こども チャレンジ 効果。 ベビーくもん、こどもちゃれんじを比較!効果や金額は?両方受講した口コミ

こどもちゃれんじぷちの口コミ(2020年版)効果はあるの?

こども チャレンジ 効果

うちの子は今小学2年生ですが、こどもちゃれんじをしっかり続けてます。 癖になっているので、必ずやるし、今の所学校の成績はいいです 低学年の成績なんてあてになりませんが)。 赤ちゃんの頃は人からもらったり、古本でしまじろうに馴染んでいました。 幼稚園入園とともに通信教育で始め、現在に至ります。 しまじろうが気に入るかどうか、最初はお古で試してみたらどうですか? うちは食いつきがよく継続して触れ合っていたので、そのまま続けました。 本を読んであげる、DVDを見せる、おもちゃで一緒に遊んであげるなど、親の努力も必要ですよ。 ユーザーID: 0479513278• 無いなら無いで良い、あったらあったで良い 曖昧ですみません、タイトル通りです。 うちのしまじろう暦は、、、 長男 5才 :0才から開始〜1才で辞める、おむつはずれが劇的に進むかも!?とDMの誘惑に負け2才で再開〜継続中 長女 もうすぐ3才 :先日申込したところ 長女には要らないと私は思っていますが、夫いわく、、、 ・長男がこの時期に知っていたことを長女は知らない ・兄のではなく、自分のが欲しいだろう(実際欲しがってはいない) ということで、夫が申し込んでました。 赤ちゃんの頃のおもちゃって何がいいか良くわからないし、自分で買うくらいならしまじろうでいいかなと思います。 絵本としても使えますし、ただ辞め時が問題。 3才くらいになると、子供がしまじろうを楽しみにするので辞めにくいです。 うちは保育園ですが、園でお勉強系は一切やらないので、ひらがなとか覚えるのにも役立ってる面もあります。 が、しまじろうやってなくても覚える子は覚えるし、小学校行けばみんな覚えるし、どっちでもいいかな。 ユーザーID: 8027766005• 入園前に始めました。 うちも0歳の頃やたらDMが来ましたが、似たようなおもちゃがあるから不要と思いベビーは入会しませんでした。 まわりにはやってる友達も多く、それなりに活用していたようです。 その後2歳になる頃のDMを見たらおもちゃがとても魅力的で。 うちは男の子なんですが持っていないキッチン系のものでした。 それで主人に相談したら、やりたかったらやれば?との回答だったので入会。 それから半年ほどたちますが、付属のDVDを夢中になって見ています。 2歳を過ぎ会話を理解し話すこともできるので、いろいろ覚えてくれてたまに生活に役立ちます。 指切りのお約束とか、歯磨きとか。 中には興味を持たないおもちゃもありますが、いいものもあるので始めてよかったかな。 うちは2歳から始めたのは全然遅くなかったなと思っています。 ユーザーID: 3841695390• 良かったですよ。 6ヶ月から4歳(年中の途中)までしていました。 しつけや、トイレ、友達との関わりなど、親の自分ではうまく説明出来ない事をDVDやテキストで分かりやすく説明してくれます。 月齢に合わせて色々送って来てくれるので、成長の(あくまで)目安になったし、悩みを解決するきっかけがあったので、色々助かりました。 この時は、月1800円(だったけ?)くらいで安い!と思っていました。 でも2歳(だったかな?)ぐらいで、月齢でなく学年で一律のテキストになってから、ワークやおもちゃについて行けなかったり、内容が重複したりなどが出て来ました。 幼稚園に入ってからは、明らかに子どもの成長と合わなくなったので(ワークが出来ない・おもちゃの使い方が理解出来ない)、無駄だと思って止めました。 子どもは楽しんでいたんですがね。 チャレンジは幼稚園入って止めたという子が多かったです。 幼稚園入ったら習い事の幅も広がるしね。 ユーザーID: 6000022752• 子供ランキング• なくてもよかった 生後半年から始めて、現在4歳です。 