水色 桔梗。 桔梗

明智光秀の家紋~桔梗紋の由来と水色桔梗~

水色 桔梗

的干燥 根。 春、秋二季采挖,洗净,除去须根,趁鲜剥去外皮或不去外皮,干燥。 性状本品呈圆柱形或略呈纺锤形,下部渐细,有的有分枝,略扭曲,长7~20cm,直径0. 7~2cm。 表面白色或淡黄白色,不去外皮者表面黄棕色至灰棕色;具纵扭皱沟,并有横长的皮孔样斑痕及支根痕。 上部有横纹。 有的顶端有较短的根茎或不明显,其上有数个半月形茎痕。 质脆,断面不平坦,形成层环棕色,皮部类白色,有裂隙,木部淡黄白色。 无臭,味微甜后苦。 鉴别(1)本品横切面:木栓细胞有时残存,不去外皮者有栓皮层,细胞中含草酸钙小棱晶。 皮层窄,常见裂隙。 韧皮部乳管群散在,壁略厚,内含微细颗粒状黄棕色物。 形成层成环。 木质部导管单个散在或数个相聚,呈放射状排列。 薄壁细胞含菊糖。 (2)取本品,切片,用稀甘油装片,置显微镜下观察,可见扇形或类圆形的菊糖结晶。 (3)取本品粉末1g,加7%硫酸乙醇-水(1:3)混合液20ml,加热回流3小时,放冷,用氯仿振摇提取2次,每次20ml,合并氯仿液,加水30ml洗涤,弃去洗液,氯仿液用无水硫酸钠脱水,滤过,滤液蒸干,残渣加甲醇1ml使溶解,作为供试品溶液。 另取桔梗对照药材1g,同法制成对照药材溶液。 供试品色谱中,在与对照药材色谱相应的位置上,显相同颜色的斑点。 炮制除去杂质,洗净,润透,切厚片,干燥。 本品为斜椭圆形或不规则薄片,外皮多已除去或偶有残留。 切面皮部淡黄白色,较窄;形成层环纹明显,淡褐色;木部宽,有较多裂隙。 质脆,易析断。 照上述[含量测定]项下的方法测定,含总皂苷不得少于5. 性味苦、辛,平。 归经归肺经。 功能主治宣肺,利咽,祛痰,排脓。 用于咳嗽痰多,胸闷不畅,咽痛,音哑,肺痈吐脓,疮疡脓成不溃。 用法用量3~9g。 贮藏置通风干燥处,防蛀。 出处《本经》 来源为桔梗科植物 桔梗的 根。 春、秋两季采收,而以秋采者体重质实,质量较佳。 挖取后去净苗叶,洗净泥土,即浸水中,刮去外皮,晒干。 如遇阴雨应即烘干。 原形态桔梗,又名:包袱花、四叶菜、沙油菜、山铃铛花。 多年生草本,高30~90厘米,全株光滑无毛。 根肉质,圆柱形,或有分枝。 茎直立,单一或分枝。 叶近于无柄,生于茎中、下部的叶对生或3~4片轮生,茎上部的叶有时为互生;叶片卵状披针形,长3~6厘米,宽1~2. 5厘米,先端尖,基部楔形或近圆形,边缘有锯齿。 花单生于茎顶,或数朵成疏生的总状花序;花萼钟状,先端5裂;花冠钟状,蓝紫色,径3~5厘米,5裂,裂片三角形;雄蕊5,花丝短,基部扩大,花药围绕花柱四周;子房半下位,5室,柱头5裂,反卷,被白柔毛。 朔果倒卵形,熟时顶部5瓣裂。 种子卵形,有3棱。 花期7~9月。 果期8~10月。 生境分部野生于山坡草丛中。 我国大部分地区均有分布。 全国各地均产。 主产安徽、河南、湖北、辽宁、吉林、河北、内蒙古等地。 性状干燥根呈长纺锤形或长圆柱形。 下部渐细,有时分歧稍弯曲,顶端具根茎(芦头),上面有许多半月形茎痕(芦碗)。 全长6~30厘米,直径约0. 5~2厘米。 表面白色或淡棕色,皱缩,上部有横纹,通体有纵沟,下部尤多,并有类白色或淡棕色的皮孔样根痕,横向略延长。 