ニッポン ノワール 考察。 ニッポンノワールとジョーカー許されざる捜査官の繋がりを考察!宮城の秘密がここに!?

ニッポンノワール考察!犯人は誰か?女性刑事と十億円強奪の真相に迫る!

ニッポン ノワール 考察

「ニッポンノワール」あらすじの概要 「ニッポンノワール」の考察に入る前にまずは物語の概要を少しだけおさらいしたいと思います。 ・・・ ある1人の刑事が目を覚ましました。 するとそこは森の中だったのです。 なぜこんなところにいるのか?彼は覚えていなかったのです。 この男性の名前は遊佐清春(ゆさきよはる:賀来賢人)。 遊佐は、警視庁捜査一課の刑事です。 さて、目を覚ました遊佐はあることに気づきます。 なぜ自分がこんな森の中にいるのかを覚えていないし、なんとここ数か月の記憶すら完全に失っていたのです! さらに不可解な状況に気づきます。 なんと遊佐の右手には拳銃が握られていました! そして彼の傍らにはある女性が眠っていました。 なんとその女性は自分の上司の女性刑事・碓氷 薫(うすいかおる:広末 涼子)であり、しかも息絶えていたのです! 目を覚ました自分がとんでもない状況にいることに気づいた遊佐はパニックになります。 なぜ自分はこんなところにいるのか? なぜ拳銃なんか握っていたのか?? なぜ自分の上司・薫がこんなところで死んでいるのか? 不可解な状況で全く記憶がない中、遊佐は自分の職場である警視庁捜査一課に戻り、この事件について捜査を開始します。 しかし、もちろんそんな状況にいた遊佐は、周りの同僚からは疑いの目で見られてしまいます。 そして遊佐も自分自身を疑っていたのです。 記憶がないので、もしかしたら自分がしでかしたかもしれなかったからです。 そんな中、唯一、信頼できる自分の相棒といえる人物が遊佐にはいました。 その人物とは… 殺された上司・薫の一人息子、碓氷 克喜(うすいかつき:田野井 健)です。 さて、遊佐がこの事件について捜査をしていく中で、いくつかの証拠が出てくるのですが、それらの証拠は誰かによって次々ともみ消されていきます。 そんな中、この女性刑事殺害事件はいまだ未解決の「十億円強奪事件」の真相につながっていくのです… ・・・ 以上が物語の概要となります。 では、次に物語の核心となる2つの事件「女性刑事殺害事件」「十億円強奪事件」と犯人・黒幕について詳細を考察していきたいと思います。 「2つの事件」について 「ニッポンノワール」では2つの事件「女性刑事の事件」「十億円強奪事件」が物語の軸として展開していくと思います。 のっけの第1話から主人公の遊佐清春(ゆさきよはる:賀来賢人)は、森の中で目覚め、そして女性刑事殺害事件に巻き込まれます。 そして遊佐がこの事件を捜査していく過程で、徐々に別の未解決事件の「十億円強奪事件」の真相につながっていくのです。 この物語の展開について考察する上で、事件の犯人・黒幕を突き止める流れになりますが、まさに黒幕はこの2つの事件に関与しているでしょうし、この2つの事件にフォーカスしていくことで真相に近づく大きな手掛かりをつかめると思います。 では、まずはこの2つの事件について見ていきたいと思います。 ・女性刑事の事件 ある日、遊佐清春(ゆさきよはる:賀来賢人)が目覚めると、なんと右手に拳銃があって、傍らには彼の上司の女性刑事・碓氷 薫(うすいかおる:広末 涼子)が息絶えていました。 遊佐はなぜ上司の薫が自分の横で死んでいたのか全く分かりません。 しかし、誰がどう見てもこの状況は「遊佐が薫を銃で撃った」ととらえられてしまいます。 記憶がない遊佐は自分自身をも疑いつつ、この事件の真相を追っていきます。 ・10億円強奪事件 10億円という大金が何者かによって強奪される事件が発生しますが、この事件は未解決で犯人が捕まっていません。 犯人や黒幕が誰かも分からずじまいでいまだにこの事件の真相は闇の中なのです。 では、次にこの「10億円強奪事件」と「女性刑事の事件」の2つの事件について、その背景、つながりを考察していきたいと思います。 ・2つの事件の背景・つながり 物語の核となる「女性刑事の事件」と「10億円強奪事件」の2つの事件は、別々の事件のように見えますが、実は裏で巧妙につながっています。 すなわち同じ犯人、黒幕が潜んでいる可能性が高いと見ています。 この2つの事件が深く関わっているということについては 「 」から示唆されています。 