ブリムオン 弱点。 【剣盾】【議論】ソロだとレイドブリムオン無理…⇐●●ならソロ余裕

【ポケモン剣盾】世界チャンピオンに学ぶダブルバトルの環境(World Chamion Invitational)

ブリムオン 弱点

はじめに 初めて育成論を投稿させていただきます。 ガラル地方図鑑No. 進化前がエスパー単タイプであったのに対し、テブリムから進化する事でフェアリータイプを会得した、大人のフェアリーです。 そんな彼女は、ドラパルトやサザンドラ、ブラッキー等、フェアリーが弱点であるポケモンが環境に多い現在でもランクマで見かけなかったりと、あまり使われていない印象を受けます。 そこでブリムオンの種族値はこんな感じ。 H57 A90 B95 C136 D103 S29 確かに特殊型フェアリーの中でも異質なすばやさ(以降Sと表記)の低さ。 その数値は脅威の「29」であり、どんなポケモンが相手でも通常であれば先手をとる事は不可能です。 また環境に居る、本来なら有利である筈のドラゴンも、基本的に鋼技をサブウェポンに隠している事もあって、後出しでも非常に使いにくい性能をしています。 しかし、それは通常での話です。 本題はここから。 そのSの低さは、とある条件下でならばどんなポケモンよりも早くなり、上手く噛み合えば全抜きも可能な程になります。 その条件下が「トリックルーム」となります。 第4世代のDPから新しく登場した変化技「トリックルーム」は、簡潔に言うとすばやさ数値が反転するという効果を持っています。 そこから繰り出される特殊技は、生半可な耐久の相手ならばあっさり落とす事も容易だと思われます。 トリックルームを知っている方は流して頂いて構いません 剣盾から始めた方に向けて、トリックルームについて説明しますと、例えばドラパルト(S種族値142)とドリュウズ(S種族値88)が対面した場合、確実に前者が先手を取れます。 しかしトリックルームが発動していると、ドラパルトよりも遅い筈のドリュウズが先手を取れる、という非常に強力な効果を持っています。 しかし、先手を取れる事は対戦における大きなアドバンテージになる分、効果は発動ターン含め5ターン(実質4ターン)しかないので、注意をしましょう。 上記を踏まえ、ブリムオンの考察に戻ります。 ブリムオンのSは29ですが、これは剣盾内に登場するポケモンでもかなり低い部類に入り、トリックルームが発動すればほとんどのポケモンに対して先手を取る事が可能となります。 またそこから全抜きも可能ですが、ムーンフォースを覚えない事を含め、ブリムオンは全体的に火力不足感が否めない部分があります。 ここでアイテムを「じゃくてんほけん」にする事で、更なる火力向上も狙えます。 ここで「ちょうはつを撃たれたり、眠されたりされるのが怖い!」と考えたでしょうか? しかし心配には及びません。 なんと、ブリムオンの夢特性は「 マジックミラー」というもので、この技はなんとこちらに飛んでくる殆どの変化技を、相手に弾き返すことが出来るという非常に強力な特性であります。 剣盾内では、他の特殊フェアリー枠とは差別化が可能です。 この為、環境に多いGサニーゴやカバルドン、ナットレイ(ナットレイを起点にしやすい理由は後述)やオーロンゲ (ソウルクラッシュには注意)を起点にして、安定出しする事も可能です。 特にサニーゴとナットレイは、「たたりめ」や「ジャイロボール」でじゃくてんほけんを発動させてからダイマックスを切れるのも利点です。 (ただし呪いは弾けないので注意) しかし最近増えているステロ撒きのステルスロックは、ドリュウズの特性が型破りの場合、マジックミラーで弾けないので注意です。 キョダイブリムオン 今作において登場したダイマックス。 その中でも姿と一部技が変わるキョダイマックスを、ブリムオンは所持しています。 フェアリータイプのダイマックス技が「ダイフェアリー」から「キョダイテンバツ」となり、フィールド効果は消滅するも、当たった相手を確定混乱にするという効果を持ち合わせています。 