质坚脆,易折断,断面类白色至类棕色,略带颗粒状,有放射状裂隙,皮部较窄,形成层显着,淡棕色,木部类白色,中央无髓。 气无,味微甘而后苦。 以条粗均匀,坚实、洁白、味苦者佳。 条不均匀,折断中空,色灰白者质次。 化学成分根含皂甙,已知其成分有远志酸,桔梗皂甙元及葡萄糖。 又从桔梗得到三个三萜烯类物质:桔梗酸A、B、及C。 花含飞燕草素-3二-咖啡酰芦丁糖-5-葡萄糖甙。 另有报道认为其作用强于远志而次于美远志,而用酚红排泄测定法时,其作用比远志弱。 对麻醉猫,也有促进呼吸道粘液分泌的作用。 祛痰作用主要由于其中所含的皂甙所引起,小剂量时能刺激胃粘膜,引起轻度恶心,因而反射地增加支气管的分泌。 按照溶血作用强弱的比较,认为野生桔梗比栽培的作用强,未剥皮的比剥皮的作用强得多,紫花的比白花的作用稍大,生长2年的作用最强,1年的次之,3年的作用最小。 与远志相比,桔梗的溶血作用较弱。 桔梗皂甙能降低大鼠肝内胆甾醇含量及增加类甾醇和没食子酸的分泌,因而对胆甾醇代谢有影响。 体外试验水浸剂对絮状表皮癣菌有抑制作用。 毒性桔梗皂甙有溶血作用,不能用于注射,口服后在消化道水解破坏,即无溶血作用。 炮制拣净杂质,除去芦头,洗净捞出,润透后切片,晒干。 漉出,缓火熬令干用。 每修事四两,用生百合五分,捣作膏投于水中浸。 米泔水浸一夜,切片微炒用。 " 性味苦辛,平。 " 归经入肺、胃经。 " 功能主治开宣肺气,祛痰排脓。 治外感咳嗽,咽喉肿痛,肺痈吐脓,胸满胁痛,痢疾腹痛。 " 用法用量内服:煎汤,1~2钱;或入丸、散。 注意阴虚久嗽、气逆及咳血者忌服。 得牡蛎、远志疗恚怒;得消石、石膏疗伤寒。 上二味,以水三升,煮取一升,分温再服,则吐脓血也。 捣罗为散,用童子小便半升,煎取四合,去滓温服。 水三升,煮取一升,顿服之。 上三味为散,以白饮和服,强人半钱匕,羸者减之。 病在膈上必吐,在膈下必利,不利,进热粥一杯,利过不止,进冷粥一杯。 上锉如米豆大,用水一升半,煎减半,去滓,分二服。 烧研敷之。 用桔梗、枳壳等分。 煎水二杯,成一杯,温服。 用桔梗、半夏、陈皮各三钱,生姜五片,煎水二杯,成一杯服。 此方名"桔梗半夏汤"。 先服甘草汤,如不愈,再服桔梗汤。 治法同上。 用桔梗、薏苡,等分为末,内服。 用桔梗研细,与枣肉调成丸子,如皂角子大。 裹棉内,上下牙咬住。 常用荆芥煎汤嗽口。 用桔梗一斤、黑牵牛头三两,共研细,加蜜成丸,如梧子大。 每服四十丸,温水送下。 一天服二次。 此方称"桔梗丸"。 用桔梗研细,加水调匀。 每服一茶匙,一天服四次。 药中加生犀牛角屑亦可。 治法同上。 用桔梗末,每服少许,米汤送下。 用桔梗研细,每服一茶匙,酒送下。 一天服三次。 初时须强灌。 约七天之后,血止。 可吃猪肝汤补身体。 药中也可加犀角,用量与桔梗等分。 用桔梗一两,锉细,加生姜三片。 水一杯煎服。 其治少阴证二、三日咽痛,亦用桔梗。 甘草,取其苦辛散寒,甘平除热,合而用之,能调寒热也。 后人易名甘桔汤,通治咽喉口舌诸病。 宋仁宗加荆芥、防风、连翘,遂名如圣汤,极言其验也。 