薫が犠牲になった事件の捜査のために公安部から派遣された刑事・才門 要(井浦 新)は、薫が殺される前に薫から十億円強奪事件について聞いていました。 薫は生前にこの事件について追っていたのです。 そして、薫がこの事件に関する情報をつかんでいたので、このことを才門に話していたのです。 その情報とは、10億円強奪事件の犯人はまだ10億円を手にしていないということを。 そして、この10億円のありかを知るために、犯人は事件を捜査していて何らかの情報をつかんでいる薫に近づいたのだと。 その直後に薫は殺されてしまったのです。。 では、それぞれの事件に関するエピソードを拾いながら1つ1つ考察していきたいと思います。 ・なぜ森の中に? ある日、刑事の遊佐清春(ゆさきよはる:賀来賢人)は、目が覚めるとなぜか森の中にいました。 そして傍らには女性刑事で上司の碓氷 薫(うすいかおる:広末 涼子)が息絶えていて、この事件に巻き込まれるわけですが、なぜ遊佐は森の中にいたのでしょうか? いくつかその理由を探ってみたいと思います。 ・なぜ記憶を失っていたのか? 記憶を失っていた理由は大きく次の2つが考えられると思います。 1.記憶を何者かによって消された ・事件の真相を知ってしまったので、犯人に記憶を消された。 ・何者かに殴られたショックで記憶を失くした 2.記憶を自分で消した ・何らかのショックで。 あるいは自分で仕組んであえて記憶を消した。 おそらく何者か(犯人)によって意図的に記憶を消された可能性が高いと思います。 遊佐は事件の真相を知ってしまったので、まずいと思った犯人が遊佐の記憶を消して、女性刑事・薫の容疑者に仕立て上げた可能性が高いのではないでしょうか。 ・なぜ女性刑事・薫が横で息絶えていたのか? この理由は次の2つが考えられると思います。 1.事件の真相を知ったため犯人に殺された 女性刑事・碓氷 薫(うすいかおる:広末 涼子)が、10億円強奪事件の真相をつかんだか、つかみかけていたが、発覚を恐れた犯人が薫を始末した。 2.遊佐が女性刑事を殺した これは「まさか!」の展開になりますが、主人公の遊佐が上司の女性刑事・薫を銃で殺してしまう。 そしてこのショックのために遊佐は記憶を失くしてしまう。。 「1」の薫が事件の真相をつかんだので殺された。。 というのが一番可能性が高いような気がします。 ・10億円強奪事件の真相が! 女性刑事・薫の事件が次第にこの10億円強奪事件の真相につながっていくと公表されています。 ということは「女性刑事・薫の事件」と「10億円強奪事件」の2つの事件は裏でつながっている可能性が非常に高いということを示唆しているのではないでしょうか。 そして、上記で考察させていただきましたが、一番可能性が高いかな?と思うのが、次の真相です。 あくまで推測となりますが、この可能性が一番高いかなと思っております。 この「女性刑事・薫の事件」と「10億円強奪事件」の2つの事件の関連性については、先ほどもちらっとお話しましたが 「 」からすでに示唆されています。 公安部の刑事・才門 要(井浦 新)が、薫が殺される前に薫から聞いていたのです。 十億円強奪事件を追っていた薫は、おそらく事件に関する重要な情報をつかんだのだと思います。 才門が薫から聞いた情報は、10億円強奪事件の犯人がまだ10億円を手に入れていないことです。 そして犯人は10億円のありかを知るために、薫に近づき、そして薫は殺されます。 今判明している情報からの推測では、この可能性が一番高いかなと思います。 ドラマの物語が進むにつれて、随時更新していきたいと思います。 ・・・ 以上が物語の軸となる2つの事件に関する考察となります。 では、次に物語の核心となる犯人・黒幕について迫っていきたいと思います。 さらに遊佐はここ数か月間の記憶を失くしていて、なぜ自分がこのような状況になっているのか全く分かりませんでした。 そして、この女性刑事・碓氷 薫の事件が、別の未解決の「10億円強奪事件」の真相につながっていくのです。 では、この事件の黒幕・犯人について探っていきましょう。 黒幕・犯人は、次の3つの特徴を持つ人物の可能性があると思います。 ではそれぞれの人物像について詳細を見ていくことにしましょう。 ・身近な人物 オーソドックスな結論となりますが、遊佐清春の身近にいた人物が犯人だった!というオチです。 