カロナール 300。 カロナール錠(アセトアノミフェン)の効果と特徴

カロナール錠300|医療用医薬品情報|医療関係者の皆様|あゆみ製薬

カロナール 300

授乳中のママの頭痛でも使用出来るということもあり子供から大人の頭痛まで幅広い方に使用されるカロナール。 また、カローナルのジェネリックとしてアセトアミノフェンや、市販薬としてタイレノールがあります。 今回は頭痛薬としてのカロナール・アセトアミノフェン・タイレノールの使い方のほか、辛い頭痛にどのくらい早く効いて、どのくらい効果が続くのかといったカロナールでの頭痛に対する効果時間などを解説していきます。 頭痛でのカロナールの使い方 処方薬のカロナールの効能効果は頭痛、耳の痛み、腰痛、筋肉痛、打撲、捻挫、月経、分娩後の痛み、がんによる疼痛、歯の痛み、急性上気道炎、小児科領域における解熱・鎮痛となっています。 カロナールは成人用(15歳以上)の錠剤と粉薬(散剤)のほか、子供でも使用出来る子供用のお薬があります。 主成分のアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを飲み、投与間隔は4~6時間以上あけることとなっています。 また、成人が解熱でカロナールを使う場合は、頭痛のときに1回300~500mgを使用します。 カロナールには、錠剤の場合はカロナール200、カロナール300、カロナール500といった種類がありますが、 カロナール200には200mgのアセトアミノフェンが含まれ、カロナール300には300mgの成分、カロナール500には500mgの成分が含まれます。 一方、同じ成分で市販薬にタイレノールというお薬があり、こちらはカロナール300やアセトアミノフェン錠300mgと同等の内容になっており、処方せん無しでドラッグストアやインターネットでも購入できるようになっています。 タイレノールは処方薬のカロナール300と同等の成分内容にはなっていますが、効能効果は以下のようになっています。 頭痛・月経痛 生理痛 ・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛 2. 悪寒・発熱時の解熱 頭痛で市販のタイレノールを使う時は1回1錠を服用します。 また、4時間以上あけていただければ1日3回まで服用が可能です。 成分は同じものの、医師の診断が必要な症状は外されているという形になります。 もし市販薬をお使いになる場合は、お薬を2〜3日飲んでも良くならないようであれば医師への受診をお勧めします。 14歳以下の子どもの頭痛には小児用バファリンなどがオススメ こどもが頭痛になった時に市販薬を使いたい時は小児用のタイプを選択しましょう。 これらは成分量がもともと小児でも使いやすい量に調整されているほか、ドラッグストアだけでなくインターネット上でも購入可能となっています。 小児の場合は大人より1回あたりの量が少なくなっているので、それぞれのお薬の用法用量を守っていただければ小児用の量で飲むことができます。 頭痛でカロナールの鎮痛効果が出るまでの時間及び効果の持続時間について 個人差はありますが、効果発現までは15〜60分程度で、持続時間は2〜6時間程度となっています。 カロナールの成分であるアセトアミノフェンの効果発現時間は臨床試験の結果として37. つまり、個人差はあるものの、15分前後で効き始める人が一定数いて、半数以上の方は30分程度で効果が出てくるということがわかります。 また、効果は2〜6時間ほど持続する(痛みなどが再発するのが2〜6時間後)とされています。 個人差はあるものの、血中の濃度が最高値に達するまでの時間は0. 46時間(約28分)で、血液中の成分が代謝されて半減するまでにかかる時間が2. 36時間(約142分)となっています。 関連記事: カロナールの副作用(アセトアミノフェンの副作用) カロナールの副作用はほとんど報告されていませんが、吐き気や食欲低下などが副作用の発現頻度は不明というくらい低い確率ですが報告はありますので気をつけて下さい。 また同じくほとんど発生しませんが以下のような重大な副作用がまれに起こることが報告されていますので、下記の重大な副作用の初期症状などが見られた場合は、カロナールの服用を中止して速やかに医療機関で医師の診療を受けるようにしましょう。 ショック、アナフィラキシー様症状 全身的な皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識が遠のくなどがあります。 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 高熱、目の充血、目やに、唇がただれる、のどの痛み、皮膚の広範囲に発疹や発赤ができて続いたり悪化します。 喘息発作の誘発• 肝機能障害、黄疸 全身のだるさ、食欲不振、黄疸(おうだん:皮膚や白目の部分が黄色くなる)、尿が褐色になる、発熱、かゆみ、発疹など。 顆粒球減少症 基本的に無症状のためほとんど気付けないですが発熱が起こる場合があります。 間質性肺炎 階段を上ったり、少しの動きで息切れや息苦しさがでる、空咳、発熱などが急に現れたり続いたりするなどします。 腎障害:急性腎不全、間質性腎炎など 発熱、発疹、尿が減る、全身がむくむ、だるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢などがあります。 チアノーゼ 爪や口唇のあたりが青紫色に変色するなどがあります。 血小板減少,血小板機能低下 出血した際に血が止まりづらくなる。 併用注意の薬(飲み合わせがよくない薬)• リチウム製剤(リーマスなど) リチウムと一緒に飲むことによりリチウムの血中濃度が上昇し(薬が効きすぎて),リチウム中毒を呈したとの報告がある。 チアジド系利尿剤(フルイトランなど) チアジド系利尿剤の効き目が弱くなることが報告されている。 アルコール• 多量にお酒を飲んだ人がカロナール(アセトアミノフェン)を飲んだところ肝不全を起こしたとの報告がある。 クマリン系抗凝血剤(ワーファリンなど) クマリン系抗凝血剤の効き目を強くしてしまうことがあるので、減量するなどの調節が必要。 抗生物質、抗菌剤 過度の体温下降を起こす可能性が高くなることから,一緒に飲む場合には体調変化に気をつける。 おわりに 比較的安全性が高く、使用しやすいカロナール・アセトアミノフェン・タイレノールですが、それでもお薬である以上、副作用がないわけではないので、もし違和感があったときは服用を中止して医師に相談することも大切になります。