按王好古《医垒元戎》载之颇详,云失音加诃子,声不出加半夏,上气加陈皮,涎嗽加知母、贝母,咳渴加五味,酒毒加葛根,少气加人参,呕加半夏、生姜,唾脓血加紫菀,肺痿加阿胶,胸膈不利加枳壳,心胸痞满加枳实,目赤加栀子、大黄,面肿加茯苓,肤痛加黄耆,发斑加防风、荆芥,疫毒加鼠粘子、大黄,不得眠加栀子。 伤寒邪结胸胁,则痛如刀刺;邪在中焦,则腹满及肠鸣幽幽,辛散升发,苦泄甘和,则邪解而气和,诸证自退矣。 其主惊恐悸气者,心脾气血不足,则现此证,诸补心药中,借其升上之力,以为舟楫胜载之用,此佐使之职也。 《别录》利五脏肠胃,补血气者,盖指邪解则脏腑肠胃自和,和则血气自生也。 除寒热风痹、温中、疗喉咽痛、下蛊毒者,皆散邪解毒通利之功也。 消谷者,以其升载阳气,使居中焦而不下陷,则脾中阳气长浮,而谷食自消矣。 甄权用以治下痢,及去肺热气促者,升散热邪之故也。 日华子用以除邪辟瘟,肺痈排脓;洁古用以利窍除肺部风热,清利头目,咽嗌胸膈滞气及痛,除鼻塞者,入肺开发和解之功也。 又惊则气上,恐则气下,悸则动中,是桔梗为气分之药,上中下皆可治也。 盖缘人之脏腑胸膈,本贵通利,一有寒邪阻塞,则气血不通,其在于肺,则或为不利,而见痰壅喘促鼻塞;其在阳明,则或风热相搏,而见齿痛;其在少阴,则因寒闭火郁,而见目赤喉痹咽痛;久而火郁于肺,则见口疮肺痈干咳;火郁上焦,则见胸膈刺痛;肺火移郁大肠,则见下痢腹痛,腹满肠鸣。 总皆寒郁于肺,闭其窍道,则清不得上行,浊因不得下降耳。 桔梗系开提肺气之药,可为诸药舟楫,载之上浮,能引苦泄峻下之剂,至于至高之分成功,俾清气既得上升,则浊气自克下降,降气之说理根于是。 …仲景曰:咽痛者,可与甘草汤,不瘥者,与桔梗汤也。 是乃甘草者,缓其毒之急迫也,而浊唾吐脓,非甘草之所主,故其不瘥者,乃加桔梗也。 由是观之,肿痛急迫则桔梗汤,浊唾吐脓多则排脓汤。 肺气开则府气通,故亦治腹痛下利,昔人谓其升中有降者是矣。 然毕竟升药,病属上焦实证而下焦无病者,固可用也;若下焦阴虚而浮火易动者,即当慎之。 其病虽见于上焦,而来源于下焦者,尤为禁剂。 昔人舟楫之说,最易误人。 夫气味轻清之药,皆治上焦,载以舟楫,已觉多事。 质重味厚之药,皆治下焦,载以上行,更属无谓。 故不但下焦病不可用,即上焦病,亦惟邪痹于肺、气郁于心,结在阳分者,始可用之。 如咽喉痰嗽等证,惟风寒外闭者宜之。 不但阴虚内伤为禁药,即火毒上升之宜清降者,亦不可用也。 陶弘景:桔梗,近道处处有。 叶名隐忍,二、三月生,可煮食之。 俗方用此,乃名荠苨。 今别有荠苨,能解药毒,所谓乱人参者便是,非此桔梗,而叶甚相似,但荠苨叶下光明滑泽无毛为异,叶生又不如人参相对者尔。 《唐本草》:人参苗似五加阔短,茎圆,有三、四桠,桠头有五叶。 陶引荠苨乱人参,谬矣。 且荠苨、桔梗,又有叶差互者,亦有叶三、四对者,皆一茎直上,叶既相乱,惟以根有心无 来源药材基源:为桔梗科植物桔梗的根。 拉丁植物动物矿物名:Platycodon grandiflorus Jacq. [Campanula grandiflora Jacq. ] 采收和储藏:播种两年或栽培当年秋季采挖,割去茎叶,挖出全根,洗净泥土,乘鲜用碗片或重型片刮去外皮,放清水中浸2-3h,挥起,晒干;或去芦切片,晒干。 