桐生ボートリプレイ。 BOAT RACE 桐生 Official Site

【チャレンジカップ2019】桐生競艇場の結果・出場選手・リプレイ

桐生ボートリプレイ

SG(スペシャルグレード)の競艇レースの1つ 「チャレンジカップ2019」。 22回目となる2019年は 11月19日(火)~24日(日)、群馬県みどり市にある桐生競艇場にてナイターで開催されました。 今回は、「チャレンジカップ2019」の結果・出場選手・リプレイをまとめました。 チャレンジカップとは? チャレンジカップとは、 競艇の中で最もランクの高い「SG」レースの1つ。 9つのSGの中では、最も新しいレースです。 開催売上低迷打開策の1つとして1998年から「競艇王チャレンジカップ競走」の名称で創設され、2010年の第13回大会から現在の名称に変わりました。 優勝賞金は、3,300万円と高額です。 そして、 賞金王決定戦からグランプリおよびそのシリーズ戦への出場をかけた、最終トライアル競走として位置づけられています。 チャレンジカップ2019の出場資格とは? 「チャレンジカップ2019」に出場できる選手は、 2019年1月1日〜10月31日までの獲得賞金上位者。 他の大会とは異なり、優先出場権は設けられていません。 しかし、選出除外として• 前回の競艇王チャレンジカップから、開催年の全日本選手権SG優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手• 開催年のグランドチャンピオン決定戦から、開催年の全日本選手権のSG準優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手• 褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手、あっせん保留処分を受けている者 以上が設けられており、該当する場合は出場要件を満たしていても除外されます。 チャレンジカップ開催までは、 他のレースの賞金争いにも目が離せないと言えますね。 34名のチャレンジカップ2019出場選手一覧 「チャレンジカップ2019」には、出場人数が賞金ランキング 上位34名に変更されています。 これは、2014年の第17回大会から女子ボートレーサーを対象としたGII競走として新設された「レディースチャレンジカップ」との並行開催となったため。 今回は、選考基準である獲得賞金額とともに全選手をご紹介します。 また、獲得賞金額が同額の場合は、賞金上位の者からとなっています。 チャレンジカップ2019の競走スケジュールは? 「チャレンジカップ2019」の競走スケジュールは、 11月19日(火)~24日(日) の6日間。 そして、11月19日(初日)の第12レースで行われるドリーム戦競走に選ばれたのは、次の6名です。 号艇 登番 氏名 獲得賞金額(円) 1 4238 毒島 誠 ¥133,292,000 2 3783 瓜生 正義 ¥88,301,000 3 4074 柳沢 一 ¥83,618,410 4 4444 桐生 順平 ¥82,672,000 5 4168 石野 貴之 ¥76,716,666 6 4262 馬場 貴也 ¥75,489,932 選考期間における獲得賞金額の上位6名が出場し、枠番は獲得賞金額の高い選手から内枠になるように決められています。 チャレンジカップ2019の結果は? 「チャレンジカップ2019」は、 1号艇の石野 貴之選手がイン逃げで優勝!そして、次のような結果で幕を下ろしました。 また、ドリーム戦の結果は次の通りです。 着 枠 ボートレーサー レースタイム 1 1 4238 毒島 誠 1'48"2 2 2 3783 瓜生 正義 1'50"8 3 5 4168 石野 貴之 1'51"8 4 4 4444 桐生 順平 1'52"0 5 6 4262 馬場 貴也 1'53"9 6 3 4074 柳沢 一 1'54"8 ドリーム戦は、出場選手の中で最も賞金獲得額が高い、 1号艇の毒島誠選手が制しています。 リプレイ:優勝戦は1号艇石野選手が独走状態! 「チャレンジカップ2019」は、獲得賞金が上位にも関わらず、出場できない選手が数名いました。 中には、 吉川元治選手や峰竜太選手など、有名な選手がフライングなどにより選出除外になっています。 そして、優勝戦は 1号艇の石野選手が独走状態! 石野選手は、スタートやターンをうまく決め、1周1マークの旋回で勝利を手にしたと言っても過言ではない、圧倒的な強さを見せつけました。 石野選手は今大会の優勝で、獲得賞金ランクが第3位に浮上しています。 おめでとうございます! また、繰り上がり出場の2号艇、濱野谷憲吾選手が3着に入るなど面白いレース展開になったと言えます。 まとめ:石野 貴之選手が2年ぶりのSG優勝! 「チャレンジカップ」の過去10年の優勝選手は、同じ選手が2度優勝していることがありません。 その分、毎年激しい争いが繰り広げられると言える「チャレンジカップ」。 今大会は、 2017年6月のグランドチャンピオン 鳴門競艇場 以来2年ぶりに、石野 貴之選手が優勝を果たしました。 次回の第23回大会は、 2020年11月24日(火)〜 29日(日)まで、蒲郡競艇場にてナイター開催となっています。