個人的には普通のブリムオンよりもこちらを使う事をオススメします( ぶっちゃけ好みでいい気もするけど)。 個人的な見解と理由としては、 ブリムオン自身が状態異常に耐性がある為です。 特性のマジックミラーその物でどくどくやでんじはを弾けたりするので、いくらフェアリータイプの技の威力が 1. 3倍という恩恵があるとはいえ、ミストフィールドを有効的に扱い辛い点があります。 また、キョダイブリムオンを採用する事で、相手のターンを混乱自傷で強引に終わらせる事も可能です(しかし、技による状態異常に耐性がなくなる)。 (現在(5月11日)では、夢特性とキョダイマックス個体という部分で入手難易度は遥かに高いですが。 努力値 H252 B24 C230 D4 実の所未だに試作段階であり、いずれ耐久調整でベストな物が出来次第更新していきます。 申し訳ございません。 ブリムオンの主な技 ブリムオンは多彩な特殊技を覚えます。 メインウェポンの「マジカルシャイン」やサイコキネシス、マジカルフレイムやシャドーボール、他にもギガドレイン等も覚えます。 マジカルシャイン メインウェポン。 フェアリー特殊の基本技。 環境に居座るドラゴン達や、ブラッキーやオーロンゲ、そしてローブシンへ。 一応バンギラスにも抜群を取れるが、弱点保険からの返り討ちに遭う可能性もある為、注意。 ムーンフォースより威力が控えめの為、火力不足も否めないが、ブリムオン自体Cが高いので無問題か....... 環境に多いドリュウズやアーマーガア、ナットレイやギルガルド、Gヒヒダルマにフェアリー等倍のルカリオへの有効打になる上、ダイマックス技の中では唯一天候のアドを取れるので、優先的に搭載させたい。 またダイマックス終了後に特殊アタッカーが飛んできた際にもCダウンで負荷をかけられる。 ただし、ミラーアーマーが多いアーマーガアに撃つ際は注意。 サイコキネシスであれば、時折見かけるストリンダーや環境に多いドヒドイデ、格闘タイプのローブシンに。 サイコフィールドでミリ残りの体力を先制技で持ってかれない為の対策にもなるので、不意打ちドラパルトなどの先制技持ちへの制圧にもなるが、シャドーボールと択になるか。 みらいよちであれば、ブリムオン退場後にもダメージを期待できる分、タイプの影響は受けるので期待は薄いか。 サイコショックもダメ計を見る限りではきつい物も感じるか。 ただしエスパー技はフィールドを考えずに撃てると考えれば幾分か採用の価値あり。 1%) 確定一発 H100D4とつげきチョッキストリンダー 152〜182(93. また弱保が発動した際にはHロトムやWロトムに対して。 エスパー技と択に。 特に弱点保険が発動した後ならば、多量の回復も見込める。 ダイマックス技にする事で威力が「100」になる。 ダイマックス後はドレインキッスと同じだが、不一致技の為威力は伸び悩む。 採用優先度は低め。 しかしドラパルト自体がフェアリー技で有効的に処理できるので、採用優先度はそこまで。 キョダイ技 キョダイテンバツ キョダイブリムオンの図鑑説明にて「女神」と言わしめる理由がこれ。 前述したとおり、ミストフィールドを張るダイフェアリーと違い、相手を 確定混乱という効果になっている。 エフェクトがクソカッコいい。 混乱による自傷は確率だが、タスキ持ちをそのダメージで落とせるという利点もある。 しかし運絡みである。 もう一度言うが「運絡み」である。 ブリムオンの弱点 ブリムオンの弱点は 耐久が並程度である事と、ダイマックス無しではトリルがなければほぼサンドバッグになってしまう事、後はトリルの弱点である先制技である。 パット見防御特防が共にが90を超えている為、耐久は高く感じるかもしれないが、Hの種族値はゲンガーよりも低いです。 その為数値の高さ程受けに特化している訳ではなく、ミミッキュやニンフィア、トゲキッスが環境に多い事。 