原形态桔梗 多年生草本,高30-120cm。 全株有白色乳汁。 主根长纺锤形,少分枝。 茎无毛,通常不分枝或上部稍分枝。 叶3-4片轮生、对生或互生;无柄或有极短的柄;叶片卵形至披针形,长2-7cm,宽0. 5-3cm,先端尖,基部楔形,边缘有尖锯齿,下面被白粉。 花1朵至数朵单生茎顶或集成疏总状花序;花萼钟状,裂片5;花冠阔钟状,直径4-6cm,蓝色或蓝紫色,裂片5,三角形;雄蕊5,花丝基部变宽,密被细毛;子房下位,花柱5裂。 蒴果倒卵圆形,熟时顶部5瓣裂。 种子多数,褐色。 花期7-9月,果期8-10月。 生境分部生态环境:生于山地草坡、林缘或有栽培。 资源分布:分布于全国各地区。 栽培生物学特性 喜凉爽气候,耐寒、喜阳光。 宜栽培在海拔1100m以下的丘陵地带,半服半阳的砂质壤土中,以富含磷钾肥的中性夹沙土生长较好,种子寿命为1年,在低温下贮藏,能延长种子寿命。 5-4倍。 栽培技术 用种子繁殖,分直播法和育苗移栽法。 直播法,播前用温水浸种24h,或用0. 春播和秋播均可,以秋播为好。 条播,行距20-25cm,深3-5cm,播后盖火灰,稍镇压浇水。 约2星期出苗。 待苗高5cm左右,结合松土,可间去过密或纤弱的幼苗,苗高10-15cm,按10cm株距定苗。 育苗法,在较干旱地区,没有灌溉条件时采用。 作150cm宽的畦,条播,行距5-10cm,覆土1-1. 5cm,保持土壤湿润。 约2星期左右出苗。 苗齐后拔除过密的幼苗,并松土除草,至翌年4月即可移栽大田。 田间管理 移栽后1个有左右,苗出土5-10cm时,结合中耕除草追肥1次,每1hm2施清淡人畜粪水15000kg。 6-7月开花前,每1hm2施过磷酸钙150-225kg,赤可再追施人畜粪液1次。 冬季植析枯萎后,重施冬肥,以人畜粪和杂肥为主。 由于桔梗花期较长,花朵的生长发育消耗大量营养,故摘除花果,减少对养分的消耗,可以提高根的产量。 抽茎现蕾后要培土壅根,以防倒伏。 病虫防治 病害有轮纹病及斑枯病为害叶生。 还有红蜘蛛、地老虎、蚜虫、食子虫为害。 性状性状鉴别 根圆柱形或纺锤形,下部渐细,有的分枝,长6-20cm,直径1-2cm。 表面淡黄白色,微有光泽,皱缩,有扭曲的纵沟,并有横向皮孔玟痕及支根痕,有时可见未刮净的黄棕色或灰棕色栓皮;上端根茎(芦头)长0. 5-4cm,直径约1cm,具半月形的茎痕,呈盘节状。 质硬脆,易折断,折断面略不平坦,可见放射状裂隙,皮部类白色,形成层环棕色,木部淡黄色。 气微,味微甜、苦。 以根肥大、白色、质充实、味苦者为佳。 显微鉴别 根横切面:木栓层有时残存;木枪细胞偶含草酸钙小方晶。 皮层窗。 韧皮部宽广,外侧有时有裂隙;外侧韧皮射线渐弯曲;筛管群与乳管群伴生,作径向散列,乳管壁略厚,内含黄棕色颗粒状物。 形成层成环。 木质部导管单个散在或数个相聚,施射状排列;木射线较宽。 本品薄壁细胞含菊糖。 粉末特征:米黄色。 未去净外皮的可见木栓细胞,淡棕色,有的含细小草酸钙结晶。 药理作用1. 对麻醉猫亦有明显的祛痰作用。 有报道桔梗皂甙的祛痰作用强于远志,次于美远志(Poygala senegaL. 而小鼠酚红法试验结果则弱于远志。 