ふわふわ オムレツ の 作り方。 ふわふわオムレツ 作り方・レシピ

【裏技】卵がふわふわオムライスの作り方(初心者用)|お料理まとめ

ふわふわ オムレツ の 作り方

以前、お料理まとめで「」という、ラップを使用した簡単なふわふわオムライスの作り方をご紹介したところ、おかげさまで動画の再生回数が100万回を突破しました! しかし、「普通に作った方が簡単」「作り方が拙い」「なんだか汚い」などと言ったご意見も多々いただきました。 そこで、これらの指摘を真摯に受け止め、基本の作り方もきちんとご紹介しようということで、今回はスタンダードなふわふわとろとろオムライス・オムレツの作り方をまとめてみました。 ふわふわとろとろオムライス・オムレツの作り方 中からとろ~り半熟卵が溢れだす、憧れのふわふわとろとろオムライスを早速作ってみましょう!材料はいたってシンプルです。 <2人分> 卵 3個 牛乳 大さじ3 バター(有塩) 10g チキンライス 2人分() 菜箸 小さめのフライパン シリコンゴムべら(あると便利) <作り方> 1.卵に下味をつけず、牛乳のみ入れ、菜箸で切るように混ぜる 牛乳を加えると、卵が凝固しにくくなるので、より初心者には作りやすくなります。 また、この段階で塩を加えると凝固温度が低下して、焦げやすくなるので、塩気は焼く時に有塩バター+塩でつけましょう。 2.フライパンはしっかり加熱し、(卵液を落としてすぐに火が通るくらい)バターを入れて溶かす 火加減は弱火~中火程度。 火が弱すぎると、卵への火の通りが遅くなって包みにくくなり、強すぎると火の通りが速すぎて焦げてしまうので、注意が必要です。 3.卵液を一気に流し入れ、菜箸でかき混ぜ、半熟に固まり始めたら、火からおろす これ以上かきまぜると、底に穴があいてしまいそうな程度までかき混ぜます。 4.フライパンの奥側に向かって卵を包んで行く 真ん中、横サイドの順に折りたたむと、良い感じに楕円形になります。 5.卵を奥側にスライドし、奥側の卵を手前に反し、奥からも包み込む 奥川のフライパンのヘリに卵をスライドさせると、折りたたみやすくなります。 6.奥側からヘラを入れ、思い切って裏返し、卵と卵の継ぎ目を下にして、少し火を通す 奥側のヘリのカーブを利用して、ゴムベラの力ではなくフライパンの遠心力を利用して裏返します。 7.ご飯の上に卵をそっと乗せ、包丁で表面に切り込みを入れて、左右に開く 包丁で真中から切れ目を入れると、中からとろとろな半熟卵が出現!デミグラスソースやホワイトソースをかけても美味しそうです! ふわふわとろとろオムライス・オムレツの作り方動画.