一番、可能性が高いのが、身近な人物でしかも「まさか!?」という超以外な人物です。 例えば、、、 ・遊佐清春と一緒に必死に犯人捜しに注力していた同僚の刑事 ・遊佐清春の状況を心配し、思いやってくれていた後輩、先輩刑事 ・遊佐清春と懇意にしていたご近所さん ・遊佐清春の学生時代の旧友 などです。 今、判明している中で一番「怪しい」と思われる人物は、捜査一課の理事官・本城諭(篠井英介)ですね。 「 」から本城はかなり怪しい動きを展開しています。 例えば、遊佐の同僚刑事である名越時生(工藤阿須加)に「遊佐が薫殺しの犯人だ」と吹聴して、名越に遊佐を容疑者として逮捕させようとしたり、遊佐の家にSIT部隊を送り込んで遊佐を逮捕しようとしたりしました。 SIT部隊が送りこまれた理由は、そのタイミングで遊佐の家から「十億円強奪事件」の計画書と、この事件で使われた拳銃が出てきたからです。 この動きを見ていると、本当は遊佐は容疑者でも何でもないのに、本城が遊佐を容疑者として仕立てようとして仕組んだのでは?と思ってしまいます。 しかし、このドラマは「最後の最後までびっくりさせる想定外の刑事ドラマ」と公表されているので、このようなオーソドックスな結論ではない可能性が高いかもしれません。 ですので、次の2つの可能性が高いのでは?と思っています。 ・想定外の人物 これは、想定されえない、視聴者の度肝を抜くような人物が黒幕というものです。 まさに「想定外」の人物ですね。 この場合はまさに推測の範囲が無限大になるので、物語の書き手としてもやりやすいと思いますし、視聴者としても考察を重ねることができるのでSNSで盛り上がると思います。 例えば、次のような人物が考えられます。 ・遊佐清春の親、兄弟や子供、祖父や親戚などの身内 ・遊佐清春の相棒・碓氷 薫の一人息子の碓氷 克喜(うすいかつき:田野井 健) ・犠牲になった女性刑事の碓氷 薫 ・10億円強奪事件の被害者(自作自演で脱税の隠れ蓑にしていた、、等) いずれにしても視聴者が思いもしなかった想定外の人物が最終的に黒幕だった!という結論です。 このような想定外の人物が犯人・黒幕だった…という可能性が一番高いのではないかなと思います。 でも、もし薫の一人息子の碓氷 克喜(うすいかつき:田野井 健)が黒幕、もしくはこの事件の裏で関わっていたということになるとかなりショックなのであまりこの結末は願いませんが。。 しかし、黒幕ではないにせよ、克喜は事件の真相につながる重要なキーパーソンであることは間違いなさそうです。 ・まさかの遊佐清春 これも想定外に近い結論ですが、犯人・黒幕はまさかの主人公だった!というオチです。 遊佐清春は、森の中で拳銃を持ちながら、上司の碓氷 薫の遺体とともに眠っていました。 そして記憶を失くした状態で目覚めて、この事件の捜査を開始します。 なぜ自分は記憶を失くしてこのような状況になっていたんだ?? 自分自身を疑い、周りの同僚たちをも疑いながら捜査を進めていきますが、最終的に自分自身がすべての事件の犯人・黒幕だったことが判明するのです。 もしかしたら遊佐清春はこのような事件を起こさざるを得ない状況だったのかもしれません。 エキセントリックで激情、そして人一倍正義感がある刑事の遊佐清春は、不正をして膨大な利益を得ている立場の強い人たち(大企業や政治家等)を常日頃から許せませんでした。 そんな中、ある日、なんと警察の上層部が不正な利益を得ている企業や政治家と結託して膨大な権益を吸っていることに気づきます。 信じていた自分が所属する警察組織でさえもそんな不正を働いている。。 業を煮やした遊佐清春は、警察の組織力・人脈を利用して、裏の世界の人たちと共謀して、不正な利益を得ている人たちから10億円もの強盗事件を起こします。 そしてそのお金を立場の弱い人たちへの寄付という形で還元します。 そんな遊佐清春の動きを知った碓氷 薫は、遊佐を止めようとします。 しかし、激情タイプの遊佐は、ついカッとなり、はずみで碓氷 薫を拳銃で撃ってしまっていたのです。 自分がしたことに遊佐は頭が真っ白になり、あまりのショックで記憶を失ってしまいます。 ・・・ このような感じで実は主人公の遊佐がすべての犯人、黒幕だった!という結論もあるかもしれません。 以上で考察を終わらせていただきたいと思います。 物語が進んでいくにしたがって随時、更新させていただきますね。