桔梗所含皂甙口服时对咽喉粘膜及胃粘膜造成某种程度的刺激,反射地引起呼吸道粘膜分泌亢进,使痰液稀释,促使其排出,粗制桔梗皂甙有镇咳作用。 豚鼠腹腔注射和镇咳半数有效量为6. 此种制剂还能降低过敏反应,小鼠的毛细血管通透性。 腹腔注射桔梗皂甙引起的小鼠扭体反应与腹腔渗出,灌胃同一皂甙可产生抑制。 桔梗无直接抗菌作用,但其水提取物可增强巨噬细胞吞噬功能,增强中性白细胞的杀菌力。 提高溶菌酶的活性。 对循环系统的作用:大鼠以粗制桔梗皂甙静脉注射,可见暂时性血压下降,心率减慢和呼吸抑制。 对离体豚鼠心耳,高浓度时呈负性肌力作用。 据认为这种血管扩张是对外周血管的直接作用。 其它作用:粗桔梗皂甙有镇静、镇痛和解热作用。 能抑制小鼠自发性活动,延长环己巴比妥钠的睡眠时间。 但对电击和戊四氮惊厥无保护作用。 桔梗皂甙可降低大鼠肝内胆固醇的含量,增加胆固醇和胆酸的排泄,还有抗乙酰胆碱和抗组胺作用,能抑制乙酰胆碱与组胺引起的离体豚鼠回肠收缩。 毒性桔梗皂甙有溶血作用,不能用于注射,口服后在消化道水解破坏,即无溶血作用。 4-6. 5倍,不去皮的桔梗溶血作用略大于去皮桔梗。 因此桔梗不可注射给药。 灌胃大剂量桔梗皂甙,可反射性兴奋呕吐中枢,可引起恶心、呕吐。 炮制拣净杂质,除去芦头,洗净捞出,润透后切片,晒干。 《雷公炮炙论》:凡使桔梗,去头上尖硬二三分巳来,并两畔附枝子,细锉,用百合水浸一伏时。 漉出,缓火熬令干用。 每修事四两,用生百合五分,捣作膏投于水中浸。 《纲目》:桔梗,今但刮去浮皮。 米泔水浸一夜,切片微炒用。 性味味苦;辛;性平 归经归肺;胃经 功能主治宣肺;祛痰;利咽;排脓。 主咳嗽痰多;咽喉肿痛;肺痈吐脓;胞满胁痛;痢疾腹痛;小便癃闭 用法用量内服:煎汤,3-10g;或入丸、散。 外用:适量,烧灰研末敷。 注意阴虚久嗽、气逆及咳血者忌服。 宋震亨:下虚及怒气上升者不宜。 《本经逢原》:阴虚久嗽不宜用,以其通阳泄气也。 上二味,以水三升,煮取一升,分温再服,则吐脓血也。 捣罗为散,用童子小便半升,煎取四合,去滓温服。 水三升,煮取一升,顿服之。 上三味为散,以白饮和服,强人半钱匕,羸者减之。 病在膈上必吐,在膈下必利,不利,进热粥一杯,利过不止,进冷粥一杯。 上锉如米豆大,用水一升半,煎减半,去滓,分二服。 烧研敷之。 《卫生易简方》 各家论述1. 《纲目》:朱肱《活人书》治胸中痞满不痛,用桔梗、枳壳,取其通肺利膈下气也;张仲景《伤寒论》治寒实结胸,用桔梗、贝母、巴豆,取其温中、消谷、破积也;又治肺痈唾脓,用桔梗、甘草,取其苦辛清肺,甘温泻火,又能排脓血、补内漏也。 其治少阴证二、三日咽痛,亦用桔梗、甘草,取其苦辛散寒,甘平除热,合而用之,能调寒热也。 后人易名甘桔汤,通治咽喉口舌诸病。 宋仁宗加荆芥、防风、连翘,遂名如圣汤,极言其验也。 按王好古《医垒元戎》载之颇详,云失音加诃子,声不出加半夏,上气加陈皮,涎嗽加知母、贝母,咳渴加五味,酒毒加葛根,少气加人参,呕加半夏、生姜,唾脓血加紫菀,肺痿加阿胶,胸膈不利加枳壳,心胸痞满加枳实,目赤加栀子、大黄,面肿加茯苓,肤痛加黄耆,发斑加防风、荆芥,疫毒加鼠粘子、大黄,不得眠加栀子。 《本草经疏》:桔梗,观其所主诸病,应是辛苦甘平,微温无毒。 