ザイリンクス 株価。 ザイリンクス【XLNX】2020年度Q1決算を検証│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

ザイリンクス 株価

SOX Daily インテル Intel NASDAQ: 、エヌビディア NVIDIA NASDAQ: 、ブロードコム Broadcom NASDAQ: 、テキサス・インスツルメンツ Texas Instruments NASDAQ: 、クアルコム Qualcomm NASDAQ: は投資家からの注目を多く集めているが、一方で 過去数年間で圧倒的な成長を遂げた注目されていなかった半導体株は数多く存在している。 ザイリンクス 様々なタイプの集積回路を開発する半導体メーカーのザイリンクス Xilinx NASDAQ: の年初来株価は68. 21日の終値は126. 31ドルと、3月20日にマークした最高値の127. 81ドル近辺を推移している。 ザイリンクス XLNX 日足チャート カリフォルニア州サンノゼに拠点を置く同社は、データセンターや5G通信向け半導体の順調な販売による利益を享受している。 既存の通信速度の100倍近くの速さを誇る5Gによって、半導体業界に数十億ドルを生み出すだろう。 同社の1月23日の決算カンファレンスコールにおいて、ビクター・ペンCEOは「5G投資の活況は我々の想定よりも早く始まった」そして、「投資はかなり堅調である」と発言した。 アナログ・デバイセズ NASDAQ: やテキサス・インスツルメンツの製品に代わる、アナログ回路やデジタルプロセッサといった、同社のその他の5G製品への需要も大きい。 RW Bairdのシニアリサーチアナリストのトリスタン・ゲラ氏は、「このインテグレーション技術によってザイリンクスの需要は堅いだろう」と発言した。 加えて、「我々はザイリンクスは今後数年間、5Gでの部品供給の増加が見込まれる」と語る。 ラティス・セミコンダクター オレゴン州に拠点を置くラティス・セミコンダクター Lattice Semiconductor NASDAQ: は、高性能プログラマブルロジックデバイスを製造する。 同社は世界のFPGA field programmable gate array デバイス市場で第3位である。 ラティス・セミコンダクター LSCC 日足チャート 20日の同社株の終値は12. 3月11日には株価が15年間の最高値である13. 17ドルをマークした。 2月12日に発表した 決算では、通信、コンピューティング分野の成長によって、純利益が驚異的に増加し、売上高も市場予想を大きく上回った。 コンセンサス予想では9370万ドルとなっている。 「現在のマクロ経済環境下では不確実性が存在しているにもかかわらず、弊社の事業はコンピューティング、資本財、自動車、5G分野での成長によって長期的に利益を享受している」とジム・アンダーソンCEOは発言した。 KLA-テンコール KLA-テンコール KLA-Tencor Corporation NASDAQ: は、カリフォルニア州ミルピタスに拠点を置く半導体関連装置の製造メーカーである。 同社は半導体産業やその他関連ナノエレクトロニクス産業向けのプロセス制御、収益管理システムを提供している。 93ドルとなった。 2018年7月にマークした最高値の122. 40ドルに向けて上昇している。 JPモルガンのアナリスト、ハーラン・サー氏によると、今年度の KLA-テンコール株の反発はまだ始まりに過ぎないという。 同氏は半導体関連装置分野での同社の競争力の強さから、同社株のレーティングを「レーティングなし」から「買い推奨」に変更した。 同氏は3月7日に発表したレポートにおいて、「半導体、PCB プリント回路基板 、ディスプレイ分野における競争力の強さから、我々はKLAは競合や市場全体と比較してアウトパフォームすると予想している」と記した。 また同氏は、5G用スマートフォン、5Gインフラ設備、自律走行センサー、クラウドコンピューティングハードウェアといった、今後のトレンドテクノロジーに対しても同社は対応していると付け加えた。 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 All CFDs stocks, indexes, futures and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible. 22,305. 48 -167. 43 -0. 5 -382. 5 -1. 30 -44. 48 -2. 28 -21. 01 -0. 80 -112. 80 -1. 60 -2. 20 -0. 580 -0. 309 -1. 78 -0. 24 -0. 95 -0. 27 -1. 98 -1. 02 -1. 75 -2. 35 -0. 1256 -0. 0041 -0. 0 -114. 0 -2. 5 -61. 5 -0. 5 -6. 4 -1. 0 -30. 0 -0. 8 -1. 0 -0. 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