次の

ニッポンノワール

ニッポン ノワール 考察

人体実験により記憶を変えられていた宮城遼一(細田善彦)が公安の眞木光流(矢本悠馬)の手により死亡した。 怒りからまるで別人のように変貌し、眞木を打ちのめした遊佐清春(賀来賢人)。 それは覚醒の兆しなのか…。 「アンタが黒幕なのか」 夕陽が射し込む喫茶店の中、視線を交わす両者。 その真相は……。 南武修介(北村一輝)には5年前に家出をした息子がいた。 その後、ベルムズに加入したところまでは把握したものの、その先の行方はわからないままだった。 ベルムズを使い人体実験を繰り返していたニッポンノワール。 南武は息子の行方を案じつつ、江國光成(杉本哲太)ら捜査一課の面々にニッポンノワールと公安の動向を探らせる。 そして、そこで衝撃的事実を突き止めることとなる。 覚醒の日、清春はついに全ての記憶を取り戻すこととなる。 ニッポンノワールの全容、そして碓氷薫を殺害した人物とは……!? 「真実を知る覚悟はあるか?」何者かが清春に尋ねる。 「ここまできてないなんて言うわけねえだろ」清春は返す。 全ての真実が清春の脳裏に蘇る夜。 第9話、誰にも騙されることなかれ。 ntv. 喜一(笹野高史)が黒幕だという件は「今は話す時じゃない」と言われて保留にされる。 約束の日を指定され、その時になれば話すということ。 時間を持て余した清春は、克喜に行きたいところに出かけようと提案。 優しい克喜は「清春の行きたいところに行きたい」と言う。 出かけたのは清春の父親が入っている施設。 清春パパはボケていた。 (すごい若く見えたけどw) 自身も父親になった清春は父親に「今ならあんたの気持ちが少し分かる」と話しかける。 約束の日がやってきた。 「今は話す時じゃない」というのは清春の覚醒を待っていたからだった。 喜一は科捜研を定年後、ニッポンノワールのメンバーとなった。 しかし星良にニッポンノワールのことがバレる。 星良を人質に取られた喜一はとにかく研究に没頭した。 だが、星良はニッポンノワールと喜一のやったことを世間に公表しようとした。 そして宝生純平に殺されてしまう。 その後、喜一はもう1人の娘・咲良に手を出さないことと新薬を作ることを条件にニッポンノワールを抜ける。 その新薬のありかの手がかりは清春の失われた記憶にしかない。 喜一は清春に記憶を呼び起こすニッポンノワールのマークを見せる。 ベルムズの新リーダー・陣内と薫(広末涼子)の父親・元警視庁長官がガスマスクの男に殺された。 記憶を思い出した清春。 薫を殺したのは清春だった。 薫は、ゲームで自分と寝て妊娠させた清春を恨んでいた。 たった1度の過ちで薫の人生は狂った。 清春に全ての罪を被せることを思いつく。 薫は清春を撃とうとする。 しかし清春は抵抗。 とっさに薫を撃ってしまい、殺してしまう。 全てを思い出した清春は喜一に打ち明ける。 「その時、銃声は何発なった?」 「1発」 さらにもう1度マークを見せる喜一。 死んだ陣内のDNA鑑定を行う。 陣内は南武の息子だった。 息子の死に涙を流す南武。 清春は南武を呼び出して、碓氷薫を殺したのは自分だと告白する。 そして 「 でも強盗団を撃ったのは俺じゃない。 碓氷薫の共犯者だったやつです。 それはあなたですよ。 」と南武に銃を向ける。 清春は陣内が南武の息子だということも調べていた。 「実は陣内の正体を知っていたのではないか?」 無神経な発言に南武は激怒。 2人はやりあう。 そんで清春は南武に向かって発砲。 銃声を聞きつけて駆けつける名越や江國たち。 防弾ジョッキを着ていたため南武は生きていたが、清春は消えていた。 南武を撃って逃げた清春は、新薬を探すガスマスクの男と対面。 『薫を殺したのは清春』という記憶は嘘の記憶だった。 とりあえず ガスマスクの男は才門としか思えないんだけど🤔 まじで才門だったら意外性がなさすぎて全くおもしろくなかったドラマと評価するw 名越だったらちょっとみなおす! 南武の息子が陣内だった件。 親子のこういう話って普段なら絶対に泣けるシーンなのになぁ😩 ここまでファンタジーにされると感情が追いつかないw 凝った脚本はすごいと思うけど感情移入は全くできない。 なぜ薫は殺害されたのか… 強盗団が強奪したニッポンノワールの資金・10億円の行方は… 清春が記憶を消されたワケは… そしてガスマスクの男の正体は… 様々な疑問が一つにつながる瞬間、すべての謎が氷解する。 たった一人の反乱から始まった清春の孤独な旅。 運命に逆らい続け自分を貫いた、その先に待ち受けるものとは… ニッポンノワール-刑事Yの反乱- いまここに終幕。 ntv.

