長岡 市 浄土 川。 小山城塞群・E 古城址狂が行く!

洪水ハザードマップ

長岡 市 浄土 川

A 、小山城塞群の周辺! 「 ウォッちず ・国土地理院 」に加筆! 1950 年頃の、米軍による空撮写真より! 「 太田川」に架かる、「 諏訪免橋」から望む「 小山要害跡」方面! (5本の鉄塔下付近が要害跡) 「 諏訪免橋」の南東方向に、「 羽黒山城跡」と「 村松城跡」! B 、「於木野島合戦」に関わると思われる遺構群! ・・小山要害周辺 B-1 、諏訪神社 ・・長岡市村松町 2579 この一対の彫刻が気に入った! 山城の袖曲輪跡の様な段がある 長岡市の竹町・釜沢町と接する、湯沢地区にある小さな社。 B-2 、石坂小学校 ・・長岡市村松町 2735 村松長倉線の東側 長岡市立 石坂小学校 太田川に架かる橋から、小山要害地区を見る 南東方向に、羽黒山城跡と村松城跡の尾根が見える! 太田川の下流方向 小山城塞群の北側麓部に「 石坂小学校」と言う学校がある。 私は当初『ここは長岡市の村松町内なのに、何故「 石坂」の名の付く学校があるのだろう?』と思った。 後で調べてみると、この地域はかっては「 石坂郷」と呼ばれ、「 石坂村」と呼ばれていた時代があったらしい。 中世には、妙見町背後にあった「 石坂山城」に拠った石坂氏の一族によって支配されていた時代があり、石坂氏は当初南朝方に属していたが、途中で北朝方に寝返り、蔵王堂に籠る南朝勢を攻めたと【 新潟県の合戦 長岡・柏崎編 】は次の様に記している。 『・・正平七年( 1352)八月、池、多功、石坂氏らは、北朝方に寝返って南朝方の拠点蔵王堂城を攻撃した。 ・・・この時の越後南朝軍の総大将は風間信濃守(越後守を名乗った時もある)信昭であったが、この蔵王堂の戦いに出陣したあと、文献や記録に登場しなくなったという。 ・・・』 これによると石坂氏は、ここ於木野島合戦で勝利して、蔵王堂城まで北朝軍を押し返した南朝軍を裏切って、背後から攻撃した事になる。 又、70歳を過ぎて記憶があやふやになった「 古城址狂」には以前石坂氏の出自について、『石坂氏は関東小田原の北条氏に仕え、謙信の時代に来越し仕えた。 ・・』と他の書で読んだ様な気がする。 『三郎景虎が謙信の養子となった時にいっしょに付いて来たものかなあ!』とも思っていた。 その後石坂氏は謙信の勘気を被り、滅んだとも言われている。 彼が南北朝時代に登場するとなると、話が少し変わってくる。 B-3 、鹿島社 ・・長岡市村松町 4229 西側の参道 北西方向に、石坂小学校が見える 東側に林道が登っている 広道地区の北側に小さな社 B-4 、一宮大明神 ・・長岡市村松町 2383乙ノ 1 新しい狛犬 榊に埋もれて可哀そうな、古い狛犬! 西側に、土塁状の高まり 鹿島社の南方地区にある B-5 、御楯城! 「 御楯城」に関しては、私の HPで単独でも説明させて戴いており、【 小山城塞群・ A】でも掲載させて戴いているので、ここでの写真は止めておくが、この地域の郷土史・【 岡南の郷土史】に次の記載がある。 「 山王社」の項で次の様な記載がある。 『・・・草創は定かでないが、村松にある社は南朝の正平年中( 1346〜)に新田義宗が勧請した大社が多いといわれる。 小山には南朝期の頃、小山城(御楯城)があり、大関内蔵進城主が千六百石を所領したということ等から、これ等の武将が比叡山の地主神、日吉、山王社を勧請したとも考えられる。 これがいつしか集落の産土神となり、現在の小山の鎮守として祭られている。 ・・』と期されている。 この事から、大関氏がこの小山地区を支配していた事となり、この「 小山城塞群」が存在したと思われる時期に、大関氏が関わっていたと想像出来ないか? C 、於木野島古戦場周辺! C-1 、白山神社 ・・長岡市十日町 186 【 岡南の郷土史】より! 東方に、羽黒山城跡と村松城跡の尾根が見える! 南方に、「 岡南中学校」 長岡市十日町地区の南側に、浮島の様な地形上にある。 創立は延宝六年( 1678)八月でこの地区の産土神であるという。 祭神は「 伊那美尊」と「 菊理比賣命」であるらしい。 「神社神明帳」に「古志郡十日町村砂田 無格社・ 白山神社」とある。 C-2 、岡南中・岡南小地区! 「 岡南小学校」と、「 浄土川」の下流 「 岡南中学校」と、「 浄土川」の上流方向 C-3 、滝谷・諏訪神社 ・・長岡市滝谷町 179 南東方向に、 諏訪神社が見える 「 八万四千中」って何? 「 天満宮」? 「神社進明帳」に「古志郡蛇山村字前田 無格社 諏訪神社」とあり、旧蛇山村の産土神。 祭神は「 健御名方命」 D 、 於 お 木 ぎ 野島 のしま 古戦場! 1961 〜 1969年頃の、空中写真より! 1950 年頃の、米軍による空撮写真より! 「 東大新江」の南東側 岡南保育所 同・北西側 諏訪神社と、岡南中学校が見える 東方に、「 蛇山城跡」 駅通り 駅の東側 国道17号バイパスの陸橋から見る、南東部 小千谷方面へ! 北西方向 長岡市街地方面へ! 現在の滝谷地区は自然堤防上に築かれた微高地で、この住宅地一帯が「 於木野島古戦場跡」であるらしい。 東側の田地は、河川の氾濫による沼沢地であったという。 【 岡南郷土史】に次ぎの様な記載がある。 〔三浦和田文書〕より三浦和田三郎左衛門尉義成軍忠事(和田義成軍忠状)の中で、 『・・荻の島の戦い(「越佐史料」) ・・右(和田義成)は当国(越後)に反乱の輩などが起った時に三浦和田土佐守 茂資 しげもち の手(軍)に属し時日を問題とせずに馳せ向かったところ、河内(中蒲原郡)の御敵(南朝方に宗良親王がおられるので御敵といった)が出て来て、道路を塞ぎ妨害したので、今月二日、青海庄賀茂 陣 じん 峰 がみね でさんざん合戦して追い散らししてしまいました。 同三日義成等は蔵王堂(長岡市)に馳せ着き、 同七日には 一品 いっぽん 宮(宗良親王)・脇屋金吾(脇屋義治)以下の御敵等が古志郡志都乃岐庄 於 お 木 ぎ 野島 のしま (荻の島)に陣を張ったので、守護と相共に奮戦激闘中に和田義成は乗馬を斬られ、吉田弥次郎時綱は負傷され、同日古志郡大島庄平方原に激戦いたしました。 ・・・』 又同書は、井上慶隆氏が【長岡郷土史】に発表された、「志都乃岐荘於木野島の戦」を取り上げ、 『滝谷町の於木野島(荻の島)で南・北朝軍が戦ったのは、岡南地区の隣りにあった村松城が南朝方の新田義宗(新田義貞の第三子)の居城であったからだと考えられる。 【 温故の栞】に『古志郡褥抜荘村松山入要害の古城跡は南朝正平(北朝文和)年中新田佐兵衛佐義宗当城に籠る、又別腹の舎弟義興も之に便り来って暫く住居ありしと云う』とある。 また於木野島で戦いがあったころ、建武の新政で破れた南朝方の宗良親王は、未組織の民衆として東国を潜行しながら村松城に住居していたものと考えられる。 ・・・』と説明している。 さらに井上氏は、 『・・正平十年( 1355)四月二日、守護直率のもとに蔵王堂を出発して攻めよせる北朝方を、於木野島に迎えうった南朝方は、この村松城からくり出したものと思われる。 ・・・まっすぐ村松城攻略を指向した北朝方を南朝方が城の大手前に迎えうったというような単純な戦闘経過ではなく、おそらく、魚沼へ急ぐ北朝方の側背を村松城からうって出た南朝方が衝くというかたちで、展開されたのであろう。 