日枝 あかさ か。 赤坂にある『日枝神社』は出世運・恋愛運のパワースポット!

【日枝神社】アクセス・営業時間・料金情報

日枝 あかさ か

Contents• 日枝神社の紹介 日枝神社は格式の高い神社で、 東京では明治神宮とならぶ官幣大社です。 御祭神を 大山咋神(おほやまくひのかみ)とし、 江戸時代には、 徳川将軍家御用達の氏神 ・江戸城の鎮守として徳川家から大切にされてきました。 また、日枝神社は 江戸城本丸の裏鬼門(南西)を守る神様としての役割もしているようです。 徳川の時代であった江戸時代以降は皇居の鎮守で、変わらず日本の中枢・皇城を守護しています。 また日枝神社は、日本三大祭の一つ 『山王祭』で知られ、 『山王さん』と親しまれている神社です。 御祭神の 大山咋神(おほやまくひのかみ)は、山と水を司り、大地を支配し、万物の成長発展・産業万般の生成化育を守護すると言われています。 サルが神さまのお使いだと伝わり、神門と拝殿前に 神猿像を安置されています。 サルは 『猿(えん)』とも読むことから、 良縁・縁結びのご利益があると言われています。 表参道 こちら側が正式な表参道の 『男坂』です。 社殿正面に一直線に通じる石段の参道で、 上昇運アップのスポットと言われています。 正式な 表参道の男坂から参拝する方が良いらしいですよ。 手水舎は男坂石段を登った左手にしかありませんのでご注意を。 裏参道 こちらは外堀通りに面した赤坂側の 裏参道です。 ちなみに、こちらの 裏参道ではエスカレーターで境内に上がる事も出来ますよ。 西参道 こちらは表参道の西側の入り口になります。 写真の右側に行くと 表参道、左側に行くと階段の 稲荷参道になります。 ちなみに日枝神社の鳥居は、山の形をした 『 山王鳥居』と言い 、他の神社では見られない、日枝神社独特の鳥居です。 境内へ では 表参道から入り、境内をご紹介します。 こちらの 神門から入ります。 日枝神社は縁結びにご利益があるので、東京大神宮と同じく、神門に ハートマーク! 正式には 『猪の目(いのめ)』と呼ばれる形。 携帯の待ち受け画面にすると恋愛運がアップするとの噂も…。 神門の内側には 神猿像が安置されています。 どちらの像も鮮やかな色合いです。 内側にあるので、気付かず、そのまま社殿に向かう方が多いので、要注意ですよ。 社殿 現在の日枝神社の建物は、昭和20年の東京大空襲で全焼してしまいましたが、昭和33年に 朱塗りの重厚な社殿に再建されたものです。 再建される前の当時は、すべて木造で国宝にも指定されていました。 平日の昼間に撮影に行きましたが、仕事運・出世運アップのご利益があるという事なので 、多くのビジネスマンの姿が見られました。 勿論、 一番出世欲が強い、貪欲 デートマンもしっかり参拝しました 笑。 狛犬じゃない?! 社殿の両隣には、他の神社と大きく違う所があります。 両隣には狛犬ではなく 神猿像が置かれています。 『さる』という音から 『勝る まさる 』・ 『魔が去る まがさる 』とも考えられ、 『勝運の神』や 『魔除けの神』として置かれています。 音読みの 『えん』という音から、猿が 『縁 えん 』を運んで来てくれると考えられ、商売繁盛や縁結びを祈願する方も多いです。 右にいるのが オスの猿です。 本来、猿は山の守り神で、木や生き物を生み出し育てたと伝えられています。 