次の

スフレオムレツ

ふわふわ オムレツ の 作り方

すでに「難しい」状態で作り初めるのですから、多くの人が失敗したり、 できなくて当たり前なのです。 綺麗なオムレツを作るなら、第一に「小さいフライパン」を選択することです。 これを踏まえたうえで、私が31歳の時に創作料理店で伝授された「ふわとろオムレツの方法」をあなたにも伝授します。 この方法なら簡単にふわふわ、とろとろのオムレツが作れます。 そして、この方法の中の日本人らしい「 箸テクニック」によって丸みをおびた黄金色の綺麗な楕円型のオムレツを作ることができます。 が、この方法、洋食の職人さんから見ればムカつくほど「邪道な方法」。 「何だ! そのやり方はバカ野郎!」と言われても仕方ない。 でも、完成品のオムレツは、誰にも文句を言わせないです。 「 終わりよければすべて良し」 私は、どんな料理も基本的には、「出来上がり」がよければ方法なんて何でもいいと思っています。 最後に、綺麗に美味しくできればそれでいいのです。 ひとつのやり方に固執すると、斬新なアイディアを見逃すかもしれませんからね…。 「邪道! オムレツ」は私が、 10年以上オムレツをふわふわ、 とろとろに作れてきた方法です。 数回、実践すれば、マスター可能です! 事細かく、説明した「邪道!オムレツふわとろテクニック」をご覧ください! 【材料】(1人前) 卵(L玉)…3コ サラダ油…5cc(小さじ1杯=バターでも可、私はオリーブオイルを使います) 1.ボウルに卵を割り入れます(少し大きめのボウルの方が作業しやすいです)。 菜箸で、白身が消える程度に混ぜます(ある程度、白身だけ先に菜箸で切るように混ぜておくと黄身が混ざりやすいです)。 混ぜ加減は、「ぷるん!」とした感じが残る程度。 菜箸で挟んで、まとわり付かないのは混ぜすぎです(さら~っと流れる感じになると混ぜすぎ。 卵の「腰」をきり過ぎないといったりします。 混ぜすぎると「ふわふわ感」がなくなるので…)。 2.フライパンを中火(炎を最大から徐々に弱めていって、フライパンの底にギリギリ当たっている程度の火加減)で熱します。 約30秒後、油を投入。 全体に広げなじませます。 3.「柄」の最後尾をしっかり握ります。 激熱になるので、必ず「乾いた布巾」を巻いて握って下さい。 濡れていると熱くて握れなくなります。 箸先に卵をちょんと付け、熱したフライパンの中央になすりつけます。 すぐに固まれば、卵入れる適温です。 すぐに固まらない場合はもう少し熱します。 すぐに固まって焦げる場合は、温度が高すぎます(火から離し、温度を下げます)。 4.卵をガ~っと全部流し入れます。 5.菜箸で底を削るようにかき混ぜ、中火のまま熱を通していきます。 炒り卵(スクランブルエッグ)を作るイメージで、菜箸を素早く回しながら混ぜます(あなたが右利きなら、左回しで混ぜるとやりやすいと思います)。 外側が早く固まってくるので、それを中に混ぜ込んでいきます。 6.卵が、半分ほど固まったらフライパンの周囲の固まった部分を菜箸で剥がします。 7.ここから、「邪道テクニック!」右手前の固まった部分を持ち上げます。 8.奥側へ、パタッと倒します(向こう側へ折り込む)。 箸だけでうまく倒れない時は、フライパンの右手前を持ち上げ、左下向きに傾けたと同時にパタッと倒して下さい。 9.続いて、反対側。 左手前の固まった部分を持ち上げ… 10.右方向へ、折り曲げます。 扇(おうぎ)の形を作るイメージです。 11.最後、奥側(扇の丸い部分)に菜箸を入れ込みます。 12.今度は、手前に倒します。 扇形の卵をパタッと手前に裏返すイメージ。 折り曲げた部分を包み込むように奥側 (扇の丸い部分) を手前に持ってくると綺麗な楕円形になり、手前部分が丸く綺麗に固まります。 フライパンを軽くゆすって、表面を固めます(破けて中のとろとろが出てこないようにします)。 「邪道! オムレツ」出来上がり! ここまでの、7、8、9、10、11、12は、できるだけ早く行なってください。 卵に熱が入り過ぎると、とろとろ、ふわふわ感がなくなります。 13.準備しておいたお皿にオムレツを盛ります。 オムレツの底に菜箸を入れこみ、少しづつ滑らせながらフライパンの右側へ移動させます。 フライパンをお皿に近づけ、ぽとッと落とすような感じで盛り付けたら完成です。