村松の南にある於木野島が戦場になったのは、連戦の勝利におごった北朝方が、村松城を無視した結果なのか・・・ ・・おそらく於木野島の戦は、宗良親王を擁して必死の南朝方が勝利を得、夏草の自然堤防を蔵王堂へむけて潰走する北朝方に対し激しい追撃戦を展開、平方原にふたたびこれを捕捉して戦果を拡大したのであろう。 ・・・』とも記している。 この井上氏の後半の記述が重要である。 しかし氏が見落としている箇所に、「 村松城」と「 羽黒山城」の規模がある。 私もこの二城を登城させて戴いているが、これ等は峻嶮な尾根上に築かれた要害ではあるが、この様な大軍に対して守れる城では無い。 そこで浮上してくるのが、今我々が挑戦している「 小山城塞群」ではなかろうか?この城塞群は大将が着陣する様な陣場ではないが、多くの将兵を隠す事が可能な遺構群である。 それとは知らず、背後の魚沼へ移動しようとした北朝軍の側面を衝くに絶好の位置にあった。 ちなみに前半に記されている「 羽黒義成」であるが、彼は鎌倉幕府侍所別当・三浦和田氏一族の越後和田氏惣領家、中条氏の庶子家・羽黒氏で、胎内市羽黒の「 鳥坂城」麓の台地、「 羽黒館」の主である。 楊北衆(阿賀野川以北)の武将では、関川村桂に拠った河村氏以外は皆北朝派であった。 これ等のことから今私達二人が挑戦しているこの遺構群は、今までの発表を覆す事となりそうな事に注目して戴きたい! D 、長岡市街地に於ける、南北朝騒乱! D-1、 平方 ひらがた 原の戦い! ・・長岡駅周辺 1950 年頃の、米軍による空撮写真! 1961 〜 1969頃の空中写真より! 大手通り(長岡駅方向) 同・「大手大橋」方向 JR 長岡駅 於木野島古戦場で勝利した南朝軍が追撃戦を展開、この平方原で北朝軍を捕捉して戦果を拡大したという。 D-2 、平潟神社 平潟神社 長岡市表町 1-6-1 長岡市戦災殉難者 慰霊塔 神輿殿 北側の山門 この 平潟神社は【明治十六年 神社明細帳】に、長岡城の「乾(北西)ノ方」から移転したと伝えられているという。 長岡城の北西方向には蔵王堂がある! E 、蔵王堂の戦い! ・・蔵王堂城跡と金峯神社 E-1、 蔵王堂 ざおうどう の戦い! 1961 〜 1969頃の空中写真より! 昨年10月14日、長野県千曲川決壊による大水害発生、ここ長岡市でも10月18日、信濃川の増水により、ここより少し上流の今井地区で、浄土川への逆流によって浸水災害が起った。 この蔵王地区では中世でも同じ様な災害が発生していたと思われ、長尾氏は蔵王堂より東方の東山地区にある栖吉に本拠を移している。 戦国末期にはこの蔵王堂城に入封した堀氏の後に長岡へ入った牧野氏は、平方原地区の現在 JR長岡駅がある地区に長岡城を築城、入城している。 舟運と軍事上で蔵王地区は重要な地区であったと思われるが、自然の猛威には勝てなかったものと思われる。 現在の信濃川 信濃川沿いの土手道の脇に、石碑が建てられている 蔵王堂城跡の北西部が見える! 南西方向に、「 長岡大橋」が見える! 信濃川に流れ込む、「 柿川」 E-2 、蔵王堂城跡 「 金峯神社」境内に掲げられている「 蔵王堂城」の縄張り図 安禅寺 毘沙門堂 と、右に 観音堂 《由緒沿革》 『蔵王権現堂の別当寺、修験堂の本山であった当寺は、道昭上人の開山により、和銅二年 709 大和国吉野蔵王権現を模刻して古志郡楡原に勧請したが、保元の乱の戦災をうけて三島郡矢田を経て仁治年間 1242 現在地に遷座されたと伝えられている。 中興の祖であった義道大僧正の入寂、宝永七年 1710 以後東叡山輪王寺宮の御兼帯となり、教儀は信徒に任かせられ長く別当の職は中絶していた。 安政二年 1855 慈性法親王の命によって安住院亮貫は、浅草寺より安禅寺別当に転住した。 戊辰の役の戦火で寺は灰爐に帰し、明治三年 1870 神仏分離によって廃寺となり、蔵王権現堂を守るためには還俗して三芳野千春と称し金峯神社の社司にならざるを得なかった。 その後寺再興の志黙し難く、神官を辞して比叡山に入り修行に専心した。 明治十七年 1884 になって寺の復興を許可され、今日に至っている。 』 「新潟県寺院名鑑」より 現地案内板より、一部をトリミング! 内部は撮影禁止の為、お見せ出来ないのが残念! (見事な仏像が祀られている) 左・ 観音堂、右・ 毘沙門堂 観音堂 南側の土塁 その土塁北西下に、堀直竒像 蔵王地蔵 北側の土塁の東端部 正善霊神 「 念・三戸滅」の石碑 土塁の北東部 同・北西部 蔵王稲荷大社 南側の土塁上 堀直竒公顕彰碑 大乗妙典供養塔 於木野島古戦場や平方原古戦場で勝利した南朝軍であったが、味方の裏切りにより背後を衝かれ、この蔵王堂城を死守する事が出来ず、越後に於ける南朝軍の敗北が決定的となったものと思われる。 現地の案内板には、この様な南北朝時代や戦国時代に於ける長尾氏時代の説明が何も無い、何故だろうか? E-3 、 金 きん 峯 ぷ 神社 ・・長岡市西蔵王 3-1-5 欅の巨木群が並ぶ、参道 社務所 長岡市の指定文化財・「 蔵王の大欅」 金峯神社の社殿 「蔵王公園」となっている 何故神社の屋根に、鯱が乗っているのか? 蔵王公園の、南側道路( 丹波街道) 同・東側 南東方向へ(社務所の東側背後) この金峯神社を含めて、蔵王堂城跡である。 明治三年( 1870)の神仏分離令によって遷座されたものだろうか? F 、宗良親王伝説! 最新衛生画像より! F-1、浄願寺 真宗大谷派 王番山 浄願寺 (じょうがんじ) 長岡市王番田町 2178 本堂 滑車の付いた井戸 庫裡 《由緒沿革》 『当王番田の地は正平年中( 1346〜 70)以来南北朝の争奪の中心地となり、宗良親王は征東将軍として新田、脇屋氏等の南朝軍を率い健闘されたが、後「新葉和歌集」奏覧後当地で当寺を建立しこの地で蒙された。 御年七十余歳(堅法寺)という。 長享元年( 1487)越前吉崎で蓮如上人より浄願の寺号をうく。 真宗大谷派の初代教如上人の寄進謝礼状にも「王はて村」とあり、後高田松平家領内中に「王番山」と改称。 延享三年( 1746)現本堂を大欅 1本で再建。 俗に「欅寺」ともいわれる。 欅のあった長岡市堀之内の地に記念碑が建ち、毎年報恩の集会がある。 』 「新潟県寺院名鑑」より F-2 、 王 おう 番田 ばでん の塚! 宗良親王 の墓と呼ばれている塚! 風化していて文字が良く読めない! 【 長岡市史 通史編 上巻 】によると、 『・・王番田地内に古い塚があり、ここに宗良親王が埋葬されたとも伝えられ、王番田は王が果てた所、すなわち「王果て」に由来するともいわれている。 だが、平方原の戦い( 1355)ののち信濃に移り、弘和年中( 1381〜 84)大河原(長野県下伊那郡大鹿村)で病死した、と推定されている。 』と説明している。 その他、五泉市と加茂市で南朝軍が壊滅した際、王は山伏に導かれ白山の峰から奈良県の高野山に落ち延びた。 ・・等々各地で諸説がある。 「 古城址狂」思うに、『 王果て』とは、『越後南朝軍の敗北によって、後醍醐天皇の目指した、再び天皇中心による国政の回復の夢が潰えたと言う事を指しているのではないか?』。 又、「 團三郎」氏は、『宗良親王が崩御されたと言う噂を流す事よって、親王が吉野へ逃れる時間を稼がれた軍略ではなかったか?』