媚薬 動画。 媚薬を使うと女性はこうなる!媚薬体験談

柏原芳恵 ちょっとなら媚薬 歌詞&動画視聴

媚薬 動画

人妻の無料SM動画• 2019. 27 23:00• 2019. 18 18:00• 2019. 17 23:00• 2019. 03 12:00• 2019. 01 12:00• 2019. 15 12:00• 2019. 12 09:30• 2019. 27 18:00• 2019. 27 12:00• 2019. 28 12:00• 2019. 17 06:00• 2019. 13 18:00• 2019. 13 12:00• 2019. 05 18:00• 2018. 28 12:00• 2018. 10 23:00• 2018. 10 12:00• 2018. 25 23:00• 2018. 23 23:00• 2018. 21 12:00.

次の

媚薬

媚薬 動画

媚薬とは そもそも媚薬とは、女性を性的に興奮させて セックスしないではいられない状態にしてしまう薬 いわゆる惚れ薬を想像する方もいるかもしれませんが、現代の媚薬はそのようなな甘いものではありません。 すべての 女を性欲に支配された獣に作り変える。 それが現代の媚薬の効果です。 探し求めている本当に効く媚薬には、どんな特徴があるのでしょうか? 実は女性の身体に効果を及ぼす、共通した特徴があるのです。 身体と精神に作用 媚薬の効果は大きく2つに分けられます。 身体への効果と 心理的効果です。 身体への効果とは、性器が濡れて開いたり、感度が上がるという効果。 精神的な効果とは、心拍が上がって脳が興奮状態になるという作用です。 性器の変化 媚薬が女性の身体を興奮状態にするため 性器が濡れてきます。 強制的に身体をセックスの準備をしている状態にしてしまうということです。 外性器が緩んで、閉じられていた部分が意思とは関係なく開きます。 当然、感度も上がっています。 媚薬を使うことで不感症を解決することもできますよ。 精神の変化 心拍が上がってドキドキするのも媚薬の代表的効果です。 人間は心拍が上がると、目の前にいる異性を意識してしまう習性があるため、女性とお茶をしているときに媚薬を使うことで、そのままセックスに持ち込むことが簡単になる、というわけです。 俗にいう 吊り橋効果というやつですね。 性ホルモンは重要要素 媚薬の効果について考えるときに大事なのが、 性ホルモンの増進効果です。 男性ホルモンには 女性の性欲に歯止めをなくす特徴が、女性ホルモンには女体の持つ 妊娠欲求を爆発させる特徴があります。 男性ホルモンを増進する媚薬を使ったときの特徴は、 快感をひたすら求め合うアグレッシブなセックス。 いっぽう女性ホルモンの分泌を促進する媚薬が実現するのは 女性特有の子作り欲求、つまりセックスして精子を中出しされたいという願望を満たす男と女のセックスです。 強力な媚薬とは? 媚薬は女性を 心も身体も発情させるためのもの。 それだけに強力であることは必須の条件です。 では強力な媚薬にはどんな特徴があるのでしょうか。 脳と神経に強力作用 強力な媚薬の特徴としてまず、 脳や神経に強力な作用を及ぼすことが挙げられます。 ここでいう作用とは、脳や神経に ホルモンの分泌命令を出させるということです。 強力な女性用媚薬の作用原理は、ホルモンや催淫物質を大量分泌させるという点で共通しています。 人間の心理や身体の状態を作用する 女性ホルモン・男性ホルモンを操ることによって、 妊娠することしか考えられない雌や、 男以上に性欲が爆発した淫らな女を作り出すことができるのです。 女性的な種を孕む性欲、男性的な快感を求める性欲のどちらも媚薬では実現できますが、そのベースとなるのは脳や神経への作用。 女性ホルモンやエストロゲンなどの分泌効果は、強力な媚薬の必須条件です。 吸収しやすい液体 強力な媚薬の条件として、 身体に吸収されやすいことも重要です。 吸収しやすいとはすなわち、胃や腸から取り込まれ血の流れに乗るのが早いということ。 固体よりも液体のほうが吸収されやすいのは当然です。 そのため、効果が強力な媚薬は、ほとんどが液体の形で販売されています。 吸収されやすいことで効き目が早いだけでなく、 胃腸での消化による効果のロスも最低限となるので、 飲ませた媚薬のすべてを脳と性器と全身にめぐらせることができますよ。 確実な臨床例 いかに強力さをうたっている媚薬といえども、女性に対して実際に使用して効果がなければ意味がありません。 媚薬開発時のモニターだけが発情しても意味がないのです。 その点、当サイトで紹介しているような強力な媚薬には 実地での実績があります。 婚活パーティやキャバクラといった場所でスタッフ全てに知らせず盲検試験をした際の臨床結果があるので、安心して購入することができますよ。 本当に効果がある媚薬を買うことで、 街中ですれ違う美しい女性や身近にいる意中の女性、そのすべてがあなたのものに変わります。 媚薬の効果を更に強力にする飲ませ方 ただでさえ効果が高い女性媚薬ですが、その 効果を更に強力にする方法があります。 それは、飲み物の種類を選ぶことです。 