他の教材に比べてさほど高くないという理由で選んで今も続けていますが、そろそろ潮時かなあと思っています。 正直な感想としては、「なくてもよかったかも」です。 ・メリット 価格が安い。 おもちゃが安全。 定期的に届くので楽だし安心。 保護者向けの冊子が育児の参考になった。 しまじろうに影響されるので躾がしやすかった。 ・デメリット: こどもが飽きやすい。 最初は月齢ごとだが、そのうち学年で統一された教材が届くので、早い誕生日(4〜6月など)の子には物足りなさも。 オモチャが増える一方なので整理に困る。 子どもはしまじろうグッズに、親は追加のオプションコースに目が眩んでしまい、気が付くと費用がかさんでいる。 以上、あくまで個人的な感想です。 私の周りではこどもちゃれんじの使用済みの教材を1年分ごとにまとめて売っている人もいますが、そういうので試してみたらいかがでしょうか。 ユーザーID: 0882601091• 買ってよかったです。 こればかりは、子供によって、反応は違いますね。 娘のケースを書きますね。 私には1歳10ヶ月の娘がおり、ずっと契約しています。 娘には、大好評で、絵本も大好きになりました。 ただ、テレビには興味がないので、1歳児コースからついてくるDVDには 見向きもしません。 しまじろうの人形は、よく遊んでいました。 今でも、パペット人形の方は、愛用中です。 ただ、初めは、親が一緒に遊ばないと、興味を示さないかもしれません。 娘も、「なんだそれ???」といった感じで、興味を持ちませんでした。 自発的に自分から触るようになったのは、ハイハイが上手になってからです。 絵本、オモチャ、育児参考冊子がついてきているので、 別々に個人で買うよりも値段はお得だと思います。 主人もカタログ雑誌を見た段階では、反応もイマイチでした。 しかし、娘の食いつきようや、増えていく絵本を見て、 「これいいなぁ。 別に絵本も買い足さなくていいし。 オモチャも付いてくるし」 といっています。 ユーザーID: 3181962362• していました スタートの生後6ヶ月号から現在1歳2ヶ月まで、9ヶ月ほど取ってます。 毎号届くおもちゃは、その月齢のときには娘の一番お気に入りおもちゃとなってよく遊んでいるので、やはり研究された結果のおもちゃだなぁ〜と感心してます。 が、その月齢を過ぎるとポイ。 使わないおもちゃが溜まってゆきます。 正直私も、このまま続けるか止めるか悩んでいます。 私自身はしまじろうよりワンワンの方が好きなので、「やったね!」に乗り換えようかと思ったり、このままチャレンジを続けようかと思ったり、いっそどちらも止めて、書店で「ベビーブック」などを好きな付録のときだけ買おうかと思ったり…。 難しいですね。 トピ主さまはしまじろう好きなら、うちよりも向いていると思いますが。 ユーザーID: 3516010800• そんなに早くに手をつけなくても・・・ 高校生と中学生の子供がいるお母さんです。 うちはずいぶんしまじろうやミミリンにお世話になりましたよ。 しまじろうのパペットはこどもちゃれんじに入会しないともらえないし、しかも時期も決まっていますよね。 それがほしくて入会してしまいました。 幼稚園に入るまでの2年間くらい?でした。 季節に合わせてのDVDやビデオや教材がうちの子にはちょうど良かったらしくトイレトレーニングもボタンやファスナーやひもを結ぶのも楽しく覚えられました。 下の子はパペットだけの目的で兄弟紹介ということで入会してプレゼントをもらい、3ヶ月くらいでやめました。 教材やビデオは一通り揃っていたので(笑) それから子供が高校生になった今でもダイレクトメールは定期的にきます。 いつでも再入会できるし(会員シールはとっておく)実際小学生の頃少しと中学生になってからも少しの期間入会していました。 ほしい教材のときだけって感じです。 いつでも入会できるのでお子さんがしまじろうのテレビ番組とか見て興味を持ったら入会するとかでもいいのでは? ユーザーID: 5833619352• うちの子たちは 上の子は1歳の時から(当時は1歳からしかなかったので)5年生の3月まで こどもちゃれんじにはお世話になりました。 