それにあやかって物事を生み出す、発展させる 『商売繁盛』や 『社運隆昌』にご利益があると言われているそうです。 本殿に向かって左が メスの猿です。 子ざるを抱いていて、 子宝や安産のご利益があると言われていて、女性に人気のパワースポットになっています! 日枝神社に行った際には可愛らしいパワースポット、お猿さんに触れてみてくださいね。 可愛いお守り&おみくじ 日枝神社にはお猿さんがモチーフとなったお守りや御朱印帳、絵馬がたくさんあります。 こちらが人気のお守りです。 『魔が去り、何事も勝るようなる』といったご利益が込められています。 にっこり笑っているお猿さんがとても愛らしいですよね。 他の神社にはないお守りです。 おみくじもお猿さんです。 おみくじの中にお守りも入っているのでお得です。 デートマンは 『必勝』のお守りをゲット! 大吉ではなかったので、おみくじを結んで帰りました。 隠れパワースポットはココ ここはよく見過ごしてしまう人が多い、ご利益スポット 『日枝神社』の 『末社 まっしゃ 』です。 社殿の右側奥にあるこの場所が最近 『日枝神社の隠れパワースポット』として密かに注目を集めています。 末社は、左に 『山王稲荷神社』、右に 『猿田彦神社』・『八坂神社』の2社が並んでいます。 八坂・猿田彦神社 猿田彦神社は日枝神社内で最も、仕事運・道ひらきの強力なパワースポットとして有名な神社です。 物事を良い方向に導く神様 『猿田彦神 さるたひこのかみ 』が祀られています。 自らが進むべき道のヒントを求め、参拝にくる方も多いようです。 デートマンもピンクスーツを着てみたりと、人生の進むべき道を彷徨いまくっているので、 自らが進むべき道のヒントを求め、しっかりと参拝しました 笑。 山王稲荷神社 山王稲荷神社は日枝神社の遷座以前からこの地に祀られていた、 日枝神社の地主神です。 この 地主神をきちんと参拝する事が、神社で開運の一つのポイントなので覚えておきましょうです。 私利私欲のお願い事はせず、感謝に徹するのが良いでしょう。 一番出世欲が強い、貪欲 デートマンの様な 『私利私欲の塊の様なお願い事』だけするのはきっと良くないでしょう 笑。 稲荷参道 こちらは西参道に続く、稲荷参道の 『千本鳥居』です。 『 千本鳥居』は、全国各地にある稲荷神社で見る事が出来るのですが、 都内に2ヶ所しかない内の一つが日枝神社にあります。 急な階段となっているので永遠に続いているような錯覚になります 笑。 この参道に入った途端、凄く心地良い感じに包まれますよ。 真っ赤な鳥居と旗のコントラストが美しいスポット!ここも日枝神社のお薦めスポットでしょう~! 神前結婚式 こちらは敷地内の披露宴会場 『日枝あかさか』です。 縁結びで有名な日枝神社は、 格式高い神前結婚式でも人気スポットになっています。 多くの著名人の方々もここで式を挙げられています。 寺島しのぶさん、中村獅童さん、過去にはスピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんも、日枝神社で挙式した事で知られています。 都心とは思えないほど豊かな緑に包まれた 『日枝神社』で本格神前式で夫婦の絆を誓え合えるなんてロマンチック過ぎますよね! まとめ 約800年の歴史も持つ日枝神社。 都心にありアクセスも抜群なので、気軽に参拝できる神社としてとても人気の神社です。