次の

ニッポンノワール最終回終わり方に納得いかない?考察とみんなの感想まとめ

ニッポン ノワール 考察

ドラマ『ニッポンノワール』第8話・あらすじ 8 人体実験 警察の地下組織:ニッポンノワールが極秘プロジェクトとして行っていた人体実験。 その最初の被験者は……宮城遼一(細田善彦)だった。 警視総監の命令を受けた南武修介(北村一輝)により身柄を拘束された遊佐清春(賀来賢人)。 碓氷政明(大和田伸也)の命令によりニッポンノワールの工作員らに連れ去られた克喜。 眞木光流(矢本悠馬)が再実験を施そうと克喜に迫る。 一方、克喜の身を案じながらも拘留され身動きの取れないままでいる清春。 と、その清春の前に現れたのはガスマスクの男であった!その頃、衝撃的な事実を突きつけられた宮城は、未だに葛藤に苦しんでいて……。 歴史、メンバー、目的…次々に明らかになるニッポンノワールの全容。 そして第8話の最後には、ついに清春が黒幕に迫る。 引用:公式サイト ドラマ『ニッポンノワール』第8話・ネタバレ ニッポンノワールが人体実験を行い、再犯率の高い未成年犯罪者に人格矯正プログラムを施していたことがわかった。 その被験者の中に宮城(細田善彦)と克喜(田野井健)も含まれている。 それを突き止めた薫(広末涼子)は10億円強奪事件を企て、資金源を潰そうとしたがガスマスクの男により殺されてしまった。 碓氷元警察庁長官(大和田伸也)を追い詰めた清春(賀来賢人)たちだったが、警視総監からの命令を受けた南武(北村一輝)が清春を逮捕した。 留置場に連れて行かれる途中、蘇った記憶をもとに清春は碓氷に「自分にも人体実験をしたのか」と言ったが、はっきりとした答えは返ってこなかった。 証拠となる実験場も爆破され、克喜の行方もわからないままだ。 拘束された清春のもとへ江國(杉本哲太)が訪れた。 才門(井浦新)が亡くなる数日前に清春のことで話をしたのだ。 才門はニッポンノワールのメンバーで、元々は10億円の回収と事件に蓋をすることが任務だったが、清春を助けたことで組織から追われる立場になった。 才門曰く、清春の記憶と薫のUSBが揃えばニッポンノワールの本性が浮かび上がるという。 克喜はニッポンノワールによって拘束され、再実験を受けさせられようとしていた。 それを知ってか、ガスマスクの男が清春の留置場に突然やって来た。 「碓氷克喜が危ない」と一言だけ言い、フラッシュ画像を清春に見せた。 新たに記憶が蘇った清春は「克喜の居場所がわかるかもしれない」と宮城に伝えた。 薫のUSBを開くパスワードがわかったのだ。 清春の記憶をもとに実験場がある研修施設に南武班が集まった。 施設には眞木(矢本悠馬)と工作員たちが待ち構えており、「あと5分で居場所がわからなければ克喜を殺す」と言っている。 眞木の任務は「清春の怒りの沸点をあげること」だった。 そのために克喜に危害を加えようとしていたのだ。 それを止めようとした宮城が眞木に撃たれ、怒った清春は尋常ではない力とスピードで眞木を叩き伏せた。 宮城は命を落としてしまった。 喫茶ボナーロに戻って来た清春は深水(笹野高史)に差し出された栄養ドリンクに手を伸ばした。 