さいたま 市 特別 徴収。 申請書等様式・手引き(特別徴収に関するもの) 横浜市

さいたま市/特別徴収とは

さいたま 市 特別 徴収

占用物件 占用料 単位 金額 法第32条第1項第1号に掲げる工作物 第1種電柱 1本につき1年 1,700円 第2種電柱 2,600円 第3種電柱 3,500円 第1種電話柱 1,500円 第2種電話柱 2,400円 第3種電話柱 3,300円 その他の柱類 150円 共架電線その他上空に設ける線類 長さ1メートルにつき1年 15円 地下に設ける電線その他の線類 9円 路上に設ける変圧器 1個につき1年 1,500円 地下に設ける変圧器 占用面積1平方メートルにつき1年 890円 変圧塔その他これに類するもの及び公衆電話所 1個につき1年 3,000円 郵便差出箱及び信書便差出箱 1,300円 広告塔 表示面積1平方メートルにつき1年 8,500円 その他のもの 占用面積1平方メートルにつき1年 3,000円 法第32条第1項第2号に掲げる物件 外径が0. 07メートル未満のもの 長さ1メートルにつき1年 63円 外径が0. 07メートル以上0. 1メートル未満のもの 89円 外径が0. 1メートル以上0. 15メートル未満のもの 140円 外径が0. 15メートル以上0. 2メートル未満のもの 180円 外径が0. 2メートル以上0. 3メートル未満のもの 270円 外径が0. 3メートル以上0. 4メートル未満のもの 360円 外径が0. 4メートル以上0. 7メートル未満のもの 630円 外径が0. 7メートル以上1メートル未満のもの 890円 外径が1メートル以上のもの 1,800円 法第32条第1項第3号及び第4号に掲げる施設 占用面積1平方メートルにつき1年 3,000円 法第32条第1項第5号に掲げる施設 地下街及び地下室 階数が1のもの Aに0. 005を乗じて得た額 階数が2のもの Aに0. 008を乗じて得た額 階数が3以上のもの Aに0. 01を乗じて得た額 上空に設ける通路 4,300円 地下に設ける通路 2,600円 その他のもの 3,000円 法第32条第1項第6号に掲げる施設 祭礼、縁日その他の催しに際し、一時的に設けるもの 占用面積1平方メートルにつき1日 85円 その他のもの 占用面積1平方メートルにつき1月 850円 道路法施行令 昭和27年政令第479号。 以下「令」という。 第7条第1号に掲げる物件 看板 アーチであるものを除く。 一時的に設けるもの 表示面積1平方メートルにつき1月 850円 その他のもの 表示面積1平方メートルにつき1年 8,500円 標識 1本につき1年 2,400円 旗ざお 祭礼、縁日その他の催しに際し、一時的に設けるもの 1本につき1日 85円 その他のもの 1本につき1月 850円 幕 令第7条第4号に掲げる工事用施設であるものを除く。 祭礼、縁日その他の催しに際し、一時的に設けるもの その面積1平方メートルにつき1日 85円 その他のもの その面積1平方メートルにつき1月 850円 アーチ 車道を横断するもの 1基につき1月 8,500円 その他のもの 4,300円 令第7条第2号に掲げる工作物 占用面積1平方メートルにつき1年 3,000円 令第7条第3号に掲げる施設 Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第4号に掲げる工事用施設及び同条第5号に掲げる工事用材料 占用面積1平方メートルにつき1月 850円 令第7条第6号に掲げる仮設建築物及び同条第7号に掲げる施設 300円 令第7条第8号に掲げる施設 トンネルの上又は高架の道路の路面下 当該路面下の地下を除く。 に設けるもの 占用面積1平方メートルにつき1年 Aに0. 013を乗じて得た額 上空に設けるもの Aに0. 024を乗じて得た額 地下 トンネルの上の地下を除く。 に設けるもの 階数が1のもの Aに0. 005を乗じて得た額 階数が2のもの Aに0. 008を乗じて得た額 階数が3以上のもの Aに0. 01を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第9号に掲げる施設 建築物 占用面積1平方メートルにつき1年 Aに0. 013を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 009を乗じて得た額 令第7条第10号に掲げる施設及び自動車駐車場 建築物 Aに0. 024を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 009を乗じて得た額 令第7条第11号に掲げる応急仮設建築物 トンネルの上又は高架の道路の路面下に設けるもの Aに0. 013を乗じて得た額 上空に設けるもの Aに0. 024を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第12号に掲げる器具 Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第13号に掲げる施設 トンネルの上又は自動車専用道路 高架のものに限る。 の路面下に設けるもの Aに0. 013を乗じて得た額 上空に設けるもの Aに0. 024を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 034を乗じて得た額.