ザイリンクス 株式配当

ザイリンクス 株価

【ザイリンクス】 2020. Q1決算発表 今回もわたしの保有株でもある ザイリンクス【XLNX】 の決算が発表されたので内容を確認してみます。 4%の下落となりました。 ここ最近は半導体関連銘柄の世界的な見直し買いがありましたのでそこまで影響はなかったです。 個人的な意見では、見直し買いが今後もこのペースで続くのかというとちょっと疑問です。 なぜなら 景気減速や後退に向かうのは間違いなさそう、米中貿易摩擦もまだ全然解決していない、からです。 ただSOX指数を見ると過去最高値を更新する等、半導体市況に対しての投資家の心理面では改善に向かっているようです。 そんな中で発表された同社の決算ですが株価を結果として見るのであれば少しだけ物足りなかったという感じでしょうか。 株価がネガティブに反応した原因を調べてみる事にします。 2020年度Q1決算の結果 Q1単体での業績 それでは今回発表された【2020. Q1決算】を見てみましょう。 と、その前に前四半期決算の時に発表された2020. Q1業績の見通しはこのような感じでした。 【当初の見通し】 売上:$8億3,500万~6,500万 粗利率:66% 営業経費:$3億1,500万 対して 【2020. 1%) 粗利率:66. 6ポイント) となりました。 ほぼ当初の想定通りの業績で着地しました。 売上については 前年同期比24. 1%増と引き続き順調に伸びていっています。 ただし、前年同期比と比較すると利益率が低下しました。 恐らく貿易摩擦の影響と思われます。 最終利益率の改善は受取利息の関係で改善していますが、本業での改善でないので実質的には営業利益率を重視した方が良さそうです。 また製品別に見ると、 16nmノードの成長率が引き続き高く、5G・データセンター等の顧客への販売が伸び前年同期比で約4倍の増加となったようです。 そのおかげで 「アドバンストプロダクツ部門」では前年同期比53%の増加となり昨年まで56%だった売上比率が69% と急上昇しています。 (ちなみに前四半期では68%でした) 中でも同社の売上はアジア地域が売上の約半数を占めているため、そこを中心に成長しています。 成長している地域(主に中国)への輸出規制による利益率の圧迫が懸念される内容となりました。 念のため、四半期ごとの各利益率グラフを貼っておきます。 Q2の見通しがネガティブだった? そして同時に発表された次のQ2四半期の見通しはこうなりました。 【2020. Q2の業績】 売上:$8億~8億5,000万 粗利率:65~66% 営業経費:$3億2,600万 と、Q2の見通しを発表しました。 決算資料によると引き続き「中国との輸出規制の影響を考慮しての業績予測」となっています。 前年同期比と比較すると確かに増収増益にはなる見通しを発表していますが 売上レンジの下限が8億ドルだったのが嫌気されたのではないかと推測されます。 それに加えて営業経費の金額(割合)が増えている= 更なる利益率の悪化を示唆している。 ように見えるため市場はネガティブな反応となったのではないでしょうか。 まとめ さて、簡単ですが今回のザイリンクスの決算発表はこのような内容となりました。 話は少し変わるのですが、今回内容をまとめている時に なんかの本で読んだ事があるなぁと思って思い返してみると 「株式投資の未来」で似たような話があったなぁと思いだしました。 (長期投資家みんな大好きジェレミー・シーゲルの書籍) というのも、 1990年代後半の「インターネット回線利用量」と現在の「半導体集積率」の状況が似ている という感じがします。 (本による知識なのであまり詳細はわかりませんが…) 確か、 急速な技術革新が必ずしも投資家にとってはメリットではない、というような内容だったと思います。 それを踏まえると今の半導体業界は一時期「スーパーサイクル」やなんやと言われていたり 半導体企業のどの経営者も 「中長期的に見たら今は一時的な停滞時期で、今後も拡大は続くだろう」 というような話も多いですが果たして本当なのだろうかと。 これまでの歴史を考えると 「自分で自分の首を絞めてしまうような技術革新」が今後起こってしまう可能性も頭の片隅ぐらいにいれておいた方が良さそうですね。 時代は変わるし、いつでもまったく同じ状況で事業が行われているわけではない事も思えば 過去の教訓があてはまらないケースも絶対にあるとは思っていますが、同じ流れを繰り返している歴史がこれまで多くある事も事実です。 だとすると、同社の株を長期的に保有しておく事は安全なのかどうなのかというとちょっと疑問もあります。 いい頃合いを見つけて、一旦売却する事も今後視野に入れておいた方がいいのかな という感じがします。 (もちろん個人的な見方なので、どうなるかは誰にもわかりませんが) でもだからこそ、コカ・コーラやP&G、ジョンソン・エンド・ジョンソン等の生活に欠かせない製品を不変的に提供できている企業は投資の世界でも強い、というのを改めて思い出した今回の決算発表でした。 あくまで参考程度にお願いします。