6年生からは塾が忙しくなってやむを得ず退会しました。 下の子は0歳の時から5歳(年長)の現在まで続けています。 たぶん、1年生以降も続けていくと思います。 うちの子たちはこどもちゃれんじ、ものすごく好きですよ。 冊子もDVDもエデュトイも、全て隈なく楽しみます(笑) ベネッセやるな!って感じです(まわし者ではありません)。 数の概念も文字も、こどもちゃれんじのお陰でかなり早くから興味を持ち 二人とも2歳半くらいにはひらがなを読み、3歳前後には書きはじめました。 周りのお子さんたちは、やっぱり辞めちゃう子も多いですね。 興味を示さなかったら勿体ないと思うのは当然だと思います。 でも、一度辞めても再度入会する子もいます。 好きになるか関心がないかは、子供(赤ちゃん)の事ですからやってみないと 判らないですよ。 試しに何カ月か取ってみて、好きそうだったら続けてはどうですか? 親があれこれ気を揉んでみても仕方ないと思います。 ユーザーID: 8476132661• 使っています 3歳の娘がいる母親です。 6ヶ月の時に始め、そのまま継続しています。 使っている理由は大きく分けて2つ。 ・1つは結婚前に勤務していた会社がベネッセの関連企業で、親しみと言うか、 愛着があったので… ・もう1つは初めての子育てで不安も大きく、親も子も負担が少なく、上手に 生活習慣を身に付けさせたかった… この2点です。 親世代とでは今の育児と相当なギャップもあるし、実親にしても、姑にしても 「もう忘れちゃった…」と、逃げてしまうし、周りに子育て中の方も少ないので、 大体の目安として使っています。 それに、娘に「しまじろう、どうしてた?」「しまじろうと一緒にしてみようか?」と誘うと、 すんなり受け入れてくれるので、トイレや歯磨き、着替えなど、基本的なことをあまりイライラせずに やってこれたように思います。 それに本やおもちゃを基本的に買わないので、結果的に良質で経済的にも私は助かっています。 ただ、私は基本的な生活習慣を身に付けさせる!ことに重点を置いているので、 学童時期のお勉強については、本人と相談の上で決めたいと思っています。 ユーザーID: 6686110215• 対象年齢の時には遊ばなかった 私の周りのママ友さんも何人か3〜4ヶ月くらいから始めてる人いました。 それなりに喜んでたようですが私は別に必要ないかな〜と思っていました。 でも1歳を過ぎたらミルク代もかからなくなるし、歯みがきに悩まされてたこともあって、1年間だけ・・・と思って始めました。 1歳半の今はトイレトレーニングにも役立ってます。 しまじろうのぬいぐるみやDVD、毎月ついてくるおもちゃ・・・どれもこれも娘は食いつきがすごいです! 親が気に入って買い与えたおもちゃなんてもう興味示してくれません。 後追いがひどい時期もしまじろうのDVDを流しておけば10分はジッとしてくれるので その間にお風呂掃除なんかができて助かってます。 ユーザーID: 9063053387• 時期 うちは、6ヶ月のスタートから1歳4ヶ月の現在まで継続中です。 はじめはまだ小さいし、必要ないかと思ってましたが、月払いにして子供の様子をみながら続けていくか考えようと思って始めてみました。 0歳の時は、わりとおもちゃの食いつきがよく、親と一緒に遊ぶいろんな遊び方があるので、楽しめましたよ。 一人でもよく遊んでました。 1歳になったら、月齢関係なくちょっと発達段階に合わない物もありますが、後々馴染んで使ってる物もたくさんあります。 カードや本なんかはボロボロになるまで使い込んで、何ヶ月も使ったりしてるので、今のところ満足してます。 親がある程度遊んであげたり、どのおもちゃや教材をいつ、どんな風に使っていくか考えながら、サポートする必要があるなと感じました。 ユーザーID: 6614131151• うちは続けてよかったです.