そしてはがねタイプのサブウェポンを多数持つポケモンもいれば、鋼タイプ持ちも環境に多数います。 また、タスキからの先制技はダイサイコが無ければ対処ができない上、タスキミラコは尚更弱点となります(一度だけタスキトリトドンにミラコで落とされてます)。 他にもカビゴンやチョッキ持ちのギガイアス等、特殊受けとして育成されたポケモンにはすこぶる弱く、後者はまだギガドレイン(ダイソウゲン)があるから良いものの、前者には有効打がないのであっさりダイマックスターンを消費させられてしまいます。 他にもミミッキュはダイマックスを切られると押し切られる事も多い為、弱点になります。 しかし、基本的に宿り木や電磁波等、変化技主体で立ち回るポケモンである為、やどりぎのタネ読みでブリムオンに入れ替えて、こちらから巻き返すといった動きが可能です。 4545455… 実際の威力は「25」(小数点切り下げと仮定する)。 その際はコメントで指摘をお願いします。 となり、タイプ相性2. 0倍とタイプ一致1. 5倍の補正があったとしても、確定6発乱数で5発という計算になります。 はたき落とすでもされない限り、こちらが有利に立ち回れる事もできるという点で、個人的にはナットレイはブリムオンで起点にしやすいと感じます。 S142という脅威のS種族値は、スカーフを持たせるだけで先手を取れないポケモンは存在しないでしょう。 耐久もそこそこある(多分)ので、自分はこの方の育成論( )をお借りし、鬼火撒きからブリムオンに繋げて弱保の安定発動を狙いました。 はがねとひこうというタイプ相性はテッカグヤとエアームドが証明している程、この組み合わせには実績があります。 ブリムオンが苦手なドリュウズやミミッキュを相手できるという優れたポケモン(しかしミミッキュは剣舞ダイマックスだとごり押されて負ける)。 安定の腕白HBにタラプを持たせ、アシレーヌにも役割を持てるようにしていました。 ブリムオンを扱う為に キョダイブリムオンとある通り、基本的にダイマエースとして扱います。 全抜きも視野に入れるならば、火傷での火力低下や「ステルスロック」等の定数ダメージ技、スカーフトリック(ドラゴン技を誘ってやると尚更ブリムオンを出しやすい)や壁貼り等でサポートする必要があります。 特に何度も記載しているとおり、全抜きする以上はタスキや頑丈のリスクも孕んでいる訳です。 いくら確定混乱があったとしても、自傷するかはこちらの運が絡むので、リスキーな選択にはなります。 他の特殊フェアリーと比べてやる事は遥かに多いですが、トリル対策をしていないパーティーであれば、弱保発動せずともダイマックスが終わる前に決着が着くほどには刺さります。 終わりに 長々と相棒の育成論を読んで頂き、感謝の極みでございます。 現在使用しているブリムオンは、自力で夢特性キョダイマックス個体を出して扱う程に愛でており、現在ランクマでは構築から絶対に外していない程の愛ポケでもあります。 ランクマは仕事等で中々手を出せずに居ましたが、昨今の影響で家に居ることも増えた為、ブリムオン主軸でやっとこさマスターボール級へと登る事が叶った訳です。 かれこれ12月から剣盾を始めておりますが、ほぼ全てのシーズンでブリムオンを構築に組み込む程には彼女を愛してやまないのです。 使用感は扱い辛いポケモン。 でも使いこなせると「これは楽しい」となるポケモンでもあるので、是非!!!!! 是非使って見て、わかりやすい育成論にしてください。 内容の方なのですが、弱点保険を持たせるところに発想の良さを感じました。 この内容にプラスして、似たような動きができるドータクンとの差別化をした方が良いと思います。 努力値についても試行錯誤中ということは仮想敵すら定まってないという意味なので、それはまずいと思いますよ。 発想は悪くないと思います。 また、ミストフィールドにフェアリー技の威力を1. 3倍にする効果はありません。 ご確認ください。

