自転車 ブレーキ 直し 方。 自転車のブレーキの交換方法!正しいやり方と気をつけたい注意点!

【手順】自転車のブレーキワイヤーの交換方法【ママチャリ修理】~おしゃれワイヤー編~

自転車 ブレーキ 直し 方

もくじ• バンドブレーキの音鳴り解消はブレーキ交換しかない バンドブレーキの音鳴りは構造上仕方なく。 これは修理できません。 購入してすぐなのに音がなるから何とかしろという人もいるかもしれませんがどうしようもなく、 何とかするにはブレーキ自体を交換するしか方法がありません。 バンドブレーキからはサーボブレーキというブレーキに交換することができます。 バンドブレーキは外側からバンドを締め付けて制動する構造で、サーボブレーキはドラムの内側からシューを押し付けて止める構造になっています。 ブレーキ交換にはドラム抜きが必要 ブレーキ交換にはブレーキのドラムを取り外すためにドラム抜きという専用工具が必要です。 バンドブレーキとサーボブレーキのドラムには互換性がないため取り換えるためには、必ずこのドラム抜きが必要になります。 ドラム抜きなしでドラムを取り外すのは容易なことではないと思います。 ぼく自身はほかのやり方をした経験がありません 月日がたって固着していたりしたらなおさら他の方法では外れにくいはずですしね。 ドラム抜きを買ってまで自分で交換するかどうか ドラム抜きを購入してブレーキを交換しても今後おそらく出番が来ることはほとんどないでしょう。 安いドラム抜きもありますが、工具として精度の高いものなってくると結構なお値段がします。 また交換する際にはドラム抜き以外にも工具が必要になってきます。 10ミリメガネ、スパナ• 8ミリスパナ• 17ミリ薄型スパナ• 15ミリソケットレンチ• ワイヤーカッター ドラム抜きいがいにも必要な工具はたくさんあるので、自転車にそんなに触ることがない人にとっては自転車屋に持って行って交換してもらったほうがブレーキの調整も一緒にしてくれるので工賃を含めても安いんちゃうかなと思います。 自転車屋に行けば交換は簡単にしてくれる 自転車屋に持っていけばブレーキの交換ぐらいしてくれます。 すこし時間はかかるかもしれませんが、購入した販売店 ホームセンターは無理かも なら問題なくやってくれます。 自転車の後輪を外してブレーキを止めてあるナットを外してブレーキのバンドを取りドラムを外してサーボブレーキに取り換えてタイヤをはめ込みブレーキワイヤを調整するという流れなので、自転車屋さんにとっては特に難しい工程ではないでしょう。 リーズナブルな自転車にはバンドブレーキが搭載されている バンドブレーキは構造が簡単で安価なため値段の安い自転車に取り付けられています。 通学の数年しか乗らない• とにかく安いのがいい• 乗れたら気にしない• 買い物などのちょっと乗るだけとか ママチャリは安くて気軽に乗れるっていうのがポイントでもありますから自転車にとってはなくてはならないブレーキだとも言えます。 でも構造上仕方ないからって音鳴りは絶対に嫌な人はバンドブレーキ以外がついている自転車を買うほうが結局はいいのかもしれません。 最初からローラーブレーキの自転車を購入する ちょっとブレーキ交換から話はずれてしまいますが、結局バンドブレーキからサーボブレーキに交換しないと音鳴りを解消できないなら最初からバンドブレーキの自転車の購入をやめてローラーブレーキが搭載されている自転車を購入するのも一つの手です。 交換費用のことを考えるなら軽快車の中でも一番グレードの高いローラーブレーキは高価ですがブレーキ内部のシューをローラーで押し上げるため雨の日にも強く長期間メンテナンスもいらないので長い目で見ればお得でもあります。 通勤、通学で頻繁に自転車に乗るのでより安心安全を求めるなら選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 まとめ バンドブレーキの音鳴りは構造上どうしてもいつかは鳴ってしまうものです。 どうしても解消したいならブレーキ交換するしか方法はありません。 バンドブレーキからサーボブレーキに交換するためには専用工具が必要ですし、頻繁に使用するものでもないので、自転車屋さんに持って行って交換してもらえばブレーキ調整もやってもらえますの無理に自分でしなくてもいいとぼくは感じます。 また、ローラーブレーキ搭載の自転車はバンドブレーキの自転車に比べて値段は高くなりますが、ブレーキの性能は格段に良くなりますし、これから購入しようかな思っているけどブレーキの音鳴りは絶対にゴメンだという人はローラーブレーキ搭載車を検討してみてはいかがでしょうか? ではまた。