次の

【公式】こどもちゃれんじ|しまじろう|ベネッセコーポレーション

こども チャレンジ 効果

月々の受講料が安くて人気の『こどもちゃれんじ』。 しかし、安いと言っても年間2万円以上かかりますから、 「意味がない」「必要ない」 と感じるような教材なら、受講したくありませんよね?• 実際のところ、 『こどもちゃれんじ』の効果&必要性はどうなのか?• 受講して 後悔 することはないのか? 今回は『Baby ベビー 』『ぷち』『ぽけっと』『ほっぷ』『すてっぷ』に関する 実体験の口コミを一緒に見ていきましょう。 感想には個人差がありますし、サービス内容等の変更もあるかもしれません。 大切な情報等については、『こどもちゃれんじ』公式HPで再確認をお願い致します。 『こどもちゃれんじ Baby ベビー 』は効果より利便性 我が家は『Baby ベビー 』を受講しませんでした。 理由は「 不要だったから」。 と言うのも、ベビーでは、生後8ヶ月から主に玩具 エデュトイ と絵本、保護者向けの冊子が届くのですが、 「おもちゃ、出産祝いでもらい過ぎ…もう要らない」 ということで「物を増やしたくなかったから」です。 なので、 玩具がさほど手元なければ、おそらく受講していました。 こどもちゃれんじのエデュトイは、 厳しい安全性検査を通った玩具なので、 何でも口に入れたがる0歳児でも安心。 しかも、 0歳児がいかにも喜びそうな玩具で、確実に遊んでくれそうではあります。 …今更ですが、『 でるでるキューブ&くるくるキューブ』は欲しかった!と。 赤ちゃんのティッシュ遊びは「あるある」ですが、ティッシュを引っ張り出し始めた時に、サッ!とこの玩具に差し替えられたら…もしかして、ティッシュを何箱か救えたかも?。 あと、 保護者向けの冊子が、内容も育児雑誌並みにしっかりしている上、 小さく・薄く、寝かしつけや授乳をしている合間にも読めるのも、個人的にはかなり魅力。 スマホよりも疲れませんしね。 これは、Babyだけでなく、こどもちゃれんじ全般で同じ。 『こどもちゃれんじ ぷち』=効果あり! 娘は『ぷち』から現在まで、こどもちゃれんじを受講中。 『ぷち』から、 知育要素が本格的に盛り込まれた教材になっていたので、受講を決心しました。 特に、『なりきりキッチンセット』は 「水がもったいない」「火は危ない」 など、 音声でマナー教育をしてくれる玩具。 子供って、水が大好きですし、大人が何かやっているとすぐに手を出したがりますよね? なので、ムダな水遊びや料理中の不意な行動にに、「イライラ」「ハラハラ」させられることも多かったのですが、 「もったいない」 「危ない!」 という概念を理解してくれたので、 「イライラ」「ハラハラ」場面での注意がしやすくなりました。 結果として、 「マナー&基本知育は、ぷち任せ!」 というほど、こどもちゃれんじが我が家の教育の中心に。 本当に、やってよかった!と今でも感じています。 『こどもちゃれんじ ぽけっと』は、さらに知育&マナーUP 一言で言うなら、 『ぽけっと』は素晴らしかったです。 好評価の大きな要因は、 音声タッチペン『はてなんだくん』。 『はてなんだくん』と関連教材の一部 絵本の音声を聞けたりするだけでなく、レジと合体して「お店やさんごっこ」ができたり、「レストランごっこ」ができたりと大活躍。 「ピッ!と触ると、いろんな言葉や音が聴ける」というだけでも、子供のテンションは上がります。 テンションが上がるので、 何度も遊びたがり、学習内容を吸収してくれました。 『はてなんだくん』は、 平仮名の読みの学習に特に力を発揮してくれて、2、3歳にはピッタリの知育玩具だったと思います。 また、翌年の幼稚園入園を控え、公共ルールやお友達との関わり方など、マナー教育も一層大切になってくる年頃。 そういった内容も、毎号しっかりおさえられており、我が家は引き続き、 「マナー&基本知育は、ぽけっと任せ!」 と、なりました。 『こどもちゃれんじ ほっぷ』も効果的 だが、ワークが物足りない? 幼稚園入園と共に、こどもちゃれんじも『ほっぷ』へ。 現在も受講中。 『ほっぷ』は; 保育園進級コース 既に保育園に通っている子供向け 3年保育コース 新たに幼稚園に入園する子供向け 2年保育コース もう1年ご家庭で過ごす子供向け と分かれていて、我が家は『3年保育コース』を受講。 