とも推察している。 「 小山城塞群・小山要害」を調査しながら、『この遺構群は南北朝時代の要害跡に間違い無いことは確信できるが、何故誰もこれ等の遺構群に気が付かなかったのか?』と不思議でならない。 県内には多数の『郷土史研究家』と呼ばれる方々は多い。 しかし文献に余り現れないこの時代の遺構群には謎が多く、発表の結果に於ける間違いや、それに伴う名誉や地位の評価に捕らわれる気持ちが大きいのではないか?その点、フリーの趣味人である私の様な者には、失う名誉や地位は無い。 私が何時も思いながらこれ等に挑戦している時に思う事は、『過去に対する歴史感は、個々に対して自分なりに述べても良いのではないか!間違いは後に誰かが訂正してくれれば良い!』と思っている。 この要害の周辺の地域には何度も足を運び、見聞きして来たが、その都度新しい発見がある。 ここ以外にも今まで私が歩いて来た要害群に対して、再登城して私の間違いを彼らに謝らなくてはならない気持ちになっている。 この日は最近の降雪により、 C・ D地区への登城は難しく感じたので、この要害に関係する地域への訪問とした。 2020. 11 探訪!.

次の

洪水ハザードマップ

長岡 市 浄土 川

台風19号による被害では、信濃川や阿賀野川などの大きな川に加え、住宅地などを流れる中小河川が氾濫し、家屋が浸水する被害もあった。 中小河川には自治体が避難情報などを出す際の目安となる水位計が設置されていない場合があり、どう監視するかが課題になっている。 【井口彩、若狭毅】 県、147カ所に設置へ 110棟以上が床上・床下浸水した長岡市今井地区では、近くを流れる信濃川水系の浄土川が氾濫した。 住民や市によると、今井町自主防災会長のもとに、住民から冠水の連絡があったのは13日午前3時半ごろ。 すぐに市に連絡し、市が仮設ポンプを使って排水作業をした。 その後に増水が一気に進み、同日9時半以降に氾濫したという。 だが、防災担当の別の市職員が氾濫を知ったのは、住民から通報があった同日午後1時ごろと遅れた。 普段の浄土川は、住宅の中を流れる用水路のような小さな川だ。 今井地区でより大きい太田川に流れ込み、太田川が信濃川に合流する。 しかし台風19号の大雨で信濃川が一気に増水し、正午ごろには過去最大水位の23・87メートルに達した。 このため、信濃川から太田川、浄土川と水が逆流する「バックウオーター現象」が起こり、一帯の冠水につながったとみられるという。 市によると、浄土川は氾濫してもただちに人命に危険が及ぶ可能性は低く、単独の氾濫で避難情報を出す決まりにはなっていない。 長岡市の金子淳一危機管理監は「浄土川は水位を見て危険を判断するような河川という考えはなかった」という。 今後は「浄土川については警戒、パトロールを強化するという態勢で臨みたい」と話した。 今井2に住む男性(78)は「浄土川があふれる心配はずいぶん前からある。 排水ポンプを設置してほしいという要望を20年くらい前からしているが、なかなか進まない」と話す。 県によると、現在県内の100河川に設置されている水位計は、データを送信するための小屋やアンテナなどを併せて建てる必要があり、一つあたり約2500万円と高額だ。 しかし、2016年の台風10号で岩手県岩泉町の小本川が氾濫し高齢者施設で入所者9人が亡くなるなど、中小河川の被害が相次いだ。 そこで国は、洪水時の水位観測に機能を特化した約100万円の「危機管理型」水位計を導入した。 新潟県も来年の出水期までに147の中小河川に新たに水位計を設置するとしている。 すぐそばに住宅が広がる浄土川もこの対象で、同時期までに2カ所に水位計が設置される予定だが、今回の台風には間に合わなかったという。 県河川管理課の担当者は「整備途上で川が氾濫したことは残念。 今回の台風後の影響や県民からの要望も踏まえ、今後必要な措置をとりたい」と話した。

次の

中越地方の浸水想定区域図(1級水系)

長岡 市 浄土 川

長岡まつりの正三尺玉花火 長岡地方中核都市圏を形成する、中越地方およびの中心都市である。 都市圏人口としては全国39位に位置する。 元来の長岡市は内陸の都市であったが、を経て、に面する都市となっている。 かつてのやの大部分を占める他、・・の一部にも跨る市域を持つ。 にはのとして栄えた。 と()の二度にわたって市の中心部は壊滅的被害を受けるが、共に不撓不屈の精神により復興を遂げ、現在に至る。 それに因み、市の紋章は不死鳥をイメージして、「長」の文字を図案化したものになっている。 の花であるは、後期に現在の長岡市で栽培が試みられ、その後商業生産が本格化した。 現在、新潟県はチューリップ切花の生産量が全国1位となっている。 長岡市には があり、ゴールデンウィークにはおよそ130品種16万球のチューリップが満開になり「チューリップまつり」が開催される。 またの街でもあり、は、「大曲」・「土浦」の花火とともにに数えられている。 毎年8月1日から3日に(うち大花火大会は2、3日)が開かれ、市の中心を流れるの中州から、正三尺玉花火を含めた数々の花火が打ち上がる。 (17年)の長岡まつりでは、市民などからの協賛金を募って、からの復興祈願花火「フェニックス」を打ち上げ喝采を浴びた。 この「フェニックス」は、同年10月23日の中越地震からの「復興の集い」や年末年始のカウントダウンイベントでも打ち上げられ、長岡を象徴する花火になった。 この花火は、翌年以降の長岡まつりでも継続して打ち上げられている。 地理 [ ] の棚田 でから約80分、で東京から約3時間の位置にあり、特に経済面においてとの結びつきが強い。 南北に大河が縦断し、川の両岸に市街地が発展している。 元来の長岡市は前述のとおり内陸の都市であったが、以降、に面する自治体となっている。 :・・・・• :・・・・・太田川・・黒川• 0 59 18. 9 66 23. 3 73. 9 30. 4 86. 7 32. 8 91 34. 3 93. 7 38. 3 100. 9 39. 3 102. 7 38. 3 100. 9 35. 3 95. 5 26. 5 79. 7 19. 9 67. 8 39. 3 102. 3 39. 7 4. 7 40. 5 8. 7 47. 7 16. 4 61. 5 21. 6 70. 9 25. 3 77. 5 28. 6 83. 5 30. 8 87. 4 26. 2 79. 2 20. 1 68. 2 13. 7 56. 7 7. 7 45. 9 17. 3 63. 3 34. 3 1. 4 34. 5 4. 3 39. 7 10. 8 51. 4 16. 3 61. 3 20. 5 68. 9 24. 2 75. 6 26. 0 78. 8 21. 5 70. 7 15. 3 59. 5 9. 3 48. 7 4. 2 39. 6 12. 9 55. 2 29. 4 29. 5 0. 7 33. 3 5. 8 42. 4 11. 6 52. 9 16. 6 61. 9 20. 7 69. 3 22. 1 71. 8 17. 9 64. 2 11. 4 52. 5 5. 6 42. 1 1. 3 34. 3 9. 3 48. 7 14. 8 10. 3 20. 8 27 2. 9 37. 2 9. 0 48. 2 13. 