身体に吸収されやすい飲み物に混ぜる もともと身体に吸収されやすい液体媚薬ですが、 吸収されやすい飲み物に混ぜることで、吸収スピードと吸収効率を更に上げることが可能です。 吸収効率が高い飲み物といえば、まずは ビール、そして スポーツドリンクです。 もっとも使いやすいのはお酒でしょう。 すぐにトイレに行きたくなることからもわかるように、 ビールは体内へとても吸収されやすい飲み物です。 媚薬を混ぜることで 発情成分も急激に体内へ濃縮され、ビールが排出されたあとも留まり続けます。 また体内への浸透圧にすぐれている スポーツドリンクも、吸収の早さは最高です。 夏場のデートやアウトドアの機会があったら、ぜひ使ってみるとよいでしょう。 粉のスポーツドリンクにあらかじめ媚薬を混ぜておけば、女の子に怪しまれる可能性が一切ないこともポイントが高いです。 超強力な媚薬ならLOVE SHOT EX typeL では、端的に言ってどんな媚薬ならセックスできるのか、どんな媚薬なら満足感のあるセックスができるのでしょうか? ここで、オススメの超強力媚薬 LOVE SHOT EX typeLをご紹介します! LOVE SHOT EX typeLってどんな媚薬? たくさんのリピーターに愛され、その実績からロングセラー商品となった液体媚薬がLOVE SHOT(ラブショット)。 そんなLOVE SHOTがパワーアップした媚薬がLOVE SHOT type L……ですが、 さらにさらに成分が強化されたオススメの媚薬がLOVE SHOT(ラブショット) EX typeLです! その 効果は従来品の5倍以上!LOVE SHOT EX typeLは、狙った女とどうしてもセックスしたい!なんて時にうってつけの媚薬です。 5 5 5 4. 5 5 5 第2位 濡舞妓 2,980円 塗る 23. 5 4 5 5 4. 5 4. 5 第3位 惚れルンです 4,980円 飲む 23 5 4. 5 4 4. 5 5 第4位 Drop-EX- 4,980円 飲む 21 4. 5 4 4 3. 5 5 第5位 リュイール ホット 3,740円 塗る 20. 5 3. 5 4 4 4 5 LOVE SHOT EX typeLにはどんな成分が入っているの? たった1滴だけで 女が秘めた野生の性欲をむきだしに。 どんな 液体媚薬と比較しても効果は最強クラス! なぜ、LOVE SHOT EX typeLがそこまで高い効果を発揮するのか? それは、 独自に配合した7種以上の超濃縮成分が強力に作用するから! まず、LOVE SHOT EX typeLに配合される成分の筆頭に挙げられるのが マカ。 「天然のバイアグラ」の異名を持つマカは、男性の滋養強壮剤としても知られていますが、女性にも性欲増強成分が強く作用します。 ホルモンバランスを整え、美容にも効果があるため、媚薬を飲ませてエロく綺麗になる可能性もありますね! 同じくLOVE SHOT EX typeLに配合される ザクロには、女性が恋をした時に分泌される女性ホルモンエストロゲンに似た成分が配合されています。 この成分により、媚薬を飲ませた女性が恋をしている状態だと錯覚させる効果が期待できるのです! そして、近年注目の成分となっている ヒハツもLOVE SHOT EX typeLに配合。 ヒハツはスパイス、調味料としても使用されますが、実は高い催淫効果を持ち、効果的に性欲を高めます。 さらに、古来より知られた精力増強成分の ガラナ、女性ホルモンの分泌を促す 馬プラセンタ、抑圧された女性の性欲を開放的にする トンカットアリ……さらに、極めつけとして精力増強の代名詞として知られる スッポンを配合! これら7種の強力エキスの他にも催淫効果を持つ成分が多数含まれ、それらを超濃縮した とっておきの媚薬がLOVE SHOT EX typeLなのです! 検証された超強力な効果 LOVE SHOT EX typeLを飲んだ女性は、 脳から手足の先まですべてが発情します。 これは 婚活パーティでの二重盲検テストでも実際に検証された本物の効果です。 効果の秘密は 女性ホルモンやエストロゲンといった物質を極度に分泌させる催淫効果。 催淫物質や女性ホルモンにより、普段は脳で抑えつけられている 哺乳類特有の中出し欲求が解放されるのです。 オールマイティな速効性 そしてLOVE SHOT EX typeLは 効き目が早く、持続時間も長いためすべてのシチュエーションに対応可能です。 効果が出るまではわずか30分、そこから 5時間続くため、途中で効果が切れる心配はありません。 少量で長時間使えるコストパフォーマンスの高さも魅力的な媚薬なのです! 初めての媚薬としても、他の媚薬を買って失敗した方のリベンジにも、 すべての方に、すべてのシチュエーションでおすすめの媚薬、それがLOVE SHOT EX typeL。 作用と実際の使用実績が実証されている液体媚薬なら、女性の 性欲開放・発情効果を誰でも実感できるはずです。 ぜひあなたも強力な女性用媚薬を使って、 街で一目見た理想の女性や、 職場や学校にいる意中の女性との 中出しセックスを実現しちゃいましょう!.