次の

卵だけで作る、簡単&ふわふわのプレーンなオムレツのレシピと作り方

ふわふわ オムレツ の 作り方

スフレオムレツとは? スフレオムレツは、普通のオムレツとどのような違いがあるのでしょうか。 食感や作り方など、スフレオムレツには独特の特徴があります。 ふわふわの食感が特徴 スフレは、卵白を泡立てたメレンゲにさまざまな食材を加えたデザートが主流ですが、スフレの本場フランスでは、食事系のスフレも一般的に食されています。 スフレオムレツは、そんな『食事系のスフレを利用した卵料理』です。 普通のオムレツは卵をそのまま使いますが、スフレオムレツではスフレと同様に卵黄と卵白を分け、卵白で一度メレンゲを作ってから卵黄と合わせるので、ひと手間かかっていると言えるでしょう。 スフレオムレツは卵白をメレンゲにして使用しているので、普通のオムレツとはまったく異なるスフレのような『ふわふわの食感、口に入れるとすぐにとろける口当たり』が特徴です。 モン・サン・ミッシェルの名物 スフレオムレツとして世界で最も知られているのが、フランス・ノルマンディー地方にある世界遺産『モン・サン・ミッシェル』の入口に店を構えるレストラン『ラ・メール・プラール』のオムレツです。 元々、このオムレツは巡礼地であるモン・サン・ミッシェルを訪れる人のために作られたレシピの一つでしたが、現在はモン・サン・ミッシェルの名物として、観光客のお目当ての一つになっています。 具を入れず、卵と有塩バターのみで作るとてもシンプルなオムレツですが、丁寧に泡立ててから焼いているのでとてもふわふわで、きめ細かいスフレ状になっているのが特徴です。 ナイフを入れると白い泡があふれ出し、口に入れるととろける食感が、モン・サン・ミッシェルを訪れる観光客を魅了しています。 スフレオムレツの作り方 基本のスフレオムレツを作るための材料は、普通のオムレツと大差ありませんが、作る過程は多くの点で異なります。 スフレ独特の食感を再現するためには、スフレの作り方をオムレツ作りに応用します。 必要な材料 スフレオムレツを作るための材料は、とてもシンプルです。 基本のスフレオムレツなら、基本的に3種類の材料を用意するだけで作れます。 卵 2個• バター 10g• 塩 少々 以上は1人分の分量なので、複数個作る場合は人数分を掛けた分量を用意しましょう。 生地を作る まず、卵を卵黄と卵白に分けます。 卵黄はボウルに入れて塩を振って混ぜておき、卵白はハンドミキサーを使いメレンゲ状になるまで混ぜます。 卵白が角が立つ程度の状態になったら、卵黄に3分の1加えてさっくりと混ぜ合わえます。 残りの卵白を半分ずつ加えて混ぜれば、スフレオムレツの生地が完成します。 生地を焼く バターをフライパンに入れて熱し、完成した生地を流し込みます。 弱火で3分、蓋をしてじっくりと焼き、生地の周囲が薄いきつね色になった頃に生地を半分に折りたたんでからお皿に盛ります。 スフレ風に、生地をオーブンで焼く方法もあります。 この場合は、有塩バターを塗った耐熱容器に生地を流し、200度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。 好みによって、仕上げにブラックペッパーやパプリカパウダーをかけてもいいでしょう。 スフレオムレツの失敗しないポイント スフレオムレツ作りにチャレンジして、失敗したことはないでしょうか。 正しい作り方を守らないと、オムレツがうまく膨らまないことがあります。 失敗を防ぐためには、以下の3つのポイントを覚えておきましょう。 卵白はしっかり泡立てるのがコツ スフレの要といえるのが、『メレンゲ』です。 メレンゲを作るときに卵白をしっかり泡立てないと、オムレツの生地が膨らみにくくなってしまいます。 メレンゲ作りに慣れていない人が泡立て器を使って手動で行うと、泡立てが不十分になることもあります。 卵白を十分に泡立てるには、ハンドミキサーなどを使用するのも大事なポイントの一つです。 生地は時間を置くとしぼむのですぐに焼く スフレオムレツの生地は、混ぜ合わせてから放置するとしぼんでしまいます。 しぼんだ生地を焼いたとしても、スフレのようなボリュームは出せません。 ボリュームたっぷりのふわふわスフレオムレツを作るには、『生地を混ぜたらすぐに焼く』のがコツです。 一度に多くのオムレツを作りたいときは、生地を作り置きするのは避け、2人分程度の生地を作って焼く、を繰り返しましょう。 オーブンを見ながら焼き加減を調節する オーブンを使ってスフレオムレツを焼くときは、『火力が強すぎると焦げて』しまいます。 上記のレシピで挙げた焼き時間はあくまでも目安なので、使用するオーブンによっては焼き加減が変わる可能性もあります。 オーブンに生地を入れた後は、時々生地の様子を確認しながら焼き加減を調整すると、きれいに焼き上げられます。 スフレオムレツのアレンジレシピ 基本のスフレオムレツは卵とバター、塩のみで作れるシンプルなものなので、アレンジしやすいメリットがあります。 組み合わせる材料を工夫すれば、スフレオムレツのアレンジ方法の幅は広がります。 いずれも、すでに紹介した基本のスフレオムレツの生地をマスターしていれば食材を変えるだけなので、比較的簡単にアレンジできます。 ボリューム満点のスフレオムライス とろとろ卵のオムライスもおいしいですが、スフレオムライスならスフレ独特のふわふわした食感とチキンライスを同時に楽しめます。 