各々の環境に合わせ、絵本の内容が多少異なります。 ほっぷのエデュトイも質が良く、4月号の『ちゃれんじえんごっこセット』は、かなり遊び甲斐がありました。 『かずのドーナツやさん』も数字やカテゴリー分けの概念を学ぶ核として大活躍。 1〜10まで数えながらドーナツを揚げ、お客さんの要望通りの種類と数をノリノリで販売していました。 ひらがなパソコン&カード これまで 『はてなんだくん』で読みを学んだ平仮名を、実際に アウトプットして身につけられる教材です。 毎月、『ひらがなパソコン』と合わせて使うカードが届き、 DVDではしまじろうやみみりんも遊んでいるので、我が子も鼻息荒め&前のめりで遊んでいます…しまじろうパワーは偉大ですね。 いつも手元に置いておき、 「ありがとう」「後でね」 など、私がちょっとしたメッセージを伝える時に使っていたら、時々、娘もマネをしてメッセージを打ち込んでくれるようになりました。 シメシメです。 笑 ということで、エデュトイは相変わらず素晴らしいのですが、少なくとも我が家の場合、 「…ワークが少な過ぎるかな?」 というのが悩みのタネ。 絵本とは別冊になっている ワークブックは、届いて2〜3日で終わってしまいます。 個人差もあるでしょうが、合計で平均1〜1. 5時間ほどで終わってしまう内容です。 他の習い事をしているお子さんにはちょうど良いのでしょうが、 「こどもちゃれんじを中心に知育をしよう!」 というご家庭には、 我が家同様に 少し物足りないかもしれません。 内容が良い。 こどもちゃれんじのついでに申し込めて・取り組めて手軽。 本屋やネットで絵本や教材を探さなくて良いので楽。 量が少ない リズムダンス、知育プラス、など。 作りが簡素 読み聞かせ、リズムダンス 画像。 子供が興味を示さなかった。 という声が目につきました。 読み聞かせの絵本であれば、表紙が薄めで簡素めの作りとの口コミがあるので;• となるでしょう ただ、ベネッセのような信頼できる企業の配本サービスとして「月額税込535円」は破格ですよね…。 市販教材の中では、 『 学研の幼児ワーク』シリーズがオススメ。 ひらがなやカタカナ、工作、数字、知恵など、種類が豊富な上、 どれも700 円前後で買えます。 ページ数も多いので、 コスパとしては『こどもちゃれんじ プラス』より上。 イラストも可愛く、子供が興味を示す工夫が随所に見られますよ。 ただ、子供によって相性はあるでしょうから、 まとめ買いせずに、1〜2冊から試してみるのが良いでしょう。 しまじろうと一緒に英語を学ぶスタイルなので、しまじろう好きの子供はハマる可能性があります。 簡単な英単語・表現を 良い発音で身につけられると評判で、幼児期の英語学習としては合格点かな?と思います。 お届けは、2ヶ月に1回、だいたい10日過ぎ 15日より前。 「こどもちゃれんじの教材、一通り終わったなぁ」 という頃に届くのが、実は、何よりものポイント。 手元の『こどもちゃれんじ』の教材で一通り遊び慣れた頃に新しいDVDや玩具が届くのは、子供にとって嬉しいですし、ワークが終わってしまった手持ち無沙汰の解消にもなります。 『こどもちゃれんじ すてっぷ』は『思考力特化コース』で開始 我が家では来年受講になる『すてっぷ』は、3コースに分かれています。 すてっぷで 一番の目玉教材『ひらがななぞりん』は全コースに付いてくるため、 少なくとも4月号は『思考力特化コース』がお得では? と感じたからです。 コースの変更はWEBで簡単。 手数料もゼロ。 『サイエンスプラス』も魅力的ですが、年換算で同じ料金なのに年6回お届けだと、少し物足りないかな?ということで落選。 知育プラスは、学研やくもんの市販教材でも代わりになりそうですが、 「ベネッセの教材も試した上で、一番子供に合うものを選びたい」 と考えています。 なので、8月頃までにはひらがなは終わらせておいたりなど、これまでの学習を完成させることに集中して、あまり難易度は上げない方が良いかな?とも考えています。 『すてっぷ』『じゃんぷ』は「やめどき」も意識して続ける これまで受講の 後悔は少しもありませんが、ワークの量が少ないのだけが 『ほっぷ』から感じている小さな不満。 