次の

【ダブル】ブリムオン+シャンデラのトリックルームパーティを作ってみた

ブリムオン 弱点

魔法使いポケモン「ブリムオン」 今日は「ブリムオン」を紹介します。 今作から追加された新ポケモン「ブリムオン」 現在環境に沢山いる「受けポケモン」に強いと注目されています。 今日はそんな魔法使いポケモンブリムオンを紹介していきたいと思います。 ブリムオンのタイプ 「エスパー」「ふぇありー」 弱点2倍:「はがね」「ゴースト」「どく」 耐性2分の1:「エスパー」 耐性4分の1:「かくとう」 耐性無効:「ドラゴン」 弱点3タイプで少なく、4倍弱点はないです。 耐性も3タイプです。 ブリムオンの種族値 種族値 HP 57 攻撃 90 防御 95 特攻 136 特防 103 素早さ 29 合計種族値 510 魔法使いっぽい見た目通り、「とくこう」「とくぼう」の数値が高い。 特に「とくこう」は145の数値を持つ、「クワガノン」「シャンデラ」「ムゲンダイナ」「サニゴーン」のトップ勢の次に高い136で、かなりの火力を誇る。 物理耐久も低い数字ではないため、「ドリュウズ」や「キリキザン」などの高い攻撃力からの弱点技もぼうぎょに努力値を振れば耐えることができる。 そして、もうひとつの特徴は、異常に低い「すばやさ」にもあります。 ブリムオンのとくせい マジックミラー 他の特性に「きけんよち」「いやしのこころ」がありますが、この「マジックミラー」が強すぎる為この特性のみ解説します。 相手が巻いてくる、「ステルスロック」「おにび」「どくどく」「でんじは」「ちからをすいとる」「ねばねばネット」「まきびし」「どくびし」「ちょうはつ」など相手に対して行う補助技を跳ね返す効果がある。 wikiによると、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、、、、は跳ね返すことができない。 多いように見えるが、逆を言えばこれ以外の補助技は全て跳ね返すというのは本当に強い。 特に耐久型のポケモンは、「どくどく」などを大切なダメージソースとしてもっているなど、補助技でバトルを組み立てることも多い為、型によってはブリムオンに何もできない場合もある。 また後述するが、ブリムオンはこのとくせいのおかげで、 「トリックルーム」「めいそう」など「ブリムオン」側の補助技が妨害されず非常に打ちやすく、受けポケモンを起点にドンドン積んでいける。 低い「すばやさ」と、この「マジックミラー」のおかげで、ブリムオンは自らトリルを張り殴っていける鈍足エースとして唯一無二の性能を持っています。 すばやさ個体値も0が望ましいです。 トリックルームを採用しない型の場合は、下降補正をかける必要ないと思うので、「ひかえめ」や「おだやか」で構いません。 ブリムオンの持ち物 「きあいのタスキ」 「すばやさ」が低く必ず先に行動されると思うべきなので、行動保証があるアイテムのほうが安心して使うことが出来るでしょう。 「リリバのみ」 「はがね」タイプのばつぐん技を軽減する効果があり、「きあいのタスキ」を持たせたい仲間がいるならこちらでも可。 環境に多いゴーストタイプの対策にはならないので少し微妙か。 等倍以上の相手にガンガン打っていく。 マジカルシャイン フェアリー技打点 タイプ一致威力80 命中100 こちらもメインウエポン。 「エスパー」「フェアリー」で「はがね」タイプ以外は全て等倍以上がとれる。 マジカルフレイム ほのお技打点。 「エスパー」「フェアリー」が通らないはがねタイプに。 とくこうダウンの効果はとても優秀だがアーマーガアに打つと、とくせい「ミラーアーマー」で自分のとくこうがさげられてめんどくさい。 そもそもはがねタイプを対面から相手しないほうが良いかもしれない。 サイコショック エスパー技打点 タイプ一致威力80 命中100 とくしゅ技だが、相手のとくぼうではなく、ぼうぎょ力に依存したダメージを与える。 「めいそう」の積み合いに強い。 こうげき技がこの技のみだった場合、物理受けに受けられてしまうという、不思議な事態が起きる。 ギガドレイン 草技打点。 威力75 命中100 与えたダメージの半分回復する。 「ヌオー」や「トリトドン」などの草技4倍のポケモンへの打点。 体力半分回復も美味しいが、技スペースがない。 補助技 トリックルーム 5ターンの間、すばやさの遅いポケモンから行動する空間を作る。 使ったターンが1ターン目として計算され、実際に行動できるのは4ターン。 今作はダイマックスで全ポケモンが、ダイウォールを持てる為、ターン消費をさせられやすい。 有利対面でブリムオンを消耗させずに打てれば、一回の試合中に2回展開も可能である。 めいそう とくこうととくぼうを1段階ずつあげる。 役割を受けポケモンへと絞るなら大いにあり、「トリックルーム」と「めいそう」を採用する場合は攻撃技に悩むところ。 いやしのねがい 自主退場技。 自らが、ひんしになる代わりに後から出てきたポケモンのHPを全回復する。 状態異常は回復しない。 消耗したエースを再度暴れさせる為の技。 トリルターンを無駄に消費せずに後続につなげることができる。 前作ではメガガルーラと組んだ「みかづきのまい」をもつクレセリアをよく見かけました。 ブリムオンのつよさ! ブリムオンは何と言っても受けポケモンに何もさせない「マジックミラー」がとってもつよいです。 「ミミッキュ」「ドラパルト」などのゴーストタイプや「ドリュウズ」「アーマーガア」などのはがねタイプは、他ポケモンでしっかり対策を打ちましょう。

