こどもちゃれんじ 絵本。 【こどもちゃれんじ】ほっぷの絵本はこんなかんじです

《こどもちゃれんじ》1学年先取り(年少⇒年中教材)受講して感じたメリット・デメリット。|ワーママ日和

こどもちゃれんじ 絵本

エデュトイ 「五感で楽しむ 5WAYへんしんジム」 ねんね期の赤ちゃんの感性・知性・運動機能を育む大人気玩具。 「ねんねしながら五感で楽しむ」「プレイマットにして遊べる」「飾りを取り外してお出かけトイになる」「BOXにして遊びが広がる」「飾りパーツを使って音遊びする」など、5WAYで大活躍します。 ねんねしながら五感で楽しむ アーチにつるしたり、パペットに手を入れて動かしたり、お子さまの体にさわったり・・・。 ねんねしながら、五感をめいっぱい使ったスキンシップを楽しめる工夫がいっぱい。 プレイマットにして遊べる にぎやかな動物たちの絵柄を楽しんだり、マラカス、アコーディオン、しっぽなどさまざまなパーツの手ざわりを楽しんだり。 遊びのバリエーション豊富なプレイマットです。 飾りパーツを取り外してお出かけトイに はっぱのメリーやパペット、りすのラトルは、アーチから取り外して外出先でのちょっとした親子遊びにも使えます。 BOXにして遊びが広がる 「アクティビティマット」を組み立ててBOX型に変身。 うつぶせやおすわりができるようになってから楽しめ、長く使えるマットです。 さまざまな音や歌にふれて、たっぷりと五感を使います。 育児情報誌 「おやこですくすく」特別号 3〜5カ月頃のお世話やスキンシップ遊びの仕方を1冊に【特別号特集】「3〜5カ月の赤ちゃん 成長&お世話ガイド」• 月齢に合った気になるテーマや最新研究などの、必要な情報をお届け。 赤ちゃんの行動の裏に隠された根拠をご紹介します。 生後半年頃から始まる離乳食について、ひと足先に知っておけるから、スムーズにスタートできます。 3〜5カ月の成長の著しいこの時期のお世話の疑問や気がかりを解消できる1冊。 あらゆるジャンルのお役立ち情報や、お楽しみ情報をつめこんでお届けします。 〈こどもちゃれんじbaby〉 5つの特長• 月齢に合った遊び 1年間で大きく成長する時期だからこそ月齢の発達に合った、成長につながる遊びをお届けして、赤ちゃんの「やってみたい!」を刺激します。 安全・安心の教材設計 赤ちゃんが安心して遊べるよう、教材の企画・制作には細心の注意を払っています。 厳しい基準を設け、専門機関の検査をクリアした安全な教材だけをお届けします。 心が豊かに育つ おやこ遊び スキンシップ遊び、絵本の読み聞かせ、手指を使った遊びなど、バラエティ豊かな遊びを通して親子の愛着関係を深められます。 子育て トータルサポート 親子で楽しい時間を過ごせるよう遊びもお世話もサポートします。 「上手に遊べるかな?」とちょっぴり不安なかたでも、赤ちゃんの笑顔をいっぱい引き出せる毎日になるようお手伝いします。 経験者の回答 今はどういったおもちゃを与えるのが一番なのか。 そんな疑問をもたなくても月齢に合ったおもちゃが届くのが一番の長所かと思います。 短所といえば、やっぱり個人差があるので月によっては興味を示さないものもあります。 でも、しばらくすると興味を持って遊んだりするのでムダにはなりません。 ばじる• 経験者の回答 うちは、市販の物を買うより、吟味され安全も研究された物が多かったので良かったと思ってます。 どうしても合わなければいつでもやめられるし、やってみても損はないかと思います。 (ひまわりん)• 経験者の回答 確かに増えます。 ですが、一個一個に思い出が増えます。 愛着がわく様子で、増えても捨てるのを2歳くらいになると許してくれません。 ひとまとめにしてしまっておくのがベストです。 (りりま)• 経験者の回答 その時はあまり遊ばなくても、後で遊ぶこともあります。 小さい頃は特に、親が楽しそうに遊んでいると子どもも真似をして遊ぶので、一緒に遊んであげれば気に入ってくれると思います。 (にろ)• 経験者の回答 我が家は一括にしませんでしたが、結果として一括にすれば良かったと思いました。 割安で受講し、合わなければやめて、差額を戻してもらった方が、結果として割安にならなくても、続けてれば安いし。 (しまじろ娘).