次の

【XLNX】ザイリンクスの株価・配当金の推移と銘柄分析

ザイリンクス 株価

海外企業はもちろん、近年は日本国内でも積極的に買収を行うケースが増えています。 このような状況においては、海外企業の買収事例を知っておくことも、事業戦略を策定する上で大いに役立ちます。 買収とは字の通りに「買い取る」という意味で、企業が他の企業を買い取ることを意味します。 基本的には他社を支配する目的で行われます。 支配するといっても、悪い意味だけではありません。 たしかに「敵対的買収」と呼ばれるようなケースもありますが、一般的な買収は買収側にも売却側にもメリットがあります。 たとえば、資金面で事業継続が難しい企業が資金の豊富な大手企業に買収されれば、安定した経営基盤のもとで事業を継続できます。 この場合、事業継続をしたいと考える売却側の企業にとっては、買収されることには大きなメリットがあるといえます。 また、買収する側にとっても買収した会社のノウハウやサービス体制を活かす形で、自社の事業強化・拡大などを図ることができます。 買収は当事者同士がそれぞれにメリットを享受できる手法であり、近年は特に活発化している傾向が見られます。 株式取得について知ることは、会社の経営権を考える上で非常に重要です。 まずはその仕組みや特徴から整理しておきます。 株式取得は、株式を取得して経営権を得ることを意味します。 株式には原則として議決権がありますが、株主は株主総会で経営に関するさまざまな内容を決議することができます。 つまり、議決権を持つということは、会社の経営に関わることを意味するのです。 そのため、どのくらいの割合の株式を取得できるかが、経営権を左右する重要な問題となるわけです。 具体的には、議決権のある株式の過半数を持っていれば、株主総会の普通決議を議決できます。 株式取得には以下の4つがあります。 株式譲渡• 新株引受• 株式交換• 株式移転 いずれも経営権の取得につながるという点は同じです。 それぞれに詳しく見ていきましょう。 事業譲渡は、 ある会社の事業の全部または一部を譲渡することをいいます。 そのため、全部譲渡と一部譲渡に分類されます。 事業譲渡の大きな特徴は、全てを譲渡する必要はないということです。 たとえば、採算事業は残しておき、不採算事業だけを譲渡するといった方法も可能です。 採算事業に投資を集中させたい場合など、事業の一部譲渡は大きなメリットがあるわけです。 また、事業譲渡のもう一つの特徴は、事業を譲渡しても基本的に株式は移転しないという点です。 これは株式取得との大きな違いです。 株式取得の場合は、株式の割合によって経営権も変わります。 一方で、事業譲渡は株式が移転しないので、経営権は事業ごとに判断します。 譲渡した事業の経営権は移転し、譲渡しなかった事業の経営権は移転しないというように、株式ではなく事業単位で経営権が決まります。 特に株式取得の一つである株式譲渡は、事業譲渡と言葉が似ているので、両者の仕組みの違いはしっかりとおさえておきましょう。 ザイリンクスは、プログラマブル・ロジック・デバイスの開発などを手がける アメリカの半導体関連企業で、1984年に設立されました。 プログラマブル・ロジック・デバイス(PLD)とは、利用者が内部の論理回路を変更できる集積回路のことです。 通常の集積回路は、一度製品が完成すると利用者が内部の論理回路を変更することはできません。 一方で、プログラマブル・ロジック・デバイスの場合、内部の論理回路の構造を再構成することができるのです。 大まかな定義になりますが、「利用者が自由に機能を変更できる」と考えると、イメージしやすいかと思います。 このプログラマブル・ロジック・デバイスにおける技術に「FPGA」というものがありますが、このFPGAを初めて開発した企業がザイリンクスです。 FPGAは、プログラマブル・ロジック・デバイスの中でも特に大規模で複雑なものとなり、回路規模は数万ゲート以上に及びます。 ザイリンクスはFPGAの発明により、半導体業界に革新的な影響を与えることになりました。 ザイリンクスが発明したものはFPGAのほか、ハードウェアプログラマブルSoC、ACAPなどがあります。 特に最近では、マルチコア・ヘテロジニアス演算プラットフォームとなるACAPを大きな柱としています。 今後のザイリンクスは、引き続きFPGAなどを中核事業としつつ、より多種多様なテクノロジーの提供を行うものと思われます。 最近では サムスン電子との提携強化が特に大きな注目を集めています。 