次の

自転車修理のコツ

自転車 ブレーキ 直し 方

安全点検はまずブレーキから メカニックによって整備の考え方は多少異なるのですが、私は自転車で一番大事な機能はブレーキだと考えています。 それは、 人の命に関わる機能だから。 たとえば、タイヤがパンクしても乗り心地が悪くなるだけで、走ることはできます。 ペダルが漕げなくても足で地面を蹴れば自転車は進みます。 けれど、ブレーキが上手く働かないと、止まれずに怪我をしたり、人にぶつかったり傷つけてしまうことになります。 今回は 家でもできるブレーキ点検とメンテナンスの方法をお伝えします。 まずはブレーキの仕組みから!自転車が止まるメカニズム ブレーキのパーツは主に ・ブレーキシュー(車輪に当たるゴムのパーツ) ・アーム(ブレーキシューを固定する金属部分) ・ワイヤー(ブレーキレバーから伸びるチューブと、そこから出ている細いワイヤー) ・ブレーキレバー(ブレーキの時に握るところ) の4つで構成されています。 後ほど、ご自身の自転車をチェックしてくださいね。 「ブレーキレバー」を握ると、「ワイヤー」がひっぱられ、「アーム」が動き、「ブレーキシュー」が車輪に当たり、スピードを落とす。 これがブレーキの仕組みです。 ブレーキのメンテナンスは、この一連の流れをスムーズにすることが重要です。 注意!家で出来ることには限度があります 工具が無くてもできるブレーキ周りのメンテナンスは ・注油 ・破損や故障のチェック ・ブレーキの効き具合の簡単な調整 の3つです。 工具や知識があれば、ブレーキシューやワイヤーの交換など、お店さながらに様々なことができます。 しかし、ブレーキはヘタにいじると逆に事故を招く恐れがあるパーツ。 しっかりしたメンテナンスは自転車屋さんに行く必要があります。 とはいえ、上記3点のメンテナンスだけでも十分効果はあるので、まずはここから始めてくださいね。 それでは具体的なメンテナンスの説明に入ります。 ブレーキまわりのHow to チェック ブレーキレバーと注油の方法 チェックポイントは「握った時の動作」 動作が鈍い場合は、オイルを注してあげます。 オイルは自転車用の物がベストですが、100円均一やホームセンターで手に入る、液状の機械油で大丈夫です。 スプレー式のオイルもありますが、油膜を作るタイプの「グリース」など、あらかじめ自転車に注してある油を溶かす恐れがあるため、使用しないで下さい。 オイルを注すには、まずブレーキレバーを握ります。 レバーを握ったり離したりしながら、その付近を観察すると、可動している箇所や、物と物がこすれている箇所が分かるはずです。 それらの場所すべてにオイルを注し、レバーを何回か握ってあげると動きが良くなるはずです。 それでも動作が鈍い場合は、パーツ自体が壊れている場合があるので、自転車屋さんに持って行きましょう。 注すオイルは数滴でかまいません、注油しすぎると逆に動きが悪くなってしまう場合もあるためです。 ワイヤー ブレーキレバーから、ブレーキ本体に伸びているチューブがブレーキワイヤーです。 チューブから出ている銀色のワイヤーが見えますか?これは「インナーワイヤー」と呼ばれ、ブレーキレバーと本体を結んでいます。 チューブはインナーワイヤーを保護する役割を持ち「アウターワイヤー」と呼ばれています。 アウターワイヤーは表面の樹脂が剥がれていると、内部に水がしみこみ、サビが生じて動きが悪くなります。 これもブレーキの効きが悪くなる原因なので、アウターが破損している場合は自転車屋さんで交換してもらいましょう。 次にインナーワイヤーがむき出しになっている箇所をチェック。 