次の

【公式】こどもちゃれんじ|しまじろう|ベネッセコーポレーション

こどもちゃれんじ 絵本

がシェアした投稿 — 2018年 3月月21日午後4時18分PDT 何が入っているか一目でわかるような工夫として、写真をとって貼り付けてあります。 でもこれは苦手な方はやらなくてもOKです。 私はたぶんそれだと続かないので、各月のおもちゃが混ざらないようにだけ気を付けてぶち込んでます。 ここまでできたら、あとは適度な大きさの箱に入れてしまうだけです。 高さ30cmくらいあると安心です。 あくまでもイメージなので、100均でお気に入りのものを見つけちゃってください。 こどもちゃれんじの付録の最強収納法2選 【こどもちゃれんじ公式収納ボックス】 「何も考えずに収納できるやつがいい~」なんて方にはこちらがおすすめです。 こどもちゃれんじ公式収納ボックス こどもちゃれんじの教材がほぼ1年分入る収納ボックス ブックシェルフ付き ¥5,378税込 こちらは、こどもちゃれんじが公式で販売している商品で、その名の通り教材がほぼ1年分収まっちゃうのです。 写真撮ればいいじゃ~~~ん。 私天才!? 必要になるかも…といった不安はどうしてもぬぐいきれないもの。 そんなあなたは写真保管を試してみてください。 そして紙はすぐに捨てましょう。 これで第1ステップ完了です。 では、次はステップ2へ。 こどもちゃれんじの付録を収納する前にすること 【ステップ2】 3. 教材が入っていた箱をたたむ 4. 教材が入っていた袋を処分する 次に、教材をすべて出します。 そして箱や袋を捨てましょう。 箱があると、なんとなくそこに戻してしまいがちです。 気づいたらそのまま…次の号が届いてごちゃごちゃになる未来が見えます。 一瞬の面倒くさい気持ちに打ち勝って、箱や袋を捨てるところまで出来たら第2ステップ完了です。 まずは、ここまでできた自分を大いに褒めてあげましょう。