伤寒邪结胸胁,则痛如刀刺;邪在中焦,则腹满及肠鸣幽幽,辛散升发,苦泄甘和,则邪解而气和,诸证自退矣。 其主惊恐悸气者,心脾气血不足,则现此证,诸补心药中,借其升上之力,以为舟楫胜载之用,此佐使之职也。 《别录》利五脏肠胃,补血气者,盖指邪解则脏腑肠胃自和,和则血气自生也。 除寒热风痹、温中、疗喉咽痛、下蛊毒者,皆散邪解毒通利之功也、消谷者,以其升载阳气,使居中焦而不下陷,则脾中阳气长浮,而谷食自消矣。 甄权用以治下痢,及去肺热气促者,升散热邪之故也。 日华子用以除邪辟瘟,肺痈排脓;洁古用以利窍除肺部风热,清利头目,咽嗌胸膈滞气及痛,除鼻塞者,入肺开发和解之功也。 《本草通玄》:桔梗之用,惟其上入肺经,肺为主气之脏,故能使诸气下降,世俗泥为上升之剂不能下行,失其用矣。 《本草崇原》:桔梗,治少阳之胁痛,上焦之胸痹,中焦之肠鸣,下焦之腹满。 又惊则气上,恐则气下,悸则动中,是桔梗为气分之药,上中下皆可治也。 《本草求真》:桔梗,按书既载能引诸药上行,又载能以下气,其义何居? 盖缘人之脏腑胸膈,本贵通利,一有寒邪阻塞,则气血不通,其在于肺,则或为不利,而见痰壅喘促鼻塞;其在阳明,则或风热相搏,而见齿痛;其在少阴,则困寒闭火郁,而见目赤喉痹咽痛;久而火郁于肺,则见口疮肺痈干咳;火郁上焦,则见胸膈刺痛;肺火移郁大肠,则见下痢腹痛,腹满肠鸣。 总皆寒郁于肺,闭其窍道,则清不得上行,浊因不得下降耳。 桔梗系开提肺气之药,可为诸药舟楫,载之上浮,能引苦泄峻下之剂,至于至高之分成功,俾清气既得上升,则浊气自克下降,降气之说理根于是。 《药征》:桔梗,主治浊唾肿脓也,旁治咽喉痛。 仲景曰:咽痛者,可与甘草汤,不瘥者,与桔梗汤也。 是乃甘草者,缓其毒之急迫也,而浊唾吐脓,非甘草之所主,故其不瘥者,乃加桔梗也。 由是观之,肿痛急迫则桔梗汤,浊唾吐脓多则排脓汤。 《重庆堂随笔》:桔梗,开肺气之结,宣心气之郁,上焦药也。 肺气开则府气通,故亦治腹痛下利,昔人谓其升中有降者是矣。 然毕竟升药,病属上焦实证而下焦无病者,固可用也;若下焦阴虚而浮火易动者,即当慎之。 其病虽见于上焦,而来源于下焦者,尤为禁剂。 昔人舟揖之说,最易误人。 夫气味轻清之药,皆治上焦,载以舟楫,已觉多事。 质重味厚之药,皆治下焦,载以上行,更属无谓。 故不但下焦病不可用,即上焦病,亦惟邪痹于肺、气郁于心,结在阳分者,始可用之。 如咽喉痰嗽等证,惟风寒外闭者宜之。 不但阴虚内伤为禁药,即火毒上升之宜清降者,亦不可用也。 《本经》:主胸胁痛如刀刺,腹满,肠鸣幽幽,惊恐悸气。 《别录》:利五脏肠胃,补血气,除寒热、风痹,温中消谷,疗喉咽痛。 10.《药性论》:治下痢,破血,去积气,消积聚,痰涎,主肺热气促嗽逆,除腹中冷痛,主中恶及小儿惊癎。 《日华子本草》:下一切气,止霍乱转筋,心腹胀痛,补五劳,养气,除邪辟温,补虚消痰,被症瘕,养血排脓,补内漏及喉痹。 《本草衍义》:治肺痈。 《珍珠囊》:疗咽喉痛,利肺气,治鼻塞。 李杲:利胸膈, 治 咽喉气壅及痛,破滞气及积块, 除 肺部风热,清利头目,利窍。 《纲目》:主口舌生疮,赤目肿痛。 《中药形性经验鉴别法》:催乳。 摘录《中华本草》.

