あのね話を聞いてあのね辛いの歌詞。 【童謡唱歌】「ふるさと」の全歌詞と意味!|故郷日本の歌【動画曲付き】

【片思いソング】歌詞に共感!切ない恋愛名曲ランキング恋の形別TOP6 2020年7月

あのね話を聞いてあのね辛いの歌詞

うん 気付いてるよ 恋をしてるよ 気付いてないふりは出来ないもう 想いは簡単に育つから困るな 動いたらさ 崩れるかもね 嫌ってないのはわかるんだけど それ以上は 君だけが知ってる 言葉以外にも伝える方法はあるけど それってきっと言葉よりひどく難しい 臆病なくせに 叶えたいと思う わたしを 笑いたければ笑えばいいから その笑顔はわたしだけに向けてて 話があるよ 聞いてほしいよ もう なんか 全部伝えたいんだよ 上手く言えないけど 急に世界に色が付いたの ほんとだよ 何をしていても君を思ってしまう あぁ やっぱり優しいな あぁ やっぱり眩しいな 悔しいな 苦しいな やっぱ好きだな 仕方ないことなんだけど 好きなるのは簡単で なってもらうのは難しいんだな どこかでちょっと期待する 自分が嫌になる つらくなるだけだと 分かっているのに 忘れようとしても忘れることができない私を 今日も優しく微笑む君の その笑顔はいつでも変わらないね 突き放してよ さわらないでよ そうじゃなきゃ 諦めきれないから 次にいけないから 急に世界に色が付くとか 全部、嘘だ 滲んでいく目すら君を追ってしまう あぁ やっぱりあの日かな あぁ やっぱり悔しいな 苦しいよ 後悔と 涙が止まらない 数年後には多分、 私たちは会うこともなくなって 当たり前に、当たり前の恋をしてるんだ その笑顔もいつか忘れるのかな 話があるよ 聞いてほしいよ ねぇ、なんか ごめんね。 これが最後だから 話があるよ 聞いてほしいよ もう なんか泣きそうになるんだよ よく分かんないけど 急に世界に色が付くとか全部嘘だ 滲んでいく目すら君を追ってしまう あぁ やっぱり眩しくて あぁ やっぱり優しくて 悔しくて 苦しくて やっぱ好きだな さよなら 解釈 わかっているよ、私はあなたに恋をしている。 気づかないフリをしていたけれど、もう気付いてしまったんだ。 だってもう誤魔化せないから。 恋心はどんどん募っていくばかり。 でも下手な真似をして君にバレてしまえば、失恋してしまうかもしれない。 私のことはきっと嫌いじゃないんだろうけど、好きなのかどうかはわからない。 その先は、あなたしか知らない。 この曲は「うん」という一言で始まります。 主人公が自分に言い聞かせるように、心の中の自分と会話するようにストーリーが進むのです。 自分の中の恋心に気付いた主人公は、そのままどんどん相手への気持ちを膨らませます。 でも、簡単にそれを伝えることはできません。 相手は自分のことなんて興味は無いかもしれないから、傷つくのが怖いのです。 本当の気持ちは、他でもない「あなた」だけが知っています。 