なので、 『すてっぷ』『じゃんぷ』は、「やめどき」も頭の隅に意識しながら、代わりとなり得る教材もお試しを続けます。 「エデュトイが効かなくなってきた…」 と感じることがあったら、その時が一番、方向転換のタイミングでしょう。 ただ、せっかく慣れているベネッセの学習手法。 『じゃんぷ』まで終わらせられば、大きな間違いはない気もしているので、このまま続けられると良いなぁ…とも感じています。 まとめ 以上が、我が家の『こどもちゃれんじ』の実体験レポート。 求める効果にも寄るでしょうが、知育やマナー教育においては 「一定の効果がある!」 と思います。 内容も簡単で、量も多過ぎない『こどもちゃれんじ』。 また、 子供にとっては「毎月のお楽しみ」のようで、DVDの『次号等のお知らせコーナー』を見ては「早く欲しいねー」と言う姿に、 「2,000円分くらい、毎月プレゼントを買ってあげても良いか」 という気持ちも生まれました。 退会は、電話1本で簡単。 勧誘や引き止めもないそうです。 一括払いでも返金処理に応じてくれる 毎月払い換算での残金を返してくれる し、辞めたい時に辞められるので、子供が楽しんでいる内は続けたいな…と思います。

次の

こどもチャレンジ(進研ゼミ)ってどうなの?気になる費用や効果

こども チャレンジ 効果

教育熱心ではない我が家ですが、「とりあえず」こどもちゃれんじをスタートしてそのまま受講しています。 こどもちゃれんじって効果あるの?そう思っていた私ですが、思わぬ効果がありました。 こどもちゃれんじの効果だけでなくデメリットも解説します。 私自身、 正直言って 幼児教育にあまり興味がなくて、小さなころからガツガツと家庭内教育をさせるのは好きではないんですよ。 だってどうせ小学校に上がったら嫌でも勉強漬けになるでしょう? だから乳幼児期は思い切り遊んでほしいと思っているんです。 それに、今受講しておきながら言うのもアレですけど、まぁ受講する前ってちょっとこういうものは胡散臭く感じるものですよね。 受講費は月に千円台とお手頃、でも後から追加で何かを受講させられるんじゃないの?とかね。 でもお誕生日特大号に釣られて息子が2歳の頃にこどもちゃれんじぷちをスタートし、3歳のぽけっと・4歳のほっぷ・5歳のすてっぷ・6歳のじゃんぷと5年間受講してきました。 その結果、 今思うのは、こどもちゃれんじbabyの頃からスタートすれば良かったなぁ…ということ。 スタートする前、こどもちゃれんじって教育熱心な人が子どもに受講させるものだと思っていたんですけども。 実は逆で、幼児教育に力を入れていない人や、子どもとの遊びに自信がない人こそ、お子さんに受講させるべきだと、5年受講してみて感じました。 こどもちゃれんじを受講した効果は こどもちゃれんじをスタートしてみて私が実際に感じた効果は次の通りです。 子どもがしまじろうを手本にして「ボクもやる」と言い出した。 ひとり遊びが増えた。 月に1回のご褒美みたいな扱いになって喜ぶ。 あくまでも個人的な感想です。 ご了承くださいね。 子どもが、しまじろうをお手本にして「ボクもやる」と言い出すようになる 何といっても、の強みは、しまじろうというキャラクターがいることですね。 しまじろうといえば知らないお子さんはいないのでは。 じまじろうが、その月齢年齢に合わせて、「こうあって欲しい」という所まで引っ張って行ってくれるイメージ。 おきがえ• あいさつ• おてつだい• 危ないこと• 私たち親は、ちょっと促してフォローをするだけ。 「しまじろうがやってるから、ボクもやってみたい!」そう言い出してくれますからね。 楽です。 いや、めっちゃ楽です。 実を言うと本当に幼児教育には興味がなくて、単純にお誕生日特大号に釣られて受講したんですよね。 でも、息子がどんどんしまじろうをお手本にしてくれるので、予想以上に楽。 なんでbabyのうちから受講しなかったんだろ? そう思うぐらい。 こどもちゃれんじを続けているうちに、子どもが1人で読む・1人で取り組む事が増えた こどもちゃれんじぷちまでは、一緒にやったり読んであげたりしていましたが… 少しずつ、 息子が私に背中を向けて本を夢中になっていたり、『随分静かだな…』と思ったら1人で取り組んでいる事がだんだん増えていきました。 