次の

名字と家紋_column(桔梗)

水色 桔梗

概要 [ ] 植物としての桔梗はのひとつにして、の『』では(あさがお)の名でよまれている。 また、「岡に咲く神草」という意味で「岡止々支」(オカトトキ)ともいい、土岐氏が本拠とした土岐の地名はこのの咲くところから生まれたという説もある。 桔梗紋は、土岐悪五郎の「…水色の笠符吹流させ…」という『太平記』の記述が文献上に初めて現れる。 この「水色の笠符吹流させ」というのが桔梗を表す。 が、主君であったを討ち、光秀がによって滅ぼされた後は一時「裏切り者の家紋」と認識されるようになり、は憚って「紋(げぎょもん)」に変更している。 使用 [ ] 使用家は、特に土岐氏とその関係の一族や流の氏族、、などが用いた。 桔梗は、、、、、、それに丸を加えた「丸に桔梗」は、、 、、細身の花弁の「太田桔梗」・「丸に細桔梗」は太田道灌らが用いた。 「土岐桔梗」は江戸時代に「桔梗」から派生したもので 、おもに土岐氏、、、が用いた。 船木氏や土田氏など土岐氏に関係する一族が「清明桔梗」を桔梗紋の代用として用いている。 下級武士での使用例には、「組合い角に桔梗」のが知られる。 龍馬ら坂本家は、明智光秀の娘婿であったの子、明智太郎五郎を先祖としていることから用いている。 土岐氏 [ ] 土岐桔梗 (『寛政重修諸家譜』 ) 清和源氏系で、土岐氏初代となったはの時代の人物で、の成立にともないのになった。 ある戦の時に野に咲いていた水色の桔梗の花をの前立にさして戦ったところ大勝利を得たことから縁起のいい花として桔梗の図案を家紋として採用し、清和源氏を象徴するものとなった。 また桔梗の「更に吉(さらによし)」という語呂に縁起をかついだという説もある。 鎌倉時代には土岐氏は庶流を内に多く土着させて、家紋にちなんだ「桔梗一揆」と呼ばれる強力なを形成していた。 そのため同じ桔梗紋では識別ができないので戦場では家紋と違う意匠の紋をつけることもあった。 頼光流では太田氏、遠山氏、池田氏、、、、高田氏、脇坂氏、福島氏、三沢氏、菅沼氏ら諸氏、義家流では松平氏、花井氏、榊原氏、小紫氏などがある。 戦国時代、一色の家紋の中にあって水色の家紋はかなり目立った。 また、であるは土岐氏支流のの桔梗の家紋を羨ましがったといわれる。 の「桔梗」の旗紋は「白地に水色で染付けした桔梗紋」と「水色の地に染め抜きの桔梗紋」がある。 加藤清正 [ ] に仕えて後世に名を残すは「紋」と「桔梗紋」を併用している。 これは本来は「蛇の目」を家紋としていた清正が秀吉から半国を与えられた際、それまでの数千石の知行から二十余万石への出世だったため、武具・調度品の支度に困窮した。 そんな清正に秀吉は、先だって秀吉の怒りを買って失脚・逃亡した一国の領主・の武具・調度品一切を与えて、使用するように配慮した。 この尾藤知宣が使用していたのが「桔梗紋」であったため、加藤家家中には「蛇の目紋」と「桔梗紋」の混在が見られるようになり、清正自身も両紋を併用するようになった、と伝えられている。 一方で、加藤清正が美濃国の出身であることからともいわれている。 図案 [ ] 清和源氏土岐氏がおもに用いた家紋であり、明智光秀が用いたとされる「陰桔梗」のように、その庶流の一族が桔梗紋を用いていることが多く、また、庶流や土岐氏に関係する一族では以下のように桔梗を含む家紋を用いていることが多い。 「組合い角に桔梗」は、正方形の角と辺を交差させた「組合い角」の内に桔梗を描く。 ら、が用いた「太田桔梗」は、丸の内にやや細身の桔梗を描く。 土岐氏が用いたという「水色桔梗」は色彩紋で、現代でいう「水色」ではなく「浅紫色」を施す。 「晴明桔梗」は、「」と同図案であるが「安倍晴明判」より太く描かれる。 