ワイヤーが切れかけていたり、錆びていないか確認しましょう。 ダメージにより弱くなったワイヤーは、力がかかると切れてしまうことがありますので、もしそのような状態になっていたら、これも自転車屋さんに相談してください。 アーム アームは、曲がっていないかどうか、動作が鈍くないかをチェックしてください。 確認の方法は、Webサイトなどで、新品のアームの形状を調べ、実物と写真を比べるのが一番分かりやすいです。 変な方向に曲がっていたら、交換してください。 レバーを握って、アームの動きの良し悪しもチェックします。 動きが少し鈍いなと思ったら、可動部分に注油をして、数回動かし様子を見ます。 アームの動きが悪いと、止まるのに十分な力が得られないため、ブレーキが効きが悪くなる原因になります。 ブレーキシュー ブレーキシューは ・表面に油はついていないか? ・表面に、金属や砂粒などがついていないか? ・すり減って表面の溝が無くなっていないか? の3点をチェックしてください。 ブレーキシュー表面に油分がついていると、油で滑って止まれません。 同様に、車輪のブレーキシューが当たる面にも油が付かないようにしてください。 もし付いてしまった場合は、水で薄めた中性洗剤を布に少量しみこませ、表面を拭き取ります。 車輪に当たる面に金属片や砂粒がついていないかもチェックしてください。 砂粒や金属片がついていると、車輪表面を削ってしまう場合があります。 見つけたときは、取り去ってあげましょう。 異物がシューに食い込んでいる場合は、カッターを使うと、取りやすいのでおすすめです。 次にすり減りのチェック。 ブレーキシューには表面に溝が刻まれていますが、溝が無くなったら交換の時期です。 すり減ったシューを使い続けると、シュー内部の金属部が露出し、車輪に当たって損傷の原因になります。 ネジの場所はレバーとワイヤーを繋ぐ箇所にあります。 文章だけでは分かりづらいので、この項目は、できればお手持ちの自転車の前で読んでくださいね。 ネジはワイヤー側の部分と、レバー側の部分の二重構造になってます。 ワイヤー側のネジはブレーキの調節用、レバー側のネジは調節したネジが動かないよう固定するためのものです。 調整の時は、まずレバー側の固定用のネジをゆるめ、その後、ワイヤー側の調節用ネジを手で回します。 調節ネジをブレーキワイヤー側に「緩める」とブレーキの効きが「強く」なり、レバー側に「締める」とブレーキの効きが「弱く」なると覚えてください。 調節し終わった後は、車輪とシューが接触していないか確認してください。 車輪とシューの間隔はだいたい2mm程度が良いとされています。 もし車輪とシューが接触している場合は、ネジを回し、シューの位置を調節してください。 最後に、調節用ネジが動かないように手で押さえながら、固定用ネジをしっかり締めて、終了です。 メンテナンスは自転車との「対話」 今回、点検の方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか? 事故を防ぐ一番の方法は自転車の変化に気づくこと。 日々メンテナンスを行うようになると、おかしな音がする、新車の時と乗り心地が違う、など様々な異変に気づくはずです。 異変に気づき、修理などのケアをしてあげることで、自転車は正常に動いてくれます。 しっかりとした修理は自転車屋さんに任せる必要がありますが、まずは日々の簡単なメンテナンスを通して、自転車と対話するクセをつけていきましょう。 日常的に対話を重ね、しっかりケアされた自転車はあなたを事故から守ってくれるはずです。