次の

ホーム

日枝 あかさ か

大山咋神の荒御魂をお乗せする神輿。 昭和40年、麹町五丁目町会より奉納され神社収蔵の神輿となる。 昭和60年には氏子崇敬者である大和屋(大和倉庫株式会社)により改修される。 これを契機に三之宮として神幸祭の列次に加わり、今日に至っている。 Since then,this float was warehoused in our jinja. Taking this opportunity, it was joined in the row of Jinko-sai as a third Miya up to the present days. 「諫鼓」は「いさめのつづみ」とも読む。 古代中国の五帝の一人尭帝が宮廷の門外に太鼓を置き、政治に不満があれば 太鼓を打ち鳴らして欲しいと働きかけたが、善政により打つ人もなく、遂に太鼓は苔生し、上に鶏が止まっていたと いう逸話によるもので、天下泰平の象徴とされる。 江戸時代、諫鼓鶏の山車は江戸山王・神田両祭礼において一番大伝馬町から曳き出され、現在も神幸祭では列の先頭に 位置している。 By the old stories , the emperor of GYO one of the famous five wise emperors of the ancient China set up a big drum in float of his palace. However, there was no people to beat for many years, because of his well governances. At last the drum was covered by thriving luxuriant moss. Therefore, the KAN-KO-DORI became a symbol of the peace reigns with satisfaction of the people over the land. This float was tugged from Oodenma-cho parish. The present time, this float is positioning at the head of the procession of the Jinko-sai. 江戸末期の作と考えられるこの山車人形は四谷伝馬町に伝わったもので、日枝神社氏子区域のうち永田町・隼町・ 紀尾井町・平河町・麹町・番町・九段の二十ヶ町から成る祭礼組織「糀町惣町睦会」から、同会の再興60年を 記念して平成21年に当社に奉納されたものである。 This float might be made late EDO ERA. This was handed down in Yotsuya-Denma parish. The names of these parishes are NAGATACHO,HAYABUSACHO,KIOICHO, HIRAKAWACHO,KOUJIMACHI,BANCHO,KUDAN. 花山車 The Hana Dashi Flower Float 元来、山王祭に出る山車は鉾山車と花山車との二つがあった。 鉾山車は牛車に勾欄を設け、上に人形を飾り、 山車の周囲を錦繍で囲ったものである。 一方、花山車は一夜作りにいろいろの造花を飾り、それに簡単な人形 を添えたものであった。 Originally,there were two kinds of floats. Both kinds of floats were used Sanno-matsuri festival. The Hoko Dashi was set up the noble fence, put the doll on the float and brocaded all around the float. On the other hand, The Hana Dashi was made in one night. It was decorated by some various artificial flowers and attached a simple doll. 昭和57年、大槻装束店により製作された。 小型ながらも江戸職人工芸の伝統を生かした木工彫刻・漆塗り・錺金具などが施されている。 中でも、唐破風造りの屋根・金箔押しの枡組・八方に配された獅子の彫刻が一際目を引き、御幣を担ぐ人形は小直衣を身にまとった端正 な姿で佇む。 有楽町・新橋におけるガード下の巡行では、油圧装置による人形の昇降が見られる。 This float was made by OOTSUKI SYOZOKUTEN in 1982. Though it is smaller, it is performed by the traditional arts of EDO ERA ARTISANS using woodwork sculpture , black lacquer ware and gold metallic fittings, etc. Among them, the roof is Kara-Hafu-Zukuri some shrines and temples in Japan use this type of roof , the basement of the roof is made by combinated square timbers covered by gold foils and the sculptures of lion are performed at every eight directions of this float. These are so much remarkable. The doll on the roof holding a sacred staff and wearing in classic traditional costume is standing decently and handsomely. At the Jinko-sai procession , when this float must pass under the viaducts of the train of the JR Yuraku-cho Sta. and the JR Shinbashi Sta. , we can see the action of this statue sinking inside the roof by up-down system of oil pressure device.

次の

日枝神社について

日枝 あかさ か

日枝神社(ひえじんじゃ)はに基づき比叡山麓のよりを受けた神社の社号である。 一覧 [ ]• - に所在する神社。 - に所在する旧村社• - に所在する旧県社。 - に所在する神社。 - に所在する神社。 - に所在する旧村社。 - に所在する旧村社。 - に所在する旧県社。 - に所在するの鎮守社。 - に所在する神社。 - 千葉県に所在する神社。 - にある旧官幣大社・別表神社。 - 東京都に所在する神社。 - 東京都に所在する神社。 - 東京都に所在する神社。 - に所在する旧村社。 - 神奈川県に所在する神社。 - 神奈川県に所在する旧村社。 - に所在する旧県社・別表神社。 - に所在する旧県社。 - に所在する神社。 - 静岡県修善寺に所在する神社。 - に所在する神社。 - に所在する神社。 - に所在する神社。 - に所在する神社。 関連項目 [ ]• - 日枝神社同様に、山王信仰を共有する神社• - 日枝神社同様に、山王信仰を共有する神社 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の