次の

【こどもちゃれんじプラス】読み聞かせ絵本を買って良かったこと8つ

こどもちゃれんじ 絵本

子育てって本当にわからないことだらけですよね。 子どもの性格や家庭の状況によって育て方は変わりますし、何が正解かわからないので不安になります。 ウチの子が生まれたのは私も妻も40歳の時でしたが、歳をとっていても育児はもちろん初心者。 発育の具合や、褒め方、叱り方、どんなおもちゃを買ってあげればいいかなど、わからないことばかりでした。 そんなときにとても頼りになったのがベネッセの「」でした。 「こどもちゃれんじ」は、子どもの年齢や発育に合わせた教材やカリキュラムを用意してくれるとともに、日々の生活や育て方などの疑問にも答えてくれます! ウチでは子どもが1歳を過ぎた頃から現在3歳半になっても続けていますが、「こどもちゃれんじ」のおもちゃで遊んでいるうちに数字やひらがなが読めるようになっています。 また、子どもが〇〇のときどうすればいいのか、うちの子はこんな感じだけど大丈夫なのか、といった疑問や不安を解消してくれる力強い存在です。 ということで、小さいお子さんをお持ちのパパ・ママにおすすめ!!ベネッセの「」を紹介します。 「こどもちゃれんじ」とは 「こどもちゃれんじ」とはベネッセコーポレーションによる0~6歳向けの幼児教育教材です。 その歴史は30年以上になります。 毎月、絵本やDVD、おもちゃに保護者用の冊子などの教材が送られてきて、子どもの成長に合わせて「しまじろうとその仲間たち」が好奇心を引き出し、子育てをサポートしてくれます。 「こどもちゃれんじ」の受講費 受講費は12ヶ月分の一括払いと毎月払いによって異なります。 12ヵ月分一括払い 23,760円(税込)(月あたり 1,980円)• 毎月払い 月々 2,379円(税込) となっています。 月々2,000円程度ですが毎月払いの方が少々高くなります。 この値段で遊びながら学べるおもちゃやDVDが届くので、とてもコストパフォーマンスが高い内容だと思います。 2年半使って感じた「こどもちゃれんじ」の特徴 毎月子どもの成長に合ったおもちゃや絵本(教材)が届く 赤ちゃんが生まれるといろいろなおもちゃを買ってあげたくなりますが、そのおもちゃ選びがけっこう大変だったりします。 できれば子どもの成長にあった安全なおもちゃで遊んでもらいたいもの。 その点、「こどもちゃれんじ」なら、30年以上の実績に裏打ちされた安全でこどもの成長に合ったおもちゃや絵本、DVDがセットになって毎月届くので、安心で悩む必要がありません。 中には大人が遊んでも楽しいものがたくさんあります! 毎月、いろいろなおもちゃが送られてくるので、長く続けているとだんだん収納場所に困ってきてしまいますが(汗) 遊びながら学ぶことができる 子育てはいつから何を教えれば良いのか、いつまでに何を覚えなければならないのかわかりません。 なぜなら子育てに正解がないから! でも、30年以上の歴史と実績がある「こどもちゃれんじ」なら、子どもの年齢に応じた教材を送ってくれるので着実にステップを踏みながら学ぶことがきます。 例えば音声タッチペン「はてなくん」は、絵本などの絵や文字にタッチするとそれに応じた音声が聞こえるようになっています。 この「はてなくん」を使って遊ぶことで、動物や数字、ひらながなどを覚えることができるのです。 その他にもお風呂で遊べる玩具を使って数字を覚えたり、歌を歌いながらの仕方を学んだりすることができます。 このように「こどもちゃれんじ」の教材は、パパやママが無理に教えようとしなくても、子どもが自分から興味を持ち、夢中になって遊んでいる中で、自然といろいろなものごとを学べるように工夫されています。 単純に遊びとして面白いので、子どもも興味を持って取り組めるのがいいですね。 中にはハサミで切ったりのりで貼ったり親が手伝ってあげなければならない教材もあるので一緒に遊ぶこともできます(たまに面倒に思うこともありますが)。 いつのまにか数字が読めるようになったり、動物の名前が言えるようになっていたりしてびっくりします。 子どものいろいろな才能を気づかせてくれる 例えば、私も奥さんもダンスなんて習ったことがなく、これまでの生活に縁もありませんでした。 でも、「こどもちゃれんじ」についてくるDVDで、しまじろうたちがダンスをしているのを見ながら楽しそうに踊っている息子を見ると、こういう一面もあるんだと気付かされます。 こどもちゃれんじをとっていなかったら、たぶんダンスの映像なんて見せなかったでしょうし、子どもが踊るのが好きだなんてわからなかったかもしれません。 育児についての悩みを解決できる 子育ては本当にわからないことばかりです。 小さい子どもの成長や発育は千差万別なのはわかっているものの、疑問や不安に思うことなどがたくさんあります。 保育園で保育士さんやお友達のパパ、ママに聞ければいいですけど、聞けないものもありますし、そもそも答えのないものもあったりしますからね。 「こどもちゃれんじ」には子どもむけのおもちゃや絵本以外に、保護者向けの小冊子が付いてきて、これがとても参考になります。 ちょうど「これってどうなんだろう?」と思っていたことが載っていてびっくりすることもしばしばありました。 また、「こどもちゃれんじ」のホームページ「しまじろうクラブ」には育児情報のぺーじがあって、「こどもちゃれんじ」をとっている人たちの体験などが載っているのでこちらも参考になります。 「こどもちゃれんじ」のメリット・デメリット これまでの感想をふまえてメリットとデメリットをまとめてみます。 親の好みを反映させにくい• 教材がたくさん届き収納場所に困る• やめ時がわからない メリットについては、感想で述べたとおりです。 毎月おもちゃが届いて、子どもの成長に合わせて学習できるというのが「楽チン」ですね! デメリットですが、「親の好みを反映させにくい」のはしょうがないですね。 全国の同じ年齢の子どもたちに同じ教材が届くことになるので、それ以外で親の好みを反映させることになります。 「教材がたくさん届き収納場所に困る」のはけっこうな悩みです。 長く続けるとおもちゃや絵本がたまってしまうので、我が家でも現在その収納場所に困っております。 おもちゃも細かいパーツが多かったりするので片付け方にも工夫が必要です。 「やめ時がわからない」というのは、そのとおりです。 いつかやめる時がくると思うのですが、いつやめればいいのか、現時点ではわかりません。 みなさん何をきっかけにやめてるんでしょう。 【まとめ】「こどもちゃれんじ」を2年半使った感想 ここまで「こどもちゃれんじ」を2年半使った感想でした。 取り始めから今まで、「こどもちゃれんじ」は、ウチの子はもちろん、私たちパパママの大きな味方になってくれています。 毎月おもちゃや絵本が届いて子どもの成長に合わせて学習を「楽チン」にできるっていうのがなによりのポイントです! ということで、「こどもちゃれんじ」にちょっと興味がある、という方はぜひしてみてください!無料の体験教材もありますよ!.

次の