次の

【チャレンジカップ2019】桐生競艇場の結果・出場選手・リプレイ

桐生ボートリプレイ

ボートレース桐生は、5月14日の政府発表「緊急事態宣言の一部解除」を受け、競走場における新型コロナウイルス感染拡大防止策に ついて、関係団体との調整および準備が整ったため、 令和2年7月6日(月)「第17回新東通信杯・BTS福島開場9周年記念」から、桐生本場の営業を再開します。 再開にあたっては、「」に基づき、 マスク着用や検温など感染拡大防止策の徹底に努めてまいります。 なお、営業再開にあたり以下の注意事項等のご理解とご協力をいただきたく存じますので、よろしくお願いいたします。 その都度、ボートレース桐生オフィシャルホームページ上にてお知らせいたします。 【来場時の注意事項】 ・岩宿駅・阿左美駅との巡回無料送迎バスは、席の利用を制限させていただきます。 ・新桐生駅からの往路無料タクシーは休止させていただきます。 東武線をご利用の場合は、阿左美駅をご利用ください。 ・入場時は、サーモグラフィーまたは非接触型の体温計にて検温を実施させていただきます。 体温が37. 5度以上のゲストは入場をお断りします。 発熱、風邪等の症状が見られるときのご来場はお控えください。 ・入場時は、手指の消毒およびマスクの着用をお願いします。 マスク非着用者は入場をお断りします。 【注意事項】 ・有料席・一般席・フードコート・レストラン雷神については、お客様との間隔(ソーシャルディスタンス)を確保するため 席の利用を制限させていただきます。 ・ジャングルFUNは休止いたします。 ・フロントにおける雑誌貸出サービスは休止させていただきます。 ・エレベーターの使用は、制限させていただきます。 ・喫煙室は、利用人数を制限させていただきます。 ・咳など風邪の症状が見られるゲストにはお声掛けを行い、場合によっては退場していただきます。 ・場内の混雑が予想される場合は、必要に応じて入場を制限させていただきます。 ・大きな声を出す、レース中における選手への掛け声につきましては、安全確保の観点から禁止とさせていただきます。 当該行為があった場合は、注意喚起をさせていただくとともに、ご理解いただけない場合は退場していただく場合がございます。 ・インフォメーション、フロント、フードコート各店舗など、ゲストと対面する場所には、アクリル板・飛沫防止シートなどを 設置します。 ・キャストは、マスク、手袋、フェイスシールド等を着用させていただきます。 ・ゲストが触れる箇所(記載台、投票機、ドアノブ、手摺り、椅子ほか)は、適宜消毒を行います。 ・トイレのジェットタオルは使用を禁止します。 洋式トイレをご利用の際は、蓋をしてから洗浄してください。 ・入場時、お帰りの際の手指消毒にご協力ください。 地元大将格の松本晶恵が強力遠征陣を迎え撃つ。 16、18年のクイーンズクライマックス覇者は今年もコンスタントに優出を重ね、3月蒲郡のオールレディースでは優勝を飾った。 今年初の桐生参戦となるが、走り慣れた地元戦で本命は揺るがない。 昨年11月のレディースチャレンジカップ(LCC)は1枠で優出したが、遠藤エミのまくりに屈して2着。 きっちり借りを返して、8月多摩川のレディースチャンピオン(LC)へ弾みを付ける。 山川美由紀は18年8月LC優勝以来の桐生参戦。 昼夜で調整が変わるナイターではベテランの整備力が大きな武器となる。 今年の充実度は大瀧明日香が光る。 5月平和島、6月は常滑の女子戦を優勝して勢いは文句なし。 昨年の当地LCCは機力不足が響いて未勝利に終わったが、桐生は通算6優出で2回優勝と相性は申し分ない。 中谷朋子、香川素子、廣中智紗衣らは女子戦の顔として、優勝争いに加わる。 ムードメーカーの土屋千明、今井裕梨は地元の若手勢を引っ張る存在になりそうだ。 土屋は6月常滑で転覆後に帰郷。 負傷明けとなるが、元気な走りに期待したい。 日刊スポーツ 湯田坂賢一.