0 55. 4 14. 1 57. 4 8. 1 46. 6 2. 5 36. 9 28. 4 16. 8 10. 8 mm inch 299. 7 11. 799 168. 8 6. 646 144. 4 5. 685 96. 8 3. 811 109. 0 4. 291 132. 2 5. 205 225. 5 8. 878 148. 4 5. 843 173. 8 6. 843 194. 5 7. 657 291. 7 11. 484 340. 1 13. 39 2,324. 8 91. 528 cm inch 236 92. 9 189 74. 4 80 31. 5 4 1. 6 - - - - - - 2 0. 8 89 35 595 234. 3 平均月間 47. 3 65. 8 109 166. 2 184. 7 144. 7 143. 7 192. 4 131. 3 129. 7 89. 2 57. 7 1,461. 7 出典 1: 出典 2: 上空から撮影した冬の長岡市(手前は長岡市中心部、奥は) 世界的に見ても珍しい程のであり、(56年)1月21日の212 cmなど過去に記録的な豪雪を何度も経験している。 近年は暖冬化により積雪は減少しており、2 mを超える積雪は(昭和61年)2月9日に記録された206 cmが最後であるが、(平成24年)2月10日には久々に170 cmの豪雪を記録した。 市街には(がんぎ)が整備されているほか、市では「無雪都市」を宣言し、前のには、雁木を改造した大規模なが設置されている。 また、道路には地下水源を利用したが設置され、国道・県道・市道や公共施設の敷地内に至るまで広い範囲で散水消雪を行っている。 なお、寺泊地域や和島地域は、部または海岸に近いため比較的が少ない。 地理的に、大部分が盆地で占められており、冬は寒く、夏は暑い傾向がある。 流域には遮蔽物が少なく、夏ごろは突風が吹くことがある。 市長:(2016年10月16日、1期目) 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 河島良温 1908年 1919年 1929年 松田耕平 1944年 1945年 松田弘俊 1947年 1951年 内山由蔵 1955年 1959年 上村清五郎 1962年 1966年 11月25日 1970年11月26日 11月25日 1974年11月26日 11月25日 1978年11月26日 11月25日 1982年11月26日 辞職 1984年 1988年 6月9日 1992年6月10日 6月9日 1996年6月10日 健康上の理由により辞職 1999年 2003年 2007年11月20日 2007年11月21日 2011年11月20日 2011年11月21日 2015年11月20日 2015年11月21日 2016年9月6日 出馬のため辞職 2016年10月16日 現職• シティホールプラザ 本庁舎• 大手通庁舎(5F - 8F)• 市民センター庁舎• 幸町庁舎• 環境衛生センター• 小国支所• 越路支所• 寺泊支所• 栃尾支所• 中之島支所• 三島支所• 山古志支所• 与板支所• 和島支所• 同様に旧長岡市域も「長岡地域」と呼称しているが、特に右岸側は「川東地域」、左岸側は「川西地域」と称している。 (平成19年)にに移行し、国や県からの権限移譲が行われた(2015年(平成27年)に施工時特例市となる)。 更に今後、周辺市町村との合併によってへの移行をも視野に入れている。 消防 [ ]• 消防団• 長岡市消防団• 長岡中央方面隊• 長岡南部方面隊• 長岡北部方面隊• 長岡川西方面隊• 長岡西部方面隊• 越路方面隊• 山古志方面隊• 小国方面隊• 中之島方面隊• 三島方面隊• 和島方面隊• 寺泊方面隊• 与板方面隊• 栃尾方面隊• 川口方面隊 議会 [ ] 市議会 [ ]• 定数 - 34人• 任期 - (元年)から(令和5年)まで• 議長 - 丸山広司(2019年(令和元年)5月21日就任) 会派構成(2019年5月23日現在) 会派名 議員数 市民クラブ 16 長岡令和クラブ 4 民成クラブ 3 長岡市 3 長岡市議会議員団 2 6 新潟県議会(長岡市・三島郡選挙区) [ ] 詳細は「」を参照• 定数:6名• 任期:2019年(平成31年)4月30日 - 2023年(令和4年)4月29日 議員名 会派名 備考 柄沢正三 安沢峰子 高見美加 自由民主党 長部登 未来にいがた 党籍は 星野伊佐夫 自由民主党 遠藤玲子 衆議院 [ ]• 選挙区:• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和2年)10月21日 議員名 党派名 当選回数 備考 自由民主党 1 選挙区 姉妹都市・友好都市 [ ] 日本国内 [ ] 国内姉妹友好都市• () - 1972年(47年)5月11日、旧栃尾市と締結• () - 1986年(昭和61年)11月15日、旧寺泊町と締結• () - 1989年(平成元年)9月、旧小国町と締結 災害時相互応援協定都市• 長岡市・高岡市災害時相互応援協定:()と(平成8年)締結、(平成18年)改訂• 長岡地域災害時相互応援協定:、、、の4市町と1996年(平成8年)締結(川口地域の編入合併後は3市町との協定)• 長岡市・会津若松市災害時相互応援協定:()と1996年(平成8年)締結• 災害時における近隣市町村相互援助協定:ほか11市町村と(平成17年)締結、2006年改訂• 災害時広域相互応援に関する協定書:()と(平成19年)締結• 特例市災害時相互応援に関する協定書:国内すべてのと2007年締結 ほか多数 海外 [ ] 2005年以降の編入10地域が海外の市町村と締結していた姉妹友好都市との関係は、編入合併後も長岡市が継承して交流事業が継続されている。 姉妹都市• 市( ) - 姉妹都市締結• 市() - 友好都市締結、2006年4月1日姉妹都市締結• ロマンモティエ町() - 、旧小国町と姉妹都市を締結し、編入合併後に締結関係を継承• 西タイアラプ連合村() - 、旧和島村と姉妹都市を締結し、編入合併後に締結関係を継承• 市(アメリカ合衆国 ) - 姉妹都市締結 友好都市• 市(ドイツ連邦共和国) - 友好都市締結 沿革 [ ] 長岡市千秋に建つ「米百俵の群像」• 2年() がのに国漢学校を開校。 明治2年(1869年) し、藩主のが長岡藩になる。 明治3年()5月 長岡藩に支藩のから100俵の救援米()が送られる。 明治3年(1870年) 三根山藩から送られた米を売却して得た資金などをもとに、国漢学校を昌福寺から坂ノ上町(当時の表記)に移設。 洋学局と医学局を新設。 明治3年(1870年) に1年先立ち牧野忠毅が藩知事を辞任。 長岡藩は廃藩となり、に編入される。 明治4年()5月 長岡藩の廃藩により国漢学校が柏崎県に移管され、分黌長岡小学校となる。 明治5年() 坂ノ上町(当時の表記)に長岡洋学校(現:)開校。 (明治6年)6月 坂ノ上町に長岡会社病院(の前身)が開院。 1873年 柏崎県が廃止され、新潟県に合併。 (明治9年) 最初の有料橋として木製のが完成。 (明治11年) 、らによってが設立される。 (明治12年) 士族や有志により跡が整地され、城跡公園となる。 1879年 により、の領域は新潟県古志郡の管轄となり、長岡町の国漢学校跡に古志が置かれた。 初代は三島億二郎。 (明治17年) 初期の司令長官となるが、現在記念公園となっている長岡市内の生家で産まれる。 (明治21年)4月 小坂松五郎が北越石油会社を設立。 東山油田の開発が始まる。 これによって新潟は秋田と並び・の国内参出地となる。 (明治24年) の所有が県に移り、無賃橋となる。 (明治25年) 松田周平、小坂松五郎、殖栗順平、が長岡鉄管会社を設立。 は、現在「ENEOS」ブランドを展開している株式会社となる前身会社も興した人物で「日本における石油の父」と呼ばれている。 (明治26年) 山田又七、殖栗順平らがを設立。 (明治27年)長岡鉄管会社により、東山油田(浦瀬)と中島の精油所を結ぶ送油用パイプライン完成。 (明治31年) (現:)が延伸し、長岡停車場()開業。 (明治32年)10月 反町新作商店(現:)が創業。 (明治36年) 長岡町大字新町(現新町1丁目)に古志郡立長岡高等女学校(現:)開校。 1906年12月 内にを設置、長岡市内に開通。 (明治40年) 田村文四郎、覚張治平らがを原料としたの生産を目的として北越製紙(現:)を設立。 (明治41年)4月 古志郡大字宮内に古志郡立上組農学校(現:)開校。 (明治42年)4月1日 中蒲原郡村松町から長岡市東千手町(現:南町)に新潟県立工業学校(現:)が移設。 (明治43年)4月 長岡市立長岡商業学校(現:)開校。 大正期 [ ] で発掘された• (2年) が発生、マグニチュード5. 負傷者2人、家屋半壊23戸。 (昭和6年) が開業。 1931年 全線開通を記念して、上越線全通記念博覧会が開催される。 1931年 ( - )が全通。 (昭和9年)2月 工業の強化を目的とした「長岡市工業5ヵ年計画」をまとめる。 (昭和11年) でが発掘される。 (昭和12年) 、長岡聾唖学校を訪問。 1937年 三代目の(鉄橋)が完成。 (昭和20年) により市中心部被災。 では甲信越地方で最大規模。 昭和・戦後期 [ ]• (昭和21年) 日本機械製作所内の精密機械部が独立し、となる。 1951年 にが開館。 (昭和28年) が放送開始。 1954年 ラジオ新潟(現:BSN)長岡放送局開局。 (昭和30年) 長岡駅に地下道が完成、開通式が行なわれる。 (昭和33年) 表町に「まいまいひめの像」完成。 1958年 玉蔵院町(現:坂之上町3丁目)に山本記念公園開園。 1958年 大手通1丁目に竣工。 (昭和34年) 浦鉄橋を改修した有料道路(片田町 - 来迎寺間)が開通。 (昭和35年)長岡工場(現:長岡市営陸上競技場周辺)が操業開始(撤退)。 三六豪雪時の長岡市の様子(1961年)• 1960年12月( - 1月) 三六豪雪で交通機関が麻痺、新潟県はに救援を要請。 (昭和36年) が発生、マグニチュード5. 被害は死者5人、負傷者30人、家屋全壊220戸。 1961年 国立長岡工業短期大学(現:)開校。 (昭和37年) 悠久山に県営長岡水泳競技場(後の長岡市悠久山プール屋外水泳場)完成。 (昭和38年) 記録的豪雪(、三八豪雪)。 (昭和42年) 越路橋有料道路が一般県道区間として無料開放される。 1967年 竣工。 (昭和43年) 悠久山に開館。 1968年 開局。 まで長岡に演奏所(長岡放送センター)が置かれる。 (昭和44年) 浪花屋製菓の創業者今井與三郎から譲渡されたの特許を長岡市が公開。 (昭和45年) 長岡セントラルパークが完成。 1970年 開通。 (昭和46年) 市外局番が02582から0258に変更される。 (昭和47年) にを設置。 (昭和48年) 幸町2丁目にオープン。 1973年 オープン。 (昭和50年) 旅客営業廃止(貨物輸送は廃止)。 1975年 「之碑」除幕式が行われる。 (昭和51年) 緑町1丁目に長岡市営陸上競技場オープン。 1976年 開学。 (昭和52年) 幸町2丁目に新市庁舎竣工。 (現:さいわいプラザ)• 1977年 新市庁舎で業務開始。 (昭和53年) 新潟県陸運事務所長岡支所(現:・長岡自動車検査登録事務所)が設置され、長岡が誕生。 1978年 6・26梅雨前線豪雨で災害発生。 1978年 河川敷地域を「千秋が原」と命名。 1978年 、 - 間が開通。 翌日より運行開始。 (昭和55年) 学校町にあったがへ移転。 1980年 新駅オープン。 1980年 西津町に長岡市営希望が丘プールオープン。 (昭和56年)6月 (現:)による「建設構想」の一環で、長岡市が建設調査地点に選定。 (昭和57年)10月 が暫定2車線で全線開通。 1982年 長岡駅に開通。 (昭和58年)3月 県と長岡市の出資による「長岡テクノポリス開発機構」が発足。 1983年 が開校する。 (昭和59年)3月 「長岡テクノポリス計画」が、国の承認を受ける。 (昭和60年) 開通。 (昭和61年) 厚生会館脇広場にて「第1回ながおか100だるま大会」開催。 1986年 が暫定2車線で開通。 (昭和62年) 学校町の工学部跡地に長岡市立中央図書館が開館。 (昭和63年)5月 長岡テクノポリス計画の事業圏域が長岡市周辺の15市町村に拡大され「信濃川テクノポリス計画」に改称。 平成期 [ ]• 1989年 4車線化完成。 (平成3年) 寺島町にの群像が完成する。 なお、この群像のモデルになった群像は阪之上小学校にて展示されている。 市の魚に制定された• 2004年 午後5時56分頃、(新潟県による呼称は「新潟県中越大震災」)が発生、当時の長岡市で震度6弱、小国地域(当時)では震度6強を記録。 南部を中心に被災。 (平成17年) 北陸地方で19年ぶりの記録的豪雪。 2005年 新潟県中越大震災 復興祈願花火「」誕生。 2006年 市制施行100周年。 2代目市歌「笑顔いきいき」を制定。 2006年 長町1丁目に記念館が開館。 (平成19年) 長岡市はに移行する。 2007年 午前10時13分頃、が発生。 小国地域で震度6強を記録。 西部を中心に被災。 (平成24年) 市役所本庁舎を幸町2丁目から、大手通1丁目の へ移転し、旧市役所本庁舎を市役所幸町庁舎に転用する。 (平成25年) とが開通。 (平成26年) 中越大震災からの復興の象徴としてと同時にを市の魚に制定。 行政区域の変遷 [ ] における平成の大合併。 各旧市町村の記事へはクリックによりリンク可能。 (明治22年)の施行により、が51町村、が43町村となる。 (明治34年) ・長岡町・・・・の6町村が合併し、新しい 長岡町となる。 (明治39年) 長岡町が施行により 長岡市となる。 (昭和23年)4月1日 三島郡の一部(大字大島)を編入。 1948年7月1日 の一部(大字長倉・鉢伏・大町・高畑・柿)を編入。 (昭和25年) 古志郡を編入。 (昭和26年) 古志郡を編入。 (昭和29年) 古志郡を編入。 1954年 古志郡(旧:上組村)を編入。 1954年 三島郡を編入。 1954年 三島郡、、古志郡、、、、、及びの一部を編入。 (昭和31年) 古志郡のうち、旧:の一部(大字蓬平・濁沢)を編入。 (昭和32年) 三島郡を編入。 