次の

【ポケモン ソード&シールド】ブリムオンの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ブリムオン 弱点

なぜか相手の方に天罰が下るという理不尽な展開に一同騒然である。 どう考えても天罰が下るべきは使う側のトレーナー。 このルールはジュラルドンが全てのパーティに入っていると言っても過言ではないので、ブリムオンでトリルを始動するのは無理があると判断。 さらに1ターン目の最初の行動でいきなり天罰をぶち込みたかったので、おさきにどうぞをすることに決定。 サブロムのパーティ あまりにもガラルルーキーズの環境がわからなかったので、まずはサブロムから潜ることにしました。 持ってなかったのだけど「SVで良ければ…」と譲ってもらった。 ありがとうございます。 「おさきにどうぞをするからS0である必要がない」というキョダイブリムオンS0狙うの難しすぎ問題を解消出来ているんですね~。 やはり特筆すべきはフェアリー技をキョダイマックス時に撃つことで使えるようになる「キョダイテンバツ」。 これは相手2匹を混乱状態にするという恐ろしい技。 その使用感は…! あんまり自傷しなかった…。 2ターンで相手が4回行動するとして、1回自傷するかしないか程度の確率。 うーん、まあ 混乱がおまけだとすればこんなに強い技はないんだけど、混乱に期待して撃つとちょっとがっかりするかも。 あくまで混乱はおまけで、基本は大火力をぶち込めるのが強い!ってのがキョダイブリムオンの強さかなあ。 サイコフィールドが貼ってあるのでダイサイコの火力はすごい。 でも100%相手の場にダイジュラルドンがいるのであんまり撃つ機会はなかった感。 一応トリックルームも出来るんだけど、ほぼ初手にダイマックスしちゃうからあんまり撃つ機会はなかった。 ブリムオンと並べた時に相手から「おやおや~?メスの方と間違っちゃったんデスカーン? 笑 」と思われてる気がして恥ずかしかった。 何回かおさきにどうぞをしたら一旦引っ込めて、もう一回繰り出した後はスカーフサイキネなりスカーフハイボで残党狩りが可能。 イエッサンでハイパーボイスを撃つとエレベーターのピンポーンの音が聞こえて楽しいので是非やってみてほしいとおもう。 相手のスカーフヒヒダルマと同速なのがあまりにも辛かった…。 メインロム版でも特に変更するところはなさそう。 この子は強かったです。 普通にサイキネ連打しても強そうだったなー。 一致で弱点を突けるポケモンが全然いないらしいな! まあ無難に強かった。 ヘイト稼ぎそうだから守るを入れるためにチョッキではなくシードを採用。 集中攻撃されることが多かったから守る採用はバッチリ成功。 色んな人のジュラルドン対策を見れたのが面白かった。 インテレオンは100%マッドショットを持ってたし、マホイップは瞑想再生でジュラルドンを起点にしてくる。 ばかぢからを覚えるポケモンは全員ジュラルドンに攻撃してくる。 モルペコにリベンジされた時は爆笑してしまった。 ガラルルーキーズのジュラルドン対策で一番笑ったのはこれ — ざわ zalwa13 一致で弱点を突けるポケモンは少ないけど 不一致で弱点を突けるポケモンはいっぱいいた、という感じであった。 格闘タイプへの打点兼、鉄壁はねやすめによる詰めが出来る構成。 