次の

女性用媚薬の効果

媚薬 動画

概説 [ ] 媚薬とは主に性的興奮を高める作用を持つ薬のであるが、その歴史は古く精力の付く薬や食品の総称ともとらえることができる。 多くの場合こうした薬の作用は個人差が大きく、薬効の認識によっても差異がある(参照)。 基本的にはを自在に操作することのできるほどの薬効成分は実用化されておらず、惚れ薬は架空の薬品と認識されている。 歴史的には大変古いが食用となる野菜や果物、獣肉等の産地、知識が偏っていた前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、タマネギなど現代では一般的な食材も過去には媚薬扱いされていた。 これはの一般化した近年とは異なり、当時の人々が刺激性物質や化学物質に全く晒されていなかったために薬効が顕在化しやすかったのではないかという説がある。 また前述のプラセボ効果により、珍しい果実や食材に媚薬効果があるというふれこみで輸入・販売されることがあった。 主な分類 [ ] 催淫剤 性欲を亢進させる薬。 主に男性の精力減退の治療に用いられ、勃起を促す作用を持つ。 女性用にはなどが知られているが、10錠で5000円前後と高く、副作用に嘔吐・眠気・低血圧などがあり、毎日1ヶ月飲み続ける必要があり効果が出るのは半数程度であるため、販売は不振であったという。 フィクションの世界では、女性に向けて用いられることが多いが、同じ薬が男女双方に作用することもしばしばである。 刺激性物質 経口摂取、または注射により尿内に残留し、尿路から性器を刺激する。 多量に摂ると、毒になる物質にこの作用が見られることがある。 性ホルモン剤 、などの製剤の一部に、性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされる。 民間の伝承薬 やといった、やによって効能や有効成分が認められている薬。 または、感応呪術による性器食。 主な媚薬とされるもの [ ] 植物、動物由来の食品・調味料 [ ] 、 ジョルジュ・デュビィ他著『愛とセクシュアリテの歴史』にリンゴとザクロを用いた古代バビロニアの性愛の呪法が紹介されている。 ギリシャ・ローマ時代には国の豊かさの象徴とされ、媚薬ともされた。 『』などで紹介。 著『』で紹介。 世界三大珍味の一つであり強壮作用があると信じられたキノコの一種。 、 栄養価の高い食品は強壮剤として用いられた。 、、 糖分の取れる食材は強精薬として用いられた。 、、 精のつく食品として紹介され強壮にも効果があるとされた。 動物の性器 、のペニスや、のなどが精力増強作用があるとされた。 強壮剤として民間伝承。 調味料として、媚薬として重宝された。 実在するマンドレイクではなく、伝承としてのマンドラゴラ。 二股に根差が分かれた根菜であり、魔術薬の代表的な材料として知られる。 の『マクベス』などでは魔女の薬の材料として紹介されている。 、 や、コーヒーが催淫効果があるとされた。 、 『カーマ・スートラ』によれば男性性器にこれらを混ぜた蜂蜜を塗り交合すれば思い通りに女性を恍惚とさせられるとされる。 やなど。 多量に摂ると逆効果。 