2019年2月、ザイリンクスとサムスン電子は、世界初の5G New Radio(NR)の商用展開を可能にする提携強化を発表しました。 5G NRは韓国で実施されるほか、今後は世界各国に展開するとされています。 このように、ザイリンクスはFPGAベンダーの枠を超え、多様な事業展開の歩みを進めています。 ザイリンクスの2019会計年度では、四半期ごとの売上が前期比で増加しました。 市場予想を上回る結果を出し、売上高の見通しの上方修正も行われ、まさに記録的な業績であったといえます。 こうした 好調な決算を踏まえ、ザイリンクスの株も上昇しています。 一方、ザイリンクスに限らず、最近では半導体関連の銘柄全体の上昇も目立ちます。 これは、同じく半導体関連企業であるテキサス・インスツルメンツ(TI)とラムリサーチの業績が好調であることも影響しています。 2019年1月に発表されたザイリンクス、テキサス・インスツルメンツ、ラムリサーチの決算は、市場予想を上回る好調な結果を示しており、半導体関連の株の上昇につながっています。 今後のザイリンクスの株価の見通しは、こうした半導体関連の銘柄全体の動きも踏まえて予想されるものと思われます。 ザイリンクスは 2018年7月、ディープラーニング技術の開発などを行う中国のDeePhi Tech社を買収したことを発表しました。 特に米中の貿易戦争が話題になる中、ザイリンクスによるDeePhi Tech社の買収は大きな注目を集めています。 DeePhi Tech社は、清華大学とスタンフォード大学の研究者によって2016年に設立された新しい会社です。 清華大学とスタンフォード大学は、機械学習における研究や、世界各国でのAIに関する会議での論文発表などで、それぞれ高い実績を誇っています。 この両大学の研究者が設立し、ディープラーニング技術の開発などを手がけるスタートアップ企業として誕生したのがDeePhi Tech社です。 こうした背景を持つDeePhi Tech社は、その事業展開の中でディープラーニング学習のリーディングカンパニーとして認知されるようになり、DeePhi Tech社のチームがFPGA2017 の最優秀論文賞を受賞するなど、確かな実績を積み上げています。 DeePhi Tech社にはMediaTekやSamsung、そしてザイリンクスも出資を行っていました。 ザイリンクスがDeePhi Tech社への投資を発表したのは2017年5月でした。 DeePhi Tech社はザイリンクスデバイスの機械学習に対するアーキテクチャ面での利点の活用、そしてエッジからクラウドまでの推論プラットフォームの提供などを通じ、AI製品・サービスの将来的な動向に備える形となりました。 両社は早い段階から結びつきが深く、技術面をはじめそれぞれの強みを活かした事業展開が行われていましたが、翌年2018年にザイリンクスがDeePhi Tech社を買収することになりました。 買収後もザイリンクスは引き続きDeePhi Tech社に投資を行い、クラウドおよびエッジにおける機械学習アプリケーションの展開を進めるとしています。 ザイリンクスは2019年4月に「Solarflare Communications, Inc. 」(以下、Solarflare社)の買収を発表し、同年8月までに買収を完了しました。 Solarflare社は米国カリフォルニア州アーバインに本拠を置く非上場企業で、フィンテックからクラウドコンピューティングまで、 高性能なネットワークソリューションを提供するプロバイダーとして知られていました。 この買収によってザイリンクスは自社の持つ技術とSolarflare社の持つネットワークインターフェイスカード(NIC)技術を融合させ、新たなサービスの提供を試みることになります。 ザイリンクスにとって最大の成長分野であるデータセンターを最優先とする戦略で、プラットフォーム企業への移行をさらに加速させる方針です。 株式譲渡や事業譲渡など、多様な買収方法から最適なスキームを選択するためにも、専門家への相談は大きな意味があるといえます。 料金システムは完全成功報酬制を採用しており、成約までは一切費用は発生いたしません。 まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。 ザイリンクスは今後ますます多様な事業展開を進めるものと思われます。 FPGAなどを中核事業としながらも、サムスン電子との提携強化など、より視野を広げた展開が注目されています。 この記事の内容をまとめると、以下のようになります。

次の