キックス ワイトレ。 ワイドトレッドスペーサーの正しい取り付け方法

DURAXのレビュー【DURAXのワイトレってどうなの?】│Freedom

キックス ワイトレ

ワイドトレッドスペーサー ワイトレ とは、その名の通り太い 厚みのある ホイールスペーサーです。 通常のホイールスペーサーは、3~8mm程度となっていますが、ワイドトレッドスペーサー ワイトレ は、10~60mm程度と厚みが全く違います。 取り付けに関しても通常のホイールスペーサーは、ホイールとハブの間にスペーサーを入れてホイールナットで挟みます。 ワイドトレッドスペーサーは、純正ハブボルトに専用のナットでワイドトレッドスペーサーを取り付け、ワイドトレッドスペーサーから出ているボルトにホイールを取り付けます。 注意点としては、 純正ハブボルトの破損やナットの緩み防止のためワイドトレッドスペーサーを純正ハブボルトに取り付ける際に、トルクレンチを使用して規定のトルクで締め付ける必要があります。 他にも10mmや15mmのワイドトレッドスペーサーを取り付けた場合、純正ハブボルトの方が長くなってしまうためボルトのあたまがとび出てしまいます。 このときホイールの裏側にボルト逃げ 凹み があれば問題なくホイールを取り付けることができます。 しかし ホイールによってはボルト逃げが全く無いものやボルト逃げが浅く、とび出した純正ハブボルトが当たってしまいホイールが取り付けられないということがあります。 ワイドトレッドスペーサー ワイトレ の車検対応について ワイドトレッドスペーサーは、 車検に関して明確な規定がないため検査官の判断によって異なる場合があります。 特にディーラーは、再検査のリスクを回避する点や取り付け時の安全性を配慮し、取り外しを指示されることが多いです。 またユーザー車検の場合も検査官に指摘される確率が高くなってしまいますので、予め外した状態で車検に臨むことをおすすめします。 ワイドトレッドスペーサーを取り付けた状態で確実に車検を通したい場合は、KSPエンジニアリングの『REAL ワイドトレッドスペーサー』がおすすめです。 この商品は、NAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)が定めるASEA基準をクリアし、純正同等の性能と強度を保持する保安基準に適合しています。 商品に万が一不備があった場合は1年間の無償保証がついているため、市販のワイドトレッドスペーサーではトップレベルのクオリティとなっています。 『REAL ワイドトレッドスペーサー』の詳細に関しては、こちらにて ワイドトレッドスペーサー ワイトレ の危険性は? ワイドトレッドスペーサーだけではなく、通常のホイールスペーサーの取り付けに関しても危険性が疑われる場合があります。 しかし本当に危険な物であれば車検時の規定が定められていたり、スペーサーを製造、販売するメーカーが存在することすらありません。 サーキット走行など車に過度な負担がかかる場合は、取り付け後に定期的な点検が必要ですが、基本的に正しい取り付けを行っていれば部品が破損するなどの問題はありません。 またワイドトレッドスペーサーの価格は、車種や使われている素材によって異なりますが、安い物で3000円、高い物では20000円程度の物まで販売されています。 この中で3000円程度の物は特に注意が必要で、スペーサーの精度があまい傾向にあります。 価格が安い点は魅力的ですが、今後のリスクを配慮し精度の高いハブリング付きの物がおすすめです。 スペーサーにハブリングは必要? 国産車は純正ハブボルト スタッドボルト にホイールを取り付けてナットで締め付けるタイプになっているため、ナットを締め付けていくとホイールのセンターがしっかり合うという仕組みです。 このため通常のホイールスペーサー、ワイドトレッドスペーサーを取り付けた場合や社外ホイールに交換してセンターハブが合っていない状態でも走行することが可能です。 しかし純正の状態では純正ホイールをセンターハブでしっかりと支えています。 スペーサーの取り付けや社外ホイールによりセンターハブではなく、スタッドボルトで支えている状態では、スタッドボルトに過度な負担がかかりスタッドボルトの破損につながってしまいます。 ホイールをスタッドボルトではなく、センターハブで支えるためにスペーサーや社外ホイールを取り付ける場合はハブリングの取り付けが必要です。 最後に ワイドトレッドスペーサー ワイトレ は、純正ホイールやワンピースのホイールなどサイズが限られているホイールをツライチにセットすることができます。 しかし間違った方法で取り付けしてしまったり、粗品のような物を使用してしまうと大変危険です。 スタッドボルトの破損など大事故を防ぐためにも、パーツの管理やメンテナンスを徹底して行いましょう。