次の

給与からの特別徴収(天引き)について(事業主の皆さまへ)/深谷市ホームページ

さいたま 市 特別 徴収

占用物件 占用料 単位 金額 法第32条第1項第1号に掲げる工作物 第1種電柱 1本につき1年 1,700円 第2種電柱 2,600円 第3種電柱 3,500円 第1種電話柱 1,500円 第2種電話柱 2,400円 第3種電話柱 3,300円 その他の柱類 150円 共架電線その他上空に設ける線類 長さ1メートルにつき1年 15円 地下に設ける電線その他の線類 9円 路上に設ける変圧器 1個につき1年 1,500円 地下に設ける変圧器 占用面積1平方メートルにつき1年 890円 変圧塔その他これに類するもの及び公衆電話所 1個につき1年 3,000円 郵便差出箱及び信書便差出箱 1,300円 広告塔 表示面積1平方メートルにつき1年 8,500円 その他のもの 占用面積1平方メートルにつき1年 3,000円 法第32条第1項第2号に掲げる物件 外径が0. 07メートル未満のもの 長さ1メートルにつき1年 63円 外径が0. 07メートル以上0. 1メートル未満のもの 89円 外径が0. 1メートル以上0. 15メートル未満のもの 140円 外径が0. 15メートル以上0. 2メートル未満のもの 180円 外径が0. 2メートル以上0. 3メートル未満のもの 270円 外径が0. 3メートル以上0. 4メートル未満のもの 360円 外径が0. 4メートル以上0. 7メートル未満のもの 630円 外径が0. 7メートル以上1メートル未満のもの 890円 外径が1メートル以上のもの 1,800円 法第32条第1項第3号及び第4号に掲げる施設 占用面積1平方メートルにつき1年 3,000円 法第32条第1項第5号に掲げる施設 地下街及び地下室 階数が1のもの Aに0. 005を乗じて得た額 階数が2のもの Aに0. 008を乗じて得た額 階数が3以上のもの Aに0. 01を乗じて得た額 上空に設ける通路 4,300円 地下に設ける通路 2,600円 その他のもの 3,000円 法第32条第1項第6号に掲げる施設 祭礼、縁日その他の催しに際し、一時的に設けるもの 占用面積1平方メートルにつき1日 85円 その他のもの 占用面積1平方メートルにつき1月 850円 道路法施行令 昭和27年政令第479号。 以下「令」という。 第7条第1号に掲げる物件 看板 アーチであるものを除く。 一時的に設けるもの 表示面積1平方メートルにつき1月 850円 その他のもの 表示面積1平方メートルにつき1年 8,500円 標識 1本につき1年 2,400円 旗ざお 祭礼、縁日その他の催しに際し、一時的に設けるもの 1本につき1日 85円 その他のもの 1本につき1月 850円 幕 令第7条第4号に掲げる工事用施設であるものを除く。 祭礼、縁日その他の催しに際し、一時的に設けるもの その面積1平方メートルにつき1日 85円 その他のもの その面積1平方メートルにつき1月 850円 アーチ 車道を横断するもの 1基につき1月 8,500円 その他のもの 4,300円 令第7条第2号に掲げる工作物 占用面積1平方メートルにつき1年 3,000円 令第7条第3号に掲げる施設 Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第4号に掲げる工事用施設及び同条第5号に掲げる工事用材料 占用面積1平方メートルにつき1月 850円 令第7条第6号に掲げる仮設建築物及び同条第7号に掲げる施設 300円 令第7条第8号に掲げる施設 トンネルの上又は高架の道路の路面下 当該路面下の地下を除く。 に設けるもの 占用面積1平方メートルにつき1年 Aに0. 013を乗じて得た額 上空に設けるもの Aに0. 024を乗じて得た額 地下 トンネルの上の地下を除く。 に設けるもの 階数が1のもの Aに0. 005を乗じて得た額 階数が2のもの Aに0. 008を乗じて得た額 階数が3以上のもの Aに0. 01を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第9号に掲げる施設 建築物 占用面積1平方メートルにつき1年 Aに0. 013を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 009を乗じて得た額 令第7条第10号に掲げる施設及び自動車駐車場 建築物 Aに0. 024を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 009を乗じて得た額 令第7条第11号に掲げる応急仮設建築物 トンネルの上又は高架の道路の路面下に設けるもの Aに0. 013を乗じて得た額 上空に設けるもの Aに0. 024を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第12号に掲げる器具 Aに0. 034を乗じて得た額 令第7条第13号に掲げる施設 トンネルの上又は自動車専用道路 高架のものに限る。 の路面下に設けるもの Aに0. 013を乗じて得た額 上空に設けるもの Aに0. 024を乗じて得た額 その他のもの Aに0. 034を乗じて得た額.

