地上30メートルの堤からの放水が行われることもあり「ヨーロッパの古城を思わせる外観」と評される石造りのダムから放水される姿が観光の目玉となっています。 このダムによって形成された「豊稔池」は2010年に「ため池百選」に選定されて、湖畔は「豊稔池遊水公園」として散策を楽しめます。 [住所] 香川県高松市庵治町4389-1() 東讃地域の絶景スポット 東讃(さぬき市、東かがわ市、木田郡)の絶景スポットを紹介。 日本ドルフィンセンター(さぬき市) 日本ドルフィンセンター 空飛ぶイルカさん🐬 イルカの餌やり体験🐬🐟でイルカとふれあう。 触った感じはパンパンに空気が入っているトラックのタイヤ…😅 — ころきち korokichi241 香川県には屋外でイルカを見ることのできる「日本ドルフィンセンター」があり、山と海を背景にしてイルカの飛び跳ねる姿を楽しむことができます。 海上に浮かぶタイルの上から間近でイルカを見るだけでなく、ハンドサインでイルカが飛び跳ねるトレーナー体験やイルカと一緒に泳ぐ特別体験プログラムもあります。 [住所] 香川県さぬき市津田町鶴羽1520-130() 21. 野外音楽広場 テアトロン(さぬき市) テアトロンのあの夏の思い出があるだけであと90年は生きられる — みなしろ 旧Asami minashirospitz 瀬戸内海を一望できる屋外コンサート会場として、1万人ほどを収容できる野外音楽広場「テアトロン」。 ワインロードを北上して大串(おおくし)の先端近くにあります。 海外のコロシアムを彷彿とさせる作りで、中央のステージを囲む形で扇形の客席が広がる光景は独特なもの。 「大串自然公園」の一部という位置づけです。 ももクロなど有名アーティストのコンサートで使われたこともあるそうですが、一方であまり使われていない負の遺産とも言われています。

次の