メダカ卵カビ。 水カビ病|メダカの飼い方

孵化するメダカ、孵化しないメダカ。卵の管理は重要ですが、そこまで慎重にならなくても大丈夫です。

メダカ卵カビ

> > 水カビ病 メダカ水カビ病治療方法 メダカがカビている?!そんな症状が確認されたら、それはまさしく水カビ病です。 水カビ病はメダカの身体にできた傷口から感染することが多く 仲間に追いかけられている個体などによく見られます。 どこの水槽でも発症しうる病気になりますので、今回はこの水カビ病について 水カビ病とは・症状・治療法の順に書いていきたいと思います。 水カビ病とは 水カビ病とは主にサプロレグニア菌による感染で、免疫力が落ちたもの 傷があるものに感染し徐々に広がっていきます。 元気なものには感染しませんが、一匹の感染により菌が繁殖している可能性があるので 他のメダカも一応水カビが付いていないか確認しておきましょう。 症状 水カビ病の症状は、繰り返しになりますがメダカの身体にカビが生えたような状態になります。 症状が進むと体中に広がり弱って死んでしまいます。 治療には投薬が有効でメチレンブルー・グリーンFを使用しましょう。 発見が遅れてしまうと治療に時間がかかってしまいますので なんどか追加投薬をする必要があります。 記載されている使用方法をよく読み正しく使いましょう。 死んでしまったメダカは菌の温床になりますのですぐにとりだしてください。 またしばらくは小まめに水換えを行い、水槽内を清潔に保つようにしましょう。 水カビ病を防ぐ方法は メダカを傷つけないことです。 メダカは仲間からの攻撃で傷を負ってしまうことが良くあります。 追い回されているメダカがいたらしばらく隔離してみるマツモを多めに入れるなどして 追い回されにくい環境にするといった方法で、水カビ病を事前に防ぐことができます。