桔梗(ききょう) 付属させたもの• 剣桔梗(けんききょう)• 蔓桔梗(つるききょう) 外郭を加えたもの• 丸に桔梗(まるにききょう)• 丸に細桔梗(まるにほそききょう)• 丸に剣桔梗(まるにけんききょう)• 丸に八重桔梗(まるにやえききょう)• 糸輪に桔梗(いとわにききょう)• 糸輪に覗き桔梗(いとわにのぞきききょう) 八重に描いたもの• 八重桔梗(やえききょう)• 八重裏桔梗(やえうらききょう)• 陰八重桔梗(かげやえききょう)• 中陰八重桔梗(ちゅうかげやえききょう)• 中陰八重裏桔梗(ちゅうかげやえうらききょう) 変形を加えたもの• 細桔梗(ほそききょう)• 反り桔梗(そりききょう)• 捻じ桔梗(ねじききょう)• 剣形桔梗(けんがたききょう)• 太田桔梗(おおたききょう)• (ときぎきょう)• 沼田桔梗(ぬまたききょう)• 剣香い桔梗(けんにおいききょう)• 晴明桔梗(せいめいききょう)• 鉄砲桔梗(てっぽうききょう)• 光琳桔梗(こうりんききょう)• 光琳爪形桔梗(こうりんつめがたききょう)• 桔梗桐(ききょうぎり)• 結び桔梗(むすびききょう) 輪郭を描いたもの• 陰桔梗(かげききょう)• 中陰桔梗(ちゅうかげききょう) 裏側を描いたもの• 裏桔梗(うらききょう)• 中陰裏桔梗(ちゅうかげうらききょう)• 地抜き裏桔梗(じぬきうらききょう) 写実的に描いたもの• 横見桔梗(よこみききょう)• 花桔梗(はなききょう)• 花桔梗枝丸(はなききょうえだまる) 複数、分割して描いたもの• 三つ寄せ桔梗(みつよせききょう)• 三つ盛り桔梗(みつもりききょう)• 頭合わせ三つ桔梗(かしらあわせみつききょう)• 三つ割り反り桔梗(みつわりそりききょう)• 中陰三つ割り桔梗(ちゅうかげみつわりききょう)• 三つ割り八重桔梗(みつわりやえききょう)•

次の

桔梗

水色 桔梗

桔梗は「青みがかった紫」と表現される色合いの花だが、我が家の桔梗は「紫がかった青」だ。 ピンクの紫陽花を植えてもみな青い花が咲くようになってしまうので、土の問題かも知れない。 その深い青が、ハッとする色なのだ。 見たとき瞬時に、胸の奥の普段開かない扉の向こうまで染めていくような色だ。 ところで。 あまりの暑さに閉口して、きのうエアコンを取りつけた。 18年前、ここ明野に越してきたときには、夏の涼しさに「子どもたちにノースリーブの服は着せられないな」と贅沢な悩みが頭をよぎったのを思い出す。 だが地球は変わった。 明野も、子どもどころか二の腕の太さが気になるわたしでもノースリーブを着たくなるような気候へと変化していった。 このままでは様々立ち行かなくなると、急遽知り合いの電気屋さんに頼み、つけてもらうことにした。 寝室と隣り合わせた仕事部屋が涼しくなればいいと、1台取りつけた。 テスト運転で、エアコンの風を感じたとき、不意に「あ、桔梗の色」と思った。 そう言えば、桔梗はこんな真夏に咲くくせに「秋の七草」なのだった。 涼し気なその色は、見る人の心持ちによっても変わるのかも知れない。 この色は、青に見えますか? 紫でしょうか? 濃い青。 青と紫の境目はどこにあるんだろう。 強い陽射しのなかでも、木漏れ日に揺れて涼し気な顔です。 桔梗何て美しい!「胸の奥の普段開かない扉の向こうまで染めていくような色」って表現にも絶句。 冬中日が当たらなかったバルコニーにやっと西日が当たるようになり、ある朝桔梗が紫の花を咲かせているのを見て歓声を上げましたが、こんなにたっぷりの桔梗を目の当たりにできるなんて羨ましい限りです。 「桔梗」は母の拘った「女紋」。 ふと懐かしい思いで求めた鉢植えでした。 抱っこされた思い出もなく甘えられなかった母でしたが。 独り暮らしのせいか、齢を重ねてきたからなのかもと。 色の表現は難しいですね。 辞書にも青紫の花と表現されていますね。 紫は高貴色とて一般には使えなかった時代もあったとか。 「青」はいいですね。 空の青、海の蒼、碧空って言葉もあるし、「青」って言葉にはいろいろな意味があるようで楽しい・・・。 ブログが出ないのはわがPCに問題が、と思っていました。 も一度コメントに挑戦してみます。

次の