次の

市民税・県民税の特別徴収/加須市

さいたま 市 特別 徴収

住民税の納付方法 住民税は、都道府県と市区町村のそれぞれに対して納める税金です。 徴収事務は市区町村の役所が行います。 住民税は、個人は『普通徴収』、会社などに勤めていれば『特別徴収』という経由で納められています。 普通徴収と特別徴収 普通徴収は、役所が個人に対して納付書を送り、その納付書を金融機関や役所の窓口、コンビニなどに提出して納める方法です。 普通徴収の納期は年4回で、6月・8月・10月・翌年1月ですが、一括納付も可能です。 これに対して特別徴収は、役所が会社に納付義務を課し、個人に代わって会社が納付する方法です。 代わりといっても、そのお金は個人の給与から天引きされているため、実質的に個人が納税をしていることに変わりはありません。 また、住民税は1年単位での納付ですが、普通徴収と特別徴収とで納税額に違いはありません。 特別徴収で12回に分けて納付したとしても、普通徴収で一括納付したとしても、住民税の合計納税額は変わらないということです。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 特別徴収が推進されている 2018年現在の日本では、会社が納税を行う特別徴収が推奨されています。 その理由としては、個人が納める普通徴収より、会社が天引きによって納税する特別徴収のほうが、高い徴収率 国が回収した税金の割合 が見込まれるからです。 たとえば、平成24年から平成28年の徴収率の推移を見ると、普通徴収の93. 各都道府県や市区町村では、ポスターの設置や意見交換会、特別徴収を拒否している会社への電話や訪問による働きかけを実施しており、国をあげて特別徴収を推進していることがわかります。 普通徴収が認められるケース 特別徴収を推進しているといっても、普通徴収が認められるケースも多々あります。 そもそも、特別徴収は会社で給与をもらっている人が対象です。 個人事業主や無職のように給与の支払いを受けていなければ、特別徴収ではなく普通徴収で納税することになります。 また、自治体によっても異なりますが、以下の条件を満たしていれば、普通徴収が認められています。 会社の総従業員数が2人以下• 従業員がほかの会社で特別徴収を受けている• 給与が少なく税額を差し引けない• 給与の支払が毎月ではない• 退職者または退職予定者 会社の総従業員数が2人以下の場合、毎月行われる特別徴収は会社の大きな負担になってしまうことがあります。 また、従業員の給与が少ない場合や、ほかの会社で特別徴収を受けている場合なども、普通徴収が認められています。 特別徴収の流れ 特別徴収は、開始手続から納付・変更など、基本的にはすべて会社が行います。 どのような流れで徴収が行われているのか確認しておきましょう。 給与支払報告書の提出 会社はまず、従業員に対して支払った給与額を、役所に報告します。 1月1日から12月31日までの従業員の給与を計算し、1年分の給与額が記載された『給与支払報告書』を提出します。 提出先は、各従業員が1月1日時点に住んでいる地域の役所になります。 従業員が多く提出が大変な場合は、役所窓口に直接出向く必要はなく、郵送などでも提出が可能です。 また、どのような形態でも、給与が発生する限り、給与支払報告書は提出しなければなりません。 つまり、自分が法人ではなく個人事業主であっても、また、従業員がアルバイトやパートであっても、給与支払報告書提出の義務が発生します。 特別徴収税額決定通知書の送付 役所は提出された給与支払報告書をもとに、個人の住民税の計算を行います。 計算した住民税額を『』に記載し、個人が勤める会社に送付します。 会社はその通知書に記載された税額を、役所に納めるという流れです。 特別徴収税額決定通知書には、個人住民税の税額のほか、昨年の所得額や、それに対する控除額が記載されています。 会社に送られてくる通知書は2通です。 うち1通は会社での控用とし、もう1通は従業員に配布します。 従業員から金額の間違いがあるといわれた場合は、給与支払報告書の金額を確認したり、役所に問い合わせたりしなければなりません。 特別徴収の納付日と納付方法 特別徴収による住民税の納付期日は、徴収した月の翌月10日です。 たとえば、2018年8月分の給与として、同年8月25日に給与支払いをした場合、翌月9月10日が納付期日となります。 納付方法は自治体にもよりますが、銀行振込が一般的です。 もちろん、役所に直接納付することも可能です。 条件付きの納期の特例もある 従業員が少ない場合や、毎月給与の支払いをしていない場合、納期を半年に1回 1年に2回 にすることができます。 