1960年 三島郡(とが合併した村)、の一部(大字成沢)を編入。 2005年 、三島郡、、古志郡、を編入。 当初は合併と同時に組織改編を行う予定であったが、前年の地震の影響でしばらく事実上の合併前の体制を続けた。 (平成18年) ・三島郡 ・・を編入。 編入時の人口は283,392人。 (平成22年) を編入。 長岡市では唯一の飛び地となった。 経済 [ ] 長岡市のは周辺を中心に形成されており、特に同駅大手口側にはオフィスやホテル、総合スーパーなどが軒を連ねている。 新潟県のほぼ中部に位置し、周辺市町村を含めた商圏人口は約65万人を有し、商圏は新潟市、三条市、柏崎市、十日町市などと一部重複している。 商業 [ ] 長岡市の商業施設は全国的に近年見られる傾向と同様、郊外型商業施設の進出が顕著な半面、のが深刻となっている。 1988年のジャスコ長岡店(現:イオン長岡店)の開店を皮切りに、郊外への店舗の出店が相次ぎ、現在は郊外に展開する大型ショッピングセンターやロードサイド型店舗には、市内や周辺市町村から連日多くの買い物客が訪れる。 一方、大手口周辺の中心地では、(平成22年)に中越地方最後の百貨店であった「」が閉店するなど、かつて地区の核店舗としての役割を担っていた百貨店や総合スーパーなどの大型店などが次々と撤退し、加えて個店舗の閉店も相次ぎ、空洞化が進んでいる。 これは全国各地の地方都市でも同様に見られる傾向でもある。 長岡市では近年、中心市街地の活性化を目的として、郊外にあった市役所の駅前移転や駅前の利便性を高めようと「」などを設置したほか、大手通りに地下駐車場の建設、市営駐車場の設置のほか、市街地再開発など様々な施策を現在も進めている。 商業施設の変遷 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年5月)• 1958年 デパート長岡店が開業する。 屋上には遊園地があるなど市内外から多くの人が訪れた。 1960年 大手通にが開店。 1980年 長岡駅に「セゾン・ド・ナガオカ」(現:長岡)オープン。 1988年 長岡市初の郊外型店舗、ジャスコ長岡店(現:イオン長岡店)が開業。 1988年 越後交通の駅跡地にダイエー長岡店が完成し開業。 1988年 城内町2丁目に城内地区ビル()が完成し開業。 (平成元年) 長岡駅大手口と東口を結ぶ地下通路にて営業していた地下街が営業を終了。 (現在この地下通路は地下自転車駐輪場の連絡通路となっている)• 2007年 ショッピングモール、がオープンする。 2007年11月23日 シネマコンプレックスT-JOY長岡がオープンする。 金融機関 [ ]• にいがた南蒲農業協同組合• 北魚沼農業協同組合• この他、、、、が市内にATMを設置している。 物流 [ ] ・といった出版物は、(中央での)発売日より1日遅れて店頭に並ぶ物が多いが、物によっては発売日あるいは発売日前日に店頭に並ぶ物もある。 音楽は通常、発売日前日には店頭に並ぶ。 企業 [ ] 明治20年頃の採掘にともない、機械産業が発達し、現在も精密機械や工作機械を生産しているが多い。 鉄道と河川を備え、古くから交通の要衝であったことから卸売業などの商業活動も栄えている。 また、の生産などを主とする食品製造業も盛んである。 ・に隣接する「」や・に隣接する「長岡北スマート流通産業団地」をはじめ、市内にはが多数存在する。 長岡店• 長岡市に本店、本社を置く主な企業• (スーパーマーケット「原信」「ナルス」「」の持株会社)• (スーパーマーケット)• (計器類の製造)• (米菓などの製造)• (米菓などの製造)• (本舗)• (米菓などの製造)• (清酒の製造)• 第四北越証券• フレンド(販売。 フレンドはの店舗を導入した企業。 (の製造、事業)• (工作機械製造)• (工作機械製造)• (鋼材、鋳鋼製造)• (本店、研究所、工場所在地)• コープビル()• メディック太陽()• (チェーン)• (「森塾」の運営)• 橘工芸(の製造)• ソリマチ(開発)• 長岡市に業務拠点などを置く主な企業• JVCケンウッド長岡(旧:東特長岡)• (創業地、工場所在地)• (工場所在地)• (工場所在地)• (首位、工場所在地、旧:デンセイ・ラムダ)• ユニオンツール(用工具、直線運動軸受のメーカー、工場所在地)• (工作機械製造、工場所在地)• オーエム製作所(工作機械製造、工場所在地)• (鉱場所在地)• (鉱場所在地)• デイリーはやしや(工場所在地)• 長岡火力発電所(ガス火力発電所所在地)• (新潟センター所在地) 鉱業 [ ] 明治時代の の産出量が日本一であり、を中心とした地域には、埋蔵量が日本屈指のがある。 明治20年代から大正期にかけては、東山地区で産出した石油の採取が盛んに行われ、長岡は日本有数のオイルタウンとして知られていた。 長岡の石油産出はの頃()から記録があるが、本格的な生産は(明治15年)頃に出雲崎町で石油掘削が盛んになったことに触発されたのが始まりである。 1889年(明治22年)に北越石油会社()、1893年(明治26年)に株式会社が地元資本で設立され、中小の石油会社も300社以上相次いで創業した。 1908年(明治41年)の宝田石油の納税額は長岡市の市税収入の1割強に上った。 石油産業の隆盛は各方面に波及し、機械工業、電灯・ガス産業、証券業(石油関連企業の設立の際に、株式発行による資金調達が行われたため)の発達につながった。 特産 [ ]• (大口れんこん)• (栃尾あぶらげ)• 教育 [ ] 小学校 [ ] 国立大学法人• 市立 市のランドマークとなっているの「水道タンク」 都市ガス [ ]• (長岡、中之島、越路、三島、栃尾、与板、川口の各地域) 越路、三島、栃尾、与板、川口地域では、市町村合併まで旧各市町による公営事業として行われていた。 これら公営事業は市町村合併の際に長岡市水道局の管轄下としたのち、川口を除く4地域は2009年10月1日付で、川口地域は2014年4月1日付で北陸ガスへ譲渡・継承された。 中之島地域ではガス上下水道局が導管事業を行っていたが、2020年4月1日付で北陸ガスへ譲渡・継承された。 下水道 [ ] 長岡市の汚水処理人口普及率は96. 普及率は都市部等の設備や農村部等の集落排水施設が整備された区域の人口と、の利用者数に基づくもので、新潟県内の全30市町村では14番目と中位に位置する。 また下水道処理人口普及率は89. このうち下水道事業は、市街地の浸水防止と生活衛生の向上を目的として、(明治36年)に整備計画が策定されたのが端緒で、(大正13年)1月、の整備と併せて上下水道の整備に同時着手した。 下水道事業は全国で7番目の整備着手、上下水道の同時整備着手は全国初であった。 事業は第1期が1924年から(昭和2年)にかけ、長岡駅を中心とした川東地域の市街地238 haを対象に、第2期が(昭和35年)から(昭和42年)にかけ、第1期と合わせて計336 haを対象に進められた。 第3期は川西地域も対象として(昭和46年)から整備が開始され、のちに編入市域となる各市町村でも相次いで下水道整備が進められた。 なお合併前の旧市域にあたる長岡地域(川東・川西両地域)の下水道普及率(総人口に対する下水道の利用可能人口の割合)は96. 