慈恵病院。 慈恵病院

慈恵病院

慈恵病院

慈恵病院は、親が育てられない子を匿名で託せる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の運営で知られる。 ただ、ゆりかごの仕組みでは、妊婦が預けることを前提に危険な自宅出産などを選ぶ可能性などが指摘されていた。 こうした中、慈恵病院は2017年、内密出産を検討していると表明した。 ドイツでは法制化された制度で、実親の情報は国が管理し、子は16歳以上で親の情報を閲覧できる。 慈恵病院と熊本市は意見交換を重ねてきたが、7月の意見交換でも、市側は「きちんとした法整備が必要だ」と慎重な姿勢を崩さなかった。 進展が見られない中、蓮田健副院長が7日、記者会見した。 説明によると、今後は、妊婦が院内の新生児相談室長に身元を明かせば、仮名でも受診、出産できる。 出産費用は病院が負担し、出生届も親の名前を空白にして病院が代理人として提出するという。 ただ、生まれた子の戸籍の作成者などの課題について、病院側は「市と相談しながら模索していく」とするなど不透明な部分も多い。 蓮田副院長は「妊婦と相談を重ね、できるだけ身元を明かしてもらったうえで、出産してもらう努力は続ける」とも語った。

次の

「内密出産」赤ちゃんポストの病院、法整備ないまま受け入れへ : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

慈恵病院

慈恵病院は、親が育てられない子を匿名で託せる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の運営で知られる。 ただ、ゆりかごの仕組みでは、妊婦が預けることを前提に危険な自宅出産などを選ぶ可能性などが指摘されていた。 こうした中、慈恵病院は2017年、内密出産を検討していると表明した。 ドイツでは法制化された制度で、実親の情報は国が管理し、子は16歳以上で親の情報を閲覧できる。 慈恵病院と熊本市は意見交換を重ねてきたが、7月の意見交換でも、市側は「きちんとした法整備が必要だ」と慎重な姿勢を崩さなかった。 進展が見られない中、蓮田健副院長が7日、記者会見した。 説明によると、今後は、妊婦が院内の新生児相談室長に身元を明かせば、仮名でも受診、出産できる。 出産費用は病院が負担し、出生届も親の名前を空白にして病院が代理人として提出するという。 ただ、生まれた子の戸籍の作成者などの課題について、病院側は「市と相談しながら模索していく」とするなど不透明な部分も多い。 蓮田副院長は「妊婦と相談を重ね、できるだけ身元を明かしてもらったうえで、出産してもらう努力は続ける」とも語った。

次の

東京慈恵会医科大学附属 第三病院

慈恵病院

同病院によると、現段階で匿名妊婦を受け入れる国内唯一の病院になったという。 望まない妊娠をした女性が匿名で出産できる環境整備を進める。 蓮田健副院長はこの日の記者会見で「赤ちゃんの殺人や遺棄が全国であり、これまで匿名出産を断った人の行方が気になる。 行政には受け入れ事例を作った上で対応を相談する」との考えを示した。 7日夕方時点では、今回の制度で受け入れた妊婦はいない。 導入した制度は、病院の新生児相談室長に身元を明かすのを条件に仮名での出産を認める。 妊婦が経済的に苦しい場合、病院が医療費を立て替える。 出産した子どもが一定の年齢に達して希望すれば、病院の新生児相談室で親の情報を閲覧できるようにする。 ただし、出産が切迫した妊婦が名前を一切明かさない場合でも受け入れることを検討する。 匿名での出産は子どもが出自を知ることができない問題があるため、「ぎりぎりまで実名出産を促す」との方針だ。 同病院は孤立した妊婦の支援策として内密出産の導入を目指し、熊本市と協議を進めてきたが進展が見られず、自宅などでの危険な孤立出産を防ぐために実施を決めた。 熊本地方法務局はこれまでに、内密出産が「現行法の解釈で可能」との見解を示している。 〔共同〕.

次の