次の

メダカの産卵から孵化までの日数は?必要な水草の種類や稚魚の育て方の注意点とは。

メダカ卵カビ

大切で貴重なメダカがやっと産卵してくれて、卵を育てていたところ、 メダカの卵に白いカビ(水カビ)がはえて全滅してしまったという方も多いのではないでしょうか。 今回は、 水カビを予防する方法を紹介してみます。 こちらの記事をよんでいただければ、メダカの卵の水換えがいかに大事かということもわかっていただけると思います。 (という 記事を別記事でも書いていますので、卵のカビ以外に繁殖そのもののことも 詳しくしりたい場合はそちらもご覧ください。 ) メダカの卵にカビが生える!? のコンテンツ• スポンサード 1. なぜ、卵に白カビ(水カビ)が生えるのか? それではなぜ、メダカの卵には簡単にカビが生えてしまうのでしょう。 私が考えるだけでもいくつかの原因が思い浮かびます。 一つ目は、無精卵である場合です。 当たり前ですが、受精もしていない卵はなんの抵抗力も無く白カビ(水カビ)が増える要素があればあっという間に白カビ(水カビ)にやられていまいます。 なんの抵抗力もない有機物が 他の菌類などの温床になるのは、当然ともいえる自然の摂理ですね。 次に、 有精卵であっても、水温が低かったり、日光など光が適切に届いていなくて、卵の成長速度や成長の状況が順調ではない場合もです。 順調に成長していない卵は、 もちろん白カビにやられやすくなります。 菌も取り付いて繁殖しようとしているわけですから、メダカの卵が弱っていると、当然カビの繁殖力が勝る場合もあります。 もともと、カビが生えやすい場合の環境だったということも考えられます。 メダカの卵に白カビ、水カビが生えるのは、もちろんカビが生える菌が付着して繁殖するわけなので 水が汚れていたり、一見綺麗に見える水でも菌が入っていれば、白カビは繁殖します。 簡単に3つほど原因となるものをあげてみましたが、ならどうすればメダカの卵に発生するカビを防げるのか?ということですね。 メダカの卵のカビを予防するために! なら、メダカの卵のカビを予防するためにはどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。 卵の育成環境にカビやカビの元となる菌を持ち込まない、カビの繁殖を 防ぐということです。 当然、ここまではわかっていただけたと思いますが、次は具体的な例をあげていきます。 水道水を使用したメダカの卵の水換えで卵のカビを防ぐ メダカが卵を産み、新鮮な卵を隔離して、しっかりカルキ抜きした水を使用したのに卵に白カビが生えるとか思っている皆さん一つ注意した方がいいことがあります。 普通メダカにしろ、金魚にしろ、熱帯魚にしろ生体を飼育する時はカルキを抜いた水を使用しますよね。 それは、殺菌のためのカルキが生体にダメージを与えてしまうからというのはお分かりだと思います。 ただ、メダカの卵を育てるということに関しては、 カルキが入っているということがプラスに働く場合もあります。 上記の説明を読んで入ればなんとなくわかると思いますが、 カルキは殺菌目的で用いられている為、 当然、水カビの菌を殺す、繁殖させにくいという効果があります。 卵の段階では、カルキ入りの水に卵をつけていたところで悪い影響はありません。 水道水で卵を雑菌やカビから守ることができるということです。 ただし、見出しで適度な水換えで卵のカビを防ぐ、と書いているのは、カルキ抜を抜いていない水道水でも 環境により差はありますが通常1日〜2日でカルキが抜けてしまう為です。 したがって水道水でカビを防ごうというのなら、 メダカの卵の水換えは1日〜2日(できれば毎日ですが、水量や環境によって変わってくるでしょう)ごとが良いということになります。 スポンサード 4. メチレンブルーで卵のカビを防ぐ メチレンブルーといえば、観賞魚の病気を治療する薬としてよく使われますが、その効果から卵を育てる時、卵を輸送する時などにもよく使われます。 卵を薬漬けにするようで 抵抗がある方もいるかもしれませんが、先ほど、カルキの抜けていない水道水で大丈夫だったのと同じように、メチレンブルーを使用してもメダカの卵は大丈夫です。 もちろん期待できる効果は殺菌です。 メチレンブルーの効果が失われていないうちは、殺菌効果が発揮されています。 光で分解されて効果がなくなってくればメチレンブルー独特の 青色が透明になってきますのでわかりやすいです。 ということで水道水より、 メダカの卵をより確実に育てるためにはメチレンブルーを使用するということもとても有効です。 下の参考動画を載せていますがこちらはメチレンブルーを使用していますね。 メダカの卵にエアレーションも予防になる? 正直にいいますと、メダカの卵に必要な酸素は水面から勝手に溶け込む程度の酸素でも十分だと思います。 それでも、メダカの卵を孵化させるのにエアレーションを した方が良いという意見があるのは、どちらかというとエアレーションにより、水流をつくり、新鮮な水を卵にぶつけたほうが良いという意味ではないでしょうか。 緩やかな水流でも水もメダカの卵も動いていれば、(水の流れが完全に静止している状態に比べると)カビがはえる確率は下がります。 そういった意味では、 エアレーションに意味はあると思います。 (ただし、産まれたての稚魚に大きな泡のでるエアレーションはおすすめできません。 もちろん、泡が弾けた時などの衝撃で 稚魚がダメージを受ける可能性があるからです) 6. 卵についている糸を取る、カビた卵を隔離する メダカは、抱卵している時、卵と卵が糸のようなものでくっついていて、水草や産卵床に卵が産み付けられた後もその糸によって水草や産卵床に付着することができています。 もちろん、これは重要なのですが、卵を人の手で採取して孵化させようという時には、この糸はゴミや雑菌を付着させるだけなので、すぐにでも取り除いてしまった方が良いです。 指の腹でころころと転がすだけでも取ることができますし、有精卵ならば、指でつまんでも簡単い潰れることはありません。 すでにカビが生えてる卵がある場合は、すぐに取り除きましょう。 カビの生えた卵を一緒に入れておけば、カビの菌ごと培養しているようなものです。 いくら元気な有精卵でもカビの菌は 伝染してしまいます。 メダカの卵にカビが生える!? :まとめ さて、長くなりましたが、今回の記事を読んでいただけるだけでも、メダカの卵をカビにやられていた人はだいぶ対策ができるようになるんじゃないかと思います。 皆さんのメダカ繁殖のお役に立てると幸いです。 最後に当店で販売している、産卵床(大分めだか日和で使っているのは後の方、先に出てくるのはGEXさんの商品です。 お好みでどうぞ)なども使用していただけるとなお幸いです 笑 ナチュラルな景観を重視したいなら、 水草に産み付けさせて採集するというのもいいですが、効率よく卵を回収したいならこういった産卵床がおすすめです。