電線地中化 [ ] 国土交通省と新潟県、県内各市町村では、幹線道路沿線の景観向上やバリアフリー化を目的として地中化(電線共同溝の新設による無電柱化)に取り組んでおり、長岡市内では、国土交通省が国道8号・長岡バイパス沿線の神田、蓮潟などで、県と長岡市が長岡駅周辺など川東地域中心部の他、郊外部ではの一部などで無電柱化事業を実施している。 長岡市内では(平成16年)のと、(平成19年)ので地中化の予定地域が被災し、また既設歩道内への電線地中化が水道管・下水道管といった支障物件の移設に時間がかかるなどしたため、無電柱化率が当初の目標値を一時下回った。 電線類の地中化は、耐震性のある樹脂管等で保護したケーブルを地中の共同溝に埋設するもので、災害時には電柱の倒壊による様々なリスクが回避できる反面、仮に共同溝に被害が及んだ場合には電力・通信などライフラインの復旧が大幅に遅延する可能性がある。 なお中越地震の際、地中化が行われていない地域では電力の復旧に7日から10日間を要した。 バイオマスタウン構想 [ ] 長岡市では(平成22年)に「長岡市バイオマスタウン構想」を策定し 、廃棄物を活用したの利活用に向けた取り組みを進めている。 これに先立って、長岡市と市域内の主な企業は(平成20年)にを設立し、菜の花やエゴマなどの作物を活用した資源循環の実証実験を3箇年にわたって実施した。 またバイオマス構想策定後の(平成23年)春には長岡市環境衛生センターの敷地内において、生ごみを発酵させてバイオガスを採取し、それを動力源として発電などを行うプラント「バイオガス発電センター」の建設事業に着工し、(平成25年)春に竣工、試運転を経て同年から本格稼働を開始した。 この発電センターの試運転開始に合わせ、長岡市では同年4月1日からごみ・資源物の分別方法を9種類に細分化する措置を取り、市民への周知徹底を図っている。 施設 [ ] 図書館 [ ] JR長岡駅 現在は(JR東日本)一社のみが運営しており、をターミナルにと、在来線4路線が走っている。 はの終点であるが、定期旅客列車は全てが信越本線の長岡駅まで乗り入れている。 の新潟方面は日中は概ね60分間隔で運行されている。 また、市内北西部にはが、南部にはが通る。 と接続する特急「」が長岡駅に停車する。 長岡駅は、上越新幹線開業以降、から上越地方や・などの北陸方面へ向かうメインルートの乗換駅であり、「」や「」など多数の特急列車が停車していた。 その後やの開業でその機能の多くはそれらに移転した。 かつては、が運営するがからに伸びていた。 更にが運営する、が長岡駅およびを中心に運行していたが、双方とも既にとなっている。 他にもの開発事業開始当初は長岡駅など市内中心部とを結ぶの建設構想もあったが、同ニュータウンの開発停滞などもあって実現には至らなかった。 鉄道路線 [ ]• (JR東日本)• 長岡駅• - - - - - 長岡駅 - - 宮内駅-長岡駅間に(JR貨物)の()がある。 - () - - 宮内駅• - - -• 越後川口駅 過去に存在した鉄道路線 [ ]• バス [ ] 中央循環バス「くるりん」 路線バス [ ] 長岡市の路線バスは現在、主にとその子会社のが運行している。 越後交通は(昭和35年)、中越地方の私鉄・バス3社が合併して発足したもので、市域内の一般乗合バス及び廃止代替バスの運行業務のほぼ全てを担っている。 長岡駅の大手口・東口双方に設けられたを中心に、市内各地や近郊各市町村とを結ぶ路線網が発達している。 高速バス [ ]• 関東方面• (・・) 高速道路上の(以下「BS」と表記)、にのみ停車する便と、市街地経由で東口と五百刈(入口)に停車する便がある。 (西武バス、、越後交通) に停車。 東京・川崎・千葉 - 長岡・新潟線 ()• 関東 - 新潟線(アミー号) (ウエスト観光バス)• 東京・横浜 - 長岡・燕三条・新潟線 ()()• 東京 - 長岡・燕三条・新潟線 ()• 東京・ - 新潟・新発田線 ()• 東京 - 新潟・新津線(〃)• 東京 - 新潟・月岡温泉線(〃)• 近畿方面• (越後交通、 ・ サザンクロス号)• 大阪・京都 - 新潟線 (WILLER TRAVEL)• 信越・名古屋・北陸方面• (、新潟交通)• (、新潟交通)• 名古屋 - 新潟線(アミー号) (サンライズカンパニー)• (、新潟交通)• (、新潟交通)• (越後交通、新潟交通) 長岡駅前(大手口)と前(万代口)を結ぶ。 日中は30分 - 60分間隔で運行されている。 経由、経由、経由の3系統がある。 長岡 - 線(アイケー・アライアンス)• - 新潟線 ()• (越後交通)• (越後交通・新潟交通・頸城自動車) 上記3路線は上の長岡北BS、や上の越路BS、などにのみ停車する。 県内高速バス路線図 道路 [ ] 高速道路 [ ] は、との2路線が接続する要衝である。 市域内の高速道路は全区間片側2車線。 - 37 - - 37-1 - 38• 19 ・ - (小千谷市) - 20-1 ・ - 21 - 37 長岡JCT 一般国道・県道 [ ] 長岡市はとの接点であるため、一般道の要衝でもある。 市内を11路線が経由している。 市内各地で網が整備されており、中心部では市街地を南北に縦貫する、東西に横断するがある。 いずれも一部連続立体交差方式。 沿岸部のは、新潟市とを結ぶ、国道8号の的路線である。 は 大手通り交差点にある。 このように長岡市は、幹線道路をはじめとする広域道路交通の面においては充実しているものの、生活道路交通の面においては必ずしも充分に整備されているとは言えない。 信濃川によって市域の東西が分断されている地理条件から、各橋梁部では交通渋滞が慢性化しており、これらは長岡市の拠点性向上を図る上で大きな課題となっている。 また自転車歩行者道の整備の立ち遅れや、狭隘道路の点在など、降雪地という立地条件上の交通安全や生活安全に関わる問題も数多く残存している。 県と長岡市では市域の信濃川橋梁と幹線道路をはしごに見立てた「ラダー型広域道路網」の整備強化を進めている他、生活道路の通行環境改善などに取り組んでいる。 なお、長岡市における国道・県道・市道を合わせた は62. 一般国道• - 、• - 越後七浦シーサイドライン• (大手通り)• 新潟県道71号小千谷川口大和線• 一般県道• 新潟県道445号法末真人線• 新潟県道520号法坂柿木線• 新潟県道550号東谷塚野山線• (弥彦山スカイライン)• 新潟県道572号諏訪井太郎丸線• その他の長岡市内の道路• (長岡市道西幹線81号・信濃川流域広域幹線道路、都市計画道路西津町古正寺線) に架かる主な ライトアップされた長生橋• 道の駅 [ ]• タクシー [ ]• 旭タクシー• カンコータクシー• 相互タクシー• 与板タクシー• 第一タクシー• 中越交通• ツバメタクシー• 長岡タクシー• 三越タクシー• 栃尾タクシー• 秋葉タクシー• わくわく長岡(介護・福祉タクシー) 船舶 [ ]• なお、からへ向かう場合、長岡駅 - 両泊航路経由が最短ルートとなっていた。 観光 [ ] 観光地 [ ] 、も参照。 