次の

「ロキソニン」と「カロナール」は何が違うの?解熱鎮痛剤の特徴について解説

カロナール 300

ロキソプロフェンナトリウムはOTC医薬品(市販薬)としても販売されていて「解熱・鎮痛にはロキソニン」と考える方も少なくないかと思います。 しかし何にでもNSAIDsを飲めば良いというわけでもなく、他の解熱鎮痛薬が適している状況もあります。 そもそも、解熱鎮痛薬はどのような種類があるのでしょうか? 大きく分けると、以下の2つになります。 NSAIDsに分類される解熱鎮痛薬• 一般的なNSAIDsには含まれないため、鎮痛薬の使用方法について定めた ガイドライン等においては「NSAIDsやアセトアミノフェンは・・・」と個別に表記されています(薬剤の分類方法などによっては便宜上、アセトアミノフェンがNSAIDsに含まれることもあります)。 それでは次に、これらの違いについて詳しく見ていきましょう。 一般的なNSAIDsと比べると、以下のような特徴があります。 抗炎症作用がほとんどない(一般的なNSAIDsと比べるとかなり少ない)• の時に使っても「」が起こる危険が少ない(日本小児神経学会「」を参照)• 幼い小児でも使用できる(NSAIDsには年齢制限などによって小児へ使用ができない薬剤がある)• 妊娠中でも使用できる(但し、一般的には医師の診断の下で治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合) 一方、共通点としては以下のような特徴があります。 解熱や鎮痛を目的に使用する• シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害し「プロスタグランジン」の産生を抑制する作用がある(但し、COXのタイプによって阻害作用の強弱に差があると言われている)• 胃腸障害がある(但し、アセトアミノフェンは一般的なNSAIDsに比べ、胃腸障害が少ない薬剤とされる)• さらに「」の観点から、大人であろうと子どもであろうとの解熱にNSAIDsは使うべきではないという意見もあります。 ついつい身近に感じる薬を選択しがちかもしれませんが、どのような薬を選べば良いかその適応なども考えながら医師や薬剤師などの専門家とよく相談し、自身の体質・症状などに適した薬剤を使うことが大切です。 【編集部注】 この記事は、「お薬Q&A ~Fizz Drug Information~」のサイト内で公開中の記事をもとに作成しています。