次の

ボートレース尼崎 Official Site

桐生ボートリプレイ

ボートレース桐生は、5月14日の政府発表「緊急事態宣言の一部解除」を受け、競走場における新型コロナウイルス感染拡大防止策に ついて、関係団体との調整および準備が整ったため、 令和2年7月6日(月)「第17回新東通信杯・BTS福島開場9周年記念」から、桐生本場の営業を再開します。 再開にあたっては、「」に基づき、 マスク着用や検温など感染拡大防止策の徹底に努めてまいります。 なお、営業再開にあたり以下の注意事項等のご理解とご協力をいただきたく存じますので、よろしくお願いいたします。 その都度、ボートレース桐生オフィシャルホームページ上にてお知らせいたします。 【来場時の注意事項】 ・岩宿駅・阿左美駅との巡回無料送迎バスは、席の利用を制限させていただきます。 ・新桐生駅からの往路無料タクシーは休止させていただきます。 東武線をご利用の場合は、阿左美駅をご利用ください。 ・入場時は、サーモグラフィーまたは非接触型の体温計にて検温を実施させていただきます。 体温が37. 5度以上のゲストは入場をお断りします。 発熱、風邪等の症状が見られるときのご来場はお控えください。 ・入場時は、手指の消毒およびマスクの着用をお願いします。 マスク非着用者は入場をお断りします。 【注意事項】 ・有料席・一般席・フードコート・レストラン雷神については、お客様との間隔(ソーシャルディスタンス)を確保するため 席の利用を制限させていただきます。 ・ジャングルFUNは休止いたします。 ・フロントにおける雑誌貸出サービスは休止させていただきます。 ・エレベーターの使用は、制限させていただきます。 ・喫煙室は、利用人数を制限させていただきます。 ・咳など風邪の症状が見られるゲストにはお声掛けを行い、場合によっては退場していただきます。 ・場内の混雑が予想される場合は、必要に応じて入場を制限させていただきます。 ・大きな声を出す、レース中における選手への掛け声につきましては、安全確保の観点から禁止とさせていただきます。 当該行為があった場合は、注意喚起をさせていただくとともに、ご理解いただけない場合は退場していただく場合がございます。 ・インフォメーション、フロント、フードコート各店舗など、ゲストと対面する場所には、アクリル板・飛沫防止シートなどを 設置します。 ・キャストは、マスク、手袋、フェイスシールド等を着用させていただきます。 ・ゲストが触れる箇所(記載台、投票機、ドアノブ、手摺り、椅子ほか)は、適宜消毒を行います。 ・トイレのジェットタオルは使用を禁止します。 洋式トイレをご利用の際は、蓋をしてから洗浄してください。 ・入場時、お帰りの際の手指消毒にご協力ください。 地元大将格の松本晶恵が強力遠征陣を迎え撃つ。 16、18年のクイーンズクライマックス覇者は今年もコンスタントに優出を重ね、3月蒲郡のオールレディースでは優勝を飾った。 今年初の桐生参戦となるが、走り慣れた地元戦で本命は揺るがない。 昨年11月のレディースチャレンジカップ(LCC)は1枠で優出したが、遠藤エミのまくりに屈して2着。 きっちり借りを返して、8月多摩川のレディースチャンピオン(LC)へ弾みを付ける。 山川美由紀は18年8月LC優勝以来の桐生参戦。 昼夜で調整が変わるナイターではベテランの整備力が大きな武器となる。 今年の充実度は大瀧明日香が光る。 5月平和島、6月は常滑の女子戦を優勝して勢いは文句なし。 昨年の当地LCCは機力不足が響いて未勝利に終わったが、桐生は通算6優出で2回優勝と相性は申し分ない。 中谷朋子、香川素子、廣中智紗衣らは女子戦の顔として、優勝争いに加わる。 ムードメーカーの土屋千明、今井裕梨は地元の若手勢を引っ張る存在になりそうだ。 土屋は6月常滑で転覆後に帰郷。 負傷明けとなるが、元気な走りに期待したい。 日刊スポーツ 湯田坂賢一.

次の