このルールのジュラルドン、電気技あんまり持ってないんじゃないか?と思ったのでボディプレスでジュラルドンに勝てる!と思ったんだけど、全員電気技を持っていたので全然詰められなかった。 悲しい。 なんと今更ながらアーマーガア初育成だったらしい。 発売から2カ月もアーマーガア育ててなかったとは…。 一応普通に選出することになった場合になんか良い事起きるかなと思ってくだけるよろいでSぶっぱしてみた。 特にS振りが生きることはなかった。 範囲攻撃があれば良いかなと思って一応なみのりを入れてみた。 味方のセキタンザンにも撃てる!と思ったけど味方のセキタンザンの方が速いので全く意味がなかった。 そもそもこの2匹を並べることがない。 いやでも普通に固すぎだよなあのストリンダー…。 A80しかないのでいわなだれの火力はウソハチ並。 フレアドライブの火力はニャヒート以下。 不一致地震の火力はワンリキー並。 まあ…その分耐久高いしキョダイフンセキの累積ダメージが強いんだけど、弱点保険前提じゃないとちょっと火力が悲しい。 キョダイテンバツから入って何度か殴る。 1回キョダイテンバツを入れた後はダイマックスのHP上昇もあるのでイエッサン引いても良いし、おさきにどうぞを連打しても良い。 裏はジュラルドンとアーマーガアなので、混乱してる間に鉄壁を積むなりジュラルドンで普通に殴るなりする。 戦績は20戦ぐらいして勝ったり負けたりで1530ぐらい。 よええ…。 まあ正直セキタンザンの枠とサニゴーンの枠は全然活かせてなかった。 相手のヒヒダルマがきつすぎたのでそこらへんをしっかりメインロムで対策して潜りたいところ。 考えたのはインテレオンとオーロンゲ。 TLでAぶっぱ黒い眼鏡オーロンゲの不意打ちでドラパルトワンパンが出来るらしいと聞いたので使ってみたかったのだ。 あと普通に速いポケモンが足りてないのでインテレオン。 マッドショットでジュラルドンを倒すやつ俺もやりたい! メインロム というわけでオーロンゲとインテレオンを育成。 インテレオンはストーリーでもらったメッソンに王冠とハーブときのみとクスリを上げた個体。 いざメインロム…!! の前にサブロムの参加解除しないとな。 キョダイブリムオンが1匹しかいないので、サブロムの参加解除をしないとメインロムが始まらないのだ! えーと参加解除はっと。 ・・・。 ・・・? あれ・・・? 参加解除、どこだ・・・? すみませーん!参加解除したいんですけどー!!!お店の人いませんかー!! フォロワー「 参加解除、出来ませんよ」 俺「!?」 ぐにゃあ・・・ う、嘘だろ…そんな仕様だったのかよ今作…。 S31キョダイブリムオン含めた4体の育成を…これから…!? む、無理だ…おしまいだ… ざわ…ざわ… まとめ というわけで ソードシールドでは大会に参加登録したパーティを途中で解除出来ない、ということがわかりました。 まあ考えようによっては、今回の大会でしっかりこの仕様を学ぶことが出来たので良かったのかもしれない。 おさきにどうぞとキョダイブリムオンを合わせるのは楽しかったです。 スカーフじゃない素で速いポケモンと合わせることでおさきにトリルも出来るような構築を組めたらもっと強いパーティに出来るかなあ。 みんなも同じミスしないように注意しような!!! そういう意味でこの記事が役に立ったら幸いだ!!! ミ・3・ミ<では!!!.

次の