初めて見た時は、びっくりしました。 あれほどまでに手が掛かっていた息子が、1人で、1人でですよ?まだひらがなも読めないのに雰囲気で本を読んでいるんです。 親って身勝手なもので、あれだけ『いつ手が離れるんだろ…』と思っていたというのに、子どもが自分を頼らなくなると寂しくなるんですね…(自分勝手) で、これ何が重要かと言うと、個人的に「ひとり遊びって集中力」だと思っています。 今はただの遊びでも、集中して何かに取り組む力が育っているんじゃないかと。 私は息子が私に背を向けて黙々と本を読んでいる間は絶対に話しかけないんですよ。 そのおかげか、6歳の今めちゃくちゃ学ぶ意欲が育っていて、集中力が凄いです。 こどもちゃれんじが定期的に届く事が子どものご褒美的イベントに 我が家にこどもちゃれんじが届くのは、毎月25日~28日頃。 息子が幼稚園に入園する前は特に、この25日~28日ぐらいが親子ともども、ほんっとぉおおおおに待ち遠しかったのを今でも覚えています。 私は児童館も育児サークルも好きではないので、入園までほぼ子どもと引きこもり生活を送っていたんです。 もちろん年中までは習い事もさせていませんでしたしね。 だからこどもちゃれんじが届く事で、生活にメリハリがつきました。 子どもも同様で、「しまじろうが届く!」と思えばワクワクしますし、その日を待ちわびて楽しみに過ごすことが出来ます。 何といっても、 子どもにとって自分あての荷物が届くって、とっても嬉しい事ですよね。 どんなに愚図っていても癇癪を起していても、しまじろうが届いたとなればコロッと機嫌が直る、そんな日が月に1度訪れる事のありがたさは、筆舌に尽くしがたい!! 幼児教育に力を入れていない人こそ、こどもちゃれんじをやった方が楽 私が息子にを受講させたのは、2歳のぷちから。 その前に【こどもちゃれんじbaby】という、生後6ヶ月から受講できるコースがあるのですが、我が家は受講しませんでした。 でも今考えると、こどもちゃれんじbabyからスタートしておけばよかったなと思うんですよね。 その理由がこちら。 知育玩具を自分で選ぶのは、当たり外れが大きくお金が掛かってしまう。 自分の子どもに早すぎるものを買ってしまったり、逆にもう遅いものを買ってしまう。 でも私は教育熱心でもないしママ友もいないし、児童館にも行かない引きこもりタイプなので、情報収集する場がない。 だからこそ、今の月齢で必要な事を全ておぜん立てしてくれるこどもちゃれんじが向いている、というわけ。 そして特にこどもちゃれんじbabyの時期、つまり我が家が受講していなかった0歳1歳の頃が、その恩恵が最も受けられるんじゃないかと過ぎてみて思いました。 こどもちゃれんじに入ると知育玩具を自分で選んで購入しなくていいから精神的に楽 私は実際に息子が生まれてからこどもちゃれんじを受講するまで、全て! 1つ1つ、自分で選んで知育玩具を購入していました。 でも、それが予想以上にきつかったんですよ。 金銭的にゆとりがあるご家庭、自分で自由に使えるお金が沢山ある奥さま、そういう方ならきつくないかもしれません。 だって『同じ金額なら、どれが1番安全で丈夫?』なんて考えなくて済むでしょう? 我が家は実家を頼る事が出来ませんでしたので、正直、おもちゃの事を吟味している精神的余裕なんてないんですよ。 絶対にどこか妥協して、子どものおもちゃを買ってました。 その「妥協した」という事が今でも心のどこかに引っ掛かっているんですよね。 でもこどもちゃれんじなら吟味された知育玩具や絵本が送られてきますので、お母さんは精神的にゆとりが出来るし、お子さんに対しても「妥協した」という後ろめたさを感じる事はなくなります。 子どもの月齢・年齢に1番適切な知育玩具や絵本が送られてくるから失敗が少ない 子どもの知育玩具や絵本を全て自分で選んでいた経験があるからわかるのですが、子どもに適切なものって「今よりちょっと先」なんです。 「出来ないけど、ちょっと頑張ればできる」ぐらいがいいんですけど、それをピンポイントで探してくるのって、めっちゃ大変。 子どもって本当に正直なので、今まさにジャスト!