次の

自転車のブレーキがキーキーうるさい時の対処法。ブレーキ音を抑えよう

自転車 ブレーキ 直し 方

普段、特に気にならないブレーキ音ですが、ライトを付けた途端うるさくなったり、雨で濡れた自転車を漕いだ時にキーキー音がするようになったという事も少なくありません。 これらは、チェーンが汚れていたり、劣化が原因である事も多いものです。 また、自転車専用のスプレーを使う事でキーキー音が改善する事も期待できます。 直し方を知っておけば修理代の節約にもなりますので、原因箇所にもよりますが、後に紹介する直し方を参考に、ぜひ自分で修理できる事は試してみて下さい。 ブレーキを掛けた途端、かなり大きな音が鳴っているのを聞いた事がある人も多いと思います。 自転車のブレーキというのは、前輪、後輪両方に備わっています。 この場合、早めのメンテナンスで改善する可能性も高いと言えます。 自転車のキーキー音を改善する為に、チェーンに油をさす事も多いと思いますが、むやみに注油するのは、逆効果になる事もあるので注意しましょう。 ここに、自転車専用オイルを購入する際に参考になる100均でも変える万能オイルを紹介している記事があるので、参考にしてみて下さい。 前輪のブレーキに汚れが付いている場合には、それがブレーキの異音の原因となっている可能性もあるので、綺麗に取り除く事で改善する可能性もあります。 しかし、ここの汚れは手強い事が多いので、クレンザーや台所洗剤を活用しましょう。 しかし、ここで注意が必要なのが、油分の入った洗剤を使うのは避けるという事です。 油分を含んだ洗剤をブレーキの洗浄に使用してしまうとブレーキが滑りやすくなってしまい、いざという時にブレーキが効かないというトラブルに繋がってしまう懸念があるからです。 また、ブレーキの汚れを落としても改善しない事もあります。 その場合には、ブレーキシューを取り除きましょう。 ブレーキシューを取り外すと、そこに付着した汚れを取り除く事により、音が改善する可能性も高まります。 ブレーキシューを削る事で、表面が摩擦でツルツルになっていたものが凸凹になるので、これにより改善できるかもしれません。 後輪のブレーキは、前輪のものとは全く違うものです。 後輪のブレーキは、パッと見ただけではどこにあるのかわからないケースがほとんどです。 後輪のブレーキは、「ハンドブレーキ」と呼び、後輪の軸部分に付属している円盤状のものです。 後輪ブレーキは、前輪のブレーキに比べ、専門的な知識が必要となりますので、前輪のブレーキを自分でメンテナンスしても改善されない場合には、近所の自転車屋さんに持って行くなど専門家の力を借りましょう。 ここに、自転車の音が気になる時に参考になる原因や対処法をまとめた記事があるので、読んでみて下さい。 自転車のブレーキ音の修理代の相場は? チェーンが原因の場合には相場は2,000円前後 自転車のブレーキ音の修理代の相場について、詳しく見ていきましょう。 まずは、チェーンが原因の場合の相場です。 チェーンが原因の場合に考えられるのは、チェーンの外れや張り、最悪の場合にはチェーンの交換などが必要なケースがあるのも覚えておくべきでしょう。 チェーンの外れは、1,500円程度が相場です。 自分でメンテナンスをしようとして、誤ってチェーンが外れてしまった場合には、自分で解決するというのはなかなか難しいので、そういう場合には自転車屋さんに持って行きましょう。 次に、チェーンの張りの調節です。 これは、比較的、時間もコストも掛かりませんので、540円程で解決するケースがほとんどです。 しかし、チェーンは、自転車のパーツの中でも一番消耗が激しいというのも事実です。 また、汚れやすい場所でもあるのでそれだけブレーキ音のキーキーとした音に直結している事も多いです。 その為、経年劣化すればチェーンの交換が必要となるのは仕方ありません。 チェーン交換は1,400円~2,000円が相場です。 ブレーキが原因の場合には1,000円以内で解決する事がほとんど 自転車のブレーキ音の原因の多くは、ブレーキ自体に問題があるケースが多いのも事実です。 ブレーキは、自転車を使用するにあたって、一番大事な部分でもありますので、少しでも違和感がある場合には、早めの対処が必要となるのは、明らかです。 ブレーキの効きが悪いと感じればすぐに修理に出す事も大事です。 また、チェーン交換などに比べても、ブレーキが原因である場合には、修理代はそんなに掛からない事がほとんどです。 例えば、ブレーキ調節であれば前輪が450円、後輪が500円程度、ブレーキワイヤー交換であれば700円、ブレーキゴム交換680円というように、比較的コストを抑えて修理できるというのも事実です。 また、定期的にメンテナンスが必要な自転車ですので、転勤族などである場合には、全国展開しているような業者で自転車を購入するというのも工夫の一つでしょう。 もちろん、購入していなくても修理を請け負ってくれる業者も多いですが、購入した所でメンテナンスをした方がコストを抑える事も可能な場合が多いです。 ブレーキのうるさいキーキー音を発生させない為にも錆びさせない ブレーキのキーキー音の多くは、「錆」が原因である事も少なくありません。 