言葉以外にも伝える方法はあるけど それってきっと言葉よりひどく難しい 臆病なくせに 叶えたいと思う わたしを 笑いたければ笑えばいいから 解釈 「もしかしたら私にもチャンスがあるうかも」 そう期待してしまう自分が情けなくて恥ずかしい。 これ以上好きでいても辛いだけだってわかっているのに、諦められない。 そんな私の気持ちなんてつゆ知らず、君はいつものように優しく笑いかける。 好きになった時と変わらない笑顔で。 脈がないとわかっているのに、どこかで期待してしまう。 片想いはなかなか諦められません。 そんな主人公にいつものように笑いかける大好きな彼。 その眩しさが余計に苦しいです。 突き放してよ さわらないでよ そうじゃなきゃ 諦めきれないから 次にいけないから 急に世界に色が付くとか 全部、嘘だ 滲んでいく目すら君を追ってしまう あぁ やっぱりあの日かな あぁ やっぱり悔しいな 苦しいよ 後悔と 涙が止まらない 解釈 私のことなんて眼中に無いならそう言ってよ。 「好きじゃない」って言って私を諦めさせてよ。 もう優しくしないでほしい。 そうじゃなきゃあなたのことを嫌いになれないから。 キラキラだったはずの毎日も偽物だったみたい。 だってもう私の目は絶望に染まっている。 それでもそんなモノクロの視界で、まだ君を見つめてしまう。 「あの日こうしていれば。 」 そんな後悔が押し寄せて、苦しくて悲しくてどうしようもない。 1番ではまだ失恋していなくて希望のある歌詞でしたが、そこから怒涛の展開に。 主人公が恋を叶えるのは絶望的なようです。 彼女の悲痛な想いがみてとれます。 本当は今もまだ大好きなのに、強がって「突き放して」「さわらないで」と言ってしまう。 素直になれない女の子がリアルでグッとくるサビです。 数年後には多分、 私たちは会うこともなくなって 当たり前に、当たり前の恋をしてるんだ その笑顔もいつか忘れるのかな 解釈 「好きな人ができれば毎日が輝き始める」 そんなの嘘だ、今はつらくて堪らないから。 それでもあなたのことをどうしても見つめてしまう。 あなたは眩しくて優しくて、かけがえの無い人。 そんなあなたに好きになってもらえないのは悔しくて苦しい。 それでも大好き。 だけど、この恋は諦めるよ。 うまくいかない恋の現実に苦しむ主人公が悲痛です。 好きな人には別の好きな人がいる、だから主人公は諦めなければいけない。 だからこその「さよなら」です。 けれどもそこには「やっぱり好き」という相手への諦めない恋心が奥底のあることがわかりますね。 まとめ 「話がある」は共感を呼ぶリアルな片想いが描かれた切ない恋愛ソングです。 1番では希望のある片想い、2番からは失恋した主人公から想い人への大切な「話」が語られています。 諦めたくないけれど諦めなければいけない、そんな悲しい恋愛の中でありったけの「好き」が込められた奥深い一曲となっていましたね。