っていうものを与えてしまうと、あっという間に飽きます。 月齢や年齢に合うかどうか、これに子どもの興味を引くかどうか、これも影響してきちゃうので、知育玩具選びに失敗はつきもの… でもこどもちゃれんじを受講していれば、そのような失敗をせずに済みます。 結果的に安く済む! で、注目したいのはここ。 こどもちゃれんじの金額は次の通り。 年一括払い月あたりの金額 こどもちゃれんじbaby 1,816円 こどもちゃれんじぷち 1,697円 こどもちゃれんじぽけっと 1,944円 こどもちゃれんじほっぷ 1,944円 こどもちゃれんじすてっぷ 1,944円 こどもちゃれんじじゃんぷ 1,944円 月に2,000円掛からないんですよね。 知育玩具や絵本、お母さんが1つ1つ選ぶとしたら月に2,000円じゃ納まりません。 実際に、金銭的にゆとりのなかった我が家ですら何だかんだと3,000円4,000円は普通に掛かっていました。 しかもその中には失敗した物数知れず… 使われなかった可哀想な知育玩具や絵本が、今でも処分できずに自宅に眠ってます。 私が「こどもちゃれんじbabyのうちからスタートしておけばよかった!!」と思う1番の理由が、この金銭的な理由なんです。 実際に受講していて感じる【こどもちゃれんじのデメリット2つ】 ではのデメリットをお話ししましょう! 当然、 メリットばかりではなく「イマイチだな~」と思う点もあります。 それが、この2つ。 英語推しが強い。 いわゆる「早い子」には物足りない。 基盤となる母国語をまず正しく習得して欲しいという理由や、夫が高校卒業後に英語を習得しているため早くに英語教育をスタートさせる必要性を感じないなど、ちゃんと理由があっての判断なのですが… こどもちゃれんじは結構な英語推しなんですよ… こどもちゃれんじEnglishという別講座のお試し教材がちょいちょい同封されているんですけど、子どもが見ればまぁ「これ欲しい!」って言いますよね。 それがちょっとね!!! よけいな事すんなって気がしなくもない。 そして年長で受講するジャンプでは、普通のコースにもちょいちょい英語が入るっぽいんですよ。 まぁでも英語漬けになる感じではありませんので、許せる範囲かなと。 「ぷち」や「ぽけっと」のうちはそれほど感じませんでしたが、「ほっぷ」ぐらいから、届く教材の内容がもう覚えてしまっている内容だったり、簡単すぎるという事が起こるようになりました。 親目線で言うと、少し先の所まで誘導できるような教材を…という想いがありますが、子どもは「これ知ってるし!」って自信を持って取り組むことが出来るので、結果的にはいいのかなぁ…という気がしています。 いわゆる「早い子」で、物足りなさを感じる場合は、講座自体を1つ繰り上げる事も可能です。 こどもちゃれんじより、もっと我が子に向いている教材ないかな…とお悩みの奥さまは 『もっとうちの子どもに向いている教材がないかな…』とお悩みの奥さまは、他講座でサンプル教材や無料資料請求をしてみるといいですよ。 実際に なんかはワークだけに特化した家庭学習講座で、月に1,000円前後で受けられますからね。 お子さんが実験系よりワーク系を好むなら、得意な分野を伸ばしてあげたいですよね! どの家庭学習講座が良いかの比較記事ではないんですけど、次の記事に家庭学習講座のサンプル教材をアップしてますので、興味ある方は参考にして下さいね。 邪魔にならないようにクリックで一覧が開くようになっています。 毎年、これを観るたびに「あと何年で小学生なんだな…」と感慨深く思うのです。 講座ごとの特徴や得意分野はあれど、 これを受けたから子どもの人生が大きく変わるとか、こっちにしたから失敗した成功した、そういうものではないと思うんですよね、幼児教育の通信講座って。 ただ、お母さんの気持ち!! 『子どもに何かしてあげられた』と思える事、これがの1番の効果だと、私は考えています。 そして、私のように「早く受講しておけばよかった…」とあなたが思わずに済むよう、祈っています! ぜひ、この機会に無料お試し教材を取り寄せて、お子さんと同じ時間を共有してくださいね。 [center] 0歳1歳にはル・クルーゼ 1歳~5歳には考える力をプレゼント中.

次の