「いつからこの中に入れてた?」 深水によって清春の体に薬が投与されていたのだ。 深水が事件の黒幕なのかもしれない。 清春がいつも深水にもらっている謎の栄養ドリンクの中にその力を引き出す薬が入っていたようですね。 SNSの考察部隊は序盤からラベルのない栄養ドリンクに怪しさしか感じていなかったのですが…やはり!となりました。 碓氷に爆破されてしまった実験場にも同じような瓶が置いてありましたよね。 深水もニッポンノワールのメンバーではないかと思いますが、そうだとすると余計に喫茶店にある開けてはいけない扉の向こうが気になります。 才門のように清春を助けてくれる存在だといいですね。 — グラスワンダー モーリス産駒出陣 0aPLVgnoo710HJ3 シリアスの中にある笑いがいい — Rukio fEPItmmU7Y27i0g ドラマ『ニッポンノワール』第8話・感想 清春の覚醒が近づいています。 碓氷ははっきりと答えませんでしたが、やはり清春も人体実験を受けているのかもしれません。 ニッポンノワールにとってどういう存在なのかがはっきりしないですね。 宮城は自分の過去を知って葛藤し、郡司と話すことで自分のやるべきことが見つかったと言っていた矢先に殺されてしまいました。 清春といいコンビになってニッポンノワールの悪事を白日のもとに晒すのか思っていたので驚きました!清春や克喜が殺されずにいるのは、本人も知らないうちにニッポンノワールにとって重要な情報を持っているからなのでしょうか。 第9話では南武の息子の話が出て来そうですね。 その息子のことがあるからか、警察の上層部の言いなりになる部分もある南武ですが、何かを突き止めるようです。 少しずつ真相には近づいていますが、SF??のような描写が増えてきて着地点が見えなくなってきている気もします。 かなり壮大な話になっているだけに、どうまとまっていくのかも楽しみです! ドラマ『ニッポンノワール』第9話・あらすじ 9 覚醒 警察の地下組織:ニッポンノワールによる極秘プロジェクト。 人体実験により記憶を変えられていた宮城遼一(細田善彦)が公安の眞木光流(矢本悠馬)の手により死亡した。 怒りからまるで別人のように変貌し、眞木を打ちのめした遊佐清春(賀来賢人)。 それは覚醒の兆しなのか…。 「アンタが黒幕なのか」 夕陽が射し込む喫茶店の中、視線を交わす両者。 その真相は……。 南武修介(北村一輝)には5年前に家出をした息子がいた。 その後、ベルムズに加入したところまでは把握したものの、その先の行方はわからないままだった。 ベルムズを使い人体実験を繰り返していたニッポンノワール。 南武は息子の行方を案じつつ、江國光成(杉本哲太)ら捜査一課の面々にニッポンノワールと公安の動向を探らせる。 そして、そこで衝撃的事実を突き止めることとなる。 覚醒の日、清春はついに全ての記憶を取り戻すこととなる。 ニッポンノワールの全容、そして碓氷薫を殺害した人物とは……!? 「真実を知る覚悟はあるか?」何者かが清春に尋ねる。 「ここまできてないなんて言うわけねえだろ」清春は返す。 全ての真実が清春の脳裏に蘇る夜。 第9話、誰にも騙されることなかれ。 引用:公式サイト.

次の