少量だが男性フェロモンと同じ成分が含まれている。 散薬、塗布薬など [ ] サテュリオン ペトロニウス著『サテュリコン』で紹介された媚薬。 催淫剤の総称だがいくつかの植物がこれにあたると後世紹介されており、正体は不明。 の 様々な生薬を練り込んだ軟膏。 魔女がの饗宴で用い、を簡単に得られるとされた。 多くは普及以前の民間伝承薬であったとされている。 魔女狩り以降の伝承では暗黒面が強調され、精液、愛液、コウモリの血や女性の経血、蛇なども材料とされた。 、 類の昆虫の粉末。 ヨーロッパのものはアオハンミョウである。 東西を問わず生薬として用いられヨーロッパでは媚薬効果があるとされた。 漢方薬 (の角)、(鹿のふくろづの)、(の一種)、(アカヤジオウ)、(の角)などを調合。 、の粘液 江戸時代の日本で売られていた長命丸という媚薬の主成分。 万能薬として珍重された。 アッパー系と呼ばれる興奮作用のあるものが性欲昂進に効果があるとされる。 その他 [ ] 、 香りに媚薬効果があるとして珍重された香。 の黒焼き。 古代ローマやインドでもは媚薬・強精薬の材料となった。 作品 [ ]• - 『』• - 歌劇『』• - 楽劇『』• - 歌劇『』• の『』「第一話 貿易商人の話」 脚注 [ ] []• 俳人は残された日記によれば、50歳で故郷の信州柏原に帰り、その2年後28歳の妻きくを娶り、野草などの媚薬を探しまわり、結婚後連日連夜の交合に及んでおり(激しさを嫌がって離婚した嫁もいた)、妻の妊娠中も交わったほか、脳卒中で58歳のときに半身不随になり63歳のときに言語症を起こしても、なお交合への意欲は止むことがなかった。 江戸時代に黒薬専門の四目屋 よつめや と称する薬屋が売った撒布薬が有名だった。 交尾期のイモリの雌雄を節をへだててに入れると一夜のうちに節を食い破って交尾し、引き離して焼けば山を隔てていてもその煙が空中でいっしょになるという言い伝え江戸時代から伝わる媚薬である。 「余録」(2014年8月12日)によれば、江戸川柳「黒焼と榎は縁のうらおもて」は、イモリの黒焼の粉を思い人にかけると縁が結ばれるという俗信があり、これは「板橋の木皮の能は医書にもれ」という川柳を意識したもの。 「板橋の木皮」とは中山道の板橋宿にあった縁切り榎の木の皮、「能」は効能のことである。 昔、それを粉にして相手の男に飲ませると、その男との悪縁が切れるという俗信があった。 当時の中山道沿いに生えていたこの榎、結婚式の行列が避けて通っていたそうで、幕末に将軍家茂(いえもち)に嫁いだ皇女和宮の一行も迂回したという。 「ヒポクラテスの袖」Hippocrates' sleeveというのを飲まされるが、これはギリシャの医学者ヒポクラテスの袖に、妙薬を濾過する木綿の濾過器が似ていたからだという。 石井美樹子『中世の食卓から』()にこの作り方が出ている。 参考文献 [ ]• 立木鷹志著、青弓社刊『媚薬の博物誌』 関連項目 [ ]• - 恋愛感情の源であることが医学的に証明された脳内の一種。 媚薬の主成分とも言われ、人工的に生成した同成分を多く含む(・・)悪用の温床ともなっている。 やなどでも食物摂取可能だが、含有量は少ない。

次の