長岡地域• :県指定史跡• の群像• のまち並み• 機那サフラン酒製造本舗• 八方台• 雪国植物園• うまみち森林公園• その他諸地域• (与板地域):県指定史跡• (与板地域):県指定史跡• ():県指定史跡• 脇野町陣屋跡(三島地域)• (与板地域):市指定文化財• (与板地域)• 与板河川緑地たちばな公園(与板地域)• (小国地域)• 大竹邸記念館(中之島地域)• 大杉公園(三島地域)• 顕彰碑(越路地域)• 長谷川邸(越路地域)• (越路地域)• (越路地域)• (和島地域)• にまつわるもの - はちすば通り(和島地域)、隆泉寺の墓碑(和島地域)など• 寺泊 魚の市場通り(寺泊地域)• 山古志闘牛場()• - (栃尾地域) - ()• (寺泊地域)• (寺泊地域)• (山古志地域)• 長岡まつり大花火大会 2015の「尺玉100連発」(動画)• 悠久山桜まつり(4〜5月)• (、、。 1日は前夜祭。 2日目と3日目の夜にはの一つになっているが行われており、復興祈願花火『』で有名である。 まつり(10月)• 長岡市秋まつり(11月)• (国の)• 金峯神社の(新潟県の、7月)• 千蔵院(千手観音寺)の(日本三大星祭りの内のひとつ)• 関原まつり(9月中旬)• 与板十五夜まつり(与板地域、9月中旬)• 西本願寺新潟別院お取越し(与板地域、6月下旬)• (中之島地域、6月上旬)• 寺泊港まつり(寺泊地域、8月)• もちひとまつり(小国地域、8月)• (、3月)• 長岡市品評会(山古志地域、10月)• (6月第1週 )• 越後長岡6大冬まつり(2、3月)• とちお遊雪まつり、スノーフェスティバルin越路、長岡雪しか祭り、えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭、おぐに雪まつり、古志の火まつり• 長岡生姜醤油ラーメン• 洋風カツ丼• レーメン• メディア [ ]• (ケーブルテレビ)• -80. 7 開局当初は 76. 4Mhz だった• 長岡新聞• 長岡市を舞台にした作品 [ ]• (2015年・一部エピソードが長岡市が舞台で、登場人物の三栖立つばさの出身地)• (2018年・第8話) 長岡市出身の著名人 [ ] あ〜お [ ]• (者、元:コンサルタント)• (・)• (・)• (士・幕末期の同藩家老首座。 官軍恭順派・反河井派)• (社長、副会長)• (、創設者)• (元:プロ野球選手・ - 、現在アメリカで店経営)• (プロ野球選手・・旧:)• (元:プロ野球選手・ - 、野球解説者・タレント)• (・旧:)• (ヒップホップ・起業家)• (編集長)• (、)• (医師・旧:)• (・)• (元:・・・) か〜こ [ ]• (・)• (実業家)• (長岡藩士・長岡藩軍事総督、大阪出身の小説家 が執筆した「」の主人公)• (童画家)• (1950年代に活躍した、)• (実業家。 などの創始者)• (実業家。 テキサスに移住し、当地に稲作を広め、石油採掘を行った)• (越佐新聞社社長、・長岡市長)• (グラビアアイドル)• (元:7期メンバー・旧 )• (長岡藩士。 藩のであったが蘭学を学び蘭方医となる。 河井継之助の親友として著名)• (洋画科。 小山良運の惣領)• (者・者・の祖父)• (、および東京聾唖学校校長)• (俳優、、の実父)• (作家)• (長岡藩士・「」)• (長岡藩士・)• (フリーアナウンサー(元:・アナウンサー)。 所属)• (総合格闘家、) さ〜そ [ ]• (児童文学作家)• (連続、研究者)• ()- 生まれはフランス領ベトナム。 (作家)• (実業家)• - プロ(所属)• (者)• (作家)• (士)• (作家) た〜と [ ]• (選手)• (プロ雀士・)• (・・日本銀行初代大阪支店長・アサヒビール創業者・創業者・元:。 旧: 出身)• (陸軍中将) な〜の [ ]• (歌手)• (元 ・山古志村長、旧 )• (国産ビールの技術開拓者・旧 )• (元 選手)• (お笑いタレント)• (元 女優)• (法華宗、日蓮宗の僧。 鎌倉殿中問答で全宗派論破。 (造型師・キャラクターデザイナー・イラストレーター、旧 )• (・)• (長岡藩士・)• (長岡藩士・海軍少将) は〜ほ [ ]• (・・議員)• (・元:)• (政治家)• (歌手)• (明治期の、。 、官選福井県知事)• (、旧:)-『』においては「チャーザー村」と時折発言する。 (大正期の小説家、社員)• (作家) - 生まれは東京都• (アーティスト)• (作曲家)• (長)• (、名誉教授、元顧問)• (選手)• (元:・アナウンサー)• (・漢詩人・随筆家)• (・)-生まれは東京都本郷• (武士、旧:) ま〜も [ ]• (旧 長岡藩主家第15代当主、初代長岡市長、子爵)• (元 、元 都市局長)• (選手)• (、初代駐)• (、)• (講演パフォーマー)• (、旧:(代表作はの『』など)• (俳優、旧:)• (元)• (、旧:)• (、旧:)• (俳優)• (元 ・・消費税導入前後に2度目の)• (NST ) や〜よ [ ]• (「世界史上初」のの発明者)• (SF翻訳家)• (ライター)• (長岡藩士・長岡藩軍事総督)、山本帯刀は通称。 (中静祐介・高橋なんぐ、新潟のお笑い集団所属)• (俳優)• (元:)• (創業者、名誉会長、旧:) ら〜ろ [ ]• 禅師( - 墓が長岡市内隆泉寺にある) わ [ ]• (女優、旧:、プロフィールでは出身地が神奈川県となっているが、旧:で生まれ、幼少期まで過ごした)• (、旧:、『』の登場人物に長岡市内、ならびに新潟県内の地名が使われている)• (、旧:栃尾市)• (長岡藩士・議員)• (俳優) その他 [ ]• 撃退用CDを長岡市が制作、被害の出ていた各地の自治体に配布。 長岡市は新潟県内の自治体の中では最も多くのから構成されている。 の、、、、の一部が市域に含まれている。 以後の郡においては、、、、、、、となり、さらに増える。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 長岡市. 2020年4月14日閲覧。 2020年4月6日. 2020年4月14日閲覧。 2019年6月29日. 2020年4月14日閲覧。 長岡観光ナビ. 2020年4月14日閲覧。 河村和徳「」(『選挙研究』16巻、 2001年) p. 78-88,182, :, 日本選挙学会• (アーカイブ) - Web Archiving Projectの29頁・資料No. [ ]• 、長岡市広報課ブログ、2012年3月3日更新、2012年3月5日閲覧• - 土木学会関東支部新潟会• - 長岡市政策企画課• - 長岡市• - 長岡市• - 長岡市• - WayBack Machineによるアーカイブ• にいがた経済新聞. 2020年4月1日. - 新潟県(2013年7月24日更新)同年9月12日閲覧• - 長岡市 - WARPによるアーカイブ• - 長岡市(2013年7月10日更新) - WARPによるアーカイブ• - 日本経済新聞. 2019年3月27日付. 2019年4月4日閲覧。 - 長岡市. 2019年2月28日閲覧。 参考文献 [ ]• :37-42. ) 関連文献 [ ]• - 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連するメディアがあります。

次の