次の

転職で辛い人に聞いてもらいたいボカロのオススメ曲3選!

あのね話を聞いてあのね辛いの歌詞

2016年にメジャーデビューして以降、飛ぶ鳥を落とす勢いでシーンにその名を轟かせているあいみょんさん。 7日に放送開始となるTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』でも、10th Single『裸の心』が主題歌に起用されています。 耳に残るキャッチーなメロディー、人間味あふれる等身大な歌詞、魅力的な歌声が若い世代を中心に人気を呼び、今や20代の女性シンガー・ソングライターを代表する存在と言っても過言ではありません。 ゆったりとしたテンポで、あいみょんさんの歌声がじわりと心に響きます。 [頑張れなんて言うなよクソが 死に物狂いで生きてんだ そう簡単に言わないでおくれ] 「綺麗事ではないストレートな歌詞」「日常を歌詞にしているから、親近感湧く」と、思いの丈をつづった歌詞にファンから共感の声が寄せられました。 また「特にかっこいい歌い方」と、あいみょんさんの熱量のある歌声に感動した方もいました。 曲名の『ハルノヒ』は野原一家のホームタウン「春日部」から取ったそうです。 [どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな?] [焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 僕らは何も見えない 未来を誓い合った] ファンからは「特別飾った言葉ではなく、そっと相手に寄り添うような優しい歌詞とリズムがとても心地良くて好きです」と、楽曲の世界観に感動したという声が。 [君との恋を望みながら 誰かの不幸を願いつつあるよ そんな僕の思いつきも 結局は君がとなりにいてくれた] [ああ余裕を持って人を 好きになれる人ってこの世にいるのかな] ファンは「メロディーは可愛いくてポップだけど、歌詞は願望やちょっと後ろ向きな自信のない『ら、のはなし』で作られてるのが好きです」と魅力を語っています。 あいみょんさんの歌声は、その切なさを精いっぱい訴えているような力強さを感じます。 [わかってないよ全部 あなたの理想なんかで作り上げた 私でしかないよ わかってない わかってない わかってない] [わかってほしい全部 だって今の私は嘘の私よ 不安じゃない寂しくない 1人で大丈夫なわけがない] 「友達以上恋人未満同士の、女の子側の思いをのせていて、本当の自分を愛してもらえない切なさに共感できる」「共感する。 めちゃくちゃ大好きな歌」と、歌詞が多くの女性の心に響いているようです。 また「好きな人に自分のことを理解して欲しい気持ちと、でも嫌われたくなくて聞き分けのいい女の子を演じちゃうこのせめぎ合いわかるー!ってなります」と思いを重ねるファンもいました。 [切り捨てた何かで今があるなら 「もう一度」だなんて そんな我儘(わがまま)言わないでおくけどな] [傷だらけの空が やけに染みていく今日 鈍くなった足で 河川敷をなぞり歩く] 多くのファンから、この歌詞に心を打たれたとメッセージが寄せられました。 「どれだけ後悔しても昨日には戻れないし、後悔しているうちに明日はやってくる事がわかっていても後悔してしまう そんな時に、『過去に何かを切り捨てた結果として今があるのだから、後悔するなんて事は我儘だ』と教えてくれる曲です」「人それぞれ過去があるけれど、それにとらわれずに前に進もうと思わせてくれる!」と背中を押してもらっているファンも多いようです。 そのほか、「歌詞が心に染みて、全てつながってるんだなって思う」「辛い時に寄り添ってくれて、もう少し頑張ろうと思わせてくれる曲です。 やり直したいこともやめてしまいたいこともあるけれど、この曲はそれを分かって寄り添ってくれているような気がします。 一日を振り返りながら聞いて明日も頑張ろうと元気をもらっています」と、この楽曲に支えてもらっているという声も届きました。 あいみょんさんの楽曲は、その着眼点に驚かされるだけでなく、素直な感情を乗せた歌詞がズドンと心に響きます。

次の

歌詞

あのね話を聞いてあのね辛いの歌詞

この歌は食べることもままならない昔の貧しい人達が 自分の子供が売られていく様子を歌ったものだという説があるようです。 いわゆる「口減らし」ですよね。 75g 当時、花を売る際にこの重さが値段の基準となっていたようです。 すなわち「花一匁」という言葉からは、当時の子供が いかに安く買われていったかが伺えます。 「あの子が欲しい」というのは、人買いが子どもを選ん だ時の言葉。 「あの子じゃわからん」というのは、親がごまかすために 「名前を言わないと誰のことだか判らない」 と言う意味です。 「座布団かぶってちょっとおいで」「鬼がいるからよーいかん」 これは脱走しようにも監視がすごくてできない、ということだそうです。 哀しい歌でもあります。 「はないちもんめ」については、 人買いの歌という説を多く見かけますね。 あと「かごめかごめ」と言う歌も、 鶴と亀がすべったというのは、 流産したということで、 後ろの正面に立っているのは、 流産した子供の霊だとか。 いろは歌についても 無実の罪で死罪になった人が作った歌と言う説があります。 (いろは歌を七字ずつに区切り、 七字目を続けて読むと「とかなくてしす」 (とが(罪)が無いのに死ぬ)) となるため。 ) 今となっては、真偽を確かめるすべはありませんが… 「シャボン玉」が流産した子供の歌だと言うのは事実ですね。 作者である野口雨情が言ってますから。 「さっちゃん」についても、色々怪談めいた話があるようですが、 作詞者の小さい頃近所にいた、 引っ越した子供のことだそうです。

次の