スフレオムライスに合わせるチキンライスは通常のオムライスと同じですが、チキンライスに合わせる卵に、『スフレオムレツと同じ生地』を使います。 チキンライスを耐熱容器に入れたら、上からスフレオムレツの生地を載せて180度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。 いつもと違ったオムライスを食べたいときに、おすすめのレシピです。 春野菜スフレで彩りのおもてなし さまざまな料理にマッチするスフレは、季節の野菜と合わせた一品料理としてもおいしく食べられます。 一例として、春野菜のそら豆やトマトを使った春野菜スフレのレシピを紹介します。 固めにゆでたそら豆、1cm角に切って水気を切ったトマト半量とピザ用チーズを、基本のスフレオムレツ生地に加えます。 この生地をバターを塗った容器に入れて野菜の残り半量を散らし、200度に温めたオーブンで30分焼きます。 バターを溶かしたフライパンに流し入れて、弱火で両面をそれぞれ3分ほど焼くと、見た目もオムレツに近いスフレオムレツに仕上がります。 春野菜の色鮮やかさとチーズのコクと塩味がスフレオムレツとマッチした、季節の味わいを堪能できる『おもてなし料理』としておすすめです。 桃と合わせる甘いスフレオムレツ スフレ自体は甘いデザートとして食べられることも多いですが、スフレオムレツもフルーツなどと合わせることでデザート風のアレンジが可能です。 デザート系スフレオムレツを作る場合は、『塩の代わりに砂糖』を生地に加えます。 まず、種と皮を取り除いた桃をくし型切りにして、砂糖とレモン果汁をまぶして準備しておきます。 卵白に砂糖を加えてをしっかり泡立てたメレンゲに卵黄を混ぜた生地を、バターを溶かしたフライパンで弱火または中火で焼きます。 このとき、アルミホイルで蓋をしておきましょう。 片面を3分焼いたオムレツを皿に盛り、桃を載せてから2つ折りにして、仕上げに粉糖をふるいかけて甘いスフレオムレツの完成です。 東京のおいしいスフレオムレツのお店 東京都内には、フランスの本格スフレオムレツを提供するレストランがいくつかあります。 中でもおいしいスフレオムレツを提供するおすすめレストランが、以下の3店です。 フランスの有名店が日本に ラ・メール・プラール 序盤で紹介した、フランスの世界遺産であるモン・サン・ミッシェルにある名物スフレオムレツを日本にいながらにして味わえるのが、日本に進出した『ラ・メール・プラール』です。 フランスに行くのが難しくても、東京のど真ん中で気軽に本場と同じスフレオムレツが楽しめるのが魅力でしょう。 日本の店舗でも、フランスの本店で修行を積んだオムレツ職人『オムレティエ』のみがオムレツ作りを手がけています。 この職人の技術により、口に入れた途端にすぐになくなってしまうといわれるほどの口溶けのよさと独特のふわふわさを感じられる、フランスで食べるスフレオムレツの味を見事に再現しています。 店舗名:ラ・メール・プラール• 住所:東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム Hall A 1F(中庭側)• 電話番号:03-5252-7171• 営業時間:11:30~22:00• 知る人ぞ知る名店 白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ こちらのレストランは、有機自然農法など、オーガニックの素材にこだわった原料を使った料理が楽しめる、本格的な自然派フレンチレストランです。 シェ・トモのスペシャリテは、『ふわふわのチーズスフレオムレツ モンサンミッシェル風』です。 本場フランス風のスフレオムレツにチーズを合わせた、シェ・トモに来たら絶対に外せないメニューです。 店舗名:白金(シロカネ)シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ• 住所:東京都港区白金5-15-5 ダイヤ白金1F• 電話番号:03-5789-7731• 営業時間:11:30~15:00、18:00~22:30• 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)• ウエスタンの雰囲気を楽しめる ブロックス 『ブロックス』は、1900年代のアメリカをイメージしたウエスタン風の雰囲気の落ち着いた空間で本格的な鉄板フレンチを楽しめるレストランです。 こちらの人気メニューであるスフレオムレツは、目の前の鉄板で丁寧に焼き上げられます。 グリュイエールチーズとリコッタチーズ、白トリュフ入りはちみつが絶妙にマッチする一品です。 店舗名:ブロックス• 電話番号:03-5724-3461• 営業時間:月~土曜18:00~0:00、日祝日11:00~14:30、18:00~23:00• 定休日:無休(年末年始を除く)• 新食感のスフレオムレツを味わおう 新しい食感が楽しめるスフレオムレツは、ちょっと変わった卵料理が食べたいときにおすすめです。 生地を作ってしまえば、後はアレンジ次第で多彩なメニューができます。 レストランでも、本場フランス数のスフレオムレツを提供しているところがあるので、自分で作ってみた後は、プロが作る本格的なスフレオムレツもぜひ試してみてください。

次の