次の

ワイドトレッドスペーサーの正しい取り付け方法

キックス ワイトレ

普通のナットや貫通ナットだと、穴からハミ出てしまうので、専用ナットを使います。 あとはホイールを付けるだけか〜。 カンタンじゃあないですかぁ。 ここで重大な注意点! 純正ハブボルトに固定するとき、しっかりトルクがかかってないとか、ありがちです。 と言うと?• クロスレンチでクックッっと締め付けて終わりにして、そのままホイールを付けていると思われる例がけっこう多いんですが、危険です。 何がマズイのでしょうか?• 締め付けトルク不足だと、ハブボルトが折れたり、ナットが外れたりする危険があるんです。 トルクがかかっていないと、ボルトが折れる? なぜ??• ブレるからですよ。 走行中にブレているってことは、ず〜っと金属に負担がかかり続けることになるのです。 そういうことか。 やがて金属疲労で折れたり、ナットが外れたりします。 それは恐い話ですが、じゃあどうすれば……?• ワイドトレッドスペーサーの装着は、トルクレンチを使って規定トルクで締め付けるのが正しいやり方です。 トルクレンチで締め付ける.

次の

【楽天市場】ワイドトレッドスペーサー【20mm】C

キックス ワイトレ

DURAXのワイトレ【レビュー】 今回、購入したワイトレは25ミリと30ミリです。 実は20ミリも購入したのですが…そちらは返品しております。 理由についても後ほど解説します。 まずは外観からのレビューです。 商品説明欄をよく読むと【旋盤加工】【フライス加工】と記載がされています。 車体に固定するための、座グリ部分をよく見ると加工面の粗さが伝わりますかね? この辺りは、非常に安物感が出ております。 おそらくですが、加工に使う工具(エンドミル)が安物プラス刃がダメになっても無理やり使っているような気がします。 正直言って、加工のクオリティーはお世辞にも高いとは言えないですね… 過去にデジキャンやキックスのワイトレを使っていましたがクオリティーの差は明らかです。 値段が倍近く、もしくは倍以上なんで当たり前ですけどね。 こちらも購入した20ミリのワイトレなんですが… 不良品でした。 ナットが食い込むテーパー部分を見ると波打ってますね〜。 これは即返品しました。 実際にDURAXのワイトレを装着して、2000キロほど走りましたが特に問題はありません。 DURAXのワイトレは、自分の周りの人やSNSで使っている方が多く、特に不具合情報はありませんので、【強度面】では問題無く使える商品ですね。 ただし!サーキット走行やドリフトするようなユーザーは分かりません… DURAXのワイトレの強度(素材) ワイトレの素材についても少し調べてみました。 ワイトレ本体 A6061-T6• ハブボルト SCr440 ちなみに、ワイトレ本体のアルミに関しては、【デジキャン】のワイトレと全く同じです。 この2つについて、調べると強度が非常に強い素材を使っているみたいです。 金属の素材について、僕は全くの素人なので気になる方は、こちらのリンクより見てみて下さい。 こちらのショップが【大分県】にあるため、2日掛かってしまいますが、それは仕方ないですね。 先ほど、購入したワイトレが1つ【不良品】だったとお伝えしました。 こちらのショップは、返品対応も早く良かったです。 DURAXのワイトレを購入する際は、ヤフーショッピングの【ポンドショッピングストア】と言うお店から買うのがおすすめです。 まとめ DURAXのワイトレは金額が安いですが、使用には何の問題も無いと思います。 購入前に周りの達何人かにも聞きましたが、2. 3年使っていてる人も多かったです。 今回購入した中に不良品がありましたので、購入された方は使う前に、チェックしてから使う事をお勧めします。 それでは。

次の