次の

カロナール錠300の効果や副作用|子供の使用や解熱・腰痛・生理痛と授乳中・妊娠中の使用|薬インフォ

カロナール 300

カロナールとは まず、カロナールってどんなお薬なのかご紹介します。 成分は? カロナールの成分は「 アセトアミノフェン」です。 このアセトアミノフェンは、市販の風邪薬にもよく配合されている解熱鎮痛剤です。 「解熱鎮痛作用があるってことは、ロキソニンと同じような薬?」と思ったりしますが、ロキソニンとは、異なる作用機序で熱を下げたり、痛みを抑えると考えられています。 アセトアミノフェンは、とても古くからあるお薬なのですが、どのように作用して解熱鎮痛効果を発揮しているのか、詳細は、未だ明確になっていませんが、脳に作用することで熱を下げたり、痛みを抑えたりすると考えられています。 ヒトの体温は、脳の視床下部にある体温調節中枢がコントロールしています。 また、痛みの認知も脳で行っています。 アセトアミノフェンは、脳の体温調節中枢や痛みの認知に関わる部位に作用して、解熱鎮痛効果を示します。 効能・効果は? カロナールの効能・効果は、大きく以下の3つに分けられます。 (1)一般的な症状• 症候性神経痛• 腰痛症• 筋肉痛• 打撲痛• 捻挫痛• 月経痛• 分娩後痛• がんによる疼痛• 歯科治療後の疼痛• 変形性関節症 (2)急性上気道炎の症状• 鎮痛 *急性上気道炎には、急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含みます。 (3)小児科領域の症状• 鎮痛 *(1)と(2)でも、用法・用量が異なってきますので注意が必要です。 頭痛や生理痛に使う場合は? それでは、本題の「頭痛や生理痛に使う場合と子供に対して使う場合の投与量」についてご紹介します。 カロナールの頭痛や生理痛に対する用法用量は、通常、成人には、アセトアミノフェンとして• 1回 300mg~1,000mg• 4~6時間以上の間をあけて服用• 1日最大量は 4,000mg です。 また、通常、幼児及び小児には、アセトアミノフェンとして• 体重1kgあたり、1回 10~15mg• 4~6時間以上の間をあけて服用• したがって、1回の最大投与量は、アセトアミノフェンとして500mg、1日の最大投与量は、アセトアミノフェンとして1,500mgです。 この量を超えてはいけません。 低出生体重児や、新生児及び生後3ヶ月未満の乳児への安全性は確立していませんでの、使用は、そして、どちらも空腹時の投与は避けることが望ましいとされています。 スポンサードリンク 何錠飲めばいいの? 次にカロナールは、規格が3種類ありますので、「 各錠剤を何錠ずつ飲めばいいか」についてまとめます。 子供の場合の1回量の目安は、カロナールの添付文書記載量に準じています。 カロナール錠200の場合 カロナール錠200は、アセトアミノフェンを1錠中200mg含有する製剤です。 大人の場合• 1回1. 5錠~5錠• 1日最大20錠 子供の場合 体重ごとの目安は、以下の通りです。 体重10kg:1回0. 5錠(半錠)・1日最大3錠• 体重20kg:1回1錠~1. 5錠・1日最大6錠• 体重30kg:1回1. 5錠~2錠・1日最大7. 5錠 カロナール錠300の場合 カロナール錠300は、アセトアミノフェンを1錠中300mg含有する製剤です。 従って、 大人の場合• 1回1錠~3錠• 1日最大13錠 子供の場合• 体重20kg:1回1錠・1日最大4錠• 体重30kg:1回1錠・1日最大5錠 カロナール錠500の場合 カロナール錠500は、アセトアミノフェンを1錠中500mg含有する製剤です。 大人の場合• 1回1錠~2錠• 1日最大8錠 子供の場合 子供の1回限度量が500mgですので、500mg製剤の使用は、1錠未満となりますので、 実用的ではないですね。 まとめ 今回は、カロナール錠の服用錠数についてまとめましたが、カロナールの成分アセトアミノフェンは、比較的副作用が少ないとはいわれていますが、過量投与や高用量の長期投与で重篤な肝障害を起こすことがあります。 カロナールの使用は、必要最小限にとどめるのが良いですね。 医師の指示をしっかり守って、用法用量を守って使用しましょう。 また、カロナール服用中は、市販のアセトアミノフェン配合の風邪薬との併用は、過量投与に繋がる可能性がありますので、注意が必要です。

次の