次の

メダカの産卵方法と注意点。稚魚を上手に育てる方法も

メダカ卵カビ

無精卵• 卵の付着糸• 日照時間と水温 これらを知らずに、 卵をカビさせてしまう方は 意外と多いのだそうですよ。 では、それぞれの原因について 詳しく解説していきたいと思います。 その1. 無精卵 卵がカビる原因として、まず一つは 「無精卵」であることが考えられます。 皆さんもご存知のとおり、 メダカはメスが散乱した卵に オスが体液をかけることで受精します。 しかし、これが何らかの理由でうまくいかず、 無精卵となることも少なくありません。 抵抗力を持たない無精卵は、 放っておくとやがて カビの餌食になるだけです。 このカビで水中が汚れると、 せっかくの有精卵までもが 台無しになる恐れがあります。 無精卵は見つけ次第 すみやかに取り除くようにしましょう。 とはいえ、飼育経験が浅い方は どれが無精卵なのか見分けるのは 少し難しいかもしれませんね。 無精卵を判別するポイントは、 「色」と「硬さ」です。 卵の色が白く濁っている• 弾力がなく、指で押すと潰れてしまう 色は早ければ 産卵から1日ほどで 白っぽくなってきます。 その2. 卵の付着糸 メダカの卵をよく見てみると、 1~2cmほどの糸のようなものが 数本あるのを確認できるでしょう。 これが「付着糸」です。 メダカが水草に産み付けた卵が 簡単に外れ落ちてしまわないように 水草と卵とをくっつける、 いわば接着剤のような役割をします。 本来は卵が安全に育つために必要なものですが、 人間の飼育下で孵化させようという時には できるだけ取り除くことをおすすめします。 付着糸は粘り気があるため、 カビの原因となる水中のゴミなども 寄せ集めてしまうのです。 卵を手のひらの上にのせて、 指の腹でコロコロと転がすだけで 簡単に取れます。 なお、この時 潰れてしまった卵は 無精卵だと考えて良いでしょう。 有精卵の卵膜は見た目以上に硬いため、 少し力を加えただけで 潰れることはありません。 その3. 日照時間と水温 卵にあたる 日光の量が不十分だったり 水温が低かったりすると、 卵の成長に良くない影響が 出てしまうことがあります。 私たち人間も、 疲労などで抵抗力が弱っている時には、 風邪などの病気にかかりやすくなりますね。 メダカの卵もこれと同じで、 元気がなく抵抗力が弱い卵は 簡単にカビにやられてしまうのです。 メダカの成長を促すためにも、 卵の保管はできるだけ 陽の当たる暖かい場所を選びましょう。 ただし、水温が高すぎる状態が続くのも 卵にとって良くありません。 もし直射日光が当たりすぎている場合は、 すだれなどを使って調整してください。 適切な温度については、 後ほど詳しくご説明したいと思います。 水道水で適度に水換えをする• 塩をうまく使う 水道水と聞いて驚かれた方も いらっしゃるかもしれませんね。 では、その理由を詳しくご説明していきましょう。 水道水で適度に水換えをする 皆さんもご存知のとおり、 水道水にはメダカにとって有害な 「カルキ」が含まれています。 そのため、メダカの飼育には カルキを抜いた水を使うのが一般的ですが、 まだ 卵のうちは水道水をそのまま使いましょう。 カルキの殺菌効果によって 卵がカビにくくなるのです。 中の稚魚への影響が 気になるかもしれませんが、 硬い卵膜がしっかり守ってくれるので ご安心くださいね。 ただし、カルキは 通常1~2日ほどで抜けてしまうため、 こまめに新しい水道水に交換しましょう。 特に室内で卵を保管している場合は、 水流を作るという意味でも水換えは大切です。 また、孵化が近くなり 卵膜が柔らかくなる頃には カルキを抜いた水に切り替えます。 塩をうまく使う メダカが弱った時の治療法の一つに 「塩水浴」がありますね。 これと同じように、 卵の入った 水に少量の塩を混ぜることでも カビ防止になるそうです。 卵の 容器に入れる塩水の濃度は0. ただ、塩を入れたからといって 水換えを怠っては意味がありませんので 注意してくださいね。 メダカの卵をカビさせない水道水の温度はどれくらいがいいの? 先ほどお話したように、 水温は卵の成長にとって 非常に大切な要素の一つです。 カビはどんな水槽の中でも普通に存在しますが、 丈夫で抵抗力のある卵には 取りつくことができません。 一方、 元気がない卵は、 簡単にカビにやられてしまいます。 抵抗力が弱いため、 カビの繁殖力に敵わないのですね。 したがって、 適切な温度管理のもとで元気な卵を育て、 卵自体に抵抗力をつけてあげることも、 一つのカビ対策だと言えるのです。 これを大きく上回ったり、 反対に下回ったりしないよう、 水道水は 一度温度を測ってから 使うことをおすすめします。 特にメダカが産卵を始める4~5月頃は、 汲み立ての水道水では冷たすぎることがあるので 少し時間をおくなどして 水温を調整するようにしてみてください。 まとめ 今回はメダカの卵がカビてしまう3つの原因と、 卵をカビさせない対策方法について ご紹介してまいりました。 メダカの卵をカビから守るポイントは、 以下の2点です。

次の