自治体によって条件は異なりますが、給与支払を行う従業員が常時10人未満の場合に、『特別徴収税額の納期の特例に関する承認申請書』を提出することで、特例が認められます。 その他の特別徴収手続き 特別徴収では従業員が退職した場合、いくつかの手続き方法を選択することになります。 つまり、その年の住民税の徴収が終わっていない場合は、一括徴収や普通徴収への切替などの選択肢があるということです。 異動や退職はいつ発生したかが重要 住民税の特別徴収は6月に始まり、翌年の5月に完納します。 従業員の異動や退職があった場合は、いつ退職 異動 するかによって徴収方法が異なります。 1月から5月に異動や退職がある場合、従業員の給与や退職金から、残りの住民税を一括で徴収しなければなりません。 退職や異動が6月から12月の場合は一括徴収、普通徴収への切替、または転職先 異動先 での特別徴収の継続のどれかを選択できます。 退職所得の特別徴収 退職した際にもらう退職金も、住民税の課税対象です。 退職所得控除額の計算方法は、以下のとおりです。 ただし、退職所得だけは特別で、退職者の負担を考え、その年の最終給与 退職金含む から特別徴収されることになっています。 特別徴収の注意点 特別徴収は市区町村の条例によって、会社の義務として定められています。 もし怠った場合には、会社に対する処分もあり得るので注意しましょう。 滞納には処分が下される 従業員から徴収した住民税を納付せず、放棄または滞納した場合、会社に対して処分が下されます。 具体的には、滞納から20日以内に、役所から会社に督促状が発送されます。 督促状が届いた際は、速やかに納付しましょう。 翌月に2カ月分の納付をすることもできますが、金額などによっては延滞税が発生する可能性があります。 納付に手数料がかかる場合とかからない場合 納付する役所の市区町村に支店を置く金融機関 ゆうちょ銀行含む から納付をした場合、手数料はかかりません。 しかし、それ以外の金融機関で納付した場合は、手数料がかかってしまいます。 ただし、自治体によって異なることがあるので、各自治体のホームページを確認しておきましょう。 特別徴収の納付書について 住民税は毎年6月ごろになると、会社に住民税額の決定通知書が送付されてきます。 決定通知書には、納付書 納入書 が同封されているので、そこに記載されている金融機関に納付します。 もちろんその納付書を利用して、直接役所へ出向いて納付することも可能です。 しかし、従業員が多い場合、各役所へ出向くのはあまり現実的ではありません。 様式は各自治体のHPでダウンロードできる 送付された納付書でも納付は可能ですが、各自治体のHPでダウンロードした様式を使って納付することも可能です。 訂正の方法 納入書の記載を間違えてしまった場合や、従業員の異動や退職で変更があった場合は、記載内容を訂正しなければなりません。 基本的には、新しい納入書は送ってもらえないので、手元にある納入書を訂正して提出することになります。 訂正方法は、訂正箇所に二重線を引き、正しい記載をするだけで、訂正印は必要ありません。 自治体の様式によっても異なるので、各自治体の『納入書の書き方』を確認しましょう。 まとめ 住民税の特別徴収は、会社に義務づけられています。 会社側が行う手続きはそれほど多くはありませんが、従業員数が多いと納付に手間と時間がかかります。 金融機関での振込を活用し、延滞金が発生しないように納付しましょう。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトの」 「税理士に相談できる 「」• 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 」• 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス 」 大学を卒業後、日本生命保険に入社。 保険営業に従事したのち渡米。 米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。 帰国後、外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。 出産・母親の介護を機に退職。 経験を交えて介護における行政サービスの利用・施設選び・成年後見人制度・相続・年金手続きまでアドバイス可能。 子育てにおいては、小5でわが子の英検2級合格実現を支援。 TOEICや英検の授業も展開しており、子どもの教育に関して留学準備から資金調達まで対応。 2017年6月より2018年5月まで日本FP協会広報スタッフ.

次の