自転車のパーツのほとんどは、鉄で作られているので、それだけ水に弱いというのは覚えておくべきでしょう。 錆ればそれだけ、見栄えという点でも悪くなってしまうのは理解できると思います。 また、自転車自体の機能も低下させてしまいます。 また、チェーンが錆びてしまうと、どうしてもペダルが重くなってしまったり、普段使いしている人にとっては、頭の痛い結果になってしまうので、そういう意味でも雨の日にはしっかりと水気を拭き取るなどのひと手間は大事になってくると思います。 ここに、コストコの自転車のおすすめを紹介している記事があるので、この記事で、コストコで購入できる子供用の自転車やクロスバイクの値段を知るヒントとしてみて下さい。 自転車のブレーキ音がキーキーうるさい時の応急対処法は? チェーンのたるみを直す 自転車のブレーキ音がキーキーうるさい時の応急対処法1つ目は、チェーンのたるみを直すです。 あらゆる原因を追究していくうちに、チェーンのたるみを見つけた場合には、チェーンのたるみを改善する対処法をしていきましょう。 チェーンのたるみを直すには、後輪にある車止めナットとブレーキネジをゆるめます。 そして、チェーン調節ナットを締めながら程よい張り具合になるまで、調節していきましょう。 チェーン調節が終われば、ブレーキネジと車止めナットを締めて下さい。 しかし、チェーンのゆるみを直すのは、素人がやってしまうと失敗に繋がる懸念もあるので、自信が無い場合には、自転車屋さんに持って行きましょう。 むやみに触って、チェーンが外れてしまえば、結局、自転車屋さんに持って行く事になってしまうので、そういう意味でも自転車の修理の経験がない場合には、自転車屋さんに持って行くのが無難でしょう。 修理の際にむやみやたらにスプレーなどで注油するのは危険 自転車のブレーキ音がキーキーうるさい時の応急対処法2つ目は、むやみやたらに注油するのは危険だという事です。 金属音がうるさい時には、まず注油という対策を講じる人も多いと思います。 確かに、注油する事により、動きがスムーズになったりというメリットがあるケースが多いのも事実です。 しかし、中には、注油した事により、動きが滑らかになるどころか逆に、動かなくなってしまい使えなくなったという事にもなりかねません。 自転車で注油してはいけない場所というのは、ゴムが使用されている箇所です。 ゴム製品に油が付着してしまうと、滑りやすくなってしまうので、タイヤだと危険です。 また、無知のまま注油してしまうと、思わぬトラブルを引き起こしてしまうのは、目に見えていますので、すぐに注油するのではなく、まずは専門家の意見を参考にしてみるというのもおすすめです。 鳴き止めにはタイヤの空気を意識する 自転車のブレーキ音がキーキーうるさい時の応急対処法3つ目は、タイヤの空気圧を意識するです。 自転車がキーキーうるさい時には、タイヤの空気が抜けて、自転車全体に負担が掛かる事により、歪みが出来てしまう事も理由の一つとなります。 その為、日頃から通勤や通学に自転車を使用する人は、定期的に空気を入れましょう。 一人暮らしの人やマンション暮らしの人などは、空気を入れるタイミングがなかなかないという人もいるでしょう。 しかし、今では、スーパーの駐輪場などにも常備してあるケースも増えてきていますし、100均にも手軽に空気を入れる事の出来るアイテムが売っている所もあります。 これらを上手く利用する事により、定期的にタイヤの空気圧は一定にしておく事をおすすめします。 ぜひ参考にして、定期的に空気圧を入れておく癖を付けておきましょう。 ペダルが原因の場合にはサドルをお手入れする事で解決する事もある 自転車のブレーキ音がキーキーうるさい時の応急対処法4つ目は、ペダルが原因の場合にはサドルをお手入れする事により、解決する事もあるというものです。 長時間、サドルにオイルをささなかった事で、傷みやすくなってしまい、キーキーという異音が発生してしまう懸念があります。 また、今では自転車専用のスプレーなども購入する事ができますので、これにより、だいたいの音は解決する事も多いものです。 ここに、様々な観点から自転車のキーキー音を解決する方法を紹介している記事があるので、この記事により、何が原因かを探るヒントとしてみて下さい。 自転車のブレーキ音うるさい場合はプロの力を借りるのが最善 今回は、「自転車のブレーキ音の原因」をテーマに、うるさい時の直し方や修理の方法、また、スプレーを使うタイミングなどについても詳しく紹介してきましたが、いかがでしたか?ブレーキ部分だと前輪、後輪どちらが原因かによってもその対処法は、変わってくるというのも事実です。 また、キーキー音を直そうと自分でやってしまった事により、状況が悪化してしまうパターンも懸念されます。 それを防ぐ為にも自分でやる事に自信が持てない人は、プロの手を借りるというのがいいでしょう。 プロの力を借りれば当たり前ですが、修理代が掛かってしまいますが、それでも確実な方法と言えます。 鳴き止めを自分でするのは、リスクが高いとは言っても、修理代を節約する為には知っておいいて損はないと思います。 その為、この記事で紹介した直し方を参考に、ぜひブレーキ音がうるさいという場合には、できる事は自分でやってみて下さい。

次の